SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ガールズ&パンツァーSS
タグ一覧の表示
<<
2018年07月
>>
38件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
◆.dsCc9AhxA2018/06/25(月)10:59:13.38
ID:fRc0zwwn0
・キャラ崩壊
・クソレズ

2:
◆.dsCc9AhxA2018/06/25(月)11:00:25.04
ID:fRc0zwwn0
麻子「西住さんの足についてだが」
沙織「え、ついにレズに目覚めたの?」
麻子「ついにとはなんだ。素質があったみたいな言い方して」
優花里「ミケランジェロの彫刻のようにお美しいおみ足にひれ伏して犬のように嘗め回したいですよね。わかります」
麻子「こういうのをレズと呼ぶんだ」
沙織「すいません。私が悪かったです」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/18(月)16:40:55.80
ID:tmyFMPJ00
※忍殺要素はありません。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/18(月)16:42:34.75
ID:tmyFMPJ00
秋山「試合前の挨拶がですか?」
沙織「そうそう、やれ貧弱な戦車だ、とかその程度の学校が、とか」
麻子「公式戦の相手に言う台詞じゃないな」
秋山「まぁ、そう深くとらえないでいいんですよ」
みほ「そうそう」
みほ「戦意高揚の為に試合前のアオリ・アイサツは一度までなら許されてるからね」
沙織「ええ……何それ」
秋山「古くは聖グロリアーナ発祥と言われ」
秋山「折しもプロレスブームのマイクパフォーマンスにあやかって戦車道女子の間で定着したんです」
沙織「えぇー……いいの? 戦車道って礼に始まり礼に終わる、んでしょ?」
みほ「それが理想なんだけど、やっぱり結構荒っぽい勝負事ではあるから」
みほ「勝った時も負けた時も一切態度には出さずっていうのは難しくて」
みほ「むしろお腹に貯まって慇懃無礼になっちゃったりして」
秋山「そういうのを解消するために、試合前はビッグマウスで、試合後には互いの健闘をたたえ合う」
秋山「そういう暗黙のルールみたいなものがあるんですよ」
みほ「勿論公式じゃないけどね」
麻子「西住さんもやったのか」
みほ「私は……一二度やって、向いてないって言われちゃって」
みほ「殆どエリカさんが引き受けてくれてたよ」
沙織「お姉さんは?」
みほ「お姉ちゃんは必要最低限のことしか言わないから……結局隊長副隊長が揃って嫌な事を押し付けちゃうことに」
麻子「普段の態度から見るに適任と言う気もするが」
華「というか、聖グロリアーナが発祥なんですか?」
秋山「と、言われています。聖グロの図書館には格言集の横に煽り文句大全が並んでいるとかいないとか」
秋山「実際うちとの練習試合でもまず大洗の戦車を一笑に伏してからのサンダースやプラウダを引き合いに出して他校まで煽っていくストロングスタイルを披露していた
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/16(土)22:46:36.55
ID:FGZzfSUj0
※まほチョビ要素があります。
※西住母娘がぽんこつです。
※常夫さんはずっと半笑いです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/16(土)22:48:07.16
ID:FGZzfSUj0
まほ「お母様は、アンツィオのドゥーチェアンチョビを御存知ですか?」
しほ「スカウトされてから三年でアンツィオの戦車道を立て直した」
しほ「辣腕で知られる安斎千代美さんですね。知っていますよ」
まほ「はい。自身も優秀な選手であるにもかかわらず」
まほ「ひたすら後進と自らの信じる戦車道そのものの為に身を捧げた」
まほ「尊敬すべき人物です」
しほ「そうね。それで?」
まほ「しかしもう十分でしょう」
まほ「安斎もこれからは自らが輝くために教導される立場に戻るべきです」
まほ「お母様、ぜひ西住流の名の推薦でもって安斎を私と同じドイツの大学に留学させて欲しいのです」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/06/01(金)22:45:28.12
ID:UTwhgUDY0
注意
・あんこうチームがゆるキャンするだけ
・申し訳程度のゆるキャンネタ
・キャンプ要素はある。ちょっとだけ

2:
◆saI1ZNzQKuJn2018/06/01(金)22:45:52.74
ID:UTwhgUDY0
優花里「皆さん、来週の土日空いてませんか?」
沙織「来週?確か清水港に寄る日だよね?私は大丈夫だけど。」
華「私も予定はありません。」
みほ「私もだよ。」
麻子「私もだ。」
優花里「じゃあ山中湖までキャンプに行きませんか?キャンプ場までは母が車で送ってくれるので。」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/17(火)18:54:00.39
ID:opkaBdCO0
まほ「来ないな……」
 早朝。学園艦黒森峰女学園の戦車道練習用グラウンドで。
 私こと西住まほ以下、戦車道履修者たちは一向に現れる気配のない逸見エリカを待ち続けていた。
 日課の朝練である。
 いつもならエリカは誰よりも早くやってきて睨みを利かせているのだが、今日に限っては定刻を過ぎても姿を現していなかった。
まほ「仕方ない、呼びに行ってくる。エリカが寝坊するとは思えん。連絡も出来んほど体調を崩してるのかもしれない」
赤星「それなら私が……」
まほ「いや、あいつも弱った姿をあまり見られたくはないだろう。お前たちは先にいつものメニューを始めていてくれ」
 告げて、私は練習場を後にし寮へ向かう。
 ああは言ったが、エリカも人間だ。寝坊することもあるだろう。
 あいつは私の中で次期隊長に内定している。
 これから指揮する相手に弱みを見せたがる性格でもないし、ここは私が一肌脱いでやるとしよう。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/28(月)21:12:17.99
ID:4ErbA/3U0
エリカ「あんた、さっきのなに!?バカじゃないの!?それともバカにしてんの!?」
大洗のミーティングルームにエリカの怒声が響く。
大洗と黒森峰の合同練習、そこでみほがエリカの逆鱗に触れたのだ。
沙織「ちょ、そこまで言わなくても……。」
エリカ「私はみほと話をしてるの。引っ込んでなさい!」
沙織が止めに入るがそれでもエリカは止まらない。
沙織が無理ならば他の誰でも無理だろう。室内に嫌な空気が流れはじめた。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/20(日)22:09:51.11
ID:z5uEkzys0
まほ「みほだな。」
アンチョビ「ちょっと待て!どうしてそうなる!」
まほ「どうもこうもないだろう安斎。」
アンチョビ「安斎じゃない!アンチョビ!スレタイではアンチョビって言ってるじゃないか!」
まほ「メタるのは良くないぞ安斎。」
アンチョビ「アンチョビ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/16(水)20:59:23.87
ID:eeJxIamm0
梓「他校に見学……ですか?」
杏「そーそー、もう話は通してあるからさ。」
生徒会室に呼び出された梓は杏から他校へ見学を言い渡された。
突然の呼び出しに嫌な予感を感じていた梓だったが、それが外れたのか当たっているのかわからない内容に複雑な気持ちを抱いていた。
梓「それはわかりましたけど、よくそんなの他校が許してくれましたね。」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/10(木)21:32:11.28
ID:PgTP/33L0
エリカ「ふふ、ふふふ……。ついに、ついに手にいれたわ……!」
エリカ「プライズ!西住みほ!黒森峰バージョン!」
エリカ「隊長、私と来てついにみほ!黒森峰の3トップが揃い踏みね!」
エリカ「これをこう並べて……はぁぁぁ!!!最高!!!理想の家族像!!!」
エリカ「はぁはぁ、さて、恒例のおパンツチェックを……!ありがたやありがたや。」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/07(月)20:59:54.20
ID:IzFWzj0A0
前作の派生です。
経緯はこちらをお読みください。
【ガルパン】沙織「みんなが男の人になっちゃった」
/b>


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆eltIyP8eDQ2018/05/06(日)21:06:31.81
ID:py9Gh1ja0

ゴンッ
みほ『あ痛っ!?』
エリカ『バカねぇ。よそ見してるからよ』
みほ『うぅ……』
エリカ『ほら、見せてみなさい。……大丈夫、ちょっと赤くなってるだけよ』


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/04(金)21:11:56.09
ID:fA3LPmJK0
カチューシャ「エリーシャ、肩車しなさい」
エリカ「はあ?ってエリーシャって私?」
カチューシャ「あなた以外誰が居るのよ」
エリカ「嫌よ、私より背の高い子は向こうにいくらでもいるでしょうが」
カチューシャ「この偉大なカチューシャ様を肩車出来るのよ?光栄に思わないのかしら」
エリカ「私にどこにメリットがあるのよ…」
カチューシャ「いいから早く」
エリカ「…はぁ、ほら、早くしなさいよ」スッ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/05/02(水)20:41:47.69
ID:7dtuzoSF0
沙織「わぁ、結構並んでる。流石新年ってとこだね。」
華「行列に巻き込まれる前にお願いをかけておきましょうか。」
優花里「そうですね。じゃあお賽銭を入れて……。」チャリンチャリン
沙織(モテモテになりたい!)


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/28(土)00:24:19.61
ID:YK6reToq0
審判『フラッグ車走行不能!聖グロリアーナ女学院の勝利です!』
何度もやった大洗と聖グロリアーナのエキシビションマッチ、しかし大洗はいまだに勝利することができずにいた。
みほ「みなさん、お疲れさまでした。」
梓「お疲れさまでした!」
大洗の隊長、西住みほが副隊長の澤梓と共に試合後の挨拶をすると、聖グロリアーナの隊長であるダージリンと副隊長のオレンジペコが挨拶を返す。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/27(金)00:49:18.03
ID:kQP8nufF0
みほ「うーん…」
沙織「どうしたのみぽりん、便秘?」
みほ「いや、気張ってるわけじゃないよ…ほら、アンツィオのアンチョビさんって安斎っていうんだよね」
優花里「本名はそうでしたね」
みほ「他の学校もすごく個性的な名前が多いなって」
華「確かに、カチューシャさんだったりアッサムさんだったり」
みほ「その人達の本名が気になってね」
麻子「案外普通かもしれないぞ、特別驚きはないと思うが」
みほ「最近そのことで頭が一杯なの」
沙織「最近練習でうわの空だったのはそのせいだったんだ…」
優花里「分かりました!不肖秋山優花里、西住殿の疑問を解決して見せましょう!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/23(月)23:49:05.91
ID:BzpF31VT0
黒森峰女学園の新隊長、逸見エリカは元隊長である西住まほの実家に来ていた。
目的は戦術の引き継ぎ、それはすなわち西住流の理解を深めるということだ。
幼いころから西住流を志しているエリカは、既に社会人にも引けを取らないくらいの実力を持っていたが、それでも西住流の体現であるまほには遠く及ばなかった。
だからこそまほからの指導がエリカには必要だった。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/21(土)00:16:42.39
ID:LdB+JsLd0
まほ「集まったな。それではこれより西住流段位認定試験を始める。」
沙織「ちょっと待ってください!」
華「私たち、何も知らされてないんですが……。」
優花里「西住殿はどこにいるんですか?」
麻子「説明を要求する。」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/18(水)23:48:19.98
ID:AGqJyPpl0
沙織「ゆかりん、急に呼び出してどうしたの?」
華「言われた通りみほさんには声をかけませんでしたけど……。」
麻子「何か悩みでもあるのか?」
優花里「はい、実は皆さんに折り入ってお願いがあるんです……!」
沙織「水くさいなぁ、なんでも言ってよ!」
華「私たちにできることなら力になりますよ。」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/04/12(木)20:22:38.01
ID:/W1xr3pr0
みほ「えぇ!また廃校ですか!?」
華「どうして大洗だけ毎回廃校になるのでしょうか……。」
杏「そうなんだよね。かくかくしかじかというわけでオセロ大会で優勝しないと廃校ということになっちゃった。」
優花里「ノリが軽すぎませんか?」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆jPr03Kti1lbd2018/03/26(月)23:48:12.83
ID:o4tBJkwy0

眠い目をこすりながら私は家の近くの私鉄の駅へ歩いていく。
そこから満員電車に乗り込み、都心へと向かう。
背が短い私はつり革に掴まるのが大変だから、ドア付近の手すりに捕まるのがベストだけど…。
今日も車内へ押し込められ、背伸びをしながらつり革に掴まる。
目の前のにいちゃんが、背負ったデカいリュックを私に押し付けてくる。
横にいるOLが、つり革に掴まらず両手でスマホを持ってゲーム。
電車が揺れるたびに私に体重をかけてくる。
足がつりそう。
つり革を握る手に体重がかかる。
朝から嫌な気分。
こんなのが毎日。
東京の電車なんて大嫌いだ。
大洗の、赤くて短い列車が恋しい。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/03/19(月)20:19:24.49
ID:pEP07f/C0
前作の後日談のようなものです。
前作:
【ガルパン】エリカ「弱くて強いあなたに」
まだ書ききってないのですが、今週中に終わらせるくらいの気持ちでスレ立てしました。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2018/03/18(日)21:33:38.81
ID:TwK3jZfv0
審判「黒森峰フラッグ車行動不能!大洗の勝利です!」
小梅「あーみほさんはやっぱり強いなぁ。練習試合とはいえまた負けちゃうなんて。」
大洗女子学園と黒森峰女学園の何度目かの練習試合、
車数を大洗に合わせていることもあってかここ最近は大洗が連戦連勝。
黒森峰の新隊長である逸見エリカはこの結果に表情を暗くさせていた。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆G309cXFSD.2017/12/27(水)00:19:07.44
ID:PPqZrmXA0
小梅「えっ」
エリカ「だからちょっと実験相手になってもらえる?」
小梅「どういうことなのかさっぱりわからないんだけど」
エリカ「だから、スカイプとかでビデオ通話してる相手のところに移動できるってことよ」
小梅「貞子みたいにってこと?」
エリカ「まあビジュアル的にはそんな感じね」
小梅「一ミリも信じられないんだけど、なんでそんな能力をいきなり……」
エリカ「ドイツに行った隊長と通話してたら寂しくなって、会いたくなったから鍛えたのよ」
小梅「いや、そんな気持ちだけで鍛えられる能力じゃないでしょ!?」
エリカ「とにかく、いきなりドイツはたぶんしんどいから小梅の部屋に移動してみるわね」
小梅「この状況がしんどいんだけど」
エリカ「いいから部屋でスカイプ開いて待ってなさい!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆eltIyP8eDQ2018/03/02(金)21:20:40.87
ID:9IX+GXLL0
尋常じゃないキャラ崩壊注意です。

2:
◆eltIyP8eDQ2018/03/02(金)21:21:16.97
ID:9IX+GXLL0
ボフッ モワモワー
エリカ「え?え?何この煙……」
まほ「安心しろ。毒ではない」シュコーシュコー
エリカ「そんなごっついガスマスクして説得力あると思ってますっ!?」
まほ「いや、私が吸うわけにはいかないからな。この『母性ガス』を」シュコーシュコー
エリカ「……は?」
まほ「そろそろいいだろう。ほら、窓開けて換気しよう」シュコーシュコー
エリカ「何が何だか……」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
らぐB◆asJU3gh8ZA2018/02/28(水)20:13:01.86
ID:U9zitY6mO
※劇場版微ネタバレ注意
※スピンオフ未読

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/28(水)20:13:57.76
ID:U9zitY6mO
あたしは、秋が嫌いだ。
あたしの誕生日は一月一日で冬だし、あたしの名前にもなってる植物の杏が実をつけるのは初夏のころ。杏の花に至っては春に咲き誇る。
別にそんなことは理由ではないが、とにかくあまり好きになれない。暑くて大変な夏が終わるのは結構なことなのだが、秋になるとなんとなく寂しい気持ちになるのだ。
小学校のころ、同じクラスのうるさい男子が、親の都合で引っ越してしまった後に似ている。
別に構わないのだが、なんとなく心に穴の開いたような気分になる。
だからあたしは、秋が嫌いだ。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/14(水)13:46:15.85
ID:20lwX76/O
?とある合宿所?
桃「本日は、聖グロリアーナ、サンダース、アンツィオ、プラウダ、黒森峰、知波単、継続の各校にお集まりいただき、非常に感謝している。この合宿は、先の大学選抜戦での労をねぎらうものであり、ついてはこの合宿の開催に同意しt「かーしま、長い」はっ!」
杏「じゃあ、さっきくじ引きで決めた部屋割りに分かれてねー。楽しんでってー」
※キャラ崩壊注意
※その他いろいろ注意


続きを読む

[ 閉じる ]
【ガルパン】みほ「いどばた作戦です!」
【ガルパン】みほ「いどばた作戦その2です!」
1:
◆.dsCc9AhxA2018/02/05(月)23:05:32.84
ID:bhBK1pZ30
戦車女子が駄弁る感じのSS
そんな長くない話ばかりを全五話となります
よろしければどうぞ

2:
◆.dsCc9AhxA2018/02/05(月)23:07:45.53
ID:bhBK1pZ30
【新生徒会と大学です!】
優花里「きっっっっっついですよ!」
麻子「どした開口一番」
沙織「やだ…もー…」フラフラ
みほ「うわぁ、婚活ゾンビだ」
華「本日は生徒会の職務が少々ハードでしたから、お二人ともお疲れのようで」
みほ「華さんは元気だね…会長っていう一番ハードそうな仕事なのに」
麻子「前任者は椅子にふんぞり返っているイメージがどうしてもついてるけどな。裏でいろいろ動いてくれていたが」
沙織「華はすごいよ…みぽりんといいさぁ、なんかの家元の家系に生まれると初期ステータスが増えるの?」
みほ「その分気苦労も増えるよ沙織さん」
優花里「発言が重いであります」
沙織「なんかごめん」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆.dsCc9AhxA2018/02/12(月)04:34:44.91
ID:XmezkImf0
・深夜テンション
・盛大なキャラ崩壊
・レズ
です

2:
◆.dsCc9AhxA2018/02/12(月)04:37:36.29
ID:XmezkImf0
沙織「というわけで、チョコレート作っちゃおう!」
麻子「どういうわけだ」
優花里「急に家に来いっていわれたので何事かと思いましたよ…」
沙織「ごめんごめん。いろいろ準備してたらいいそびれちゃって」
華「てっきり結婚詐欺師に騙くらかされてお風呂屋さんでバイトさせられそうになってるのかと」
沙織「私はどういうイメージなのよ。というかそんなの華たちに相談してどうすんの」
みほ「戦車の砲弾をぶちかませばどんな屈強な人間でも物言わぬ肉塊になります。ひきにく作戦です」
沙織「みぽりんが怖いんだけど」
麻子「沙織が誘ったせいで今日テレビでやる劇場版ボコがリアルタイムで見られないそうだ。録画はしてるらしいが」
沙織「? 録画してるならいいじゃない」
優花里「…武部殿が少し嫌いになりました」
沙織「なぜ」
華「マニア心は複雑なんですよ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆o8JgrxS0gg2018/01/30(火)22:17:27.57
ID:TF4dO6c9o
※聖グロ短編5本詰め。最後だけ真面目なヤツ
*最終章はまだ見てません
*一部ゆるゆり注意

2:
◆o8JgrxS0gg2018/01/30(火)22:18:12.97
ID:TF4dO6c9o
【お料理対決です!】
オレンジペコ「…というわけで、なんやかんやでアッサム様とお料理対決をすることになりました」
アッサム「省略しすぎじゃないかしら…」
オレンジペコ「えっと、私とアッサム様で別々にお料理して、審査員はルクリリ様とローズヒップさんですね」
アッサム「あれ?ダージリンは?」
オレンジペコ「…あの、ダージリン様に審査ができるとお思いですか?」
アッサム「口悪いわねペコ…」
オレンジペコ「で、こちらが参考のレシピ本です」
アッサム「あら、レシピは見ていいのね」
オレンジペコ「まぁ、知識を競うわけではありませんから…」
アッサム「ふふ、これがあれば何も問題ないわ。手加減はしないわよ、ペコ」
オレンジペコ「望むところですっ」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。