SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
その他二次創作SS
タグ一覧の表示
<<
2018年07月
>>
43件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/07/03(火)17:54:09.50
ID:/D24NCwf0
?スターハーモニー学園内
エマ「フレンズ結成おめでとう?!!」
あいね「ありがとう?エマちゃん!!」
エマ「あいねちゃんとみおちゃんはピュアパレットで私と舞花でハニーキャットだね!」
舞花「うんうん!盛り上がってきたじゃない!」
みお「ま…まぁ、私とフレンズ結成するんだったらあいねしか居ないと思ったし…」
あいね「でも、あたし、本当に嬉しかったよ!あたしだってみおちゃんとフレンズ組みたかったし!!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆jZl6E5/9IU2018/06/23(土)01:14:15.49
ID:JxicDsGm0
お台場・ガンダムベース
リク「それじゃコーイチさん、お疲れ様でした!」
ユッキー「「また明日もよろしくお願いします!」」
モモ「ナナミさん、さよーならー!」
ナナミ「また明日ねー、バイバーイ!」
コーイチ「うん。また明日」フリフリ
ナナミ「……さ、仕事に戻るよーお兄ちゃん。新しいサンプルもう届いてるからね」
コーイチ「わかってるよ、今日にはもう仕上がるから」
ナナミ「……ふふっ」
コーイチ「どうした?」
ナナミ「ううん、お兄ちゃん、最近は楽しそうだなーって」
コーイチ「まぁ、な。ガンプラ作るのは、楽しいから」
ナナミ「そうじゃなくて。GBNとか、リクくんたちと遊んでてさ」
コーイチ「……確かにな。あの子たちとGBNをやるのは、楽しい、かも」
ナナミ「はっきりしないなぁ。ま、いいや。それじゃ。サンプルよろしくね」
コーイチ「ああ、任せとけって」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/05(木)07:37:43.27
ID:7Gyag1b60
※強い独自設定があります
 地の文があります
 報われない話です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/05(木)07:38:26.06
ID:7Gyag1b60
『僕の孤独が魚だとしたら、そのあまりの巨大さと獰猛さに、鯨でさえ逃げ出すに違いない』
 冷房の効いた電車に揺られ、私は小説を読んでいた。その冒頭の一文だった。
 確かこの作者は随分昔の人だった。晩年は廃屋に籠り、狂人のような生活をしていたらしい、という大学の友人からの聞きかじりの知識が頭の中に浮かぶ。
 そうして文字を目で追っていると、電車はやがて私の実家の最寄り駅へと到着した。
 駅名を告げる車掌のアナウンスと共に、空気を吐き出す音がして電車の扉が開く。私は読んでいた本を手持ちの小さな鞄にしまい、傍らに置いたキャリーバッグを転がして電車を降りた。
 途端に粘つくような重たい湿気を含んだ熱気が身体にまとわりついてくる。
「……夏、ね」
 呟いた言葉は発車のベルにかき消された。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LYNKFR8PTk2018/07/03(火)22:24:23.36
ID:QnA0QHXcO
デカパン「そうダス!!ボンバー星ダス!!」
おそ松「何それ。お前ら知ってる?」
カラ松「フッ……知らんな」
チョロ松「なんで知らないのにかっこつけてるの」
トド松「そのボンバー星がどうしたの?」
デカパン「君達に……そのボンバー星に行って欲しいんダス!!!」
十四松「えーーーーーーーー!!?」
一松「なんで急に」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆9ZenOaD5cw2018/07/01(日)18:22:44.32
ID:bGKh+TUN0
約5000字 アニメ最終話の話
姫和(ひより)と可奈美の現世(うつしよ)への帰還中
姫和「可奈美は眠ったときに夢の中で母親に会っていたんだろ?」
可奈美「うん。起きたら忘れてちゃってたけどね」
姫和「それはおそらく、現世と隠世(かくりよ)に分かれた二振りの千鳥によって起きていたはずだ」
可奈美「ふむふむ」
姫和「しかしならば同じように小烏丸(こがらすまる)を持っていた私も、母に会っていてもおかしくないはずだ」
可奈美「そうだね。なんでかなー」
姫和「千鳥と小烏丸が同じ条件だとしたら、私と可奈美に差があったということか?」
可奈美「うーん? あ!」
姫和「なにかあるのか?」
可奈美「私は、寝るとき千鳥を枕元に置いて眠るんだけど、たまに寝ぼけて千鳥を抱いて寝てるんだよね。これは?」
姫和「睡眠時の御刀との距離か。だが私も寝るときには小烏丸を身近に置いているぞ」
可奈美「違うかー」
姫和「それに逃亡生活したときは、私も小烏丸を握りしめて睡眠をとったが何も起きなかったぞ」
可奈美「うーん、なんでなんだろうね?」
姫和「私と可奈美の条件が同じなら、後は母の側の条件か?」
可奈美「お母さんの?」
姫和「ああ」
姫和「私は亡くなった母に、ずっと会いたかったのに会えなかった。もしかして母は私に会いたくなかったのではないかと、思ってな」
可奈美「そんなことない!」
姫和「!」
可奈美「ちょっとしか会えなかったけど、姫和ちゃんのお母さんは良い人だったよ。だからそんなこと絶対にない」
姫和「そうだな……その通りだ」
可奈美「私には理由はよく分からないけど、現世に帰れたら、フリードマンさんとかに聞いてみればいいんだよ」
可奈美「だからまずは帰らないと」
姫和「ああ……そうだな。それによく考えたら、母は私が生まれたことは知らなかったしな。会いたくない以前の問題だった」
可奈美「うん! そうだよ!」
姫和「可奈美、お前がいてくれて本当によかった」
可奈美「?」
姫和「私が独りだったら、この暗い道を
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)00:14:09.97
ID:OlbWkhBM0
※キャラ崩壊してます。
 少し百合してます。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)00:15:11.59
ID:OlbWkhBM0
――芸能事務所――
丸山彩「ふむふむ……あー、そっかぁ……」
――ガチャ
大和麻弥「おはようございます」
彩「あ、おはよう、麻弥ちゃん」
麻弥「はい、おはようございます、彩さん。今日はまだ彩さんしか来てないんですね」
彩「うん。今日は私が一番乗り! あ、そうだ。麻弥ちゃんも一緒にこれ見ない?」
麻弥「はい? なんですか?」
彩「この前のライブの感想をエゴサしてるんだ。ほら、また私、ちょっとMC失敗しちゃったからさ……」
麻弥「ああ、いつものやつですね。そうですね、他の皆さんが来るまでやることもありませんし、ご一緒させていただきます」
彩「うん! じゃ、私の隣に座って」
麻弥「はい、失礼します。どれどれ……」
彩「…………」
麻弥「……やっぱり彩さんらしくて良いっていう意見が多いですね」
彩「うん。ファンの人たちが喜んでくれてるなら私も嬉しいんだけど……でもやっぱり、ほら」
麻弥「あー……。一部からは『天下を目指すのならいい加減慣れるべきだ』って声も出てますね」
彩「そうなんだよね。はぁ……あんなに練習してるのになぁ……」
麻弥「ライブ前とかはずっと千聖さんが付きっきりで見てくれてますもんね」
彩「千聖ちゃんには本当に頭が上がらないよ……嫌な顔の一つもしないで、ニコニコしながらずーっと見ててくれるんだもん」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)02:25:07.88
ID:n0iON9Pe0
※キャラ崩壊注意
※何でも許せる人向け
まったりやってきます。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)02:26:40.36
ID:n0iON9Pe0
?居酒屋?
上原ひまり「ん?みんなまだかな?」
みなさんこんにちは上原ひまりです。高校を卒業して早二年、今や私も花の女子大生!今日はアフターグロウのメンバーと久しぶりの飲み会なんですけど……。
ひまり「リーダーを待たせるとは……。まったく、リーダーに対する敬意が足りないよ!」
まあ、連絡は貰ってるんですけどね。―――おっ、連絡だ『ついたよ!』か。
「ごめん!おまたせ!ひまりちゃん!」
この鈴を転がすような声は―――
ひまり「久しぶりだね!つぐ!」
羽沢つぐみ「久しぶり!あれ?みんなまだ着いてなかったんだ」
ひまり「モカが遅刻して蘭と一緒に来るって、あと巴は電車寝過ごしたみたい……」
つぐみ「あはは……。巴ちゃんらしいや」
久しぶりにあったつぐはなんだか大人びていました。つぐ……絶対モテモテだろうなぁ。
ひまり「つぐは彼氏とかできたの??」
つぐみ「えっえええええ!?いやいや、か、彼氏なんてまだ早いよ……」
これはモテますね。まあ変な虫がつくようならアフターグロウ総出で潰すけど。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)11:15:22.55
ID:sSgW6r690
※キャラ崩壊してます
 
戸山香澄「沙綾とデートしてる気分になれるCD」
と同じ世界の話です


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
ネタバレあり◆LYNKFR8PTk2018/06/15(金)22:30:04.18
ID:sXeat7gSO
アンジー「神さまー、不法入国者がいるよー」
エネル『そうだな……ここは試練でオシオキをしないといけないな』
アンジー「……神さまがオシオキしろって言ってるよー」
アンジー「だからお前達はー、不法入国者のオシオキをお願いねー」
神官「「「「はっ!!!」」」」ドン!!


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆xW69XHZIXl2A2018/06/10(日)19:12:24.95
ID:B3D8YMgx0
 人を好きになり告白し結ばれる。
それはとても素晴らしい事だと誰もが言う。
     だが、それは間違いである!!
 搾取する側とされる側!
 尽くす側と尽くされる側!
 勝者と敗者!!
 もし貴殿が気高く生きようと云うのなら
 決して敗者になってはならない!
 恋愛は戦!!
 好きになったほうが負けなのである!!


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆u2UDDWx33I2018/06/10(日)18:22:13.59
ID:oZEhVz0L0
六花「ゆうた……ば……ばぶぅ///……」
中二病でも恋がしたい!SS


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/10(日)11:29:48.48
ID:W3NTtEvY0
※キャラ崩壊してます。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/10(日)11:30:54.17
ID:W3NTtEvY0
――花咲川女子学園 中庭――
戸山香澄「ふぅー今日も学校疲れた?! ねぇねぇ有咲、寄り道して何か食べてかない?」
市ヶ谷有咲「またかよ。最近毎日買い食いして帰ってねーか、お前。太るぞ」
香澄「えー大丈夫だよ?! その分しっかりギターの練習して、あと朝とかたまに走って学校に来てるし!」
有咲「それ寝坊して遅刻しかけてるだけだろ……」
香澄「あはは?、バレた? って、あれ……」
有咲「あん? どうしたんだよ」
湊友希那「…………」
香澄「やっぱり友希那先輩だ。おーい、友希那せんぱーい!」
有咲「ちょ、おまっ……」
友希那「……あら? 戸山さんに市ヶ谷さん」
香澄「こんにちはっ、友希那先輩」
有咲「ど、どうも?……」
友希那「ええ、こんにちは」
香澄「珍しいですね、友希那先輩が花女に来るなんて! 何かあったんですか?」
友希那「ええ、ちょっと燐子に用事があるのよ」
有咲「…………」
香澄「ん? 有咲、どうかしたの?」
有咲「べ、別に……」
有咲(……友希那先輩って苦手なんだよなぁ。ポピパの練習見てもらった時ほどじゃないけど、あの射抜いてくるような視線がなぁ……)
有咲(猫好きなとこがあるとか意外な一面は知ってるけど、やっぱ怖ぇんだよなぁ)


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆xW69XHZIXl2A2018/06/10(日)02:34:44.63
ID:B3D8YMgx0
?かぐや「そうです! アニメ化です! アニメ化!」早坂「はぁ……」
かぐや「……」
早坂「どうしたんですか? 深刻そうな顔をして」
かぐや「どうやら会長はアニメのキャラと結婚したいみたいなの……」
早坂「……なるほど」
かぐや「ま、まさか会長がそんな性癖を持ってるなんて」
早坂「そういえば会長は『桃缶』という漫画が読める『ミドジャン!アプリ』を携帯にダウンロードしていましたね」
かぐや「そうなの! しかも最新話が1話40円で読めるみたいで……」
早坂「入れてて良かったミドジャンアプリ! というやつですね」
かぐや「……」
早坂「……」
かぐや「まぁ、今週号のヤンジャンのネタは置いておいて、話を戻しましょう」
早坂「そうですね」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/09(土)16:11:44.55
ID:P6WLg2HsO
伊達「あー、平塚先生に呼びだされちまったなぁ。きっとあの作文のことだろうな。興奮してきたな」
ガラガラ
伊達「失礼しまーす」
富澤「あぁ君きみ。カチコミ中わるいがこっちに来なさい」
伊達「してねーよ。ちゃんと制服着てんだろ。先生に呼ばれて職員室に来ただけだわ」
富澤「なんだなんだ、屁理屈こねて。反抗期か?」
伊達「わりと正論しゃべってただろうが。むしろお前のせいでグレそうだわ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木)08:03:11.64
ID:rpOJnS4j0
※地の文があります。
 少し百合百合してます。
 羽丘女子学園の生徒会長に勝手なキャラ付けをしています。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木)08:04:21.78
ID:rpOJnS4j0
「はぁ……」
 薄暗く少し埃臭い教室の一角で、私は一人ため息を吐き出した。
 耳を澄ますと、窓の外から微かな喧騒が聞こえてくる。今日は羽丘女子学園の文化祭だ。きっとここの生徒や外部からのお客さんが大いに楽しんでいることだろう。
 だというのにどうして私は人気のない教室に――羽丘女子学園の敷地の中でも外れの方、今はほとんど使われていない古い校舎の最上階の教室にいるんだろうか。しかも、四方をペニヤ板の壁に覆われた個室のような空間の中に。
 ここへやってきてから約二十分。どうにも誰も来なさそうな雰囲気だ。手持無沙汰の私は発端の出来事を回想する。
――――――――――――


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/05(火)01:06:31.74
ID:T7BKztJ80
ローソン「全部貴方が悪いんですよ……?」
ローソン「私は貴方のことをこんなにも愛しているのに………、心当たりが無いだなんて絶対に言わせませんよ…。」
ローソン「貴方はこれまでも……これからも……。ずうっと私の声だけを聞いていればいいんです…?」
ローソン「それだと言うのに……何故貴方は私の言うことを守れないんですか…?」
ローソン「こんなにも私に手を焼かせて……、…申し訳ないとは思わないんですか…?」
ローソン「先程のコーヒーに薬を混ぜておきました。貴方はもう、指一本さえ自分の意思で動かせませんし、もし動けても無駄だって事は、よく分かってますよね?」
ローソン「でも心配ありません?貴方はこの先一生、私と一緒に生きれるんですから?」
ローソン「ふふ、嬉しいですか…?嬉しいですよねぇ……?、もう、私たちが離れることは無いんですよ……?」
ローソン「それに……、もうあんなことがないように…、私がじっくりと再教育してあげます?」
ローソン「脳の隅々から…、身体の細胞全てにまで……、私の声を染み込ませてあげますね…?」
ローソン「だから………、もう……。」
ローソン「『ファミチキ下さい』だなんて、言っちゃダメですよ?」

3
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/04(月)00:20:52.45
ID:WM5ow4IW0
※最新刊までのネタバレを含みます

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/04(月)00:30:42.50
ID:WM5ow4IW0
篠原「え?千咲への誕生日プレゼント?」
黒奈「」コクコク
黒奈「もうすぐ誕生日だから何かあげたい……」
黒奈「でも私だけで選ぶとまた受け取ってもらえない可能性がある……」
篠原(ああ……あの千咲の机に変なものが色々乗ってた時期か……)
黒奈「だから篠原の意見を聞かせてほしい……」
篠原「あっ、じゃあ明日一緒に買いに……」
黒奈「やだ」
篠原「即答!?」ガーン
黒奈「人混み……苦手……」
篠原「ああそういうこと……」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/31(土)16:16:41.42
ID:gE55w2ku0
(ごらく部部室)
京子「・・・」
結衣「えっ・・・」
ちなつ「京子センパイ、今何て・・・?」
あかり「きょ、京子ちゃん?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/28(月)16:09:45.06
ID:qelP7VnGo
ゼロツー「へ?」
ヒロ「いや、グランクレバスの時にさ」
ゼロツー「うん」
ヒロ「イチゴと、デルフィニウムに乗って駆けつけただろ?」
ゼロツー「ダーリン、待って」
ヒロ「うん?」
ゼロツー「浮気?」
ヒロ「……」
ヒロ「えっ?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)20:51:32.98
ID:LWyFbTIL0
氷菓が摩耶花ヒロインだったらというSSです。
学園要素多めで推理要素はほぼゼロになっています。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)20:53:07.42
ID:LWyFbTIL0

世の中には、永遠に不変なんてありえない。どんなものも、時がたっていけば劣化していく。
車も家も金も。人間だってそうだ。顔のしわが増えていけば、肉体や精神は衰えていく。
地方新聞にたまに出る、満面の笑みをうかべた高翌齢者の写真とともに、いくつになっても元気な○○さん。といった見出しが躍るが、あれはただ衰えが緩やかなだけだ。
街並みだって変わる。地方都市に分類される俺の住む神山市だって、昔は農村だったと聞く。
形が変わってしまうのか、壊れてしまうのか。方向性はともかく未来永劫不変のままなんてわけはない。
壊れてしまった場合は、二度と元には戻らない。
俺の隣に立つ、中学から愛用している学生服の色おちを嘆く福部里志にそんな話をした。


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/26(土)22:39:23.00
ID:PnkLPvDo0
某ハワイ
サターニャ「ありがとうプリンス・カメハメ、あんたのお陰で48の殺人技と52の関節技を習得する事が出来たわ」
カメハメ「ふ、サタ肉マン、君の努力結果じゃよ。その力で宿命のライバルガヴリールを倒してくるのだ」
サターニャ「わかった!!!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/25(金)19:24:27.58
ID:cdtm9B280
ゆっくりエボルト(以下エボルト)「万丈が脱獄すると同時にタイマー開始」
エボルト「最初は従来のチャート通り進めますが一応解説」
エボルト「序盤は操作可能なキャラは石動惣一のみです」
エボルト「1?32章までは戦兎や万丈を育成することが目的のため石動は戦闘能力がかなり低いです」
エボルト「特に万丈育成の最終段階はプレイヤースキルがかなり無いと突破できません」
エボルト「従来のチャートではこの育成をいかに効率的に行うかを考えて作られていましたが、今回はあまり育成を必要としません」
エボルト「基本は不味いコーヒーを適度にやって親密度を調整するだけです」
エボルト「万丈は突き放し、戦兎とは上げられるだけ上げておきます」
エボルト「解説は以上です、変更点までスキップされる方は69:28まで」


続きを読む

[ 閉じる ]
【グラブル】ヘルエス「これより第一回団内PTA会議を始めます!」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/20(日)18:58:42.52
ID:qkf50kstO
クソSS注意

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/20(日)19:16:39.75
ID:qkf50kstO
ナルメア(24)「はーい!」
シルヴァ(27)「えーっと……」
メーテラ(25)「二回目にして新メンバー?」
イルザ(28)「私はこの集まり、というか団自体に加わった記憶が無いぞ」
ヘルエス(27)「ええ、説明しましょう。まず『グランサイファーPTA』とは、この騎空団の内部組織として、こちらの」
フォルテ(20)「私、フォルテがヘルエスと共に立ち上げた組織だ」
マギサ(??)「前回のコピペじゃない……」
アルルメイヤ(29)「まあ……続きものということも分かってもらった方がいいだろうしね」
マギサ「ナチュラルに第四の壁を突破するのもどうかと思うけど……」
ヘルエス「イルザ殿には外部顧問としてフレッシュな空気と意見をこの会議にもたらしていただきたいというわけで
す」
シルヴァ「フレッシュも何も立ち上げから間もないんだが」
フォルテ「我々の中では比較的年長者な点も含め、良い意見を期待している」
イルザ「まあ、年齢的には全くフレッシュではないのだが」
イルザ「ハァ……」ズーン
ゼタ(21)「ちょ、勝手に言って勝手に傷つかないでくださいよ」
フォルテ「おっと、ゼタ殿もお忘れなく」
ゼタ「よ、よろしくお願いします」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/29(木)18:19:40.76
ID:3ZxZW/fA0
青葉「あちゃー、終電行っちゃいましたねぇ…」
ひふみ「う、うん、そうだね…」
青葉「どうしますか? 会社に戻って寝袋で寝るか、それともタクシーを拾って帰りますか?」
ひふみ「わ、私は寝袋が会社にないし…。そ、それに、今日は金曜日でタクシーを拾ってまで帰る必要もないから適当なビジネスホテルか漫画喫茶にでも…」
青葉「そうですかぁ…。タクシーだと結構お金かかっちゃいますもんねぇ」
ひふみ「あ、青葉ちゃんはクマさんの寝袋があるんだし会社に戻る…?」
青葉「うむむ…どうしましょう……って、ひふみ先輩!」
ひふみ「ど、どうしたの?」ビクッ
青葉「見てください! ちょうどホテルがすぐそこにありますよ!」
ひふみ「あ…本当だね」
青葉「せっかくですし、あそこに泊まっていきませんか?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/29(木)01:17:01.32
ID:0XOCVNPz0
 寒風吹きすさぶ夜の荒野の只中、キャンピング・トレーラー付きのスピーダーが一台。
今、そのトレーラーから一人の青年が姿を現す。
シンノ「うう、寒っ……」
 青年――シンノ・カノスは、ぶるりと震えてケープをかき合わせる。
その裏に隠したライトセーバーが、腰のブラスターとぶつかって音を立てた。
R3C3『ピポポ』
 シンノに続いて、赤いアストロメク・ドロイド――R3C3が姿を現した。
シンノ「おお、R3」
R3C3『ポポピーポ』
シンノ「ハハハ、何だ?寝ぼけてるのか?ドロイドのくせに……おっ、見ろ」
 シンノは地平線を指し示す。
シンノ「……夜明けだ……」
 ――その指先では紺碧の空が白み、眩い光がちらりと顔を出していた。
やがて姿を現す太陽が、荒野に暖かな光を投げかける……


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/04(月)21:59:49.29
ID:Q+QX2Pgp0
※多少独自設定とかあります
累「そうよ。二人にぜひお願いしたいんだけど、引き受けてくれないかな?」
可奈美「イメージアップって具体的にはどんなことをするんですか?」
累「具体的には二人の色々な写真を撮らせてほしいの」
可奈美「写真ですかー」
累「刀使の女の子の日常を撮影したり、二人のステキな写真を使って、刀使のイメージアップを図るのよ」
姫和「なぜそれを私と可奈美が?」
累「二人は御前試合の決勝進出者でしょ? それに可愛らしい感じの可奈美ちゃんとキリッとシャープな顔立ちの姫和ちゃんは絵になると思うのよねー!」
姫和「ちょっと待て。御前試合の決勝で私が何をしでかしたのか憶えてないのか?」
累「あー、まぁ、そこらへんはこっちの方でなんとかしておくから大丈夫! それに、貴方たちが御前試合でしたことは世間には公表されてないから何も問題ないの!」
姫和「そ、そうなのか…」
累「お願いできないかな?」
姫和「い、いや、だが…それは私の写真が全国に出回るという事だろう…? それは…」
可奈美「うーん、私も全国に出回るとなるとさすがに恥ずかしいかも…」
姫和「それに絵になるというのなら獅童真希と此花寿々花の二人の方が適任じゃないか?」
累「いやいや、二人だって負けてないわよ! それにあの二人は去年と一昨年のイメージアップキャラクターだったからね」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/06/04(月)17:41:53.20
ID:jmKTFEjxO

ヴィーラ「指輪を渡されてしまいました」
こちらの続きになります
完成してるので一気に投下します


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/13(金)17:29:20.53
ID:HzDELoRf0
クソSS注意

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/13(金)17:31:42.54
ID:HzDELoRf0
ナルメア(24)「はーい!」
シルヴァ(27)「えーっと……」
メーテラ(25)「いきなり集められたけどコレ何の集まり?」
ヘルエス(27)「ええ、説明しましょう。正式名称『グランサイファーPTA』とは、この騎空団の内部組織として、こちらの」
フォルテ(20)「私、フォルテがヘルエスと共に立ち上げた組織だ」
マギサ(??)「どうしてまた急に……」
アルルメイヤ(29)「そういえば、団長が言っていたらしいね」
――――――
グラン(15)『最近団員も増えてきたし部屋割り考えないとなぁ』
ラカム「んじゃあ近いうちにちょっと話し合おうか」
――――――
アルル「……って」
フォルテ「流石、話が早いな。それについてなんだが……みんな、現在の団員構成について思うところはないか?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/04(日)21:13:58.31
ID:g83GDbHP0
ポプ子「モルゲッソヨ?」
ピピ美「モルゲッソヨ」
ポプ子「モルゲッソヨー!」ピース
ピピ美「ヨー!」パシャパシャ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆xW69XHZIXl2A2018/03/03(土)21:07:50.71
ID:6pFBJWHa0
早坂「確か『からかい上手な高木さん』でしたっけ?」
かぐや「藤原さんから進められてその漫画を読んだのよ」
早坂「なるほど」
かぐや「だから私も会長をからかってみるわ」
早坂「……え?」
かぐや「私の魅力で会長をドキドキのメロメロにしてあげましょう!」
かぐや「会長覚悟していてください! 徹底的にからかってあげますからね!」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。