SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ガールズ&パンツァー
タグ一覧の表示
<<
2019年12月
>>
84件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2012/12/04(火)00:28:58.96ID:/5FuNYfB0
まほ「大洗偵察してくるから、今日の練習代わりに指揮取っておいて。よろしく」
エリカ「隊長、今日は取材が入っていたのでは?」
まほ「既に断りの電話を入れてある」
エリカ「……しかし大洗ごとき、偵察する必要は無いでしょう」
エリカ「それよりもプラウダ高校の方を見ておいたほうが」
まほ「プラウダ高校についてはもう何度も調査している。次は大洗」
エリカ「大洗がプラウダに勝てるとは思えません。万が一勝ったとしても、我々には勝てないでしょう」
エリカ「必要ありません」
まほ「そうやって舐めてかかると足元すくわれるぞ。弱小だとしてもちゃんと偵察くらいは」
エリカ「ていうか、元副隊長に会いたいだけですよね」
まほ「……そんなことはない」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1354548538

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2012/12/03(月)21:47:30.13ID:xjayXmcB0
優花里「え、えと、」ソワソワ
まほ(どうしたんだろう、ソワソワしてる...?話しかけようかな...)
優花里「わ、私は...西住殿が......」モジモジ
まほ「どうしたの?秋山さん」
優花里「!!!!?西住殿!?い、いつからそこに..」ガタッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1354538849

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/01(日)17:04:52.04
ID:R6qFAanHo
エリカ「隊長がアニメって珍しいですね。そういうのは見ないものだと思っていました」
まほ「ああ。普段は見ないんだが、たまたま昨日、インターネットのイヤッフゥゥゥで検索していたら偶然見つけたんだ」
エリカ「何でそんなはっちゃけてるんですか。マリオみたいになってますけど」
まほ「それで、これはかなり面白いアニメだったから、エリカにも是非見てほしいと思った訳だ。エリカもきっと私に阿鼻叫喚すると思う」
エリカ「共感の間違いでは? 何でアニメ見て隊長に泣き叫ぶんです」
まほ「ただ、これは知る人ぞ知るというマニアックなアニメらしいからエリカは恐らく知らないと思うが」
エリカ「何でしょう?」
まほ「『ガールズ&パンツァー』ってアニメを知っているか?」
エリカ「隊長、知らない方がどうかしています。私達をモデルにして作られたアニメじゃないですか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆u4BqTnPhoo2019/10/22(火)23:00:11.29
ID:upyZKghI0
 よろしくお願いしマウス
2:
◆u4BqTnPhoo2019/10/22(火)23:02:44.34
ID:upyZKghI0
― サンダース
みほ「サンダースの皆さんとの合同練習すごく良かったです、ありがとうございました!」
ケイ「お礼を言うのはこちらの方よ!ミホのドクトリンとっても参考になったわよ」グッ!
アリサ「ええ、来年は敵同士だけど次の隊長としての心構え学ばせてもらったわ」
ナオミ「サンキュー」
ケイ「じゃ、総括したいんでメモいいかしら?」
みほ「は、はい!えっと…書く物と…」ゴソゴソ…
 ボコボールペン(茨城限定仕様)
みほ「えへへ…」ニコニコ
ナオミ「…!?」
アリサ「変なボールペンね」
みほ「あ!?」ゴゴゴゴ…
アリサ「ひ、ひぃっ!」
ナオミ「ボコのご当地ボールペン…」
みほ「!!ナオミさん!知っているんですか!!」キラキラ
ナオミ「え…あ…どっかのテレビか記事で見たのを覚えてだけよ…」ダラダラ
ナオミ「すいません、隊長、私は先に部屋に戻ります」
ケイ「オッケイー!わかったわ」
みほ「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/10/27(月)13:26:21.92ID:hAXom1t+o
東富士演習場 決勝戦終了後
桃「うぇぇぇん!! えぇぇぇん!!!」
柚子「よしよし、桃ちゃん」
桃「やったよぉ……ゆずちゃぁぁん……」ギュゥゥ
柚子「桃ちゃん、みんな見てるから」
杏「勝ったんだから笑え、河嶋ぁ」
桃「だ、だってぇぇぇ……うぇぇぇん……」
みほ「……勝ててよかった」
沙織「色々あったもんね。特に生徒会チームは」
華「確かに私たちの中で最も学園の存続を危惧されていたのは、あの三人ですからね」
優花里「それだけはありません」
麻子「それだけじゃない?」
優花里「はい。西住殿と猫田殿は以前から知っていましたよね?」
ねこにゃー「え? あ、うん。知っていてもボクは結局なにも出来なかったけど」
みほ「私だって何もできなかった。むしろ会長には助けてもらってばかりだった……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1414383971

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/10/21(火)11:00:38.84ID:oB1By0iCo
大洗学園艦 日曜日
沙織「みてみて、華。私たちのポスターが貼ってあるよ」
華「本当ですねぇ。戦車道全国大会優勝と書かれていますね」
沙織「もーやだー。町中にポスターなんて貼られたら私のファンが増えちゃうぅ」
華「ファンなんていたんですか?」
沙織「これから増えるかもしれないでしょ。というか、明らかに男の人に声をかけられるようになったもん」
華「それはよく利用するお店の人でしょう?」
沙織「声をかけられるのは本当だもん!」
華「まぁ、有名になってしまったのは否定できませんね」
沙織「私でこうなんだからみぽりんなんてもっと――」
みほ「この辺りでいいかな」
沙織「あれ、みぽりんだ」
華「何をするつもりなのでしょうか」
みほ「だ、誰か私をペットにしませんかー?」
沙織「みぽりん!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1413856828

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/10/25(金)23:10:40.90
ID:TUi+rEh80
新学期
梓「先輩!朝ですよ」
梓「やっと同じ学校に通えますね」
梓「.....はい」
梓「......制服姿を見てもなにも言ってくれないんですね」
梓「え?梓はどんな格好でも可愛い?」
梓「先輩....本当にずるいですよ...//」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/10/22(火)21:36:15.84
ID:u3fsykqQO
沙織「あそこの喫茶店、二人組で入店するとケーキ無料だって!」
みほ「え、すごい!」
華「嬉しいですが経営の方は大丈夫なんでしょうか……?」
優花里「まあ、コーヒーとかドリンク類も頼むのが前提ですからね。なんだかんだ黒字になるようキャンペーンしてるんだと思いますよ!」
華「なるほど」
沙織「もちろんみんな行くでしょ?」
麻子「ああ、あそこのケーキ美味いからな」
華「ええ、ご一緒させて頂きます」
みほ「うん。行こう行こう!」
優花里「……ちょっと待ってください。5人で行ったら一人あふれるのでは?」
沙織「あ……」
優花里「あ、あはは。私はいいので皆さんで……
みほ「それじゃあ、1人分はみんなで出し合おっか!」
華「ええ、良い案だと思います」
麻子「そうと決まれば急ぐぞ」
沙織「もう麻子ってばこういう時だけは元気なんだから」
「あはははは」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/10/21(月)02:14:52.71
ID:8PDOZRM+0
みほ「ねぇ?浮気?」
男「違うってちょっと道ですれ違っただけだって」
男「そもそも浮気って....」
男「俺たち別にただの友だちだし....」
みほ「ちょっとなに言ってるかわからないけど」
みほ「もう監禁しちゃおうかな...」ボソッ
男「え?」
みほ「なんでもないよふふふ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/10/17(月)12:33:23.72ID:x2NOvQuD0
大学選抜戦・作戦会議中
まほ「好きな食べ物と作戦名は関係ないだろ」
カチューシャ「じゃあ何が良いのよ?」
まほ「」ウーン
まほ「」ハッ
まほ(ニュルンベルクのマイスタージンガー作戦、これだ!)
まほ「にゅにゅんべりゅっ・・・」
まほ「・・・」
みほ(噛んだ・・・)
エリカ(噛んだ・・・)
ダージリン(噛みましたわね・・・)
カチューシャ(噛んだわね・・・)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1476675203

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
レッドスター◆kRM.QKBezY2019/10/22(火)20:06:09.61
ID:RUfgLs9bO
ピーンポーン
みほ「うん? こんな時間に誰だろう?」ガチャ
小梅「みほさん! お誕生日おめでとうございます!」
エリカ「誕生日……祝いに来たわよ」
みほ「赤星さんにエリカさん……どうしてここに?」
エリカ「相変わらず鈍いわねぇ。貴方の誕生日だからに決まってるじゃない」
エリカ「私は別に貴方の誕生日なんてどうだっていいんだけどね」
エリカ「小梅がどうしてもって言うし隊……まほ先輩にもプレゼント渡すように頼まれてるから……それだけよ」
小梅「もーエリカさんは素直じゃないんだから」
小梅「エリカさん口ではこう言ってますけど本当は凄くみほさんに会える日を楽しみにしてたんですよ」
小梅「プレゼント選びの時だってどれにするか迷って何時間も……むぐ」
エリカ「小梅……これ以上何か言ったら晩御飯作ってあげないわよ」クチフサギ
小梅「んぐ……んー……んー!」ジタバタ
みほ「エ、エリカさん……このままだと赤星さんが……」
エリカ「あ、ああ……ちょっと力を入れすぎたみたいね」
エリカ「ごほん……ともかく私はまほ先輩のプレゼントと小梅の付き添いに来ただけだから……とりあえず部屋に入れて貰える?」
みほ「あ……ちょっとだけ待っててくれるかな。お部屋お片付けしないと」スタスタ
小梅「す、すみません。急に押し掛けちゃって」
みほ「ううん気にしないで……誕生日に人が来てくれるのって何だか新鮮だし私も赤星さんやエリカさんと話したかったから」タッタッタ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆saI1ZNzQKuJn2019/10/19(土)23:53:42.43
ID:AOsonBXw0
エリみほです
エリカの女騎士というキーワードだけで勢いに任せて書いたので至らないところは妄想力でカバーしてください
2:
◆saI1ZNzQKuJn2019/10/19(土)23:55:28.54
ID:AOsonBXw0
エリカ「お呼びでしょうか、姫様」
まほ「エリカ、よく前線から戻ってきてくれた。呼んだのは他でもない、みほとお母様のことだ」
エリカ「みほ……姫様と女王様の?そういえば姿が見えませんが……」
まほ「実は昨夜、山賊に拐われてしまったんだ」
エリカ「そんな!すぐに追わないと!」
まほ「落ち着け、エリカ。勿論あなたにも行ってもらうつもりだ。しかし知っての通り我々黒森峰王国と隣国のプラウダ連邦は戦争中……二人のために兵は多く出せない」
エリカ「構いません!私一人でもやり遂げてみせます!」
まほ「ありがとう。では二人まず預ける。あなたならば大丈夫だと思うが、危険だと思ったら無理はせず応援を要請してくれ」
エリカ「はい!必ずや救いだして帰ってきます!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2013/10/10(木)15:52:48.41ID:qdXsAWWu0
色々知識足りないのでご容赦を。みほまほ。百合。たぶん18禁
戦車は人の手によって動く機械だ。動かされるものだ。
重厚で高火力な装備をいくら兼ね備えた所で、そこに生命無き以上、轍一つ作れはしない。
戦車は、人間の魂を注いでやる必要がある。
同じように西住流には、西住まほを捧げる必要がある。
私の歩むすべての道が、西住流と言われ続ける。
過去延々と受け継がれてきたこの血によって。
真っ直ぐに、勝利のみを掴みとる。
人間の魂を削り取るように。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1381387968

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
西住みほ「最近誤射による事故が多発しているそうです」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/10/16(水)18:10:36.00
ID:Upa/W3+DO
続きであります
あらすじであります
戦車道連盟から安全対策を徹底するよう展開があり
大洗女子学園戦車道チームも対応に追われていた
そこで隊長の西住みほはいくつかの案を作成し元会長の杏と技術責任者のナカジマにプレゼンを行う
次々とされる的確な提案に舌を巻く杏とナカジマ
が、ある提案に杏とナカジマは二の足を踏んでしまう
その提案とは誤射防止のゴム製カバーを作ると言うものであったが
その姿が「とある物」にそっくりだったのだ
しかし杏は希望に目を輝かせるみほを止めることは出来ず
プロジェクトは半ば強制的に始動してしまうのだった

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/10/06(月)02:05:30.47ID:j/7i1sUP0
みほ「やることも無くてひまだなぁ〜」
みほ「誰も居ないしお姉ちゃんの部屋に潜入しちゃお!」
〜まほ部屋〜
みほ「お姉ちゃんの部屋、意外と散らかってる、服とかも脱ぎっぱなしだし・・・」ガサッ
みほ「・・・これってお姉ちゃんのパンツ・・・お姉ちゃんの部屋、いい匂い・・・」ムラッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1412528720

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆bXmsmX83I2
:
2016/10/09(日)03:08:21.22ID:EEfDdYZs0
このスレには
異常性癖ネタ
二次ネタ
ちょっとエッチなネタ
キャラ崩壊などがあります
それでも良い方は付き合ってください
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1475950100

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/09/29(木)21:39:01.97ID:SV5UEXRM0
サンダース艦にて
ケイ「それで?私に相談っていうのは?」
みほ「みんなともっと仲良くなりたいんです。ケイさんは凄く友人が多そうなので相談に乗ってほしくて」
ケイ「オーライ!でも、みんな仲良しに見えるけど?」
みほ「はい……。でも、私のことを名前で呼んでくれる人って意外と少なくって……」
ケイ「なるほどね……。分かったわ!それなら良い方法を教えてあげる!」
みほ「ありがとうございます!」
ケイ「Yourwelcome!それでね、その仲良しになれる方法なんだけど……」
みほ「はい」ゴクリ
ケイ「ハグよ!」
みほ「え?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1475152741

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆45SR4r0flud5
:
2016/09/27(火)20:11:18.61ID:UxA90TgcO
※注意:優花里とエリカがやらかします
優花里「いやぁ、大学生になってからおめでたいこと続きです!」
エリカ「本当よね。わたしはみほと仲直りできてあんた達とも仲良く飲みに行ける!」
優花里「今日はサシですけどね!それにわたしは西住殿とお付き合いすることになりましたし!」
エリカ「ちょっとぉ、どっちの西住よ?」
優花里「おっと失礼、みほ、とお付き合いしています!」(キリッ
エリカ「何よそのドヤ顔www」
優花里「あれあれぇ?そういう逸見殿はぁ?」
エリカ「隊長とお付き合いさせていただいています」
優花里「ちょっとぉ、それじゃあどこの隊長かわかりませんよぉ〜」
エリカ「あら、黒森峰の隊長、まほさんに決まってるじゃない!」
優花里「ですよねーwww」
優花エリ「「ハッハッハッハッ」」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1474974678

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆sqdUKp3x2g
:
2016/10/04(火)20:04:19.54ID:NKRl33Bc0
杏「そ。『月刊戦車道』の企画で、各校の隊長に聞いてるんだって」
みほ「へぇー、そうなんですか」
杏「というわけでさ、よろしく西住ちゃん。質問リストはもらってるから、それに沿って答えてくれれば大丈夫だから」
みほ「は、はい!」
杏「それじゃ第一の質問。『ズバリ、来年度優勝の本命はどこですか?』だって」
みほ「優勝の本命ですか……やっぱり、黒森峰ですね」
杏「ま、そうなるよね。一応理由を聞いてもいい?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1475579059

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/09/24(土)01:47:51.46ID:+3HHJ9Wn0
半年ぐらい前に
エリカ「友情は瞬間が咲かせる花であり、時間が実らせる果実である」
というほぼ同じタイトルで立てたSSに地の分を付けたのでもう一度やらせてください、オナシャス
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1474649271

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆e6ps/CejpA
:
2016/09/22(木)19:40:43.02ID:eNYLiD610
沙織「ええええ!」
華「こ…、恋人って…」
みほ「うん、恋人っていうか、将来を誓いあった人かな…。それで、ぜひ
みんなにも紹介したいし、沙織さんってこういうことに詳しいから意見を聞きたいし、
今度の日曜日いいかな?」
沙織「そ…、それはいいけど…」
みほ「ありがとう!じゃあよろしくね!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1474540842

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆s2tmI36vx6
:
2016/09/18(日)19:59:42.17ID:ScCgDHu4o
<アリガトウゴザイマシター
みほ「この学園艦にファミリーストアができるなんて思わなかったなあ。…あっ、沙織さん。おはよう」
沙織「おっはよーみぽりん!…なぁに、またコンビニでお昼買ったの?」
みほ「うん、これまでとは違った品物がたくさんあって面白いの」
沙織「あのね?前から思ってたけど、育ち盛りの高校生が出来合いものばっかりってのは感心しないよ?ちゃんと手作りのもので、栄養のバランス考えて食べなきゃ」
みほ「あ、うん…そうだとは思うんだけど、沙織さんみたいに料理上手じゃないから…」
沙織「もー、女の子がそんなんじゃダメだよ!…でもみぽりんは別に出来なくってもいいかな?はい、これ!」
みほ「…お弁当?もらっちゃっていいの?」
沙織「うん!お昼に一緒に食べようね!それから夕ごはんも、明日の朝ごはんも私が作ってあげるから!」
みほ「ありが…ええっ!?そんな、悪いよ…」
沙織「いいの、いいの!今から一緒のもの食べてれば、味の好みも一緒になるでしょ?結構結婚してからそれでモメる夫婦って多いんだってー」
みほ「…はぇ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1474196372

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆//tNxACVjU
:
2013/09/11(水)20:03:28.08ID:rFiNsV/30
桃「と言うわけで明日、合同練習試合を行う」
みほ「あの…相手の高校はどこですか?」
桃「サンダース大学付属高校、聖グロリアーナ女学院、プラウダ高校、そして黒森峰女学院だ、アンツィオ高校は資金面で無理だと言うことだ。」
沙織「強豪ばっかじゃん!!」
華「一応、優勝した私達も今では強豪校の1つなのではないでしょうか沙織さん?」
沙織「あ、なるほど」
桃「ともかく!!詳しくは明日の朝に会長が報告する為、今日は解散だ各自、戦車の整備、砲弾の補充などは今日中に済ますように…では解ちゃん!」
柚子「桃ちゃんそこで噛む?(苦笑い)」
桃「う、うるさい桃ちゃん言うな!!//」
____________________
初めてだからダラダラやりますよ(・ω・`)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1378897407

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:
2016/09/09(金)14:09:59.20ID:Wr+6zpPH0
エリカ「はい!隊長の全部出してください!」
まほ「エリカァ!」
どくどくどくどくっ
エリカ「ううっ……たいちょぉ……」
びくびくびくんっ
まほ「はぁ……はぁ…、エリカ可愛いぞ」
エリカ「隊長もかっこいいです……」
まほ「すまん、このままもう一回続けていいか?」むくむくっ
エリカ「はいっ……何度でも出してください」
エリカ「私のここは隊長専用ですから」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆2QfXBkV1Yr70
:
2016/09/05(月)22:05:26.65ID:SWgrar1N0
カチューシャ「ノンナ、このC地点からの移動をどうするつもりなのよ」
ノンナ「同志カチューシャ、こちらにその行程表が」
あたしとノンナはいつもの部屋で作戦会議をしていた。あたしたちはこの会議を一年の時から欠かしたことがない。カチューシャにかかればこんなものしなくたって勝てるんだけど、ノンナが不安そうにしているから仕方なく付き合ってあげている。本当よ!嘘じゃないわ。
部屋はこじんまりとして、他の部員が誰も使わない。一時期倉庫として使われたこともあったが、それも手狭になり、荷物を全部別館の資料室に移動させてからは、空き部屋になっていた。有り難くあたしとノンナの私物として使わせてもらっている。
ノンナ「カチューシャ、そろそろいい時間帯なのですが……」
カチューシャ「あら、そうね。じゃあ今日はここまでにしときましょうか」
ノンナ「Уразуметно」
なんといったかはわからないけれど、片付け始めたのだから了承したに違いない。ロシア語はその気になればすぐにわかる。これも本当よ。でもノンナがあたしに「あなたには無理です」なんて妙にきっぱり言い切るし、意固地になって発音の練習をしてたらノンナから鼻で笑われたわ!本当、失礼しちゃう。なにかあたしがロシア語が分かるようになったら不利益になるのかしら。要検証ね。
ノンナ「同志カチューシャ、片付けが済みましたよ」
いつの間にか部屋を来た時のようにきれいにしたノンナが声をかけてきた。
カチューシャ「ありがとうノンナ、じゃあ行きましょうか」
ノンナ「………」
あたしはドアへと向かう。
ノンナ「………」
ノンナは動かない。
カチューシャ「……ノンナ」
ノンナ「カチューシャ……様」
カチューシャ「……はぁ」
あたしはため息をつく。全く、しょうがない子である。毎日毎日こんなことをしていたらこの寒々とした空気に蝕まれてしまう。まあノンナがそうなることはないとわかっているのだが。
カチューシャ「……ノンナ、伏せ」
ノンナ「わん♪」
ノンナはその場に勢いよく伏せた。そう、犬のように。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/09/02(金)20:18:22.11ID:bzcPtzlL0
沙織「モテたい!」
麻子「何だ急に」
華「またいつものですか」
沙織「だって全国大会優勝したのにおかしくない!?」
優花里「でも、ファンレターとかはいっぱい来てるんですよね?」
沙織「うん、1日5通くらい来てる。でもそういうんじゃなくて!」
沙織「彼氏が欲しいの!ちやほやされたいんじゃなくて一人に愛されたいの!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472815101

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/08/31(水)18:01:06.73ID:k6ZN5dMKO
まほ「今度の合宿で隠し芸大会をすることになった」
エリカ「え!?」
まほ「何人かで組んで出し物をしてもらう。チームはこちらで決めたぞ」
エリカ「ちょっと待って下さい!聞いてませんよ!」
まほ「今言ったからな」

SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472634066

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2013/08/29(木)19:35:49.44ID:f1p+YysHo
・独自設定がてんこ盛りです。苦手なかたは御注意ください。
・長編とまではいきませんが、中編くらいの長さがあります。全4章。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1377772549

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/08/17(水)04:53:40.16ID:YRGOxA0zo
黒森峰にいる時の設定で
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1471377219

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
KASA
:
2016/08/08(月)13:57:57.05ID:rOyU4D3pO
アンツィオ高校学園祭〜
アキ「わぁ、お店がたくさん、すごくにぎやかだねー」
ミカ「そうだね。だけど、このお祭りは人生にとって---」
アキ「ミカ、ストップ!」
ミカ「うん?」
アキ「そーいうの、今日くらいは無しにしてよ!」
ミカ「ふむ」(ぽろろーん♪)
ミカ「アキは、嫌なのかい?」
アキ「今日くらい、素直にお祭りを楽しもうよ」
ミカ「なるほど、ねぇアキ」
アキ「なに?」
ミカ「アキが望まないのなら、むりして私と一緒にいることはないんじゃないかな?」
アキ「はあ?」
ミカ「アキにはたくさん友達がいる。べつに、戦車道以外の時間にまで私と---」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。