SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
タグ一覧の表示
<<
2017年03月
>>
57件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/13(水)23:37:32.79
ID:067W6/lX0
海老名「……うん、うん。ありがとう!そうしてみるよ!」
雪乃「ふぅ、無事依頼解決ね」
海老名「本当に、ありがとうね!これで今度のコミケも乗りきれそうだよ!」
雪乃「コミ……?」
八幡「知らんでいい」
海老名「……あ、そうだ!」
結衣「どうしたの姫菜」
海老名「今回のお礼に……ほい!」ガサゴソポン
結衣「なにこれ……わいすかいぼーむぼーむ?」
八幡「マジかお前……」
雪乃「……ウィスキーボンボンよ由比ヶ浜さん」
雪乃×八幡かな?結衣×八幡かな?どっちかな?の俺ガイルSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1452695852

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/13(水)23:38:27.88
ID:067W6/lX0
結衣「へぇ?そう読むんだ?」
八幡(私生活に支障きたすレベルのバカだな……)
結衣「で、クリスピーボンボンって何?」
雪乃「ウィスキーボンボンよ由比ヶ浜さん。……ウィスキーボンボンというのは洋酒入りのボンボン菓子…本来は砂糖の殻に洋酒を注ぐのが主な製造方として……」
八幡「でたなユキペディアさんめ」
結衣「えーっと、つまり、なに?」
雪乃「……チョコレートにお酒が入ったお菓子よ」
結衣「チョコレート!お菓子!」
3:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/13(水)23:39:18.08
ID:067W6/lX0
八幡(女子って甘い物本当好きだよな…。まぁ、ウィスキーボンボンはその名の通りウィスキーが入ってるから言うほど甘くないんだけどな)
雪乃「それで、海老名さん。これは……」
海老名「これ、今回のお礼」続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:ルナ「ルナのお友達になってくれる?」八幡「や、その友達とか良くわからないんで」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472143574/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/08/26(金)01:46:14.94ID:SZHC4siA0
シャドウバースと俺ガイルのssです
本編のストーリーと世界観がよく分からないのでガバガバ進行です
ご注意ください
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1472143574

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/18(土)00:50:37.35ID:fmV4AI9to
週末の夜 比企谷家にて
八幡「…」ガサゴソ
小町「お兄ちゃん何探してんの?」
八幡「部室に持っていくお茶請けがあればと思ってな」
小町「おー、気が利くねえお兄ちゃん。みんなのためにお茶菓子を用意するっていうのはポイント高いよ!って、奉仕部って部活中にお茶やお菓子食べられるの?」
八幡「雪ノ下が紅茶を振舞ってくる。あと依頼者が来た時ももてなすのに用意してるな」
小町「ふーん…。で、お兄ちゃんはそれ手伝ったりするの?」
八幡「いや全然全く。お兄ちゃんコーヒー派だし。紅茶の入れ方なんてサッパリ知らないし」
小町「はぁ…これだからゴミいちゃんは…。それ小町的にポイント超低いよ…?そういう雑用は下っ端の仕事なんじゃないの?なんで部長の雪乃さん働かせてんの?そんなんじゃ社会に出た時やっていけないよ?」
八幡「い、いや…もともと雪ノ下が趣味でやってるようなもんだし、俺が出しゃばるのもおかしいだろ?ティーセットも雪ノ下の私物だしな」
八幡(中3の妹に社会に出る心構えをお説教されるとは…。情けないやら小町の成長っぷりが嬉しいやら)
小町「そんなことないよ。手伝うって言われて嫌な顔する人なんていないじゃん」
八幡「いや、そんなことあるぞ。俺なんて小学校のころにな…」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/12(火)07:25:57.33
ID:PyKvkZDTo
※注意点
・結衣人称です
・モノローグ多いです
・想像と自己解釈で書いてる部分が多いので、他の人と解釈が違う部分もあるかと思います
・結衣が好きです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1431383147

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/12(火)07:27:47.40
ID:PyKvkZDTo
最初はほんとに偶然だった。
早朝にサブレを連れて、これから通うことになる高校を見ておこうと思っていただけ。
朝も早かったしすぐに帰るつもりだったから、寝るとき着ていたクマさん柄のパジャマのまますっぴんで出掛けていた。
高校の近くまで行ったしそろそろ帰ろうかな、と思っていたところでサブレが野良猫を見つけた。
あたしに似たのかあたしが似たのか、サブレは好奇心が強いのに気がとても弱い。
だから猫とか他の生き物に近付かれると、すぐに逃げ出そうとする。
そんなサブレはとても可愛い。こうやって甘やかしてばかりだから飼い主としての威厳がないって言われてサブレには舐められるんだろうなぁ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/12(火)07:28:34.64
ID:PyKvkZDTo
けど、サブレは相手から近付かれると怯えて逃げてしまうのに、相手が逃げると追いかけてしまう。え、もしかしてただの捻くれ者なの?
その時の野良猫は気が弱かったのか、サブレを見てさっと逃げ出そうとしてしまった。
これから通う高校に期待を膨らませて、この道を毎日通るのかなぁとかボーッとしていたんだと思う。
サブレはあたしの手にあったリードを振り切って、野良猫を追いかけて走り出してしまった。
そういうのは散歩中にもた
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/03/1800:50:37.35
fmV4AI9to
1/23
週末の夜 比企谷家にて
八幡
「…」ガサゴソ
小町
「お兄ちゃん何探してんの?」
八幡
「部室に持っていくお茶請けがあればと思ってな」
小町
「おー、気が利くねえお兄ちゃん。みんなのためにお茶菓子を用意するっていうのはポイント高いよ!って、奉仕部って部活中にお茶やお菓子食べられるの?」
八幡
「雪ノ下が紅茶を振舞ってくる。あと依頼者が来た時ももてなすのに用意してるな」
小町
「ふーん…。で、お兄ちゃんはそれ手伝ったりするの?」
八幡
「いや全然全く。お兄ちゃんコーヒー派だし。紅茶の入れ方なんてサッパリ知らないし」
小町
「はぁ…これだからゴミいちゃんは…。それ小町的にポイント超低いよ…?そういう雑用は下っ端の仕事なんじゃないの?なんで部長の雪乃さん働かせてんの?そんなんじゃ社会に出た時やっていけないよ?」
八幡
「い、いや…もともと雪ノ下が趣味でやってるようなもんだし、俺が出しゃばるのもおかしいだろ?ティーセットも雪ノ下の私物だしな」
八幡
(中3の妹に社会に出る心構えをお説教されるとは…。情けないやら小町の成長っぷりが嬉しいやら)
小町
「そんなことないよ。手伝うって言われて嫌な顔する人なんていないじゃん」
八幡
「いや、そんなことあるぞ。俺なんて小学校のころにな…」
元スレ
八幡「奉仕部ティータイム」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489765837/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/11(水)00:41:39.97ID:ewNvHFOA0
いろは「私待ちくたびれましたよ」
八幡「あの…何で居るの?」
いろは「先輩の部屋って何か面白みないですよねぇ」
八幡「」(どうして人の話聞かないのこの子)
八幡「それで…何でお前が俺の部屋に居るんだ?」
いろは「…言わなきゃダメですか?」
八幡「流石に言わなきゃダメだろ」
いろは「わたし親とケンカしたんですけど」
いろは「結構派手に怒鳴りあったりしちゃったんで家に居るの気まずいじゃないですかぁ」
八幡「それで家出したのか?」
いろは「家出って言うほど大したことじゃないんですけどね」
八幡「じゃあそこの旅行鞄は何なの…修学旅行?」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/17(水)00:55:12.32
ID:VaTKLLIO0
八幡「最近寝不足が酷くて……」
めぐり「ふーん」
八幡「安眠グッズを探してたら、抱き枕いいかもなぁって」
めぐり「ふむふむ」
八幡「でも結構高いんですよね」
めぐり「なろうか?」
八幡「ん?」
めぐり×八幡の俺ガイルSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1455638111

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/17(水)00:56:06.80
ID:VaTKLLIO0
めぐり「抱き枕欲しいんでしょ?」
八幡「え、あ、はい」
めぐり「私ね、抱き枕に関してはそれなりの知識があるんだよ?」
八幡「………はぁ」
めぐり「いい?抱き枕にも、人との相性があるの」
八幡「へぇ」
めぐり「大きさとか、柔らかさとか」
八幡「へぇー」
めぐり「比企谷くんが抱き枕を選ぶ時、迷わないように、私が診てあげるよ」
八幡「…………」
めぐり「診てあげるよ?」
八幡「……お願いします」
めぐり「ん!診てあげる」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/17(水)00:57:03.16
ID:VaTKLLIO0
めぐり「まずは、まぁ、大きさだね。比企谷くんの体に合う、抱き枕の大きさを計るから………。ちょっと両手挙げて?」
八幡「あ、はい」バンザーイ
めぐり「えい」ギュッ
八幡「!?」
めぐり「ふむふむ」ギュー
八幡「せ、先輩。何を」
めぐり「ほらほら、比企谷くんも私のこと抱きしめて?」
八幡「!?」
めぐり「?ほら、早く」
八幡「え、いや、なんで」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VI
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/02(火)23:07:02.65
ID:mFMdwH3F0
八幡「」スタスタ
八幡「」スタスタ
八幡「(・・・・・・)」
八幡「」クル
シーン・・・・・・
八幡「・・・・・・」
八幡「」スタスタ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1454422012

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/02(火)23:11:20.06
ID:mFMdwH3F0
八幡「(またこれか・・・)」
八幡「(最近、よく誰かの視線を感じるようになった)」
八幡「(誰かはわからないが・・・そもそも誰も見ていない可能性が高い)」
八幡「(俺を見つめていても誰も得するはずがないからだ)」
八幡「(神経過敏・・・なのか?)」
八幡「(とにかく早く家に帰るか)」
八幡「」スタスタ
「・・・・・・」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/02(火)23:16:27.34
ID:mFMdwH3F0
―翌日 昼休み―
八幡「」ポチポチ
八幡「(ん? もうこんな時間か)」
八幡「(そろそろ戻るか・・・)」
八幡「」スッ
―廊下―
八幡「」スタスタ
八幡「」スタスタ
八幡「!?」ゾワ
八幡「」バッ
ガヤガヤ・・・・・・
八幡「・・・・・・」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/02(火)23:17:37.79
ID:mFMdwH3F0
八幡「(気の所為・・・だよな?)」
八幡「(あの嫌な感じがすると、つい後ろを振り向いちまう)
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/02
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/16(水)19:16:30.16
ID:ybtgQNwG0
雪乃「………いきなり何を言うのかしら、この外道は」
結衣「メイン、ヒロイン?」
八幡「あぁ。俺の周りの女子の名前には法則があることが気付いた」
雪乃「………法則?」
八幡「あてはまらない奴も結構居るが………メインヒロインじゃないってことなんだろう」
雪乃「………………メイン、ね」
俺ガイルSSです。キャラ崩壊注意です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1458123375

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/16(水)19:17:30.83
ID:ybtgQNwG0
結衣「そ、それで、どういう法則なの?」
雪乃(私はメインのはず)
結衣(私はメインのはず)
八幡「俺の周りの女子は『名前を略した時、二文字の連続になる』んだ」
結衣「………?どういうこと?」
雪乃「………ふっ、こういうことでしょう」
雪乃「『ゆきのしたゆきの』→『ゆきゆき』」
八幡「そういうことだ」
雪乃(つまり私はメインヒロイン)グッ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/16(水)19:17:59.93
ID:ybtgQNwG0
結衣「あ、あぁー!じゃあ私も『ゆいゆい』だ!」
結衣(私もメインヒロイン!)グッ
雪乃「………」チッ
結衣「ゆきのん今の何」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/16(水)19:18:46.17
ID:ybtgQNwG0
雪乃「他には………」
沙希「サキサキこと私だね」ガラッ
結衣「あー、姫菜がそんな風によんでたねー」
八幡「つーか今の話どこで聞いてたんだよ」<
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆3pCIhha3Cw2016/12/22(木)20:00:00.84ID:sbUb0R1G0
※最初だけ台本形式で別視点
陽乃「あ、めぐりー。こっちこっちー」
めぐり「遅くなってすみません」
陽乃「いやー、それにしてもめぐりに会うのも久しぶりだねー」
めぐり「ちょ、はるさん?」
陽乃「実はわたし、めぐりのおでこを触ったり、突いたりするのが読書や旅行に次ぐ隠れた趣味なんだ♪」
めぐり「はるさんったら?」
陽乃「それでわたしに相談って?」
めぐり「れ、恋愛相談なんですけど......」
陽乃「恋愛かー、あまりわたしじゃお役に立てないかもねー」

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:八幡「奉仕部ティータイム」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489765837/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/18(土)00:50:37.35ID:fmV4AI9to
週末の夜 比企谷家にて
八幡「…」ガサゴソ
小町「お兄ちゃん何探してんの?」
八幡「部室に持っていくお茶請けがあればと思ってな」
小町「おー、気が利くねえお兄ちゃん。みんなのためにお茶菓子を用意するっていうのはポイント高いよ!って、奉仕部って部活中にお茶やお菓子食べられるの?」
八幡「雪ノ下が紅茶を振舞ってくる。あと依頼者が来た時ももてなすのに用意してるな」
小町「ふーん…。で、お兄ちゃんはそれ手伝ったりするの?」
八幡「いや全然全く。お兄ちゃんコーヒー派だし。紅茶の入れ方なんてサッパリ知らないし」
小町「はぁ…これだからゴミいちゃんは…。それ小町的にポイント超低いよ…?そういう雑用は下っ端の仕事なんじゃないの?なんで部長の雪乃さん働かせてんの?そんなんじゃ社会に出た時やっていけないよ?」
八幡「い、いや…もともと雪ノ下が趣味でやってるようなもんだし、俺が出しゃばるのもおかしいだろ?ティーセットも雪ノ下の私物だしな」
八幡(中3の妹に社会に出る心構えをお説教されるとは…。情けないやら小町の成長っぷりが嬉しいやら)
小町「そんなことないよ。手伝うって言われて嫌な顔する人なんていないじゃん」
八幡「いや、そんなことあるぞ。俺なんて小学校のころにな…」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1489765837

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/03/18(土)00:50:37.35:
fmV4AI9to
週末の夜 比企谷家にて
八幡「…」ガサゴソ
小町「お兄ちゃん何探してんの?」
八幡「部室に持っていくお茶請けがあればと思ってな」
小町「おー、気が利くねえお兄ちゃん。みんなのためにお茶菓子を用意するっていうのはポイント高いよ!って、奉仕部って部活中にお茶やお菓子食べられるの?」
八幡「雪ノ下が紅茶を振舞ってくる。あと依頼者が来た時ももてなすのに用意してるな」
小町「ふーん…。で、お兄ちゃんはそれ手伝ったりするの?」
八幡「いや全然全く。お兄ちゃんコーヒー派だし。紅茶の入れ方なんてサッパリ知らないし」
小町「はぁ…これだからゴミいちゃんは…。それ小町的にポイント超低いよ…?そういう雑用は下っ端の仕事なんじゃないの?なんで部長の雪乃さん働かせてんの?そんなんじゃ社会に出た時やっていけないよ?」
八幡「い、いや…もともと雪ノ下が趣味でやってるようなもんだし、俺が出しゃばるのもおかしいだろ?ティーセットも雪ノ下の私物だしな」
八幡(中3の妹に社会に出る心構えをお説教されるとは…。情けないやら小町の成長っぷりが嬉しいやら)
小町「そんなことないよ。手伝うって言われて嫌な顔する人なんていないじゃん」
八幡「いや、そんなことあるぞ。俺なんて小学校のころにな…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/18(土)00:50:37.35
ID:fmV4AI9to
週末の夜 比企谷家にて
八幡「…」ガサゴソ
小町「お兄ちゃん何探してんの?」
八幡「部室に持っていくお茶請けがあればと思ってな」
小町「おー、気が利くねえお兄ちゃん。みんなのためにお茶菓子を用意するっていうのはポイント高いよ!って、奉仕部って部活中にお茶やお菓子食べられるの?」
八幡「雪ノ下が紅茶を振舞ってくる。あと依頼者が来た時ももてなすのに用意してるな」
小町「ふーん…。で、お兄ちゃんはそれ手伝ったりするの?」
八幡「いや全然全く。お兄ちゃんコーヒー派だし。紅茶の入れ方なんてサッパリ知らないし」
小町「はぁ…これだからゴミいちゃんは…。それ小町的にポイント超低いよ…?そういう雑用は下っ端の仕事なんじゃないの?なんで部長の雪乃さん働かせてんの?そんなんじゃ社会に出た時やっていけないよ?」
八幡「い、いや…もともと雪ノ下が趣味でやってるようなもんだし、俺が出しゃばるのもおかしいだろ?ティーセットも雪ノ下の私物だしな」
八幡(中3の妹に社会に出る心構えをお説教されるとは…。情けないやら小町の成長っぷりが嬉しいやら)
小町「そんなことないよ。手伝うって言われて嫌な顔する人なんていないじゃん」
八幡「いや、そんなことあるぞ。俺なんて小学校のころにな…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/11(水)00:41:39.97ID:ewNvHFOA0
いろは「私待ちくたびれましたよ」
八幡「あの…何で居るの?」
いろは「先輩の部屋って何か面白みないですよねぇ」
八幡「」(どうして人の話聞かないのこの子)
八幡「それで…何でお前が俺の部屋に居るんだ?」
いろは「…言わなきゃダメですか?」
八幡「流石に言わなきゃダメだろ」
いろは「わたし親とケンカしたんですけど」
いろは「結構派手に怒鳴りあったりしちゃったんで家に居るの気まずいじゃないですかぁ」
八幡「それで家出したのか?」
いろは「家出って言うほど大したことじゃないんですけどね」
八幡「じゃあそこの旅行鞄は何なの…修学旅行?」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/16(木)00:50:51.32
ID:AlojFMQ70
ピロリン
八幡(メール・・・誰だ?)スッ
いろは『今日、生徒会室来れますか?』
八幡「またか・・・」
八幡(ここ最近、一色からの呼び出しが多い)
八幡(内容は全て仕事の強制だが、そのどれもが楽で、まるで無理矢理でっちあげられたような物ばかりだった)
八幡(そして、そんな軽い仕事を片手間に、一色と二人で居る時間を少し望んでいる俺がいる)
八幡「まぁ、行くけど」スッスッ

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:八幡「一色いろははお砂糖とスパイスと素敵な何かとケミカルXでできている。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489593051/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/16(木)00:50:51.32ID:AlojFMQ70
ピロリン
八幡(メール・・・誰だ?)スッ
いろは『今日、生徒会室来れますか?』
八幡「またか・・・」
八幡(ここ最近、一色からの呼び出しが多い)
八幡(内容は全て仕事の強制だが、そのどれもが楽で、まるで無理矢理でっちあげられたような物ばかりだった)
八幡(そして、そんな軽い仕事を片手間に、一色と二人で居る時間を少し望んでいる俺がいる)
八幡「まぁ、行くけど」スッスッ
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1489593051

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/03/16(木)00:50:51.32:
AlojFMQ70
ピロリン
八幡(メール・・・誰だ?)スッ
いろは『今日、生徒会室来れますか?』
八幡「またか・・・」
八幡(ここ最近、一色からの呼び出しが多い)
八幡(内容は全て仕事の強制だが、そのどれもが楽で、まるで無理矢理でっちあげられたような物ばかりだった)
八幡(そして、そんな軽い仕事を片手間に、一色と二人で居る時間を少し望んでいる俺がいる)
八幡「まぁ、行くけど」スッスッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/08/30(日)09:43:38.39:
CTtnKOXB0
全員腐女子
が、腐女子の生態・会話は知らない

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/17(日)18:02:08.35
ID:QqsbmD0t0
修学旅行前日。帰り道。
海老名「あの……どういうことかな?比企谷君?」
八幡「いや、だからさ。戸部の告白を断るからグループが気まずくなるんだろ?告白も承諾して普通に付き合うんなら、気まずくなるってことはなくなるんじゃねーの?」
海老名「…………ごめん。今は誰かと付き合うとかは、ちょっと」
八幡「………そうか。ならまぁ、仕方ない。どうにかしよう」
俺ガイルSS。シチュエーションとか時間軸とかちょっとおかしいです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1453021328

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/17(日)18:03:45.04
ID:QqsbmD0t0
海老名「ていうか、ちゃんと気づいてくれてたんだね。私の本当の依頼」
八幡「ん?あぁ、まぁ、人の心を見透かすのは得意だからな。見たくない物ばっか見て、おかげで眼が腐っちまった」
海老名「それに、そんなにはっきり口に出して言ってくるとは思わなかったな。ちょっと意外」
八幡「ん?そうか?俺は元からこんなんだったと思うが……それに、言葉は分かりやすくなきゃ意味がないからな」
海老名「もっとも、口にはっきり出せない事のせいでこんなことになっちゃってるんだけどね……。ごめんね?丸投げしちゃって」
3:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/17(日)18:04:21.32
ID:QqsbmD0t0
八幡「別に?俺がやりたいからやるんだ。あんたらのグループが暗いと、クラスまで暗くなっちまう。俺みたいなぼっちにはどうでもいいことだが、一緒になって暗くなってるあいつの顔は、見たくない」
海老名「……あいつ?」
八幡「……ノーコメント」
海老名「ま
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/14(火)14:11:24.67
ID:sJYuRDlP0
【俺ガイル】平塚「私が比企谷にこだわる理由?」の続き(?)です。
高校の時の私は奉仕部のような部活動を2人で行っていた。
比企山(仮名)「うっす」
静(18)「おっす」
比企山「う?…寒いな…」
静「雪降ってるしね」
比企山「こんな寒い日なんかに依頼しに来るヤツなんか居ないだろうし今日は帰ろうぜ。運動部も休みだし」
静「依頼来るかもしれないじゃん、それにアンタは寒かろうが温かろうがいつも帰りたがるし」
比企山「無駄なことはしない質でな」
静「ただ単に面倒くさいだけでしょ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487049084

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/14(火)14:13:34.89
ID:sJYuRDlP0
比企山「心外だな。俺は必要とあればクソ寒い朝でも開店前の店に2時間並ぶ男だ」
静「それって、この前買ったプレステ2の話でしょ。無駄じゃん」
比企山「何を無駄として何を有意義とするかは個人の価値観によるだろ」
静「なんでもいいけどそれ社会じゃ通用しないからね」
比企山「うわぁ…働きたくねぇ…」
いつも通りの風景だったがこんな話がしたいんじゃなかった。
静「今日ってさ…アレだよね。2月14日だよね」
我ながら話の変え方が下手だと思った。
比企山「あぁ、世間ではバレンタインだなんだとうるさいな」
静「あの…さ…
丸2年の付き合いだしチョコを渡すくらいなんでもないって前の日の晩は自分に言い聞かせたな。
比企山「無駄と言えばバレンタインも無駄を極めたような行事だよな」
静「え?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/14(火)1
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/09(火)05:51:49.52
ID:CZAt0GcT0
2月
奉仕部の部室
雪乃「比企谷くん」
八幡「ん???」ペラ
雪乃「人が呼んでる時は、せめてこっちを向いてと言われなかった?」
八幡「小町至上主義の親に育てられたからな、教わってない」
雪乃「まあいいわ」
八幡「なんだよ?」
雪乃「これは…あくまでも、奉仕部の分析の為に聞くのだけど…」
雪乃「その、チョコレートはどのくらいもらったの?」
八幡「……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1433796699

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/09(火)05:59:40.88
ID:CZAt0GcT0
八幡「なんの分析に使うんだよ…」
雪乃「ぼっちのあなたでも、チョコをもらうことができるのかを検討できるでしょう」
八幡「…」
雪乃「どうなの?」
八幡「す、少しもらった…少しな…少しだけど」
雪乃「そう」
八幡「お前の、あれも足すともう少し多くなる」
雪乃「私があげたチョコレートね」
八幡「ああ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/09(火)06:04:41.58
ID:CZAt0GcT0
八幡「ところで由比ヶ浜は?」
雪乃「平塚先生に呼ばれているわ。進路のことかしら」
八幡「そっか」
雪乃「話を戻すけど」
八幡「この話まだ続けるの?」
雪乃「当然でしょう?」
八幡「…」
雪乃「あなたは以前、本物が欲しいというようなことを言ってたわね」
八幡「ああ…恥ずかしいんであんま思い出させないでくれますかね」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
1
:2015/05/29(金)21:17:15.91:
18O4puLy0

?雪ノ下家?
陽乃「比企谷くんいらっしゃ?い♪待ってたわよ♪」
八幡「ウス…」
陽乃「けどまさかあの比企谷くんが我が家にやってくるなんてねぇ…
雪乃ちゃんとの結婚のご挨拶の時くらいにしか来ないんじゃないかと思ってたのになぁ。」
八幡「こんな時に茶化さないでくださいよ。
俺だって今回の件がなければ雪ノ下さんの本家にお邪魔する事なんて…」
陽乃「陽乃。」
八幡「へ…?」
陽乃「ここでは陽乃と呼んで。この家の人間はみんな雪ノ下だから紛らわしいでしょう。」
八幡「あ、そうか。わかりました…えと…陽乃さん…」
陽乃「もう!もっとしっかりしなきゃダメよ!
あなたはこれからRPGでいうところのラスボスと対決しなきゃいけないんだからね!」
八幡「ハハ…ラスボスか…
こんな人生Lv.1の俺がこれから雪ノ下家最大のラスボスを相手にしなきゃならんとは…
ぼっちのレベルなら90は超えてるはずなんだけどな。」
俺、比企谷八幡は平凡なぼっちの高校生である。
そしてこの家はかの有名な雪ノ下本家。
こんな庶民でぼっちの俺なんぞが簡単に入れる豪邸ではない。
それじゃあ何故俺がこの家に上がり込まなければならないのかというと…

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/02(木)20:01:39.32ID:dFuP6w+xo
ガララ
八幡「…うす」
雪乃「こんにちは。あら、今日は耳当てをしているのね」
八幡「あー…今日は少し寒かったんでな」
雪乃「そうね」
雪乃(今日の比企谷くん、何か髪型に違和感が…?)
八幡「…」スタスタスタ ストン
雪乃「…」ジー
八幡「…」
雪乃「…耳当て、取らないの?」
八幡「…ん?なんて?」
雪乃「だから、その耳当てを外さないの?部室は暖かいでしょう?それにマナーの面からもよくないわよ」
八幡「…礼儀が悪いのは素直に謝る。だが、今日だけは見逃してくれないか?詳しいことは言えないが、頼む」
雪乃「あら、今日はやけに殊勝な態度ね。…外せないのに何か言いたくない事情でも?」
八幡「ああ、そんなところだ」
雪乃「仕方ないわね、その素直さに免じて見逃しましょう」
八幡「すまん」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1488452499

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆qgEhkUMAVY2016/05/07(土)20:27:16.95ID:A1sYb7FL0
皆様はじめまして SS初投稿作品になります。
基本的に俺ガイルの世界観を踏襲してますが、原作内でのイベントは
都合よく利用してます。
時間軸も原作とは違い都合良く改変してます。
キャラは大崩壊してます。
オリキャラの登場も有ります。
折本は大悪党な設定です。
サキサキは猫アレルギーが無い設定です。
以上の内容が受け入れられる方のみ先に御進み下さい。
夏休みも明けて 最初の登校日 ここ総武高校2年F組では席替えが行われていた
比企谷(席替えか・・・担任が言うには生徒間の交流範囲を広げる為らしいが、最強のボッチ
である自分には全く関係無いイベントだ。)
三浦「はぁ?先生―― 今更席替えなんかしても人付き合いが変わるとは思えないんですけどー」
担任「これは私の一存で決めた事ではなく、学年全クラスで行われる事になったから このクラス
だけやらない訳にはいかない まぁ新しい雰囲気で新学期を迎えるのも悪くないだろう。」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/20(日)11:30:17.26
ID:/1Rs3jU/0
八幡「うっす!」
雪乃「あら底辺人間ゲスくん、貴方の居場所は公衆トイレよ?ここではないわよ?」
八幡「すんげぇひでぇあだ名だな。お前それ俺以外の奴に言ったら自殺してもおかしくないぞ?」
雪乃「公衆トイレに住んでるだけあって口臭も臭いわね。本当に不快だわ。」
八幡「上手い事言ってるつもりだけどただのいじめだからな?」
雪乃「あら、ごめんなさい。貴方は人間ではないから人権侵害は適用されないものだとばかり思っていたわね。」
八幡「例え俺が動物だとしても動物愛護法で守られてるからね?」
雪乃「貴方が動物だなんて動物に失礼よ?」
八幡「じゃあ一体俺は何なの?ゴミとか言わないでね?」
雪乃「貴方は私の将来の旦那さんよ?」
八幡「はっ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1450578617

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/20(日)11:35:17.73
ID:/1Rs3jU/0
雪乃「何かおかしな事言ったかしら?貴方が私の将来の旦那になる事は運命でしょう?」
八幡「寧ろおかしい事しか言ってないな。俺がお前の将来の旦那?んなわけないだろうが。」
雪乃「私が妻になる事がそんなに不満なのかしら?美人で優しくて料理上手で仕事も出来る。文句の付け所があるかしら?」
八幡(胸とか胸がな)
雪乃「同じ事を二度言わなくて結構だわ。それは貴方に揉んでもらって大きくするのだから。」
八幡「お前、そんな事言って恥ずかしくないのか?それに何で俺の言いたいことが分かったんだよ。」
雪乃「将来の旦那だもの、全て知り尽くしているつもりよ?昨日の夜のオカズも。」
八幡「はっ!?」
雪乃「貴方もやっぱり年相応の男の子なのね。1日に4回もしてるのだから
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/02(木)20:01:39.32ID:dFuP6w+xo
ガララ
八幡「…うす」
雪乃「こんにちは。あら、今日は耳当てをしているのね」
八幡「あー…今日は少し寒かったんでな」
雪乃「そうね」
雪乃(今日の比企谷くん、何か髪型に違和感が…?)
八幡「…」スタスタスタ ストン
雪乃「…」ジー
八幡「…」
雪乃「…耳当て、取らないの?」
八幡「…ん?なんて?」
雪乃「だから、その耳当てを外さないの?部室は暖かいでしょう?それにマナーの面からもよくないわよ」
八幡「…礼儀が悪いのは素直に謝る。だが、今日だけは見逃してくれないか?詳しいことは言えないが、頼む」
雪乃「あら、今日はやけに殊勝な態度ね。…外せないのに何か言いたくない事情でも?」
八幡「ああ、そんなところだ」
雪乃「仕方ないわね、その素直さに免じて見逃しましょう」
八幡「すまん」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/04(土)22:21:54.22ID:mSSLTAmz0
八幡(めぐり先輩と付き合い始めて数週間が経ったある日のことである)
めぐり「比企谷君、私のおしり叩いてくれない?」
八幡「はい?」
めぐり「私、Мなの知ってるよね?」
八幡「初耳ですが」
めぐり「だから、比企谷君におしりを叩かれたらすっごく気持ちいいだろうなぁ。と思って」
八幡「はぁ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1486214513

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。