SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
とある魔術の禁書目録
タグ一覧の表示
<<
2017年06月
>>
20件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/20(金)10:24:18.85ID:RMOhNsrH0
とあるファミレスにて
一方「あいつらと来たら毎日毎日ギャアギャアと飽きるって事を知らねェ……」
浜面「まだ実力行使されないだけ良いだろ、されたとしてもお前なら返り討ち楽勝だろうし。俺なんて人権すら危ういんだぞ?」
上条「いやいや、自分で言うのもなんだけど、上条さんの不幸に比べたらまだマシですよ。明日食う物にすら困り始めたし……」
一方「だいたいよォ、あいつらは集団で来るから始末に負えねェ、全部ブッとばしちまうわけにもしかねェし……」
浜面「集団なんて言ったら俺は元暗部組織丸ごと一つに虐められてるようなもんだぜ?」
上条「俺は知らない間にどんどん相手が増えてくるんだよな……」
一方「ンだよオマエら……なンなンですかァ!? 今日は俺が一番苦労してるっつー話だろうが!」
浜面「いや、苦労なら俺の方が上だって! 第一位なんだから苦労って言ったって無能力者から比べたらたいしたことないだろ?」
上条「苦労って言ってるうちはまだ良いんだよ、苦労が限界越えると不幸になるんだ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/11(月)22:34:44.60ID:+yjJ/YHS0
「ハァ……ハァ……佐天さん、ギリギリで射精を止められて2日……もう限界です」
佐天「ダーメ?まだまだ我慢できるでしょ?男なんだから」
「あれからずっと……ハァハァ……射精する寸前の状態で……辛いです……」
佐天「う?ん……じゃあ今すぐ出してあげてもいいよ?
    ……あと一日我慢できたらすっごいサービスしてあげようと思ってたんだけどなぁ……」
「……!す、凄いサービス?!が、我慢します……!!ハァハァ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/24(日)00:33:08.12ID:rxsM51mz0
佐天「ついに能力に目覚めました! というわけで早速初春にほいっ!」
初春「ちょ、ちょっと佐天さん、そんないきなり………って、あれ? なにも起きませんね」
佐天「初春、スカートめくってみてよ」
初春「またパンツ見たいんですかぁ……? しょうがないですね……」
ピラッ
佐天「おーさすが初春。男らしいモノを持ってますなぁ」
初春「そんな変なガラじゃないですよ!」
佐天「いやいや、パンツじゃなくてぇ………コ・レ♪」ツンツン
初春「ひゃ!? ど、どこ触って……は、え、えっ? な、なんですかこれぇ!?」
佐天「太くて長くておっきくて、本当に男らしいねぇ…………初春のおちんちん」

続きを読む

[ 閉じる ]
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/08/23(火)00:26:01.93ID:rXaqoqdm0
喫茶店
初春「佐天さん大丈夫かなぁ」
黒子「やっぱり、心配ですの」
初春「御坂さんは使い物になりませんし」
御坂「あいつが全裸で、全裸で、全裸で、」ブツブツ
初春「あっきた!」サテンサーン
佐天「う、い、は、るぅううう」ファサ
初春「きゃああ佐天さん!目立ってます!目立ってますって、主に佐天さんが!」
黒子「どどどうして全裸なんですの!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆LFMFthXonM-
2017/01/0407:15:58
JOb2xB5g
1/30
 町外れ。廃倉庫が並ぶ一帯。1人の少年へ向けて銃声が鳴り渡る。
 だが弾丸が少年に当たることはなかった。血を噴き出していたのは、狙撃者の方だった。
「手間取らせンじゃねェよ」
 銃声のした方へくるりと顔を向け、少年は呟く。
 どうせ結果は同じなンだからよ――心の中で吐き捨てる。
 少年は一方通行(アクセラレータ)と呼ばれていた。
 彼は『あらゆるベクトル(向き)を観測し、触れただけで変換する』超能力を持っている。
 超能力自体は、この学園都市ではさほど珍しいものでもない。
 学園都市内では脳の開発が行われており、学生の大半が何らかの能力を保有している。
 それらは、ほとんど一般人と変わらない無能力者(レベル0)から1人で軍隊と戦えるほどの力をもつ、学園都市内でも7人しか存在しない超能力者(レベル5)まで6つの段階に格付けされている。
 一方通行はその7人しかいない超能力者の1人で――――最強の座に居座っていた。
元スレ
一方通行「実験してたら変なオッサンに邪魔された」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1483481758/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/23(土)14:53:09.30ID:a/GL8Abe0
佐天「なにこの能力?」
初春「さあ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連
麦野「当麻、麻利をお風呂に入れてくれる?」上条「任せろ」
上条「んじゃ、行ってくる」麦野「麻利、パパがでかけるわよ」
上条「麻利ってもう温泉に入っても大丈夫か?」麦野「温泉?」

1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/19(土)14:37:28.48ID:dBfPLVB10
麦野「唐突に何を言い出すの?」
上条「いや、浜面からメールがきてさ、向こうでそういう話題で盛り上がってるみたいなんだよな」
麦野「温泉・・・ 大浴場ってこと?」
上条「プライベートルームみたいなのも予約できるみたいだからその・・」
麦野「この体を衆目に晒す必要もないってことね」
上条「トイレの不安もあるしなぁ さすがに大浴場はあれだけど沈利さんと麻利がよければってさ」
麦野「お風呂かぁ・・・ 温泉の質にもよるのよね、まだまだ肌が敏感だから不安は残るわね」
上条「施設と病院に問い合わせてみるしかないな」
麦野「そうね」
上条「沈利さんとしては賛成ってことでいいのか?」
麦野「ええ、たまには広いお風呂っていうのも悪くないもの」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連
麦野「当麻、麻利をお風呂に入れてくれる?」上条「任せろ」
上条「んじゃ、行ってくる」麦野「麻利、パパがでかけるわよ」
上条「麻利ってもう温泉に入っても大丈夫か?」麦野「温泉?」

1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03(木)17:03:44.45ID:aouTj8820
麻利「・・・・」
麦野「じーっと見てるわね」
上条「穴があくくらいにな」
麦野「さ、もう出ないと遅刻するわよ」
上条「おっと、いけね」
麦野「お義父様もお義母様も当麻にはきちんと学業を修めてほしいって言ってるんだからしっかりやるのよ」
上条「わかってるって んじゃあな」
麦野「おっと、忘れ物は無いわよね?」
上条「えと、教科書、ノート、体操着、筆箱、お弁当、 よし、ばっちりだぜ」
麦野「うん いってらっしゃい」
上条「いってきます」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連
麦野「当麻、麻利をお風呂に入れてくれる?」上条「任せろ」
上条「んじゃ、行ってくる」麦野「麻利、パパがでかけるわよ」
上条「麻利ってもう温泉に入っても大丈夫か?」麦野「温泉?」

1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/02(水)15:05:38.70ID:VOqGz8VR0
上条「パパとお風呂だぞー」ヒョイ
麻利「だあ?」
麦野「何言ってんのって顔してるわね」
上条「まだ3ヶ月も経ってないんだからこんなもんか」
麻利「あー」モゾモゾ
麦野「抱き心地が気に入らないみたいね」
上条「え?そうなのか?」
麦野「言ってみただけよ、単にじっとしてられないのかもね 当麻に似て」
上条「俺ってそんなに元気だっけ?」
麦野「あれー?私に何したか忘れたのかにゃーん?」
上条「滅相もございません」
麻利「う?」

続きを読む

[ 閉じる ]
前作
佐天「てめー何見てんだこのやろー!」一方「……」
佐天「能無し」一方「そォだな」
佐天「……モウナニモワカラナイ」一方(何やってンだアイツ)

SS速報VIP:佐天「一方通行さんとイチャイチャしたい」初春「……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396186235/
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします2014/03/30(日)22:30:35.73ID:KNqWDF8Z0
佐天「そんでgotobedしたい」
初春「……」
佐天「そこからmakeloveしたい」
初春「……」
佐天「あ、わかりにくい?まーつまりは一方通行さんとアハンオーイエーシーハッハーしt」
初春「黙ってください通報しますよ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1396186235

続きを読む

[ 閉じる ]
前作
佐天「てめー何見てんだこのやろー!」一方「……」
佐天「能無し」一方「そォだな」

SS速報VIP:佐天「……モウナニモワカラナイ」一方(何やってンだアイツ)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394796908/
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします2014/03/14(金)20:37:16.09ID:dDrFyCRo0
一方「……よォ」
佐天「……」
佐天「……」チラッ
佐天「」ハァ
佐天「ハハッ……モヤシの幻覚まで見えるようになっちゃったよまいったなコレ」
一方「毎度毎度変わンねェなオマエ」

続きを読む

[ 閉じる ]
前作
佐天「てめー何見てんだこのやろー!」一方「……」

SS速報VIP:佐天「能無し」一方「そォだな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392283334/
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします2014/02/13(木)18:22:14.65ID:+pUuxtLS0
一方(コーヒーコーヒー……っと。この先に自販機あったよな?)
一方(今日もさみィなァ)
一方「あ」
佐天「あ」
佐天「……チッ、なんだ白モヤシか」
一方「出合い頭にその言いぐさたァイイ度胸してンじゃねェか、アァ?」グリグリ
佐天「いだだだっだっだ!!こめかみィィィィィ!!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1392283334

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
19:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/17(金)23:08:45.43ID:ekYxmf4MP
美琴「でもそれが気持ちいいんでしょ?」
美琴「うっ……それは……」
美琴「ねぇ、次はどこをビリビリして欲しいの?」
美琴「……御坂さんの意地悪」
美琴「可愛くおねだりすればシてあげるわよ?」
美琴「……に、ください」
美琴「ん?聞こえないわねぇ?」
操祈「……」
操祈(ここ、一応学校なんだけどぉ……)
操祈(能力効かなくても頭の中身ダダ漏れなら意味ないわねぇ……)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/12/05(月)13:49:23
ID:.8a3SSl.
ピピピピピッ
「ん、もう朝か…朝ごはん作らないとインデックスがうるs、お姉様目覚ましがうるさいですの…」
「……ん!?今上条さんの口から何か、な、なんですの!?」
「ちょ、ちょっと待って!?待てとはというよりなんですのこの声は!?私の声ではありませんの!!」
「その口調!?えぇーっと、その喋り方は白井でないでせうか?」
上条「そうですの。常盤台中一年、風紀委員の白井黒子ですの。や、やっぱりそうだよな…」
上条「そういうあなたは誰ですの?まったくこんな狭い部屋に風紀委員の私を連れ去るなんて見上げた根性ですの」
上条「今直ぐ開放すればアンチスキルへの引き渡しを取りやめにしてもよろしくてですよ。いやえぇっとだからな」
「歯切れが悪いですわね。こほっ、それにしても声の調子がおかしいですのまるで殿方のような…何か薬でも持ったんですの?」
「いやだからな。おや、ここに鏡が…ってどういうことですの!?」
上条「私があの忌まわしき類人猿の顔になってますの!?これは、どういうこと、ちょっと落ち着けって!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しが深夜にお送りします2016/12/05(月)13:49:23ID:.8a3SSl.
ピピピピピッ
「ん、もう朝か…朝ごはん作らないとインデックスがうるs、お姉様目覚ましがうるさいですの…」
「……ん!?今上条さんの口から何か、な、なんですの!?」
「ちょ、ちょっと待って!?待てとはというよりなんですのこの声は!?私の声ではありませんの!!」
「その口調!?えぇーっと、その喋り方は白井でないでせうか?」
上条「そうですの。常盤台中一年、風紀委員の白井黒子ですの。や、やっぱりそうだよな…」
上条「そういうあなたは誰ですの?まったくこんな狭い部屋に風紀委員の私を連れ去るなんて見上げた根性ですの」
上条「今直ぐ開放すればアンチスキルへの引き渡しを取りやめにしてもよろしくてですよ。いやえぇっとだからな」
「歯切れが悪いですわね。こほっ、それにしても声の調子がおかしいですのまるで殿方のような…何か薬でも持ったんですの?」
「いやだからな。おや、ここに鏡が…ってどういうことですの!?」
上条「私があの忌まわしき類人猿の顔になってますの!?これは、どういうこと、ちょっと落ち着けって!!」


続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆c6GooQ9piw2017/04/24(月)20:39:32.86ID:7ToYRloNO
上条「つ、疲れた……なんでこう毎日毎日事件に巻き込まれるのやら」
上条「やっとのことで家にたどり着きましたよ」
上条「ただいまーっと」
インデックス「と、とうま!?まだダメ……」
上条「え?」ガチャ
インデックス「」
上条「」
上条「あ、お着替え中でしたか。どうも失礼しましたー」
インデックス「……とうまああああっ!」
上条「あぁもう、不幸……」
上条「……だ?」
インデックス「?」
上条「」ポカーン
インデックス「とうま、大丈夫?」
上条「……あぁ、悪かったな。俺はもう寝るよ、おやすみ」
インデックス「う、うん。おやすみなんだよ」
上条「」フラフラ
インデックス「……」
インデックス「……はっ、噛みつき損ねたんだよ。もしかして、これを狙って……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
19:
以下、名...-
2010/02/20(土)23:57:48.91
lczwc94G0
1/101
ぼく
「待って下さいよ哀川さん。せめて一つくらい荷物を……」
哀川潤
「なに腑抜けた事言ってんだ。男の子だろ、頑張れよ。あと、あたしの事を苗字で呼ぶんじゃねぇ。苗字で呼んでいいのは敵だけだ」
ぼく
「分かってますよ、あいk……潤さん……」
 ぼく達は請負人の仕事で、東京都にまで来ていた。
 もう何年かぶりとなる東京だ。
 そもそも、東京なんてヒューストンに行く飛行機に乗るために一度来たきりである。
 人生の殆どをアメリカと関西で過ごしてきた男だからなぁ、ぼく。
元スレ
哀川潤「へえ、学園都市か…」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1266675404/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/04/15(月)02:54:04.30ID:PGm3sR+T0
初春「佐天さん、レベルが上がったって本当ですか」
佐天「マジマジ!ってもLv1だけどね。見てみて!」
初春飾利
E:さくらんぼ柄(白) 1000円
初春「わっ、頭の上に字が・・・何ですかこれ」
佐天「初春の今履いてるパンツだよ」
初春「えっ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/03/27(水)21:21:12ID:g7k9Oc6o
佐天「なんかやばい能力にめざめちゃった・・・」
初春「まさか、佐天さん。他人につかうつもりじゃ・・・。」
佐天「能力は使っていかなきゃ!」
初春「ジャッジメントとして私が許しませんよ!」
佐天「そんな初春に、えいっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2016/12/3118:09:32.09
dvvJflsW0
1/13
御坂妹の口調が不安定かもしれませんがよろしくお願いします

元スレ
男「御坂8321号…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483175371/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。