SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
アイドルマスター シンデレラガールズ SS
タグ一覧の表示
<<
2019年05月
>>
52件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/04/18(月)16:54:04.88:
zgLimiGp0
――事務所、デスクのP&アンダーザデスクの乃々。
乃々「……オーディションに出た覚えがないんですけど」
P「作品の原作者が以前にお仕事でご一緒した絵本作家さんと知り合いで、ふと森久保の話が出たらしい。そしたら原作者さんから直接オファーがきた、まあ平たく言えばコネだな。――ほい、これ企画書」
乃々「これは、……某女性向け漫画雑誌で連載している作品、もりくぼも知ってます」
P「知ってるなら都合が良い。はー、オーデ省略って素晴らしいな森久保。労力がかからないし、スケジュールは組みやすいし、目的や目標が立てやすい。それじゃあ、さっそく監督に」
乃々「はい……、丁重に断って下さい」
P「………………」
乃々「……………」
P「………………ニコッ」
乃々「ビクッ」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/09/23(金)18:24:49.48:
fNIvxj0PO
P「日菜子の泣き顔が見たいので」
P「程よくいぢめて泣かします」
P「でも罪悪感でハゲないように軽く涙目になる程度に泣かします」
P「何か良い方法はないものか」
※注意
・初投稿
・デレステスレ
・キャラ崩壊
・安価じゃないよ
・書き溜め投下
・日菜子が可愛すぎる
以上のことを許せる人は読んでってください
許せない人もよかったら読んでいくがいい

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/06/25(日)01:54:05.10:
1zc5ibQM0
事務所
奈緒「なぁ、凛」
凛「なに?」
奈緒「ちょっと相談があるんだけどいいか?」
凛「別にいいけど」
奈緒「凛って犬飼ってるよな」
凛「うん。飼ってるよ、ハナコ」
奈緒「そこを見込んでちょっと教えてほしいんだけど……」
凛「飼うの?」
奈緒「飼うって言うか……拾ったと言うか……」
凛「野良犬? 今時珍しいね」
奈緒「あ、すまん。犬……じゃなくて猫かも」
凛「猫なら私よりもみくの方が詳しいと思うけど……」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆hxLEEPhnRg
:2017/06/24(土)23:27:17.20:
D+JfWzgY0

ーー旅館の部屋ーー
卯月「ん?、やっぱり田舎の雰囲気って落ち着きますね!」
未央「そうだね?。空気も美味しいし!」
凛「空気に味なんてある?」
未央「ちょっとしぶりん!そのツッコミはさすがに野暮だよ!!」
凛「ふふっ、冗談だって」
卯月「それにしても、こんなところでロケなんて久し振りでしたね!」
未央「最近はずーっと都内で仕事だったもんね?。なんだか新鮮で楽しかったよ!」
凛「まぁ、たまにはこういうのも悪くないかな」
卯月「明日帰るのがちょっと寂しいです…」
未央「だからこそ!今日はゆっくり温泉に入って美味しいご飯食べてみんなでお喋りして楽しみまくるのだー!!」
凛「もう完全にただの旅行気分だね…」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2019/05/18(土)02:18:39:
asl8m3gA
武内P「(クラリスさんの目、気になりますね)」ジィ
クラリス「……P様。」ギロ
武内P「!?」ビクゥ
武内P「……は、はい。」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/02/15(月)15:10:00.77:
6IY2Ap+Q0
P「は?」
周子「お兄たん」
P「いつから俺は君の兄になったんだ」
周子「いつもよりフレンドリーな呼びかけ方を模索中でさー」
P「今まで通りPさんじゃダメなのか」
周子「んー、なんか面白みがないんだよね」
P「フレンドリーと面白みがどうして結びつくのか」
周子「細かいことを気にする男はモテないぞ?」
P「知らんがな」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆C2VTzcV58A
:2015/06/16(火)01:05:42.47:
xGW22CYa0
とある夕方 事務所からの帰り道
P「あー、今日も一日疲れたなあ」
P「家に帰ってゆっくり休もう」
P「狭いアパートの一室でも、心安らぐ俺の城だからな」
P「ふう、到着……あれ?」
P「部屋に明かりがついてる……朝に消し忘れたか」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆tO1d2pMtBGwv
:2016/07/09(土)16:50:19.14:
VtQIqxAQo
これはまだわたくしが幼くものを知らなかった頃のはなしです

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/07/08(金)18:45:39.38:
3QcQgZMC0
幸子P(以下、P)「そんなこと突然言われてもだな・・・もう結構仕事も入っちゃってるし」
幸子「・・・どんなお仕事ですか?」
P「えーっと・・・【海外の遊園地でバンジージャンプ】、【幸子VSアナコンダ】、【火口の上からバンジージャンプ】、【ワニと一日同居生活】それから・・・」
幸子「も、もういいですっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
短い
:2016/07/03(日)00:04:08.19:
tuWtmMLl0

カタカタカタ
P「だぁー……首痛ぇ……」カタカタ
P「寝たい……明日早いし……」カタカタ
コンコン
P「んあ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆kBqQfBrAQE
:2016/06/04(土)23:07:34.70:
wfFKy8hh0

千葉県 某所
カツカツ
P「…2階の、ここだな」
P「…」
ピーンポーン
『…山』
P「…川」
『…ここがヘンだよ』
P「…日本人」
『キャハッ☆ラブリー!』
P「17歳!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
◆Xz5sQ/W/66
:2016/06/06(月)19:22:31.84:
fv4Lj7qx0
 ここは、名もなきアイドル事務所。
プロデューサー(以下P)(――静かなもんだな)
P(皆ほとんど出払ってるから、当然と言えば当然だが)

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆ksPx5/M7Wg
:2016/06/09(木)01:15:40.13:
CK3aHBT50

?事務所
楓「かわいい子にパーカーを着せたい」
沙紀「いきなりなんすか」
楓「だって、そうおもわない?」
柚「んー、意味はわかるけど、わかんないかなーって。でも突然だね!」
沙紀「まぁ、いまに始まったことじゃないんすけどね」
楓「あら、沙紀ちゃん、高垣博士ね」
沙紀「その学位は返還お願いするっす」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/05/19(日)19:13:45.36:
83iQpaqY0
――おしゃれなカフェ――
北条加蓮(前回のあらすじ。加蓮ちゃんは、藍子ちゃんが大好きだってことを自覚しました。おしまい)
加蓮(……さて、どうしよっか)

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆8ozqV8dCI2
:2017/05/21(日)13:32:03.95:
JNxUMb9k0
雫「奈緒ちゃん、そろそろ出荷の時期ですから覚えておいてくださいねー」
奈緒「ああ、もうそんな時期か。サンキュー雫」
雫「どういたしましてー。じゃあお仕事行ってきますねー」
奈緒「頑張ってな」
未央「……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆Q/Ox.g8wNA
:2017/05/21(日)14:47:02.06:
LXv+jptkO

卯月「もう限界です…」
モバP「何でそんな事言うんだ…、理由を説明してくれ……」
卯月「貴方の愛が信じられなくなりました…、お願いします…」
モバP「そんな!俺が愛してるのは卯月だけさ、誓うよ!!」
卯月「…本当ですか??」
モバP「ああっ!!」
卯月「…最近、帰りが遅いですよね……」
モバP「あ、ああ、仕事の付き合いでどうしても抜けられなくてね…、その点は苦労掛けていると思うが…」
(週刊〇春をドサッとテーブルに投げる)卯月「明日発売の週刊誌です。……楓さんと深夜まで随分楽しそうにお酒、
飲んでますね…??」
モバP「こ、コレは…その…、楓さんの機嫌取るのもウチの会社の大事な仕事だろっ!?
最早、大御所の歌姫として、事務所では欠かせない人材なんだからっ!!卯月もそれは良く知ってるじゃないか!?!?」
卯月「……超大物歌姫、長年のプロデューサーと深夜の十年愛…ふーん。ほーん…」(ペラペラとページ捲る)
モバP「……か、楓さん、俺が飲みに付き合わないとすぐヘソ曲げるから…その……」
モバP「ヘソ曲げられると進行に滞りが……その…」(シドロモドロ)
卯月「…まぁ、それは良いです。『プロデューサーさん』がモテるのは結婚前から知ってますから、ええ」
モバP「…名前で呼んでくれよ……。
機嫌が悪くなるとすぐ呼び方がプロデューサー、に戻るよな…卯月は……」
卯月「知りませんっ」(ぷいっ)
モバP「それに、俺はそんなにモテないって……、よく言うだろ?? 女房焼くほど亭主モテはせず…、って」
モバP「みんな、アイドルだった頃の最初のプロデューサーと話すのが懐かしいから、構って来るだけだって……。なっ??」
(甘える様に、卯月の背中越しに身体ごと腕で包み込もうと) 
卯月「凛ちゃん」
モバP「え”っ”っ”」(ピタっと動きが止まる)

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆stww/BS79E
:2017/09/18(月)22:26:30.46:
+WUEUeTu0
歳の差百合が書きたくなったので、2つほど書きます。
1、早坂美玲と桐生つかさ
→『チーズカツカレーとメロンソーダ』というタイトルなどで過去にも書いているもののエクストラシナリオです。
2、早坂美玲と鷺沢文香
→ちょっと浮かんだので、挑戦してみます。
ってことで、百合注意です。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆5AkoLefT7E
:2019/05/17(金)23:44:35.00:
/F9huFeT0

〜女子寮:白菊ほたるの部屋〜
白菊ほたる(明日は新曲のお披露目ライブ……)
ほたる(緊張してきたけど……ううん、頑張ってきたんだもん。きっと上手くいく……!)
ほたる(予定としては……朝イチでレッスン場に行って最終確認。お昼にサポートメンバーとして出てくださる朋さんと智絵里さんと合流)
ほたる(そのまま会場に入って、リハから本番……)
ほたる(うん、大丈夫……。今日はもう寝よう。目覚ましを……ちょっと早めの7時でいいかな)カチカチ
ほたる「おやすみなさい……」
〜朝〜
チュンチュン
ほたる「ん……」
ほたる「うぅん……」ムクリ
ほたる(目覚まし……鳴る前に起きちゃった……)
ほたる(時間は……)チラッ
目覚まし時計 < 03:00
ほたる「……」
ほたる「……」
ほたる「……?」
???????????????
前作
緒方智絵里「ほたるちゃんを」藤居朋「徹底的に甘やかすわよ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◇JcusPwhG82
:2018/10/26(金)01:46:12.06:
MuHwnq2l0
まゆ「今日はいっぱいお世話させてください?」
奏「......」
まゆ「お腹すいてないですか?オムライス作ったんですよ?」
奏「............」
まゆ「下に用意してあるので早く着替えて食べましょう、さあ布団から出てください♪」
奏「........................ねえ、まゆ?」
まゆ「何ですか?」
奏「貴方、お世話する相手を間違えてないかしら?」
まゆ「......別に間違えてはいませんよ?今日は奏さんのお世話しにきたんです」
奏「.....あらそう、ところで今日私は1日オフでここは私の家の私の部屋で目を覚ましたらまゆが居るのはどういうこと?」
まゆ「普通に呼び鈴押したらお母様が上げてくれました♪」
奏「お母さん....!」
まゆ「もう11時です、こんな時間まで寝てたら生活リズムが乱れますよ?」
奏「さっきも言ったけど今日は1日オフだから夜遅くまで見たかった映画を配信サービスで見てたのよ、なんならまゆが居なかったらもっと寝てたわよ」
まゆ「それはいけませんねぇ、さあ早く着替えてください!今日は心ゆくまでお世話しますよ♪」ガバッ
奏「分かったから無理矢理脱がせようとしないで、着替えるからとりあえず部屋から出てて」
まゆ「別に女同士ですし更衣室でもお互い見てるわけですからそんな恥ずかしがらなくてもいいじゃないですか?」
奏「いいから!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:2018/10/23(火)19:01:04.86:
wZCaqhe20
森久保乃々(以下、森久保とする。)「プロデューサーさんがぁ、プロデューサーさんが怖いぃ!」ガタガタ
モバP(以下、Pとする。)「誤解だから!誤解だから!」
森久保「プロデューサーさんに犯されるんですけど…!」ブルブル
P「やめて!」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:2018/10/26(金)22:17:55.02:
L+MX9kT20
凛「前に話題になった、エッチしないと出られない部屋」
凛「晶葉に頼んでようやく作ってもらったよ」
凛「ふーん、なかなかいい部屋だね。エッチするためだけじゃなく普通に住めそう」キョロキョロ
凛「あとはここにプロデューサーを呼べば……ふふふ……」
まゆ「ちょっと待ってください」
凛「!?」
まゆ「最近こそこそ何をやっているのかと思ったら、こんなものを作ってたんですねぇ」スタスタ
凛「まゆ!? どうしてここが!」
まゆ「こっそり跡をつけたんですよ。凛ちゃんの企みを暴くために」
まゆ「エッチしないと出られない部屋だなんて……脳内がピンク色にもほどがありますよ」
凛「ほっといてよ、まゆには関係ないんだし」
まゆ「大ありです。プロデューサーさんと凛ちゃんをくっつくるわけにはいかないですからね」
まゆ「第一、他のアイドルが何も知らず入っちゃったらどうするんですか」
凛「それを防ぐために、人通りのない346の地下に作ったんだよ」
まゆ「違法じゃないんですか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆oZuontUvSM
:2016/03/20(日)01:31:53.24:
M9P71T3U0
※めっさ短いです
※デレマスアイドルが実在作品を見る関係上、該当回のネタバレを含みます
※オチで一名ほど静かにエラいことになるので「ただほのぼのが見たかっただけなのに…!」という方には
 ちょっと危険かもしれません

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/03/20(日)01:12:02.06:
jOwIi/jE0
凛「ねぇ、プロデューサーって殺せるのかな?」
未央「は?」
卯月「え?」
未央「えっ……? まって。まってしぶりん。え? 殺したいの?」
卯月「ダメですよ! 人殺しなんて……!」
凛「ああ、ごめん。そうじゃなくて」
凛「ほら、プロデューサーってしょっちゅう晶葉や志希の実験体になったり、ヤンデレ四天王に刺されたり、車に轢かれたり、家が燃えたりしてるけど、ピンピンしてるよね」
卯月「確かに……プロデューサーさんが大怪我したとか聞いた事ないかもしれません……」
未央「言われてみれば普通の人なら死んでもおかしくないような事態に巻き込まれても次の日には普通に仕事してるよね」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
名無しのシンデレラ◆vSqCWNhtWA
:2017/01/11(水)17:57:57.67:
Q/q+CA4+0

凛「はぁっ…はぁっ…っ…」
 
凛「はぁっ…はぁっ…ここなら…!」
 
ガチャ
 
凛「はぁっ…ふぅ…っ!」
 
?「…ぁん…凛さぁん…どこに行ったんですかぁ…」
 
凛「…………!」
 
?「ここにはいないですか…凛さぁん…凛さぁん…」
 
凛「………行ったかな?」
 
バタン
凛「まさかこんなことになるとは…困ったな。」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆8ozqV8dCI2
:2017/01/10(火)22:40:31.51:
1vmwn4+80
ウチは親父が定食屋を営んでいて、息子の俺も時々手伝いをさせられる。
その時々というのは親父に見つかって逃げ切れなかった時という意味なので、つまり俺は親父の手伝う気はまったくない。
だからあの日、バイクで仲間とひとっ走りして帰った日の夜も、裏口から親父に見つからないようにこっそり部屋に戻る予定だった。
だったのだが。
店兼家の前まで帰ってきた時に、俺は見てしまった。
「……うさぎ?」
店の引き戸の前で、人間の子供ぐらいでかいうさぎが店の方を向いて二本足で佇んでいるところを。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆Dr3sRhwBR6
:2018/01/10(水)23:52:10.29:
Z9FKmAfZ0
P「そうだ」
P「最近、Masque:Radeに足りないものが何なのか考えていたんだが……」
P「Masque:Radeには、『お姉ちゃん力』が足りないんじゃないか、と思ってな」
美穂「確かに、私たちは『姉』よりも『妹っぽい』って言われることが多いかもしれませんね」
P「そこでだ!Masque:Radeのみんなを事務所に集めて、こんな企画をやってみてほしいんだ!それが……」
美穂「『お姉ちゃん力選手権』ということですか……」

※SS初投稿ですので至らぬ点が多くあると思いますあらかじめご了承ください

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/12/15(金)17:45:49.53:
q/MTrf4E0
「駄目だ、って言ったのに」
「イエスかノーか。私はちゃんとノーを……今日は駄目だと、そう示したのに」
「それなのに、こんな。……どうしようもないくらい深く、強く、何度も求めて……私を愛して」
「酷い人。……本当に酷い人ですね、プロデューサー」
 汗に濡れた身体。乱れる息遣い。高鳴る鼓動。止められないそれらを自覚し感じながら、ぽつりぽつりと言葉を漏らす。
 ベッドの上へ横になった私をすっぽりと包んで抱き締めるプロデューサーへ。きっとまだ申し訳なさそうな顔をしたままの彼、普段するよりも薄い力で遠慮がちに抱き締めてくるプロデューサーへ。
 ぽつりぽつり。合間に熱く焼けた息を吐きながら、首元へ吸い付くようなキスを何度も落としながら、囁くようにして言葉を注ぐ。
「酷かったです。私のことを押し倒して組み敷いて、いつもなら着けてくれるものも着けてくれずに何度も何度も」
「酷かった。強引で、情熱的で、普段の穏やかさが嘘のように猛々しくて……本当に酷かった。とても、とっても凄かった」
 無理矢理に押し広げられて貫かれる感覚。ずん、ずん、とお腹の奥を深く執拗に突き上げられる感覚。涙も涎も何もかも、溢れ出るまま身体中から流れ出していくいろいろに濡れて汚れていく感覚。数分前まで私を満たしていたそんな感覚が、けれど今も消えることなく残っているのを感じながら呟く。
 背中へ回した手を動かして撫でながら、今もまだじんじんと痺れる胸を押し付ける。私を愛してくれた証……粘つくそれがどろりと中から漏れ出してくるのを感じながら、それをプロデューサーにも感じてもらえるよう密着。絡めた足を更に深く絡み付かせて、足の付け根の濡れそぼった部分を擦り付ける。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆5KM6wAIMXVHW
:2017/12/02(土)09:39:18.89:
xeU8NmWR0
李衣菜「うん!みくちゃんはすごくミックだと思うよ?」
みく「何を言ってるにゃ?意味がわからないにゃ。」
みく「そもそもミックって・・・何?」
李衣菜「言葉では説明しにくいんだけど・・・」
李衣菜「みくちゃんってほら、ロックじゃないじゃん?」
みく「まぁ・・・李衣菜ちゃんみたいにロックなアイドル目指してないし・・・」
李衣菜「あっ!ごめん悪口のつもりじゃないんだ!ロックじゃなくても全然、みくちゃんのこと嫌いになったりしないし!」
みく「変な気遣いが逆に腹立つにゃ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆AIo1qlmVDI
:2017/12/01(金)00:20:55.55:
GP1TqjYnO

モバP「そうですね」
ちひろ「相変わらず凄い量ですね」
モバP「人気になってアイドルにプレゼントしてくれるのは嬉しいんですけど」
モバP「検閲が大変なんですよ」
ちひろ「このくらいなら私がやりますよ」
モバP「……本当にいいんですか?」
ちひろ「え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。