SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ガールズ アンド パンツァー SS
タグ一覧の表示
<<
2019年04月
>>
12件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
全てのレス
元スレ
1:
◆s2tmI36vx6
:2016/09/18(日)19:59:42.17:
ScCgDHu4o

<アリガトウゴザイマシター
みほ「この学園艦にファミリーストアができるなんて思わなかったなあ。…あっ、沙織さん。おはよう」
沙織「おっはよーみぽりん!…なぁに、またコンビニでお昼買ったの?」
みほ「うん、これまでとは違った品物がたくさんあって面白いの」
沙織「あのね?前から思ってたけど、育ち盛りの高校生が出来合いものばっかりってのは感心しないよ?ちゃんと手作りのもので、栄養のバランス考えて食べなきゃ」
みほ「あ、うん…そうだとは思うんだけど、沙織さんみたいに料理上手じゃないから…」
沙織「もー、女の子がそんなんじゃダメだよ!…でもみぽりんは別に出来なくってもいいかな?はい、これ!」
みほ「…お弁当?もらっちゃっていいの?」
沙織「うん!お昼に一緒に食べようね!それから夕ごはんも、明日の朝ごはんも私が作ってあげるから!」
みほ「ありが…ええっ!?そんな、悪いよ…」
沙織「いいの、いいの!今から一緒のもの食べてれば、味の好みも一緒になるでしょ?結構結婚してからそれでモメる夫婦って多いんだってー」
みほ「…はぇ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆Q/Ox.g8wNA
:2016/08/29(月)08:01:27.91:
JhRJQuG10

夫に離婚届を提出されてしまった――
戦車乗りの私と整備士の夫、仕事柄話が合う事も多く、元々相性は良かったと思う。
その証拠に、早婚ではあったが二人の子宝にも恵まれ、夫婦仲もこれと言った障害も無くまさに順風満帆だった。
私が西住流の家元を継ぐ事が決定するまでは。
家元の継承が本決まりになってからは、私の日常は激務に追われる事になった。
覚える事、やる事が大量に有り、家に帰れる事すら稀な毎日。
その間、夫婦の時間を作る事を疎かにしていた事は否定しない。
戦車道プロリーグ設置委員会の立ち上げ等にも関わる事になり、その状況は更に悪化していく。
しかし、私はそれが西住流家元を継ぐ者の責任だと思っていたし、夫もその事を良く理解してくれていた。
お互いに、一緒になる時に覚悟をしていた事でもある。
だから、その事が離婚の直接の原因ではない。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/08/14(日)01:57:36.30:
toYOpGBZ0
大洗女学園
桃「えー大会を一週間後に控えているわけだが、隊長の西住から全員に挨拶をしてもらい、士気を高めることとする」
みほ「えぇ!?私ですか!?」
桃「そうだ。経験者はお前だけだからな。大会までに心がけておくことなどの指導があったらそれも頼む」
杏「まあまあ気楽にさー、ガンバローみたいなのでいいし」
沙織「みぽりんがんばー」
優花里「是非お言葉をお願いします!」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/10/15(土)23:38:34.84:
2htpvFqPo

昼休み
【大洗女子学園 中庭】
みほ「お、お姉ちゃんが大洗に転校してきたってどういうこと?それって……お姉ちゃんが大洗に転校してきたってこと?どういう意味か全然わからないよ……」
沙織「どういうも何も自分で言ってるじゃん。どうしたのみぽりん」
みほ「あ……と、唐突な話でちょっと混乱しちゃって……」
華「一度深呼吸して落ち着きましょう」
みほ「そ、そうだね。すー……はぁー……………………うん、落ち着いた」
優花里「さすが西住殿ですぅ!深呼吸で落ち着くなんてぇ!」
麻子「いや、誰でも落ち着くぞ」
みほ「それで、お姉ちゃんが転校してくるって本当なの?河嶋先輩の勘違いとか河嶋先輩の早とちりとか河嶋先輩の錯覚とかじゃなくて?」
沙織「みぽりん、桃ちゃん先輩は砲撃はアレだけど普段はちゃんとしてるよ?」
みほ「あっ、そ、そうだよね。私ったら……今のも混乱してた方に入れておいてね」
優花里「もちろんです西住殿!入れますとも!」
みほ「ありがとう優花里さん」
沙織「それで転校の話だけど、間違いないみたいだよ」
華「ええ。さっき会長が言ってました」
みほ「………会長の冗談じゃなくて?」
優花里「小山殿も言っていましたから事実だと思います」
みほ「………………」
麻子「……西住さんは知らなかったのか?」
みほ「……う、うん……」
沙織「でもビックリだよねー?」
優花里「はい!大学選抜との試合のために短期転校をしたことはありましたが、今回は正式な転校ですからねぇ」
麻子「しかし彼女は三年生だろう?この時期に転校というのは不自然じゃないか?」
沙織「うーん、言われてもればそうかも……」
みほ「………………」
優花里「……西住殿?顔色が悪いようですが……」
みほ「……え?そ、そんなことないよ。私いつもこんな色だから」ハハ..
優花里「いえ!いつもはもっと神々しい顔色ですぅ!」
みほ「とにかく大丈夫だよ。心配してくれてありがとう
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
◆bL5b7ovQmQ
:2016/06/20(月)22:51:10.59:
oFffuMIq0
?戦車道練習後?
沙織「もーみぽりん厳しすぎるよ!」
みほ「あはは...」
優花里「武部殿が戦車に乗っているときにゼクシイを無言で破り捨てるからですよ...」
沙織「だって?あれ見てると無性に腹が立つんだもん!」
まこ「じゃあ読まなきゃいいだろ」
沙織「ストレスをパワーに変えてるの!」
華「あのー、少しよろしいでしょうか」
みほ「なんですか?華さん」
華「みなさんに聞いてほしいことがあります...」
優花里「五十鈴殿ともあろうお方があらたまってどうしたんですか?」
沙織「相談?だったらいくらでも乗るよ?」
まこ「ゼクシイ破くやつに相談なんかしたくないだろ」
沙織「やだもーまこは黙ってて!」
華「あの...」
みほ「ほらみんな華さんの話聞いて!」
沙織「ごめんごめん!」
まこ「話してくれ」
華「わたくし実は」
華「とある病気に感染してしまったようなんです...」
四人「病気!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2016/07/16(土)04:26:47.501:
VXO1qrWp0.net
みほ「えっと…お、おめでとう…ございます?」
まほ「ああ、ありがとう」
みほ「でも高校生で妊娠って…」
まほ「大変なのは分かっている。だが西住流として逃げるわけにはいかない」
みほ「そっか…」
まほ「ああ」
みほ「……あの」
まほ「ん?」
みほ「この事、お母さんには…」
まほ「いや、まだ話していない…みほに一番に伝えたくてな」
みほ(何で私になんだろう……?)
まほ「心配するな、元は同じ遺伝子なんだ。どちらに似てもきっと可愛い子になる」
みほ「……えっ?」
まほ「西住流に恥じない、立派な子にしよう」
みほ「」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/06/26(日)19:21:43.27:
nXei+AYYO
杏「大洗女子学園の廃校は、戦車道の全国大会で優勝したことで取り消しとなったはずです。」
辻「大洗女子学園の廃校は決定事項だ。予定通り、廃校とさせて頂く。」
杏「大会で優勝したら廃校の件は取り消しにするという約束だったはずです。」
辻「単なる口約束だ。誓約書もない。残念だが諦めて貰おう」
杏「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/01/25(月)09:07:14.68:
fbN9Jym1o

 親譲りの頑固者で怒られてばかりいる。
 小学校に居る時分戦車の主砲から飛び降りて姉の腰を抜かさせたことがある。
 何故そんな無闇をしたと聞かれると大したことはない。
 真夏の日、砲塔から首を出していたら姉が、そこの池で水浴びでもどうだ。危ないから絶対に飛び降りるなよと云ったからである。
 泥まみれで帰って来た時、母がまなじりを吊り上げて主砲から飛び降りる奴があるかと云ったから、この次は綺麗に着地してみせますと答えた。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆o3qhmpCK4I
:2016/04/25(月)19:46:50.19:
d/tQe/7g0
あの子が去ったあの日の夜、私の部屋は涙で濡れていました。
深い悲しみに選ばれ目から零れ落ちるその涙は、降り止まない雨のように冷たく頬を伝い、
小さな私の部屋にまた一つ影を落とすのでした…。
エリカ「隊長」
まほ「うぐぅぅぅぅ…ゥゥゥ!ヒグッ!ゥグッ!」ボロボロ
エリカ「隊長」
まほ「うぅぅぅぅぅあぐっ…ゥグッ!ェグッ!ふぅ、ふぅ、ぁぁぁ」ボロボロ
エリカ「……」
まほ「ぅぅぅああああァァ…みほぉ…ゥゥゥ!」ボロボロ
エリカ「泣きすぎでしょう」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/04/28(木)13:05:29.79:
s9yTRa/0o
黒森峰女学園
エリカ「あなたたち、何か意見はないの?」
「「……」」
エリカ(くっ……。学園側も無茶な注文をしてきたわね。大体こんなこと私たちの性分じゃないのよ)
エリカ(いい案なんて出るわけがないのよ……)
まほ「いいか?」
エリカ「あ、はい。隊長」
まほ「過去の資料を流し読みしてみたが、やはり各学園艦ではそれなりに大きなイベントを毎年行っているようだ」
まほ「去年で言えば、大洗女子学園は泥んこプロレス大会。聖グロリアーナ女学院は利き紅茶大会、サンダース大付属はドキッ☆ガールズだらけのアメフト大会」
まほ「プラウダ高校は雪まつり、アンツィオ高校はピザの生地をどこまで大きくさせることができるのかギネス記録に挑戦」
まほ「我が黒森峰に関してはそのようなイベントを行った記録がない。文化祭などでも戦闘記録や各クラスの実験データ展示に留まっている」
エリカ「校風がありますから仕方のないことかと。黒森峰のイメージにそぐわないイベントをするわけにもいきませんし」
まほ「つまり、黒森峰のイメージを崩さないイベントならば問題はないのか」
エリカ「ええ。ですが、そのような企画があるでしょうか」
まほ「私に妙案がある。聞いてくれるか」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/03/21(月)19:33:10.38:
P7y5QHFv0
アンチョビ「うわっ、お前どこから出てきたっ!」
沙織「恋の話があるところに私ありだよ!」
アンチョビ「どこから出てきたって訊いてるじゃないか!」
沙織「まあまあ、それはおいていて、だよっ」
アンチョビ「おけっ…まあいいか…で、何しに来たんだ?」
沙織「だから恋の話だよっ!」
アンチョビ「恋ィ…?」
アンチョビ「なんでそんな話になってるんだ?」
沙織「だって今『彼氏』って呟いたよね?」
沙織「欲しいって事だよね!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/03/24(木)18:38:50.94:
z5E3rMgW0
※『』はロシア語
ノンナ『ちっちゃいけれど、私達の頼れる隊長です、とは恥ずかしくて日本語では言えませんね』
クラーラ『そうですね』
ノンナ『ちっちゃくて可愛い…小動物みたいで。愛くるしいんですよね』
ノンナ『素直になれないだけで、不器用なカチューシャが大好きです、私』
カチューシャ「だから日本語で話なさいよ!!」
カチューシャ「なんなのよ!カチューシャには話せない事だっていうの?!」
ノンナ「そんな事ありません」
カチューシャ「ならさっき話してた事今言ってみなさいよ!」
ノンナ「…………」
カチューシャ「もうー!いいわよ!そんなにいいたくないなら……!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。