SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
オリジナル
タグ一覧の表示
<<
2018年05月
>>
272件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526799609/
1:
◆xGZ8epJNzU2018/05/20(日)16:00:09.69ID:gNZChRei0
ある日、男は決心した。
「歩こう……どこまでも、どこまでも」
男は歩き始めた。

2:
◆xGZ8epJNzU2018/05/20(日)16:03:09.70ID:gNZChRei0
男が歩いていると、ある夫婦が喧嘩をしていた。
「ふざけるな! なんて身勝手な女だ!」
「あなたこそ! 男として見損なったわ!」
散々罵り合い息切れする二人のもとに、男が歩いてきた。
そして――
3:
◆xGZ8epJNzU2018/05/20(日)16:06:04.91ID:gNZChRei0
「お二人ともすごい汗ですね。もしかして、よほど歩いたんですか?」
それだけいうと、とっとと歩いていってしまった。
取り残された夫婦はというと、
「なんか、バカらしくなっちゃったな」
「私たちも散歩でもする?」
「そうだな……」
仲直りするしかなかった。
4:
◆xGZ8epJNzU2018/05/20(日)16:09:12.90ID:gNZChRei0
男はある村にたどり着いた。
そこでは村民同士が村の行く末について論じていた。
「この村をもっと栄えさせるため、開発を進めるべきだ!」
「いや、歴史のあるこの村は、ありのままの姿で残すべきだ!」
どちらの言い分も一理ある。
男はかまわず歩を進めた。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/08/01(金)23:03:14ID:ZviSq3wY
男「人参アナニー?」
友「ああ!人参で快楽を得る…なんて斬新な発想なんだ!」
男「また変なもんに興味を持ちやがって…」
幼馴染「あのね…一応私は女なんだからそっち系の話はやめてよ」
友「バカ野郎!探究心にそっちもあっちもあるか!」
幼馴染「イカれてるね」
男「これで100年に1人の天才っていうんだから世も末だよなぁ…」
友「人参アナニー…あぁ、一体どんな快楽を得られるのだろうか?想像も出来ない…」
友「と、いうことで二人とも頼んだぞ」
男「…はあ?」
幼馴染「わ、私達がやるの!?」
友「当たり前だろ」
男「当たり前じゃねぇよ!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/01/30(月)21:52:04.710
ID:IkhR9MI+0.net
―料亭―
成金「ハーッハッハッハ! 今日も飲んだ飲んだ! 高級酒ばかりをな!」
成金「ほら、100円札だ! 受け取れ、女ども!」バサッ
キャーキャーッ!
部下「成金様、そろそろお時間です」
成金「うむ、そうだな」
成金「では女中君、靴を用意してもらおうか」
女中「は、はい……」
引用元:

成金「どうだ明るくなったろう」女中「まだ暗いです……」 


成金青春経済小説
postedwith
amazletat18.05.19
徳間書店(2013-07-01)
売り上げランキング:2,943
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/05/10(土)20:12:50ID:LQl7tJ2A
キーンコーンカーンコーン
先生「よし、これで今日の授業は終わりだ」
キリーツ
レーイ
アリガトウゴザイマシター
先「はい、ありがとうございました。今日も一日お疲れさん」
女「あの、先生、質問があるんですけど」
先「ん?女ちゃんか、珍しいね。授業が分かりにくかったかな?」
女「いえ、授業の事ではないんですが…」
先「じゃあ恋愛相談?先生に相談するなんて、女ちゃんは見る目があるねえ」
女「先生にだけは恋愛相談なんてしません。先生ができるのは数学だけでしょう?」
先「女ちゃん、優等生なのに意外とキツイことを…まあいいや。質問は塾の問題とか?」
女「いえ、『アキレスと亀』という問題です」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
SS速報VIP:男「歩こう……どこまでも、どこまでも」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526799609/
1:
◆xGZ8epJNzU2018/05/20(日)16:00:09.69ID:gNZChRei0
ある日、男は決心した。
「歩こう……どこまでも、どこまでも」
男は歩き始めた。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1526799609

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/01/18(水)21:03:40.939
ID:bNMHaVkW0.net
<大学>
就活生「失礼します」
ライバル「教授、今日はゼミもないのに、一体なんの用っすか?」
教授「君たちももうすぐ四年生になる……そろそろ就職活動の時期だろう?」
ライバル「まあ、そうっすね」
就活生「まだ何もしてませんけどね」
教授「今時の就職活動には“パートナー”が必要不可欠だ」
就活生「パートナー?」
引用元:

就活生「潤滑油、君に決めた!」潤滑油「ジュンカッチュー!」 


KURE(呉工業)スーパー5-56(70mlDSP付き)[HTRC2.1]
postedwith
amazletat18.05.19
KURE(呉工業)
売り上げランキング:96
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1444291205/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/08(木)17:00:05ID:7kKCdbBY
ホトトギス「どうした? 俺を殺すんじゃなかったのか?」
信長「くっ……!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/08(木)17:01:20ID:7kKCdbBY
信長「わしの刀が通じないとは……なぜだ!?」
ホトトギス「どうやらここまでのようだな……」
ホトトギス「死ねいっ! 信長っ!」バババッ
信長(や、やられるっ!)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/08(木)17:02:48ID:7kKCdbBY
秀吉「させるかぁっ!」シュバッ
ホトトギス「ちっ、邪魔が入ったか!」ババッ
秀吉「大丈夫でございますか、信長様!」
信長「おおっ! 猿よ、かたじけない!」
家康「……」ニヤッ
信長「貴様は家康か! よくぞ駆けつけてくれた!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/08(木)17:03:55ID:AX7qnU5.
ワロタ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511604874/
1:
◆7M0syXftfg
2017/11/25(土)19:14:35.07ID:NeabYp2l0
男「ここは一体?」

2:
◆7M0syXftfg
2017/11/25(土)19:18:06.74ID:NeabYp2l0
催眠術師「やあ、元気かな男君」
男「俺を縛ったのはお前か?」
催眠術師「ま、そうだね。今日から君は私の奴隷さ」
男「何勝手な事____」
催眠術師「じゃあ、君の最後の記憶を思い出してごらんよ」
3:
◆7M0syXftfg
2017/11/25(土)19:24:15.31ID:NeabYp2l0
男(俺はあの日、絶望していた。会社が倒産したのだ)
男(家で悲しみに暮れていた)
男(しかし、不幸とは連鎖するもので、何者かに家が放火された)
男(そして、そこで火に飲まれてしまった)
催眠術師「身寄りのないやつを生かしてやる代わりに奴隷にする」
催眠術師「...っとそうだ。言い忘れていたがここは私の研究所だ」
男「研究員はお前一人か?」
催眠術師「随分嘗めた口を聞く物だ。ここには私しかいない」
4:
◆7M0syXftfg
2017/11/25(土)19:30:47.14ID:NeabYp2l0
催眠術師「では早速実験だ」
男「くっ...」
催眠術師「私は催眠術が得意でね」
催眠術師「ここもその為の研究所さ」
催眠術師「どんな催眠にしようかな?」
5:
◆7M0syXftfg
2017/11/25(土)19:33:45.73ID:NeabYp2l0
下2>>かける催眠
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/25(土)19:40:24.35ID:dLgk1F940
ハーレムの主だと思わせる

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1444195972/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/07(水)14:32:52ID:DGG48byc
男「Zz」
サキュバス「うっわ寝顔ぶさっ…しかもいびきうるさいし…まあいいや、暇だからこいつ奴隷にしちゃお」
サキュバス「ねぇ…起きて…起きてよ…」ゆさゆさ
男「…ん」
男「…誰?」
サキュバス「ふふ…私はサキュバス。そんな事より楽しみましょう…?」たゆん
男「…?ああ夢か…」
サキュバス「まあそれでも構わないわ…。ん…もう硬くなってる…ふふ、溜まってたの?」
男「ションベンしたいだけだと思う」
サキュバス「……」
男「さすがに寝ションベンはしたくないから退いてくれる?」
サキュバス「あ、はい」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/07(水)14:33:32ID:DGG48byc
男「スッキリした。…トイレ行って気付いたけどこれ夢じゃないよね?」
サキュバス「ふふ…そんな事気にしなくていいじゃない…私の身体、自由にしていいのよ?」たゆん
男「…うーん…」
サキュバス「ふふ、何を戸惑ってるの?もしかして緊張してる?」
男「いや、オナ禁してないから…期待に添えないと思う」
サキュバス「…?まあいいわ…私が快楽に溺れさせてあ・げ・る」
男「よろしくお願いします」
サキュバス「じゃあアレを出して?」
男「うす」
サキュバス「あらあら、もう硬くなってるじゃない…」
男「自分も男ですから」
サキュバス「ふふ…正直な子。それじゃいっぱいしゃぶってあげる…♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1444123329/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/06(火)18:22:09ID:9W/8lew.
<城>
姫「まあっ、私に家庭教師を?」
国王「うむ、お前にもそろそろ必要かと思ってな」
姫「ちなみに、どんな方が来るの?」
国王「騎士だ。それも騎士団で選りすぐりの人物で――」
姫「まぁ、嬉しいっ!」
国王「文武に長けており――」
姫(ああっ、姫と騎士……めくるめくロマンスの予感……)
国王「もしもし? 聞いてる? もしもーし」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/06(火)18:27:14ID:9W/8lew.
姫(ああ……騎士ってどんな方なのかしら?)
姫(きっと、素敵な方にちがいないわ)
姫(お勉強を優しく教えて下さり、時には剣を振るってみせてくれたり)
姫(時には、ダンスのリードなんかもしてくれたりして!)
姫(さらには夜のリードまで……)
姫「きゃっ!」ポッ…
姫「私ったら、なんてはしたない女!」タタタッ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/06(火)18:29:03ID:9W/8lew.
ドンッ!
姫「いたた……」
使用人「申し訳ありません、姫様っ!」
姫「もう、どこを見て歩いてるのよ! あなたには目がついてないの!?」
使用人「いえっ、不注意で……!」
姫「まったく、クビにされたくなきゃ、もっとしっかりしてちょうだい!」
姫「これから、私にはロマンスが始まるのだから……!」 
使用人(ロマンス……?)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/06(火)18:32:33ID:9W/8lew.
数日後――
騎士「はじめまして、姫様」
騎士「本日から家庭教師をさせて頂くことになりました。よろしくお願いします」
姫「こちらこそ」
騎士「ところで、さっそくで恐縮なのですが、敬語で教師はやりにくいのです」
騎士
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443527875/
1:
HAM◆HAM/FeZ/c2
2015/09/29(火)20:57:55ID:9M3gzuQk
きれいな瞳をしたその彼女は、名前をリューといった。
出会う前からその名前を知っていた。
周りのみんながそう呼んでいたから。
だから、僕も彼女を「リュー」と、そう呼んだ。
気持ちを込めて。
僕が呼ぶと、こちらを向いてにっこり笑った。
僕は、意味もなく彼女の名前を呼ぶのが好きだった。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/29(火)21:04:00ID:9M3gzuQk
・ほぼ地の文
・一部明言されていない設定がありますが、お好きなイメージでお読みください
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/29(火)21:08:05ID:9M3gzuQk
彼女は出会ったときから、僕よりもずっと早くその命を燃やしていた。
僕がおかしいのか。
彼女がおかしいのか。
それが僕にはよくわからなかった。
周りのみんなは僕と同じスピードで生きていたから、たぶん彼女が特別なのだろう。
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/29(火)21:14:06ID:9M3gzuQk
僕らと彼女の食事は違う。
彼女用の食事は、決められた時間にトレーに乗ってコンベヤから運ばれてくる。
彼女は朝と夜、一日に二度食事を摂らなければならない。
それは不便だと、僕は思う。
僕らの食事は、夜に摂るだけだ。
それで次の日まる一日、十分に活動できる。
そういう風にできている。
彼女の分の食事は、まだあまり発達していないのだろう。
可哀想に。
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/29(火)21:23:09ID:9M3gzuQk
ある日、彼女の体が汚れたので、僕が風呂に入れてやることになった。
外では雨が降っていたのに、なにも身に着けずに出て行ったそうだから。
それは、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2017/06/1420:25:48.
736
8s/QUmdB0
1/59
冒険者
「相棒の>>9を腰に差して、と…行くぜ」フッ
元スレ
冒険者「俺はさすらいの冒険野郎さ。今日の仕事の依頼は>>5か」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1497439548/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
◆516.8uHAfU
:2018/05/01(火)00:00:28.28:
LzerSNmTo
・DokiDokiLiteratureClub!のSSです。
・ネタバレ・陰惨な描写があるので閲覧注意。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2011/08/29(月)13:36:56.12
hp8VdakV0
1/63
―――深夜 廃ビル
少女霊
「ふわぁぁ……おはようございまーす」
幽霊
「おう、起きたか」
少女霊
「今日も静かでいいですねぇ」
幽霊
「そうだな……もう夏休みも終わりだから、肝試しに来る子どももいない」
少女霊
「やっぱり、こうして静かな夜は最高ですね」
幽霊
「全くだ」
ゾンビ
「すっげ!すっげ!!日本やべえ!!」
ゾンビ
「貨物船に密航した甲斐がありましたな!!」
ゾンビ
「ねえねえ、私達の拠点どこにする?」
ゾンビ
「そうだな……あ、あの廃ビルなんていいんじゃないの?」
ゾンビ
「雰囲気、出てますなぁ」
ゾンビ
「ふふ……我々の野望はあの廃ビルから始まるのですね」
ゾンビ
「おーし、じゃあみんな、人間に見つからないように移動すっぞ」
ゾンビ
「うーっす」

元スレ
幽霊「ゾンビ!?」ゾンビ「幽霊!?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1314592616/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2017/06/1521:52:44.
789
q1r6v59W0
1/40

「きっといい気持ちだぜ」
元スレ
男「>>2でオ○ニーでもすっかぁ」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1497531164/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/07/19(土)18:39:57ID:HmLxO4W6
友「ずっと好きでした」
男「は?」
友「付き合ってください」
男「................つぅ?わけよ.....」
幼馴染「へぇ、よかったじゃん。付き合うの?」
男「よくねぇし付き合わねぇよ........」
幼馴染「は?なんで?」
男「だってさぁ............」
男「友って男だぞ........?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2016/10/18(火)00:12:02.018:
QBHdd98Y0.net
―コンビニ―
チャラ男「ったく、あのクソ野郎がよぉ?!」
DQN「マジかよ! んなもんブン殴れや!」
不良「ハハハ……」
上司「最近のコンビニって、ああいうスペース増えたよねえ」
上司「買ったものを店内で食べていいですよ、みたいな」
部下「ええ、イートインっていうらしいですけど」
地味娘「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/05/08(木)09:38:27ID:rS9QOn9s
男「厳しい修行を積んだこの塾からも、この最終試練さえ突破すれば卒業なんだな」
女「ええ…」
男「だが、ここでまさかお前と向き合う事になるとは予想しなかったぜ」
女「…そうかしら、私は分かっていた気がする」
男「ほう…?」
女「貴方はこの塾の門下生の中で、抜きん出た存在だったから」
男「そうか…お前も俺を、そう評してくれていたとはな」
女「お前『も』…?」
男「皆までは言うまいよ、俺は全力をもって女…お前を倒す」
女「…そうね、続きは床に這いつくばった貴方の口から聞くのも、悪くはないわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2017/06/2821:46:38.
623
hpBTJwmM0
1/55
第一話『原っぱの最強コンビ』
<原っぱ>
カマキリ
「腹に入ったか?」
ハリガネムシ
「入ったっす!」
カマキリ
「よし……動け!」
ハリガネムシ
「おうっす!」ウネウネグネグネ
カマキリ
「ああああああ……ギッ、ギモヂイイッ!」ビクビクッ
カマキリ
「腹ん中で異物がうごめくこの感覚、たまんねぇな……」ハァ…ハァ…
カマキリ
「よし、体から出ろ」
ハリガネムシ
「はいっす」グネグネ
ハリガネムシ
「ったく、あんたはホントド変態っすねー」
ハリガネムシ
「ハリガネムシに寄生されて気持ちよくなるカマキリなんて他にいないっすよ」
元スレ
カマキリ「いくぜっ、相棒!」ハリガネムシ「おうっす!」ウネウネ
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1498653998/
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:2014/07/28(月)00:21:08.03:
CT6adnHaO
湘北高校入学
桜木「どうするよオメーら!今日は屋上でメシ食わねーか?」
桜木軍団「そうだな、行ってみようぜ!」
ガチャ
水戸「ん、なんか誰か寝てるぞ」
大楠「テメエ邪魔だぞどけ」ドカッ
??「‥テメエか今蹴ったのは」
ドスっ
水戸「大楠に何をする?!
誰だテメエ!」
流川‥「1年10組流川楓だ
何人たりとも俺の眠りを妨げる奴は許さん‥!」
桜木「‥モロ好みだ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443956814/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/04(日)20:06:54ID:3BiDVde.
<会社>
課長「なんだね、この報告書は!?」
俺「どこか問題がありましたか? きっちり書いたつもりでしたけど……」
課長「ごちゃごちゃと色々書きすぎてて、結局何があったのかが全然分からん!」
課長「君の個人的感想など、誰も求めてないんだ!」
課長「取引先でどういうことがあったか、事実だけを書きたまえ! 事実だけを!」
俺「はい……申し訳ありません。すぐ書き直します……」
課長「まったくもう……」ブツブツ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/04(日)20:09:10ID:3BiDVde.
先輩「お前、また課長に怒られたのか?」
俺「はい……報告書の書き方がなってない、と」
先輩「どれどれ」スッ
先輩「たしかに……こりゃちょっとひどいな」
先輩「今までは込み入った商談とかなかったから、我流で何とかなったんだろうけど」
先輩「本とかで、ビジネス文書の書き方をちゃんと勉強した方がいいぞ」
俺「そうですね……そうします」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/04(日)20:11:18ID:3BiDVde.
先輩「お前たちの世代も、そろそろ同期同士でちょっとずつ差がついてくる頃だ」
先輩「あんまりぼやっとしてると、みんなに置いてかれちまうぞ」
先輩「お前がダメだと、俺の評価まで下がっちまう。もっとしっかりしてくれよな」
俺「はい……すみません」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/04(日)20:13:03ID:3BiDVde.
俺「よし、できた! もう一度、課長に提出しよう!」
俺「先輩、課長はどこにいますか?」
先輩「課長? 今、どっかのお客さんと応接室にいるはずだけど」
社員「た、大変だ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443716915/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/02(金)01:28:35ID:nwm64.FQ
― 青年の自宅 ―
母「遅刻しちゃうわよ! ほら、着替えて!」
青年「うるっせえなぁ……分かってるよ」
母「んもう、なんなの! その口のきき方は!」
父「今日は魔法の授業はあるのか?」
青年「……あるよ」
父「そうか! 魔法使い――おっと、今は賢者だったか。
  あいつによろしくな!」
青年「…………」プイッ
妹「お兄ちゃん、いってらっしゃーい!」
青年は妹に軽く手を振ると、カバンを持って学校に出発した。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/02(金)01:32:29ID:nwm64.FQ
― 学校 ―
教室にて、魔法知識に関する授業中――
青年「でさぁ……」ボソボソ…
友人「へぇ?、マジで?」ヒソヒソ…
賢者「そこの二人……私の授業はそんなにつまらんか?」
青年&友人「!?」ビクッ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/02(金)01:35:11ID:nwm64.FQ
賢者「お前たち、授業というものは静かに聞くものだ」
賢者の冷たい迫力に、たじたじになる問題児二人。
青年「すっ、すみません……」
友人「静かにしてます……」
賢者「特に……」チラッ
賢者が青年に目を向ける。
賢者「お前の父上は、あの勇者さんなのだぞ?
   お前もあの人のような、立派な人物にならねばならん」
賢者「だから授業はマジメに聞け。分かったな?」
青年「はぁ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443698213/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/01(木)20:16:53ID:zXZBkbhg
ワァァァ…… ワァァァ……
サッカー選手「よし!」パシッ
敵選手A「ああっ!」
敵選手B「しまった! 止めるんだ!」
実況『さぁ、パスが通った! ここからどう攻めるか!』

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/01(木)20:19:12ID:zXZBkbhg
敵選手A「させるかっ!」シュザッ
サッカー選手「!」
敵選手A(よし、うまくボールだけを蹴り飛ばせた!)
ドサッ……
サッカー選手「ぐわあぁぁぁぁっ……!」ゴロゴロ
敵選手A「え!?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/01(木)20:21:46ID:zXZBkbhg
サッカー選手「あぐぅぅぅ……!」ゴロゴロ
サッカー選手「ぐあっ! あがぁぁぁぁっ!」ゴロゴロ
敵選手A(いやいやいや! 今のは足に当たってねえだろ!)
実況『あーっと、これはいけません! スライディングが足に当たっていたようです!』
実況『大丈夫でしょうか!?』
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/01(木)20:24:13ID:zXZBkbhg
サッカー選手「ぐああっ……! いでぇぇぇっ……! 足がぁぁぁっ……!」
審判「……」サッ
敵選手A「なんだとぉ!?」
実況『イエローです! イエローカードが出ました! これは当然といえるでしょう!』

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443543947/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/30(水)01:25:47ID:TSgmxvqY
下駄箱――
少女「ねえ、一緒に帰ろ!」
少年「うん!」
少年「…………」キィィ…
少年(あれ……靴がない!)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/30(水)01:28:24ID:TSgmxvqY
少年「…………」
少年(こんなことするのは……きっと、あいつだ! あいつしかいない!)
少女「どうしたの?」
少年「ちょっと忘れ物しちゃったんだ!」タタタッ
少女「ふうん。じゃあ私、先に帰ってるね」
少年「ごめんね!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/30(水)01:29:52ID:TSgmxvqY
教室――
いじめっ子「よぉ、待ってたぜ」
少年「靴を隠したのは、お前だな? 靴を返せ!」
いじめっ子「へへへ、いやなこった!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/30(水)01:31:32ID:TSgmxvqY
俺はすかさず懐からトカレフを抜いた。
少年「返せ」チャッ
いじめっ子「は……? へへへ、そんなモデルガンでビビるとでも――」

パァンッ!

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443112639/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/25(金)01:37:19ID:.Nm7Dek.
男「せっかくこんな能力を得たんだ。ちょっと試してみるか……」
男「“アルミ缶の上にあるミカン”」
ボワンッ!
男「うわっ、ホントに出た!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/25(金)01:39:30ID:.Nm7Dek.
男「どれ、せっかく出たんだから……このミカン、食べてみるか」ペリッ…
男「……」パクッ
男「うっ、うまい!」
男「あらためて食べると、ミカンってこんなにおいしい食べ物だったんだなぁ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/25(金)01:43:33ID:.Nm7Dek.
男「結局、一つ食べただけじゃ物足りなくって、いっぱい買ってきちゃった」
男「ミカンってあんまり食べると手足が黄色くなるっていうけど」パクパク
男「やめられない、止まらないなぁ」パクパク
男「ミカンだけに未完ってか」ハハッ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/25(金)01:46:52ID:.Nm7Dek.
いてもたってもいられなくなったオレは、さっそくミカン農家のもとを訪れた。

男「こんにちは!」
農家「こんにちは」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2018/05/1720:01:22.53
8qfbrr0j0
1/19
職人
「俺の伝統工芸を学びたいだぁ?」

「はい」
職人
「今までもそんな奴らが大勢やってきた。だが、みーんな辞めちまった!」
職人
「口ばっかり達者で、根性なんか欠片もない連中ばかりだった!」
職人
「どうせお前もそうなんだろうが!?」

「頑張ります」
職人
「ふん、いいだろう。ただし、仕事は見て覚えやがれ!」

「分かりました」
元スレ
職人「仕事は見て覚えやがれ!」男「分かりました」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526554882/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431084933/
1:
◆NL8WvejZ.U2015/05/08(金)20:35:43.06ID:2uWh54VNo
R-18
ラブコメ?モノです
素人ナンパモノのパロです

2:
◆NL8WvejZ.U2015/05/08(金)20:36:39.09ID:2uWh54VNo
戦士(カメラマン)「もしかして魔王ですか?(笑)」
魔王「私が魔王だが……、何用だ?」
勇者(AV男優)「ちょっとお時間とらせないんで?」
魔王「何用だと聞いている」
戦士(カメラマン)「魔王ってとても強いらしいじゃないですか?」
戦士(カメラマン)「なのでちょっとお力を見せて欲しいんですよ(笑)」
魔王「……」
勇者(AV男優)「もちろん謝礼もありますから」
テロップ「王家に伝わる神器を見せる」
魔王「構わんが、後悔するなよ」ニタァ
勇者(AV男優)「じゃあ早速城の方案内しますんで?、ついてきて下さい」
 カメラ暗転
3:
◆NL8WvejZ.U2015/05/08(金)20:37:18.22ID:2uWh54VNo
テロップ「城に入った3人」
勇者(AV男優)「魔王さん連れてきましたー」
魔王「私が魔王だ」
魔導士(小道具)「はあっ(棒読み)」シュイイイイイイン
魔王「ぐっ……」
魔導士(小道具)「皆さんもう大丈夫ですよ?(歓喜)」
遊び人(脚本家)「さすが魔導士さん毎度手際いいっすね?」
王様(監督)「上玉じゃないか、勇者君」
騎士(音響)「では改めて拘束魔法の調整お願いしまーす(笑)」
???「すいません、遅れました?」
魔王「側近! 側近じゃないか! 助けてくれ!」ナミダメ
4:
◆NL8WvejZ.U2015/05/08(金)20:39:59.00ID:2uWh54VNo
側近(AV男優)「あ、ここに来てたの魔王様だったんすね?(笑)」
魔王「くっ……、何で……! 裏切るのか!」
側近(AV男優)「大丈夫大丈夫、そういうのじゃないっすから!」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆V8sXpCx25w-
2018/05/1618:08:43.64
qsiVow/Y0
1/22
部下
「じゃあなんで叱るんですか?」
部下
「今日は大事な日なんで、説教なんてちゃちゃっと終わらせて欲しいんですけど」
課長
「…………!」
課長
「いいだろう、答えてやる」
課長
「俺がお前に抱いてる感情は、“憎い”などという生易しいものじゃないんだ」
部下
「はぁ……?」
課長
「あえていうなら、“超憎い”といったところか」
部下
「すんません、俺、課長になにかしましたっけ?」
課長
「したさ……」

元スレ
課長「いいか? 俺はお前が憎くって叱ってるわけじゃないんだ……」部下「はぁ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526461723/
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/03/04(金)02:02:41.46:
ojTdloFRo
HP「ゲームで一番重要な数字はオレだろ!」
攻撃力「なんで?」
HP「だってオレがゼロになったら、そのキャラは死亡するか戦闘不能になるんだぞ」
HP「つまりゲームのプレイヤーに一番気にかけてもらってるのはオレなんだからな!」
攻撃力「いやいや、そんなことねえよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/09(水)20:38:16.23ID:WG0nC0slO
事態の発端は先週に遡る
男「なぁ」ガララ
幼馴染「なんで窓際から話しかけてくるんですか」
男「いいじゃん隣なんだし」
幼馴染「…で、なんですか?」
男「俺さぁ…決めたよ」
幼馴染「?何をです?」
男「ヤンデレって…いいよね」
幼馴染「は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。