SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
オリジナル
タグ一覧の表示
<<
2019年06月
>>
364件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1340892033/
1:
◆L0dG93FE2w
2012/06/28(木)23:00:33ID:te7qunR2
幼「何か言いたそうだったじゃねえか」
男「別になんでもないってば」
幼「ウソつけよ、言いたい事はっきり言えよ!」
男「…じゃあ、何でいつもジャージなの?」
幼「あん?動きやすい様にだよ、決まってんだろ」
幼「今さらな質問だなぁ、それ」

2:
◆L0dG93FE2w
2012/06/28(木)23:01:16ID:te7qunR2
男「…何でいつも動きやすい格好をしてるの?」
幼「いつ敵が襲って来ても、迎撃出来るようにだよ」
幼「いつもそうしてるだろ?」
男「幼、危ない事、やめた方がいいと思うよ」
幼「…んだよ。アタシがどうしようが男には関係ねーだろ?」
幼「それに、空手黒帯のアタシが負ける訳ねーだろ」
男「…」
幼「心配すんなよ、男。アタシは無敵だ。誰にも負けねぇよ!」
男「…はぁ」
3:
◆L0dG93FE2w
2012/06/28(木)23:02:07ID:te7qunR2

ヤンキー女A「おい、てめぇが幼って奴か?」
幼「あ?誰だお前」
ヤンキー女B「ププッ。噂通りのジャージ姿だな!」
幼「どうやら、死にたいみてぇだな…」
ヤンキー女C「噂じゃそこの高校の番長なんだって?」
4:
◆L0dG93FE2w
2012/06/28(木)23:02:54ID:te7qunR2
幼「なんだ、番長って。アホか」
ヤンキー女A「お前、評判になってるんだぜ?」
幼「評判?どんなだ?」
ヤンキー女B「てめえの学校の番長様が、女にやられた…ってね」
幼「番長?誰の事だ、そりゃあ」
男「…幼、ちょっと、こっちに」
幼「あんだよ、言いたい事あるなら言えよ!」
5:
◆L0dG93FE2w
2012/06/28(木)23:03:39ID:te7qunR2
男「…先週、ほら…幼が、蹴っ飛ば
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/06/26(火)17:55:46.587:
/hfXQgb00.net
ギルドの姫「それ私2週間かけても出なかったんですよぉ」
ギルドの姫「いいにゃー。いいにゃー」
ギルドの姫「誰か親切な人がくれたら私も装備つよくなってもっと戦えるのになー」チラッ
喪まいら「
>>4


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1341148496/
1:
◆L0dG93FE2w
2012/07/01(日)22:14:56ID:RvYos/7M
幼「失礼だろう、男!」
幼「親しき仲にも礼儀あり、だ!」
幼「幼馴染の私に向かって、馬鹿とはなんだ、馬鹿とは!」
男「…あ、あのさ幼…」
幼「何だ?言ってみろ!」

2:
◆L0dG93FE2w
2012/07/01(日)22:15:25ID:RvYos/7M
幼「容姿端麗!冷静沈着!」
幼「成績は常に学年1位!」
幼「運動神経は抜群!」
幼「人望も厚く、常にクラス委員!」
幼「そんな私を捕まえて、馬鹿だと?」
幼「まったく!幼馴染じゃなければ、蹴りの一つもくれてやる所だ!」
男「…」
3:
◆L0dG93FE2w
2012/07/01(日)22:16:13ID:RvYos/7M
幼「何だ、本当の事を言われて、絶句か?」
男「…まぁ、何ていうかさ」
幼「何だ?」
男「落ち着けよ、幼」
幼「私は落ち着いている!」
幼「冷静沈着と言っただろう!」
男「今、結構熱くなってるよ、幼」
4:
◆L0dG93FE2w
2012/07/01(日)22:16:46ID:RvYos/7M
幼「男が急に変な事を言うからだろう!」
男「まぁ、突然馬鹿って言ったのは悪かったよ」
幼「わかれば良いんだ、わかれば」
男(…でもなぁ)
男(歩くの面倒だからって、市内の歩道を全自動にする)
男(って言うのは、ちょっとお馬鹿な子供の考える事だよなぁ…)
5:
◆L0dG93FE2w
2012/07/01(日)22:17:22ID:RvYos/7M



友「今日は暑いなー」
男「そうだなー」
友「しかし次の体育の授業、マラソンらしいぜ?」
男「あー。勘弁して欲しいなー」
友「何の拷問だよって感じだよなー」

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:妹「風が吹けば桶屋が儲かるってどういう意味なんだ?」兄「教えてやろう」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420867994/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/01/10(土)14:33:24.07ID:5Bcc/apT0
兄部屋
男(今日も兄や妹と友の4人で遊んでいると妹が突然兄に聞きだした)
妹「なーバカ兄貴」
兄「なんだ?今お兄ちゃんはリトルマックをボコボコにするので忙しい」
友「お前のマルスなんなんだよチクショーッ!!」カチャカチャ
妹「風が吹けば桶屋が儲かるってどういう意味なんだ?」
兄「ほう、ことわざか…というかバカ呼ばわりしてる俺に聞くのか」
男(兄はゲームを中断すると向き直った)
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1420867994

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1384365827/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/11/14(木)03:03:47ID:MOLAhfoA
幼馴染「なに、急にどうしたの。ついに脳みそが腐ったの?」
男「ついにってなんだよ。いつだってピチピチだよ、鮮度が命だよ、早いとこ食べてくれよ」
幼馴染「ナマモノは痛みやすいからねぇ」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/11/14(木)03:05:15ID:MOLAhfoA
男「で、話戻すけどさ。イチャイチャするってどうすればいいのかな」
幼馴染「彼女でもできたの?」
男「いや、全然」
幼馴染「あ、可愛いあの子は腐りかけの脳内から出て来てくれない病だ」
男「早くお薬ください!!」
幼馴染「ったく。なんでそんなこと私に聞くのよ」
男「いや、彼女が出来たときのために貴重な女子の意見を聞いておきたくて」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/11/14(木)03:06:21ID:MOLAhfoA
幼馴染「んーイチャイチャかー」
男「とりあえずおっぱい揉めばいいかな」
幼馴染「セイセイセイ」
男「HG懐かしい」
幼馴染「発想がハードすぎるって。それイチャイチャじゃないでしょ」
男「じゃあイチャイチャってなんだよ」
幼馴染「えっと、あれよ。手をつなぐとか、抱き合うとか、キスするとか」
男「おっぱい揉むのもイチャイチャじゃん」
幼馴染「おっぱいはイチャイチャって感じがしないんだよなぁ…」
男「うるせぇ!!その無駄にでかい胸は飾りか!?」
幼馴染「飾りだ」
男「す、すごく…大きいです」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/11/14(木)03:07:07ID:MOLAhfoA
幼馴染「なんていうかエロに寄りすぎてる行為は、なんとなくイチャイチャって感じしないかな」
男「うぅむ。奥が深い」
幼馴染「童貞ならではの深さだよ」
男「お前だって処女だろ」
幼馴染「私がいつから処女だと錯覚していた…?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1337954450/
1:
1◆Kp7kkegHpY
2012/05/25(金)23:00:50ID:vphsBwSE
VIPに投下してたんだけど、さるったし水遁食らった。
だからこっちに書いてみる

2:
1◆Kp7kkegHpY
2012/05/25(金)23:02:02ID:vphsBwSE
超空間 勇者の宇宙船
勇者(かっこつけて、あんなこと言わなければよかったな…)
勇者(いくらなんでもあの命令は無茶すぎる)
勇者(どう考えても邪魔者処分を兼ねたいやがらせだろうし…)
――数週間前 銀河王国 王都星――
勇者「戦争が終わった以上、兵士の社会的な保障についてもっと考えるべきです」
貴族「はいはい、分かっておる。今は戦勝ムードなんだ。そんなことを言って水を差さないでくれ」
勇者「今の内からしっかり対策をしておかないと、大変なことになります」
勇者「戦争で精神的な傷を負った兵士をほったらかしにし、何の保障も与えずにいると、
   彼らが自暴自棄になって暴動などを起こすかもしれません。そうなると深刻な治安悪化を招きます」
貴族「ちっ、そんなことは分かっているんだよ。お前に言われなくてもな」
勇者「だったら今すぐにこのことに関する、抜本的な措置を講じてください」
貴族「おい、貴様はいつから私にそんな意見ができるほど偉くなった? この国屈指の大貴族である私にそんな口をきくとどうなるか、
   分かっているんだろうな?」
3:
1◆Kp7kkegHpY
2012/05/25(金)23:02:27ID:vphsBwSE
――数日後 王宮――
国王「勇者よ、卿に特別任務を命ずる」
勇者「はっ!」
国王「卿には初めて聞かせるが、戦争終了後、愚かにも我が領地である惑星で反乱を起こした者どもがいる。
   その賊徒を征伐してまいれ」
勇者「反乱があったのに、ニュースにはなってませんね。どういうことですか?」
貴族「余計な勘繰りはするな! これは国家機密にかかわる事項なん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2008/11/19(水)18:31:50.10
4O+rExSGO
1/63
奴隷
「あ…あの…」
商人
「ん?どうしたの?」
奴隷
「私、やっぱり売られてしまうんでしょうか…」
商人
「うん、とびっきり良い値段で売ってあげるよ」
奴隷
「そうですか…」
元スレ
商人「奴隷ー、奴隷はいらんかねー」
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1227087110/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1339229294/
1:
◆RHhaVvkw1c
2012/06/09(土)17:08:14ID:TRuZyV2Q
妹「は?」
男「え?」
妹「何、高校卒業まで残り二か月のこの時期に厨二病? 遅くない?」
男「厨二病とか言うなし」
妹「じゃあ何なの?」
男「スレタイ」
妹「え?」
男「え?」

2:
◆RHhaVvkw1c
2012/06/09(土)17:11:26ID:TRuZyV2Q
妹「で、結局何がしたいの」
男「さっき言っただろ」
妹「あー、うん」
妹「……確か『テレビとかの媒体からズルズルと這い出たい、3Dで』だっけ」
男「誰が貞子だ」
妹「じゃあ『兄妹で宇宙飛行士になる』だっけか」
男「誰が宇宙兄弟だ」
妹「……『海で保安官をやりたい。そして平穏な海を荒らしているサメを討伐したい』」
男「誰がJAWSだ」
妹「『インキュベーダ―と契約して魔法幼女になってよ!』」
男「お前はどこのQBだ、幼女じゃないし」
男「しかもそれだと俺、起こす側じゃなくて道具側じゃね?」
3:
◆RHhaVvkw1c
2012/06/09(土)17:14:18ID:TRuZyV2Q
妹「んー、ごめん、もうボケが思いつかない」
男「思いつかなくていいよ!そんなことより当初の目的を思い出せよ!!」
妹「『テレビとかの媒体からズルズルとはいd』」
男「それじゃねえ!革命だよ!」
妹「あー、ハイハイ。厨二病ね」
男「はあ……」
男「もういいよ、それで」
妹「で、どんな革命を起こしたいの?」
男「いやー、既存のスレでも言われてる通り、最近のSSって何か、王道を外れたものが多いじゃん」
妹「まぁ、そうしないとネタが切れちゃうからね」
男「うん。でさ、逆にその王道を外れたものが王道になり始めているだろ?」
妹「あー、コップに取っ手を付けたら予想以上に売れて取っ手のついてないコップが廃れちゃう、みたいな?」
男「そんなもんかな
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1340800052/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/27(水)21:27:32ID:UeYvVavg
幼「この魔法陣が完成すれば、もはや我に敵など居なくなる!」
幼「…無限の力が我の物となるのだ!」
幼「クックック…フワーッハッハッハ!」
男「…魔法陣ねぇ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/27(水)21:28:11ID:UeYvVavg
幼「な、なんだ?男よ。」
男「その無限の力とやらを得て、お前は何になりたいんだ?」
幼「我の事をバカにした者共を、皆殺しに…」
男「…物騒だなぁ」
幼「な、なんだ!男はあやつらの味方をすると言うのか!」
男「そんなつもりはねぇよ」
男「ただ、なぁ…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/27(水)21:28:43ID:UeYvVavg
幼「な、なんなのだ!はっきりと言ってみろ!」
幼「下僕の癖に、我に意見する事が出来るのならばな!」
男「俺が、幼の事を馬鹿にした奴らの肩を持つ訳がねぇ」
男「それはわかってるだろ?」
幼「…それはこの第三の眼、暗黒竜の魔眼でお見通しだ!」
男「まぁ、わかってくれてるなら、第三の眼でも何でもいいけどさ」
幼「…」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/27(水)21:29:31ID:UeYvVavg
男「これはちょっと方向性違うんじゃね?」
幼「わ、我は、強くならねばならんのだ!」
幼「ち、力を…得ねば…ならない…のだ」
男「無理するなよ、幼」
幼「む、無理なんて…してない…」
男「俺はわかってるから」
幼「…ま、まさか!お、男も魔眼を?」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/27(水)21:30:14ID:UeYvVavg
男「違う!赤ん坊の頃からの付き合いだからだ!」
幼「…」
男「だから、無理して、強くなんかなら
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1340533342/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/24(日)19:22:22ID:HYrnPNBg
男「えー。何でだよー」
男「今の時期、すげー綺麗に星が見える場所が…」
幼「知ってるわよ」
幼「毎年ウチの家族とと男の家族、みんなで行ってる場所でしょ?」
男「…うん」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/24(日)19:23:06ID:HYrnPNBg
幼「今年はまだ行ってないもんね」
男「だから行こうぜ、2人で!」
幼「断る!」
男「何でだよー」
幼「…」
男「家族とは後日また一緒に行けばいいだろー」
男「あの荘厳な星々は、無くなったりはしないのだから!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/24(日)19:23:42ID:HYrnPNBg
幼「しないのだから!じゃないわよ、まったく…」
男「何で断るんだよー。行こうぜ星を見にー」
幼「断る!」
男「頑なだなー。せっかくの連休なんだからいいじゃんかー」
幼「ズバリ、理由は2つある!」
幼「長い付き合いだから、わかってるわよ、男」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/24(日)19:24:19ID:HYrnPNBg
男「え?な、何が?」
幼「今、何の影響を受けているか…よ」
男「な、何の事かしら?」
幼「キモい」
男「幼馴染に向かって、キモいとは何事か!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1334406092/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/14(土)21:21:32ID:JxphUoqg
少女「困らなくていいです。黙って抱っこ、これがかっこいいのですよ、おにーさん」
男「いや、幸か不幸か俺はかっこよくないので抱っこしません」
少女「私は目がおかしいのでおにーさんがかっこよく見えます。だから抱っこしてください」
男「くそぅ、この娘はちっともくじけやしねえ。しょうがない、おいで」
少女「執念の勝利です! えやっ」ポフリ
男「はいよしよし」ナデナデ
少女「なでなでまで! これは嬉しいサプライズですよ、おにーさん! ナイスガッツ!」
男「はいはい」ナデナデ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/14(土)21:22:04ID:JxphUoqg
少女「はふぅ。おにーさんのなでなでは格別ですね。一生なでられていたいです」
男「そんなことはないと思うのだけど」
少女「いいえいいえいいえ! そんなことなはないことはないのです!」
男「ややこしい」ナデナデ
少女「はふぅ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/14(土)21:27:25ID:JxphUoqg
少女「つまりですね、おにーさん。おにーさんになでられると、天にも昇る気持ち、ということなのです。あ、この天にも昇るとは、比喩表現なのでそこを勘違いされると困ります」
男「そんな注釈はいりません」
少女「じゃあどんどん勘違いしたらいいじゃないですか!」
男「怒りのツボが分からん」
少女「女の子は怒りっぽいんです。カルシウムが足りないんです。骨を食べたいです、わんわん」
男「犬なの?」
少女「可愛い女の子です」
男「なるほど」ナデナデ
少女「ふにゃー」
男「猫だったか」
少女「可愛いので間違うのも仕方ないかもしれませんが、人です」
男「怪しいものだ」ナデナデ
少女「ふにゃー」
4:
以下、名無
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2015/08/18(火)19:08:17.108ID:zGpe6XmF0.net
勇者「今夜の宿もない…」
勇者「こんな見知らぬ街でどうしよう」
勇者「僕のもちものを売るにしても…」
【もちもの】
・鉄の剣
・旅人の服
・下着
・皮の靴
・食べかけのパン
・飲みかけの水
勇者「なにも売れるものがない…」ガクッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1340700701/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/26(火)17:51:41ID:vK9OXrjg
友「誰が?」
女「男くんです」
女「カッコいいのです」
友「うーん…地味じゃない?」
女「そんなことないのです」
女「カッコいいのです」
友「じゃあ告白してきなよ」
女「無理なのです」
女「フラれたら死んでしまいます」
友「………」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/26(火)18:05:32ID:vK9OXrjg
友「じゃーどうするの」
女「このままずっとこうしています」
友「ダメダメ」
友「行動起こさないと」
女「無理なのです」
友「無理じゃない」
友「私が色々聞いてくるから、それを参考に頑張って」
女「ダメなのです」
女「男くんは渡しません」
友「別にほしくないから」
女「じゃあお願いなのです」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/26(火)18:09:36ID:vK9OXrjg
………
友「男くん」
男「え?はい…」
友「趣味、好みの芸能人、好きな性格」
友「教えなさい」
男「えっと……」
男「趣味は……読書とか…音楽鑑賞で」
男「好きな芸能人は志田未来」
男「性格は……嫌味なこじゃなければ」
友「わかったありがとう」
男「…何なんだ?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/26(火)18:16:39ID:vK9OXrjg
………
友「聞いてきたよ」
女「報告お願いなのです」
友「まず……趣味ね」
友「読書や音楽鑑賞らしい」
女「私とベストマッチなのです」
友「地味な趣味…」
女「そんなことはないのです」
友「次、好みの芸能人は…志田未来」
女「んんん…」
友「髪の毛ショートにしたらそれっぽくならない?」
女「やってみ
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/06/25(月)22:33:45.961:
DLr3iJ+s0.net
俺「かわいそうに。ぐったりしてる」
犬「……」
俺「……どうしよう」
犬「かふっ……」
俺「と、とりあえず動物病院に……」
犬「……」
俺「だっこするけど……暴れないでねー……?」ソーッ
犬「……」
俺「よいしょっ……。軽いね、君は」スタスタ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2014/05/30(金)16:11:41.39ID:aZwC3wse0.net
兄「俺の姉になってくれ、頼む」
妹「いやいや無理でしょ。お兄ちゃんの方が先に産まれたんだし」
兄「いやいやそういうことではなくてだな…」
妹「お姉ちゃんっぽく振る舞えってこと?」
兄「そういうことだ!さすが俺の妹だ。俺より頭がいいのになぜ姉じゃないのか理解に苦しむ」
妹「お兄ちゃんの発想の方が理解できないから…」
兄「そうじゃないだろ!『そこは仕方ないなぁ』って言って付き合ってくれるのがお姉ちゃんってものだ」
妹「だってお姉ちゃんになる気なんて無いし。私が面倒くさいだけじゃん」
兄「そんなこと無いぞ!お姉ちゃんになってくれたらジュースもプリンも買ってきてあげる!」
妹「そんなのっ…うん、いい、かも…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2014/07/08(火)13:35:48.69ID:AabK3ExQ0.net
妹「部屋から無くなっていたんだが」
兄「ふむ。つまり俺の仕業だと?」
妹「いや、そこまでは言っていない。何か知らないかなと」
兄「知るわけがないだろう」
妹「しかし外部犯とは考え難い」
兄「なぜだ?」
妹「わざわざ他人の家に侵入して、パンティ一枚だけ盗むというのはおかしい」
兄「なるほど。論理的だな」
妹「ありがとう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/14(金)21:13:31.31
ID:a/wdoO5h0
女友「に、あってたの?」
女「うん」
女友「うわーやっぱあるんだ?そういうの…さすがモデル」
女「元、だけどね」
女友「今は運営してる側だもんね」
女友「ってか、もしや2年前に急に辞めちゃったのってそれが原因?」
女「あっううん、そのせいってわけじゃないよ。関係なくもないけど」
女友「どういうこと?」
女「んと…」
女「ストーカーはストーカーでも、いいストーカーだったの」
女友「……はい?」
女「小学校のころからだったし」
女友「小学校!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2015/08/19(水)15:53:07.715ID:NeEEnSUA0.net
勇者「あ…あの姫さま、今気がついたんだけど…財布の中これしか…」
姫騎士「えっ?」
勇者「60Gしかないんだけど…」
姫騎士「あら?それは困りましたねぇ…どういたしましょう?」
勇者「ここから魔物がでる森は歩いたら朝になっちまうし…夜はヤツらの力は5倍になるからな…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1340863522/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/28(木)15:05:22ID:5J0GdSUw
姉「部屋に行けよ」
弟「うるせぇなぁ。そんなキレんなよ」
姉「はやく行けっていってんじゃん!!」
弟「ハイハイわかったよ」
?弟部屋?
弟(あいつの友達が来るからってあんな言い方ないだろ腹立つなぁ。)
姉(………。)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/28(木)15:15:23ID:5J0GdSUw
?10分後?
<キャピキャピキャーキャー
弟(バカうるせぇ……)
弟(床ドンしたろ)
?一階居間?
姉友「キャハハ」
姉「ハハハ」
<ドン!!
姉「あ」
姉友「誰?」
姉「………弟」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/28(木)15:34:46ID:5J0GdSUw
姉友「うるさかったかな?私謝ってくるわ」

姉「いや!あたしがいくわ!」

姉友「じゃあ一緒に行こうよ。弟さん見てみたいし」

姉「…………わかった。」

?弟部屋?

弟(静かになったな。ざまぁ!)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1339408711/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/11(月)18:58:31ID:Pio6AIBg
男「おっぱい揉まして?」
幼「お…///な、なんで……?」
男「おっぱい揉ませて……っ!?」
幼「///……男?」///
ガバッ!
男「おっぱい揉ませてくださいッ!」ドゲザー
幼「ぇ……」
男「お願いしますっ!!」ドン!
幼「あの……」オロオロ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/11(月)19:02:21ID:Pio6AIBg
男「幼のおっぱい揉みたい!」
幼「お、落ち着いて……、ね?」
男「俺は冷静だぜ」キリッ
幼「……」ホッ
幼「なんでいきなり……?」
男「幼ってすげーおっぱいでかいじゃん?」
幼「え、……うん///」
男「だから揉みたいな、と…思いまして」
幼「……」
幼(?!?)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/11(月)19:07:07ID:Pio6AIBg
男「おっぱい揉ませてください」
幼「そ、そんな……いきなり言われても……」
男「幼のGカップ揉ませてください」
幼「……」
男「お願い……」
幼「その……」
男「お願いしますゥ!!」ウルウルドバーッ
幼「えぇ!?」
男「一生のお願い!ホント揉みたいんだ!!幼のおっぱい!!」
幼「や…///やめて……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1385760480/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/30(土)06:28:00ID:Em4o93xU
女「男とけんかした」
女友「え!?あんたと男が?」
女「そう」
女友「へぇ…珍しいね」
女友「なんで喧嘩したの?」
女「う?ん、ちょっとね…」
女友「?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/30(土)06:29:22ID:Em4o93xU
男「女とけんかした」
男友「えーーー?!?!?!」
男「うるさい」
男友「なんでさ?お前らドがつくほど仲がいいのに」
男「それがさ……」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/30(土)06:30:41ID:Em4o93xU
女友「男が浮気?」
女「そう」
女友「うっそ、信じられない…だってあの男がだよ?」
女「私も目を疑ったわ、あいつがなんで、って」
女友「あんたが浮気現場に遭遇した感じ?」
女「そう。そして激昂してぶん殴って泣きながら帰った」
女友「あんたやるわね…」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/30(土)06:31:49ID:Em4o93xU
ばきっ
男「いって…」
男友「お前、最低だよ」
男友「よくもまぁそんな涼しい顔で言えるよ」
男友「二度と顔見せんな。がっかりだわ」ダッ
男「……」
男「…ちゃんと最後まで聞けよ…」
男「どいつもこいつもすぐ殴りやがって…」イテテ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1341060761/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/06/30(土)21:52:41ID:TW4Rgm.Y
爺「ほっほ、それじゃあ今日は伝説の剣の話しでもしてやるかのう」
孫「伝説の剣?」
爺「そうじゃ」
孫「それって、昔の英雄が使ってたっていう?」
爺「おぉ、よく知っておるの」
孫「切れ味が鋭すぎて、鞘に納められていながら何もかもを両断したっていう?」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/06/30(土)21:55:17ID:TW4Rgm.Y
爺「ほっほ、その通りじゃ」
孫「それってだいぶ前にしてくれた話じゃんか!」
爺「おやおや……」
孫「おやおや、じゃないよ。しっかりしてよね」
爺「これは手厳しいのう……」
孫「ボケるには早いよ!」
爺「とは言え年なんじゃ、許しておくれ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/06/30(土)21:59:09ID:TW4Rgm.Y
孫「そうだねぇ。じゃあ、その英雄の話をしてよ」
爺「……ふむ、英雄の話とな」
孫「そうそう」
爺「そんなの、絵本にいくらでも載ってるじゃろ?」
孫「絵本の話は簡潔すぎるもん」
爺「ふぅむ……。儂も全て知っておるというわけでは無いんじゃがのう」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/06/30(土)22:02:51ID:TW4Rgm.Y
孫「知ってる限りでいいよ」
爺「ほっほ。いつの時代も英雄は子どもの憧れ、か」
孫「だって、すごいよ」
爺「うむ」
孫「魔族から世界を救ってくれたんだもん!」
爺「……では、その後のことでも話そうかのう」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2019/06/26(水)01:33:10.564:
sEZtECc+0.net
商人「この棒から引いてもらい、そこに書かれた奴隷が手に入ります」
俺「なるほど」ヒョイ
俺「何々?
>>3
か」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆qqtckwRIh.:2014/01/18(土)20:14:42Yy7Xsifs
 
君たちは夢追人という存在を知っているだろうか。
彼らは人の夢を、人の想いをその人間へと提供する商売をしているという。
いうなれば"人間の理想"を、"人間の夢"を操るのである。
しかし…それが実在するのか誰にもわからない。
ただ…狂い、夢を見れなくなった、夢を追えなくなった現代。
彼らの存在はまさに"夢"のようなものであるには違いない…
転載元:
夢追人-YUMETUIBITO- 


夢追い人
postedwith
amazletat19.06.24
小椋佳
USMジャパン(2010-01-20)
売り上げランキング:103,701
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2015/01/06(火)15:11:19.12ID:B0MleIIw0.net
兄「今日という今日は許さん」ペシン
妹「うぅ…ちくしょう……」
兄「お兄ちゃんの財布から千円盗んでごめんなさい、はい」ベシン
妹「ぁっ…づ…悪かったって…!」
兄「全然反省がみられない」ベシンベシン
妹「っ…っ……お…お兄ちゃん…っ…の…財布から…ごめんなさ……」
兄「んー?聞こえんなぁ」バチーン
妹「いっ…だぁ…っ…おい兄貴!やりすぎだ!!」ウルウル
兄「はぁ?」スッ
妹「ひっ……お兄ちゃんごめんなさい」
兄「よし、許す!!」バチン
妹「いったぁっ!!」
兄「もう盗っ人みたいな事しちゃだめだぞ」
妹「はひ………」ヒクヒク

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:2017/11/09(木)22:00:21.99:
2fZqYD6/0
看護兵「容体に異常はなし…… と」
傭兵「こりゃ感染症になって良かったな。アンタみたいなきれいな人に手でしてもらえるとは」
看護兵「そんな筈ないでしょう?卑猥な冗談はおやめなさい」
傭兵「アイアイ、マム」
看護兵「いいですか?私がこの野戦病院にいるのは、祖国のために戦ってくれている貴方方の治療のため」
傭兵「でなきゃこんなとこいないってか」
看護兵「イエス、サー。さて、自覚症状…… 何か変わったところは?」
傭兵「腹減った。もっと食わせろ」
看護兵「今食べた分以上はあげられません」
傭兵「空きっ腹じゃ治るもんも治ンねーよ」
看護兵「レーションなら少々ありますが」
傭兵「へへっ、持ってんじゃねーか…… もそもそ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/16(日)23:18:10ID:BWjk.HnM
勇者「君も、そろそろ村に帰ったらどうだ」
寝転んでいる僕の背後、ベッドの側に座っている彼女に言った。
長いこと言葉を発していなかったせいで、少し声がかすれていた。
勇者「王都を経由すれば、馬車で帰れる。危険は少ない」
椅子が軋む音がした。
彼女は立ち上がって僕の前まで来て、首を横に振った。
勇者「そう」
それ以上何も言う気になれず、僕はまた彼女に背を向けるように、つまりさっきまで彼女が座ってた椅子と向かい合うように寝返りをうった。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/12/11(月)22:04:33.14:
v/xwc8yCo
―カフェ―
男(お、いい席が空いてる)
男(今レジに並んでるのは俺だけだから、確実にあの席に座れる! ラッキー!)
店員「ご注文は?」
男「ホットコーヒーと……」
客「……」スタスタドサッ
客「……」スタスタ
男(は!?)
男(俺の後から店に入ってきた客が、カバンで俺の狙ってた席を取ってから、俺の後ろに並びやがった!)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/01/12(木)16:43:53.84ID:7VyXBPAfO
女戦士「おっ、勇者。美味そうなもん持ってるじゃん」
勇者「あっ‥‥戦士さん‥‥」
女戦士「なぁ、半分くれよ?あたしも腹減ってるからよ」
勇者「えっ‥‥?」
女戦士「なぁ?、いいだろ??」
勇者「でも、これは僕のお小遣いで買ったやつだから‥‥」
女戦士「いいじゃんいいじゃん。今度、何かおごってやるって」グイッ
勇者「あっ‥‥」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1338836810/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/05(火)04:06:50ID:uMQNvE4o
―――居間。
勇者「んー、腹減ったー」
勇者母「スライムでも食ってなさいよ」ニラミ
勇者「お願いします。ご飯を食べさせてください」ドゲザ
母「んー、稼ぎのないボンクラに食わす飯はないのだけれど、生んだ惰性で仕方なく用意してあげてるわ」ハァ
勇者(ガチツンギレ母怖い・・・)イタダキマス
勇者(母がこうなってしまったのは12割くらい僕のせいなのだけれど…それでも、勇者の母なんだからもっと・・・)パクパク
母「あ、そうそう、あんたに食わす残飯は最後だから」
勇者「え?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/05(火)04:07:05ID:uMQNvE4o
母「だから、これであんたに提供してる残飯は最後だって言ってんでしょ」ゴゴゴゴゴ
勇者「おいぃいい!!! どっちツッコミ入れていいか分かんないよ!!」
母「あ? 母に何をぶちこむんだって?」ギロリ
勇者「・・・いえ、なんでもないです」シュン
母「とりあえず、あんたみたいな糞虫に対して奇跡的にも王様が会ってくださるらしいから、さっさと死ねばいいわ」サラッ
勇者「・・・・・もういいです。行ってきます・・・」ガチャ
母「・・・・・・」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/05(火)04:10:03ID:uMQNvE4o
―――自室。
勇者「・・・なんだろう。王様から呼び出し・・・」ジュンビジュンビ
勇者(思えば、魔王討伐を断ってから三年。周囲の他人が優しくしてくれた分、母が厳しくなった)
勇者「・・・ははは、世界中の誰より愛してほしい人に愛されないなんてな・・・」ハァ
勇者「さて、準備はできた。…後は勇気だけだ!」キリリッ
母「・・・・・」ソーッ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/05
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。