SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
エヴァンゲリオン
タグ一覧の表示
<<
2019年09月
>>
22件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/09/05(月)16:40:29.01ID:GlPRA7OW0
―ミサト宅―
ミサト「シンちゃん、アスカ!!お菓子を買ってきたわよ!」
アスカ「随分気が利くじゃないっ!で、何を買ってきたわけ?」
ミサト「ふふぅ〜ん....それがねぇ....じゃーーんっ!!!」
シンジ「たけのこの里.....か.......」ブツブツ
アスカ「初めて見たわ」
ミサト「あらっそうなの!!じゃあ丁度良かったわね、いっぱい買ったからじゃんじゃん食べていいわよ〜」
アスカ「んじゃぁ、遠慮なく貰うわね」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473061228

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381225206/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/08(火)18:40:06ID:9sA6H.OM
ミサト「そうみたいね?」
シンジ「ア・・・アスカは元に戻るんですか!?」
ミサト「う?ん、それがわかんないみたいなのよね」
シンジ「そんな・・・」
ミサト「ってゆー訳で、シンちゃん、アスカをよろしくね♪」
シンジ「え!?なんで僕なんですか!?」
ミサト「いや?リツコもお手上げで」
   「治す方法もわかんないし」
   「まぁシンちゃんなら愛の力でなんとかしてくれるかな?と」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/08(火)18:44:17ID:9sA6H.OM
ミサト家
シンジ「まったく、なにが愛の力だよ・・・あの人は何考えてんだか」
   「・・・アスカ、もう家にいるんだよな」
   「どう接したらいいんだろう・・・ちょっと緊張するな」
ガチャ
シンジ「た、ただいまー」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/08(火)19:00:44ID:9sA6H.OM
アスカ「お・・・おかえりなさい・・・シンジさん」
シンジ「う、うん、ただいまアスカ」
   (シンジさん・・・か、なんか変な感じだな)
   (それにアスカ、エプロンつけてるし)
   (ちょっと大人っぽくなってる)ジッ
アスカ「?あ、あの・・・どうなさったんですか?」
シンジ「あっ、ご、ゴメンッ」
   「なんかいつものアスカと違うから、見入っちゃって」
アスカ「あ・・・そう・・・なんですか」
   「・・・・・・・・・・・・すみません」
シンジ「いっ、いやっ、アスカが悪いわけじゃないんだから」
   「あやまんないで」アセアセ
アスカ「はい・・・ありがとうございます」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1359125900/
1:
>>1
2013/01/25(金)23:58:20ID:1EG6/pIU
アスカ「そんな事言ったって食べれないものは食べれないわよ!!」
シンジ「ダメだよ、食べて」
アスカ「いーーやーーだーー!!」
シンジ「食べなさいッ!!」
アスカ「購買行くもん!!」
シンジ「じゃあもう弁当もご飯も作らないよ!!!」
アスカ「それも嫌!!」
シンジ「じゃあ食べて!!」アスカ「嫌!!」
トウジ「母娘か」ケンスケ「今日も平和だな?」

3:
>>1
2013/01/26(土)00:11:59ID:eOU6CQi2
シンジ「アスカ!!!」
アスカ「嫌!!!!」
マリ「じゃあ私がもらうけどいいかニャ?姫?」
レイ「私も食べたいわ、碇君のお弁当」
アスカ「アンタたちは関係ないでしょ!!勝手に取らないで!!」
シンジ「じゃあ食べてよ!!!」
アスカ「食べない!!でもあげない!!!」マリ「無茶苦茶だニャ…」
トウジ「センセ正論やな。」
ヒカリ「アスカより碇君のほうが正論、以外を見たことないわ。アスカには悪いけど」
トウジ「まあ、そやな……おっ!?この卵焼き美味い!」
ヒカリ「ほぇ!?あ…ありがとう…///」
ケンスケ「空が青いなぁ?……平和だな?…」モグモグ
4:
>>1
2013/01/26(土)00:22:42ID:eOU6CQi2
シンジ「じゃあどうしろって言ってんだよ!!」
アスカ「…………」ボソボソ
シンジ「???え?何て言ったの?」←聞こえてない
マリ「え"!?今何て……?」←聞こえた
ヒカリ「アスカ!もっと大きく!!」←聞こえた
トウジ「へ?何がや委員長?」←話の流れすら聞いてない
レイ「私も……したい」←聞こえた
ケンスケ「この世の全ての食材に感謝を込めて、御馳走様でした。っと」←シャットダウン
5:
>>1
2013/01/26(土)00
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1360844540/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)21:22:20ID:KDvkrGcc
ミサト「ねえシンジ君、なにこれ」
シンジ「なにって。アスカですよ」
ミサト「勿論それは分かってるわよ。そうじゃなくて」
アスカ「(・ω・)」
ミサト「あーもう……どこから突っ込めばいいのかしら」
ミサト「まず、どうしてアスカはこんな顔してるわけ?」
シンジ「えっと、あの、発見したんです。確か先週の水曜日―――」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)21:23:20ID:KDvkrGcc
シンジ「チャンネル争いで揉みあいになって……あ、別に本気でケンカしてたわけじゃなくって」
ミサト「そんなことで叱ったりしないわよ。それで?」
シンジ「で、アスカがバランス崩してストンと、僕の膝に座る形になっちゃったんです」
ミサト「今と同じね」
シンジ「はい。でも当然、すぐ立ってまた怒ると思ったら、そのままじっとしてて……顔見たら」
アスカ「(・ω・)」
シンジ「この表情で」
ミサト「じゃあ、今はどうしてアスカがシンジ君の膝に乗っかってるの?」
シンジ「それ以来、ちょくちょく乗ってくるようになったんです。アスカが。さっきも」
ミサト「……」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)21:23:47ID:KDvkrGcc
アスカ「(・ω・)」
ミサト「……」
アスカ「(・ω・)」
ミサト「……」
アスカ「(・ω・)」
ミサト「……なんと言ったらいいやら」
アスカ「(・ω・)」
ミサト「アスカがこんな顔してるところ、初めて見たわ」
アスカ「(・ω・)」
ミサト「っていうか、こんな顔してる人間見たのが初めて」
シンジ「僕もです」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)21:24:12ID:KDvkrGcc
ミサト「ね
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/08/31(日)03:11:49.57ID:kFVGdXKm0
−自宅にて−
シンジ「ねえアスカ、ミサトさんどこに行ったか知らない?」
アスカ「…しらないわよ…」
シンジ「おかしいなあ、何も言わずに何日も留守にするなんて…。ペンペンもいないしさ…。」
アスカ「…いっしょにでかけ んでしょ。心配しなくてもだい丈夫よ」
シンジ「そうだよね。もう少ししたら帰ってくるよね。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1409422299

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1359076207/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/25(金)10:10:07ID:777q7nD6
エヴァ×るろうに剣心

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/25(金)10:18:44ID:777q7nD6
剣心「それに…あそこにいる化け物は…」
サキエル「………」ノシノシ
剣心「流石に拙者の刀では歯が立たないでござるな」
ズドーン
剣心「おろっ?」フセッ
剣心「危ないでござるな…ん?」
ミサト「碇シンジ君ね?乗って!!」
剣心「いや、拙者は碇シンジでは…」
ミサト「混乱してるのは分かるけど、今は時間がないの!早く!!」グイッ
剣心「おろろろろ」
ミサト「さあ、行くわよ」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/25(金)19:18:17ID:v8IVFZ.c
ジオフロント
剣心「これは…」
リツコ「対使徒人型決戦兵器エヴァンゲリオンよ」
剣心「え?ぁんげりおん?」
剣心(意味が分からないでござるよ)
ゲンドウ「シンジ」
剣心(殺気!?)バッ
ゲンドウ「これに乗れ」
剣心「はっ?」
ゲンドウ「これに乗れ。でなければ帰れ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1354005492/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/27(火)17:38:12ID:kPZ/rYKE
今回彼にドッキリを仕掛けたのは同じ職場の同僚、式波・アスカ・ラングレーである。
アスカ「バカシンジが前回の収録で急にアドリブに走っちゃったから、一度懲らしめてやろうと思って!」
※なお、これからお見せする映像は現在公開中の「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」を
未見の視聴者にとっては、とてもショッキングな内容が含まれているので、あらかじめご注意頂きたい。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/27(火)18:05:36ID:kPZ/rYKE
何も知らずに医療用カプセルの中で眠るターゲット。そのままAAAヴンダーに収容されるが、既にここからドッキリは始まっているのだ。
シンジ「あれ……?!ここは……」
と、ここでターゲットがついに起きた。
サクラ「艦長、対象が目覚めました!」
艦長と思しき人物と通信機で連絡を取る女性。もちろん彼女も仕掛け人である。
シンジ「えっ?!えっ…(ここどこ……?!)」
動揺するターゲット。落ち着く暇もなく、適当な質問に答えさせられながら、司令室へと運び込まれていく。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/27(火)18:22:05ID:kPZ/rYKE
司令室に通されたターゲット。そこで彼を待っていたのは、姿・雰囲気ともに変わった彼の上司。
もちろん彼女も仕掛け人。横にいる彼女の同僚に至っては、この日の為にヘアスタイルを変えてくるほどの気合の入れようである。
シンジ「ミサトさん、ミサトさんなの?!その恰好は……」
ミサト「……アスカは、改2号機は出られる?」
シンジ「アスカ?!アスカもいるの……じゃあ、僕も出撃しなきゃ!!」
ミサト「シンジ君……もうあなたはエヴァに乗らないで」
シンジ「?!」
自分の部下を睨みつける仕掛け人。ものすごい剣幕、ドスの聞いた声である。
これには思わずターゲットも
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356500208/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/26(水)14:36:48ID:qDsqR4sA
エヴァのSS

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/26(水)14:37:45ID:qDsqR4sA
ミサト「シンジ君って、学校では何をしているの?」
シンジ「特には何もしていませんよ?普通に授業を聞いて、たまにトウジやケンスケと話すだけですが?」
ミサト「いや、そういうのじゃなくて、例えば…そう、恋愛とかそういうのよ!」
シンジ「れ、恋愛ですか!?」
ミサト「そうよシンちゃん、一人や二人ぐらい気になる子はいるんでしょ?パーっとお姉さんにはなしてごらんなさい」ニマニマ
シンジ「き、気になる子なんていませんよ!!」
ミサト「あら、シンちゃ?ん、そんなにムキになって否定しなくたって?」
ミサト「もしかして、アスカとか?」ニマニマ
シンジ「違いますよ!!」
シンジ「確かにアスカかなり可愛いですし、僕が気軽に話せる数少ない女の子です。だけど、それは恋愛対象っていうより、家族って感じです」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/26(水)14:42:01ID:qDsqR4sA
シンジ「違いますよ!!」
シンジ「確かにアスカかなり可愛いですし、僕が気軽に話せる数少ない女の子です。だけど、それは恋愛対象っていうより、家族って感じです」
ミサト「じゃあ、レイはどうなのよ?あの子も可愛いし、素直じゃない?」ニマニマ
シンジ「綾波は…って、ミサトさん、これ以上からかわないで下さいよ!」
ミサト「ごめんね?シンちゃん。ちょっちシンちゃんの学校での生活が気になってね?」
ミサト(だとするとシンジ君は、青春を謳歌することもなくただただ学校で過ごしていることになるわね)
シンジ「あの、ミサトさん、どうしたんですか?いきなり黙り込んじゃって」
ミサト「そうだわ!」ガタッ
シンジ「」ビクッ
ミサト「シンジ君、あなたは部活に入りなさい!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:投稿日:2009/09/06(日)00:15:39.46ID:0F+UGHIsO
シンジ「ん……」

シンジ「う…うわぁ!こんな時間だぁ!」

シンジ「今日は朝からシンクロテストだったんだ!急がないと遅刻しちゃう…」

シンジ「ミサトさんとアスカは…先に行っちゃったのか…。」
シンジ「…リツコさんにまた嫌味、言われちゃうんだろうな。」

ネルフ本部内

ミサト「あーら、遅かったわね。シンジ君」

リツコ「32分18秒の遅刻…重役出勤ね。」

シンジ「す…すいません…」

リツコ「でも、シンジ君が遅刻するなんて珍しいわね。」

リツコ「起こさなかったミサトの責任もあってよ。」

ミサト「だってぇー」

マヤ「シンジ君、早くプラグスーツに着替えてね。」

マヤ「はい、これ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357795968/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/10(木)14:32:48ID:DIR6PuQc
初SSですが最後まで見ていただけたら幸いです

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/10(木)14:33:35ID:DIR6PuQc
シンジ「まだ観てないしいいよ、いつ行く?」
アスカ「あんたバカァ?今すぐに決まってるじゃない」
シンジ「今からって…もう夜の10時じゃないか…こんな時間に上映してるかな?」
アスカ「なんでわざわざ映画館まで行かなきゃなんないのよ!」
シンジ「でも映画館に行かなきゃ観れないじゃないか!」
アスカ「まったく…ホントにバカね。いい?私たちは関係者なのよ、完成したらDVDで貰えるに決ま
ってるじゃない。」
シンジ「そうなの?僕は貰ってないけど…」
アスカ「男ならつべこべ言わない!」
ギャーギャー
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/10(木)14:34:31ID:DIR6PuQc
ガチャ
ミサト「あなた達何騒いでるの??静かにしなさい」
シンジ「あっ、ミサトさんお帰りなさい」
アスカ「あら、ミサトお帰り。今からエヴァQ観るんだけど、一緒に観る?」
ミサト「あら、いいわね。エビチュ取ってくるからちょっち待ってって?」トコトコ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/10(木)14:35:22ID:DIR6PuQc
ガサゴソ
シンジ「これで準備よし、再生っと」ポチ

巨神兵『ギャー ドガーン ガシャーン ズギャーン』

シンジ・アスカ・ミサト「……………………………………」
ミサト「何これ……?」
シンジ「ディスク違うんじゃないの………?」
アスカ「そんなはずないわ!!最後までとりあえず観るのよ!!」

『終わり』

シンジ・アスカ・ミサト「あっ、終わった……」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358612878/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/20(日)01:27:58ID:Jy8HHY2g
初投稿です。
よろしくおねがいします。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/20(日)01:28:20ID:Jy8HHY2g
荒巻「わかりました」
総理「よろしい。では公安9課の運営を許可する。これが書類だ。」
荒巻「ありがとうございます。」
総理「気付かれないようたのむぞ。」
荒巻「承知しました。」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/20(日)01:29:57ID:Jy8HHY2g
素子「9課の再編は許可されたの?」
荒巻「ああ。だがNERVの補助、監視が目的で・・だ。今までの様な事はしばらくできそうにないな。」
素子「あら課長らしくないわね。」
荒巻「仕方あるまい。こうゆう状況だ。」
素子「そうね。」
イシカワ「(電脳通信)少佐!これを見てくれ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1361052215/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/17(日)07:03:35ID:3o1lJs7.
ミサト「ちょ?っち相談があるんだけどさ、聞いてくれる?」ムズムズ…
リツコ「どうしたの急に?」スパーフゥ?
ミサト「今の日本って夏しか無いじゃない、暑くてたまんないわよね?」ムズムズ…
ミサト「んで仕事は不規則でキツくて、一度なんか有ったら3日4日着たきり雀」ムズムズ…
リツコ「確かにそうね」ギシッ
ミサト「品質の高いネルフの支給品のストッキングは月3足だけだし、市販品だと1日中履いてると蒸れ腐るじゃない?」ムズムズ…
リツコ「私はそうでもないけど、あなたはあちこち動き回って忙しくしてるから余計よね」ズズッ…コトッ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/17(日)09:08:53ID:3o1lJs7.
リツコ「で?用件は何」
ミサト「それでさ…ちょっち言いづらいんだけど?」ムズムズ…
リツコ「ふぅ…これでしょう…」コトッ
リツコ「ネルフの技術を結集して作り上げた、重症者用強力白癬菌殲滅薬…」
ミサト「おぉ?」ムズムズ…
リツコ「ミズムシコロリよ」
ミサト「ぶwwwずいぶんハイセンスなネーミングね?www」ムズムズ…
リツコ「名付け親はわたしじゃないわ、副指令よ」
リツコ「職員には同じ悩みを持つものがかなりいるのよ…」
ミサト「そっかwそりゃそうよねww安心したわwww って、なんで分かったのよ?」ムズムズ…
リツコ「それだけ足をムズムズさせてたら誰でも気付くわ、ほら足を出しなさい塗ってあげるから…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/17(日)10:04:12ID:3o1lJs7.
ミサト「うん、それじゃ頼むわ」ヌギヌギ…
リツコ「脱いだストッキングはそこのゴミ箱に捨ててね、新しいの支給するわ」
ミサト「マジで?やった!リツコ話せるぅ?♪」
リツコ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1359381071/
1:
◆.ABoClzYjg
2013/01/28(月)22:51:11ID:CXJ/5mVc
カオル「どうしたんだい、シンジくん。元気少ないね」
シンジ「…怖いんだ」
シンジ「ミサトさんも、アスカも、綾波も、父さんも、怖いんだよ!」
カオル「…見えない他人の真意に怯えて辛いんだね」
シンジ「ねぇ…カオルくん、僕は、僕はどうしたらいいの…?」
カオル「これを使いなよ」ぷるんっ

2:
◆.ABoClzYjg
2013/01/28(月)22:53:43ID:CXJ/5mVc
シンジ「これは…?」
カオル「ところてんさ」ぷるん
シンジ「カオルくん…キミが、キミが何を言ってるのか分からないよ?カオルくん!」
カオル「ところてんもピアノの連弾と同じさ」プルん
シンジ「ちがうよ!」
3:
◆.ABoClzYjg
2013/01/28(月)22:56:13ID:CXJ/5mVc
カオル「シンジくん…君は、ところてんに何を思うの?」
シンジ「別に…」
カオル「ところてんのこと、分かろうとしたのかい」
シンジ「分かろうとした」
カオル「本当に?」
シンジ「ウソだよ!なんで鬱シーンなんか再現させるんだよ!なんなんだよ!僕を幸せにするんじゃなかったの!?」
5:
◆.ABoClzYjg
2013/01/28(月)23:02:59ID:CXJ/5mVc
カオル「君が思うところてん、僕が思うところてん、零号機パイロットや弐号機パイロットが思うところてん、みんな同じところてんだ。でも全てちがう」
カオル「ところてんの形はところてん自身が作っている、でも他者がところてんを形作っているのも事実なんだ」
シンジ「そうか…そうだよ、ところてんはどこまで行ってもところてんじゃないか、誰かがいなければずっとところてんのままじゃないか」
シンジ「誰かの好物にもならない、嫌われもしない、お鍋の具にもならない、食べ物としてすら認知されない…」
7:
◆.ABo
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1360840388/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)20:13:08ID:1E5u0o5o
シンジ「そうだね・・・・あれから会ってなかったから・・・」
アスカ「・・・・・」ジー
アスカ「背、伸びた?」
シンジ「そうかな? あんまり自分では分からないから」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)20:14:41ID:1E5u0o5o
シンジ「アスカ・・・・すっかり大人になって・・・綺麗になったね!」
アスカ「な・・・・何言ってんのよ! シンジのくせに!!」
シンジ「あ、やっとその喋り方になったね!」
アスカ「もう・・・・・フフフッ」
シンジ「ハハハッ、そこのカフェでも寄ろうか?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)20:21:14ID:1E5u0o5o
アスカ「・・・元気してた?」
シンジ「うん・・・・なんとかね」
シンジ「アスカの方は元気してた? みんなも・・・・」
アスカ「うん・・・元気・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1359518447/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/30(水)13:00:47ID:JRqlaBew
バンッ・・・バンッ・・
シンジ「・・・リプレイかな・・・」バンッ
スロット「・・・おおあたりいいいい!!!!」
シンジ「・・・当たっちゃった」
僕は碇シンジ、サードチルドレン、人造人間エヴァンゲリオン初号機のパイロットだった。
そう、この情報はすでに過去のものであり、平和に過ごしている僕にとって憧れの存在になっていた。
おかしいと思っている。パイロットになること、元の世界に戻りたいと思うことは、
皆が望む世界を、何からも恐れず、のんびりと平和に過ごす世界を壊してしまうから。
僕の父さん、碇ゲンドウが企んだ人類補完計画は成功している。
そして、その父さんも今や別人のようだった。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/30(水)13:01:27ID:JRqlaBew
スロット「ここまで来るとは結構やるじゃねぇか・・・」
平和な時間を4年過ごして、今はパチスロというものにはまっている。
4年前に真実の翼に出会い、一発でフリーズを引いてしまったのが記憶に新しい。
「また三番目とはね、変わらないなぁ、君は」
デビューとなる筐体は僕に戸惑いを与えた。
「ボーナス確定。おめでとう、碇シンジ君」
筐体からカヲル君がこう言ったのだ。
ケンスケとトウジには聞こえなかったみたいだけど、そうなると僕の脳に直接語りかけたとしか考えられない。
確かめたいだけなのに、いざ探してみるとおいている店が見つからない。
僕はただ真相が知りたいだけなのに・・・。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/30(水)13:02:29ID:JRqlaBew
店員「すみませんお客様、今日はもう閉店なんで、これでゲームの終了お願いします」
シンジ「あ、はい」
シンジ「・・・今日も万枚だ・・・・・・」
なぜかパチスロで負け知らずになっ
続きを読む

[ 閉じる ]
09/04 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/24(日)22:03:20.96ID:2bGwxcea0
とあるカフェ
月「……ふ、なんだい、竜崎。楽しいお茶の時間に……」
L「月くんも分かっているはずです。偽りの友を演じるのはやめましょう」
月「……ふん。キラの話か。証拠もないのに僕をキラなんt」
L「私は月くんが好きです」
月(!?)

続きを読む

[ 閉じる ]
09/04 (19:00) SSなび
9:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/05/13(金)00:36:29.18ID:VcFV0s0k0
アスカ「リツコのレズクラブ!?」
マヤ「そうよ」
アスカ「なによそれ」
マヤ「聞いた事ない?第三の郊外にある『ネコ』屋敷のうわさ」
アスカ「ネコ・・・・・・?」
マヤ「女王に愛してもらいたい女性が集まる、秘密の家があるって」
アスカ「中学生がそんなうわさ知ってるわけないでしょ!で、その女王がつまりリツコなわけ?」
マヤ「ええ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2010/03/04(木)02:03:08.92
ID:ZezC6ZRkO
冬月「………は?」
ゲンドウ「だから行きたくない」
冬月「碇、お前は自分が何を言ってるのか分かっているのか?」
冬月「こんな時にもし使徒が襲来したら…」
ゲンドウ「ミサ……いや、葛城君に任せて下さい」
冬月「碇?碇?」
ツーツーツー
冬月「…………」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357740405/
1:
◆.ABoClzYjg
2013/01/09(水)23:06:45ID:YIm6mXJQ
アスカ「シンジ、起きてる?」
シンジ「…なんだよ、アスカ。こんな時間に…」
アスカ「なんか寝付けないのよ、まだ12時にもなってないわ、アンタも小学生みたいに寝てんじゃないわよ」
シンジ「明日も学校だよ…?」
アスカ「そうねぇ…何がいいかしら」
シンジ(聞いちゃいねー)
アスカ「賭けをしましょう」

2:
◆.ABoClzYjg
2013/01/09(水)23:10:31ID:YIm6mXJQ
シンジ「賭け…?」
アスカ「ちょっとした暇潰しよ、いいでしょ、アンタどうせ暇なんだから」
シンジ「暇っていうかこれから寝るんだけど…」
アスカ「いいの!じゃあ賭けるもの決めるわよ」
シンジ「…ウン」
アスカ「負けた方が恥ずかしい話を一つ」
シンジ「えーっ」
アスカ「勝負は冷蔵庫でね!」
3:
◆.ABoClzYjg
2013/01/09(水)23:18:38ID:YIm6mXJQ
シンジ「…どうやるの?」
アスカ「私が冷蔵庫の扉を少しだけ開けて底から腕を入れるわ、そこで私が掴んでいるのがミサトのビールかそれ以外かを当てるのよ」
シンジ「よくそんな事思いつくね…」
アスカ「」ガバッ
アスカ「」シュッ
アスカ「掴んだわ!隙間から覗き込んじゃダメよ!さあ当てて」
シンジ(冷蔵庫は僕の管理下にあると言っていい、この家の台所事情は僕が回してるようなものだし)
シンジ(今日ミサトさんが晩酌で空けたビールは2、3本だ。冷蔵庫の中にはまだ残りのビールが入っているはず)
シンジ(今日夕飯の支度で冷蔵庫を開けた時には八缶入りのケースが丸々一つあったんだから…)
4:
◆.ABoClzYjg
2013/01/09(水)23:23:46ID:YIm6mXJQ
シンジ(パックになってる厚紙を破いてバラしているはずだから、恐らく扉裏の飲料ポケットに残
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1354660502/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/05(水)07:35:02ID:Z5T2cAgU
シンジ「シンちゃん!」
アスカ「あ、アスカ…」
レイ「レイの…」
シンジ「お料理?♪DENDEN!!」
BGM(デンッデンッデンッデンッパッパ?デンッデンッデンッデンデパ?ン♪
シンジ「はいっ!というわけで頑張って行こうね!アスカ!綾波!」
アスカ「なんでアタシが…」
レイ「ええ…」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/05(水)07:59:52ID:nZfwJsGk
ラジオのような雰囲気だな
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/05(水)08:09:05ID:Z5T2cAgU
シンジ「アスカ…ちょっと聞きたいんだけど」
アスカ「ぁにょ?」
シンジ「アスカってさ…ミサトさんの事どう思う?」
アスカ「そうねぇ…まあいいヤツじゃない?NERVの中じゃ一番話しやすいし…」
アスカ「でもまぁ…大人の女じゃあないわね?家事も料理も出来ないし酔っ払ってばっかだし私生活はダメダメよね。
丸でダメな大人ね、
略してマダオね、ミサトは」
シンジ「アレ、14年後のアスカだよ」
アスカ「はぁぁぁっ!?」
シンジ「アスカも料理も家事もしないじゃないか…」
アスカ「アタシは出来るけどやんないのよ!」
シンジ「絶対ビール好きになるし」
アスカ「ならないわ!!」シンジ「貴方はなるわ…ゲルマンだもの…」
アスカ「ファースト風にドイツ人への偏見語るな!」
シンジ「というわけでアスカもミサトさんのように寂しい生活になります」
アスカ「アタシの話聞いてる?ねぇ?」
シンジ「しかし僕はアスカに幸せになって欲しいんだ!!!」
アスカ「え…」
シンジ「だからアスカに花嫁修行として料理を教えようと思います」
アスカ「は、花嫁って…バカシ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358464042/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)08:07:22ID:u78LXl0k
シンジ「何をして暇つぶそうかな」
>>直下

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)08:08:39ID:u78LXl0k
スレタイ激しくミスったけど続けるわ SS速報な 以下修正していく
安価下
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)08:15:39ID:9LcsWN/6
補完
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)08:18:20ID:u78LXl0k
シンジ「不十分な部分を補って、完全なものにしよう でもなぁ
     一体誰の何を補完すればいいのかな?」
シンジ「補完したいと思うこの欲求を僕は何にぶつければいいんだろう」
>>直下
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)09:06:52ID:dp3osklY
ゲンドウ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/01/14(月)06:37:59.01
ID:4+CKtbn30
アスカ「・・・」
アスカ「これって・・・私の事言ってるの?」
アスカ「気に入らないわね!!編集部に文句言ってやるわ!!」
アスカ「その前に・・・」
アスカ「シンジッ!!ちょっと来なさい!!」
シンジ「なんだよアスカ・・・焦げちゃうよ・・・」
アスカ「抜き打ちテストぉおおお!!」
シンジ「えっ!何のだよ!!?」
アスカ「言わないから抜き打ちなのよ!!バカ!!」
シンジ「酷いなぁ・・・」
アスカ「2択問題!!問題数は気分で決めるわ!!」
シンジ「はぁ・・・どうせ拒否権はないんでしょ?」
アスカ「正解!!いくわよ!!」
シンジ「どうぞ・・・」
アスカ「今から見せる二つの仕草で、いいなと思う方を答えなさい!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。