SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
アイドルマスター ミリオンライブ! SS
タグ一覧の表示
<<
2019年11月
>>
14件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
全てのレス
元スレ
1:
◆c4YEJo22yk
:2017/11/17(金)19:44:58.79:
RP/2gPdO0
☆大分県/中津市
P「ここが中津市か?。初めて来たけど、いい所だな」
紬「ええ、のどかで落ち着いた土地ですね」
P「おっ、唐揚げ屋があるぞ」
紬「先ほどから専門店を多く見かけますね。さすがは本場です」
P「大分って唐揚げが有名なんだな。俺、この仕事を受けるまで知らなかったよ」
紬「なっ……!? 本気で言っているのですか?」
P「本気だけど……そんなに驚くことか?」
紬「大分県中津市と言えば、『からあげフェスティバル』発祥の地でもあるのですよ!?」
P「ごめん。そんなお祭りは知らない」
紬「……まったく、呆れますね」
P(紬って唐揚げに詳しいのかな。ちょっと意外だ)

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆BRZinuuIIfwI
:2017/12/20(水)01:25:33.18:
Xb+J1B+P0
【765プロライブシアター舞台袖】
千早「くっ!!またお客さんから胸のことで笑われた!!」
千早「そんなにも大きな胸が偉いっていうの?あんなの、ただの脂肪なのに。」
千早「だいたい、胸が成長するなんて胸式呼吸に頼っている証拠よ!怠慢よ!」
千早「できる歌手は腹式呼吸。みんな、それをわかってないのよ!」
千早「…………はぁ。虚しい。」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆ivbWs9E0to
:2019/11/08(金)21:25:52.60:
8RIrPxYZO

海美「ねぇねぇプロデューサー!早く早く!」
P「分かった分かった。今行くから落ち着いてくれ」
海美「だって?!色んなアトラクションを経験してレポートする企画なんて絶対楽しいよ?!うぅー!ムズムズしてきたー!」
P「企画は逃げないから。よしお待たせ、移動するぞ」
海美「よーし!頑張っちゃうよー!」
P「まずは打ち合わせからだけどな」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:2017/12/01(金)22:00:44.00:
QdtJIW4Z0

ss初投稿です。よろしくお願いします。
ミリマスssです。
未来と翼がからみます。百合注意です。
いろんな意味で処女作なので口調やホテルの描写に違和感があるかもしれません。
嫌悪感を感じた方は即ブラウザ立ちバック&青〇ん推奨です。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/11/06(水)21:10:28.45:
OaLRTe3DO
――少女は思い立った
――いつまでもプロデューサーにおんぶにだっこでは、これ以上の地位は望めないと
――だから
周防桃子「お兄ちゃん!今日の桃子の誕生日は、桃子が自分でホットケーキを食べてくるから!」
ミリP(以下P)「は?」

――少し迷走しているようだった

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
3:
鰻とタラバガニ
:2016/04/30(土)23:24:51.16:
h0y0AnhM0
北沢志保(14)は近いライブに向け72時間休憩無しでレッスンに打ち込むのであった。
志保「はぁ...はぁ...」
春香「志保ちゃん...もう休まないと体がもたないよ...!」
志保「もう時間がないんです!!」
春香「ヒエッ」
可奈「志保ちゃん!お願い!そのままだと体こわしちゃうよ!」
志保「わかったわ。」
春香「...」


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:2014/10/28(火)20:01:10.79:
edqXcc5f0
桃子「ねぇお兄ちゃん、お兄ちゃん捕まえていい?」
P「薮から棒になんだよ」
桃子「あっ、言い方悪かったね。このピンクの手錠あるでしょ?これでちゃんと犯人捕まえられるか気になったから」
P「そういうことか。それならいいぞ」
桃子「ありがとお兄ちゃん!それじゃあ…犯人、覚悟ー!」
P「うわー捕まったーロリコンの容疑で捕まったー」ガチャ

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆mLDidKKbwk
:2016/04/04(月)04:40:13.44:
6UARNc9s0

杏奈「…」ピコピコ
P「おーい」
杏奈「…」ピコピコ
P「こらっ」チョップ
杏奈「!  …なに、プロデューサーさん」ジトー
P「ほら、時計見ろ」ユビサシ
杏奈「あ、もうすぐお仕事に行く時間…」
P「そういうことだ、ほら準備しろ」
杏奈「……」
P「ーーどした、杏奈」
杏奈「…ごめんなさい、ゲームに夢中で…怒ってる、よね…?」ショボン
P「……」
P「別に、怒ってないよ。次から気を付けてくれたらそれでいいさ」
P「それよりも、はたいて悪かったな。痛くなかったか?」ナデナデ
杏奈「!  う、うん。大丈夫…だよ」
P「よかった、じゃあ行くぞ。音無さん、杏奈を送ってきますねー」
杏奈「あ…待って、プロデューサーさん…」

小鳥(プロデューサーさん、杏奈ちゃんには他の子に接するより、少しだけ物腰が柔らかいのよね…無意識かしら?)

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:2018/12/03(月)20:35:53.09:
eXFUWOMDO
―ふとその女性は目覚めた
―頭がまだ朦朧する中、辺りを見回す
(ここは……どこ……)
―起き上がろうとするが
ジャリ
(えっ!)
「んんっー!ふむんっ!んんっ?!」フシュー
(か、身体が拘束されて……)ギシッ
―口にはボールギャグ、身体はBDSMのラバースーツを着せられ、手足は枷をつけられ身動きができなかった
―さらに
グイッ
「ふしゅ!?んんんーっ!」ビクッ
(嘘……膣と肛門に何か入れられてる……)
(ば、バイブか何かかしら……)
(落ち着くのよ、小鳥。さっきまで何をやっていたのか思い出すのよ)
(今日は……事務所にいて……それからプロデューサーさんに)
―その時、思い出したくない事実を思い出す
(あ……あの時、プロデューサーさんが)
(私を……)ガクガクガク

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/12/02(日)18:23:34.83:
rWQHEB3E0
ガチャ
静香「はぁ…」トボトボ
静香「もう……」
志保「何?」
静香「きゃっ!?し、志保…居たなら言ってよ…」
志保「あなたの視野が狭かっただけじゃない。私はさっきからここに座って雑誌を読んでいたわ」
静香「そ、そう…ごめん…」
志保「それで、何よ。劇場に入ってくるなりため息だなんて、ちょっと気が抜けているんじゃない?」
静香「……」
志保「…何か悩みでもあるの?」
静香「えっと…」
志保「それなら…その、私が話を聞いてあげてもいいけど」パタン
静香「…本当?」
志保「か、勘違いしないで。その調子のままレッスンに取り組まれても他のアイドル達に迷惑がかかるからよ」
志保「…だから静香が良かったら話して」
静香「志保…ありがとう…」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆iS7ssyYWSI
:2018/06/15(金)22:12:41.24:
iIgS2iqk0
莉緒「ねえPくん、私たちに何の相談?」
P「この前、仕事を頑張った茜を撫でていた時に思ったんだ。人の頭を撫でることは難しいことだ、と」
風花「難しい?」
P「ああ。相手は人間。犬や猫とは勝手が違うし、わしゃわしゃ撫でたら髪型が崩れてしまい、それを嫌がる者もいるだろう」
P「どう撫でればいいのか、そう考えだすと『人の頭を撫でる』ことが難しく思えてしまってな……」
麗花「なるほど、Pさんは困っているんですね!」
千鶴「……訳が分かりませんわ」
あずさ「まあまあ、千鶴ちゃん、Pさんも困ってるみたいだし、ね?」
このみ「このメンツを揃えた理由は?」
P「なんとなく大人組なら相談相手として適任かなと。青羽さんも小鳥さんも忙しそうですし」
歌織「はあ」
P「というわけで、『撫でる』以外の方法でアイドルをねぎらうことについて意見を聞かせてください」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/06/01(金)13:41:34.97:
snL4kRSJo
ミリP(以下P)「今まで全部食べてすまなかった!」
美奈子「いや」
P「あのとんでもない量は残すのを前提としてたんだな!」
美奈子「あの」
P「これからはちゃんと残すからな!」
美奈子「」
P「」ニヤニヤ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
◆f1tFKtbZna.K
:2019/10/05(土)11:22:28.31:
R+K1ltoDO
―同人誌即売会
「じゃあ、新刊セットは1000円っス!」
「じゃあ、お札で」サッ
「ありがとうございます!」

「いやぁ、今日も裕美ちゃんに売り子を助けてもらって助かったっス」
「もう比奈さんったら……あれ?由愛ちゃんとこの本一冊分だけ在庫が合わないですよ?」
「あ、もしかして……」
「……比奈さん?」
「話し込んでいて…その…………間違えて売ったみたいっス」テヘペロ
「どうするんですか!あれ……あれは……」
「18禁なんですよ!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/09/26(月)23:17:03.49:
COmojWpi0
むかしむかし、あるところに流れの早い川がありました。
幅の広い大きな川でしたが、大雨が降った日などは山からどうどうと流れる水がやってきます。
そうなると、川の水は岸をわたしている橋をくだき、ひしゃげさせながら押し流していきます。何度橋をかけなおしても同じことがくりかえされるので、人々は大変困っておりました。
橋がないと、ずっと下流へ遠回りせねば向こう岸まで行けません。橋が流されるたびに、村の者も町の者も、歩いて歩いて、やっとのことで川を渡るのでした。
すっかり弱った川岸の人々はみな寄り合って相談し、腕の立つ大工に、川の流れに負けない丈夫な橋をかけてもらうことにしました。
恵美「それはほうっておけないね。アタシにまかせておきなさい」
困り果てた人たちを思いやった大工は、彼らの頼みをこころよく引き受けたのでした。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。