SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
タグ一覧の表示
<<
2018年07月
>>
84件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/27(土)01:39:56.95
ID:vet1TsVg0
いろは「明晰夢とは、夢と認識できる夢であり………明晰夢の中では、世界を思い通りにできる………また、明晰夢は訓練次第で好きな時に見ることができる………」
いろは「へぇー。こんなのがあるんだ………」
いろは「………明晰夢を見た人の体験談………明晰夢で一体何をしたか………」
いろは「…………セックス!?」
いろは×八幡の俺ガイルSSではす?
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1456504796


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/27(土)01:41:38.28
ID:vet1TsVg0
いろは「へぇー……そういうこともできるんだぁ………」
いろは「夢の中で………先輩と………」
いろは「………ふふっ」
いろは「いや、でも、流石に夢までっていうのは、なんかみっともないなぁ……」
いろは「……………」
いろは「……『明晰夢方法』……」カチカチ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/27(土)01:42:09.83
ID:vet1TsVg0
いろは「あれから一週間……なかなか成功しないなぁ……」
いろは「もうやめよっかなぁ……明晰夢って脳が十分に休めなかったり、色々精神的に危ないらしいし……」
いろは「…………」
いろは「………今日、先輩と喋れなかったな………」
いろは「………あと、一回だけ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/27(土)01:42:44.06
ID:vet1TsVg0
いろは『………』
いろは『………成功した………。解る。これ、夢だ』
いろは『えっと、となれば早速………』
八幡『おう、一色』
いろは『さすが明晰夢。本当に思い通りだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436068026/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)12:47:16.77ID:Vp+6DikG0
八幡「ああ、実は二人から告白されちまってな」
小町「……え?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)12:47:58.01ID:Vp+6DikG0
(しばし沈黙)
小町(いやいやいやいや! え、展開はやすぎでしょー! なにこの人朝から爆弾発言しちゃってんの? この前までちょっと近づいたかなとか思ってたら、急に近づきすぎだよ! いやでも小町的にこの展開は……アリ?)
八幡「まあ、告白に近いといったほうがいいかもしれんが……」
小町「えーと、もうちょっと細かく聞かせてもらっていい?」
八幡「ああ。……あれは、修学旅行で京都を観光しているときのことだ」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)12:48:59.37ID:Vp+6DikG0
?回想シーン?
由比ヶ浜『ここで石を回してお願い事するんだって』
八幡『おお』
由比ヶ浜『じゃあ、一緒に回そう』ゴロゴロ
(由比ヶ浜二拍する)
由比ヶ浜『…………ヒッキーにとってのマッ缶になれますように』
八幡『え……なに、どうしたの由比ヶ浜』
由比ヶ浜『……なりたいの』ジットミツメルー
?回想終わり?

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)12:49:49.30ID:Vp+6DikG0
(しばし沈黙)
小町(えー……結衣さん、えー……その言い方はないですよ……。なんかもっと他に言い方とかあったでしょーに……。確かにマッ缶はお兄ちゃんにとってないと生きていけないくらい大事な存在なんだけど……。いやーそれにしてもねえ……。っていうか、お兄ちゃんの反応は――)
小町「……」チラッ
八幡「……まあ、マッ缶になってくれるってのも」
小町(いや、お
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436021797/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)23:56:47.35ID:AHI6YFGl0
雪乃「私は、比企谷くんにチョコレートを渡したい」
陽乃「え……?」
雪乃「渡したい」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)00:00:09.39ID:AHI6YFGl0
(しばしの沈黙)
陽乃(あれ、なんか想像してた回答と違う)
陽乃「へ、へえ……雪乃ちゃんってば大胆なんだねー? 比企谷くんも、雪乃ちゃんから愛されてるんだね」ニヤニヤ
八幡「雪ノ下、チョコもらうよ」
陽乃(あ、あれー? 比企谷くんそんなキャラだったっけ? 違うよね? もっといけすかない感じで受け取らないよね? なんで受け取っちゃうかなー、それ違うなー)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)00:01:03.49ID:Vp+6DikG0
結衣「うん、ゆきのん。チョコあげなよ!」
陽乃(ガハマちゃんもなんで応援しちゃってんの? 比企谷くんのこと好きだよね? あれ、違う? もしかして私の勘違い?)
八幡「作ってくれたんだろ? 義理でもなんでも、俺のためによ」
雪ノ下「比企谷くん……」
陽乃(やばい……なんか置いてかれてる。違う、私の望んだ展開はこんな雰囲気じゃない!)

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)00:02:25.10ID:Vp+6DikG0
陽乃「雪乃ちゃん、そうやってまた誰かに依存しちゃうの?」
(しばし沈黙)
陽乃(……決定打をここで使うことになるとはね。ま、面白いから言いんだけど)
雪乃「姉さん。私、依存はやめないわ」
雪乃「絶対、やめない」
陽乃(なんですごい自信満々に言ってるの……この子。それ全然胸張って誇れないよ? ……でも、やっぱりなんにも成長してないわね。やっぱり私が――)

12:続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/07/07(日)12:05:16.54ID:rQtYb2XJ0
比企谷「おい、まじかよ…」
雪ノ下「…あら?」
比企谷「…うっす」
雪ノ下「こんなとこで会うなんて…奇遇ね」
比企谷「ああ、そうだな…その…俺は何も見てないことにするから気にすんな」
雪ノ下「何がかしら?」
比企谷「いや、なぁ…」
雪ノ下「ここから出て来たことに関して?」
比企谷「まぁそうだな…その、大変だなお前も」
雪ノ下「…なぜ他人事みたいに言ってるのかしら?」
比企谷「ん?」
雪ノ下「あなたももう父親になるんだから…その…しっかりして」
比企谷「…は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/10(木)23:22:22.66
ID:4JSz686H0
いろは(最初、あの先輩がめぐり先輩と付き合っていると聞いた時はとても驚いた)
いろは(てっきり、あの先輩は結衣先輩か、雪ノ下先輩のどちらかと付き合うと思っていたから)
いろは(総武高校ではついに決着が付かず、大学へ舞台を変えた、あの三角関係が、まさかこんな形で終わろうとは)
いろは(私が同じ大学を選んだのは、あの先輩達の後輩として、あの三角関係がどう終わりを迎えるかを知りたいという気持ちが少しあったからだけど、その三角関係がとっくに終わっていたことを知ったのは私が大学に入ってからだった___)
めぐり×八幡の俺ガイルSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1457619742


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/10(木)23:23:21.21
ID:4JSz686H0
女子A「雪ノ下先輩?あぁ、あの綺麗な人でしょ?」
男子B「由比ヶ浜先輩?あぁ、あの胸のおっきな人?」
いろは(やっぱどこでも有名だなー。あの二人の先輩は。すぐに情報掴めちゃったよ)
いろは(けど、やっぱりぼっちの先輩の情報はなかなかないなー。ぼっちだし。本当に同じ大学か怪しいレベル)
いろは(でも、現奉仕部部長の小町ちゃんにも頼まれちゃったし。ちゃんと調べなきゃね)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/10(木)23:24:01.54
ID:4JSz686H0
いろは「………今度は二回生中心に聞き込みを………」
めぐり「ん?あれ?」
いろは「………あ」
めぐり「あ、やっぱり一色さんだ」
いろは「城廻、先輩」
いろは(そっか、この人も同じ大学なんだっけ。どうしよ、私この人苦手なんだけどな………)
めぐり「久しぶりだねー。同じ大学だったんだー」
いろは
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436084878/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/05(日)17:28:08.59ID:Y/CYr6FA0
由比ヶ浜「ヒッキー」
由比ヶ浜「この後さ、時間・・・あるかな?」
由比ヶ浜「あはは・・・その、あのね?」
由比ヶ浜「最近、あたしの部屋に何かがいるような気がしてさ」
由比ヶ浜「ちょっと怖いんだ・・・」
由比ヶ浜「だからさ、その・・・なんて言うか・・・」
由比ヶ浜「・・・ちょっとウチ、来てくれないかな?」
由比ヶ浜「あ、嫌なら良いんだよ? こっちは無理言っているわけだし・・・」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/05(日)17:30:36.32ID:Y/CYr6FA0
由比ヶ浜「・・・え?」
由比ヶ浜「どうしてゆきのんに相談しないんだって?」
由比ヶ浜「ほ、ほら、ゆきのんって結構こういうの苦手じゃん?」
由比ヶ浜「だからお願いし辛くて・・・」
由比ヶ浜「その・・・ダメ・・・かな・・・?」
由比ヶ浜「・・・・・・」
由比ヶ浜「・・・え? 本当に?」
由比ヶ浜「ありがとう、ヒッキー」
由比ヶ浜「嬉しいな」
由比ヶ浜「えへへ・・・」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/05(日)17:32:30.67ID:Y/CYr6FA0
由比ヶ浜「じゃあ、早速小町ちゃんに連絡を・・・」ポチポチ
由比ヶ浜「え? お前が率先してするなって?」
由比ヶ浜「・・・・・・」
由比ヶ浜「えへ・・・えへへへへへ・・・・・・」
由比ヶ浜「・・・・・・」
由比ヶ浜「・・・ううん」
由比ヶ浜「何でもないよ」
由比ヶ浜「ゴメンね?」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/05(日)17:35:09.88ID:Y/CYr6FA0
由比ヶ浜「・・・じゃあ、このまま
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436001292/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)18:15:02.52ID:AHI6YFGl0
八幡「いるけど」
いろは「は?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)18:15:46.71ID:AHI6YFGl0
いろは(え、ちょっと待って。なに、この人付き合ってる人とかいるの? さっきまでそんなそぶり見せませんでしたよね? 今の状況(部室)でそんなこと言っちゃってもいいんですか? っていうか、この人と付き合う人とかどこの物好きなんですかね……)
由比ヶ浜「…………」ソワソワ
いろは(居たよ……物好き居たよ。え、けどちょっと待ってくださいね。雪ノ下先輩も先輩のこと好き……だったような)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)18:16:28.32ID:AHI6YFGl0
いろは「……」チラッ
雪ノ下「…………」ソワソワ
いろは(え、ちょっと待って。私、落ち着いて。うん、落ち着いて? うん、落ち着いた。いや、落ち着いてないから! 全然、落ち着いてないから! なんで二人とも同じ反応してるんですかね? なに、全然わかんないんだけど)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)18:18:24.57ID:AHI6YFGl0
いろは「……ええと、あのーちなみにそれは誰なんですかー?」
八幡「それはだな――」
(扉の開く音)
平塚「私だ」
いろは(えええええええ!? いやっ、お前かよ! っていうか、先生と生徒付き合っちゃうんですか!? それ、言っちゃってもいいんですか!? いや、ダメでしょ!)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/28(火)01:46:22.13ID:/6p60I8qO
八幡「……」ペラ
雪乃「……」ペラ
結衣「……」ポチポチ
八幡「……ふぅ」パタン
八幡(しっかしホント何もしねぇなこの部活……。というか果たしてコレを部活と呼んでいいものか)
八幡(そういや他の奴は普段、何をしているんだろうか。どうもこう暇だといらん事に頭を働かせてしまう。……少し確かめてみるか)
八幡「あのs」
雪乃「帰りましょ」
結衣「そだね。またねヒッキー」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
おもち
2016/03/10(木)22:13:34.60
ID:FHMOWyXZO
注意!
このスレは【勝手に再編集】シリーズ第1弾です。
途中で終わってしまった作品の
続きを勝手に書いて投稿する
と言う趣旨のものです。
…こういうのって、怒られるのかな?
とりあえず、やってみる。
怒られたらやめます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1457615614


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
おもち
2016/03/10(木)22:15:21.61
ID:FHMOWyXZO
「今の医療では手の施しようのないところまでガンが進んでいます、一年と言いましたが、・
生活習慣次第では早まる可能性の方が高いです。何分十代ですので…」・
八幡「…」・
「悔いの無いように過ごしていただくしかない状態です。延命治療は可能ですが、金額もその分掛かります・
。何より副作用が重く、あまり勧められないです」・
八幡「金が掛かるならやめときます、副作用も怖いですし」・
「ご家族に報告しておきましょう」・
八幡「いやいいっす、俺から伝えるんで」・
「くれぐれもやけにならないでください、何か画期的な治療法が見つかることだってあるんです」・
八幡「学校サボる口実が出来てありがたいくらいですよ、もう帰ってもいいですかね?」・
「…ええ、検査もありますので定期的にこちらに来てください」・
八幡「分かりました」・
4:
おもち
2016/03/10(木)22:17:59.42
ID:FHMOWyXZO
8月8日、18の誕生日に俺は成人する前に死ぬことを伝えられた。・
一年、つまり365日の内に俺は死ぬということだ。ぼっちだから悲しむ奴は少ないがゼロじゃない、小町は悲しむだろうな・
そういや俺って生命保険とか入ってんのかな?入ってたらこの価値のない人生に値段がついて
親父と母ちゃんと小町の人生が豊かになるだろう。さっき俺の口から報告するといったな、あれは嘘だ。・<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435254682/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/26(金)02:51:32.96ID:4w+yfqtw0
*マラソン大会前の1月頃からの分岐
奉仕部
いろは「雪ノ下先輩の誕生日祝いも終わったことですし?」
八幡「なんだよ、なんかあんのか?」
いろは「先輩は、わたしの誕生日を覚えていてくださいね」
いろは「その時、わたしプレゼント催促しますから!」
八幡「やだよ、面倒だし…」
結衣「ヒッキーそういうこと言わないの」
八幡「でもな…」
いろは「それはともかく、雪ノ下先輩に聞きたいことがあったんですよ?」
雪乃「私に?なにかしら?」

2:
◆nuxHUSCN9U
2015/06/26(金)02:55:12.31ID:4w+yfqtw0
いろは「雪ノ下先輩って?葉山先輩と付き合ってるんですか?」
八幡「…」
結衣「…」
雪乃「…誰に聞いたの?」
いろは「なんか?噂になってますよ?」
結衣「ほら、この前見られたのが尾ひれとかついたみたいで…」
雪乃「ああ、そういうこと」
八幡(噂ってのは恐ろしいな…雪ノ下が葉山と付き合うというのは想像できんが)
雪乃「下衆の勘ぐりというやつね」
3:
◆nuxHUSCN9U
2015/06/26(金)02:59:51.63ID:4w+yfqtw0
雪乃「でもあながち、間違ってはいないかもしれないわね」
八幡「は?」
結衣「え??!?」
いろは「ホントなんですか??」
八幡「おいおい、なんの冗談だよ…」
雪乃「いえ、そういう話はあったのよ、まだ付き合っているわけではないと思うけど」
八幡「…!」
結衣「え…そんな素振りなかったけど…」
雪乃「年が明けてからだし」
八幡「どういう風の吹き回しだよ…葉山ととか」
4:
◆nuxHUSCN9U
2015/06/26(金)03:03:56.54ID:4w+yfqtw0
いろは「まあ先輩、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435845342/
1:
◆KkwE6yJXmI
2015/07/02(木)22:55:52.95ID:bmxGuL1v0
冬 某大学
結衣「は?は?寒い季節になってきたね、ヒッキー」
八幡「まあな、俺は早く帰って温まりたい」
結衣「もう…大学2年になっても相変わらずだし」
八幡「俺に変な期待とかすんな」
結衣「でも、彼女の前でそういうこと言うかな?」
八幡「冗談だっての今のは」
結衣「うん、わかってた」
八幡「なにそれ…」
結衣「えへへへ」


3:
◆KkwE6yJXmI
2015/07/02(木)22:57:37.74ID:bmxGuL1v0
結衣「う?ん、ホント寒いよ、ヒッキー」ダキ
八幡「あの…引っ付くのは反則ですよ、ガハマさん…」
結衣「ガハマさんて…」
八幡「しかし、高校卒業してもう2年近くになるのか」
結衣「うん、みんな元気にしてるかな」
八幡「今でも連絡とってる奴っていえば」
結衣「ゆきのんだよっ!」
4:
◆KkwE6yJXmI
2015/07/02(木)22:59:29.70ID:bmxGuL1v0
八幡「ああ、そうだったね」
結衣「一番身近なはずなのに…ヒッキーそういうの駄目だよ」
八幡「いや、ほとんど会わないだろ」
結衣「この前会ったばかりだし」
八幡「相変わらず、毒舌で俺の心削って行きましたけどね」
結衣「さっすが、東京の最高学府に合格しただけあるよね」
八幡「あれ、凄すぎだろ…しかも現役…正直、雪ノ下を舐めてた」
5:
◆KkwE6yJXmI
2015/07/02(木)23:01:29.76ID:bmxGuL1v0
結衣「高校3年の猛勉強が効いたんだよ」
八幡「進学校の学年主席だしな」
八幡「雪ノ下以外では…戸塚とも疎遠になってるしな…悲しい」
結衣「ヒッキー、それすっごい微妙…」
八幡「俺たちは同じ大学だが…近くに知り合いいたっけ?」
結衣「近くの大学になら、優美子と
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/21(日)18:14:46.24
ID:N9q0dmz00
雪乃「比企谷くん…おままごとをしましょう。」
八幡「はっ?…お前いきなり、何言ってるの?」
雪乃「貴方はごく普通のサラリーマンの設定で私は大手企業に通うエリートOLよ。」
八幡「何という現実的な設定なんですかね…?」
雪乃「ちなみに私たちに子供はいない設定よ。夫婦のラブラブを中心におままごとをするわよ。」
八幡「本当にやるのか…?」
雪乃「えぇ…当然よ。私は虚言は吐かないわよ?」
八幡「虚言と冗談は違うから、冗談だと言ってくれれば許容するぞ?」
雪乃「早速、始めるわよ!まず部室に入り直して頂戴…その時点でおままごとは開始よ。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1456046085


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/21(日)18:18:28.75
ID:N9q0dmz00
八幡「た、ただいま…雪ノ下…」
雪乃「やり直しよ?どこがダメか分かったかしら?」
八幡「おままごととかやった経験ないから分からねぇよ。」
雪乃「まず夫婦であるのに苗字で呼ぶというのはおかしいと思わないのかしら?名前で呼びなさい。」
八幡「そこまでリアルを追求しなくてもいいんじゃないのか?」
雪乃「ちなみに苗字は比企谷よ?」
八幡「百歩譲って…俺とお前が結婚したら俺がお婿様になる未来しか見えないんだが。」
雪乃「女の子は誰でもお嫁さんになりたいものなのよ…?」
八幡「へいへい…やり直せばいいんですね。」
ガラガラガラ
八幡「たっ…ただいま雪乃…。」
雪乃「あら、おかえりなさい。八幡。今、ご飯を作っている所よ?」
八幡「そうか…それで今日の晩飯は何だ?」
雪乃「何か当てて見たらどうかしら?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429209605/
1:
プロテイン@バナナ味
2015/04/17(金)03:40:05.57ID:oc73OjiDO
ムキ乃「どうしたの?上腕二頭筋が痛いのかしら?それとも広背筋?」ムキムキ
八幡「この状況にフリーズしてんだよ!なんだお前!?すげえ筋肉だな、すげえ黒光りだな、すげえ絵面だな!」
ムキ乃「初対面の人に肉体美を誉められるのは快感ね」ムキムキ
八幡「暑苦しくてこちとら不快感しかねえよ!」
ムキ乃「不快感ですって?」ムキッ
八幡「やべ…」ビクッ
ムキ乃「すぐに病み付きになるわ、さあバーベルを持って…」ガチャガチャ
八幡「重っ!」ズシッ
ムキ乃「たった二十キロも持てないなんて…モテないわよ?」ムキムキ
八幡「持てないでいいしモテないのはほっとけや!」
ムキ乃「あらいけない、新入部員に何も出さないのは悪いわね」つプロテインバニラ
八幡「出てくる飲み物が予想のド真ん中を突き抜けやがった」
ムキ乃「それで、平塚先生にどうしてここに連れてこられたのかしら?」ムキムキ
八幡「作文に問題ありだから罰として行けって」
ムキ乃「なるほど、つまりあなたが作文を筋肉でなんとかできるように鍛えてあげれば解決ね」ムキムキ
八幡「おいアラサー独身教師!解決とか更正目当てで行かせてねえな!?」
ムキ乃「平塚先生もお目が高いわ、国際化で一番の肉体美を誇る私に彼の更正を依頼するなんて!」ムキィッ!
八幡「いやこれ絶対あの先生もこいつもバカだ」

2:
プロテイン@ココア味
2015/04/17(金)03:46:32.21ID:oc73OjiDO
ムキ乃「筋肉は一日にしてならず!はい復唱!」
八幡「筋肉は一日にしてならず!奉仕部は入ってはならず!」
ムキ乃「私とアームレスリングがしたいようね」ムキムキムキムキ
八幡「腕相撲はムキノ下としてはならず!」
ムキ乃「さあアームレスリングの時間よ、レディ」
結衣「あのー、奉仕部はここですか?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIP
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435940540/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)01:22:30.11ID:AHI6YFGl0
八幡「いや、俺理系選択したんだけど」
雪ノ下「…………え?」
八幡「いや、だから文理選択、俺理系だっつの」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)01:24:21.74ID:AHI6YFGl0
雪ノ下「オレリ系? 新手の音楽ジャンルのことを言っているのかしら」
八幡「渋谷系とか、そういうのじゃねえよ……」
雪ノ下(おかしいわ……比企谷くんにはそもそも理系という選択は残されていないはずなのだけれど。これは何かの間違い……もしくは私をからかっている……? 私の反応を面白がっている? 目つきも底意地も悪ければ、やることなすことすべて卑劣、ということね。流石だわ比企谷くん)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)01:26:02.92ID:AHI6YFGl0
雪ノ下「んんっ……、あなた数学が苦手だったはずだけれど? 理系を選択するということは、必然的にその壁が立ちはだかっているのよ? そんなことも分からないくらい頭のねじが外れているのかしら?」
八幡「いや、外れてないからね? むしろねじの大きさがあっていないことが問題だ。……だがお前の言う通り、俺は数学が苦手だ」
雪ノ下「だったら――」
八幡「今までの俺なら……な」
雪ノ下「……どういうことかしら」
八幡「俺はとりつかれちまったんだよ。……数学、ひいては理系科目という名の悪魔にな」
雪ノ下(なぜかしら、とても頭が痛い……。この男の言っている意味が理解できないと頭が叫んでいるのかしら)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)01:27:11.31ID:AHI6YFGl0
八幡「ちなみに、何も理系というラビリンスに迷い込んだ子羊は俺だけじゃない」
(扉の開く音)
由比ヶ浜「サイン
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/09(水)15:24:33.19
ID:muoF85sfo
ー 奉仕部 ー
静「ここだ、比企谷。君にはこれからこの部活に入ってもらう」
静「雪ノ下、入るぞ」ガラッ
雪乃「……先生、入る前にはノックをして下さいと前から」
静「細かい事は言うな。さて、比企谷。早速だが」
八幡「この部室も変わらねえな……」
静「?」
雪乃「どういう事かしら?……あなた、この奉仕部に来たのは初めてよね?」
八幡「おいおい、何を言ってるんだ?まるで俺が初めから存在しないみたいな言い方をして。流石の俺でも泣くぞ」
静「……だ、そうだが、比企谷は本当に前にここに来た事があるのか?」
雪乃「いえ。見るのも名前を聞くのも今日が初めてなんですが……」
八幡「そう。俺はそこにいるのに誰にも気付かれないステルスヒッキー。リア充を夢見るアメリカンぼっち」
八幡「名字は聞いての通り比企谷だ。じゃあ、俺の名前は何だと思う?恥ずかしがらずに聞いてみな」
雪乃「……何ていうのかしら?」
デェーーーン!!
八幡「ぼっちまーーーーーーーーーーん!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1457504672


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/09(水)15:25:07.17
ID:muoF85sfo
雪乃「…………」
静「…………」
八幡「それじゃあ、キツキツのぼっちジョーク。まずは100デシリットル(涙)から」
八幡「去年の文化祭の時、打ち上げがあってな。クラス全員でカラオケに行こうって事になったんだ。ところが、俺がそのカラオケボックスに行ったら、あれ?みたいな顔をされたんだよ」
八幡「何でかって?そう、俺はクラスの一員だと認識されてなかったから」
デェーーーン!!
八幡「ぼっちまーーーーーーーーーーん!!」
雪乃「…………」
静(´;ω;`)ブ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435658936/
1:
◆Er.887q/N.
2015/06/30(火)19:09:06.96ID:3/dmskRo0
?奉仕部?
八幡「うっす!」
雪乃「!!!」ザクッ
八幡「お、お前何してるんだよ・・・!?」
俺が部室に入ると雪ノ下は腕を切っていた。雪ノ下の椅子の下には血の水溜りの様なものが出来ていた。
俺は衝撃的過ぎて言葉を失ってしまった。
雪乃「貴方に見られてしまうとは思わなかったわ・・・」
八幡「とりあえず、保健室行くぞ!」
雪乃「嫌よ!私はこのまま死ぬのよ!」
明らかに今日の雪ノ下には違和感を感じる。人間視察が得意な俺から見ればこれは相当病んでる。
八幡「馬鹿かリスカで[
ピーーー]たら俺だってとっくに死んでるっていうの・・・」
雪乃「冷やかすつもりなら帰ってちょうだい!」
八幡「おい!馬鹿!何も物を投げなくたっていいだろう!落ち着けって!」


2:
◆Er.887q/N.
2015/06/30(火)19:13:58.28ID:3/dmskRo0
雪乃「ああああああああ!もう何もかも嫌よ!私の前から消え失せて頂戴!」
これは相当ヤバイぞ放っておいたら窓から飛び降りてもおかしくないレベルだ
八幡「おいおい何があったんだ」
中学の時に体験学習で行った介護施設で習ったことを思い出した。
興奮気味のお年寄りを優しく抱きかかえて落ち着かせると・・・
でも誰か入ってきたら不味いな、だがそんなこと言ってられる状況じゃねぇか
八幡「雪ノ下」ダキッ
雪ノ下「何をするつもり!?私を無理やりどこかに閉じ込めようってつもりね?」
八幡「落ち着けって」背中ナデナデ
雪ノ下「もうどうしたらいいのか分からないのよ本当に死なせてちょうだい」
八幡「まずは話を聞かせてくれな?」
3:
◆Er.887q/N.
2015/06/30(火)19:20:15.91ID:3/dmskRo0
雪ノ下「嫌よ!貴方も家族の様に私を否定するんでしょ?嫌よ!ああああああ!」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435704757/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/01(水)07:52:47.14ID:WhWkoiS8o
前回
一色いろは「そして私は雪ノ下先輩のオモチャとなった」
需要があると言うことなので書きます
そして短いです
今回は雪ノ下視点

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/01(水)07:54:06.28ID:WhWkoiS8o
雪ノ下(一色さんをいい感じのオモチャにしてから一週間が経った)
雪ノ下(元々ドMの感性があったのかしら?)
雪ノ下(今では授業中にオナニーをするぐらい従順になってくれたわ)
雪ノ下(日曜と言う事で、一色さん家に泊まらせにきて一日中游ぶつもりだったのに……)
陽乃「やっはろ?、雪乃ちゃん」
雪ノ下「……姉さん」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)13:30:32.38
ID:ldfSkK+I0
生徒会室にて
いろは「最近、やけに力仕事手伝ってくれますよね?先輩」
八幡「まあな。そろそろ進路も決めねえといけねえし。それに、体力もつけねえと」
いろは「もう先輩そろそろ先輩は三度目の受験生になる訳ですし」
八幡「おい。俺は中学受験してねえから二度目だ」
八幡「後な、俺は三年に上がっても受験生じゃない」
いろは「?」クビカシゲ
八幡「かわいいなおい」
いろは「ちょっ急になに口説いてるんですかそんな甘い言葉をかけて私を籠絡で切ると思ってるんですかもう既に籠絡されているのであんまりときめきませんごめんなさい」
八幡「俺は何回振られればいいんだよ(全然聞き取れねえよ)」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1522211432


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)13:31:10.80
ID:ldfSkK+I0
いろは「で!先輩受験生じゃないってどう言うことですか?まさか高校中退してヒキニートに!?」
八幡「いやなんねえから・・・。俺、来年の警察官採用試験に受けようと思うんだ」
いろは「・・・へ?」
八幡「俺、警察官になろうと思う」
いろは「・・・ほぇ?」
八幡「俺
いろは「もういいですよ!というかどう言うことですか!?ここ卒業してて高卒ですか!?先輩の成績なら私立文系ならいいとこ狙えるでしょ!?」
八幡「まぁまぁ落ち着け」
いろは「・・・」ハァハァ
いろは「・・・そもそも先輩、専業主夫になるとかほざいてませんでした?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)13:31:50.99
ID:ldfSkK+I0
八幡「いやー好きなアニメの主人公が警察官になるんだよ。あー直江津署風説課に配属さ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435502017/
1:
◆TfF3m7mYXE
2015/06/28(日)23:33:47.80ID:T5iWCRBT0
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている
安価スレです
安価書くの初めてなので多分キャラ崩壊有り駄文・遅筆になりますが宜しくお願いします


4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/28(日)23:36:22.41ID:9jvaDrQg0
小町とデート
6:
◆TfF3m7mYXE
2015/06/29(月)00:03:23.53ID:OAyIpQR20
八幡「暇だ……小町とデートでもするか…」
小町「うん?小町がどうしたのお兄ちゃん?」
八幡「うわ!…タイミングよさすぎるだろお前…」
小町「お兄ちゃんと小町は以心伝心だからね。あ、今の小町的にポイント高い!」
八幡「あー、はいはい」
小町「いつも以上に返事が適当だ…あ、でどうしたのお兄ちゃん?」
八幡「いや、小町とデートに行こうかなって……」
小町「……え?」
八幡「いや、暇だから……」
小町「うわ、お兄ちゃんがシスコンなのは知ってたけどまさか暇だからって本気で妹と」
八幡「そうじゃねぇよ。ただ暇だからたまには二人でどこかへ出かけたいと思っただけだ。」
小町「なーんだ。そういうことか……」
八幡「何でちょっとがっかりしてんだよ…」
小町「はぁ……これだからお兄ちゃんは……で、どこに行くの?」
八幡「取り敢えず>>9辺りが妥当だろ」
10:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/29(月)00:06:57.08ID:hBDhIvkDO
ゆきのんマンション

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435610119/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/06/30(火)05:35:29.52ID:YmaEKlwOo
夜中のテンションで思いついたネタ
短いです
フタナリが嫌いな人はご注意を

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/06/30(火)05:36:09.46ID:YmaEKlwOo
いろは(ぅぅぅぅ、どうしてこうなったんでしょう)
椅子に座っている雪ノ下雪乃はニーソを履いた状態で、いろはの下半身から生えている巨根を足で弄っていた
雪ノ下「足で弄られてビクビクさせるなんて、ほんとうに一色さんはドMね」
いろは「そんなこと、んん、ないですっ」
雪ノ下「そうかしら?」
グイッ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/06/30(火)05:36:48.51ID:YmaEKlwOo
いろは「痛ッ」
雪ノ下「その割には先っぽから汁が出てるわね。お陰でニーソが濡れたわ」
雪ノ下「ほら、足で弄られて、イキなさい」
いろは「はっ、ハァハァ、ぅぅ、うっんんんん」
ドピュドピュピュ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/10(火)02:33:12.40
ID:fzws8hlE0
―部室―
ジャラジャラ
八幡「あ……ありのまま今起こっていることを話すぜ!」
八幡「俺はいつも通り、奉仕部の部室に入ったと思ったら、なぜか大量の大人のおもちゃを発見してしまった」
八幡「な……何を言っているのか、分からねーと思うが……俺も分からん」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1523295192


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/10(火)02:34:09.12
ID:fzws8hlE0
八幡「つか何でこんなもんが部室に……? 一体誰が……」
八幡「ハッ……まずい、今この部室内には俺一人。今誰かが部室に来たら、俺がこれらのブツを持ち込んだと誤解される」
八幡「どうする。とりあえず隠すか? いや、俺がここを立ち去るのが一番手っ取り早」
雪乃「あら、比企谷くん」ガラッ
八幡「」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/10(火)02:35:16.97
ID:fzws8hlE0
雪乃「……」
八幡「いや、待て。これはだな」
雪乃「……」ピポパポ
雪乃「もしもし、警察ですか。はい、はい、総武高校で……はい、凶器を所持した腐った目つきの性犯罪者が」
八幡「おい、ナチュラルに性犯罪者認定するのはやめろ」
雪乃「何か問題でも? 客観的な証拠が揃いすぎているのだけれど」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/10(火)02:37:11.92
ID:fzws8hlE0
八幡「いや、まだ犯罪とか犯してねぇから」
雪乃「ではこれから犯す気なのね。凶器準備集合罪の構成要件を満たすに足る犯行現場だわ」
八幡「難しい法律用語の連呼やめろ。裁判員に伝わらねぇぞ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2015/06/24(水)08:53:47.61ID:kCkITQe/O
アニメや漫画は多少見るけど知らない作品が多いです。キャラクターの性格や喋り方は勝手に予想します。
>>3主人公できればアニメかなんかの登場人物で念のため性別もよろしく
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1435103627

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/11(月)16:41:07.54ID:cRkP67v70
由比ヶ浜「なのになんで……あたしの制服着てるの?」
八幡「おま……なんで……まだ授業中じゃ……」
由比ヶ浜「いつもより早く終わったの……それより」
由比ヶ浜「答えてよ、あたしの制服を着てる理由」
八幡「……」
由比ヶ浜「……何か理由があるんだよね?あたしヒッキーがそういうことする人だと思わないし」
八幡「……」
由比ヶ浜「……ねぇ」
由比ヶ浜「何とか言ってよ!!」
八幡「…………」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/07/31(水)08:20:19.32:
uL7dOSbU0
比企谷「それ前に俺が渡したやつだよな」
由比ヶ浜「うん、そうだよ」
比企谷「それは犬用だって言っただろ」
由比ヶ浜「うん、知ってるよ」
比企谷「じゃあ、何でお前が付けてるんだよ」
由比ヶ浜「今から帰るまでの間私はヒッキーの犬です!」
比企谷「は?」
雪ノ下「え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)18:54:12.16
ID:QLGmnIxX0
ある火曜日
八幡「うぃーす」ガラララ
いろは「こんにちは!」ガラララドン
雪乃「こ、こんにちは(めちゃくちゃ自然に比企ヶ谷君が開けたドアを一色さんが閉めたわね・・・)」
八幡「雪ノ下、昨日休んでたみたいだけど大丈夫か?」
雪乃「ええ、もう大丈夫よ。それと由比ヶ浜さんは少し遅れるみたい」
八幡「そうか」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1522144451


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)18:54:59.79
ID:QLGmnIxX0
雪乃「それと一色さん?依頼かしら?」
いろは「いえいえ。生徒会が暇だったので遊びに来ちゃいました!」キャピ
八幡「いやサッカー部いけよ」
いろは「先輩が・・・」
八幡「わかってんだよ」
いろは「むぅ・・・」
八幡「やだよ面倒臭い」
いろは「もう!」
八幡「だぁー!わかってるよ・・・」
いろは「なんですか!」
八幡「そうゆうことだろ?」
いろは「・・・意地悪」ウルウル
八幡「あざといなおい!あいよ・・・」
いろは「・・・」フフフ
八幡「・・・」プッ
八幡「ばっか笑かすなよ」ヒヒ
いろは「先輩・・・」ジト
八幡「うるせえ」
いろは「あっ・・・」つ箱
八幡「さんきゅ。あと・・・」
いろは「むっ、先輩!」
八幡「・・・戸部のやつ」
いろは「・・・」フフッ
八幡「・・・」ヒヒ
雪乃「・・・」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)18:55:32.66
ID:QLGmnIxX0
雪乃「なんなのかしらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435029869/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/23(火)12:24:39.59ID:mOAbAZub0
八幡「なあ、一色…」
一色「はい、なんです?」
八幡「ここ俺の新しい、昼休みの時間を過ごす場所なんだけど?」
一色「教室で食べればいいんじゃないですか?」
八幡「新しいクラスになっても、あそこに俺の居場所はなかった」
一色「うわ、臭い台詞…似合わないどころか、気持ち悪いですよ先輩」
八幡「俺の心抉って行くスタイルなんですかね…」
八幡「クラスに居場所がないというのは冗談だが…俺は静かな方がいいんだよ」
一色「先輩、未だにぼっち発言なんですね」
八幡「俺はぼっちだ」
一色「もう違いますって、3年になってからは特に」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/23(火)12:36:11.07ID:mOAbAZub0
八幡「それはお前がまとわりついてくるからだろ…」
一色「先輩も、こんな可愛い後輩に慕われるとか嬉し過ぎますよね?」バンバン
八幡「肩叩くなっての、あざといし」
一色「あざとくないですよ、素ですよ」
八幡「はいはい」
三浦「あれ、やっぱりあんたらここにいたし」
八幡「三浦も来たし…」
三浦「なに?迷惑とか?」
八幡「いえ…」(怖すぎる三浦…逆らえない…)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/23(火)12:45:19.69ID:mOAbAZub0
一色「三浦先輩、こんにちは?!」
三浦「こんちは、いろは」
一色「はい」
八幡「しかし、いつの間に仲良くなったんだお前ら…葉山のことあるんじゃねぇの?」
一色「……」
三浦「まあ、そのことはもういいし」
八幡「…」
三浦「というより、隼人たちはいいから」
八幡「まだ喧嘩してんのかよ…」
三浦「うるさい…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431879200/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/18(月)01:13:30.99ID:QdxjcNkno
平塚「ああ。タンクローリーをジャックして千葉駅を蹂躙してたらしくてな」
由比ヶ浜「ゆきのん・・・」
平塚「取り押さえにきた警官をショットガンで一発、ズガン」
八幡「おいおい・・・雪ノ下さんなんでリアルGTAやってんの・・・」
いろは「先生、その冗談は笑えないです」
平塚「冗談でこんなことは言わないよ。そこでお前たちに頼みがある。警察より先に雪ノ下を確保してほしい」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/18(月)01:18:07.28ID:QdxjcNkno
八幡「いや、待ってくださいよ。そんなこと俺達にできるわけが」
由比ヶ浜「ヒッキー!この依頼受けよう!私達奉仕部でしょ!」
八幡「いやでもな・・・雪ノ下が今どこにいるかすら」
平塚「それなら問題無い。こんなこともあろうかと以前、健康診断の時に雪ノ下の体内にナノマシンを仕込んでおいた」
由比ヶ浜「なるほど!そのナノマシンが発する信号をキャッチすればゆきのんの場所がわかる!」
八幡「おい先生、あんた生徒に何してんだよ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/18(月)01:24:29.64ID:QdxjcNkno
平塚「とにかくだ!頼んだぞお前たち。雪ノ下を救ってやってくれ」
八幡「そのセリフこんな状況で聞きたくなかったよ・・・」
由比ヶ浜「うん!絶対にゆきのんを助けよう!」
平塚「君たちならきっと雪ノ下を救える。そう信じてるよ。・・・ん?電話か」
平塚「・・・えっ!?はい。はい。わかりました。はい。ありがとうございました。はい。失礼します」
由比ヶ浜「な、何かあったんですか・・・?」
平塚「悪い知らせだ。葉山が警官を撃ち殺したらしい」
八幡「葉山もかよっ!」

4:
以下、名無しに
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/10/15(火)22:06:08.27ID:q1wzAMxw0
──「出る杭は打たれる」という諺があるように、他人より優れている人間は憎まれるのが世の常である。
他人に嫌われたく──疎まれたくなければ、可能な限り自分の存在感を消すことが得策だ。少なくとも俺はそう生きてきた。
……だがしかし、これはあくまで俺だからそうしただけである。
俺と似ている彼女──誰もない空き教室で、一人本を呼んでいた雪ノ下雪乃は、俺と正反対の生き方を選んでいた。
つまり、正解はひとつではない。存在しないのだ。
……だがしかし、某錬金術師はこのようなことも言っている。
──ないのなら、作ってしまえばいいのだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/07/29(月)19:16:37.49ID:i6kohwH40
かなり強引な「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」と
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のコラボSSです。
強引すぎるのであっさりと。
※ちなみに智子は八幡達と同じ高校という設定です
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1375092997

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/07(月)02:21:28.39
ID:wSvsGTHL0
このssは化物語オリジナルドラマCDの『佰ヒャク物モノガタリ語』を真似た百個の短編集です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1396804888


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/07(月)02:22:10.79
ID:wSvsGTHL0
【入学試験】
八幡「俺達の通う総武高校って千葉県の中でもかなりレベルの高い進学校だから入学試験って結構難しかったよな」
雪乃「そうね。倍率もかなりの高さだったのを覚えているわ」
八幡「……」
雪乃「……」
八幡「……よく由比ヶ浜受かったよな」
雪乃「……そうね」
結衣「ちょっと二人とも!?私に失礼じゃないかな」
八幡「いや、マジでこれはしょうがないだろ。だって由比ヶ浜だぜ?」
結衣「意味分かんないし!」
雪乃「由比ヶ浜さんには悪いけれど。ずっと疑問に思っていたのよね」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/07(月)02:23:34.28
ID:wSvsGTHL0
結衣「うぅ……」
八幡「多分、総武高校七不思議の一つに『由比ヶ浜が総武高校に受かった』ってのがあるぜ」
結衣「そんなのないよ!……多分」
雪乃「私もあると思うわ」
結衣「ゆきのんまで!」
八幡「マジでお前どうやったんだよ。小町が受験する時にその裏技使うから教えてくれよ」
結衣「普通にみんなと同じで受験勉強して試験を受けて合格したよ!」
雪乃「由比ヶ浜さん小町さんのためよ。教えてあげたら?」
結衣「もう、知らない!」
八幡「悪い悪い。冗談だから機嫌直せよ」
雪乃「ごめんなさい。私もつい悪乗りしてしまったわ」
結衣「むー、ゆきのんは許すけどヒッキーは許さない!」
八幡「なんで俺だけ……」
雪乃「ありが
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。