SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
その他二次創作SS
タグ一覧の表示
<<
2020年01月
>>
17件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/04(土)20:35:17.88
ID:DQhBkFB7O
ルーク・フォン・ファブレ。
キムラスカ・ランバルディア王国の公爵家に生まれ、王位継承権第三位を持つ嫡男であった。
「ルーク」
「はい、父上」
「お前にこれをやる」
「これは……日記、ですか?」
「俺の出来損ないの……弟のものだ」
生まれながらにして死を定められた者であり、世界転覆を図ったオラクル騎士団総長、ヴァン・グランツ謡将の手により幼い頃に誘拐され、その後はフォミクリー技術を用いた自らのレプリカ(以降、レプリカ・ルークと記載する)に居場所を奪われ、ヴァンの直属の部隊、六神将の鮮血のアッシュを名乗り、暗躍する。
「ルーク、お前は弟の生まれ変わりだ」
「僕が、レプリカ・ルークの……?」
「これからお前はあいつの代わりに生きろ」
エルドラントでのヴァンとの決戦の折、戦死したかに思われたが、レプリカ・ルークがその身を捧げて融合したことにより生きながらえ、その後、婚約者であるキムラスカ王国の王女、ナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディアと結婚し彼女との間に嫡男である男児を儲ける。
「どうした、ルーク! 剣先を下げるな!」
「はあ……はあ……はい、父上」
「情けない。あいつはもっと強かったぞ!」
頑なにルークの名を取り戻すことに難色を示し、レプリカとの融合を果たしてからもアッシュと名乗っていた彼の意向で、息子には亡きレプリカに託した名であるルークと名付けた。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/03(金)13:04:48.22
ID:ml6qOgwo0
────
────
──
吟遊詩人「──これより語るは聖夜の一幕」
吟遊詩人「誰も彼もが心躍らせ、弾む笑顔で夜空を見上げ、邪なるものは空に消ゆ……」
吟遊詩人「空飛ぶソリを駆る英雄のうたは皆々が知る通り。なれば、人知れず討ち払われた
     悪にこそ、今宵は焦点を当てましょう」
吟遊詩人「始まりは、女神と謳われし乙女の願い。
     さぁ、精霊よ!この詩を唄い終えられるよう、我に力を与えよ──」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/16(月)01:32:38.92
ID:w7wIwWN50
相棒×万引き家族のssです。
クロス元は去年カンヌ国際映画祭で出展された作品になります。
よければ見てやってください。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/16(月)01:34:49.27
ID:w7wIwWN50
2018年6月末日―――
時刻は昼の12時過ぎ、都内某所にある商店街を背広姿で歩く二人の男たちがいた。
警視庁捜査一課に所属する伊丹と芹沢の両刑事。
いつも通り眉間にシワを寄せて顔を強ばらせる伊丹に駆け寄りながら付いていく芹沢。
二人が目指すのはこの商店街の裏通りにある小さなスーパーだ。
「オイ、さっさとついてこい。時間ねえんだぞ。」
「わかってますよ。けど昼飯くらいちゃんとした場所で取りましょうよ。」
「バカ言え。そんな余裕があってたまるか。」
警視庁捜査一課の刑事となれば多忙なのは当然。
だが食事をする余裕もないほど時間に追われていた。
ちなみにこのスーパーだが既に築30年は経過している悪く言えばボロ屋な建物。
店内は簡素な作りで表通りにあるチェーン店のスーパーとは比較にもならないボロさが悪目立ちしていた。
いくら時間がないとはいえもう少し場所を選んでも罰は当たらないだろと芹沢も内心愚痴を吐く始末。
そんなスーパーに伊丹と芹沢は揃って入店した。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/01(水)00:39:19.44
ID:mbGPI5+/0
駒場「あったけど…」
内海「ん?どないしたんよ?」
駒場「昔オカンがよく使ってたベイが思い出されへんって言うてんねん」
内海「ほんだら俺がね、オカンがよく使ってたベイブレードの名前一緒に考えてあげるから、どんな特徴やったか教えてよー」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/31(火)21:57:44.29ID:DHpW7Ge90
ナレーション「――――12月」ナレーション「それは、一年の中で最も忙しい月」ナレーション「締めくくるに相応しい、師走の月」ナレーション「ここに、その忙しさ――正しく師走を体現するかのような人物がいました」ノラ「――ッ!!(走ってる)」ナレーション「その者、冥界の伝説の獣にして元人間。名前を、反田ノラ」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/26(木)01:40:05.12
ID:2DOLTqfo0
ぱんだ壮 吉田家
良「お姉、起きてっ。朝だよっ。学校遅れちゃう」
シャミ子「……? あれ、良ちゃん、昨日うちに泊まったっけ?」
良「寝ぼけてる? はやく起きて。今日の朝ごはんは……」
清子「小麦粉を水に溶いて焼いた奴ですよ?。冷めると噛み千切るの大変です。優子は早く顔を洗っていらっしゃい」
シャミ子「清子さんまで……というか、な、なんでそんな飢饉みたいなご飯を……?」
清子「だってお米は昨日の時点でもう……あら、誰かが外の階段を凄い勢いで……」
ばたーん!
桃「桃ーーー! これはいったいどうなってますか!? 朝起きたら桃になってたんですけど!? 新手の精神攻撃ですか!?」
良「あっ、桃さん」
シャミ子「んん!? 私!? え、あ! 私がシャミ子になってる!」
桃「気づくの遅すぎかきさま! さすが私の身体! 朝からお寝ぼけのようだな!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水)22:58:12.19
ID:qkXvRyqo0
 
アイリス「ねぇ、ノラ。今日が何の日だか……知ってる?」
アイリス「勿論知ってるわよね!? だって、当然大切な日だし! 一年に一度きりだし! 恋人のノラが忘れる訳ないわよね!?」
アイリス「あははっ。私ったら、彼氏を疑うなんて悪い彼女さん♪」
アイリス「ね、ノラ?」
ノラ「えー? 何ー? 聞こえなーい!(焼きそば作ってる)」
ノラ「もっと大きな声で言ってー!!」
アイリス「なんで私の部屋で焼きそば作ってるのー!?」
ノラ「なんでってー! 今日一緒にご飯食べたいって言ったのアイリスだろー!?」
アイリス「誰も焼きそば作ってなんて言ってないじゃーん!」
ノラ「えぇ……(火を止める)」
ノラ「でも、俺が作れるのなんて焼きそばくらいだしなぁ。それに美味いっていってくれてたじゃん」
アイリス「それは、美味しいけど……。でもでも! 今日は特別な日なのよ? 特別な日に焼きそばはないと思わない?」
ノラ「うちの母さん、特別な日はいつも焼きそば作ってくれてたんだよなぁ。恋の味がするーとか言って泣きながら作ってた。何度目の恋かしらないけど」
アイリス「あーはいはい。あなたのお母さんの特殊な恋愛話とかいいから」
ノラ「特殊なのかな」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水)01:03:12.40
ID:ez5T+FUIO
「カズマカズマ」
「ん?なんだよ、めぐみん」
「今晩お部屋にお邪魔しても構いませんか?」
季節は冬。
冬将軍が到来して、めっきり寒くなった頃。
倒せば春に近づくとされる雪精を狩るなどという、冬将軍を呼び寄せるリスクに見合わない馬鹿げたクエストなどには出掛けることなく、俺達は屋敷の中でぬくぬく過ごしていた。
本日は俺が食事当番だったので、腕によりをかけて手を抜いて、鍋を作り、先程平らげた。
食い残した分を小さな鍋に移し替えて、明日の朝食の汁物としてキープしてから、俺が空になった大鍋と茶碗を洗っていると、食後にひとっ風呂浴びてホカホカになっためぐみんが、しっとり濡れた黒髪から仄かに良い香りを振りまいて、洗い物をする為に腕まくりしていた袖口をちょいちょい引っ張り、ぽしょぽしょと耳元でこそばゆく囁いてきた。
その内容は、否が応でも期待せざるを得ない。
やれやれ、今晩あたり魔王を倒して世界を救おうかと思っていたのだが、予定変更しなくては。
「ひとまず世界を救うことは諦めた」
「優先順位おかしくないですか!?」
おかしくない。なに、世界は逃げやしないさ。
「それじゃ、お布団温めておいてくださいね」
「おう!任せとけ!」
スケールの大きすぎる天秤に呆れつつも、なんだかんだで嬉しいらしいめぐみんは照れたようにはにかんで、自室に向かった。準備があるのだろう。
ならばこちらも準備を整えることとしよう。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆z.6vDABEMI2019/12/23(月)22:27:23.94
ID:bBP3Yd1Ro
明転。ふたりの男が向かい合っている。
片方の男(中岡)は目を閉じている。若干むふむふしており、ちょっと怖い。
もう片方の男(コカド)は半笑い、手に札を持っており、それを見せようとしているようだ。
コカド「それでは、目を開けてください!」
中岡「……!……?……??ええ?え?」
コカド「ドッキリ大成功ー!」
札には古典的なドッキリ大成功!の文字が。
中岡「なんやぁ、ドッキリかぁ?……もー、なんやねん、もー!」
コカド「ほんまに目の前に中岡くん好きな女の子ぉ、おるかもって思ってた?」
中岡「思ってた……」
コカド「ドッキリでしたー!」
中岡「なんやねんそのしょっぼいドッキリ!」
地団駄を踏んでじだじだする中岡。不満げな顔である。やむなし。
コカド「いや、しょぼくはないねん」
中岡「え?なにが?」
コカド「今日1日、なんかおかしなことなかった?いっぱいあったやろ?」
中岡「え?ん??……んん?……あ!」
何かに気づく中岡。
コカド「実はー……今日1日、テレビ局さんの力を借りて!中岡くんにドッキリをかけまくっていましたー!」
再び出されるドッキリ大成功の札。
中岡「うっわ、マジかぁ……全部ドッキリかぁ?」
コカド「ほら、思い出してみ?今日変なこといっぱいあったやろ?」
中岡「えっと、朝起きたら部屋に市松人形がいっぱいあった?」
コカド「ドッキリでしたー!」
中岡「ドッキリかぁ?」
コカド「他は?」
中岡「目覚まし、目覚まし時計の音がぱおーんって……」象の動き
コカド「ドッキリでしたー!」
中岡「これもドッキリかぁ?」
コカド「あとは?」
中岡「えー?……ああ、あれ!財布から5万盗られてた!」
コカド「……」
中岡「あれもドッキリかぁ?、はよ返せよコカドぉ?」
コカド「いや……それは知らんわ……」
中岡「……」
コカド「……」
中岡「……え?」
〇お久しぶりです。
〇相変わらず書きためは無いです。
〇M-1見逃してショックです
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月)22:39:58.12
ID:G+7cg9Jb0
LIVE←たまにくるくる回る
竹書房会館
アナウンサー「私は今、竹書房会館入り口に来ております。ものすごい数の報道陣が詰めかけております!」
アナウンサー「本日、『ポプテピピック』主役のお二人による緊急の謝罪会見が行われます」
アナウンサー「緊急という事に加え、これまで各所に喧嘩を売り続けたポプテピピックが今更一体何に謝罪するのか、注目を集めています!」
アナウンサー「あ、今内部で会見が始まった模様です」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/14(土)17:38:20.21
ID:Tr3X7Zex0


結衣「京子、ほら頑張れ。あと少しだから」
京子「ちょ、ちょっと待って結衣、少し休もうよー」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/20(金)02:32:03.04
ID:kP2DqCd70
――商店街 電柱の陰――
チュチュ「…………」
花園たえ「あれ、チュチュ?」
チュチュ「うわぁおっ!?」
たえ「どうしたの、電柱を抱っこして? コアラの真似?」
チュチュ「な、何でもないわよ! というかそんなことしてる覚えはないわよ!」
たえ「そうなの?」
チュチュ「そうよ!」
たえ「ふーん? ……あ、パレオだ。おーい、パ――」
チュチュ「Wait! ちょっと待ちなさいタエ・ハナゾノ!」バッ
たえ「もご」
チュチュ「ここから声をかけたら私がここにいるのがバレちゃうでしょう!」
たえ「もがもご」
チュチュ「えぇい、こうなったら貴女も協力しなさい!」
たえ「もご?」
チュチュ「事情はパレオを追いかけながら話すわ!」
……………………


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
◆o.T02ywbDc2019/12/31(火)23:16:18.60
ID:3u7s9NJB0
部室
ぽとっ
雫「千景、なにか落としましたよ」
千景「!?」
雫「本ですか。。このくらいであれば私が」
 「千景、不要なものを持ち込むのはよくない事ですよ…」
千景「見ないで!雫さんには」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/08(日)11:13:41.84
ID:ZfNoat1e0
倫也「……」カタカタ
恵「……」ポチポチ
倫也「うーん……」
恵「……」ポチポチ
倫也「ううーん……」
恵「……」ポチポチ
倫也「うううーん……」
恵「……どうしたの? そんなあからさまに構ってもらいたそうな声を出して」
倫也「いや……実はさ。昨日から新作ギャルゲーのプロットを練ってる途中なんだけど」
恵「倫也くん、今絶賛浪人中だってこと忘れてない?」
倫也「ヒロインの可愛さの方に力を入れ過ぎてて……なんか主人公の魅力が弱い気がするんだよなあ」
恵「まあ……そもそも、主人公の作り手がパッとしない男の子だし」
倫也「それもうどうしようもないよね!? 遠回しに俺じゃ魅力あるギャルゲーの主人公は作れないって言ってるよね!?」
恵「ぼかしたつもりは全然、全く、これっぽっちもないんだけど……」
倫也「致命傷与えた後ついで感覚で2回刺すのやめてえっ!」
恵「……んー、じゃあ。とりあえず、倫也くん本人がパッとする男の子になってみればいいんじゃないかな〜」
倫也「え?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/07(土)21:13:04.37
ID:kNKMPaOnO
「いよいよ明日だな、ドラ子よ」
「はい、お父様!」
マルフォイ家の一人娘、ドラ子・マルフォイはホグワーツ入学を明日に控え、不安と期待が入り混じった複雑な心境で父から訓示を頂いた。
「今更言うまでもないが、マルフォイ家の名に恥じぬよう、勉学に励むように」
「はい!しかと心得ました!」
「魔法薬学を担当しているセブルス・スネイプと私は旧知の仲だ。何か困ったら頼るように」
「はい!わかりました!」
ホグワーツへの入学が決まってから今日に至るまで、ドラ子の父、ルシウス・マルフォイは一言一句全く同じ訓示を何度も繰り返していた。
隣で聞いていたドラ子の母、ナルシッサ・マルフォイはそんな夫に苦笑しつつ口を挟んだ。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金)22:31:29.63
ID:o9kFpOMF0
メロスは呆れた。
必ず、かの邪智暴虐のなろう作家が書いた作品に「やれやれ、またなろう作家、やっちゃいました?」と皮肉を言わねばならぬと決意した。
メロスには『なろう小説』の良さがわからぬ。
メロスは、小説も書いたことのない一般人である。
ニートとして引きこもり、アニメと漫画を嗜んで暮して来た。
けれどもなろう小説に対しては、人一倍に敏感であった。
きょう未明メロスはパソコンを立ち上げ、ネットを越えまとめサイトを越え、Twitterにやって来た。
メロスは父も母もあるが共働き。女房は無い。
十六の、ジャニヲタ気質な妹と同部屋暮らしだ。
この妹は、大学二年生のジャニーズ系容姿の慶応パリピボーイに憧れ、近々、お付き合いしたい事を妄想していた。
結婚式も夢見ているのである。
メロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買う訳ではなく、妹の幸せをはるばる壊してやろうと今日はTwitterを開いたのだ。
先ず、妹の意中の相手が性犯罪を匂わすツイートしてたら炎上させてやろうと情報を集めたが、特になかったので、それから2時間くらいエロ画像を求めて、ぶらぶら神絵師ツイートを見ていた。
メロスには1人だけ相互フォローがいた。セリヌンティウスである。
彼とはヲタク友達だが、メロスとは違い、きちんと石工所で働いている。
その友に、これから妹の想い人をネットで炎上させて抹殺したいことについて、DM(ダイレクトメッセージ)で訪ねてみるつもりなのだ。
久しく個人連絡をしてなかったのだから、訪ねるのが楽しみである。
しかしTwitterを見ているうちにメロスは、全体の様子を怪しく思った。ひっそりしている。
もう既に朝方で、投稿が少ないのは当りまえだが、けれども、なんだか、時刻のせいばかりでは無く、ツイート全体が、やけに寂しい。
のんきなメロスも、だんだん不安になって来た。
たまたま見つけた神絵師をつかまえて、何かあったのか、二日前にこのSNSに来たときは、夜でも絵師がエロ絵をうpして、リプも賑やかであった筈はずだが、続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆lllKMucqes2019/12/06(金)20:44:37.38
ID:xhcS7I30o
シャミ子「早い帰りだな魔法少女よ!すでに晩ごはんの用意は出来てます!」
シャミ子「今日は腕によりをかけて桃の好きなものを作りました!冷めないうちに早く早く!」
シャミ子「??♪」ユラユラ
シャミ子「……?今日は何かいいことがあったのか、ですか?」キョトン
シャミ子「ククク、桃色魔法少女よ……忘れたフリをして私の口から言わせようだなんて、その手には乗りませんよ!」
シャミ子「え、本当に分からない?たまたま早く帰ってきただけ?まさかとは思いますが……桃」
シャミ子「貴様また闇堕ち記念日を忘れてるな!これで何度目だと思ってるんですかまったく!」
シャミ子「もう桃なんて知りません!明日からは自炊してくださいね!……へ、プレゼント?」
シャミ子「や、やっぱり覚えてるじゃないですか……貴様そういうところだぞ……」カァァ
みたいなのどう?


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。