SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
とある魔術の禁書目録
タグ一覧の表示
<<
2019年12月
>>
147件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木)04:35:37.19ID:hiihEZQi0
食蜂「変なサイトで広告を見たからぁ、適当に連絡してみたけどぉ」
食蜂「ま、変なのが絡んでくるようなら、私の改竄でどうにでもなるんだとけどぉ」
ピンポーン
食蜂「早速、来たようねぇ」
ミサカ「……おじゃまします。と、ミサカは少しドキドキとしながら部屋へと入ります」
食蜂「本当に御坂さんにそっくりねぇ」
ミサカ「似た顔は約2万いるというので気にしないでくださいと、ミサカは遠い目をしていいます」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/07/18(水)17:59:34.16
ID:LG2yeeH80
佐天[0]「効果範囲はあたしを中心にして半径10メートルくらいみたい」
初春[0]「はぁ、このおでこに出てる数字がそうなんですか?」
佐天[0]「みたいだよ?あたしから離れると消えるし」
初春[0]「私も佐天さんも0ですね」
佐天[0]「うん、クラスには0じゃない人いたけどね」
初春[0]「ところで自家発電ってなんの事ですか?」
佐天[0]「えーと、わかんない」
初春[0]「そうなんですか?」
佐天[0]「初春もわかんないんだ」
初春[0]「まさか言葉通りでは無いでしょうからねぇ…ぜんぜん分からないです」
佐天[0]「なんの事なんだろね」
初春[0]「そうですねー」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/05/09(土)12:10:52.58ID:JSeKFRE50
上条浮気魔
一方セフレ
浜面三股
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1431141042

続きを読む

[ 閉じる ]
1:2015/08/15(土)20:06:42.487
ID:h+lmlU6p0.net
大学生当麻「美琴と付き合ってたらヒモみたいになってた」
俺が高校を卒業すると同時に、一緒に住めと言ってきた美琴。
家賃光熱費はあたし持ちで良いというので、そのまま甘えさせてもらうこと2年。
甘えは甘えを呼んで、最近では食費から遊ぶ金まで全部用意してもらっている始末。
そんな美琴と俺の愛の巣で、暖房をガンガン利かせて、ピコピコゲームをしながら
ふと思った。
これってヒモじゃないの?
ガチャ
美琴「ただいまーー!」
と、美琴が帰ってきたみたいです。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
2011/03/23(水)04:00:31.30
ID:Nh7Doqino
七月十九日
上条(明日から夏休みだ)
上条(充実した休日……は不幸な上条さんには無縁かもしれないけど、せめて平穏無事に過ごしたいなー)
上条(夕飯は……今日くらいはファミレスでいいか)
上条(さて、どこで食べようか……。ん?)
上条(なんだあの人……)
長髪の男「」キョロキョロ
上条(外国人?)
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1300820430/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆t8EBwAYVrY-
2019/04/2621:47:12.64
DWRjNIYI0
1/127
ー学園都市ー
BOOOOOM!
キャプテンアメリカ
「みんな!いくぞ!」
ソー
「応とも!」
アイアンマン
「パーティーはお開きだ」
御坂
「覚悟しなさい!」
黒子
「ごきげんよう」
KA-BOOOOOM!
レッドスカル
「…ゾラ博士、事情を説明してもらおうか」Rrrr…
ゾラ
「今少しの時間と予算をいただければ…」Rrrr…
レッドスカル
「弁解は罪悪と知れ!」Rrrr…
レッドスカル
「おまえたち?!これで勝ったと思うなよ???!」
*・゜゚・*:.。..。.:*・'☆
キャップ
&
ソー
&
アイアンマン
「「「今日もみーんな救われた!サンキュー!最強のヒーロー、アベンジャーズ!」」」
元スレ
御坂「アベンジャーズ!アッセンブル!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556282832/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/23(木)18:11:18.055ID:0bpAcpQh0
上条「ジャッジメントですの!とか萌え死んじゃうわ」
上条「結標の時も柔らかかったなぁ」
上条「そうだ!黒子と結婚すればいいんだ!」
見る人いるなら書くけど

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/04(木)17:55:22.180ID:uU49zFtk0
浜面が最愛を押し倒した姿勢のまま、
「ちょ、はまづ、んっ」
最愛に強引にキスを迫る
「んっ、はま、んんっ、んぐっ!?んぶ、んむむっ!ちゅぶっ!」
浜面は最愛に何度もキスをし、しまいにはディープなものをし始めた。
「はぁ、はぁ、はま、づらぁ......」
「......最愛」
「浜面......好き」
「俺もだよ、最愛」
「浜面、あの、ね?」
「なん......んっ」
「えへへ......」
「ははっ......」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします-
2013/10/2523:40:26.25
5W6mj0i80
1/16
禁書SSです。文字数は4000程
特定のヒロインを軽んじている様な描写が在るので、ご注意を

元スレ
とある甜瓜の寝室童話(ベッドサイドストーリー)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382712026/
続きを読む

[ 閉じる ]
前スレ:
打ち止め「あそぼ!」一方「しょォがねェな」【前編】

334:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/09/25(木)04:30:04ID:WH2dNxRg
番外「こう、ね?あの赤いあんちきしょうが掴みやすいようにぶら下げてやんの」
番外「そしたらけっこー釣れるよ?ミサカのように!」
一方「へェへェ。そりゃどォも……ん?」
ビクンッ!ググッ…!
一方「……あァ?」
ググッ、ググッッッ!!
一方「ンなっ?!」
打ち止め「? どうしたの?ってミサカはミサカはすごい顔して割り箸引っ張るあなたを心配してみたり」
一方「大物が、引っ掛かりやがったンだよ!!」フヌヌ…!
.

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/05/29(木)17:13:44ID:ZW/.wyno
打ち止め「ねーねー、あーそーぼ?ってミサカはミサカは営業スマイルでおねだりしてみたり!」グイグイ
一方「あァ?メンドクセェから芳川か番外個体と遊ンで来いよ…」ゴロン
打ち止め「ミサカはあなたと遊びたいのーってミサカはミサカはぐいぐいぐいーっ!」グイグイグイグイ
一方「あァ…わかった、わかった…何がしてェンだ」
打ち止め「じゃあなぞなぞしよう!ってミサカはミサカは第一希望を述べてみる!」

続きを読む

[ 閉じる ]
17:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/10/22(金)00:25:42.65ID:aaokcVaZO
黒子「はぁ…。憂鬱ですのね」
初春「どうしたんですか白井さん?」
黒子「どうしてお姉様はわたくしの愛に応えてくれないんでしょうかねぇ」
佐天「だって白井さん達女の子じゃん?」
黒子「関係ありませんのよ!欧州では同棲生活は寛大に認められてますもの!」
佐天「へ、へーそうなんだ…」
初春「それじゃ他に好きな人がいるんじゃ?」
黒子「ふむ…そんな訳ないとは思いますが」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
◆WfB7i3usMEol2013/05/21(火)19:52:06.11ID:7/grD5+e0
学園都市 某所某日
黒子(少々遅くなってしまいましたの。……ん、あれは)
ヒュンヒュン
黒子「お姉様ぁぁ!」ガバッ
美琴「ひやぁ!? 何、って黒子!? ……あんたねぇ、走ってるのに危ないでしょうが!」
黒子「ああん、ごめんなさいですの! ごめんなさいですの!
   しかしお姉様、ここから走っていかれるとなりますとお時間が危ういかと……」
美琴「だから急いでるんでしょうが……あれ、黒子今日は風紀委員休みって言ってなかった?」
黒子「ええ、今日は私用での外出ですの。今帰るところですのでもしよろしければご一緒にと思いまして」
美琴「ほんと! やー、助かったー。間に合わないんじゃないかって焦ってたのよ。それじゃ、お願いしていい?」
黒子「もちろんですの。それでは失礼しますの」
美琴「……なんで抱きついてくるわけ?」
黒子「なるべく密着しているほうが演算が楽ですの!」
美琴「へー、今まで散々手繋いだだけで飛んでたと思うんだけど」
黒子「緊急で無い時くらいのんびり能力使用させていただきたいですの。というわけで、ぐへへ……」
美琴「あ、あんた絶対嘘ついてるでしょ! あちょ、どこ触ってんだごらぁぁぁぁ!!」ビリビリ
黒子「はぁぁぁぁぁん! し、刺激的ですの。
   しかしお姉様、ここでわたくしを罰するのは得策ではないのではございませんこと?
   寮監の折檻を受けるも受けないも黒子次第で」
美琴「へいタクシー」
黒子「ああん、お姉様のいけず!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/10/21(木)19:22:34.58ID:zvd3wRgs0
美琴「ちょっとアンタ!勝負しなさい!!今日こそ私が勝つんだから!」
上条「やなこった!上条さんはこれから特売に行かなきゃいけないんです!」
美琴「あ、こら待ちなさいっ」バチバチ
上条「うおっ…あぶね!?追いかけてくるなぁぁぁ!いつも言ってるが御坂と勝負して俺になんのメリットがあるんだ!」
美琴「う………」
上条「ほ?らやっぱりなんのメリットもないじゃないか。じゃあなっ」
美琴「ま、待ちなさい!……わかったわよ……あんたがそこまで言うなら……」
美琴「わ、私に勝ったら胸さわらせてあげるわ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2019/08/12(月)19:17:56
ID:.W9ZT8vA
〈二人の部屋〉
初春「やりましたね、佐天さん! これで佐天さんも能力者に」
佐天「はぁ……」
初春「佐天さん? どうしてため息なんて」
佐天「いやいや初春くん、考えてもみたまえ。竹だよ竹……竹限定で操れる能力って役に立つの?」
初春「そ、それは……。あ、パンダとか飼うときに便利じゃないですか」
佐天「いやパンダとか飼えないでしょ法律的に」
初春「えっと、あ、タケノコとかたくさん作れるじゃないですか。毎日タケノコごはんが食べれますよ」
佐天「いや、三日くらいで飽きるっしょ」
続きを読む

[ 閉じる ]
関連スレ:
上条「一方通行ってそこらの女より可愛いよな……」  の続編になります

101:
1ござるの人◆AOfoWrbTbe5x2011/02/19(土)01:07:42.94ID:lv4mcylL0
一方通行「……でさァ、そのてとくンがうざいのよォ」
上条「一方通行も不幸なんだなー」
一方通行「そいつの未元物質っつゥのがめんどくさくてよォ」
上条「ふむふむ?」
一方通行「その能力っつゥのが、『この世にない物質を作り出す』っつゥ能力なんだけどな」
上条「この世にない物質」
一方通行「『俺の未元物質に不可能はねぇ(キリッ』とか言っちまうンだぜェ?」
上条「その場の勢いで説教とかそげぶとかしてる上条さんは笑えませんよ……しかし未元物質か」

続きを読む

[ 閉じる ]
35:
2010/03/14(日)01:44:16.55
ID:OMesBOiL0
美琴「正直うざいのよ」
佐天「何がですか?私何かしましたっけ…?」
美琴「したわよ。初対面の私に嫌味ったらしく能力値はレベル0デースって言ってきたじゃない」
佐天「あれは…まだ御坂さんがどういう人か良く知らなくて…」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2014/03/02(日)23:37:18.37
ID:B1sQwn+co
黒子「そうですの。最近、また昏睡状態になる人が急増しまして…」
黒子「その人たちの容態から見て、あのレベルアッパー事件の時と非常に酷似しているとカエル顔のお医者様が」
御坂「そんな!あの事件の首謀者の木山はもうそんなことは…」
黒子「ええ、この事件に木山が関与していないことは立証できていますの」
御坂「だったら一体誰が!?」ガタッ
黒子「──それが今のところは全く…」
御坂「そんな!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1393771038
続きを読む

[ 閉じる ]
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/05(日)18:11:21.62ID:YH9Js4DM0
黒子「あ、御坂先輩」
御坂「こ、こんにちわ、白井さん。に、荷物の整理は済んだ?」
黒子「はい。明日のお昼に、別のお部屋に引っ越しますので」
御坂「そ、そっか。じゃあ明日、私がお昼作るね。奮発するよ」
黒子「あ、すみません。新しいルームメイトとの約束がありますので……」
御坂「そ、そっか……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
関連スレ:
佐天「佐天さんの学園都市七大不思議探訪っ!はっじっまっるっよーーー!」
佐天「佐天さんの学園都市七大不思議探訪っ!はっじっまっるっよーーー!」【インターミッション】
佐天「佐天さんの学園都市七大不思議探訪っ!はっじっまっるっよーーー!」【アフター】
277:
田中(ドワーフ)◆7fp32j77iU2013/06/04(火)07:15:15.23ID:YMdwMn1I0
――学園都市七大不思議探訪 特番前編 『つちのこ』

続きを読む

[ 閉じる ]
関連スレ:
佐天「佐天さんの学園都市七大不思議探訪っ!はっじっまっるっよーーー!」
佐天「佐天さんの学園都市七大不思議探訪っ!はっじっまっるっよーーー!」【インターミッション】
佐天「佐天さんの学園都市七大不思議探訪っ!はっじっまっるっよーーー!」【アフター】

176:
田中(ドワーフ)◆7fp32j77iU2013/05/21(火)10:41:48.07ID:HUPVLlcY0
――学園都市七大不思議探訪 失章?○○○○の鬼神解体? 『後追い小僧』

続きを読む

[ 閉じる ]
62:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/05/01(水)10:01:44.88ID:SypWvixA0
――バッキンガム宮殿。ささやかな宴
エリザード「『――と言う訳でウチのバカ娘がしでかしやがったが、まぁ許して欲しい。取り敢えず座れなくなるぐらいケ×を叩いておいたのでな』」
騎士団長「おい一国のトップがケ×とか言うなよ!」
エリザード「『いや関係者しか居ないし別に良くね?メイドもどうせ王室派の戦闘メイドだろ?』」
騎士団長「客がいんだっつーのに!」
キャーリサ「おいババアー早くしろー。お前の汚い顔ばかり見てると料理の味が落ちるし」ポソッ
エリザード「『やっぱその首落としとくか。おい、誰かカーテナ=セカンド持ってこい!』」
キャーリサ「――ってヴィリアンが言ってたし」
ヴィリアン「酷っ!?キャーリサ姉君前と変わっていませんし!?」
キャーリサ「姉妹丼がどーこー言ったのはお前の方だし」
ヴィリアン「言っていませんから!?と言うかアレだけ頑張ってこの程度の認識って……?」
騎士団長「お二人とも、一応『外』の方がいらっしゃっていますので、もう少し普段の振る舞いをですね」
上条「あー、ごめんちょっと良いかな?」
騎士団長「なんだ?」
上条「アニェーゼとか参加してないんだ?」
エリザード「『あぁシスター達は基本ローマ正教の出張、と言う体裁だからな』」
上条「つまり?」
騎士団長「ローマ正教でないのにローマ正教を自称した上、私的にとは言え王室へ招いてしまえば、お墨付きを与えかねない」
上条「えっと……?」
騎士団長「喧嘩を起こす口実を与えるな、と言う事さ」
上条「面倒なんだな」
エリザード「『どっかのク×娘のように、一朝一夕で変わる関係は早々ないからな』」
キャーリサ「つーか煩いからさっさと乾杯の音頭を終わらせて、マイクを切るし」
エリザード「『というか基本お前のためにやってんだぞ?取り敢えず飲んで騒いで有耶無耶にしちまえ、と言う高度な政治的判――』ブツッ
騎士団長「はいっ!と言う訳で陛下のマイクがアクシデントにより使えなくなった訳だが、不肖この私が音頭を取らせて貰うっ!」
エリザード「オイ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
田中(ドワーフ)◆7fp32j77iU2013/05/01(水)11:51:34.53ID:SypWvixA0
※注意
このSSは佐天さんと上条さんが、学園都市で起きたっぽい不思議な話や怪談を追求する――と言う超深夜番組のレポーター&カメラマンをするお話です
基本的にグダグダと会話が続いていくだけで、オチらしいオチもありません
またその場のノリとテンションで書いているので、ギャグなのかシリアスなのかホラーなのかすら不明です
ちなみに七話目まで完結せずに落ちた場合には、途中で番組が打ちきりになったと思って下さい
尚、書き手の都合により、更新は一度に一話程度、頻度は1?3週間に一回ぐらいとなりますが、どうかご了承下さいませ
それでは最後までお付き合い頂ければ幸いです
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1367376694

続きを読む

[ 閉じる ]
298:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/23(火)14:48:22.77ID:8Zghcs7u0
――いつもの喫茶店
上条「ちーす」
フレンダ?「にゃあ」
滝壺「あ、かみじょう。ふれ――んだ?」
━┯━┯━
滝│ │絹
上│机│麦
フ?│ │
 └─┘
 廊  下
麦野「お疲れー」ペラペラ
絹旗「超どーもです」ジーッ
上条「いやー、駅前でフレンダと会ったんだけどさ、最初他人のフリ――って二人は何見てんの?カタログ?」
絹旗「えぇこの間麦野が部屋を超ぶっ壊した件がありましたよね?」
上条「あったなぁ。随分昔のような気がするけど」
麦野「アジト2に間借りしてたんだけど、家具を新調して本格的に住もうかなってね」
上条「貸しビルに?マンションとかアパートじゃなくて?」
麦野「……ま、それは事情がね。私も完全に納得した訳じゃないんだけど」
フレンダ?「上条、私パフェ食べたいのだ!」
上条「あぁサバパフェだっけ?」
フレンダ?「そんな不味そうなもの食べないのだ!お姉ちゃんじゃあるまいし、にゃあ」
フレンダ?「抹茶パフェ、大体ー女の子はスイーツで出て来ていると言っても過言じゃないのだ!」
上条「へいへい。すいませーん、注文お願いしまーす!」
絹旗「あれ……フレンダ?髪切りました?いつもよりイメージが超違うような?」
フレンダ?「にゃあ?」
絹旗「いや、すいません超気のせいでした」
麦野「あー何か違うわね。いつもより賢そうって感じ?」
滝壺「……んー」
上条「どったの?」
滝壺「拡散力場がふれんだと違うような……?」
上条「体調でも悪いんじゃないか?」ピトッ(額に手を当てる)
パキイイィンッ
滝壺スリスリ
滝壺「……気のせいだった」
関連スレ:
上条「今日からアイテムの一員になった上条です!」
アックア「さて、そろそろ……」麦野「ちょっといいかしら?」
絹旗「この手を――」上条「あぁ、離さない!」
フレメア「お姉ちゃんをいじめるな、にゃあ」フレンダ「なんであたしハブられてる訳!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆iBnEdyBTY2
2014/03/22(土)03:43:20.31
ID:ofK5j9LIo
私が在籍している学校は、学園都市にある学校の中でも中の下とされている。
これは、偏差値が低いというわけではない。学園都市では、入学できる学校は主に能力で決まる。
その為、中の下だとしても不良が多いなどといった類の問題は無く、むしろ私の学校は不良も登校拒否も少ない方である。
それは、上記の理由の他にも、教師の方々が皆素晴らしいから、などといったこともあるのかもしれない。
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395426807
続きを読む

[ 閉じる ]
221:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/23(火)12:44:37.21ID:8Zghcs7u0
――いつもの喫茶店にて。過去
絹旗『そう言えばこの間、映画を超見ていたんですが、変な言い回しがありました』
滝壺『……どんなの?』
絹旗『二人の男女が超逃避行を続けながら銀行強盗をする、と言う話なのですが』
フレンダ『その時点で大体オチが見えた訳。つーか結局“明日に向かって撃て”じゃ?』
絹旗『あ、いえオチは“木星○国の帝王になったオッサンが、自分のクローンを超量産して地球圏へ攻め込む”でした』
フレンダ『木星帝○かっ!?と言うかクロスボーンバンガ○ド入ってるし!』
滝壺『資源がないと言いつつ、気持ちの悪いモビルスー○を量産出来る不思議……』
麦野『何の話をしてんのよアンタら。で?分からなかったって?』
絹旗『ラストシーンで妻の亡霊がオッサンへ向かって、“地球が綺麗ですね”と超語りかける場面がありました』
絹旗『オッサンは“ああ、とても”と返し、大気圏の摩擦熱で超小さくなっていく――その絵を背景にしてスタッフロールが流れました』
フレンダ『B級映画にありがちな“最後だけそれっぽくしとけば良くね?”的な匂いがぷんぷんと。っていうか、ここまでアレだと見たくなってくる訳』
絹旗『今月中はやってますから、超週末にでも』
滝壺『わたしも行きたい……』
麦野『はい。ではみんなで超行きましょうか』
麦野『待て待て。私も頭数に――まぁいいか。で、聞きたいのって?』
絹旗『吹き替え前の台詞が“Iloveyou”だったのに、どうしてそんな訳になったのか、と』
フレンダ『あーそれは夏目漱石ね』
絹旗『吾輩は猫である?』
フレンダ『そうそうその人。漱石が学校の先生だった頃、生徒が“Iloveyou”を“私はあなたが好きです”って訳した訳』
滝壺『やくしたわけ、って読み辛いよね』
フレンダ『でも漱石が“月が綺麗ですね”って訳しなさい、つった訳よ』
絹旗『何でですか?』
フレンダ『さぁ?昔の人だったし、そうゆうダイレクトに表現するのを避けたんじゃないの?』
絹旗『そうですか。超分かりましたフレンダ。意外とやるじゃ
続きを読む

[ 閉じる ]
150:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/23(火)10:44:33.52ID:8Zghcs7u0
――○○学区校舎内、深夜零時
麦野「クソっ!フレンダは何処行ったの!?あのビ×チ目ぇ離したらチョコマカと」
フレンダ「助けてっ!助けてえぇっっ!?」
麦野「フレンダ!待ってろ――ってコラ!逃げんな!」
麦野(なんでアイツ地面に這いつくばってんだぁ?つかそのまま移動するなんざ、何かに足首を掴まれている――)
麦野(――ん、だったら何故フレンダを引きずり回しているヤツの姿が見えない?)
フレンダ「たすけ、てっ!……たす、けてっ!」
麦野「フレーーーンダッ!ちったぁ抵抗しろやボケがあぁっ!つーか敵に捕まってばかりのピー○姫気取りかコラアァッ!」
麦野(何つーかハプニングに弱いのよね、この娘)
フレンダ「……けて……けて……けて……」
麦野(止まった――か?周りにゃ人の気配はねぇが、一応やっとくか)
ドゥンッ!
麦野「潜伏出来るポイントにゃ潜んでない、か。ったく深夜の学校で追い掛けっこって、ガキの肝試しじゃないんだからよ」
フレンダ「けて、けて、けて、け、て」
麦野「何やってんのよフレンダ。さっさと立ちなさい、な……?」
麦野(……何かおかしい。なんだこのニオイ?)
フレンダ「て、け……てけっ!」
麦野(こいつを追い掛けてきた廊下にべっとりと、血か!)
麦野(けど生きていられる血の量じゃ――)
フレンダ「テケ、テケ、テケテケテケテケテケテケテケテケテケッ!!!」
麦野「テケテケ出たあああああああああぁぁぁぁぁっ!?」
関連スレ:
上条「今日からアイテムの一員になった上条です!」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/02(火)09:30:25.87ID:wNJPYNNh0
――教室にて
小萌「上条ちゃん、わかってますかー?高校ってのは義務教育じゃねぇんだぞ、って言うかですね。ぶっちゃけ単位が絶望的に足りないんですね」
上条「……不幸だ」
小萌「まぁ確かに上条ちゃんの乗ったバスを三週連続でバスジャックが占拠したり、お前ブ○ース・ウィリスよりも運が悪いんじゃねぇか、ってぐらいのツキの無さは認めますよ?」
上条「センセー。運が悪いのはマクレ○ンであって○ィリスは関係ないと思います!」
小萌「はい上条ちゃんは今良い事言いました。あくまでも俳優は演者であって役は演技にすぎない、と」
小萌「深夜にモヤシと殴り合ったとか、シスター服のカラーギャングをフクロにしていたとか、色々目撃証言もあるんですけど、上条ちゃんはお仕事や義務でやった訳じゃないですよね?」
小萌「上条ちゃんのお仕事は勉学であり、決してファイト○ラブの真似事じゃないんです」
上条「た、他人じゃないですかね?ホラ、『ふーやれやれ』系の主人公って珍しくもないですし!あ、ホラ、学園都市にマクレー○来ちゃったのかも?」
小萌「そこで先生考えました!上条ちゃんに必要なのは生活態度を改める事だと!」
上条「……へ?」
小萌「今から上条ちゃんには課外活動として、体験学習をしてきて貰います。ちょっとハードかもしれませんが、今の上条ちゃんには必要な事なんです!」
上条「た、単位の話はどこへ?」
小萌「勿論、”きちんと仕事をした”ら履修したと見なします。良いですか?”きちんと”ですよ?」
上条「マジですか!?小萌センセマジ天使!」
小萌「と、言う訳で今から指定した喫茶店まで行ってみて下さい。そこに居る女性の指示に従えばいいのですよ」
上条「女性って、つーかどんな仕事なんですか?」
小萌「行けばわかりますよー。ふふ、きっと上条ちゃんもビックリするのです!」
小萌(黄泉川先生のアンチスキル一日体験入隊、なんて言ったら逃げるかもしれませんし)
小萌「あぁでも怪我とかするかもしれないので、くれぐれも気をつけて下さいね」
上条「大丈夫です。俺、入院慣れてますから
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/03/21(日)16:11:30.97ID:U30EnT7m0
上条「はぁ・・・ 今月はいつもに比べて出費が・・・」
インデックス「とうま!お腹減ったんだよ!」
上条「く・・・ 全てはあの大食いシスターのせいなのに・・・」
インデック「とうま!早くご飯作るんだよ!」
上条「不幸だ・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。