SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ガールズ&パンツァー
タグ一覧の表示
<<
2018年06月
>>
15件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/17(火)18:54:00.39
ID:opkaBdCO0
まほ「来ないな……」
 早朝。学園艦黒森峰女学園の戦車道練習用グラウンドで。
 私こと西住まほ以下、戦車道履修者たちは一向に現れる気配のない逸見エリカを待ち続けていた。
 日課の朝練である。
 いつもならエリカは誰よりも早くやってきて睨みを利かせているのだが、今日に限っては定刻を過ぎても姿を現していなかった。
まほ「仕方ない、呼びに行ってくる。エリカが寝坊するとは思えん。連絡も出来んほど体調を崩してるのかもしれない」
赤星「それなら私が……」
まほ「いや、あいつも弱った姿をあまり見られたくはないだろう。お前たちは先にいつものメニューを始めていてくれ」
 告げて、私は練習場を後にし寮へ向かう。
 ああは言ったが、エリカも人間だ。寝坊することもあるだろう。
 あいつは私の中で次期隊長に内定している。
 これから指揮する相手に弱みを見せたがる性格でもないし、ここは私が一肌脱いでやるとしよう。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/28(月)21:12:17.99
ID:4ErbA/3U0
エリカ「あんた、さっきのなに!?バカじゃないの!?それともバカにしてんの!?」
大洗のミーティングルームにエリカの怒声が響く。
大洗と黒森峰の合同練習、そこでみほがエリカの逆鱗に触れたのだ。
沙織「ちょ、そこまで言わなくても……。」
エリカ「私はみほと話をしてるの。引っ込んでなさい!」
沙織が止めに入るがそれでもエリカは止まらない。
沙織が無理ならば他の誰でも無理だろう。室内に嫌な空気が流れはじめた。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/20(日)22:09:51.11
ID:z5uEkzys0
まほ「みほだな。」
アンチョビ「ちょっと待て!どうしてそうなる!」
まほ「どうもこうもないだろう安斎。」
アンチョビ「安斎じゃない!アンチョビ!スレタイではアンチョビって言ってるじゃないか!」
まほ「メタるのは良くないぞ安斎。」
アンチョビ「アンチョビ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/16(水)20:59:23.87
ID:eeJxIamm0
梓「他校に見学……ですか?」
杏「そーそー、もう話は通してあるからさ。」
生徒会室に呼び出された梓は杏から他校へ見学を言い渡された。
突然の呼び出しに嫌な予感を感じていた梓だったが、それが外れたのか当たっているのかわからない内容に複雑な気持ちを抱いていた。
梓「それはわかりましたけど、よくそんなの他校が許してくれましたね。」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/10(木)21:32:11.28
ID:PgTP/33L0
エリカ「ふふ、ふふふ……。ついに、ついに手にいれたわ……!」
エリカ「プライズ!西住みほ!黒森峰バージョン!」
エリカ「隊長、私と来てついにみほ!黒森峰の3トップが揃い踏みね!」
エリカ「これをこう並べて……はぁぁぁ!!!最高!!!理想の家族像!!!」
エリカ「はぁはぁ、さて、恒例のおパンツチェックを……!ありがたやありがたや。」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/07(月)20:59:54.20
ID:IzFWzj0A0
前作の派生です。
経緯はこちらをお読みください。
【ガルパン】沙織「みんなが男の人になっちゃった」
/b>


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆eltIyP8eDQ2018/05/06(日)21:06:31.81
ID:py9Gh1ja0

ゴンッ
みほ『あ痛っ!?』
エリカ『バカねぇ。よそ見してるからよ』
みほ『うぅ……』
エリカ『ほら、見せてみなさい。……大丈夫、ちょっと赤くなってるだけよ』


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/04(金)21:11:56.09
ID:fA3LPmJK0
カチューシャ「エリーシャ、肩車しなさい」
エリカ「はあ?ってエリーシャって私?」
カチューシャ「あなた以外誰が居るのよ」
エリカ「嫌よ、私より背の高い子は向こうにいくらでもいるでしょうが」
カチューシャ「この偉大なカチューシャ様を肩車出来るのよ?光栄に思わないのかしら」
エリカ「私にどこにメリットがあるのよ…」
カチューシャ「いいから早く」
エリカ「…はぁ、ほら、早くしなさいよ」スッ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/02(水)20:41:47.69
ID:7dtuzoSF0
沙織「わぁ、結構並んでる。流石新年ってとこだね。」
華「行列に巻き込まれる前にお願いをかけておきましょうか。」
優花里「そうですね。じゃあお賽銭を入れて……。」チャリンチャリン
沙織(モテモテになりたい!)


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/28(土)00:24:19.61
ID:YK6reToq0
審判『フラッグ車走行不能!聖グロリアーナ女学院の勝利です!』
何度もやった大洗と聖グロリアーナのエキシビションマッチ、しかし大洗はいまだに勝利することができずにいた。
みほ「みなさん、お疲れさまでした。」
梓「お疲れさまでした!」
大洗の隊長、西住みほが副隊長の澤梓と共に試合後の挨拶をすると、聖グロリアーナの隊長であるダージリンと副隊長のオレンジペコが挨拶を返す。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/27(金)00:49:18.03
ID:kQP8nufF0
みほ「うーん…」
沙織「どうしたのみぽりん、便秘?」
みほ「いや、気張ってるわけじゃないよ…ほら、アンツィオのアンチョビさんって安斎っていうんだよね」
優花里「本名はそうでしたね」
みほ「他の学校もすごく個性的な名前が多いなって」
華「確かに、カチューシャさんだったりアッサムさんだったり」
みほ「その人達の本名が気になってね」
麻子「案外普通かもしれないぞ、特別驚きはないと思うが」
みほ「最近そのことで頭が一杯なの」
沙織「最近練習でうわの空だったのはそのせいだったんだ…」
優花里「分かりました!不肖秋山優花里、西住殿の疑問を解決して見せましょう!」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/23(月)23:49:05.91
ID:BzpF31VT0
黒森峰女学園の新隊長、逸見エリカは元隊長である西住まほの実家に来ていた。
目的は戦術の引き継ぎ、それはすなわち西住流の理解を深めるということだ。
幼いころから西住流を志しているエリカは、既に社会人にも引けを取らないくらいの実力を持っていたが、それでも西住流の体現であるまほには遠く及ばなかった。
だからこそまほからの指導がエリカには必要だった。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/21(土)00:16:42.39
ID:LdB+JsLd0
まほ「集まったな。それではこれより西住流段位認定試験を始める。」
沙織「ちょっと待ってください!」
華「私たち、何も知らされてないんですが……。」
優花里「西住殿はどこにいるんですか?」
麻子「説明を要求する。」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/18(水)23:48:19.98
ID:AGqJyPpl0
沙織「ゆかりん、急に呼び出してどうしたの?」
華「言われた通りみほさんには声をかけませんでしたけど……。」
麻子「何か悩みでもあるのか?」
優花里「はい、実は皆さんに折り入ってお願いがあるんです……!」
沙織「水くさいなぁ、なんでも言ってよ!」
華「私たちにできることなら力になりますよ。」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。