SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ダイちか
タグ一覧の表示
<<
2018年02月
>>
20件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
千歌「ふぅ・・・千歌特性!プリンチョコと抹茶チョコの完成なのだ!これでダイヤちゃんも喜んでくれるよね?」

千歌(ダイヤちゃんのために作ったチョコ。初めて作って、あんまり上手に作れなかったけど、千歌の愛情はたっぷり詰まってるのだ!この手紙を一緒に入れて・・・えへへ///明日が楽しみです♪)

千歌「でもどうやって渡そうかな・・・直接は恥ずかしいし・・・」
続きを読む

[ 閉じる ]
千歌「ダイヤちゃん、今日は講義は午後から?」

ダイヤ「はい。ですから先に行っててください。わたくしは少し家で勉強してから行きますわ」

千歌「行ってきまーす!」
続きを読む

[ 閉じる ]
3: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/01/28(日) 21:08:14.52 ID:mnozxqwN
千歌「ダイヤさん!お帰りなさい」 ダイヤ「えぇ、ただいま帰りました」 千歌「温かいご飯すぐ用意するね」 ダイヤ「ありがとうございます」 千歌「ふんふん?♪」 ダイヤ「遅くなるから、先に寝てても良かったのに……」 千歌「嫌だよ……だって寝ちゃったら朝になって…ダイヤさん仕事に行っちゃうじゃん」 ダイヤ「そうですけど…」 千歌「…はーい、できたよ?」 ダイヤ「美味しそうですね。さっそくいただきます」 千歌「どうぞ?♪」 ダイヤ「…美味しいです」モグモグ 千歌「本当?良かった?」 ダイヤ「……」モグモグ 千歌「……」ニコニコ ダイヤ「……」モグモグ 千歌「……」ニコニコ ダイヤ「じっと見られると食べづらいですね」 千歌「…………」 ダイヤ「……?」 千歌「…嫌だった?」 ダイヤ「いえ…そういう訳では…」 千歌「…………」 ダイヤ「…………」 千歌「じゃあ見てるね♪」 ダイヤ「はい」 千歌「……」ニコニコ ダイヤ「……」モグモグ
続きを読む

[ 閉じる ]
ちか「だいやちゃんの好きな食べ物はなに?」

だいや「わたくしはグラタンとハンバーグが好きですわ」

ちか「わぁ!おしいもんね!」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
ダイヤ(はあ・・・今日の仕事も疲れましたわ・・・。家に帰りましょう。疲れているはずなのに帰宅の足取りは軽い。ふふっ、こんなにも嬉しいのは・・・)

ダイヤ「ただいま戻りました」

千歌「あ、ダイヤさんお帰りー。今日もお疲れ様」ギュ
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/22(月) 23:48:36.25 ID:JqZbkWOj
ダイヤ「&#62;&#62;3でもしましょうか」
続きを読む

[ 閉じる ]
「みとねえのバカ!もう知らない!」

走った。学校のカバンを持って家を飛び出す。バスの時間も知らない。ただひたすらに走る。
続きを読む

[ 閉じる ]
『プロローグ』


 内浦の冬は、とても寒い。

 痛い程に乾いていて、冷たい空気。そこにぴゅうぴゅう音を立てて吹く海風。
 太陽も夏に比べるとお休みモードで、あんまり日の光は暖かくないから、寒さを凌ぐ為に色々な工夫が必要なの。
 カーディガンやコートを着たり……たまにスカートの下にジャージを穿いてみたり、手袋をつけたり。後は、ブランケットを羽織ったり膝にかけたり、カイロを使ったりすることもあるよね。

 それでも。どれだけ防寒したとしても毎年毎年、凄く寒いから──冬はいつも風邪をひいちゃうんだ。
 だから、毎年冬が来るのはちょっぴり嫌なの。


──でも、どうしてだろう。今はこの冬が終わって欲しくないって思ってる。
続きを読む

[ 閉じる ]
2: ◆tdNJrUZxQg 2018/01/01(月) 03:34:44.00 ID:g5XV3B8Y0
ダイヤ「──いいですか、ルビィ。先方がいらっしゃったら、必ず上座にお通しするのですよ。基本的には部屋の奥ほど上座です。」 ルビィ「うん」 ダイヤ「車でお送りするときは、運転席の後ろに座っていただくのですよ? 助手席ではありませんからね?」 ルビィ「うん、大丈夫だよ」 ダイヤ「それから、汁物の椀の蓋を開けるときは必ず両手で──」 ルビィ「お姉ちゃん」 ダイヤ「なに? 他に何か心配事でも……」 ルビィ「時間」 ルビィはそう言って、部屋の奥の方に掛けられた時計を指差す。 ルビィ「千歌ちゃん、待ってるよ」 ダイヤ「……あ、はい」 ……確かにあまり遅いと、いつものように頬を膨らませて、可愛らしく怒る彼女の姿が目に浮かぶようです。 ルビィ「大丈夫だから、ね?」 ダイヤ「……そう、ね」 後ろ髪を引かれる気分ではありますが、わたくしは頷いて、外に出ます。 ルビィ「いってらっしゃい」 ダイヤ「……いってきます」 わたくしは十千万旅館を目指して、お正月の沼津を歩き出しました。     *    *    *
続きを読む

[ 閉じる ]
 久しぶりに──それこそ数ヶ月ぶりに二人きりになったせいか、どこかよそよそしい彼女。

……最も、その態度の理由は他にもあって──わたくしはそれらを正す為に、今日千歌を家に呼びつけたんだけれど。


「──貴方、最近ロクに休んでいませんね? 」

「え──そ、そんなことないよ。だってほら、無理して体調崩しちゃ、元も子も無いからね」

「まぁ、そう答えますよね。普通は」

 その通り。そんな馬鹿な話があっていいハズがありません。

 来る日も来る日もAqoursの練習──練習が無い日も千歌はメンバーの誰かしらと何か相談事をしていたり、あるいは休みなのに一人砂浜でダンスの確認、トレーニングから歌の練習まで、熱心に取り組んでいました。

 その意気や良し、と(無理の無い程度に頑張る姿を)見守っているつもりだったけれど、流石に最近の様子は目に余るものがあって──
続きを読む

[ 閉じる ]
ダイヤ「千歌さん。どうして……泣いているの? 」

千歌「……ダイヤちゃんこそ、涙、出てるじゃん」

 誰も居ない春の三津浜。まだ少し冷たい海風と、少しずつ気勢を取り戻してきた太陽の日差しと、変わらない波の音と、千歌さんとわたくし。それ以外は他に何も無く、ここが世界の中心と宣誓しても良いくらい、静かで穏やかで──でも、どうしようもなく、辛く寂しい。

 Aqoursの。わたくしの。始点であり、終点であるここにこうして座っていると、どうしてもここまでの軌跡を思い出して──

 奇跡の物語に、エンドマークを付けたくなくなってしまうのは、わたくしだけでしょうか。
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語 2017/10/31(火) 03:45:25.66
千歌「ダ?イっヤさん♪」ダイヤ「あら千歌さん。どうしたんですの?」千歌「問題です!今日は何の日でしょう?」ニコニコダイヤ「……はろうぃん?」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2: 代行ありがとうございました 2017/10/17(火) 20:11:12.79 ID:Dd9iwJ9D.net
カフェ 千歌「わ、どれも美味しそう!ダイヤさんは何にします?」 ダイヤ「えっと、私は――」 千歌「抹茶ラテ、ですよね!」 ダイヤ「はい、それの――」 千歌「抹茶濃い目、ですよねっ!」 ダイヤ「…はい」 千歌「ふふ。プロフィール通り、抹茶には目がないですもんね!」 千歌「ダイヤさんの好み。だんだんわかってきたよ!」ニパー ダイヤ(…わかりやすいのかしら、私)
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語 2017/10/12(木) 23:07:59.67 ID:jlKVz0K8.net
千歌「えーそんなぁ!せっかく来たのに即答しないで下さいよー!」 ダイヤ「やかましい!また連絡もなしにいきなり訪ねてきて…今何時だと思っているんです!」 千歌「いつものことじゃないですかー!いつもみたいに一緒に飲みましょうよー!」 ダイヤ「自覚があるなら前もって連絡するとかしなさい!」
続きを読む

[ 閉じる ]
3: 名無しで叶える物語 2017/10/04(水) 22:33:53.03 ID:1p5zwNmp.net
沼津駅前 ダイヤ「うぅ…」モジモジ アノコカワイイ アキダネー ダイヤ(道行く人の視線が気になる…) ダイヤ(着慣れない服、いつもと系統が違いますし…やはり、私には似合わなかったのでは…) マチアワセ カナ イイネー ダイヤ「うぅ…まったく、どうしてこんなことに…」 ダイヤ「千歌さぁん…」
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語 2017/10/03(火) 20:46:09.46 ID:VKzEQJRs.net
ダイヤ「どうしたんですか?机に伏して…具合でも悪いなら…」 千歌「いやぁ…好きな人の事を想うと胸が苦しくてね…」 ダイヤ「はぁ……」 ダイヤ「…………ならその人に告白してみればいいじゃないですか」 千歌「そんな…ダメだよぉ……絶対笑われちゃうよ…」 ダイヤ「…そんなの分からないじゃないですか」
続きを読む

[ 閉じる ]
千歌「だいやさぁーん!!」


わたくしが千歌さんの部屋に足を踏み入れるや否や、千歌さんがわたくしの胸に飛び込んでくる


ダイヤ「え、なに? 千歌さん、どうしたんですの?」

千歌「だいやさん、おそーぃー! ちかずぅーっとまってたろにぃー……」


今さっき千歌さんからの電話で『志満姉からお土産でおいしそうなチョコ貰ったんだ! 一緒に食べよう!』

そう連絡を受けて、すぐにここに来たのでそんなに遅いということはないと思うのですが……。

というか、千歌さんの様子が少し……いえ、かなりおかしい。

顔は赤いし、目はぼんやりとしているし、なにより喋り方がおかしい。


ダイヤ「千歌さん、大丈夫ですか? ちょっと変ですわよ?」

千歌「へん? ……チカへんなんだ……。……うっ……へんじゃないろにぃ……っ。」

ダイヤ「え、ええ!? ちょ、ちょっと泣かないで……!?」


今度は突然泣き出す始末。
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 17:16:37.15 ID:h2vqfHX5.net
ダイヤ「何でって私は千歌さんの行きたいところに…」 千歌「そこだよ!」 ダイヤ「そこ、といいますと…」 千歌「ないの!?ダイヤさんの行きたいところは!?」 ダイヤ「ですから、千歌さんの行きたいところが…」 千歌「私の行きたいところならどこでもいいの?」 千歌「私がもう帰るって行ったら家までついてくるの?」 千歌「私が心中するっていったら心中するの?」 千歌「私がお腹痛いからお手洗いって行ったらついてくるの?」 ダイヤ「いやそういうことでは…」 千歌「そういうことだよ!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1: ◆tdNJrUZxQg 2017/08/12(土) 00:40:24.03 ID:Tx30bpDo0
ラブライブ!サンシャイン!!SS ダイちか 過去作 千歌「――私はある日、恋をした。」 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491711229/ のあとのお話的な何か 書き溜めを余りしてないので、のんびりやります。 お付き合い頂ける方はどうぞ気長に見てやってくださると幸いです。 よしなに。SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502466023
続きを読む

[ 閉じる ]
8: 名無しで叶える物語 2017/08/30(水) 20:10:06.00 ID:fTcJ39ZM.net
千歌「わわ、帰ってくるなり大声出しちゃダメだよー。ご近所迷惑になっちゃう」 ダイヤ「だ、れ、が、そうさせたんですのー!!」 千歌「ああもう、だから静かにしてくださいって。ただでさえダイヤさんの声が大きいって管理会社からクレーム入ってるんだからー」 ダイヤ「…えっ?」 みたいなのあくしてくださいまし
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。