SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
オリジナルSS
タグ一覧の表示
<<
2019年04月
>>
101件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1391004558/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/29(水)23:09:18ID:OUjp4bxE
巫女「妖怪ちんぽがっ、こんなに、いいなんてぇ… し、しりゃなかったぁ、あっ、あぁん!!」
妖A「小娘、さっきまでの威勢はどこに行った?『妖怪ごときには決して屈せぬ!』じゃねぇのか?」ハ
巫女「そ、そんりゃこと言われたってぇ… これきもひよしゅぎるのぉ!ついて、もっろついてぇぇ……」 
妖B「哀れを通り越して滑稽じゃのう。儂らを調伏すると息巻きいておきながら善がり狂わせられているとはのぉ」
妖C「泥やら精液やらでベッタベタのドロドロだってのに悦んでやがるぜ?」
妖A「腹ン中にもさんざ注ぎ込んでやったからな。見ろよ?パンパンのカエル腹だぜ?」
妖B「禁術をこの若さで使える程の霊力の持ち主であったが、今では見る影もなし」
妖C「すっかり脳までトロけた顔してやがる。巫女ってのはどいつもこいつも元から淫乱なんかね?おい、どうなんだ?」
巫女「レ、レイプされてっ、るのに、ものすごく感じちゃってる、へ、変態れすぅぅう!!!」
妖A「へへっ、じゃあそろそろこっちにもくれてやろうか?」
巫女「!?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/29(水)23:10:22ID:cmI.ADng
 いきなり飛ばしてるな
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/29(水)23:12:13ID:OUjp4bxE
巫女「しょ、しょこは……お、お尻の穴で……汚い」
妖C「けっ、精液まみれのお前からしたら寧ろ一番きれいなところだぜ」
妖B「確かに」
巫女「ぅうう……」
妖A「まぁ、ここは汚いところじゃなくて気持ちいいところなんだぜ?それを教えてやるよ」
巫女「ひぅっ!?な、なにか挿入って……」
妖A「おお、いい締まりだ。指をぎゅうぎゅう絞めつけてきやがる。でもな、もちっと力抜けや」
巫女「あぁんっ!オマ○コ突かないでぇ!!」
妖A「お、いい感じ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328190180/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/02(木)22:43:00ID:LXBJD7fs
魔物「ありがとうございます。こいつらには山ほどうらみがあるもんで」
女勇者「うう……」
魔法使い「く、う……」
僧侶「こ、こんな……」
女剣士「う……ぐ」
魔王「そんな雑魚どもに興味はない。どうとでもしろ」
魔物「はい。へへっ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/02(木)22:48:40ID:7EAoFn/o
魔物「ひひひっ。こっぴどくやられたなぁ」ニヤニヤ
魔法使い「う……い、いやあ……」
女勇者「おまえらっ……」
僧侶「こ、こんなにたくさん魔物が……」
女剣士「…………っ」
魔物「ひひ……やれ」
オオオッー!
ビリビリビリ!
魔法使い「いやぁあぁあ!!」
僧侶「きゃぁあぁあ!!」
女勇者「うぐっ……!!」
女剣士「うううっ……!!」
3:
1
2012/02/02(木)22:54:06ID:qPLR9GYA
ガシャンッ!
魔物「うひひひ……いい眺めだなぁ」ニヤニヤ
女勇者「お、おまえら……」
魔法使い「い、いやぁ……こんなかっこ……」
僧侶「う、ううっ……」ウルウル
女剣士「くっ、うう……」
魔物「大陸の希望である勇者ご一行が……魔物の集団の前で全裸で恥ずかしい穴2つとも丸見えだぜ」ククク
4:
1
2012/02/02(木)22:58:26ID:mBfWiazc
女剣士「こ、こんな辱しめっ……!」カアアー
魔物「んん?そうかそうか恥ずかしいか。なら」スッ
女剣士「!?」
魔物「くぱあ♪」クパアッ
魔物Sオオーッ!
女剣士「ううっ!!……ぐうっ……」ポロポロ
魔物「一番気が強そうなのに泣いちゃったか」ニヤニヤ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1556107169/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2019/04/24(水)20:59:29ID:3bWff6Ak
女騎士「はぁ……はぁ……!くそ、オーク達から逃れたのはいいが、こんな入り組んだ洞窟に迷い込んでしまうとは……」
女騎士「む……なんだ?あの通路の先、妙に明るい……行ってみるか」タタタタタ
店主「いらっしゃいませ」
女騎士「えっ」ビクッ
店主「何かお求めでございますか?こちらのドラゴンキラーはいかがでしょう。ドラゴンへの食い込みはバツグンです」
女騎士「え……いや……待ってくれ。ここは武器屋なのか……?」
店主「いえいえ、武器屋というほど大仰なものではございませんよ。ですが色々な物を売っているという点では他の店よりも自信をもっております」
女騎士「そ、そうなのか……」
店主「最近は粗悪品を売りつける悪質な店もございますが、当店はお客様を害するようなアイテムは販売しておりません」
女騎士「は、はぁ……」
店主「こちらの草も未識別ではござますが、お客様にとって良い効果が発生するという保証をいたします」
女騎士「よ、良い効果……?」
店主「失礼ですが、お客様はこのダンジョンの探索は初めてで……?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2019/04/24(水)21:01:49ID:3bWff6Ak
女騎士「ああ。情けない話だが、オーク達から必死に逃げていたらいつの間にかここに迷い込んでしまったのだ」
店主「それはそれは災難でございましたね。初めてということですので色々とサービスしてもよろしいですよ」
女騎士「いや……残念だが私は無一文なのだ。何かを買っている余裕はない」
店主「でしたら買取などもいたしますよ」
女騎士「そう言われてもな……売れるものといったら、せいぜいこの兜ぐらいだ」ヒョイ
店主「おお、これは珍しい!このタイプの装備はこちらでは中々手に入らない貴重な品です。こちらでしたら1万ギタンで買取を致しますよ」
女騎士「ギ、ギタ……ン……?ゴールドではないのか
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328078190/
1:
1
2012/02/01(水)15:36:30ID:kLD8ExRg
男「挿入以外なら許される権利ですか!?」の別ルートであり攻守逆転編
前スレ
男「挿入以外なら許される権利ですか!?」

5:
1
2012/02/01(水)16:03:04ID:bL9Gk7Xo
幼なじみ「いい事って?」
ツンデレ「決まってるでしょ、あいつに仕返しする方法よ」
元気娘「あいつって……もちろん男の事だよね?」
ツンデレ「そうよ」
6:
1
2012/02/01(水)16:08:31ID:MCr16uec
ツンデレ「知っての通り、あいつは少し前に例の権利を得て、そうとう調子にのってるわ」
ツンデレ「スカートはめくるは、胸をさわるは、お尻をさわるは、堂々と女子更衣室にはいるは……」
ツンデレ「下着の中とか……そういうところまではしないけど」
ツンデレ「でもここらへんで、そろそろ好き放題やられた仕返しをしなきゃだと思うの」
7:
1
2012/02/01(水)16:13:39ID:CtecUSho
幼なじみ「で、でも……わたしたちエッチな命令されたら逆らえないんだよ?」
元気娘「うん……」
ツンデレ「それよ」
幼元「「え?」」
ツンデレ「考えてみれば単純な話だったのよ。いい?方法はね……」ゴニョゴニョ
幼なじみ「あ……」
元気娘「たしかにそれなら……」
ツンデレ「決行は今夜よ。幼なじみちゃん、よろしく頼むわ」
幼なじみ「うん!」
8:
1
2012/02/01(水)16:17:34ID:ScFo92iE
男「よーう」
バッバサッバサッ
ツンデレ「きゃ!?」
元気娘「ひゃあ!?」
幼なじみ「いやっ!?」
男「何話してたんだー?黄色に水色にピンクー?」ニヤニヤ
幼元ツ「…………!」
幼元ツ(いまにみてろよ……!)ゴゴゴゴゴ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1389526391/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/12(日)20:33:11ID:y7l4NNX.
僕はクラスの女の子に恋をした
僕は暗い性格であまり人と会話をせず休み時間とかは読書をしてた
?休み時間?
いつものように読書をしていると、
???「ねぇ、なに読んでるの?」
と、声をかけられた
女の声だった
僕「ぁ、ら、ラノベ…」
???「ラノベ?」
僕「う、うん」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/12(日)20:33:51ID:y7l4NNX.
???「君の名前教えて!」
名前を聞かれた
同じクラスなのに名前を聞くなんて…と思った
僕(僕の名前しってる人少ないよね、先生ぐらいしか…」
僕「ぼ、僕…」
???「僕って言うんだ?私は女だよ、よろしくね
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/12(日)20:35:11ID:y7l4NNX.
女「僕ってさいつも休み時間本読んでるよね?」
僕「う、うん」
女「それ小説だよね!そんな小さい字ずっと読んでるなんて」
僕「お、女さんは…本読んでないの?」
女「ん?あー、小説は読まないけど漫画なら」
僕「そ、そうなんだ…」
女友「おーい、女ーーー!」
女友「次体育だよ?はやく行こうよ」
女「あ、ごめんごめん?今行くよ」
女「そういうことだから、またね!」
僕「うん」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328211531/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/03(金)04:38:51ID:Pjyj0Ob.
先輩「うん。いつだった?」
後輩「いや、そんな誕生日いつだっけ?みたいな軽い感じで聞かれても、困ります」
先輩「聞いちゃ駄目だった?」
後輩「駄目ということはないでしょうが……その、ちょっと」
先輩「『ちょっと』……何?」
後輩「……言いづらい、と言いますか」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/03(金)04:40:56ID:Pjyj0Ob.
先輩「言いづらいってそんな、俺とお前の仲じゃん。問題なっしんぐ」グッ
後輩「問題ありますって。……いや、そりゃ質問する側の先輩からすれば問題も何もないでしょうけど、答える私からすれば恥ずかしかったりこそばゆかったりで大変なんです」
先輩「そこは勇気で補え」
後輩「勇者王じゃないんで無理です。……というか、なんでそんな事をいきなり聞きたがるんですか」
先輩「そんなことって……ねぇ?」
後輩「ねぇ、とか言われましても」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/03(金)04:42:25ID:Pjyj0Ob.
先輩「いや、でもお前、アレだよ。ちょっと考えてみ?」
後輩「何をですか?」
先輩「お前に好きな人がいるとするじゃん?」
後輩「…………はい(まあ実際目の前にいますが)」
先輩「その人がすごい可愛い……ああ、お前からするとカッコいい人だとするじゃん?」
後輩「ん、まあ、はい(先輩はカッコいい……というより、可愛い寄りの人ですけどね。それにしても先輩かわいい)」
先輩「…………な?」
後輩「いや、なにが『な?(ドヤァ』ですか」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/03(金)04:43:33ID:Pjyj0Ob.
先輩「えー、分かんないかー?」
後輩「いや、今の例えでわかる人の方が少ないと思いますよ?」
先輩「もー、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1327921868/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/30(月)20:11:08ID:QzSfl/9I
男「よーっす」
女「ん」ギュ
男「おー、朝から甘えてくるなあ」ナデナデ
女「んー」ギュー
男友「(男の身長190cm、女の身長145cm)」
男友「彼氏彼女より父娘に見えるなー」
男「老けて見えると、そう言いたいのか」
男友「怖いから見下ろすの止めて」
ポチポチでゆっくり書いていきます

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/30(月)20:19:00ID:QzSfl/9I
男「次移動教室だっけ?」
男友「うん」スタスタ
男「めんどー」ザッザッ
女「…」トコトコトコトコトコ
女友「…」
女友「(大股な男に頑張って付いていく女ちゃんマジカワユス)」ハァハァ
男友「よだれ垂れてるぞ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/30(月)20:27:40ID:QzSfl/9I
昼休み
男友「飯食おうぜー」
男「おうよ」
女友「(女ちゃん小動物マジカワユス)」
女「ん」ポス
男「ん」
男友「相変わらず膝の上は定位置だぁね」
女友「(くぬぁー男マジウラヤマシス)」ギリギリ
男「(何かいつも昼の時間に女友に睨まれるんだけど)」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/30(月)20:35:44ID:QzSfl/9I
放課後
男友「よーし、部活にいくかー」←野球部
男「おー、がんばれよー」←帰宅部
女「ん」ギュ
男「女も早く行かないと遅れるぞ?」ナデナデ
女「もうちょっと、男分補給」ギュー←吹奏楽部
男「しょうがないなー」ナデナデ
女友「(あぁぁ女ちゃんギューしたいよおぉぉ)」←陸上部

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1327825068/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/29(日)17:17:48ID:NV5uliSg
男「ぎゃはははははは!やめろ!やめろぉ!くははははは!」
幼なじみ「こちょこちょこちょこちょこ、おちょこちょこちょこちょこちょ」
男「いぎいっひひひひひひ!!やめろぉ!やめりょお!あっははははははは」

2:

2012/01/29(日)17:22:26ID:NV5uliSg
幼なじみ「やめなーい。こちょこちょこちょこちょ」
男「い、ぎひっ、いひひひひひひひ!な、なんでこんなあははははは!」
幼なじみ「あんたさっきあたしのパンツ見たでしょ。その罰」コチョコチョ
男「あははははは!ご、ごめん!ごめんごめん!!あははははははは!」
幼なじみ「マンガみたいにビンタ一発ですむと思うなよ」コチョコチョ
男「ぎゃはははははは!あははははは!」
3:

2012/01/29(日)17:26:11ID:NV5uliSg
幼なじみ「あんた昔からわき腹弱かったもんねー」グニグニ
男「うひいっ!?く、くひいっ!?そ、そこはあぁああ!!!」
幼なじみ「ああ安心して。わき腹ばっかりくすぐってあげるから」グニグニコチョコチョ
男「ぐいいいっ!?あははははははは!あははははははは!」
5:

2012/01/29(日)17:32:23ID:NV5uliSg
男「ぎゃはははははは!も、もう許して!!もう!もう!あははははははは!」
幼なじみ「ふーん?パンツの事忘れる?」コチョコチョ
男「わ、忘れる!忘れる!だからもうやめぇえははははははは!」
幼なじみ「『許して下さい』は?」コチョコチョ
男「ゆ、ゆる!許して下さいいぃいひひひひひ!」
幼なじみ「『パンツの事忘れます』は?」グニグニ
男「ひっ、ひひ!!パンツの事忘れますぅううう!!だからもうやめええぇえ!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1326334999/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)11:23:19ID:4WJuo1Zg
北極「なんか最近、体がが細くなってきてるんだよね。」
CO2「・・・・・・・・」
北極「なぁ、CO2お前なんか知らない?」
CO2「ご、ごめんなさい・・・・・私のせいかも・・・・・・ひぐっ・・・・・///」
北極「?」
CO2「ま、また・・・人間が・・・・私を出してるのっ・・・・・はぅっ!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)11:27:22ID:4WJuo1Zg
北極「お前が増えるのと、俺が痩せるの、なんか関係あるわけ?」
CO2「い、今は・・・・言えない・・・・・・・んはぅっ!」
CO2「ま、また・・・火力発電所から・・・・・出てきてる・・・・・・・」
北極「まぁ、お前もあんまり無理すんなよ?北極熊もがんばってるし」
CO2「う、うん・・・・(い、言えない・・・・私が原因だなんて言えない・・・・・)」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)11:30:15ID:ENuu7/Jk
CO2が可愛く思える日がくるとは

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1327828330/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/29(日)18:12:10ID:0AM4qP7U
アメダス「はぁ・・・今日も晴れかぁ・・・・・」
アメダス「特にやること無いし、暇だなぁ?」
アメダス「雨さんが降らないのは、それはそれで良いんだけど・・・・」
アメダス「あれ?ちょっと降って来た!」
アメダス「お仕事お仕事!張り切って行こうっと!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/29(日)18:14:58ID:0AM4qP7U
雨「待たせたな!今日はあんまり降らせることはできないけど」
雨「観測データくらいは採れると思うぜ?」
アメダス「ありがとう、雨さん!私、がんばっちゃいます!」
雨「まぁ、あんまり無理するなよ?」
アメダス「でも、最近晴ればっかりで暇だったんですもん」
アメダス「がんばりますよぉー!」
雨「そうかそうか、喜んでもらえて嬉しいよ。」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/29(日)18:15:12ID:IzBcOXrs
設置場所って秘密なんだよね

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328162653/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/02(木)15:04:13ID:16a6JJeY
妹「なんかミサイル出た」


こんな感じでどうかひとつ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/02(木)16:04:58ID:Okai/9uE
どうみてもおっぱいミサイルです本当に
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/03(金)06:27:43ID:BlDPEwHM
姉「は?」
妹「私のこと、改造したんでしょ?」
姉「いやいやいや、何をおっしゃっておりますか?」
妹「知ってるんだから、隠さなくてもいいんだよ」
姉(しちめんどくさい)
姉「あー……うん、その通り! よくわかったな!」
妹「やっぱり……」
姉「はっはっは、マッドサイエンティストのお姉ちゃんにかかればちょちょいのちょいよ!」
妹「やっぱり、私は明日爆発してしまうのね!?」
姉「!?」
妹「うわぁぁぁん!!」ダッ
姉「ちょっ、待てよ……ってどっか行っちまった、まあいいか」
姉「まったく、何に影響されたんだか……」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/03(金)06:28:14ID:BlDPEwHM
妹「酷いよ……お姉ちゃん」グスッ
妹「私はもっと、色んなことをしてみたかったのに」トボトボ
妹「人生13年か……短かったな」ウルウル
妹「……せめて最後だけでも、自分のやりたいことをやろう」
ピンポーン
ガチャッ
友「はいはーい……って妹か、どうしたの?」
妹「うん、ちょっと用事があって」
友「……そっか、まあ入りなよ」
妹「おじゃまします」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1386492505/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/08(日)17:48:25ID:oAisXPlE
-第1章魔王討伐編-
賢者「・・・なるほど、では僧侶さんは私達と出会う前から勇者様と旅をされていたのですね」
僧侶「ええ・・・魔王討伐に向かう仲間を探しておられた勇者様に声をかけていただいてからずっとですね」
賢者「それはそれは・・・女性でありながらさぞ大変だったことでしょう」
僧侶「いえ・・・これも全て、神のお導きですから」ニコ
武闘家「あっ、いたいた!僧侶ちゃーん、一緒にお風呂行こー!!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/08(日)17:49:11ID:oAisXPlE
僧「あっ、わかりました・・・それでは賢者さん、失礼しますね」
賢「えぇ、ごゆっくりなさってきてください」
武「はやくはやくぅー!」ゴーゴー
僧「はいはい、すぐに準備しますからね」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/08(日)17:49:55ID:oAisXPlE
・・・
武「いやー!やっぱり宿に泊まった日はお風呂が楽しみだよねー!」
僧「ふふ、そうですね」
武「あっ!勇者!!」
僧「!!」
勇「おぉ2人とも・・・悪いけど、先にお風呂いただいたよ」ホカホカ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/08(日)17:51:33ID:oAisXPlE
武「どうだった!?」ワクワク
勇「うん、けっこう広かったよ。しかも1番風呂だった」
僧「」
武「えー!いいなぁー!」
勇「ははは、2人も早く行っておいで。俺は部屋に戻ってるから」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/08(日)17:52:33ID:oAisXPlE
武「一番風呂かぁー、くそぅ・・・私ももっと早くいけばよかった・・・って、僧侶ちゃん?」
僧(お風呂お風呂勇者様が入ったお風呂まだ勇者様し
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328490602/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/06(月)10:10:02ID:alxGX1U.
俺「何だよ…うるさいな」
妹「えへへ…やっと返事してくれた。えへへ」
俺「返事って…音楽聞いてたからな…」
妹「それでね、お兄ちゃんに話があるの…」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/06(月)10:13:58ID:alxGX1U.
俺「話って…何だよ」ゴクリ…
俺「えへへ…恥ずかしいよぉ//」
俺「良いから言ってみろって」
俺「お兄ちゃんの事がね…」
俺「」ゴクリ
俺「好きなの。兄弟とかじゃなくてその…」
俺「異性として!大好きなの!お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/06(月)10:16:25ID:alxGX1U.
俺「わっ!ちょ!落ち着けって」
俺「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん」ギューッ
俺「うわあああああ//」
妹「えへへ…それで話なんだけど…」
妹「このキモい妄想やめろクズ」
俺「」
おしまい
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/06(月)10:23:48ID:QXLLerWg
よくあること
多分
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/06(月)10:33:59ID:zaQXhdKM
俺の妹もそんな感じだったよ。妹いないけど

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328710374/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/08(水)23:12:54ID:XEzRDVgY
男「・・・」
幽「聞こえないふりしても無駄だよ?僕にはわかるんだから」
男「・・・なんで分かったんだ?」
幽「そりゃ分かるさ。だって明らかに君だけ僕のことを見てるんだもん」
男「なるほどな」
男「今まで幽霊なんて見えたことがなかったからな、ついつい見ちまったんだよ」
幽「そうかい」
男「んで、お前はなにしてるんだ?」
幽「品定めをしてるんだよ」
男「えっと、品定めってなんの?」
幽「それは勿論、取り殺しても問題のない人間のだよ」
こんな感じでよろしくお願いします。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/08(水)23:14:12ID:XEzRDVgY
男「え?」
幽「ああ、言い忘れたけど、僕は幽霊なんだよ」
幽「僕は生きていた時にあまりにも無残な殺され方をしてね」
幽「不憫に思った神様が一度きりのチャンスをくれたのさ」
男「チャンスって?」
幽「人の魂を手に入れればそれと引き換えに僕にもう一度命をくれるというんだ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/08(水)23:14:52ID:XEzRDVgY
幽「そういう訳で人通りの多い駅前で殺しても問題のない、価値のない人間がいないかずっと見ていたんだけど…」
幽「いやあ、困ったね。そんな人間などいないときた」
幽「最初はそんな人間なんていくらでもいると思ってたんだけど、案外いないもんだねえ」
幽「それで途方に暮れていたところに君が来たって感じだね」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/08(水)23:15:24ID:XEzRDVgY
男「そうか?そんな人間、ごまんといると思うけど?」
幽「そう思うだろ?それが意外とそうでもないんだよ」
男「うーん・・・じゃあ、ほらニートとかはどうなんだ?働いてない
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1326352491/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)16:14:51ID:4WJuo1Zg
ここ、幼女保護育成所では、日本中から集められた幼女が集っていた。
理由は簡単だ。ロリコンによる盗撮、誘拐・・・・・幼女にとっては非常に住みにくい世界となった。
国会はそれに対し、特別措置案「日本幼女育成保護法案」、通称「幼女法案」を提出、
健全な幼女たちを育成所にて成人まで保護することとなった。
これが今から20年前の出来事である。
俺は、中学校の教師を目指していたが、知り合いの教授から「幼女育成所に行ってみないか?」と頼まれた。
別に教師にこだわりはなかった。それに知り合いの教授からの推薦。確実な内定だ。
俺は幼女育成所に入った。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)16:20:55ID:4WJuo1Zg
俺が幼女育成所に入る。
みごとに幼女まみれだ。30代の若い女性が話しかけてくる。
所長「あなたが男さんね?話は聞いてるわ」
男「はい、今日からこちらでお世話になります。男です。」
所長「こんにちは、とりあえず歩きながら案内するわ・・・・。」
艶かしく太陽の光を浴びて光るピンクの口紅。
黒のスーツにYシャツは少しはだけている。そして赤のヒール。
後ろから見ているだけでも興奮してしまう・・・。
施設を一通り回る。幼女が走り回っている。
俺の方をじっと見つめる子。所長に「お姉ちゃん、この人だれ?」と声をかける子・・・。
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)16:25:37ID:4WJuo1Zg
俺は声をかけようとするがさすがに怖がられてしまった。
落胆する俺の肩に手を乗せて、所長が話しかける。
距離が近い!耳元だ!
所長「だいじょうぶよ・・・・すぐに、慣れてくれるから・・・・・・。」
この所長には慣れられそうに無い。
俺はここの幼女よりも順応性が悪そうだ・・・・。<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328002857/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/31(火)18:40:57ID:7gNhhDTo
偉い人「うむ、すべての男性の中からランダムに選ばれたのがきみだ」
男「マジかよぉっ!」
偉い人「挿入以外なら軽いセクハラから前戯まで、いつでも自由に行える」
偉い人「自慰させるなどの相手が主体の事も可能だ。指名された相手は従わなくてはならない」
男「よっしゃあああ!」
偉い人「くれぐれも挿入だけはしないようにな」

2:
1
2012/01/31(火)18:43:17ID:7gNhhDTo
翌日
男「いってきまーす!」
母「いってらっしゃい……」ビクビク
男「いや、さすがに母さんにする気はないんだが」
5:
1
2012/01/31(火)18:46:31ID:CdgwU8.E
男「お、あれは」
男「おーい、幼なじみー!」
幼なじみビクッ
男「どうして今日は起こしてくれなかったんだよー」
幼なじみ「ご、ごめん……」
幼なじみ「でも、ニュース見たらさ、その……男が選ばれたって」
男「ああ……」
6:
1
2012/01/31(火)18:48:17ID:CdgwU8.E
男ニヤ
幼なじみ「うっ……」ビクッ
男「なあ、幼なじみ」
幼なじみ「な、なに……?」
男「胸揉ませて」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1327972088/
1:

2012/01/31(火)10:08:08ID:p.KLxIso
幼なじみ「ど、どうしたの男?男ってば!」
男「……っ!……っ!」プルプル
幼なじみ「ど、どうしたのかな……大丈夫かな……」アセアセ
男「……っ!……っ!」バッ!
幼なじみ「え……?そのジェスチャーは……待て?」
男「……っ!……っ!」コクッ!コクッ!

2:

2012/01/31(火)10:10:07ID:p.KLxIso
30分後
男「ふう……やばかった……」
幼なじみ「なにがあったの?」
男「うん、状況を整理するためにも説明する」
4:

2012/01/31(火)10:12:58ID:R3OSGU/w
男「その前にまず服を着なさい。さすがに女の子が裸のままはいかん」
幼なじみ「えーと」ゴソゴソ
幼なじみ「んしょ」
男「毛布巻いただけじゃん」
幼なじみ「いいじゃんとりあえずで。男も裸だし」
男「じゃあ俺は布団で隠す」ゴソゴソ
5:

2012/01/31(火)10:15:21ID:R3OSGU/w
男「さて、説明しよう」
幼なじみ「うん」
男「いつものようにベッドの上でおまえと愛し合ってたわけですが」
幼なじみ「うん///」テレテレ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1326298907/
1:
◆WjI07W0ub6
2012/01/12(木)01:21:47ID:TtSfKk6I
地獄の鬼がかわいい女の子だったら……というだめな妄想
衣装は、もちろんトラじまのビキニで……へっへっへ
わずかにエロ有り。ご用心ご用心

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)01:23:15ID:TtSfKk6I
幼鬼「昔の罪人どもは、まだかわいげがあったのに」
助手「そうですね、泣いて許しを乞うたものでした」
幼鬼「極楽に行ったものも、地獄に堕ちたものも、魂には変わりないんだから、権利を認めろって」
助手「自分が地獄に落ちたってことは棚に上げるんですよね」
幼鬼「ほんともう、いやになるよ」
助手「まったくです」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)01:23:59ID:TtSfKk6I
幼鬼「でも……罪人とはいえ、やだなぁ、いじめるの。ほんとは好きじゃないんだよ?」
助手「いけませんよ幼鬼様、懲らしめるとおっしゃってください」
幼鬼「やることは同じじゃないか」
助手「心の問題です……では…どうぞっ」
幼鬼「ふふふ……やけた火箸を、爪の間に……そーれっ」
罪人「ひぎゃああああっ」
助手(幼鬼様って、笑いながら拷問するのよね)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)01:26:26ID:TtSfKk6I
幼鬼「おはよう、助手」
助手「おはようございます、幼鬼様」
幼鬼「さて、今日の罪人は?」
助手「なんでも、地獄の浅い階層から担当をたらいまわしにされて、この最下層までくるらしいです」
幼鬼「そんなにすごい罪を犯したの?」
助手「正当防衛として、夜盗を1ダースほど殺しました」
幼鬼「それだけ? 悪人を懲らしめたんなら、むしろ極楽行きじゃない?」
助手「いえ、これは本人が望んだことなので」
5:
以下、名無しが深夜にお送りし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1399026984/
1:
アナアキ◆IYbi.dCFgs
2014/05/02(金)19:36:24ID:Lu4X8sJ2
僕は好きな人がいた
その人はいつも笑わない
僕は彼女に聞いてみた『なぜ笑わないの?』って
すると彼女は
「私には感情が無いから……」
って答えた。感情が無いと言う彼女の目はとても悲しそうに見えた。
だから僕はそんな彼女に好かれたくて心にもないことを言った『感情なんて要らない』と

2:
アナアキ◆IYbi.dCFgs
2014/05/02(金)19:47:16ID:Lu4X8sJ2
その後に続いて僕は『僕のをあげられるなら、君にあげたい』と言った
すると感情の無いはずの彼女は、とても驚いたような目をしていた
僕はこの時気づいた
彼女は感情が無い訳じゃないって事に
ただ感情に気づいていないだけだって事に
その後彼女は
「……ならちょうだい」
って言った。僕はこの時に、彼女が感情に気づいていないだけだって事に、確信を持った
僕は彼女に感情と言う物を教えるために『じゃあ君に僕の感情をあげる』って言った
すると彼女は僕に付いて来るようになった
お昼の時も、帰りの時も
僕は彼女といるときが一番幸せだった
4:
アナアキ◆IYbi.dCFgs
2014/05/02(金)19:54:47ID:Lu4X8sJ2
それからしばらくすると彼女は笑うようになった
ようやく自分の感情に気づいたようだった
それからと言うもの彼女はよく表情を変えて見せた
泣いたり、笑ったり、怒ったり、笑ったり……
僕は彼女の笑顔を見る度に『僕はやっぱり彼女のことが好きだ』って事を実感した
しかし幸せの時はそう長くは続かなかった

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328316725/
1:
1
2012/02/04(土)09:52:05ID:3cB.s8kk
友「スタンダードで、それでいて明るく清潔感があるからな」
男「それは否定しないが俺の見たところ約8割の女子が白または白を基調としたパンツだ。となるとレア度が高い水色のほうが個人的には嬉しい」
友「ふむ。約8割が白というのは1日のパンチラゲット数が10パンチラはかたいおまえが言うと説得力があるな」

2:
1
2012/02/04(土)09:57:23ID:3cB.s8kk
友「しかし8割が白というならピンクでもレア度が高いのは同じじゃないか?それでいてピンクは女の子をイメージする色の代表とも言える色だ」
男「確かにピンクは女の子らしいと思うし、白よりはレア度が高い。しかし珍しいというほどのものではないのだよ」
友「珍しければいいというわけではないがな。赤や黒、茶色などは珍しいがあまり嬉しくない」
男「それは同意だ」
4:
1
2012/02/04(土)10:02:15ID:.e28SPMY
友「なら黄色や黄緑はどうだ?あれらも珍しいだろう?」
男「確かにレアだし見れると嬉しいが、その色は逆にレアすぎる。水色は10人のパンチラをゲットすれば一人はいるが、黄色や黄緑は3日から4日に一人くらいの確率でしかお目にかかれない。それにさっきの話じゃないが、黄色や黄緑よりは水色のほうが女の子らしいと思うしな」
友「レア度と女の子らしさとを合わせての水色賛美というわけか」
男「そうだ」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/04(土)10:04:48ID:XoXBlmsk
黄色のパンツは元は白だった説

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/15(月)22:55:32.27
ID:Yv+Cv0Th0
女「イヤー!やめてー!?」
神主「受け入れるのだ!穴根蛇神の依り代である私の子種を受け入れて神の子をその身に宿すのだ!」
女「イヤー!」
神主「村の安寧のため、神の子を産み落とせ!」
女「イヤー!孕むのはイヤー!赤ちゃん怖いのー!」
神主「ぅおおお!出るぞ!中に出すぞ!しかっり受け止めろ!」
女「イヤー!お母さーん!」
神主「お前がお母さんになるんだよ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1327995373/
1:

2012/01/31(火)16:36:13ID:yGC621tg
幼馴染み「これはわたしのだ」
男「この箱にはいってる合計10コのドーナツがすべてあなたのものなわけがない」
幼馴染み「わたしが買ったの」
男「うそつきなさいこれはもらいものです」
幼馴染み「むむむ」
男「ぐぐぐ」

2:

2012/01/31(火)16:44:26ID:vh9b8ozc
男「とりあえず箱から手を離しなさい」
幼馴染み「そっちがさき」
男「じゃあ同時に」
幼馴染み「うん」
男幼「「3、2、1」」
男幼「「…………」」
男幼「「せーのっ」」
男幼「「…………」」
4:

2012/01/31(火)16:47:18ID:lufvmt2o
幼馴染み「ひきょうものめ」
男「なにを。お互い様でしょう」
幼馴染み「こなくそー」ゲシゲシ
男「きかないきかない」
幼馴染み「はなせよー」ゲシゲシ
5:

2012/01/31(火)16:50:22ID:lufvmt2o
幼馴染み「はあはあ」ゲシゲシ
男「体力なー」
幼馴染み「うるさい」ゲシゲシ
男「無理して蹴らなくても」
幼馴染み「はあはあ」ゲシゲシ
6:

2012/01/31(火)16:52:10ID:lufvmt2o
男「とりあえずコタツに行こう」
幼馴染み「はあはあ」ゲシゲシ
男「ここ寒いから」
幼馴染み「うん……」ハアハア

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1393967864/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/03/05(水)06:17:44ID:ZzNjWwFQ
( ´∀`) おはようモナ
( ^ω^)おはようございますだお、先生!!
( ´∀`) うんうん、内藤くんはいつも元気モナ
('A`) あ…おはよう、ございます
ξ゚?゚)ξ鬱田ったら、そんな調子じゃ生徒会の選挙厳しいわよ?
( ´∀`) ああ、津出さんと内藤くんは鬱田くんの手伝いモナか。みんなで協力するモナよ
(´・ω・`) ふん、下らぬ…
川゚-゚) 先生、号令をかけても
( ´∀`) あ、お願いするモナ
( ^ω^)おっおっ
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/03/05(水)06:26:49ID:Wq4YXBXg
( ´∀`) さてと、今日からみんなも知ってる通り家庭訪問の日モナ
( ^ω^)おー…。先生、部活しちゃダメかお?
( ´∀`) 中学生までの我慢モナよ。この辺りの高校はどこに進んでも家庭訪問はないモナ
川゚-゚) 今回は、進路についての話をするんですか
ξ゚?゚)ξ ええ…やだわ。夏に三者懇談会だってあるじゃない
( ´∀`) 心配ないモナよ。今日は普段はこんな感じモナ?ってみんなのお母さん達と仲良くお話するだけモナ
('A`) …カーチャン、今日になってシフト変えてないよね…?
( ^ω^)大丈夫だお、ドクオは心配性だお
( ´∀`) ショボンくんは今日でよかったモナ?
(´・ω・`) ええ、まあ…我がメシアがおらずとも制御出来るかな?くくっ…
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/03/05(水)06:36:10ID:30eWCMss
(,,゚Д゚) 俺は今日じゃねーっす
(*゚ー゚) 私とギコくんは…明日ですよね?
( ´∀`) モナモナ。他に分からない子は掲示を確認してほしいモナ
( ´_ゝ`)私と…あっ、弟者くんおんなじ日だあ!!
(´<_` )どうした兄者、兄弟なのだから当たり前だろう
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1327840513/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/29(日)21:35:13ID:mF0KHyH2
男「なんだこりゃ」
男「あ、科学のノート使いきったんだっけな」
男「道ばたに落ちてたノートのわりにきれいだし……」
男「表紙隠せば使えるか」

2:
1
2012/01/29(日)21:37:54ID:mF0KHyH2
男「ただいまー」
男「ふう」ドサッ
男「さっきのノート、1ページも使われてねえじゃん」パラパラ
男「ん?なんだこれ」
男「使い方……?」
4:
1
2012/01/29(日)21:44:09ID:mF0KHyH2
パンツノートの使い方
1パンツノートに名前を書かれた人間はパンツが見える
2名前を書かれた人間の顔が頭に入っていないと、効果は得られない。よって、同姓同名の人物には効果が及ばない
3書いた名前が本名でなければ効果は得られない
4名前を書かれた人間は、名前を書いた人間に会ってから40秒後にパンツが見える
5名前を書いた後に40秒間、パンツが見える要因を書く時間が与えられる(何も記入しない場合は自動的に風チラになる)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1327380568/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/24(火)13:49:28ID:VMRwz0jc
男「やばいよやばいよ・・・・・。」
男「誰かの頭すんげーなでなでしたい・・・・・。」
男「でも、男は嫌だし、犬猫はもう散々なでたから飽きた。」
男「やっぱり女子高生だよな・・・・やるなら・・・・・・・。」
男「どうすれば女子高生の頭を撫でられるんだろう・・・。」
男「風俗・・・・いやいや待て待て、それは大人になってからだ!」
男「それに、金出してまで撫でてもおもしろくない・・・。」
男「普通の女子高生をなでなでしたい!」
男「早速作戦を練るとしようか・・・・。」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/24(火)13:54:04ID:XZgeNZ1A
風俗だとjkは雇ってないだろうしな
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/24(火)13:56:59ID:VMRwz0jc
男「やはり・・・手短に同じクラスの女子に声をかけて・・・」
男「『頼む、なでなでさせてくれ!じゃなきゃ俺死んじゃう!』」
男「とりあえずこれで行ってみるか・・・・・・当たって砕けろだ!!」
放課後
男「なぁ、女1ぃ。ちょっとお願いしたいことがあるんだけどさ」
女1「お願い事?私にか?」
男「そうなんだ・・・ちょっと困ったことがあってな・・・・・。」
男「お前にしか頼めないことなんだ・・・・・。」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/24(火)14:02:04ID:VMRwz0jc
女1「そこまで真剣な悩み事なのか・・・・・とりあえず聞いてやるよ。」
男「そうか!?ありがたい・・・・・・その、さ・・・・・・・俺死ぬかも知れないんだ・・・・・」
女1「・・・・・・えっ?(話が一気に重くなったような気がするんですけどぉおおお!!)」
男「不治の病って言うか、延命治療はできるんだけど、その治療ができなく
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1353136525/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/11/17(土)16:15:25ID:L1J3mU96
J('ー`)し ふう…こんなものかしら
J('ー`)し ブーンは食べ盛りだし、ボリュームのあるメニューを出してあげなくちゃね
J('ー`)し あら、キャベツ忘れちゃったわ
J('ー`)し 戻らないと…
J('ー`)し あら、内藤さん!!
J('ー`)し まあ、ツンちゃんとこの
J('ー`)し ご無沙汰してます
J('ー`)し こちらこそ。お買い物?
J('ー`)し うちの娘ったら、まな板なのにダイエット始めちゃってねぇ
J('ー`)し あらぁ、おほほ
J('ー`)しの井戸端会議のようです
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/11/17(土)16:19:09ID:oFcvwflw
J('ー`)し ダイエットねぇ、ホライゾンにもしてほしいわぁ
J('ー`)し まあまあ、男の子は体格がいいくらいが一番よ
J('ー`)し そう?
J('ー`)し ツンだってもう少し太った方がいいくらいなんだから
J('ー`)し でもツンちゃんは今のままで十分よ
J('ー`)し うふふ、誰に似たのかしらねぇ
J('ー`)し ツンママが美人だからよぉ
J('ー`)し あら、お上手なんだから内藤さんってば
J('ー`)し おほほ
J('ー`)し おほほ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/11/17(土)16:22:13ID:fftHt6Ds
J('ー`)し 今晩は何がいいかしら
J('ー`)し お茄子が安かったわよ
J('ー`)し ふふ、内藤さんは歩くバーゲンチラシね
J('ー`)し 焼きナスにしてからサラダならツンちゃんも食べるんじゃないかしら
J('ー`)し いいわねぇ
J('ー`)し あら?
J('ー`)し ん?
J('ー`)し あれはツンかしら
J('ー`)し みたいねえ
J('ー`)し ツン!!おかえりな
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328356955/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/04(土)21:02:35ID:LP0rs22Y
女「・・・相変わらずね。ニートさん」
男「また来たのか」
女「来ないと死ぬくせに」
男「別に生きていけるよ・・・犬とかじゃあるまいし」
女「犬だってご主人様のいうこと聞くし」
男「別にお前は俺の主人でもないじゃん・・・ただの隣人だろ」
女「まあね」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/04(土)21:10:28ID:LP0rs22Y
女「ん、昼ご飯食べた?」
男「うん・・・皿置いといた」
女「さんきゅ」
男「・・・」
女「あのさ、あたしが学校行っている間って何しているの?」
男「・・・寝てる」
女「テレビも無いのに・・・暇じゃない?」
男「だって・・・音楽聞きたくないし」
女「あっそ・・・」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/04(土)21:17:13ID:LP0rs22Y
女「・・・あ、お母さんから手紙来てた」
男「・・・ん」
女「お金はあたしが管理するから」
男「・・・別に使わないしいいのに」
女「ダメ!お母さんから頼まれているのよ?馬鹿息子をよろしく?って」
男「・・・なんでこいつなんだ」
女「お母さん同士が仲が良いんだって。言ってたじゃない?」
男「いや・・・それにしたって同い年の・・・高校二年生に頼むのは酷じゃね・・・?」
女「そう思うなら働きなさいよ」
男「えー」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1328535267/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/06(月)22:34:27ID:pilhdz9k
地球「お前、太陽系で一番自転速度遅いの、気にしてんだろ?」
木星「べ、別に気にしてねーし・・・そんなことよりてめぇの星なんかより俺の方がでけぇし!」
木星「そ、それに衛星だって63個もあるんだぜ?63個。やりたい放題だぜ!」
木星「それに比べて、なんだぁそのだっせぇ地味な色した衛星はよぉ?」
地球「てめぇ・・・・月さんをバカにしたな・・・・・・?」
木星「あぁ、なんだって?」
地球「月さんを侮辱する奴は絶対に許さんぞ!」
月「や、やめて地球さん!私は平気だから、ね?お願い・・・・」
月「もういいの・・・ね?地球さん・・・・・・」
地球「月・・・・」
月「地球さん・・・・・・」

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/07(火)01:59:30ID:5MKp1wtA
木星「てめぇら、イチャイチャしてんじゃねーよ!」
地球「雰囲気ぶち壊すなよ、絶対0度守れっつーの。」
木星「どうして俺がてめぇらのイチャラブみて楽しいんだよ!」
地球「てめえぇんは63人おいるじゃねーか。その中から選んじ前よ。」
地球「ふざけてねーでかかって来いよオラオラ!」
月「だ、だめだよおぉ・・・大家さんに見つかったら前見たいに太陽フレアかぶせってくるよ!?」
木星「あぁ、あれはやばかった・・・・」
地球「マジ人間生き残れるか心配したわ。」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/02/07(火)02:59:13ID:5MKp1wtA
地球「でもよ、お前どうしてそこまでしてえ月ちゃんに拘るわけ?それに63個も衛星持ってる癖によ。
俺に恨みでもあるのか?。
木星「ち、ちげーよ・・・・俺のところには確かに土星さんにも適わねーくらいの大量の衛星がある」
木星「イオとか、アマルテアとか・・・・でもさ、形がいびつなんだよ!観てられねーんだよ!」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555599977/
1:
◆CItYBDS.l22019/04/19(金)00:06:17.60ID:ag3VAWFs0
女「……行くのね」
男「ああ」
女「行かないでって頼んでも?」
男「ごめん……君は待っていてくれ」
女「……」
男「女……」
女「ごはん!」
男「?」
女「最後に、ご飯食べていってよ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/19(金)00:07:04.46ID:ag3VAWFs0
女はそういうと、台所へと消えていった。
包丁のトントントンと軽快な音が聞こえ、はやくもよい匂いが漂ってきた。
甘く、香ばしく、食欲を促す良い匂いに、男はごくりと喉をならす。
「召し上がれ」と、机に並べられた膳に、男は瞠目した。
何かの肉をぶつぶつと乱切りにしたものに、煮えたぎった汁がかけられている。
しかしその料理は、いったい何処から、その匂いが立ち上がっているのか理解できないほどの禍々しさを放っていた。
泥と苔を煮詰めたかのような黄土色の汁と、妙に発色のいいピンクの肉が男の食欲を急激に衰えさせる。
男は、女をちらりと横目で見、しばしの沈黙が流れる。
女の自信あふれる笑顔に観念すると、男はようやく皿に箸を伸ばした。
「あぁ……」声にならない声が、男の口から洩れた。
まずい。心の底から、男はそう思った。生まれてこの方、知るよしのなかったまずさだ。
男は、その精悍な身体つきとは裏腹に、自ら台所に立つほどに料理に精通していた。
その男をもってしても、この目の前の料理?が如何にして作られたのか、想像すらつかなかったのだ。
「どう?」
「……もう行かなくちゃ」
女の問いに答えることなく、男はスッと立ち上がった。
嘘をつくことが苦手な男は、沈黙を守った。正直な感想を言って、女が悲しむことを避けたかったのだ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/19(金)00:07:31.79ID:ag3VAWFs0続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1327766783/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/01/29(日)01:06:23ID:CtwXZbu2
幼女「ふぇぇ おまたがムズムズするよぉ」
幼女「ふぇぇ 公園のおトイレ行ってもなおらないよぉ」
オタク「デュフッwwwデュフフッwwwww」
幼女「ふぇぇ あそこに座ってるおじちゃんに聞けばなおるかもしれないよぉ」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/01/29(日)01:07:03ID:CtwXZbu2
オタク「デュフッwww眼福なり眼福なりwww」
オタク「鉄棒やジャングルジムを眺める奴は素人」
オタク「砂場にしゃがんで遊んでいる女児をじっくりと観察するのがプロでござるwww」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/01/29(日)01:07:25ID:CtwXZbu2
オタク「オゥフwwwおまたのゴムがゆるパン女児キタコレwww」
オタク「成長を見込んで大きめのパンツを買ったご両親GJなりwww」
オタク「もうすこし、もうすこし日差しがwwwもうちょっとで な か み がwww」
幼女「ふぇぇ おじちゃんなにしてぅのぉ?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/01/29(日)01:07:50ID:CtwXZbu2
オタク「!!!真っ赤なワンピーススカートの女児に発見されたでござるwww」
オタク「ペロwこれは間違いなく親同伴www」
オタク「『おかーさん変なひとだよぉ』→『ちょっとあなた?!』→ケータイ110→タイーホの流れwww」
オタク「ヤバスwww拙者秘蔵の虎の巻HDDがwwwまさに危険がピンチwwwwww」
幼女「ふぇぇ おじちゃん一人? ここでなにしてぅの?」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/01/29(日)01:08:03ID:CtwXZbu2
オタク「同志ガリオタwww拙者、ついに幻想郷入りするでござるwww」
オタク「紅白はいないが、たくさんの黒白がいるあの大結界(高い塀)の中で待ってるでご
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。