SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
みたいなのどうよ
タグ一覧の表示
<<
2019年04月
>>
12件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/21(日)02:48:02.559
ID:AzBCXyCB0
死霊使い「だって、きみはもう……わた、ぼくの……下僕なんです、よ…?ぼくの命令には、ささっ、逆らっちゃ駄目、なんですからねぇ…?」
死霊使い「ふひ、だ、だからあっ……こうやって、お肌を、さ、触ってもっ……れる、ろるんっ……んぁ、はぁっ…………なな、舐められちゃったりしてもさぁ……!ぼ、ぼくには、逆らったりしちゃ、いけないんですぅ?……!」
死霊使い「……言うこと、聞かないから……だから、ぼくだって、服従の印を唱えて……言うこと、聞かせなきゃいけないから……だから、そ、そうやって自由に動けないって…………ぅああっ、だ、だからぁ……!!」
死霊使い「身動きっ、取れないのはぁ……!きみ、が……きみがぁ……!わたしのっ、言うこと聞かないのが悪いんだろおっ……!!」
死霊使い「黙って言うこと聞いてればっ、大人しくしてればっ、う、動かしてやってもいいのにっ……それなのに、ぼ、ぼくのこと、ばば、馬鹿にしてぇ…っ、ぼくをっ、支配者のぼくを愚弄するから……身動き、取れないんだろうがぁぁ……!!」
死霊使い「短絡的……直情的……っ、ほ、本当に……思慮浅いっ、お、愚かなクズのくせにぃぃ……!!ぼくに支配されてるっ、死んだくせに…っ!!ぼく、ぼくの、ぼくの言うこと聞けえっ…!!」
死霊使い「きみが……も、もとはと言えばきみがっ、ぼくの言うこと、聞いてくれたら………しし、し、死ななくて済んだんだ…っ。」
死霊使い「ぼくが、す、すす、す、すき、すきって、すき、あの…すきって言ったぁ……!だのにっ、きみがぼくを、う、裏切るから……ふ、踏みにじって…っ、は、初恋踏み潰してぇ……!!」
死霊使い「だから死んだんだぁ!!死んだんだろうがぁ!!!死ぬしかないだろぉお!だって!!……や、やだっ……うるさい……うるさいんだよ…っ、そ、そうやってみんな……ぼぼ、ぼくのこと……馬鹿にしやがってぇぇぇぇ……!!!」
死霊使い「ぅうるさぁいっ!!こ、こいつはもうっ、ぼ、ぼくのものなんだ…っ。ぼくのもんなんだよぉっ……!だ、誰にだって渡すもんか……渡すもんか……渡すもんか……っ!さ、触るなあ……!」
死霊使い「なに、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/17(水)02:40:44.949
ID:Mkuxr2l80
後輩「あれ、言ってなかったっけ。あたし新入生。……うん、ここの。同じ制服着てるんだから分かるでしょ。」
後輩「……なんでって言われても、来たものは来たんだから仕方ないでしょ。志望校だし。なんなら、ここしか願書出さなかったしね。」
後輩「ん、だってセンパイがいたんだもん。偏差値とかあんま気にしてなかったし、勉強よりもセンパイと遊びたかったし。」
後輩「ごちゃごちゃうるさい。要するに、また一緒だからよろしく。可愛がってね、なーんて。」
後輩「そういや、センパイ部活とか入ってるの?……あ、そう。バスケやめちゃったんだ。ふーん。」
後輩「じゃ、あたしも帰宅部にする。センパイ、一人で帰るのとか寂しそうだし。一緒に帰ろ?」
後輩「別にいいじゃん。久しぶりに会ったんだから優しくしてよ。てか、嬉しくないの?」
後輩「なんだ、喜んでもらえると思ったのに、つまんないの。でもま、そのうち慣れるでしょ。あたしと一緒だと楽しいの?」
後輩「去年は一緒にいられなかったぶん、今年はたくさん遊ぼーね。センパイ。」
後輩「……じゃ、また放課後。終わったら迎えに行くからさ、教室で待ってて。先に帰ったら駄目だよ。ばいばい。」
後輩「…………あ、ごめん。購買ってどこにあんの?パン買いに来た途中だったんだっけ。」
後輩「……よく分かんない。やっぱ一緒に来て。ヒマでしょ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/13(土)02:43:15.979
ID:+zKJJK+00
シスター「そんなことより私は本が読みたいんだよ。ちょうどいいところだんだんだからさ。さ、帰った帰った。」
シスター「はあ……キミもしつこいね、青年。なにを迷ってるのか知らないけど、ここに来るだけ無駄ってもんだよ。」
シスター「だいたい、目に見えないものを信じてアテにして、悩みを解決してもらおうって魂胆が分からないよ。」
シスター「キミはそこにいる。見えるものを食べる。見えるものを使う。見えるものに触れる。目に見えるものがすべてなんだ。」
シスター「この世界は現実なんだよ。どこまでも現実、どこまでもリアルなんだ。そんな妄想なんかに逃げても、なんにも解決してくれない。」
シスター「だったらそんなもの、ハナから存在しないんだよ。だから神もいない。希望とか絶望とか、善とか悪とか、目に見えない、触れられないものは存在しないのさ。」
シスター「そういうわけだから、そんな逃げ道をこんなところに期待されても困るよ。ご覧の通り、誰もいないだろう?誰もアテにしてないのさ、神なんて。」
シスター「キミもいい加減、しっかりリアルに生きた方がいいよ。いくら現実から逃げても、逃げた先にはまた現実があるだけなんだから。」
シスター「キミがそこから解脱できない限り、これ以上の話にはなんの意味もないのさ。ほらほら、分かったら帰った帰った。読書の邪魔だよ。」
シスター「ま、困ったらまたおいで。キミのその甘えた性根、いじくり倒して現実に引き戻してあげるからさ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/08(月)19:34:17.538
ID:wM1l7ct30
新兵器乗りの後輩(♀)「よろしくお願いしまッス!」
新兵器乗りの後輩(♀)「私操縦テストではナンバーワンだったんスよ!すごいでしょ!」
新兵器乗りの後輩(♀)「もう先輩よりうまいかもしれないッスね!先輩見るからに弱そうですもん!」
新兵器乗りの後輩(♀)「あ、もう出撃するみたいっスね。さっさと行きましょう!せいぜい足引っ張らないようにしてほしいっすよ!」
新兵器乗りの後輩(♀)「え、え!?ち、ちょっと待った!許し…あっ…」
新兵器乗りの後輩(♀)「…い、今のは偶然ッス!…け、決して私の腕が悪いわけじゃあ…ないっス!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/05(金)02:41:38.123
ID:/7dy+s2J0
後輩「いや、べっつにぃ?ウチはこれっぽっちも気にしてないッスけど?ただ、なんかなーって思っただけで?」
後輩「いやね、しゃーないとは思うんスよ?そら教育担当任されたら新人ちゃんと付きっきりにならないといけないだろうし?疲れると思うし?」
後輩「でもさー?もーちょっとくらい釣った魚に餌くれてやってもいいんじゃないッスか?ねぇ?センパイそこんとこ、どう思ってます?」
後輩「こうして二人で飲みにくるのも久しぶりな気がするんスけど?前まではセンパイの方から誘ってきてくれたのに、今じゃからっきしだし?」
後輩「なんならセンパイ、今日ウチが誘ったときも「新人ちゃん呼んだ方がいいのかなぁ」とか抜かしてましたよね。……はぁー……なってないなぁ……なってないッスよぉセンパイ。」
後輩「今は飲みに誘うだけでもアルハラとか言われて久しい時代だっていうのにそこら辺のデリカシーのなさどうにかなりません?つまり何が言いたいかって言うとぉ!」
後輩「こうして二人で気兼ねなく飲みに行ける後輩のこと!もーちょい大切にしたらどうッスかってこと!もう!分かれ!そんくらい!」
後輩「ってちょっとぉ、人の話聞いてますぅ??…………はぁー!?新人ちゃんからメールが来たぁ!?はー意味分かんない!やーっぱウチの話聞いてなかったじゃないッスかぁ!」
後輩「はい!禁止!スマホ禁止!さっさとバッグにお片付け!つーかだいたい仕事終わってからメール寄越すとか社会人なってないッスよ!そこんところウチからキツーく言っときますから!」
後輩「学生気分だなーダメだなー。そもそもセンパイが甘やかすから新人も付け上がるんスよー!一回ガツンと言っとかないと!ガツンと!」
後輩「…………もぉー冗談ッスよぉー…。…………ちょーっと可愛いからって、センパイも酷いッスよ……もう…。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/01(月)02:49:37.601
ID:q7IoFEaU0USO
先輩「私、あなたのことが好きよ。」
先輩「毎日あなたのことを考えていて、ときには夜も眠れないことだってあるわ。」
先輩「学校にいるときも家にいるときも、私はずっとあなたのことを考えてる。」
先輩「あなたが今この瞬間に何をしているのか、それを想像するのが私の趣味になろうとしてるわ。気持ち悪いかもしれないけど、本当のことよ。」
先輩「最近あなたのことを考えすぎて、勉強に集中出来ないの。この前のテストでは、いつもの平均点よりも13点も落ちてしまったわ。」
先輩「でもね、そんなことはどうでもいいの。私にとってはテストの点数なんかよりも、あなたがどんなことを思って、どんなことをしているか、その方がずっと重要だもの。」
先輩「そういうわけで、私がいかにあなたを想っているか理解してくれたかしら?」
先輩「これを聞いて、あなたはどう思った?私に対して、どんな感情を持った?恐らく、恐怖や軽蔑の感情を抱いたでしょうね。」
先輩「でも、それでもいいわ。だってこれは嘘なのだから。あなたが私をどう思ったところで、私はこれを嘘にしてしまうことができる。今日だけは、ね。」
先輩「だから、あなたがどれだけ私を嫌ったところで無駄なことよ。こんな些細な嘘に対して本気になるなんて、あなたも馬鹿ね。」
先輩「……ふぅ。まあ、それなりに面白かったわ。それじゃあまた明日、ここで会いましょう。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/03/30(土)02:50:12.722
ID:ooj9WKWw0
同居人「ははは、そんなに驚かなくてもいいじゃないか。私と、キミの仲なんだから。」
同居人「いや、今宵は冷えると思ってね。キミが寒い思いをしないように、少しでも暖になればと思って、布団に失礼させてもらったよ。」
同居人「私の心遣いのかいあってか、キミは健やかな寝息を立てていたね。それがまた、可愛いのなんの……っととと。」
同居人「まったく、恥ずかしがり屋さんだな。そういうつれない態度を取られると、私も対抗意識が出てくるよ。」
同居人「それとも、まだ昔のことを引きずっているのかい?ふふふ、まあまあ。今どき殺し合いをしていたカップルなんていうのも今日日珍しくもないさ。」
同居人「むしろそんな男女がどういうわけか今こうして同じ屋根の下で暮らしているんだから、私はその引き合う運命の強さを理解してもらいたいね。」
同居人「いずれにせよ、もう昔の話さ。その証拠に、ほら。寝ているキミの首、取らなかったろう?それがなにより、私の愛情の証じゃないか。」
同居人「難しいことは考えず、今からのことを考えようよ。なんなら、二度寝でもしたらどうだい?頭もスッキリするからね。もちろん、私も付き合うよ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/03/26(火)02:40:17.007
ID:z3s6p1y40
策「……ま、そこへ座るがいい。」
策「…………。」
策「……お前は……意外と、まつ毛が長いのだな。」
策「……………ああ、失礼。呼び立てておいて、なにも言わず顔を睨めつけるのも無礼だな。」
策「今日、お前を呼び出したのは、他でもない。」
策「…………お前の、顔が……見たくなってな。」
策「……それだけだ。」
策「…………フッ……試してなどいないさ。ただ、近くにお前を置いておきたいと思った。」
策「お前は、あまり喋らないからな…………だから、落ち着くよ。」
策「……ま……茶でも飲むか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/03/25(月)03:37:54.508
ID:IGj37he70
天才少女「えーっと、ちょっと待っててね!すぐ動くから!」
天才少女「……あはは、えーっと、ちょっと部品をどこにやったか忘れちゃって……」
天才少女「冷蔵庫にケーキがあったから食べててよ!すぐに見つかるから!」
天才少女「……あ、あのさ、ちょっと部品があったんだけど、その、壊れてて……」
天才少女「あと1時間くらいしてたら治るから……その間冷蔵庫に冷凍ニョッキがあるから食べてて良いからさ……?」
天才少女「……ん、ありがと」
天才少女「……うぅ、あのさ、その……何と言うか、部品のパーツがこの前使いきっててさ」
天才少女「通販で頼んだんだ、そしたらさ、一週間くらいかかるって。」
天才少女「あの、その、ごめんね、今日はこんなに時間取らせちゃって」
天才少女「私って本当に何にも出来ないからさ、迷惑かけちゃったよね……」
天才少女「うぅ……グスッ、私って学校にも行けずにさ、こんな事やってるばっかりでっ……ヒグッ、○○しか友達居ないしっ」
天才少女「……ん、なぐさめてくれてありがと、えへへ」
天才少女「恥ずかしいところ見せちゃったね、今日は泊って行っていってよ、迷惑かけたんだからさ」
みたいな子良いよね
作ってるのが無人自律型誘導弾とか生物兵器禁止条約に抵触するようなものだとなおいいよね

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/03/24(日)02:45:54.526
ID:iev36qQQ0
将軍「……帰ったぞ。」
将軍「フフッ、会いたかったぞ○○。余が城を留守にしているあいだ、寂しくはなかったか?」
将軍「そうかそうか、それはすまないことをしたな。だが、こうして余が戻ったのだ、これからは寂しくないぞ?」
将軍「おお、そうだ。お前に土産を持ってきたのだ、受け取るがよい。…………茶葉だ。お前は茶に凝っていたな?」
将軍「雑兵ばかりのつまらぬ国ではあったが、どうやら茶を名産としていたらしい。この世に残る最後のものだ、お前に与えてやろう。」
将軍「ハハハッ、そうか嬉しいか。フフッ、お前は本当に可愛いやつよ。……刈り取った甲斐があったというもの。」
将軍「……まだ、前の主人のことを忘れられぬか?この余のものとなりながら、死んだ愛人の褥を思い出すか?」
将軍「クク……なぁに、咎めはせん。今たしかにお前を支配しているのは、この余である。それ以上なにを望もうか。」
将軍「お前の首に剣をかけ、余は問うたな?余のものとなるか、死ぬか、どちらかを選べと。」
将軍「お前は生き長らえるために、余のものとなることを選んだ。……フッ、生き維持の汚いことよ。」
将軍「あの夜、余はお前の命を握った。……余の所有物となったあのときのこと、決して忘れるでないぞ…?」
将軍「……愛しい○○…。余は、腹が減った。……フッ、空腹というわけではない。先ほどの宴で、倒れるほどに食ったでな。」
将軍「そうではないとも。余が言いたいのはな…………久方ぶりに、お前の肉体を貪ってくれると、そう言っておるのだ……。」
将軍「まさか、拒みはすまいな?…………大丈夫だ。余が不在のあいだに溜まったお前の獣欲を……余が踏みしだき、蹂躙して……制圧してくれるわ……!」
将軍「……そこの侍女!すぐに褥の用意をしろ!…………余もずいぶんと持て余しておる……楽に、死ねると思うてくれるなよ……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/03/23(土)02:38:17.042
ID:Jn3IznCU0
先輩「ん……お邪魔します。」
先輩「…………別に。行くとこなかっただけ……家には、いたくないし…。」
先輩「カラオケ、行ってたけど……今月はもう、お金使えないから…………だからさ、来ちゃった。」
先輩「……でも……やっぱ帰るよ。……なんの連絡もよこさずにいきなり来られても、困るよね。」
先輩「…………いいの?……邪魔なら邪魔って、言えばいいのに…。……ありがと。」
先輩「……だから、なにしに来たわけでもないって。ただ、時間潰しに来ただけ……ほんと、それだけ。」
先輩「…………嘘、かも。……ほんとは、あんたに会いたかったのかもね。あたしにも、よく分かんないや。」
先輩「でもさ…………嫌いじゃ、ないから。……人と喋るの、そんな好きじゃないし、得意でもないけど…………あんたとは、話す。」
先輩「……喋ってて、つまんないと思うけど…。」
先輩「…………………。」
先輩「……漫画読ましてよ。気遣わなくて、いいようにさ。……え?」
先輩「……………。…………話したいことがあるなら、話していいよ。面白くないと思うけど、それでいいなら……いくらでも、さ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/03/17(日)02:41:06.583
ID:lSbCKrWu0
吸血鬼「ボクの眷属になってからというもの、お前はボクの周りから片時も離れようとしなくなったな?」
吸血鬼「いくら吸血による洗脳効果があるとはいえ、ここまで顕著な例は滅多にないと聞くぞ?それなのにお前は、ボクにべったりくっついているよな?」
吸血鬼「なあ……言ってみろ。お前、ボクのことどれくらい好きなんだよ?ボクのことを愛しすぎて、どこか狂ったんじゃないのか?クククッ!」
吸血鬼「……無様だなぁ。初めはあれだけボクに血を吸われることを拒んでいたというのに。今では他の誰よりもボクのことを愛しやがって…。」
吸血鬼「本当は、ボクのことを殺そうとしていたのも嘘で、初めから大好きなボクに近づこうとしていただけじゃないのか?」
吸血鬼「まあ、きっかけはどうあれこうしてお前はボクのものになれたんだ。過去のことなんて、もうどうでもいいか。なあ?」
吸血鬼「もうどんなことがあっても、お前は……お前だけは逃してはやらんぞ……。もしボクのことを拒むようなことがあれば、そのときは…………地獄の鬼ですら目を背けたくなるほど……惨たらしく殺してやるからな……。」
吸血鬼「……ククッ。まあ、お前に限ってそんなことはないな?他の誰より忠実で、誠実で……ボクに愛されているんだから。」
吸血鬼「さあ、首を差し出せ。ボクにお前の血を飲ませろ。お前を……快楽の坩堝へ誘ってやる……その心地よい微睡みのなかで、ボクのことだけ考えろ……ボクを愛し続けろ……。」
吸血鬼「そうすれば…………たとえ今からお前の血が枯れるほど吸っても……天に昇るような心地のまま死ねるだろう?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。