SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
アイマス・ミリマス・シャニマスSS
タグ一覧の表示
<<
2018年12月
>>
11件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510229712/
1:
◆GWARj2QOL2
2017/11/09(木)21:15:12.51ID:KmJOAEoGO
草は生えてませんが気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありません

2:
◆GWARj2QOL2
2017/11/09(木)21:16:02.95ID:KmJOAEoGO
早苗「…」カランカラン
美容師「あ、いらっしゃいませー…あ」
早苗「こんにちはー」
美容師「片桐さん!お世話になってまーす!」
早苗「そういうの良いから…とりあえず予約してたんだけど」
美容師「はい!こちらへどうぞー!」
早苗「あーい…」ストン
美容師「…あ、申し訳ありません!ほんの少しお待ち頂いてよろしいでしょうか?」
早苗「え?ああ、うん…」
「どうもー…」カランカラン
美容師「いらっしゃいませー!」
「予約してたんですけど…初めてで…」
美容師「…えーと、お名前…なあに?」
「…馬場です」
美容師「馬場さん?…えっ?」
「…馬場です」
美容師「…あ、あー!はい!申し訳ありません!馬場さんですねー!」
「…」
美容師「い、いや!ちょっと、凄い若く見えたもので!あはは…」
「…」
美容師「じゃあ、此方にお座り下さい!おーい!」
美容師2「はーい」
「…」ストン
3:
◆GWARj2QOL2
2017/11/09(木)21:16:32.46ID:KmJOAEoGO
早苗「…」
美容師「お待たせしましたー!今日も…いつものように?」
早苗「ん」
美容師「…いやー…びっくりしました…」ボソ
早苗「ん?」
美容師「…いや、片桐さんの反対側に座ってる人、ですよ」ボソ
早苗「…あの子供?」
美容師「ですよね…!そう見えますよね…!?」ボソ
早苗「…何?違うの?」
美容師「…あの人、24歳ですよ…」
早苗「…は?」
このみ「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535548731/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/29(水)22:18:51.63ID:gUcpTnLn0
春香「そうなんです、プロデューサーさん! いいからこっちに!」グイグイ
P「ちょっ、押すな押すな!」
春香「いや、引っ張ったんですよ?」
P「え、そうなの? ごめん、紛らわしくて」
春香「何がです?」
──────
P「……で、やよいのところに来てみたんだけどさ」
やよい「うーうっ!うーうーうーうっうー!うーうっうーうー!うっうーうっうーうー!うっうっうっうー!うーうっ!うっうっ!うーうっうーうっうー!うっうー!」
P「これバグかなんか?」
春香「違いますよ! 失礼ですよ、人をゲームのキャラクターみたいに!」プンスカ
P「うん……実際そうだと思うんだけど……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/29(水)22:22:23.27ID:gUcpTnLn0
P「で、いつからこうなったんだ?」
やよい「うーうっうーうっうっ!うっうっうーうー!うっうっうー!うっうーうっうっ!うっうっうっ!」
P「うん、やよいは喋らなくていい。 めっちゃしんどそうだから」
やよい「うーうっうー!うっうーうっうっ!うーうーうっ!うーうっうっうー!うーうーうっうーうっ!うーうっ!」
P「だからいいって」
春香「昨日かららしいですね。 私も朝事務所に来たらもうこうなってて……びっくりです」
P「ともかく治してやんないとなぁ……」
春香「どうしたら治りますかね?」
響「だよなー。このままじゃ仕事にも影響出ちゃうぞ」
P「うおっ、響いつの間に?」
響「いつの間にって、今来たとこだぞ」
P「んなん分からないだろ? 今来たんなら、【ガチャッ 響「はいさい! みんな、おはようだぞ!」】くらい言ってもらわないと」
響「そうなの? ごめん」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/29(
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1422868158/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/02/02(月)18:09:18ID:UOWvHgso
陣内「いやーほんま苦労したわー」
陣内「どこも売り切れてて、結局オークションで手に入れるのに5万くらいしたからなー」
陣内「さーて開けよ」
ビリッ
ゴソゴソ
陣内「おぉ…意外としょぼいな」
陣内「そこらに売っとる目覚ましみたいや」
陣内「ま、ええわ。春香ちゃんの声が出るかどうかやからな、ちょっと試してみよ」
陣内「時計の針合わせて…ほい、カチッ」
春香『ほーらっ、朝になったよ! 起きよう?』
春香『ほらほら、学校、遅刻しちゃうよ? もう、早く起きてよ?!』
陣内「グフフフ…おうっふ…」
陣内「ええやん…メッチャええな! これ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/02/02(月)18:10:26ID:UOWvHgso
陣内「この目覚まし、ボイスいっぱい入っとるらしいからなー。他にどんなんあるんやろ?」
陣内「お、箱に紙入っとる。これが説明書か」
バサッ
陣内「えーと、なになに? 後ろにあるダイヤルを回すと色んなシチュエーションが聞けます、か…」
陣内「うわ、ダイヤル多っ! 裏にビッシーって、金庫の鍵みたいになっとるやん!」
陣内「んで、ダイヤル1が、幼馴染風…」
陣内「あー、なるほど。今のは幼馴染の春香ちゃんが起こしに来てくれたんやな」
陣内「こんなのがいっぱい入っとるんか?楽しみやな?。他の聞いてみよ」
陣内「ほいっ、カチッ!」
春香『患者さ?ん、お注射の時間ですよ。起きてくださ?い』
陣内「お、ナース春香ちゃんや! 患者さ?ん言うてる。可愛いな?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/02/02(月)18:11:06ID:UOWvHgso
春香『起きないと、ぶすっと刺して起こしちゃいますからね?』
陣内「うわ、そりゃ痛そうや。寝たままさ刺れるんやからな」
陣内「でもええな、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541327607/
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/11/04(日)19:33:28.21ID:yrN8//W20
放クラSS。
浅まし枠は西城さん。
荒ぶる枠は園田さん。

2:
◆hAKnaa5i0.
2018/11/04(日)19:35:45.96ID:yrN8//W20
(事務所)
果穂「えーとここはこうして…と♪」カキカキカキ
樹里「…」
果穂「これはいい。これはいいプロデューサーさんです…♪」カキカキカキ
樹里「…」
樹里「なあ。果穂」
果穂「はい。何ですか。樹里ちゃん?」
樹里「さっきから画用紙に何描いてるんだ?すげー楽しそうだけど」
果穂「ふっふっふっ…よくぞ聞いてくれました!これはあたしの理想のプロデューサーさんを描いたものです!」バ-ン!
樹里「理想のプロデューサー?」
果穂「はい!見てください!」ペラッ
3:
◆hAKnaa5i0.
2018/11/04(日)19:36:14.11ID:yrN8//W20
【果穂の理想のP】テテ-ン!
・レンジャーの1人(赤)!
・SASUKEを全ステージクリアできる!
・強い!正義の味方!
・いつも剣を隠し持ってる!
・ベルトは変身用!
・足がすごく早い!
・ほの暗い過去を持っている!
4:
◆hAKnaa5i0.
2018/11/04(日)19:37:00.04ID:yrN8//W20
樹里「(…あー、こういう設定考えるやつ小さい頃やったなぁ)」
樹里「うん。すげーカッコいいプロデューサーだな」フムフム
果穂「えへへ、ありがとうございますっ♪」
樹里「でも、ほの暗い過去って何?」
果穂「プロデューサーさんは小さい頃に両親を亡くしてスラム街で1人で生きてきた過去があるんですよ!」
樹里「思ってたより重いな!?スラム街日本にねぇし!」
果穂「あります!」バ-ン!
樹里「お、おう。そっか。そう言われちゃ何も言えねえよ…」
果穂「うーん
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1544356793/
1:
◆NnnvtznWcU
2018/12/09(日)20:59:53.76ID:l84vnmnO0
(胸糞展開は自分にダメージを喰らうので)ないです。

2:
◆NnnvtznWcU
2018/12/09(日)21:11:31.86ID:l84vnmnO0
ラジオくん『本日開催されていた日野茜さんのラジオ体操第一イベントが参加者全員の体調不良により中止になりました。ゲスト出演の松○修造さんが登場した瞬間、会場内の温度が44.3度、湿度が187%まで上昇したとされ茜さん以外の参加者が脱水症状を起こし……』
P「今日の仕事終わり!チャチャっと帰って明日の備えをしよう!」
千雪「ふふっお疲れ様です。Pさん」
P「ん?どうして千雪は残ってるんだ?」
千雪「Pさんと一緒に帰りたくて…ダメでしょうか?」
P「うーん……夜道に女性を1人、ましてはアイドルだしなぁ……途中までならいいぞ」
千雪「ありがとうございます」
P(もしイケナイ雰囲気になったら魔法の合言葉を使えばいいしな)
3:
◆NnnvtznWcU
2018/12/09(日)21:12:38.95ID:l84vnmnO0
☆帰宅中☆
千雪「Pさんには感謝しています。甜花ちゃんと甘奈ちゃんとも出会えたし…」
P「そんな大したことしてないぞ、全ては千雪たちの……」
突然の大雨「よろしくニキーwww」ザッパアアアアアアアア...
P「ファッ!?」
千雪「きゃっ!?」
P「おいおいこんなの聞いてないぞ!千雪、傘は持ってるか?」
千雪「すみません、今は…」
P「じゃあ俺の折りたたみ傘を使え!」
千雪「それではPさんが…」
P「頑丈だからヘーキヘーキ!走ってコンビニに避難してから…」
千雪「あっあの…!」
P「ん?なに?」
千雪「よろしければ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534650736/
1:
◆akTsNxs6xE
2018/08/19(日)12:52:17.24ID:M21qly2+0
注意
・「アイドルマスター」と「花の慶次~雲のかなたに~」のクロスSSになります。
・アイマスの方はあまり詳しくはないので、アイマス勢の設定口調等はご容赦くださいませ。
――765プロ事務所
P「貴音のやつ、遅いなぁ」
小鳥「もう約束の時間を30分も過ぎてます」
亜美「珍しいね。お姫ちんが遅刻って」
真美「しかも電話にも出ないなんてね」
響「自分、もう一度かけてみるぞ!」
P「なにかトラブルに巻き込まれてなければいいけど……」

2:
◆akTsNxs6xE
2018/08/19(日)12:52:59.26ID:M21qly2+0
ガチャ
貴音「はぁ、はぁ、も、申し訳ございません。遅れてしまいました」
亜美「あ、来た」
P「貴音!いったい何してたんだ。電話にも出ないし。みんな心配してたんだぞ」
貴音「本当に申し訳ございませんでした。少々厄介事に巻き込まれておりまして……」
小鳥「と、とりあえず落ち着いて。座って水でも飲んでから話して」スッ
貴音「ありがとうございます。頂戴します」
真美「それでお姫ちん、なにがあったワケ?」
貴音「はい、実はかくかくしかじか……」
3:
◆akTsNxs6xE
2018/08/19(日)12:53:44.07ID:M21qly2+0
P「なるほど。話は大体わかった。ここに来る途中で携帯を落としてしまい、探しに戻った先でそれを拾ってくれていた強面の男二人組に謝礼としてしつこく言い寄られていたと」
亜美「しかも、デートしないと携帯返さないって」
小鳥「フツーに犯罪じゃないそれ」
貴音「急いでいると何度も申したのですが、こちらの言い分を一向に聞きいれてもらえず仕舞いで」
P「それで、その後はどうなったんだ?」
貴音「それが……とある御仁に助けていただきまして」
亜美「なにそのロマンチックなてんかーい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535595026/
1:
◆pvi4t7el1QeD2018/08/30(木)11:10:27.10ID:RhTOroeL0
春香「面白そうな番組やってるよ!」
真美「ほんと? あ、それヨフカシじゃん!! いっしょに見よーよはるるん!」
春香「うん、お膝おいで......!」
真美「よいしょ...... はるるん、ほんと好きだよね...... そんなに真美の抱き心地いいの?」
春香「うん......んー♪」ギュー
真美「......」

2:
◆pvi4t7el1QeD2018/08/30(木)11:11:08.77ID:RhTOroeL0
真美「みてみてはるるん、千早お姉ちゃんでてるよ!」
春香「ほんとだ、今日だったんだね......」
真美「こっち来てみようよ、ほら真美の横きて......!」
春香「んー......久しぶりに真美がお膝に来たり......してみない?」
真美「真美、今はもうはるるんより大きいんだけど......」
春香「えへへ、そうだよね......よいしょ」
真美「......」
春香「......」

3:
◆pvi4t7el1QeD2018/08/30(木)11:12:07.48ID:RhTOroeL0
真美「あ、そうだ。ねぇはるるん」
春香「うん?」
真美「今度は真美の番だかんね?」
春香「え、なにが......
    ちゅっ
春香「ひゃっ!!!!?」
真美「真美が小さい時、抱きしめるときに隠れてちゅうしてたの、ばれてるんだかんね!」
春香「え、えっ!? そ、そんな......!!」
真美「最初はびっくりしたんだから......」
春香「うぅ......ごめん......」
真美「もー......もういいけどさ。......やっとはるるんより背高くなったよ......」
春香「で、でも私は......

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543845055/
1:
◆Xz5sQ/W/662018/12/03(月)22:50:55.73ID:HY1MskrZ0
===
十二月、それは新年へ向けたカウントダウン。
突入すれば「一年過ぎるのも早いもんだ」なんてしみじみ振り返ってみたり、
まだ半月以上もあるというのにクリスマスの輩があちこちに姿を現したり。
とにかく日本人というやつが、八月と並んで馬鹿に陽気になるのが十二月なのではないだろうか?
また、読者諸氏には知られた話であるだろうが、
吹き付ける海風の勢いが増そうと765プロライブ劇場は相変わらずの常春気分。
女三人寄れば何とやら、と言ったお決まりのフレーズが安売りされているようなこの場所では、
まぁ、季節というのは基本あって無いようなモノであり、彼女らのプロデューサーである私としては、
順調に増えだすグルメロケと年末年始のイベントラッシュの方が余程寒波よりも身近な悩みである。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/12/03(月)22:54:03.10ID:HY1MskrZ0
そうして迎えた十二月三日。
この日は担当アイドルのうちの一人、野々原茜の記念すべきバースデイでもあった。
「プロちゃんはトーゼン覚えててくれたでしょ?」なんて彼女は笑顔で訊いて来たが、
忘れようにもこの事実は、劇場の面々が仕事の予定を確認するホワイトボードに大きく書き込まれているし、
なんなら事務所の方にも書いてあるし、
劇場のカレンダーという全てのカレンダーに赤丸で印もされている。
さらにダメ押しでもう一か所、私の持つ手帳にも彼女本人の手によりしっかり記されているのである。
おまけに似顔絵サイン付き、これで忘れりゃ私は只の阿保だ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/12/03(月)22:55:17.16ID:HY1MskrZ0
…で、あるからして。
「当然覚えているに決まっている」と私は彼女に返してやった。
さらに言えば! デキるPである
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1421584448/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/18(日)21:34:08ID:l5lrJmH.
※警告※
このSSにはとてもアレな表現が多く含まれています。
また、18歳未満の方は自己責任…もとい見ないでください。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/18(日)21:35:14ID:l5lrJmH.
響「すぅ、すぅ…」
貴音「ふふ…」スッ
ナデナデ
響「えへへ?…」
貴音「ああ、なんて愛おしいのでしょう…」
響「ん?」
貴音「それにしても、まこと素晴らしいものですね…」チラッ
カラン
貴音「小鳥嬢から受け取った睡眠薬の効力は」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/18(日)21:35:48ID:l5lrJmH.
響「むにゃむにゃ…」
貴音「さて、響が起きるまでこの愛らしい寝顔を見つめていましょう」
チッチッチッ
響「くぅ、くぅ…」
チッチッチッチッ
響「すぴ?」
貴音「起きない…ですね。本当に…」
貴音「………」
ムラムラムラムラ
貴音「あああああああああああ????っ」ムラムラムラムラムラムラムラ
貴音「そうです…起きないのなら、気付かれなければ何をやってもやってないのと同じではありませんか…」
貴音「やっちまいましょう」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/01/18(日)21:36:32ID:l5lrJmH.
響「くー、くー」
貴音「ああ、小柄な響の胸にたわわに実ったこの豊満な果実…?」
貴音「はぁ、はぁ…これは上着をめくって…直接、拝ませてもらわなくては…」ス…
ズリッ
タプンッ
貴音「なんとっ!? これは…下着をつけてないではありませんか…」
貴音「ああっ? こんなものに上着一枚だけなんて犯罪的すぎますぅぅ?っ?」クネクネ
スルッ
フニュ?
貴音「ああ…? やわらかぁい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543742614/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/12/02(日)18:23:34.83ID:rWQHEB3E0
ガチャ
静香「はぁ…」トボトボ
静香「もう……」
志保「何?」
静香「きゃっ!?し、志保…居たなら言ってよ…」
志保「あなたの視野が狭かっただけじゃない。私はさっきからここに座って雑誌を読んでいたわ」
静香「そ、そう…ごめん…」
志保「それで、何よ。劇場に入ってくるなりため息だなんて、ちょっと気が抜けているんじゃない?」
静香「……」
志保「…何か悩みでもあるの?」
静香「えっと…」
志保「それなら…その、私が話を聞いてあげてもいいけど」パタン
静香「…本当?」
志保「か、勘違いしないで。その調子のままレッスンに取り組まれても他のアイドル達に迷惑がかかるからよ」
志保「…だから静香が良かったら話して」
静香「志保…ありがとう…」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/12/02(日)18:29:33.56ID:rWQHEB3E0
静香「実はね。今日の午前中にあった撮影の話なんだけど…」
静香「もうっ、プロデューサーったらその現場に遅刻してきたの…あ、私は先にタクシーで到着してたんだけど…」
静香「なんでもこの劇場にいるこぶんって猫がいなくなっちゃって探してたらしいんだけど…」
志保「それがこの劇場の一角を担うプロデューサーさんがすること…?」
静香「環に手伝ってほしいって言われたらしいわ。プロデューサーは頼みを断れない人だから…」
志保「それでも時間に遅れるのはいけないわね」
静香「うん…結局、その撮影は何とか無事に終わったから良かったんだけど…」
志保「色々と大変だったみたいね」
静香「大変だったわ!」
静香「…まあその後にプロデューサーがお詫びにと一緒にうどんを食べに行ったけど」
志保「……そう」
静香「しかもそこが結構有名なうどん屋でね。私に文
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543674355/
1:
◆BAS9sRqc3g2018/12/01(土)23:25:55.70ID:qwW03Ym60
「……お話をいいですか?」
「私で……話せることなら」
「あの……ありがとうございます」
「い、いえ! お礼を言われるようなことは私は……」
「いえ、莉緒さん……お話を……お願いします」
「……えっと……出会ったのは何もない街でしたよ」

2:
◆BAS9sRqc3g2018/12/01(土)23:27:06.96ID:qwW03Ym60
出会ったのは何も無い街だったんです。
彼は喫茶店の会計で小銭を出すのに手間取った挙句、
財布をひっくり返して小銭を床にばらまいた私を笑わずに手伝ってくれたのが最初でした。
「ありがとうございます」
と言うと「いいんですよ」と返してくれました。
あの時の眩しい笑顔にやられたんだと思います。
私、今でもこの話は惚れっぽいとかを通り越して
馬鹿みたいだと自分でも思う時があります……。

3:
◆BAS9sRqc3g2018/12/01(土)23:27:59.77ID:qwW03Ym60
その彼とまた出会うのは数時間後……。
私、実はこの時、なんというかその……無職でして。
お恥ずかしいことながら。
前の会社は上司のセクハラに耐えられなくて辞めたんです。
そして、私はその日、気が迷ったのか
友人に乗せられてアイドルのオーディションを受けてたんです。
もう結構大人にはなったんですけど、
どうしても子供の夢が忘れられなかったんです。
キラキラのステージに立って可愛い衣装やドレスを着て、
たくさんの声援を浴びる。これも我ながら子供みたいな夢だと思います。

4:
◆BAS9sRqc3g2018/12/01(土)23:28:48.47ID:qwW03Ym60
そんな夢を抱えた中身は子供のままの私は
オーディション会場に来ていました。
「百瀬莉緒です。特技は……セクシーポーズです」
「おお、そ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。