SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
その他のSS
タグ一覧の表示
<<
2018年11月
>>
43件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532853310/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/29(日)17:35:10.80ID:EdTZBSwBO
大吾「監督www俺ピッチャーやりたいwww」
田代「大吾、お前の肩じゃピッチャーは無理だ。」
大吾「大丈夫ですwww成長期なんでwww」
田代「この前テストした時、正直試合に出られるレベルじゃなかったぞ。」
大吾「俺の可能性をwww信じてくださいwww」
田代「・・・・・・分かった、また今度テストしよう・・・。」
大吾「あざっすwwwwww」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/29(日)17:36:19.81ID:EdTZBSwBO
卜部「監督、茂野のやつまたですか?」
田代「ああ、どうもピッチャーへのこだわりが強くてな。」
卜部「そりゃあ、父親がメジャーリーガーだから憧れるでしょうけど、あいつの実力は・・・。」
田代「肩が弱いし、バッティングもイマイチ、守備は普通、平凡な能力だ。」
卜部「・・・実力が伴わなくても試合に出たい気持ちは俺にも分かります。」
田代「・・・・・・。」
卜部「でもあいつの場合、実力よりも性格の方が・・・。」
田代「卜部!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/29(日)17:36:59.57ID:EdTZBSwBO
卜部「事実でしょう!あいつのことを嫌いじゃない奴なんて、このチームにいますか?」
田代「それは・・・。」
卜部「実力皆無、性格クズ、親の七光りでチームでいると思われてもおかしくないですよ!」
田代「・・・・・・仕方ないんだ。」
卜部「は?」
田代「なあ卜部、ドルフィンズの運営費用は誰が出している?」
卜部「そんなの、チーム全員が出し合ってるに決まっているでしょう。」
田代「そうだ、表向きはな。だが合宿でいいホテルに泊まれたのは何故だ?」
卜部「!?」
田代「質のいい野球道具を持
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542379332/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/16(金)23:42:12.50ID:Agv/y6C50
キャラ崩壊注意
クロ「なな。ちょっとこれ運ぶの手伝ってくれない?」
なな「いいよー♪」ヒョイッ
香子「ばななはん。棚の上の本取ってくれへん?」
なな「はい。どうぞ♪」スッ
真矢「大場さん。お腹が空きました……」グゥ
なな「はい。ばななマフィン♪」ポンッ
双葉「ばなな!今日バイクの調子が悪いんだ。あれ頼めるか?」
なな「うん。ばなバイク♪」ぶるんぶんぶん

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/16(金)23:43:42.57ID:Agv/y6C50
純那「いっぱい頼られて、ななは皆のお母さんね」
なな「えへへ……それほどでも」
ひかり「ちょっと待って」バァァァン
純那「神楽さん?」
ひかり「皆のお母さんは、まひる。母力はまひるの方が高い」ドヤァ
なな「むむっ」
なな(確かにまひるちゃんも家事が得意だし、私より母力が高いと言われても納得できる)
なな(けど、純那ちゃんに褒めてもらった手前、そう易々と引き下がれないし)
なな(何よりひかりちゃんのドヤ顔がなんかムカつく)
なな「私だって負けてないよ!」ズイッ
純那「なな?」
ひかり「いいえ。まひるこそがままひるよ。異論は認めないわ」
なな「ぬぬぬ……じゃあ、勝負してみようよ!私とまひるちゃんで、どっちが皆のお母さんに相応しいのか!」
ひかり「望む所よ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/16(金)23:44:28.90ID:Agv/y6C50
華恋「さぁ!ということで始まりました!九九組プレゼンツ『ばななVSまひるちゃん?母力比べ三番勝負?』!こちら、実況の愛城華恋と!」
純那「早く部屋に戻って読書したい。解説の星見純那です」
華恋「さて、ここで選手の入場
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532168089/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/21(土)19:14:49.32ID:/xp3mvtCO
午前8時32分
本栖高校校門前
なでしこ「おはようございますっ!」
なでしこ「私たちは今、本栖高校校門前に来ていますっ」
あおい「・・・」●REC
リン「・・・」
なでしこ「時刻は・・・えー、朝の8時半位でしょうか」
千明「良いお天気ですね」
なでしこ「寒いですが、よく晴れて絶好の行楽日和ですねっ」
リン「・・・おい」
なでしこ「では早速今日の・・・」
千明「いやいやなでしこさん、その前に出演陣の紹介だけでもやらないと」
なでしこ「あっ!そうでした」
リン「・・・なぁ」
千明「えー、まず我々野外活動サークルのエース、各務原なでしこさん」
なでしこ「なでしこですっ」
千明「それから、休日に訳も分からぬまま呼び出されてやって来た、しまりんこと志摩リンさん」
リン「何なんだよこれはっ!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/21(土)19:31:02.61ID:/xp3mvtCO
なでしこ「野クルの活動PR動画だよ、リンちゃん!」
リン「活動PR動画ぁ?」
千明「我々野クルの活動を動画に撮って、動画サイトにアップする事で活動をアピールし、部員を増やして部に昇格、広い部室をゲットして部費までもらい、ついでに広告収入まで得られれば良いなぁ?・・・、と」
リン「欲望が果てしないな」
なでしこ「その記念すべき第一弾だよ」
リン「入りからして思いっきり某ローカル番組っぽいんだが」
千明「その辺はあまり気にするな。というわけで改めてメンバーの紹介でもするか」
千明「まずはわたくし、野外活動サークル部長兼ディレクターの大垣千明」
千明「そしてディレクター兼カメラ担当。スーパーでのアルバイト姿が人妻感溢れると話題のイヌ子こと犬山あおい」
あおい「誰が人妻や」●REC
千明「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530067214/
1:
◆mL2ZRk1cK.2018/06/27(水)11:40:14.56ID:RgVBGVgV0
なでしこ「恵那ちゃんとリンちゃんってどういう関係なの?」
なでしこ(正月、浜松のおばあちゃん家に向かう電車内にて)
なでしこ(ぼんやりと外を眺めていたリンちゃんは、脈絡なくぶつけられた質問にぱちくり瞬きした)

2:
◆mL2ZRk1cK.2018/06/27(水)11:42:38.10ID:RgVBGVgV0
なでしこ(目をほんの少し細め、咎めるように訊いてくる)
リン「何だよ、いきなり」
なでしこ「ええとね、」
なでしこ(慌てて、私は台詞を付け足した)
なでしこ(声がぶれないように、早口になりすぎないように)
なでしこ(いつもの各務原なでしこに見えるように)
なでしこ(悟られないように、気をつけながら)
なでしこ「なんとなく気になっちゃって。恵那ちゃん、昔からリンちゃんと仲良しじゃない? でも、リンちゃんは頑なに恵那ちゃんを"斉藤"って呼んでるから。あきちゃんやあおいちゃんだって下の名前で呼んでるのに」
リン「えっ、犬山さん達も? あいつ、いつの間に仲良くなってたんだな」
なでしこ「……リンちゃんって、あんまり周りを見てないよね」
なでしこ(じとっとした視線を送ると、リンちゃんはばつの悪そうな表情を浮かべた。どうやら自覚はあるらしい)

3:
◆mL2ZRk1cK.2018/06/27(水)11:45:05.62ID:RgVBGVgV0
なでしこ(咳払いをしてから、私は話を再開する)
なでしこ「ともあれ、一番付き合いの長いリンちゃんだけが名前呼びじゃないから、なんか気になっちゃったんだよ」
リン「なるほど、そういうことか」
なでしこ(得心のいったようにこくこく頷くリンちゃん)
なでしこ(その様子を見ながら、私はこっそり胸をなで下ろした)
なでしこ(よかった、あの様子だと、多分気づいていない)
なでしこ(私が知りたいのは、リンちゃんの恵那ちゃんに対する想いだ)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531169738/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/10(火)05:55:38.94ID:gc5Th7fWO
・新世代ヒーローズがウルトラマンR/B第1話を実況するだけ
・深刻なネタバレがあるので、未見の方はyoutubeからどうぞ
https://youtu.be/Uh1jgpqlba4
・メタ発言、謎時空、キャラ崩壊、台詞内草などなどご注意をば

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/10(火)05:56:28.51ID:gc5Th7fWO
―――光の国
 キーーーン
ゼロ「おっ、来たか!」
ギンガ「ショウラッ!」
ビクトリー「ジュアッ!」
エックス「イーッサァーッ!」
ジード「ハアァッ!」
 ズシーーーン!!
ゼロ「みんな、久しぶり!」
ジード「ゼロ! 久しぶり!」
ギンガ「間に合ってよかった」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/10(火)05:57:12.81ID:gc5Th7fWO
ゼロ「早くテレビの前に来いよ。始まっちまうぜ」
エックス「ああ。じゃあ、お邪魔します」
ビクトリー「…………」
ジード「あれ? ガイさんはいないの?」
ゼロ「ああ。オーブの奴はちょっと連絡がつかなくてな」
ゼロ「たぶん、別の宇宙でミッションに励んでるんだと思うが」
ジード「そっかあ。残念だな。一緒に見たかったのに」
ゼロ「ま、仕事だからしゃーねーわな。今日は俺たちで新たな後輩の誕生を見届けるとしようぜ」
エックス「ああ!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/10(火)05:57:50.83ID:gc5Th7fWO
ギンガ「ところで……ジード。君と会うのは初めてだったな」
ジード「あっ、はい! ウルトラマンジードです。よろしくお願いします!」
エックス「ふふ。先輩のオーブに影響を受けたのか、礼儀がい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1421592999/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/18(日)23:56:39ID:416KmqHY
†警告†
この先では、不穏当かつ非倫理的な出来事(意味深)が発生し得ます。
それでも良いという方のみ、この先に進んで、どうぞ。

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/19(月)06:57:33ID:CvX/UUek
?いつもの和室?
野獣「ぬああああああん疲れたもおおおおおおおん。キツかったすねー今日は」
MUR「おっ、そうだな」
KMR「疲れました」
MUR「あっ、そうだ(唐突)」
野獣「何です、先輩?」
MUR「最近(家計が)キツくてさぁ……。バイトを探してるんだゾ」
野獣「ホァー、そうなんすか」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/19(月)07:01:22ID:CvX/UUek
MUR「オイ木村!」
KMR「えっ、何?」
MUR「お前さっきから、求人誌をチラチラ見てるだろ(興味関心)」
KMR「アッハイ」
MUR「見たいから見せてみろよぉ。ホラ!」
KMR「何で見せる必要があるんですか(偏屈)」
野獣「何やってんだ木村ホラ見せろよ!」
ブッ!
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/19(月)07:03:20ID:CvX/UUek
KMR「ンッー!」つ『夏のハッテン系総力特集号!』
パラパラパラパラ
野獣「うーん……」
MUR「おい待てぇい、俺が先に見るんだゾ」
ピタッ
野獣「……ん?」
MUR「どーした?」
野獣「このページにぃ、割のいいバイト、載ってるんすよ」
MUR「見せてみろよ」
7:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/19(月)07:07:48ID:CvX/UUek
【年齢性別不問。一週間の短期バイト。
ある人文科学的実験の被験者。一日あたりの拘束時間は
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1452018757/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/06(水)03:32:37ID:0nAO0ZBE
? い つ も の 路 上 ?
遠野「今日は本当疲れましたよー」
野獣「ねー練習きつかったねー」
野獣「あのさぁ……」
遠野「何ですか?」
野獣「帰り、ウチ寄ってかない?」
遠野「ああ、いいっすねー」
一般ゾンビ爺「ゥゥゥゥゥゥ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/06(水)03:34:00ID:0nAO0ZBE
野獣「ファッ!?」
遠野「せ、先輩!」
一般ゾンビ爺「ゥゥゥゥゥゥゥゥゥ」
遠野「先輩!な、何なんすかあれ!ちょっとホントに!?」
野獣「慌てんな……慌てんなよ……!」
一般ゾンビ爺「ゥゥゥゥゥオオオオ」
遠野「く、来る!」
野獣「逃げるぞ遠野!」
遠野「アッハイ!」
ダダダダダ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/06(水)03:34:34ID:0nAO0ZBE
野獣「撒けたかな?」
遠野「ハァ……ハァ……だいぶ走りましたね」
野獣「……今日部活キツかったし……結構疲れたね」
遠野「さっきの……何だったんですかね。人間の姿でしたけど……どう見ても、あれって」
野獣「すっげえゾンビ化してる。はっきり分かんだね」
遠野「追ってきますかね?」
野獣「あんまり足早そうじゃなかったし、大丈夫でしょ?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/06(水)03:35:23ID:0nAO0ZBE
ゾンビK「ゥゥゥゥゥ」
ゾンビB「ゥゥゥゥゥ」
ゾンビS「ゥゥゥゥゥ」
野獣「!?」
遠野「田所さん!?あっちこっちからゾンビ達が……もう囲まれている!」
口マン爺「ウウウウウウ」
ゾンビおじさん「オラオラオアァ」
ゾンビひで「うーうー☆」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542213112/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/15(木)01:31:52.20ID:Dqwpx57OO
ゴブリン「あ、あぁ?ッ!」 ドピュドピュドピューッ!
ゴブリンスレイヤー「はい、今日の依頼は終わり。お疲れさまでした」
依頼人「うぅ……あ、ありがとうございました……」
数週間前、念願の冒険者ギルドに就職したのだが、『女性ばかりのパーティでゴブリン討伐に行くと皆レイプされるのでは』という懸念の声があり、結果、ゴブリンスレイヤーさん達が定期的にいっしょにゴブリンを殲滅してくれるようになった。
しかしゴブリンスレイヤーさんはなんだかゴブリンのことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にゴブリンズバズバして、ゴブリン死体死体なのだった。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/15(木)01:34:01.11ID:Dqwpx57OO
女神官「トホホ……ゴブリンスレイヤーさんスゴイのにゴブリン退治には火攻め水攻め毒攻めなんだから……
あーあ、どうにかしてゴブリンスレイヤーさんの戦術をやさしくて害のないものにしてもらえないかな?、ん?」
深夜なのにゴブリンスレイヤーさんの部屋から明かりが漏れている。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1542048359/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/11/13(火)03:45:59.57ID:USpipI3D0
ゆず、大学のサークルより帰宅中
ゆず(ふう、今日もサークル疲れたー)
ゆず(……帰ったら課題やらなくては……)
ガチャ
ゆず「ただいまー」
楓「おお、ゆず、お帰りー」
ゆず「うわっ!」
楓「ご飯にする?お風呂にする?それとも、わ・た・し?」
ゆず「あたしはどれも選ぶ気ないぞ!!」
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/11/13(火)03:57:28.35ID:USpipI3D0
ゆず「っていうかなんで楓があたしの家にいるんだよ」
楓「それは……」
??????????????????????
數十分前
ピンポーン
ゆず母「はーい」ガチャ
楓「こんにちはー」
ゆず母「あら、楓ちゃんどうしたの?」
楓「えっとゆずと一緒に課題をやるという約束をしてまして……ゆずはいますか?」シレッ
ゆず母「あら、そうだったの?でもあの子今日サークルで大学に行くって言ってたわ?」
楓「そうですか……」シュン
ゆず母「でも多分もうすぐ帰ってくるからうちに上がってらっしゃい」
楓「いいんですか?」
ゆず母「もちろんよ?さあ、上がって上がって」
??????????????????????
楓「……とまあ、こんな感じ」
ゆず「何しれっと嘘ついてるんだよ」ダイガクノカダイイッショニヤルトカキイテナイ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/11/13(火)03:58:40.66ID:USpipI3D0
楓「で、結局ゆずはどれを選ぶの?」
ゆず「どれも選ばないって言っただろ……」トイウカイエニイレサセテクレ
楓「……」ムゥ
ゆず「仮に選んだとしてもお母さんに見つかるだろ……」
楓「ああ、ゆずのお母さんなら……」
??????????????????????

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1542100627/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/11/13(火)18:17:07.57ID:jkYpRWo50
邪神ちゃん「なんですのこれ」ペラペラ
邪神ちゃん「!?」
邪神ちゃん「『ノートに名前を書かれた人間は死ぬ……』」
邪神ちゃん「ふむふむ……」
邪神ちゃん「…!?!?!?」
邪神ちゃん「本名を書くだけで対象を心臓麻痺で○せるのか!?」
邪神ちゃん「これ使えますの!」
邪神ちゃん「誰が落としたか知らないけど、私の豊かな魔界ライフのためにありがたく使わせていただきますの?」
邪神ちゃん「ぐへへ……」
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/11/13(火)18:19:26.07ID:jkYpRWo50
邪神ちゃん「ちょっと実際に使えるか試してみますの」
邪神ちゃん「……」ピッピッピップルル
邪神ちゃん「あ、メデューサ?ゆりねを倒す最強の方法を思いついたから30秒以内にミノスの家に来い」ブツッ
ーミノス邸ー
メデューサ「やめときなよ邪神ちゃん……はいお茶」コトッ
ミノス「どうせ何をやっても○せやしないよ、魔導書探しに勤しんだ方がいいぜ?」
メデューサ「邪神ちゃん、何書いてるの?」
邪神ちゃん「み、見るな!ポエムだよポエム!」
ミノス「邪神ちゃんのポエム……ぷぷぷ」
邪神ちゃん「うるせえですの!」
邪神ちゃん「今回はゆりねがいかなる方法をとっても避けられない方法だから大丈夫ですの!」
邪神ちゃん「それが今ここに示されるからな……」
メデューサ「?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/11/13(火)18:22:59.92ID:jkYpRWo50
ミノス「なんだよ邪神ちゃん……薄気味悪い笑み浮かべて……」
メデューサ「うっ!?」
ミノス「メ、メデューサ!?」
メデューサ「うううっあああああ!いたい!くるし……!」バタバタ
メデューサ「ぁ……」
メデューサ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541945923/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/11/11(日)23:18:43.92ID:YXHoZwnn0
やが君SS?ちょっと長め
最初はただ侑がどんどん奪っちゃう話にするつもりがなんか真面目な話に…
6巻読んでキエエエエってなったぶんハッピーエンドに仕立てあげてやった
多分に自己解釈という名の妄想があります
アニメ勢には若干ネタバレ含むかもです

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/11/11(日)23:19:59.47ID:YXHoZwnn0
キーンコーン
沙弥香「もうこんな時間。今日はここまでにしましょうか」
燈子「そうだね」
卓「じゃ、お先でーす!」
聖司「お先に失礼します」
侑「……」ボー
燈子「侑、帰ろ」
侑「へ…?あ、はいっ」
燈子「どうかした?」
侑「いえ別に」
燈子「……そう?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/11/11(日)23:20:48.01ID:YXHoZwnn0
燈子「今日は少し忙しかったね」
侑「そうですね」
侑(七海先輩と一緒に帰るのは今や当たり前になっている)
侑(先輩は変わらずわたしのことが好きで、それに対してわたしもまあ悪い気はしていない)
燈子「侑、いい?」
侑「……仕方ないなぁ」
燈子「やった」ギュ
侑(時々、手をつないだりもする)
侑(知り合いに見られない?って思うけど、そのくらいは七海先輩ならどうとでもしてしまうのだろう)
燈子「??♪」
侑(ただ最近…)
侑「あの、七海先輩」
燈子「ん?」
侑「あー、えっと」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/11/11(日)23:21:21.50ID:YXHoZwnn0
侑「やっぱりなんでもないです」
燈子「え、なに侑?どうしたの?」
侑「なんでもないってば」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1542005657/
1:
◆li7/Wegg1c2018/11/12(月)15:54:18.38ID:ElAsvYO/0
アニゴジ三作目上映記念に。
※アニゴジ二作目のネタバレあります。
※怪獣たちは吹き出しで喋ってます。元ネタがわからない人は下記動画、もしくはゴジラ対ガイガンを見てください。
※ちなみに筆者はアニゴジ三作目はまだ見てません。予めご了承ください。

2:
◆li7/Wegg1c2018/11/12(月)17:19:51.02ID:ElAsvYO/0
メカゴジラ「オイ!アンギラス」 
アンギラス「なんだい? っていうか、一応僕の方が先輩なんだからタメ口はやめなさい」
メカゴジラ「モウシワケゴザイマセン、チョットゴジラセンパイノマネヲシタカッタノデツイ」
アンギラス「……まあいいよ。それで、何の用だい?」
メカゴジラ「決戦機動増殖都市、ゴランニナラレマシタカ?」
アンギラス「あー、アレか……」
メカゴジラ「……ワタシ、デバンアリマシタッケ?」
アンギラス「あ、あぁ……」
メカゴジラ「マサカ、アンナコトニナルナンテ……。タダノマチアツカイニナルナンテ……」
アンギラス「……ご愁傷様」ポンポン
メカゴジラ「ウウウ……」グスン
3:
◆li7/Wegg1c2018/11/12(月)17:20:30.54ID:ElAsvYO/0
アンギラス「泣くなよ…・・・。キミ、レディ・プレイヤー・ワンで大活躍しただろ?」
メカゴジラ「……ダッテ、ゴジラサントヒサビサニバトルガデキルトオモッタノニ……」
アンギラス「まあ確かに、アレはないね…・・・」
メカゴジラ「エイガコウカイマエハ、アンナデザインデ、バトルヲキタイシテイタノニ、ドウシテコンナコトニ……」
アンギラス「あの映画でのキミ、怪獣というかただの街だったからね。
というか、ナノメタルって、金属のアメーバというか物体X? みたいだったよね。全然メカ怪獣になってないもんね。フィギュアまで出たのに」
メカゴジラ「ソウナンデス、ナゼアンナコトニ…
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531841783/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/18(水)00:36:23.78ID:D+SCIty/0
?2次血栓中?
ギュウウ・・・
赤血球「い、いつまでこうしてればいいんですか?」
白血球「2、3日の辛抱だ、我慢してくれ」
赤血球「ひぇ?」
血小板「これが固まったものがかさぶたになるんです!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/18(水)00:39:21.36ID:D+SCIty/0
?1日後?
赤血球「ふぅ・・・大分慣れてきました」
白血球「そうか、体力は大丈夫か?」
赤血球「元々24時間働ける体なんで」
白血球「そうだな」
赤血球「早く仕事に戻・・・」
コツン
赤血球「ん?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/18(水)00:42:39.50ID:D+SCIty/0
白血球「どうした?」
赤血球「あ、いえ何でも・・・」
白血球「?」
赤血球(何だろう・・・白血球さんと密着してる所から固い感触が・・・)
赤血球(これは・・・まさか!)
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/18(水)01:19:56.45ID:ucsQSGKb0
血小板の中に血小板ってあるのかな

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530632083/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/04(水)00:34:43.57ID:QVlhZ5tI0
各事件のネタバレ、キャラ崩壊注意!

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/04(水)00:38:47.67ID:QVlhZ5tI0
?ここは平和な被害者達の暮らす世界?
るり「はじめまして!いや、お久しぶりです!かな?」
るり「私は黒死蝶殺人事件で無残にも殺されてしまった、12歳の美少女、班目るりです」
るり「このたびこの企画の司会をやらせていただくことになりました」
るり「よろしくね!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/04(水)00:48:26.07ID:QVlhZ5tI0
るり「えっと・・・このカンペによると・・・」ペラ
るり「金田一少年の事件簿で殺された数多き被害者、その数は最早村いっこできる数かもしれない」
るり「ここではそんな彼らの心の内をぶっちゃけてもらおうって企画です!」
るり「まぁ、かくいう私もその1人なんだけど・・・」
るり「しかも動機がお母さん殺すついでとトリックに都合がよかったからって何!?」
るり「しかも一泊二日小旅行には出られず・・・」
るり「後一お兄ちゃん、途中から私の仇討ちとか忘れてたよね・・・お姉ちゃんの結婚とかに夢中で・・・」
るり「後で化けて出てやる・・・」ゴゴゴ・・・
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/04(水)06:29:43.14ID:QVlhZ5tI0
るり「さて、そろそろ最初の方を呼ぼうかな、どうぞ!」
ガチャ
霧子「・・・・・」
るり「えっと・・・」
霧子「はじめまして、異人館村殺人事件の兜霧子です」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529150106/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/16(土)20:55:07.20ID:5SUXe4Aj0
大河「竜児ぃー!まだぁー?」
居間から届く、何度目とも知れない催促。
高須竜児は手の動きを止めずに、応えた。
竜児「もうちょっとだ!」
大河「もう、お腹が減って死にそう……」
どの口がそんなことをほざくのやら。
弱々しい台詞とは裏腹に、居間からはガサゴソ何やら物色する物音と、バリボリむしゃむしゃと咀嚼する音が聞こえてくる。大河の仕業だ。
あれほど飯の前にお菓子を食うのはやめろと竜児が忠告したのにも関わらず、大河は帰宅途中にコンビニで購入した菓子類に手をつけていた。
姿を見ずとも、だらしなく居間で寝そべり、テレビを観ながら貪っている姿が容易に想像出来た。逢坂大河が豚のように肥え太る将来が、刻一刻と差し迫っているのを竜児は感じた。
危機感を覚えた竜児は手の動きを加速する。
ギラギラとした双眸を光らせ、手に持った包丁を縦横無尽に振るう。完全に事件現場である。
しかし、高須竜児は善良な一市民だった。
包丁で微塵切りにしているのは、タマネギだ。
他には、ジャガイモ、ニンジン、少量の豚肉。
つまり、竜児は現在、料理を作っていた。
下ごしらえが終わり、鍋で豚肉を焼く。
その後、他の食材も鍋に投入。暫し炒める。
タマネギが飴色になってきたら、水を投入。
沸騰する時間を利用して、まな板を洗浄。
ついでに皿とスプーンを用意しておく。
鍋の中で食材が踊り、充分に火が通った。
素人はジャガイモに爪楊枝を刺して確認する。
だが、竜児はそんなことをしない。
長年培った体内時計が、それを告げてくれる。
竜児「それっ」
タイミングを見計らい、ルーを投入。
すると、鍋の中身が乳白色に変わった。
茶色ならばカレー。白色ならばシチューだ。
今晩の献立は、竜児特製のシチューだった。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532305391/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)09:23:11.56ID:a05uTNV80
エトワリア――それは豊かな自然に満ちた幻想的な世界
(中略)
世界の危機を救うため伝説の魔法「コール」を使い、「まんがタイムきらら」の『男』キャラクターたちを召喚した――


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)09:24:09.24ID:a05uTNV80
【スティーレ・エトワリア支店(仮)】
ひでり「ってちょっと待って下さいよ! 何で僕まで召喚されてるんですか!」
秋月「いやお前も男だろうが」
ひでり「そもそも『きらファン』に外見は完全に美少女な僕が登場しないってのがおかしいと思うんですけど」
秋月「『みがる』でもニャル子さんのハスタ君は出てなかっただろ、そういうことだ」
ひでり「いやよく分かんないんですけど」
秋月「それより店長は?」
ひでり「向こうでいじけてますよ」
ディーノ「苺香さん……苺香さんがいない世界……」どよ?ん
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)09:24:37.84ID:a05uTNV80
秋月「おいディーノ、サボってねーで準備しろよ。出発するぞ」
ディーノ「! 苺香さん!?」
秋月「あ?」
ディーノ「秋月さん!? 何ですかその気持ち悪い格好! ふざけないでクダサイ!」
秋月「ふざけてんのはお前だろうが! いい加減現実見ろよ!」
ディーノ「はっ……。ココはドレ、ワタシはダレ?」
ひでり「ここはエトワリアですよ。僕達、異世界に召喚されちゃったみたいで。世界の危機を救うためにタダ働きさせられるそうです」
秋月「この格好は標準装備だそうだ。誰も好きで着てねぇよ……」
ひでり「もともと女子を召喚する予定だったんで女物の衣装しか用意してなかったらしいです」
秋月「だったら何で俺のサイズに合う服があ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1541862777/
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/11(日)00:12:57.511ID:IHGHpTLed
ウォズ「この本によれば、普通の高校生常盤ソウゴ」
ウォズ「彼には魔王にして時の王者、オーマジオウとなる未来が待っていた」
ウォズ「彼は人気アイドルグループ『アイアンフリル』のライブ会場にて、センターを狙う白いアナザーライダーと遭遇する」
ウォズ「事件の真相を追い、始まりの地・佐賀へ……」
ウォズ「おっと……ここから先はまだ未来の出来事、でしたね」ドヤァ
ーーー
ーー


2:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/11(日)00:14:41.597ID:IHGHpTLed
2008年4月佐賀
さくら「私は源さくら!今日から高校2年生!」
さくら「私、なりたか自分になるっちゃ!」
さくら「そしたらきっと!ぎゅぎゅって楽しさいっぱいの毎日が待っとるよね!」
さくら「いってきまぁぁぁ」
軽トラ「オラァッ!」ゴァッ!
さくら「!?」
カチッ…!シーン…
軽トラ「」
さくら「え、え?いったい何が起こったと??まるで時間が止まったみたいになっとる……?」
3:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/11(日)00:16:20.318ID:IHGHpTLed
ウール「その通り、時間が止まっているのさ!」
さくら「うわぁ??誰??」ビクッ
ウール「ボクはタイムジャッカーのウール!本来の歴史ではこの後、キミはこの車に轢かれてしまうんだ!」
さくら「えぇ!それは困ると!」
ウール「そうだね、キミのアイドルって夢も潰えてしまう……ただし、ボクと契約すれば」
さくら「車に轢かれずにすむと??」
ウール「どうする?契約するかい?」
さくら「する!私……生きたい!」
ウール「ふふっ、なら……今日からキミが、仮面ライダーサガだ!」
アナザーライドウォッチ『サガァ…!』
さくら
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532432331/
1:
◆yVBUMNBkFQ2018/07/24(火)20:38:52.15ID:ifnArG7v0
始めに…
?月山シノブって誰?知らない人に分かりやすく解説?
月山シノブは子供たち(と一部の大きなお友達)に大人気のロボアニメ、『新幹線変形ロボ・シンカリオン』の登場キャラクターで、
この作品で活躍するロボット、“シンカリオン”の運転士(パイロット)のひとり。

実家は先祖代々から続く忍者の家系で、本人も見習い忍者の身であるという設定。

至って健全な子供向けアニメのキャラクターだが…
その中性的でかわいらしいビジュアルを見た一部の視聴者たちから「実は女の子なのでは?」という“月山シノブ女の子説”が浮上した。

放送初期から一定数存在していた女の子説論者は、劇中でシノブの性別が“少年”だと明言される事があっても、その持論を曲げることはなかった。
このかわいい子は実は女の子なのではないかと、女の子説論者は淡い期待を抱き続けていた。しかし…


2:
◆yVBUMNBkFQ2018/07/24(火)20:49:49.16ID:ifnArG7v0
?超進化研究所大宮支部?
ツラヌキ「あ゛?…暑い?…!
     何でこんな暑い日に限って空調が故障中なんだ?…!」
ハヤト「この間のブラックシンカリオンとの戦いが原因かな…?鉄博の方は大丈夫みたいだけど…」
    
ハヤト(あぁ?…早いとこ修理終わらないかなぁ…)
アキタ「仕方ない。暫くはこの扇風機で凌ぐしかないか…」
ツラヌキ「このクソ暑い日に扇風機だけとか…全くもって涼めないんだよォ?…!」
シャショット「皆々様…修理が終わるまでの今少しの辛抱でありま?す…」
ツラヌキ「……そういえば、今日はシノブのヤツここ(大宮支部)には来てないんだな」
アキタ「ああ、アイツは俺たちと違ってこっちに住んでる訳じゃないからな」
ハヤト「何時でも大宮支部に来れるって訳でもないんだろうね」

3:
◆yVBUMNBkFQ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381699060/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/14(月)06:17:40.23ID:sxuiMB0a0
ソーニャが激烈な腹痛に襲われたのは、冬、放課後の帰り道での事だった。
人も車もあまり通らない、細くて狭い路地にソーニャはいる。
なんだこれは・・・。
帰路を歩んでいた足が止まり、手は腹部の上に置かれ、表情が徐々に苦しげなものになっていく。
鞄がどしゃと雪の上に落ちた。
一歩、足を踏み出すのも苦しい。
眉間に深い皺が刻まれる。
立っていられず、路地の端によって塀に手をおいて身体を支える。
あまりにも突然すぎる腹痛。
腹痛が去るのをじっと待っていると、不意にぐぎゅるる、と腹が鳴った。
ソーニャの顔が青ざめた。
便意の到来である。

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/14(月)06:18:56.70ID:sxuiMB0a0
 それはソーニャのそれまでの人生で最も巨大な便意だった。
一歩も動けない。
動けば決壊する。
それがはっきりと分かった。
腹は熱を帯びて苦しく、肛門のあたりに重い圧迫感がある。
気を抜けばその時点でミサイルは発射、爆弾は破裂、ダムは決壊する。
ソーニャは唇を噛んだ。
目をぎゅっと瞑り、便意の破壊的な衝動に耐える。
・・・。
最初の大きな波をやり過ごす事に成功した。
思わず溜息を漏らす。
目を開けると、姿勢をしゃんと正した。
正したつもりだったが、膝が震えている。
そこで気づいた。
便意に耐えている間、自分は両手をお尻の上に置いて重ねて、
産まれたのシカのようにぷるぷる震えていたのだと。
なんて酷い格好をしてたんだ・・・と顔が熱くなった。
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/14(月)06:20:24.35ID:sxuiMB0a0
ソーニャは周囲の風景を眺める。
ちらちらと舞う細かな雪。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541643390/
1:
◆LYNKFR8PTk
2018/11/08(木)11:16:30.95ID:U61df6PHO
桃拾(見た目は桜世)「zzz……」
桜世(見た目は桃拾)「……」
桜世(なんでこうなったかは分からない)
桜世(けどこれは……チャンスなのでは!?)

2:
◆LYNKFR8PTk
2018/11/08(木)11:17:23.15ID:U61df6PHO
桜世(昨日の就寝時間からして兄さんはまだ起きない)
桜世(という事は……暫くの間はこの兄さんの身体で自由にできる)
桜世(という事はつまり……)
桜世(この身体でさきを×××××!!!!(自主規制))

さき「……はぁーー!!今日は久々のオフだーー!!」
さき「暫く仕事続きだったしなー……今日はゆっくり……」
ピンポーン
さき「!誰だろう……」
3:
◆LYNKFR8PTk
2018/11/08(木)11:17:53.15ID:U61df6PHO
さき「はーい」ガチャ
桜世「……」
さき「!!!!」
桜世「……」ペコリ
さき「も、ももももももももももももも桃拾ちゃん!!?///」
さき(なんで!!?なんで桃拾ちゃんが私の家に!!?///)
桜世(さきはカンがいいから……恐らく普通に話したら私だってバレる)
桜世(ここは兄さんらしく振る舞わないと……)
4:
◆LYNKFR8PTk
2018/11/08(木)11:18:26.78ID:U61df6PHO
さき「お、おはよう桃拾ちゃん!!どうしたの?」
桜世「……(会いに来た)」
さき「えっ!!?///」
さき(会いに来た!?私に!!?)
桜世「……(あがっていい?)」
さき「う、うん!!いいよ!!全然いいよ!!///」
さき(うわー!!まさか桃拾ちゃん自ら!!!///)
さき(しかも丁度家には誰もいないし……二人きり!!!///)
桜世(家に侵入成功……この後は……)
5:続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527865415/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/02(土)00:03:35.35ID:PmuEES8m0
その日の昼休み。
僕と鳴はいつも通り、屋上で昼食を済ませた。
屋上には僕ら以外に誰もいない。当然だ。
僕達が通う中学にまことしやかに伝わる現象を回避するべく、僕と鳴はいないものとして扱われているのだから。だから、2人ぽっち。
鳴「ご馳走様。美味しかったよ」
空っぽの弁当箱の蓋を閉めつつ、鳴はお礼を口にした。そして空の弁当を手渡そうとして、何やら躊躇している。
恒一「口に合ったなら良かったよ」
いつだか約束していた手料理を振る舞う約束。
それを果たし、賞賛を受けた僕は照れ臭さと嬉しさを誤魔化しつつ、弁当箱を受け取ろうとしたのだが、鳴はなかなかそれを渡そうとしない。
鳴「やっぱり、洗って返すね」
決心したような、有無を言わさぬ口調。
そういうところにはわりと無頓着かと思いきや、変なところで律儀さを発揮するようだ。
僕としては別にそのまま返してくれても構わないのだが、本人が決断した以上、それに対してとやかく言うのは無粋だろう。
恒一「わかった。それじゃあ、教室戻る?」
鳴「そうね……戻ろっか」
そろそろ昼休みが終わる。
授業前に教室に戻るのは当たり前だが、その当たり前が今の僕達には当て嵌らない。
いないものとして扱われている現状、クラスメイトにとっても僕らが戻らない方が都合がいいからだ。
そうすれば、いないふりをしなくて済むから。
鳴「ねえ、榊原くん」
恒一「ん?」
屋上から校舎の中に戻ろうとする僕のワイシャツの袖を摘み、引き止められた。
何事かと振り向くと鳴は片目を覆う眼帯をひと撫でして、脈絡なく、こんな提案をしてきた。
鳴「教室で脱糞してみる」
恒一「……は?」
ごごごごぉ……と、雷鳴が遠くで轟いた。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/02(土)00:06:30.99I
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531583146/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/15(日)00:45:46.47ID:FHmivZwr0
アトリエSSです
百合注意

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/15(日)00:52:17.67ID:FHmivZwr0
「おねえちゃん達、ありがとう!」
「ふふ、どういたしまして。もうはぐれちゃダメよ」
 女の子はミミちゃんに大きく頷いて、お母さんと繋ぐ手に力を込めた。
 ミミちゃんと二人、冒険者ギルドに依頼達成の報告をしてアトリエへと戻る途中。今にも泣き出しそうな迷子の女の子を見つけて、そのお母さんを探すのに意外に手間取ってしまった。それでも親子の安心した笑顔を見れば、苦労も報われるというものだ。
 こちらが申し訳なくなるくらいぺこぺこ頭を下げるお母さんといつまでも手を振る女の子を後にして、アトリエへの帰路を歩く。空はもうすっかり夕焼けに染まっている。
「よかったわ、お母さんと会えて。なかなか見つからないから私まで不安になっちゃった」
「そうだね。それでも泣かなかったんだから、偉い子だったね」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/15(日)00:52:57.17ID:FHmivZwr0
 それはきっとミミちゃんのおかげだと思うけれど。
 意外にもミミちゃんは子供をあやすのが上手だった。愚図る女の子を優しく諭し、見事に彼女の機嫌を直してみせた。
 わたしはその様を見ながら、彼女のお母さんの話を思い出していた。泣き虫だったミミちゃんを優しく慰めていた、優しいお母さん。
「私があの子くらいの歳なんて、泣いてばかりだったわ」
 ミミちゃんの目はわたしでも夕陽でもなく、どこか遠くを見ている。
「……ほんとに、会えてよかった」
 愁いに満ちた横顔を黄昏色が照らしている。そんな顔をしていることに、彼女自身はきっと、気付いていないんだろうな。そんな顔がわたしをたまらなく切なくさせて
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541672974/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/11/08(木)19:29:35.64ID:fol2wIzV0
やが君夢オチSS

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/11/08(木)19:31:33.04ID:fol2wIzV0
燈子「お願い?侑が?」
侑「あーでもやっぱりやめとこうかな」
燈子「えー?なにそれ気になる。遠慮しなくていいのに」
侑「だってさすがにこれは…」
燈子「いいよいいよ言ってごらん?何でも聞いてあげるよ」
侑「え、ほんとですか」
燈子「うん!侑から私にお願いなんて珍しいし、頼ってくれて嬉しい」
侑「本当に何でもですか?」
燈子「え?……まぁ、私にできることなら」
侑「むしろ先輩にしか頼めないんですけど」
燈子「そうなの?ならいいけど」
侑「やった」
燈子(私にしか頼めないこと…ってなんだろ、ちょっとドキドキする)
燈子(でも侑のことだしたぶん勉強とかそういうのだよね)
燈子「それで、お願いって?」
侑「一発ヤらせてくれません?」
燈子「」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/11/08(木)19:32:35.90ID:fol2wIzV0
燈子「………………」
侑「……」
燈子「えっと、もう一回いい?」
侑「ヤらせてくれません?」
燈子(聞き間違いじゃない!)
燈子「ちなみにヤるっていうのは…」
侑「あれ、伝わりませんか?」
燈子「や、その、一応?確認…みたいな?」
燈子(これで勘違いだったら侑に本当に変態って思われちゃうし)
燈子(っていうか勘違いだよね?うん、いくらなんでも急にそんなことになるわけ)
侑「あれですよ、先輩とえっちさせt」
燈子「わーー!わーー!わかったから言わないでーっ!」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/11/08(木)19:
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531149784/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/10(火)00:23:04.69ID:lLs59oLR0
前回のSS
仮面ライダーゴースト「妖怪城?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/10(火)00:24:26.02ID:lLs59oLR0
俺は天空寺タケル!
18歳の誕生日に襲ってきた眼魔に倒され、紆余曲折あって生き返る事ができた
それから、鬼太郎という不思議な少年に出会った
どうやらこの世界には、まだまだ不可思議なことがあるようだ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/10(火)00:27:34.80ID:lLs59oLR0
ある日、俺はバイクを走らせていた
ブロロロロロロ・・・
タケル「確かこの先にあるんだよな・・・ゲゲゲの森って」
折角会えたので、行きつけの店のたこ焼きを持って挨拶に行こうと思ったのだ
タケル「確か普通の人間には入れないらしいけど・・・大丈夫かな」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/10(火)00:31:56.33ID:lLs59oLR0
そう考えていたら、目の前にごみ袋のようなものが置いてあった
タケル「うわっ!」グッ
キキーッ!!!
タケル「ふぅ・・・」
俺は間一髪ブレーキをかけることができた
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/10(火)00:37:04.63ID:lLs59oLR0
タケル「いったい何が・・・」
??「う、うう・・・」ガサガサ
タケル「え、今動い・・・」
??「うがああああああああ!!!!!」バッ
タケル「な!?」
その物体は突然襲い掛かってきた・・・けど
ねずみ男「は、腹減った・・・」グウウ
タケル「え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1331037702/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/06(火)21:41:42.75ID:J18EjQo2O
根津「どう考えたってネロだろーが…」
23:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/06(火)22:00:54.20ID:N/gwtPvRO
ネロが一番だけど基本的に全員かわいいです
こころちゃんはゲスかわいいと思います
26:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/06(火)22:07:00.68ID:Qbxu7FjU0
次子「ミルキィホームズで一番可愛いのは誰かだってぇ?」
平乃「こういった人に評価を付けるようなことはあまり得意ではないんですけど…」
咲「んー人気は結構バラけてるらしいよー」カタカタ
小衣「……シャーロックじゃないの…?」
一同「えっ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1384528783/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/11/16(土)00:19:43ID:J2ETJcH.
のび太「これのことかい?今回は僕の昔の話を描いてるんだ」
ノビスケ「へぇ。まっ、どうせまた売れないんだろうな。知ってるけど」
のび太「失礼なやつだなぁ。そういうのは読んでからにしてくれよ」
ノビスケ「だってパパが描く漫画いつもよく分かんないんだもん。つまんない」
のび太「まっ、そう言わずにさ。ほら」
ノビスケ「もう、今回だけだからね。何々、ドラえもん...?」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/11/16(土)00:20:55ID:J2ETJcH.
ノビスケ「...」ペラッ
ノビスケ「...!」ペラッ
ノビスケ「フフッ」
ノビスケ「...」ペラッ
ノビスケ「パパ!これ凄く面白いよ!」
のび太「だろう?何せパパのとっておきだからな」
ノビスケ「うん!早く続き読ませてよ!」
のび太「よし、じゃあちょっと待ってなさい」
ノビスケ「早くしてよね!パパはトロいんだから」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/11/16(土)00:22:28ID:J2ETJcH.
しずか「貴方、何をしてるんですか?」
のび太「ん、ちょっとノビスケのために漫画の続きを描いてるんだ」
しずか「ノビスケが続きを読みたいって?」
のび太「うん」
しずか「珍しいわね。一体何を描いているの?」
のび太「これだよ」
しずか「あら、ドラちゃんじゃない!懐かしいわね」
のび太「だろ?僕も昔の思い出を掘り起こしたくなってさ」
しずか「いいわね!私も読ませてもらっていいかしら?」
のび太「もちろんさ。僕はここで続きを描いてるよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541585052/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/07(水)19:04:13.40ID:CWcFJoPx0
キャラ崩壊注意
休日
真矢「クロディーヌ」コンコン
クロ「……何?」ガチャッ
真矢「今ちょっとよろしいでしょうか?」
クロ「別にいいけど……?」
真矢「では、私の部屋まで来てください」スタスタ
クロ(真矢の部屋のドアの横に『真矢クロ恋愛相談室』と書かれた看板が掲げられていた)
クロ「天堂真矢……これは何?」
真矢「真矢クロ恋愛相談室の看板です」
クロ「いやだから……真矢クロ恋愛相談室って何?」
真矢「あなたと私で、皆様の恋のお悩みを解決するコーナーです」
クロ(どうやらまともな説明をする気はないらしい)
クロ「……そんな悪ふざけをするために私を呼んだの?」
真矢「さぁ、どうぞ中へ」ガチャッ
クロ(……まぁ、ちょうど暇してた所だし、たまには素直に悪ふざけに乗ってあげてもいいかしらね)スタスタ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/07(水)19:05:03.08ID:CWcFJoPx0
真矢「ここに座ってください」ポンポン
クロ「それで……本当に誰か相談しに来るの?」ポフッ
真矢「ツイッターで拡散しておきました」
クロ「知名度の無駄遣いね」
??「すいませーん」コンコン
クロ「意外と来るものね」
真矢「鍵は開いています。どうぞ」
謎のフルフェイス「こんちわーっす」ガチャッ
クロ「あんた双葉でしょ」
真矢「! クロディーヌ!相談者の詮索はご法度ですよ!?」ハッ
クロ「そういうレベルじゃないと思うの」
フルフェイスを脱いだ双葉「おっかしーなー。ばななの時はこれでバレなかったのになー」スポッ
クロ「どういう状況だったか知らないけど多分それもバレてるわよ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531754803/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)00:26:43.20ID:Idw/HRBN0
?エレベーター内?
ウイーン
レイ「次のフロアに着いたみたいだね」
ザック「ケッ、サクッと突破して上行こうぜ」
レイ「そうだね、あなたに殺してもらうために」
ザック「はいはい、とっとと行くぞ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)00:30:28.60ID:Idw/HRBN0
ザック「ってオイ、何だこの部屋は・・・」
レイ(壁も床もピンク色・・・部屋の中央にはベット・・・)
レイ(隅には小さな冷蔵庫、奥にはガラス張りの小部屋・・・)
レイ(この部屋は一体・・・)
ザック「おい、壁に何か書いてあるぞ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)00:35:13.85ID:Idw/HRBN0
レイ「あ、本当だ」
ザック「お前読め」
レイ「うん、あなたは読めないからね」
ザック「ケッ」
レイ「えっと・・・生贄にも休息は必要、ここはそのための部屋」
レイ「ベッドで一晩寝ないと上に上がれません・・・か」
ザック「ああ?何でそんなことしなきゃいけねーんだよ」
レイ「ちなみに殺傷行為以外は何をしても不問にする・・・だって」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/17(火)00:47:30.93ID:Idw/HRBN0
ザック「ああ!?そんなの生殺しじゃねーか!」
レイ「でも監視カメラはあるんだし、従わないと何かトラップが発動するかも」
ザック「チッ・・・しゃーねーな」
レイ「とりあえず部屋を調べよう、何かあるかもしれない」
ザック「ああ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530095617/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)19:33:38.02ID:/kPbHsqW0
★注意☆
・グランブルファンタジーSSです。
・キャラ崩壊注意
・グラン=団長と表記します
・>>1はシャドウバースは初心者です
以上がダメな方はブラウザバック推奨です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)19:35:17.53ID:/kPbHsqW0
団長「明日28日に、シャドウバースの方でグラブルがテーマの新パックが実装されますねぇ!!」
ビィ「ついにグラブルのキャラ達がカード化して参戦できるんだな」
ルリア「はわ?! 私もカード化されるんですか!?」
団長「されますねぇ!」
ルリア「わーい! わーい! やったー♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529713056/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)09:17:36.82ID:omgJdVQ40
刀使ノ巫女ss
※最終話の多少のネタバレあり+最終話見てること前提
最終話見てない人は注意!


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)09:19:31.64ID:omgJdVQ40
?隠世の姫和の家?
姫和「…せめてもう一度、可奈美に会いたい」
姫和「会って、今度こそ…」
姫和(今度こそ、私の想いを……!)

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)09:22:22.88ID:omgJdVQ40
―――――――――――――――――――
―――――――――――
―――――
?美奈都たちと別れ、現世に帰る途中?
姫和「なぁ、可奈美」
可奈美「ん、どうしたの、姫和ちゃん?」
姫和「…私が、可奈美と出会って、もうだいぶ時が過ぎたな」
可奈美「そうだね」
姫和「最初に、お前と会ったのは御前試合だったよな」
可奈美「うん。あの時は、すっごく強い人と立ち会えると思って、楽しみだったなー!」
姫和「……私はあの時、お前との試合の事なんて考える余裕はなかった」
姫和「ただ、母さんの仇を……」
姫和「折神紫…いや、タギツヒメを討つということしか頭になかった」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。