SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ガールズ&パンツァー
タグ一覧の表示
<<
2017年12月
>>
54件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/11/27(月)00:05:27.85
ID:M5cOWKJN0
ガルパンSSです
さおりんがロクな目に遭いません

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/11/27(月)00:07:22.44
ID:M5cOWKJN0
4号(ブロロロロ……)
優花里「学園艦も戻ってゴタゴタも全部片付いて……平和ですねぇ西住殿」
みほ「12月9日に何か起こりそうだけどね」
優花里「へ?」
みほ「なんでもないよ優花里さん。それより沙織さん、お店ってどの辺にあるの?」
沙織「もうそろそろだよみぽりん。あと5分くらい走れば着くと思う」
麻子「運転するのは構わないが…その店は戦車を停められるのか?」
華「電話したら駐車場のスペースを広く使う許可をいただけましたので、大丈夫かと。なんでも戦車道のファンだそうで」
麻子「ならいい。まったく、全部片付いたからって気が緩みすぎじゃないか沙織。これ以上食べ歩いたらさすがに太るぞ」
みほ「食べ“歩き”じゃないけどね」
優花里「冷泉殿様様です」
華「ありがたや」
沙織「麻子大好き」
麻子「や”め”ろ”」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆yef3W6r46A2017/11/13(月)22:43:38.45
ID:A74pJpKR0
TV「FIGHT!!!」
ねこにゃー「………」カチャカチャカチャカチャ
TV「波動拳!!!」
ゴモヨ「ありえない……」
ねこにゃー「ん?」
ゴモヨ「人は手から火の玉なんて出せない……」
ねこにゃー「当たり前……」
ゴモヨ「ゲームとはいえ、おかしいと思わない?」
ねこにゃー「全然…」
ゴモヨ「私は納得できない…」
TV「KO!!!」
ねこにゃー「確かにゲームを含め、フィクション作品は非現実的なものが多いよ……」
ねこにゃー「メタいこと言えば、ボク達どころかこの世界すら存在しないし……」
ねこにゃー「でも……逆にフィクション作品をすべて現実にしたらどうなるのか……」
ねこにゃー「2人で考えて見よっか………」
ゴモヨ「うーーん……」
_____________________
ねこにゃー「っというわけで、ショートコント集。」
ねこにゃー「テーマは、『もしあれが現実になったら』。」
ねこにゃー「始まりだニャン♪」
ゴモヨ「誰に言ってるの!!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆o8JgrxS0gg2017/11/13(月)23:07:05.97
ID:izrf7FiJo
【オープニングです!】
アズミ「…え?その話、いますること?」
ルミ「隊長の命令がなくてヒマだけどさ、まだ試合中だよ?」
メグミ「…分かってるわよ。いい?もう1回言うわよ?」
アズミ「どうぞ?」
メグミ「年上のお姉さんっぽくて、どことなくエロいのがアズミ」
アズミ「照れるわね」
メグミ「ボーイッシュっぽくて、メガネかけてるのがルミ」
ルミ「外面の特徴って言うなら、そうかな」
メグミ「…私は?」
アズミ「…」
ルミ「…」
メグミ「ちょっと…」
アズミ「いや…」
ルミ「ご、ごみん…」
メグミ「ビジュアルだけでいうと一番地味だし…ねぇ?」
アズミ「でも、大洗戦だとセンターにいたし、普段から良い戦車回してもらってるじゃない」
メグミ「それは戦車道の能力としての話でしょ?キャラクターとして没個性じゃないかな、って…」
ルミ「んー、そんなことないと思うんだけどなー…」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TJ9qoWuqvA2017/11/08(水)00:55:11.19
ID:1eoSHGRv0
全編夢オチの短編集
ひまつぶしにどうぞ

2:
◆TJ9qoWuqvA2017/11/08(水)00:56:01.23
ID:1eoSHGRv0
1 愛するが故に
ケイ「アリサ、ボーイフレンドができたってホント?」
アリサ「え、ええまあ…」
ケイ「例のタカシって人?」
アリサ「…そうです」
ケイ「へぇ?良かったじゃない!どっちからアタックしたの?」
アリサ「私からです、この前の寄港日一緒に出かけた後に」
ケイ「アリサも見かけによらず大胆ね?」
アリサ「隊長には私がどう見えてるんですか…」
ケイ「ゴメンゴメン、ジョークよジョーク」
ケイ「それにしてもアリサに彼氏ねぇ…」
ケイ「盗聴するほど好きになるなんてさぞイケメンなんでしょうね」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/11/04(土)23:30:02.44
ID:EXz1yYpaO
沙織「あのさ、あたし将棋覚えたいんだけど麻子できる?」
麻子「将棋か、知らん」
沙織「素っ気ないよ、麻子冷たい」
麻子「人選を間違えてる」
沙織「どういう事?」
麻子「まず西住さんなら将棋やっていそうだ、将棋も戦車道に通じるものがありそうだしな」
沙織「そうかな?でもそう言われるとみぽりんやってそうな気がする」
麻子「五十鈴さんだって伝統文化を継承する家なんだ、やっていたっておかしくない」
沙織「華道も将棋も日本文化だもんね」
麻子「秋山さんはミリタリーマニアだ。古いウォーゲームでもある将棋をやっている可能性は高い」
沙織「そうだね。なんか将棋強そうなイメージ湧いてきたよ」
麻子「それなのにどうしてわたしの所へ来るんだ?今までの付き合いで将棋なんて話したことなかっただろ?」
沙織「なんとなく麻子なら知ってそうかなーって」
麻子「もう寝るぞ帰れ、明日も早いんだ」
沙織「明日みんなに聞いてみよー。それじゃ麻子おやすみー」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆.dsCc9AhxA2017/10/18(水)18:42:30.63
ID:gpsa2en60
しほゆかSSです

2:
◆.dsCc9AhxA2017/10/18(水)18:44:20.95
ID:gpsa2en60
今日は憧れの西住殿と一緒におうちに遊びに来ています。おうちといっても、下宿ではなく実家。つまり西住流総本山です。帰省に付き合わせていただきました。
大学選抜のときにぽつりと「行きたい」って零したこと、西住殿は覚えていてくれたのです。感激です。
一緒にパジャマパーティしたり戦車の訓練なんかもしてみたり。最早デートを通り越して夫婦生活じゃないですか!と冷泉殿に言ったら馬鹿を見る目をされましたが気にしません!
ちなみに、その冷泉殿は戦車免許取得者講習だかがあるらしくパス、五十鈴殿は華道関係の予定で、武部殿は年齢を偽って婚活セミナーに参加するそうです。つまり西住殿と二人っきり!
まあ、シチュエーション的には天国なのです。天国なのですが……
しほ「…………」ズモモモモモモ
優花里「…………」
お母さん、お父さん。わたしは今、地獄に来ています。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆o3qhmpCK4I2017/10/13(金)03:57:13.91
ID:/tzPqsWB0
最終章公開以前に書き溜めたものなので、ネタバレなし。

2:
◆o3qhmpCK4I2017/10/13(金)03:58:24.27
ID:/tzPqsWB0
みほ「もぐもぐもぐ」
みほ「あむあむ」
みほ「ずず…っ」
みは「はぁ……」
みほ「もぐもぐもぐ」
テレビ「嫁が待っとき!言うて
 タンッタンッタンッタン来て
 電気パンッ点けて
 足の裏バーンッ見たら
 おかきやったんです」
みほ「ふふぉっ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆.dsCc9AhxA2017/10/10(火)21:56:18.82
ID:p0qToDGh0
戦車乙女たちの舞台裏を妄想したSSとなります。
閑話含めて6話。
殆どあんこうチームです。
前スレ的なもの
【ガルパン】みほ「いどばた作戦です!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆.dsCc9AhxA2017/10/09(月)01:25:03.34
ID:rpYT6XOb0
井戸端会議:かつて長屋の女たちが共同井戸に集まり、水くみや洗濯などをしながら世間話や噂話に興じたさまをからかって言った言葉。

2:
◆.dsCc9AhxA2017/10/09(月)01:26:54.51
ID:rpYT6XOb0
【動物です!】
麻子「ケーキうまい」モムモム
華「ラーメンが実に美味です」チュルチュル
優花里「西住殿?ドリンクバーとってきましたぁ」
みほ「ありがとー」
沙織「……うーん」
優花里「どうしたんです武部殿。考え事ですか?」
沙織「うん、ちょっとね。みんなを動物に例えたら何かなって考えてたの」
みほ「動物ですか」
麻子「なんでまた」
沙織「暇だったからよ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/08(日)00:33:35.77
ID:Xpk31dog0
※キャラ崩壊マシマシ
エリカ「ご、ごめんなさい隊長…共用の冷蔵庫に剥き身で置いてあったから自由に食べていいとばかり…」
まほ「いや、そんなところにしまわず素直に捨ててしまえばよかったんだ。私が悪い…!ただ私が悪いんだ!」ガンガン
エリカ「隊長!?テーブルに頭を打ち付けるのはやめてください!腐ってたくらいで怒りませんから!」
まほ「いや、そのケーキは腐ってるわけじゃない…」
エリカ「じゃあ、なぜそんなに慌てて」
まほ「…皿の裏を見てみろ」
エリカ「?」クルリ
【プラウダ製薬 製造部 心理化学チーム:作品番号46 スナオニナール】
エリカ「…………は?」
まほ「ごめん」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/07(土)11:10:30.22
ID:ocFtHe+m0
キャラ崩壊注意
みぽりんとさおりんがひどい目に遭う。あとエリカも

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/07(土)11:11:08.42
ID:ocFtHe+m0
?大洗学園にて?
優花里「いやあ、無事廃校を免れましたねえ」
華「ええ」
麻子「学園艦も戻って来たし、あの役人は責任追及で泡を吹いていると新聞にも載っていたな」
華「自業自得ですわ」
優花里「ともかく」
麻子「うん」
華「ええ」
優花里「平和ですねえ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/06(金)07:50:37.01
ID:HlHriJiu0
 戦車道チーム/ロッカールーム
アズミ「ふー、遅くなっちゃた。さっさと着替えて帰ろっと……ん?」
アズミ(……?なにこれ)
アズミ(私のロッカーのドアに──紙? 何か挟んである……)
アズミ「……メモ用紙?」
 ぴらっ……
アズミ「何か書いてある……。……げっ」
  <『アズミさん、貴方が好きです』
アズミ「げっ……。」
アズミ「……。」
アズミ「も?……ちょっとぉ……」
アズミ(ハァー……勘弁してよ……ここ最近は安心してたのに、またこーいうのかぁ……。ほんと、いったい誰……?)
アズミ「……。」ぺらっ……
   <『当方女ですが、よかったら付き合ってください。YES/NO』
アズミ「っ……ったく……!」
 びりーっ、びりーっ!
アズミ(どこの誰かは知らないけれど、大学生にもなって──ラブレター!?)
アズミ(『女ですが』ってゆー前置きが余計にむかつく、なっさけないわねぇ……)
アズミ(こんな回りくどいこと何度も何度も……そんな無駄な事してないで、さっさっと面と向かって直接告れっつーの! きちんとお断りしてあげるからさっ)
アズミ(同性だからなんだってのよ……振られる勇気もない傷つく勇気もない、その軟弱な態度がそもそもアウトでしょ!)
アズミ(ていうか……チームメイトの誰かかもしれないって思ったら──普段の練習もなんか微妙にやりづらいんだからねっ!?)
アズミ「……ええい、こんなものっ」
 グシャグシャ……ぽいっ!
アズミ「ふん」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆o8JgrxS0gg2017/09/18(月)23:02:22.01
ID:tb49rCRNo
沙織「みぽりん、おはよっ」
麻子「おはよう、西住さん」
みほ「あ、沙織さん、麻子さん。おはよう」
沙織「はぁー、やっぱり月曜のこの時間はいつも以上に眠たいなぁ…」
麻子「また夜更かしして結婚情報誌を読みふけっていたのか」
沙織「ちょ、そんなんじゃないってば!」
みほ「…あれ?」
沙織「みぽりん?」
みほ「あそこで壁に寄りかかってるの、華さん?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆jPr03Kti1lbd2017/09/18(月)14:27:22.56
ID:l05epgZNO
菊代「みほお嬢様、最近テレビや雑誌に引っ張りだこですね」
しほ「そうですね」
しほ「無名校を優勝させて、大学選抜に勝ったのですから」
しほ「それにあのみほがテレビ慣れしてきてるなんて…」
まほ「みほは私より表情豊かですから」
まほ「ウケもいいですよね」
菊代「選手たちのグッズとかもたくさん出てますよね」
菊代「スマホケースとかキーホルダーとか」
菊代「時計やマグカップなどもありますよね」
菊代「私、まほお嬢様とみほお嬢様のぬいぐるみが欲しくて」
菊代「UFOキャッチャーで頑張って取りました」
まほ「菊代さん、UFOキャッチャー下手そうなのに…」
しほ「戦車道連盟の資金集めのためですね、お金のかかる競技ですから」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/09/08(金)02:32:03.73
ID:nzHpWTAn0
※ニルギリさん視点。
※ルクリリさん、ニルギリさん、ローズヒップ他が、金時山に登るだけの話。
※ルクリリさんは2年生、ニルギリさんとローズヒップは1年生設定。
※いきおいで書いた。 すまぬ。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/09/08(金)02:35:33.55
ID:nzHpWTAn0
まーさかーりーかーついでー きーんたーろーうー♪
…って童謡、日本人なら一度は聞いたことありますよね。
そう、金太郎です。
物語としては相当に有名でしょうから、ここであらためて説明することは致しません。
ただ、実在の人物がモデルになっている、ということについては、童謡や物語ほど広く認知されてはいないと思います。
坂田金時って人なのですけれども、足柄山で生まれたこの人、平安時代の中頃に源頼光と出会って家来になった後、酒呑童子って鬼を退治したので、後世になって物語として語られるようになりました。
この足柄山、今の時代では「金時山」と呼ばれております。
標高1212m、神奈川県の箱根エリアに位置するこの山は、頂上に「金時茶屋」という休憩処が設置されており、また、半日もあれば麓のバス停から頂上へ登って降りてこられる、という手軽さもあって、日帰り登山が味わえる山として神奈川県民に親しまれております。
私はまだ登ったことが無かったのですが、聖グロリアーナ女学院は神奈川県出身の生徒が多いので、この金時山に登ったことがある、という方は結構いるみたいですね。
それで、なんで唐突に金太郎の話なんかを持ち出したのかといいますと……


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LvkSa83W7.2017/08/10(木)17:51:25.50
ID:TqgzCOCD0
亜美「大洗女子学園の勝利!」
ワァァァァァァ……!!
―――――――――――――――――――――
?夜・蝶野亜美の部屋?
亜美「というわけで凄かったんですよ!」
???『あー、その試合ならネットで動画観たよん。やるじゃん今の高校生諸君!』
亜美「大熱戦だったでしょう!?もう私観てて燃えちゃって燃えちゃって!」
???『おいおーい審判長?!依怙贔屓は良くないぞ?!』
亜美「そんなことしてませんってー。公平ですよ公平」
???『ふーん。ところで君さー、もう夜だけど起きてていいのかい? 明日の仕事は?』
亜美「いいんですいいんです!明日は久々の非番なんで!実業団チームの訓練も無い完全オフなんていつ以来かなぁ。もう1日ゴロゴロしてようと――」
???『マジで?じゃーチョードイイや!今から車頼むわ!』
亜美「……ふぇ?」
???『帰るから、日本。成田によろしく?!それじゃ!Tschüss♪』ブツッ
亜美「……え……マジですか……」
――――――――――――――――――――
※謎に包まれた逸見の姉に迫るガルパンSS
※ほぼオリキャラ、キャラ崩壊、矛盾点、独自設定その他もろもろ毒も薬も飲み込もう。
※明日有明に参戦する方は早めに寝ましょう。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/08/26(土)21:24:49.98
ID:hCip+/ix0
※山郷さんがアリクイさんチームと一緒に走る話。
※作者は大洗町をちゃんと巡ったことがありません。
※また長くなってしまった。すまぬ。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/08/26(土)21:25:41.31
ID:hCip+/ix0
『県立大洗女子学園 生徒会 日報』  
9月 最終週 金曜日   記:河嶋桃


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆OBrG.Nd2vU2017/06/25(日)14:23:26.52
ID:Nq27nfbX0
※天然ジゴロな西隊長を、西隊長自身の目線で語るだけのSSです。
 私も天然ジゴラーな西隊長を書きたかったんや……。

2:
◆OBrG.Nd2vU2017/06/25(日)14:24:06.46
ID:Nq27nfbX0
勢い良くパンと合わせた両手に、皆の視線が集まる。
「いたーだきーます!」
私の号令の後に続く、隊員達の元気な声。
「いたーだきーます!」
「やった!今日はシャケであります!」
「おおい!急須を取ってくれ!」
「早速、豚汁のおかわりに吶喊!」
隊員達による賑々しい空気が、食堂に満ちていく。
私はいつもと変わらないその喧騒に苦笑しながら、箸を手に取った。
銀シャリと豚汁、漬物、焼き鮭。
今日の夕飯のメニューだ。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆45SR4r0flud5[sagesaga]:2017/02/07(火)23:37:24.08ID:tvGqk2y/O
まほ「本日集まってもらったのは他でもない。我々に関する噂についてだ」
ノンナ「......」
梓「......」
エリカ「......」
ダージリン「......」
アリサ「......」
まほ「各々の噂について意見を出し合い、不当な評価を覆さねばならない」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486478244

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/08/15(火)12:05:21.25ID:Gi0VAXSa0
ヴィーネ「おめでとう、サターニャ」
ラフィエル「おめでとうございます、サターニャさん!」
サターニャ「ふふふ……この大悪魔サタニキア=マクドウェル様の生誕を祝うがいいわ!」
ヴィーネ「もう、こうやって誕生パーティーを開いてるでしょ?」
ラフィエル「うふふ」
ヴィーネ「飾り付けもしたし、ケーキも用意したし!」
ラフィエル「楽しい一日になりそうですね?!」
ヴィーネ「そうね!」
ヴィーネ「じゃあさっそくサターニャの誕生パーティーを始める……」
ヴィーネ「…………わけだけど……」
ラフィエル「……人数が……」
サターニャ「あれ!?ガヴリールは!?」
ヴィーネ「呼んだはずなんだけど……まだ来てないわね……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1502766320

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/08/01(火)18:01:38.00
ID:xS/XJqfhO
杏「今年の文化体育祭なにやろっか?」
桃「去年同様、泥ンコプロレス大会で良いのではないでしょうか」
杏「去年と同じじゃ芸がないな」
桃「では球技ではいかがでしょう?」
杏「いいねー、各選択科目ごとに違う事出来るし」
桃「我々は何をやりましょう?バレーボールでしょうか?」
杏「バレーはなんか違うんだよね」
柚子「では野球なんてどうかしら?」
杏「最近盛り上がってるみたいだしいいんじゃない」
柚子「大きな大会もありましたし」
杏「でも教えられる人がいないんだよね。野球部は二年前廃部になっちゃったから」
柚子「心当たりがあります」
杏「かーしま」
桃「はっ、連絡して参ります」


続きを読む

[ 閉じる ]
454:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/06/08(水)15:45:04.76ID:JWFYHIsZ0
小ネタ
みほ「ドリンク・ウォー」

続きを読む

[ 閉じる ]
214:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/06/02(木)07:57:18.90ID:m5NE27jT0
優花里「西殿、いらっしゃいますか?」トントン
絹代「いらっしゃいませ秋山殿、それに島田殿ではないですか今日はどのような御用で?」
優花里「実は島田殿の好き嫌いの克服にご助力していただけないかと思いまして」
愛里寿「茄子がどうにも苦手で困っている、どうか助けて欲しい」
絹代「それは良いのですが一体どうしてまた?」
愛里寿「この時期にになるとお母様が味噌汁にナスを入れたり煮物の茄子を出したりしてきて・・・あのドロドロの触感と水っぽくて変な匂いがどうしてもダメなんだ」
優花里「茄子はピーマンを抜いて嫌いな野菜ワーストワンになったこともありますからね、美味しいんでありますけどね」
絹代「分かりました、微力ながら協力させていただきます」
愛里寿「ありがとう、助かる」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/05/29(日)17:27:12.96ID:FQ6FOFKY0
ダージリン「ふんふんふーん、ふっふっふーん」ガサガサ ギュウギュウ
オレンジペコ「ダージリン様何をされているんですか?」
ダージリン「ペコですか、私はこれから料理修行の旅に出ようと思いますの」フンス
オレンジペコ「そうですか、がんばってください」ペラッ ペラッ
ダージリン「ペコ・・・そのなんと言うか・・・もうちょっと興味を持ってくれてもいいではなくて?」
オレンジペコ「はぁ・・・めんどくさいですね、どうしたんですか?ダージリン様」
ダージリン「ペコ、実はこの前の大会で実感したんです。私にはまだまだ料理が極めれていないと」
オレンジペコ「それで料理修行ですか・・・」
ダージリン「そうですの!では、早速行きますわよ」グイグイ
オレンジペコ「私も行くんですか?」ズルズルズル
ダージリン「当たり前です!一人では寂しいでしょ」
オレンジペコ「はじめから付いてきてくださいと言ってくれればいいのに・・・」ハァ

続きを読む

[ 閉じる ]
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/05/17(火)17:54:32.32ID:+RRYo0Nl0
?西住家?
みほ「こうやってみんなで御飯食べるなんて久し振りだね」パクパク
しほ「みほ!もっとゆっくり食べなさい」
まほ「みほが大洗に行ってしまって以来だからな、こうしていると昔を思い出すな」
みほ「そうだねお姉ちゃん・・・この前は助けに来てくれてありがとう」
まほ「そんなこと気にするな、家族なんだからな」
みほ「うん、でもありがとう!それにしてもお母さんのごはんは本当にに美味しいなぁ」
まほ「ああ、本当においしい」パク
みほ「やっぱり結婚するならお母さんみたいに料理が上手な人がいいよね」
まほ「みほが作るんじゃないのか?」
みほ「うん!やっぱり私は食べるほうが良いかな」ハハハッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆s2tmI36vx6[sagesaga]:2016/08/08(月)23:18:18.97ID:T+DhBd/70
沙織「今度の帰港はどこ行こっかな?♪」
みほ「沙織さんなんだかご機嫌だね?どこか遊びに行くの?」
麻子「またか、…まぁ沙織が楽しいのならそれでいいんだが」
沙織「んー、なんかね?こう触れるたびに気持ちがわかるようになるっていうか…何を欲しがってるのか、どんなシチュエーションが好きなのか…ほら、私って
尽くすタイプだからぁ?」
華「尽くしたこともないのに?…とも言えなくなってしまいそうですね…」
沙織「あ、でもなかなか振り向いてくれない子が居るんだよねー。ちょっとシャイな子でさー、こっちがアピールしてもそっぽ向いちゃってー…ほかの子にはす
ぐ手を出すくせにさぁ…そんなんじゃ私だって他の子に浮気しちゃいそうだよ…」
優花里「な、なんだか真剣な話になってますが、…どんな方なんですか?」
沙織「マル」
みほ「まる…さん?」
沙織「うん、よく近所で見かけるんだけどー。のんびりしてるっていうかボーッとしてるって言うか…の割にはガード硬くってー。かと思ったら時々すごく激しっ
て…どうにかものにしてやりたいんだけどねぇ?」
優花里「は、激しいって…いつの間にそんな」
華「まぁ、まぁ、まぁ!」
麻子「…マルスズキだろ。ちゃんと言え」
沙織「あ、うん。他の子たちは基本ポイントを見定めて、存在感をアピールしてあげれば釣れてくれるんだけど、シーバスってなまじ身近なだけによくわかんなくっ
って…居つきだと一度釣られた子も多いだろうしねー」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1470665898

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆s2tmI36vx6:2016/08/02(火)09:32:00.29ID:Anl4r+D30
沙織「ねぇねぇ、みんなは魚釣りってやったことある?」
優花里「釣りですか、以前は父とよく行っていましたねえ」
みほ「私も小さいころはお姉ちゃんとよく行ったなあ、川とか池とかだけど」
華「わたくしは金魚掬いくらいしかしたことがありません」
麻子「私もそんなものだな」
沙織「ふむふむ…半分も経験者が要ればなんとかなるかな?」
優花里「武部殿は釣りがお好きなんですか?」
沙織「んーん、やったことないよ?」
麻子「今度は何の影響を受けたんだ」
沙織「ほらこれ、今釣りガールってのが流行りなんだって!一緒に釣りして、釣れたお魚を一緒に料理して食べるなんて
素敵じゃない!?」
華「まぁ!アクティブで楽しそうですし、釣りたての新鮮なお魚も魅力的です!」
みほ「食べる前提なんだ…じゃあ海釣りだね。大洗なら釣りができる場所がたくさんありそう」
沙織「でしょー!?今度の週末は帰港だし、試合とかもないからみんなで行こうよ!」
優花里「そういうことなら、父におすすめの道具やポイントを聞いておきますね」
沙織「うん!自分でも調べてはいるんだけど、経験者の人の話があると助かるよ!お願いね!」
麻子「朝早そうなら私は遠慮しておく。帰る頃に呼んでくれ」
華「そうおっしゃらず、麻子さんも行きましょうよ。釣りを楽しめば早起きも楽しみになるかもしれませんよ?」
沙織「そうだよ麻子!せっかく遅刻取り消しになったのに、最近また登校ギリギリになってるじゃない!」
麻子「う…わかった。とりあえず今回は付き合おう」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1470097919

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆663LzicDVs2017/07/30(日)05:40:54.79
ID:DcA3DrBQ0
・劇場版ノベライズの辻に関する設定はほぼ無視しています
・官僚機構・法案成立に関する記述には多数の捏造と間違いと不足を含みます
・モブキャラクターが複数登場します

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/07/30(日)05:43:39.57
ID:DcA3DrBQ0
<九月>
 大学選抜チームとの戦いに勝利した大洗女子学園戦車道チームの凱旋に、大洗町の沿道が歓迎する地元住民やファンで大いに盛り上がっていたころ。それとは対照的に盛り下がりも盛り下がり、陰鬱で暗い雰囲気に満たされていた空間があった。
文科省庁舎内、大会議室。大勢の険しい顔をした幹部クラスの官僚たちがずらりとコの字に席を並べている。その中心に立たされ、青い顔でこめかみから冷や汗を垂らしているのが、七三分けにメガネ、ダークスーツ姿のいかにもお役人然とした風貌の男、辻廉太学園艦教育局局長である。
「で、君が絶対勝てると言うからなんとかいう列車砲だかなんだかまで無理に補助予算をつけて通したというのに、その結果がこれかね、辻君?」
 人事を統括する官房長が、スチールデスクに置かれた試合結果のレポートをいらいらと指先で叩いた。
「い、いえ、カールは列車砲ではなくて、自走臼砲といいまして……」
「そんなことはどうでもいい!」
「ひぃっ!?」
 事務官トップの事務次官にばんっ! とデスクを勢いよく叩かれ、辻は部屋の真ん中で直立不動のまま飛び上がった。
「これで学園艦統廃合プランは白紙からやり直しだぞ!それどころか連盟や学園艦関係者に警戒心を植え付けた分むしろマイナスからのスタートじゃないかね!一体どう責任を取るつもりだね、君ぃ!」
「そ、それはでございますね……お、大洗に限らずとも生徒数減少や財政難でCランク評価の学園艦はいくつもございますので、コアラの森なり、ヨーグルトなり、その辺りを1つ2つ潰せば全体の帳尻は合わせられるかと……」
 辻は無意識にハンカチで汗を拭き拭き、どうにかその場をしのごうとするが……
「君は馬鹿か」
「は、はい
続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆s2tmI36vx6[sagesaga]:2016/08/17(水)21:58:34.66ID:Kv6ZLMLWo
男「よせ……くん!……わかるが、早ま……」
男2「……ください!どうした……です!こんなこと……!」
メガネの男「……」ニヤッ
…ドサッ
 
 重工業技術の急速な発展とともに、あらゆる戦場に進出した装甲戦闘車輌…戦車
鋼鉄の外皮、唸る発動機、全てを蹂躙する無限軌道…そして雄叫びを上げる主砲。人類は新たな脅威をも生み出すことになった
しかし、怪物としか形容し得ない彼らを手なずけ、一つの道を築き上げた少女たちが居た
 戦車道の誕生である
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1471438714

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/07/12(水)19:10:48.71
ID:7LHjJAojo
大洗女子学園 2年A組 教室
みほ「はぁ……」
みほ(今日からここで新しい学生生活が始まるんだ……うまくやっていけるかな……。友達、今度こそできるかな……)
みほ「最初、最初が肝心って……お姉ちゃんも言ってたし……」
まほ『初対面の者と話すときは、なるべく目を見たほうが良い。もし視線を外したり、泳がせてしまえば不信感を抱かせることになる』
みほ「目を見て……しっかりと話す……それだけ……それだけ……」
華「あの方、先ほどから教室の前で何をされているのでしょうか?」
沙織「ていうか、見たことなくない?」
華「大洗の生徒も多いですから。見たことがない人がいても不思議ではないかと。それに珍しくはありますけど、高等部から大洗に通う人もいるみたいですし」
沙織「それもそっか。なんか困ってるみたいだし、ちょっと声かけちゃおーっと」テテテッ
華「あ、沙織さん」
沙織「ヘイ、彼女。なにしてるの?」
みほ「はい?」ギロリッ
沙織(目つき、ヤバ!! かなりこわいんだけど!!)ビクッ


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。