SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
けものフレンズ
タグ一覧の表示
<<
2018年04月
>>
144件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/03/29(水)20:44:30.82:
ncWmaq0l0

アライさん「フェネック、フェネック」
アライさん「アライさんのしっぽに、ちくちくするタネをくっつけて遊ぶのはやめるのだ」
アライさん「いや、ついてたよー、とってあげるよー、じゃないのだ」
アライさん「歩きながら後ろからぽいぽい投げてるところを、ばっちり見てしまったのだ。げんこうはんなのだ」
アライさん「……まぁ、とってくれるなら、それでいいのだ」

アライさん「とったタネをアライさんのあたまにくっつけるのはやめるのだぁ!!」ブンブン


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/21(月)00:34:28.62
ID:zB0D1PWT0
とあるさばんなちほー
アライグマ「―――――解かったのだ!こたえは【に】なのだ!!」
かばん「……うん。正解です。よく解かりましたねアライさん」
アライグマ「えへへー/////かばんさんの教え方が上手だからなのだ」
かばん「そんな事ないですよ。アライさんが覚えるのが早いからですよ」
アライグマ「そうか…かばんさんがそう言うならそうなのだ!アライさんは覚えるのが早い子なのだ!!」
かばん「ふふ…」
かばん「――――――では。今日はこれくらいでいいですか?アライさん」
アライグマ「うん。もう今日はこれくらいでいいのだ…………」もじもじ…
かばん「ん?どうかしましたか?アライさん」
アライグマ「…………あの…かばんさん。今日のアライさんは、よくできた子だったのだ?」
かばん「はい。良く出来た子でしたよ」
アライグマ「!!」ぱぁ!
アライグマ「…………じゃあ…いつもの―――――/////////」すっ
かばん「はい。いいですよ。アライさん…おいで」ぽんぽん
アライグマ「!!」ぱぁ
アライグマ「わぁい!なのだー」ばっ
ねころり…
アライグマ「えへへ…かばんさんのひざまくらなのだー」ごろごろ
 
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1503243268

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/21(月)00:36:31.29
ID:zB0D1PWT0
とあるものかげ。
フェネック「…………」じー
フェネック「……………」ギリィ
?「何見てるの?フェネック」
フェネック「!?」びくっ
フェネック「なんだーサーバルかー。いきなり後ろから声がしたからびっくりしたよー」どきどき
サーバル「ごめんね
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)23:58:31.87ID:IBiS+bJA0
「博士、少し聞きたいことが」
「なんですか、助手」
「実は昨日、かばんの作ったカレーを食べたのです」
「か、かばんのカレーを食べたのですか!? 一人だけずるいですよ、助手!!」がたっ
「最後まで聞いてください、博士。確かに私はカレーを食べていました。ですが、気づいた時には、普段寝ているベッドの上にいたのです」
「…………?? 助手が何を言っているのか、全然分からないのです……」
「夢ですよ」
「夢?」
「後で調べてみたら、図書館の本に書いてあったのです。ヒトは寝ている間に、脳が頭の中を整理します。その時に見る映像を『夢』と呼ぶのだそうです」
「そ、それなら知っているのです! まったく、分かりにくく言わないでほしいのですよ!」ぷんすこ
(かわいい……)
「なんなのですか、その目は!」
「いえ……すみません、博士。今まで見た覚えがほとんどなかったので、つい珍しくて話したのです」
「それは仕方がないのです。夢は見ても忘れることが多いのですよ」
「……ですから、次からはカレーの夢を見た時は教えるのですよ! 博士にも食べさせろです!」
「ど、どうやって食べるつもりですか………………それより、私がその夢を覚えていたのはなぜでしょうか?」
「それはきっと、かばんのカレーのおかげなのです」
「カレー?」
「おそらく、自分の好きなものが出てきたから、強く記憶に残ったのです」
「なるほど…………ということは、逆の場合もあるのですか?」
「ありますよ。嫌いなものの出る夢も、記憶に残りやすいのです。例えば……」

「過去の思い出したくない出来事が夢に出てくることもあるそうですよ」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/19(月)23:58:31.87ID:IBiS+bJA0
「博士、少し聞きたいことが」
「なんですか、助手」
「実は昨日、かばんの作ったカレーを食べたのです」
「か、かばんのカレーを食べたのですか!? 一人だけずるいですよ、助手!!」がたっ
「最後まで聞いてください、博士。確かに私はカレーを食べていました。ですが、気づいた時には、普段寝ているベッドの上にいたのです」
「…………?? 助手が何を言っているのか、全然分からないのです……」
「夢ですよ」
「夢?」
「後で調べてみたら、図書館の本に書いてあったのです。ヒトは寝ている間に、脳が頭の中を整理します。その時に見る映像を『夢』と呼ぶのだそうです」
「そ、それなら知っているのです! まったく、分かりにくく言わないでほしいのですよ!」ぷんすこ
(かわいい……)
「なんなのですか、その目は!」
「いえ……すみません、博士。今まで見た覚えがほとんどなかったので、つい珍しくて話したのです」
「それは仕方がないのです。夢は見ても忘れることが多いのですよ」
「……ですから、次からはカレーの夢を見た時は教えるのですよ! 博士にも食べさせろです!」
「ど、どうやって食べるつもりですか………………それより、私がその夢を覚えていたのはなぜでしょうか?」
「それはきっと、かばんのカレーのおかげなのです」
「カレー?」
「おそらく、自分の好きなものが出てきたから、強く記憶に残ったのです」
「なるほど…………ということは、逆の場合もあるのですか?」
「ありますよ。嫌いなものの出る夢も、記憶に残りやすいのです。例えば……」
「過去の思い出したくない出来事が夢に出てくることもあるそうですよ」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521462393/
1:
◆YgxIRJldbVyL
2018/03/19(月)21:26:33.03ID:HKVqpMxi0
??じゃんぐるちほー??
 
ミナミコアリクイ「うーん…こうかなぁ…?」バッ
 
ミナミコアリクイ「手はグッと握って…」グッ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「もうちょっと…腕の角度をあげてみたり…?」ググ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「前のめり……いや逆に胸を張って!」グググ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「ターンなんかしちゃったり♪」クルンッ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「……ぇ?」
 
キングコブラ「…ターンの後はポーズとか決めたらいいんじゃないか?」
 
ミナミコアリクイ「な、なんだよー!あっち行ってよー!」カァァ

2:
◆YgxIRJldbVyL
2018/03/19(月)21:29:24.71ID:HKVqpMxi0
ミナミコアリクイ「いつからいたの…?」
 
キングコブラ「バンザイのあたりからだな。それが視覚に入って気になったんだ」
 
ミナミコアリクイ「ば、ばんざいじゃないよ!威嚇の練習だよ!」バッ
 
キングコブラ「威嚇の練習?」
 
ミナミコアリクイ「そう…あたしの威嚇全然怖くないらしいから…」グ
 
キングコブラ「踊ってるようにしか見えなかったが」
 
ミナミコアリクイ「あれは…途中から楽しくなっちゃって…」ググ
 
キングコブラ「なるほど…しかし練習でどうにかなるものなのか?」
 
ミナミコアリクイ「それは分からないけど、なにもしないよりはいいかなって」ググ
 
キングコブラ「まぁそうだな…そんなにお前の威嚇は怖くないのか?」
 
ミナミコアリクイ「むしろ可愛いって言われたことある…」グググ
 
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pbXL8jr.8M
2017/09/29(金)12:28:38.04
ID:VH/d9SgA0
アリツカゲラのろっじ
コノハ「…………………」グスッ
ミミズク「ハカセ、泣いてないで早くするです」
ミミズク「我々長が集会に遅れてしまっては皆に示しがつかないのです」
コノハ「……………よくそんな事が言えるのですね助手……」
ミミズク「?」
コノハ「昨晩……」
コノハ「あんな事を私にしておいて…」グスッ
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆YgxIRJldbVyL
2018/03/19(月)21:26:33.03
ID:HKVqpMxi0
??じゃんぐるちほー??
 
ミナミコアリクイ「うーん…こうかなぁ…?」バッ
 
ミナミコアリクイ「手はグッと握って…」グッ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「もうちょっと…腕の角度をあげてみたり…?」ググ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「前のめり……いや逆に胸を張って!」グググ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「ターンなんかしちゃったり♪」クルンッ
 
キングコブラ「……」
 
ミナミコアリクイ「……ぇ?」
 
キングコブラ「…ターンの後はポーズとか決めたらいいんじゃないか?」
 
ミナミコアリクイ「な、なんだよー!あっち行ってよー!」カァァ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1521462393
引用元:

キングコブラ「キングコブラだ。なんだ、なんか頼み事か? 


けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック(1)
postedwith
amazletat18.03.19
KADOKAWA(2017-03-25)
売り上げランキング:4,969
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/08(月)19:20:33.21
ID:fjQ3P1Zr0
サーバル「食べないよ!」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/08(月)19:20:59.70
ID:fjQ3P1Zr0
――――そんな事があった。
あの時、私は確かにかばんちゃんに食べないよって、そう言った。
狩りごっこ。
一方が一方を獲物に見立てて追いかける、ただそれだけの遊び。
捕まえた相手を本当に食べてしまう、なんて事はないんだ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/08(月)19:21:29.87
ID:fjQ3P1Zr0
かばんちゃんと最初に出会った時、
逃げるかばんちゃんを狩りごっこがしたいんだと思った私は、
全力で追い掛けて捕まえた。
そしたら、かばんちゃんが泣きそうな顔で食べないでくださーいって、
そう言ったんだ。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/08(月)19:22:13.86
ID:fjQ3P1Zr0
食べないよ!、ってその時私は大声でそう答えた。
ただのごっこだもの、当たり前。
だけど、最近……。
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/08(月)19:23:53.87
ID:fjQ3P1Zr0
かばん「…」テクテク
サーバル「…」ジー
かばん「…」
サーバル「…」ジー
かばん「…あの、サーバルちゃん」
サーバル「ん?な、なに?」
かばん「ボクの顔に、何かついてる…?」
サーバル「あ、い、いや別にー?」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/01/08(月)19:24:34.71
ID:f
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/25(日)22:11:21.784
ID:cDGJdF64a
俺「はあはあ…だ、大丈夫…」
サーバル「すごい汗だよ…!お水飲む…?」
かばん「紅茶もありますよ…?何か欲しいものはありませんか?」
俺「ん…ゴクゴク、ありがとう…!お腹…痛いから…温めたい…!」ハァハァ
かばん「それなら、ヒグマさんに焚き火を作ってもらっています!」
ヒグマ「かばん!できたよ!」メラメラァ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519052311/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/19(月)23:58:31.87ID:IBiS+bJA0
「博士、少し聞きたいことが」
「なんですか、助手」
「実は昨日、かばんの作ったカレーを食べたのです」
「か、かばんのカレーを食べたのですか!? 一人だけずるいですよ、助手!!」がたっ
「最後まで聞いてください、博士。確かに私はカレーを食べていました。ですが、気づいた時には、普段寝ているベッドの上にいたのです」
「…………?? 助手が何を言っているのか、全然分からないのです……」
「夢ですよ」
「夢?」
「後で調べてみたら、図書館の本に書いてあったのです。ヒトは寝ている間に、脳が頭の中を整理します。その時に見る映像を『夢』と呼ぶのだそうです」
「そ、それなら知っているのです! まったく、分かりにくく言わないでほしいのですよ!」ぷんすこ
(かわいい……)
「なんなのですか、その目は!」
「いえ……すみません、博士。今まで見た覚えがほとんどなかったので、つい珍しくて話したのです」
「それは仕方がないのです。夢は見ても忘れることが多いのですよ」
「……ですから、次からはカレーの夢を見た時は教えるのですよ! 博士にも食べさせろです!」
「ど、どうやって食べるつもりですか………………それより、私がその夢を覚えていたのはなぜでしょうか?」
「それはきっと、かばんのカレーのおかげなのです」
「カレー?」
「おそらく、自分の好きなものが出てきたから、強く記憶に残ったのです」
「なるほど…………ということは、逆の場合もあるのですか?」
「ありますよ。嫌いなものの出る夢も、記憶に残りやすいのです。例えば……」
「過去の思い出したくない出来事が夢に出てくることもあるそうですよ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/20(火)00:02:43.34ID:PoruoH2d0
大切なもの。
離したくないもの。<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語
2017/12/1919:20:36.06
ID:AlusoENX.net
喫茶店
海未(ことりと穂乃果離れするためにルームシェアをすることにしました)
海未(今日はいよいよルームシェア相手の方との顔合わせの日…どんな方なのでしょう…?)
海未(少し緊張しますね…)
???「あの?、ルームシェア相手の方でしょうか?」
海未(来ました…!)ガタッ!
海未「は、はい…!そうです!」スック
かばん「初めまして、かばんといいます」
海未「は、初めまして、園田海未です!」
海未(あっ、柔らかそうな印象の方ですね。ひとまず安心です…)

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

3:
名無しで叶える物語
2017/12/1919:23:46.16
ID:AlusoENX.net
海未「あ、どうぞ座ってください」ササッ
かばん「あ、どうも」
海未(年齢は、私と同じかちょっと下くらいでしょうか…)
海未「かばんさん(?)、注文はどうしますか?」
かばん「じゃあ紅茶で」
ウェーター「かしこまりました」スタスタ…
かばん「そのだうみさん…素敵なお名前ですね」
海未「あ、ありがとうございます…///」
かばん「そのだうみさんは普段何をしているんですか?」
海未「私はいま大学に通っています。他にも家では日本舞踊をやったり、作詞をしたり、色々やっていますね」
かばん「へぇ?、色んなことが出来てすごいですね?」
海未「かばんさんは学生さんですか?それとも何かお仕事を?」
かばん「あ、ボクはこっちに引っ越してきたばかりで、まだお仕事とかしてないんです」
海未「そうですか…」
6:
名無しで叶える物語
2017/12/1919:29:29.93
ID:AlusoENX.net
???
海未「…では、家事の当番はこういう感じでいきましょう」
かばん「はい」
海未「あと、お部屋の方は、私が先に鍵を受け取って
続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/02/19(月)23:58:31.87:
IBiS+bJA0
「博士、少し聞きたいことが」
「なんですか、助手」
「実は昨日、かばんの作ったカレーを食べたのです」
「か、かばんのカレーを食べたのですか!? 一人だけずるいですよ、助手!!」がたっ
「最後まで聞いてください、博士。確かに私はカレーを食べていました。ですが、気づいた時には、普段寝ているベッドの上にいたのです」
「…………?? 助手が何を言っているのか、全然分からないのです……」
「夢ですよ」
「夢?」
「後で調べてみたら、図書館の本に書いてあったのです。ヒトは寝ている間に、脳が頭の中を整理します。その時に見る映像を『夢』と呼ぶのだそうです」
「そ、それなら知っているのです! まったく、分かりにくく言わないでほしいのですよ!」ぷんすこ
(かわいい……)
「なんなのですか、その目は!」
「いえ……すみません、博士。今まで見た覚えがほとんどなかったので、つい珍しくて話したのです」
「それは仕方がないのです。夢は見ても忘れることが多いのですよ」
「……ですから、次からはカレーの夢を見た時は教えるのですよ! 博士にも食べさせろです!」
「ど、どうやって食べるつもりですか………………それより、私がその夢を覚えていたのはなぜでしょうか?」
「それはきっと、かばんのカレーのおかげなのです」
「カレー?」
「おそらく、自分の好きなものが出てきたから、強く記憶に残ったのです」
「なるほど…………ということは、逆の場合もあるのですか?」
「ありますよ。嫌いなものの出る夢も、記憶に残りやすいのです。例えば……」

「過去の思い出したくない出来事が夢に出てくることもあるそうですよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/19(月)23:58:31.87
ID:IBiS+bJA0
「博士、少し聞きたいことが」
「なんですか、助手」
「実は昨日、かばんの作ったカレーを食べたのです」
「か、かばんのカレーを食べたのですか!? 一人だけずるいですよ、助手!!」がたっ
「最後まで聞いてください、博士。確かに私はカレーを食べていました。ですが、気づいた時には、普段寝ているベッドの上にいたのです」
「…………?? 助手が何を言っているのか、全然分からないのです……」
「夢ですよ」
「夢?」
「後で調べてみたら、図書館の本に書いてあったのです。ヒトは寝ている間に、脳が頭の中を整理します。その時に見る映像を『夢』と呼ぶのだそうです」
「そ、それなら知っているのです! まったく、分かりにくく言わないでほしいのですよ!」ぷんすこ
(かわいい……)
「なんなのですか、その目は!」
「いえ……すみません、博士。今まで見た覚えがほとんどなかったので、つい珍しくて話したのです」
「それは仕方がないのです。夢は見ても忘れることが多いのですよ」
「……ですから、次からはカレーの夢を見た時は教えるのですよ! 博士にも食べさせろです!」
「ど、どうやって食べるつもりですか………………それより、私がその夢を覚えていたのはなぜでしょうか?」
「それはきっと、かばんのカレーのおかげなのです」
「カレー?」
「おそらく、自分の好きなものが出てきたから、強く記憶に残ったのです」
「なるほど…………ということは、逆の場合もあるのですか?」
「ありますよ。嫌いなものの出る夢も、記憶に残りやすいのです。例えば……」
「過去の思い出したくない出来事が夢に出てくることもあるそうですよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/19(月)23:58:31.87ID:IBiS+bJA0
「博士、少し聞きたいことが」
「なんですか、助手」
「実は昨日、かばんの作ったカレーを食べたのです」
「か、かばんのカレーを食べたのですか!? 一人だけずるいですよ、助手!!」がたっ
「最後まで聞いてください、博士。確かに私はカレーを食べていました。ですが、気づいた時には、普段寝ているベッドの上にいたのです」
「…………?? 助手が何を言っているのか、全然分からないのです……」
「夢ですよ」
「夢?」
「後で調べてみたら、図書館の本に書いてあったのです。ヒトは寝ている間に、脳が頭の中を整理します。その時に見る映像を『夢』と呼ぶのだそうです」
「そ、それなら知っているのです! まったく、分かりにくく言わないでほしいのですよ!」ぷんすこ
(かわいい……)
「なんなのですか、その目は!」
「いえ……すみません、博士。今まで見た覚えがほとんどなかったので、つい珍しくて話したのです」
「それは仕方がないのです。夢は見ても忘れることが多いのですよ」
「……ですから、次からはカレーの夢を見た時は教えるのですよ! 博士にも食べさせろです!」
「ど、どうやって食べるつもりですか………………それより、私がその夢を覚えていたのはなぜでしょうか?」
「それはきっと、かばんのカレーのおかげなのです」
「カレー?」
「おそらく、自分の好きなものが出てきたから、強く記憶に残ったのです」
「なるほど…………ということは、逆の場合もあるのですか?」
「ありますよ。嫌いなものの出る夢も、記憶に残りやすいのです。例えば……」
「過去の思い出したくない出来事が夢に出てくることもあるそうですよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1519052311
引用元:

サーバル「こわい夢」 


けものフレンズコミック×RADIOアンソロジーよんで!きいて!!たーのしー!!!(単行本コミックス)
postedwith
amazletat18.02
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆U.x4az1C3k
2017/11/30(木)21:32:53.74
ID:rgalMOSzO
ゆきやまちほー
キタキツネ「おさんぽしてたらちっこいげぇむ(?)みたいなの拾った」→3DS
キタキツネ「よくわからないけどやってみようかな」
キタキツネが拾ったゲームのジャンル>>3
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1512045173

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};


imobile_pid="59141";
imobile_asid="1503290";
imobile_width=336;
imobile_height=280;
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/30(木)21:34:14.85ID:+FD+oqEb0
アクションゲーム
4:
◆U.x4az1C3k
2017/11/30(木)21:52:16.41
ID:rgalMOSzO
キタキツネ「これ、どうやって使うんだろ?」パカパカ
3DS「やぁこんにちは」パッ
キタキツネ「!?」ビクッ
3DS「ボクの名前は3DSだよ!ヨロシクね!」
キタキツネ「すりーでぃーえす?(箱が喋った…)」ドキドキ
3DS「キミの世界で言うところの”げぇむ”さ」
キタキツネ「げぇむ!?」キラキラ
3DS「どうだい?ボクをヤりたくないかい?」
キタキツネ「や、ヤりたい!」
3DS「それじゃあ、そのボタンを押すんだ!」
キタキツネ「ボタン?これかな?」ポチッ
3DS「ふぁぁぁぁー!!」
キタキツネ「!!」ビクッ
パアアア
5:
◆U.x4az1C3k
2017/11/30(木)21:59:17.69
ID:rgalMOSzO
キタキツネ「あっ、画面になんか出てきた」
3DS「そ、それはソフトさ…」
続きを読む

[ 閉じる ]
01/23 (23:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/01/08(月)19:20:33.21ID:fjQ3P1Zr0
サーバル「食べないよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/08/21(月)00:34:28.62ID:zB0D1PWT0
とあるさばんなちほー
アライグマ「―――――解かったのだ!こたえは【に】なのだ!!」
かばん「……うん。正解です。よく解かりましたねアライさん」
アライグマ「えへへー/////かばんさんの教え方が上手だからなのだ」
かばん「そんな事ないですよ。アライさんが覚えるのが早いからですよ」
アライグマ「そうか…かばんさんがそう言うならそうなのだ!アライさんは覚えるのが早い子なのだ!!」
かばん「ふふ…」
かばん「――――――では。今日はこれくらいでいいですか?アライさん」
アライグマ「うん。もう今日はこれくらいでいいのだ…………」もじもじ…
かばん「ん?どうかしましたか?アライさん」
アライグマ「…………あの…かばんさん。今日のアライさんは、よくできた子だったのだ?」
かばん「はい。良く出来た子でしたよ」
アライグマ「!!」ぱぁ!
アライグマ「…………じゃあ…いつもの―――――/////////」すっ
かばん「はい。いいですよ。アライさん…おいで」ぽんぽん
アライグマ「!!」ぱぁ
アライグマ「わぁい!なのだー」ばっ
ねころり…
アライグマ「えへへ…かばんさんのひざまくらなのだー」ごろごろ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/21(月)00:34:28.62
ID:zB0D1PWT0
とあるさばんなちほー
アライグマ「―――――解かったのだ!こたえは【に】なのだ!!」
かばん「……うん。正解です。よく解かりましたねアライさん」
アライグマ「えへへー/////かばんさんの教え方が上手だからなのだ」
かばん「そんな事ないですよ。アライさんが覚えるのが早いからですよ」
アライグマ「そうか…かばんさんがそう言うならそうなのだ!アライさんは覚えるのが早い子なのだ!!」
かばん「ふふ…」
かばん「――――――では。今日はこれくらいでいいですか?アライさん」
アライグマ「うん。もう今日はこれくらいでいいのだ…………」もじもじ…
かばん「ん?どうかしましたか?アライさん」
アライグマ「…………あの…かばんさん。今日のアライさんは、よくできた子だったのだ?」
かばん「はい。良く出来た子でしたよ」
アライグマ「!!」ぱぁ!
アライグマ「…………じゃあ…いつもの―――――/////////」すっ
かばん「はい。いいですよ。アライさん…おいで」ぽんぽん
アライグマ「!!」ぱぁ
アライグマ「わぁい!なのだー」ばっ
ねころり…
アライグマ「えへへ…かばんさんのひざまくらなのだー」ごろごろ
  

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆eOoekVDkDM2017/12/11(月)18:59:11.64ID:hJtMM9xL0
有能探偵ボス。それは数多く居るボスの中の1人。
フレンズ間で起こる様々な事件を解決する役目を持った特殊な存在だ。
今日も助手のアミメキリンと次々と事件を迷宮入りさせている。
さて、今日はその手口をご覧いただこう。
------------


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆eOoekVDkDM
2017/12/11(月)18:59:11.64
ID:hJtMM9xL0
有能探偵ボス。それは数多く居るボスの中の1人。
フレンズ間で起こる様々な事件を解決する役目を持った特殊な存在だ。
今日も助手のアミメキリンと次々と事件を迷宮入りさせている。
さて、今日はその手口をご覧いただこう。
------------
 

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/12/25(月)21:51:51
ID:aUadBzxo
?ゆきやまちほーにて?
キタキツネ「………んっ?」
かばん「キタキツネさん、どうしましたか?」
キタキツネ「……あれは…」
ドドドドドドドドド…


サーバル「あれ…セルリアンじゃない!?」
かばん「こ…こっちにきてませんか…!?」
サーバル「た、戦える量じゃないよ!逃げよう!」
ギンギツネ「あのスピードじゃ走っても追い付かれるわ!」
サーバル「そんな…!どうしよ?!」
引用元:

キタキツネ「ゲンムだよ」檀黎斗「ブゥンッ!!」 


けものフレンズコミック×RADIOアンソロジーよんで!きいて!!たーのしー!!!(単行本コミックス)
postedwith
amazletat18.01.10
KADOKAWA(2018-01-06)
売り上げランキング:1,353
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆uNTO5bOOc6:2018/01/08(月)17:59:30.04
ID:FEUDTA7ZO
助手「正月だからと言ってバクバクと食べるから…」
博士「ぅ……ぐ……苦し……です…」モガモガ
助手「まったく、博士はいやしんぼさんですねぇ」ニヤニヤ
博士「助……け…………」モガモガ
助手「ふむ、このままでは手遅れになってしまいますね」
助手「仕方ないのです。>>3でもして助けますか。私は賢いので」
博士「」ピクピク

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/08(月)18:02:39.76ID:ouWxTwe+O
ヘラジカのパワーで腹パン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/08(月)19:20:33.21
ID:fjQ3P1Zr0

サーバル「食べないよ!」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/08(月)19:20:59.70
ID:fjQ3P1Zr0
――――そんな事があった。
あの時、私は確かにかばんちゃんに食べないよって、そう言った。
狩りごっこ。
一方が一方を獲物に見立てて追いかける、ただそれだけの遊び。
捕まえた相手を本当に食べてしまう、なんて事はないんだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
01/10 (00:09) だる速
1:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/08(月) 19:20:33.21 ID:fjQ3P1Zr0 サーバル「食べないよ!」 2:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:20 [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515401970/
1:
◆uNTO5bOOc6
2018/01/08(月)17:59:30.04ID:FEUDTA7ZO
助手「正月だからと言ってバクバクと食べるから…」
博士「ぅ……ぐ……苦し……です…」モガモガ
助手「まったく、博士はいやしんぼさんですねぇ」ニヤニヤ
博士「助……け…………」モガモガ
助手「ふむ、このままでは手遅れになってしまいますね」
助手「仕方ないのです。>>3でもして助けますか。私は賢いので」
博士「」ピクピク

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/08(月)18:02:39.76ID:ouWxTwe+O
ヘラジカのパワーで腹パン
4:
◆uNTO5bOOc6
2018/01/08(月)18:19:17.05ID:FEUDTA7ZO
助手「そうですね…お腹に強い衝撃を与えれば餅が飛び出てくるかもしれないないですね…」
博士「」ピクピク
助手「………どうせならばより強い衝撃の方が良いかもしれないのです」
ヘラジカ「私に用ってなんだ?」
助手「ヘラジカ、アレを見るのです」クイッ
ヘラジカ「?」
博士「」ピクピク
ヘラジカ「ええ!?博士!」
助手「ご覧の通り博士は餅を喉に詰まらせてあの様なのです!」
ヘラジカ「くっ!大変だ!助けなきゃ!」
助手「そこでヘラジカにお願いがあるのです」
ヘラジカ「私にできる事なら何でも言ってくれ!」
助手「………では…」コホン
助手「博士に腹パンを一発お願いするのです」
ヘラジカ「!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/01/08(月)19:20:33.21
ID:fjQ3P1Zr0
サーバル「食べないよ!」
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/01/08(月)19:20:59.70
ID:fjQ3P1Zr0
――――そんな事があった。
あの時、私は確かにかばんちゃんに食べないよって、そう言った。
狩りごっこ。
一方が一方を獲物に見立てて追いかける、ただそれだけの遊び。
捕まえた相手を本当に食べてしまう、なんて事はないんだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1515406832/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/01/08(月)19:20:33.21ID:fjQ3P1Zr0
サーバル「食べないよ!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/01/08(月)19:20:59.70ID:fjQ3P1Zr0
――――そんな事があった。
あの時、私は確かにかばんちゃんに食べないよって、そう言った。
狩りごっこ。
一方が一方を獲物に見立てて追いかける、ただそれだけの遊び。
捕まえた相手を本当に食べてしまう、なんて事はないんだ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/01/08(月)19:21:29.87ID:fjQ3P1Zr0
かばんちゃんと最初に出会った時、
逃げるかばんちゃんを狩りごっこがしたいんだと思った私は、
全力で追い掛けて捕まえた。
そしたら、かばんちゃんが泣きそうな顔で食べないでくださーいって、
そう言ったんだ。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/01/08(月)19:22:13.86ID:fjQ3P1Zr0
食べないよ!、ってその時私は大声でそう答えた。
ただのごっこだもの、当たり前。
だけど、最近……。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆GRDCqr07ng
2017/11/04(土)22:08:26.14
ID:3bzgSfcAO
博士「最近ジャパリパークで大人気のスマートフォンを手に入れたのです」
博士「ふむふむ……」スッスッ
博士「さすがはヒトの叡智の結晶…便利そうなのです」スッスッ
博士「さて、スマホの試験の為にも、まずはこのスマホを使って>>3でもするとしますか」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1509800906

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/04(土)22:13:07.54ID:36ckVBo70
助手を盗撮
5:
◆GRDCqr07ng
2017/11/04(土)22:19:24.45
ID:3bzgSfcAO
博士「スマホには確か”カメラ”という機能がついていると聞いたのです」
博士「早速使ってみるとしますか。私は賢いので……」スッスッ
博士「……………」
博士「どうせならば写す対象が居た方がいいですね……」
博士「………よし」
助手「………………」
博士(助手、いたのです……)コソコソ
博士(これはあくまでカメラの試験の為…盗撮ではないのです)スッ
助手「………………」スクッ
博士(む?助手が動いたのです!何をしているのでしょう?)
助手は何をしているか安価下
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/04(土)22:20:42.36ID:9VJueYNL0
Twwitterでつぶやいている
7:
◆GRDCqr07ng
2017/11/04(土)22:31:22.52
ID:3bzgSfcAO
助手「………………」スッスッ
博士(むむ!助手もスマホを弄っているのです!)コソコソ
助手「………………」スッスッ続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2017/12/29(金)09:58:31
ID:dep9o1nQ
としょかん
かばん「こんにちはー博士ーいますかー」
サーバル「おーい博士―!」
コノハズク「かばん、どうしたのです?」
ミミズク「また料理を作りにきたのですか?」
かばん「実はまたわからないことを聞きたくて」
コノハズク「かばんはえらいのです」
ミミズク「わからないことがあったら聞きに来るですね」
コノハズク「決して自分で調べようともせずに楽をしようとする」
ミミズク「お前みたいなものがじゃぱりパークにいて安心なのです」
サーバル「よかったね、かばんちゃん褒められてるよ」
かばん「なんかすいません…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2017/12/28(木)22:29:53
ID:pinsP06Y
としょかん
キタキツネ「ねえギンギツネ、僕飽きた。帰ってゲームしたい。」
ギンギツネ「もう、またそんなこと言って…ついてきたいって言ったのあなたでしょう?もう少し我慢して」
マーゲイ「すいません、皆さんPPPの為に集まって頂いて」
かばん「マーゲイさん、僕たちを集めた理由って何ですか?」
コノハズク「わざわざ我々を呼び出した理由を早く言うのです。」
ミミズク「大したことじゃなかったらタダじゃおかないのです。」
タイリクオオカミ「まあまあ、だが私もできれば理由は早く知りたいな。これだけ知能の高いフレンズが集まっているとセルリアンがつられてやってくるだろうし…」
マーゲイ「うえええ!」
オオカミ「本当にいい顔をするねえ、ウソウソ、大丈夫だよ」
サーバル「怖いよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。