SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
バンドリSS
タグ一覧の表示
<<
2018年07月
>>
12件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531615510/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/15(日)09:45:11.08ID:15Xng7//0
※キャラ崩壊してます
 
市ヶ谷有咲「ちょっと話聞いてくんない?」奥沢美咲「え?」と同じ世界の話です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/15(日)09:46:46.85ID:15Xng7//0
――ファーストフード店――
今井リサ「相談?」
氷川紗夜「ええ。今井さんを見込んでの相談です」
リサ(またお菓子作りのことかな?)
紗夜「同性とキスするまでどういう流れにすればいいんですか?」
リサ「ぶっ――ごほっ、ごほっ!」
紗夜「……? 今井さん、どうかしましたか? 飲み物が変なところにでも入りましたか?」
リサ「い、いやちょっと……。その、紗夜、もう一回言ってほしいんだけど」
紗夜「はい? 何をですか?」
リサ「相談内容が、その……キ、キス? って聞こえたんだけど、聞き間違いだよね?」
紗夜「キスと言いましたが」
リサ「…………」
リサ(落ち着け、落ち着け今井リサ……。これはきっとアレだよね、魚のキスを釣りに行くとか料理するとかそういうアレだよね……)
紗夜「ちなみに魚を釣るとか料理するとかそういうことではありませんので。古い言葉で接吻と呼ばれるものです」
リサ(先回りされた……!)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/15(日)09:47:46.32ID:15Xng7//0
紗夜「それで、どうすればいいのでしょうか?」
リサ「え、えーっと、色々言いたいことはあるんだけどさ……」
紗夜「はい」
リサ「その、なんでアタシにそれを相談するの?」
紗夜「今井さんならそういう経験が豊富だろうと思いまして」
リサ「ちょっとそのイメージがもう解せないんだけど……」
紗夜「え?」
リサ「え?」
紗夜「…………」
リサ「…………」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520071608/
1:
◆KakafR9KkQ
2018/03/03(土)19:06:48.19ID:3YEL/YcEO
ある日ファストフード店
花音「い、いらっしゃいませ……」
紗夜「これとこれと……あと新発売のこれをください」
花音「えぇっと……全部で
紗夜「あ、すいませんやっぱりこれもお願いします」
花音「ふぇぇ……」
紗夜「全部で3,200円ね……お財布……」
紗夜「……」
花音「えっと……どうされました?」
紗夜「お金が足りないわ」
花音「ふぇぇ……」

2:
◆KakafR9KkQ
2018/03/03(土)19:07:39.96ID:3YEL/YcEO
紗夜(どうしましょう、もう作り始めてしまったのだからキャンセルする訳にもいかないし……)
紗夜(くっ……何かしらクーポン券さえあれば……)
花音「あ、あのー」
日菜「あっ!おねーちゃん!!!!!」
紗夜「日菜」
日菜「おねーちゃん何してるの?」
紗夜「ちょうどいい所に来たわね……その、お金……」
日菜「?」
紗夜(妹からお金を借りるなんて恥ずかしいわね……だけど背に腹は変えられない……っ!)
3:
◆KakafR9KkQ
2018/03/03(土)19:08:07.38ID:3YEL/YcEO
紗夜「お、お金か
日菜「いいよ!」
紗夜「早いわよ」
日菜「実はさっきから後ろで見てた!いつもおねーちゃんのことストーキングしてるからね!」
紗夜「それなら早く助けに来て欲しかったわ」
花音「3,200円になります」
日菜「随分買ったんだね」
紗夜「日菜の分も買ったのよ」
日菜「おねーちゃん……」(トゥンク)
紗夜「帰りましょう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531253120/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/11(水)05:05:20.37ID:OWgibE4c0
※キャラ崩壊してます
 
奥沢美咲「ちょっと話を聞いてほしい」市ヶ谷有咲「ん?」と同じ世界の話です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/11(水)05:06:16.05ID:OWgibE4c0
――ファーストフード店――
奥沢美咲「どしたの、急に?」
市ヶ谷有咲「……喧嘩した」
美咲「はい?」
有咲「香澄と喧嘩した」
美咲「市ヶ谷さんと戸山さんが喧嘩って……この前のライブみたいな?」
有咲「あれは喧嘩じゃなくて私が一方的に拗ねてただけだから。あの件に関しては私の人生をかけてポピパのみんなと香澄に償うって決めてるから」
有咲「今回はそういうんじゃねーんだよ、普通に喧嘩した」
美咲「それは穏やかじゃないね……」
有咲「あいつ、ホント信じらんねーよ」
美咲「……そこまで言うって、何があったの?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/11(水)05:07:15.77ID:OWgibE4c0
有咲「今日もさ、お昼ご飯、ポピパのみんなと食ってたんだ、中庭で」
美咲「うん」
有咲「まぁ本当は香澄と2人っきりがいいんだけどさ、流石にそんなことは口が裂けても言えねーじゃん?」
美咲「……うん、まぁ」
有咲「まぁ別に? 私はポピパのみんなが好きだからそれはそれで幸せだしいいんだけどさ?」
有咲「でもな……流石に許せねーよ、香澄のやつ。私の弁当より沙綾の弁当の方が美味しいとか抜かしやがった……!」
美咲「……そうなんだ」
美咲(いつものノロケかなぁ)
有咲「私が毎朝どれだけ香澄のことを考えて弁当作ってると思ってるんだよ」
有咲「いっつも幸せそうな顔で食ってくれるから私が一番だと思ってたのに、結局沙綾なのかよ……!」
有咲「所詮私は付け焼刃の腕だってことか? 沙綾
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531009355/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/08(日)09:22:35.86ID:oXTXDiDq0
※キャラ崩壊してます

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/08(日)09:24:08.30ID:oXTXDiDq0
――ファーストフード店――
市ヶ谷有咲「話って?」
奥沢美咲「罪悪感がヤバい」
有咲「はぁ?」
美咲「こころにキレちゃって罪悪感がヤバい」
有咲「……奥沢さんが弦巻さんにキレるってよっぽどだな。何かあったのか?」
美咲「うん、アレね、今日のお昼休みのことなんだけどさ」
美咲「知ってると思うけど、あたし、よくこころと2人でお昼ご飯食べてるんだ」
美咲「でさ、ここ1ヵ月はこころが毎日お弁当を作って来てくれてて」
美咲「それがまた美味しくてさ、あたしもそれを楽しみに日々を生きているって部分があるんだよね」
有咲「ふーん」
有咲(なんだいつものノロケか。話半分に聞こ)
美咲「でも今日は違ったんだよ」
美咲「あろうことかね、お弁当にパクチーが入ってたんだ」
美咲「もうキレたね。久しぶりにキレちゃったよ」
美咲「あたしがパクチー嫌いだって知ってるのに入ってるんだもん」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/08(日)09:24:43.91ID:oXTXDiDq0
有咲「……それ、好き嫌いする奥沢さんが悪いんじゃね?」
美咲「いや、まぁね? そういう一面もあるよ?」
美咲「悪いことをしたとは思ってるよ? でもさ、本当にパクチーだけはNGなんだよね……」
有咲「つか、弦巻さんって料理出来るんだな」
美咲「天才だからね。基本的にこころは何でも出来るよ」フフン
有咲(なんでそんなに奥沢さんが得意げになるんだよ)
美咲「それにエプロン付けて楽しそうに鼻歌歌いながら料理するこころ、可愛いんだ」
有咲(聞いてねーよ)
美咲「はぁ?……どうしよ……」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520162399/
1:
◆ajqgdR8aUE
2018/03/04(日)20:20:00.12ID:cEuJ/vYh0
[CiRCLE・スタジオ]
リサ「…重なるレズ、ローション、胸絡ませ?♪」フンフーン
紗夜「今井さん」
リサ「1つになり、まぐわった2人はレズビアン?♪」フンフーン
紗夜「今井さん」
リサ「…ん?紗夜どうかした?」
紗夜「どうもこうもないですよ」
紗夜「ONENESSのサビのメロディーにのせて卑猥な事を口ずさまないでください」
リサ「ヤバっ、声に出てた?」
紗夜「思いっ切り出てましたよ」
リサ「あー、ゴメンね?無意識につい声に出ちゃってさー」
紗夜「問題は声が出ていた事より内容の方ですが」
リサ「いや、一度そう聞こえるとそうとしか聞こえない歌詞とかってない?」
リサ「いわゆる空耳ってやつなんだけどさ」
紗夜「空耳ですか…」

2:
◆ajqgdR8aUE
2018/03/04(日)20:25:04.19ID:cEuJ/vYh0
紗夜「とはいえ先程のように聞こえるのは今井さんの心が汚れているからでは?」
リサ「うん、否定は出来ない」
リサ「でもそう聞こえちゃったんだから仕方ないよね」
紗夜「何が仕方ないんですか」
リサ「いや、紗夜だって空耳の聞こえる曲の1つや2つぐらいあるでしょ?」
紗夜「まぁ無くはないですが…」
リサ「だったら私の空耳だけ聞かれるのも不公平だし紗夜の空耳も聞かせてよ」
紗夜「どういう等価交換ですか」
リサ「どうせ他の3人が来るまで暇でしょ?」
紗夜「暇じゃないですよ、練習しますよ」
リサ「あっ…やっぱり私みたいに実力不足な人間は紗夜嫌いなんだ…」
紗夜「今井さんそんなに面倒くさい方でしたか?」
3:
◆ajqgdR8aUE
2018/03/04(日)20:25:59.64ID:cEuJ/vYh0
リサ「だってアタシもたまには紗夜と親睦を深めたりしたいし…」
紗夜「はぁ…仕方ないですね」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530743862/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/05(木)07:37:43.27ID:7Gyag1b60
※強い独自設定があります
 地の文があります
 報われない話です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/05(木)07:38:26.06ID:7Gyag1b60
『僕の孤独が魚だとしたら、そのあまりの巨大さと獰猛さに、鯨でさえ逃げ出すに違いない』
 冷房の効いた電車に揺られ、私は小説を読んでいた。その冒頭の一文だった。
 確かこの作者は随分昔の人だった。晩年は廃屋に籠り、狂人のような生活をしていたらしい、という大学の友人からの聞きかじりの知識が頭の中に浮かぶ。
 そうして文字を目で追っていると、電車はやがて私の実家の最寄り駅へと到着した。
 駅名を告げる車掌のアナウンスと共に、空気を吐き出す音がして電車の扉が開く。私は読んでいた本を手持ちの小さな鞄にしまい、傍らに置いたキャリーバッグを転がして電車を降りた。
 途端に粘つくような重たい湿気を含んだ熱気が身体にまとわりついてくる。
「……夏、ね」
 呟いた言葉は発車のベルにかき消された。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/05(木)07:39:32.58ID:7Gyag1b60
 私が一人暮らしを始めてから二年目の夏、お盆の時期だった。
 花咲川女子学園から進学した国立大学は、私の実家から電車で二時間ほどの場所にある。通えない距離ではない、とは思うけれど、両親は私に一人暮らしを勧めてきた。私はそれに少し悩んでから頷いて、そうしたら妹の日菜が拗ねたように駄々をこねたのを思い出す。
「おねーちゃんと離れたくない! あたしも一人暮らしする!」という言葉はあまりにもあの子らしいと思いつつ「あなたももう十八歳になったんだから、いい加減姉離れしなさい」と私は返した。
 その時の心情は呆れが半分、そして嬉しさが半分だった。
 あの考えがないとも言える底抜けた明
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530026049/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)00:14:09.97ID:OlbWkhBM0
※キャラ崩壊してます。
 少し百合してます。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)00:15:11.59ID:OlbWkhBM0
――芸能事務所――
丸山彩「ふむふむ……あー、そっかぁ……」
――ガチャ
大和麻弥「おはようございます」
彩「あ、おはよう、麻弥ちゃん」
麻弥「はい、おはようございます、彩さん。今日はまだ彩さんしか来てないんですね」
彩「うん。今日は私が一番乗り! あ、そうだ。麻弥ちゃんも一緒にこれ見ない?」
麻弥「はい? なんですか?」
彩「この前のライブの感想をエゴサしてるんだ。ほら、また私、ちょっとMC失敗しちゃったからさ……」
麻弥「ああ、いつものやつですね。そうですね、他の皆さんが来るまでやることもありませんし、ご一緒させていただきます」
彩「うん! じゃ、私の隣に座って」
麻弥「はい、失礼します。どれどれ……」
彩「…………」
麻弥「……やっぱり彩さんらしくて良いっていう意見が多いですね」
彩「うん。ファンの人たちが喜んでくれてるなら私も嬉しいんだけど……でもやっぱり、ほら」
麻弥「あー……。一部からは『天下を目指すのならいい加減慣れるべきだ』って声も出てますね」
彩「そうなんだよね。はぁ……あんなに練習してるのになぁ……」
麻弥「ライブ前とかはずっと千聖さんが付きっきりで見てくれてますもんね」
彩「千聖ちゃんには本当に頭が上がらないよ……嫌な顔の一つもしないで、ニコニコしながらずーっと見ててくれるんだもん」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)00:15:57.12ID:OlbWkhBM0
――ガチャ
白鷺千聖「おはようございます」
若宮イヴ「おはようございます!」
氷川日菜「おはよーござい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529688307/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)02:25:07.88ID:n0iON9Pe0
※キャラ崩壊注意
※何でも許せる人向け
まったりやってきます。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)02:26:40.36ID:n0iON9Pe0
?居酒屋?
上原ひまり「ん?みんなまだかな?」
みなさんこんにちは上原ひまりです。高校を卒業して早二年、今や私も花の女子大生!今日はアフターグロウのメンバーと久しぶりの飲み会なんですけど……。
ひまり「リーダーを待たせるとは……。まったく、リーダーに対する敬意が足りないよ!」
まあ、連絡は貰ってるんですけどね。―――おっ、連絡だ『ついたよ!』か。
「ごめん!おまたせ!ひまりちゃん!」
この鈴を転がすような声は―――
ひまり「久しぶりだね!つぐ!」
羽沢つぐみ「久しぶり!あれ?みんなまだ着いてなかったんだ」
ひまり「モカが遅刻して蘭と一緒に来るって、あと巴は電車寝過ごしたみたい……」
つぐみ「あはは……。巴ちゃんらしいや」
久しぶりにあったつぐはなんだか大人びていました。つぐ……絶対モテモテだろうなぁ。
ひまり「つぐは彼氏とかできたの??」
つぐみ「えっえええええ!?いやいや、か、彼氏なんてまだ早いよ……」
これはモテますね。まあ変な虫がつくようならアフターグロウ総出で潰すけど。

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)02:27:33.98ID:n0iON9Pe0
つぐみ「そ、そういうひまりちゃんこそモテるでしょ!」
ひまり「私、女子大、出会い、ない、アンダスタン?」
つぐみ「あ、あんだすたん……」
うん、ナンパとかされることはあるんだけど「いや?巴のほうが男らしくない?」って思っちゃうんだよね。まさかの身内に高い壁があったとは……。
つぐみ「たしかに、巴ちゃんそこらの男の人よりも男
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529720122/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)11:15:22.55ID:sSgW6r690
※キャラ崩壊してます
 
戸山香澄「沙綾とデートしてる気分になれるCD」と同じ世界の話です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)11:16:04.75ID:sSgW6r690
――たえの部屋――
花園たえ「ふんふんふふーん♪」
たえ「今日は久しぶりにあの人が遊びに来てくれるなぁ」
たえ「いつぶりだろ、2人っきりになるのって」
たえ「うーん……思い出せない」
たえ「最近は仕事があったりなんだりって、よく言ってたし」
たえ「メッセージもあんまり返してくれないし」
たえ「あの人の仕事場の近くに行っても顔を合わせることはないし」
たえ「……まぁいっか。今日は私の部屋に遊びに来てくれるんだもんね」
たえ「ふふ、楽しみだなぁ」
――ガチャ
たえ「あ、いらっしゃい」
たえ「待ってたよ。その辺に適当に座ってね」
たえ「……それじゃ、私はその隣に座るね」
たえ「え? 近い? そんなことないよ。恋人ならこれくらい普通だよ」
たえ「それと……ぎゅー」
たえ「……ん? ぎゅーってするのも普通だよ。平気平気」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/23(土)11:16:35.06ID:sSgW6r690
たえ「はぁー……それにしても、本当に久しぶりだね、こうやって2人っきりになるの」
たえ「やっぱり仕事、忙しい?」
たえ「ふーん……ぼちぼち……」
たえ「でもあなたの姿、あんまり仕事場の近くで見かけないね」
たえ「え、私? ううん、私は特に変わりないよ」
たえ「いつも通り学校に行って、ポピパのみんなと話したり、お弁当食べたり」
たえ「それで、学校が終わったら有咲の蔵で楽器の練習。たまに練習じゃなくてみんなで遊んだり、ライブしたり」
たえ「でも
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515834129/
1:
◆ajqgdR8aUE
2018/01/13(土)18:02:09.54ID:P1+b4E+m0
ガルパ高校生の日常

2:
◆ajqgdR8aUE
2018/01/13(土)18:03:43.57ID:P1+b4E+m0
?夕暮れ時?
[河川敷]
友希那「…」ボー
カァーカァー…
友希那「…あっ」
友希那(野良猫と戯れていたらこんな時間になってしまったわ)
友希那(そろそろ帰らないと…お父さんが心配するわね)
友希那「さて…」スクッ
蘭「…」ジー
友希那「…」
蘭「…」ジー
友希那「…」ストン
蘭「…」ジー
友希那(なんなのかしら…)
3:
◆ajqgdR8aUE
2018/01/13(土)18:04:23.11ID:P1+b4E+m0
友希那(というか、いつから居たのかしら)
蘭「…」ジー
友希那(声を掛けるでもなく、こっちをじっと見ているし)
蘭「…」ジー
友希那(何が目的なのかしら…?)
蘭「…」スタスタ
友希那(…近づいてきたわね)
蘭「…」スタスタ…ピタッ
友希那(結構な至近距離まで来るわね)
友希那(というかすぐ後ろじゃない)
蘭「…」ストン
友希那(しかも座ったわよ)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528597788/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/10(日)11:29:48.48ID:W3NTtEvY0
※キャラ崩壊してます。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/10(日)11:30:54.17ID:W3NTtEvY0
――花咲川女子学園 中庭――
戸山香澄「ふぅー今日も学校疲れた?! ねぇねぇ有咲、寄り道して何か食べてかない?」
市ヶ谷有咲「またかよ。最近毎日買い食いして帰ってねーか、お前。太るぞ」
香澄「えー大丈夫だよ?! その分しっかりギターの練習して、あと朝とかたまに走って学校に来てるし!」
有咲「それ寝坊して遅刻しかけてるだけだろ……」
香澄「あはは?、バレた? って、あれ……」
有咲「あん? どうしたんだよ」
湊友希那「…………」
香澄「やっぱり友希那先輩だ。おーい、友希那せんぱーい!」
有咲「ちょ、おまっ……」
友希那「……あら? 戸山さんに市ヶ谷さん」
香澄「こんにちはっ、友希那先輩」
有咲「ど、どうも?……」
友希那「ええ、こんにちは」
香澄「珍しいですね、友希那先輩が花女に来るなんて! 何かあったんですか?」
友希那「ええ、ちょっと燐子に用事があるのよ」
有咲「…………」
香澄「ん? 有咲、どうかしたの?」
有咲「べ、別に……」
有咲(……友希那先輩って苦手なんだよなぁ。ポピパの練習見てもらった時ほどじゃないけど、あの射抜いてくるような視線がなぁ……)
有咲(猫好きなとこがあるとか意外な一面は知ってるけど、やっぱ怖ぇんだよなぁ)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/10(日)11:31:46.23ID:W3NTtEvY0
香澄「変な有咲。なんだか借りてきた猫みたいだね」
友希那「……猫」
香澄「あれ? どうかしましたか、友希那先輩?」
友希那「いえ……前から思っていたんだけど、戸山さんってどこか猫に似てるわよね」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528326191/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木)08:03:11.64ID:rpOJnS4j0
※地の文があります。
 少し百合百合してます。
 羽丘女子学園の生徒会長に勝手なキャラ付けをしています。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木)08:04:21.78ID:rpOJnS4j0
「はぁ……」
 薄暗く少し埃臭い教室の一角で、私は一人ため息を吐き出した。
 耳を澄ますと、窓の外から微かな喧騒が聞こえてくる。今日は羽丘女子学園の文化祭だ。きっとここの生徒や外部からのお客さんが大いに楽しんでいることだろう。
 だというのにどうして私は人気のない教室に――羽丘女子学園の敷地の中でも外れの方、今はほとんど使われていない古い校舎の最上階の教室にいるんだろうか。しかも、四方をペニヤ板の壁に覆われた個室のような空間の中に。
 ここへやってきてから約二十分。どうにも誰も来なさそうな雰囲気だ。手持無沙汰の私は発端の出来事を回想する。
――――――――――――
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木)08:05:04.30ID:rpOJnS4j0
 あれは確か、文化祭まであと一ヵ月に差し迫った日の生徒会会議のことだった。
「つぐみちゃんって、確か去年、シスターの衣装でライブやってたよね?」
 そう言ったのは今年の生徒会長の先輩。それに「はい」という返事を返すと、彼女はニヤリとどこか悪だくみを思い付いたような笑みを浮かべた。
「そっかそっか、やっぱそうだったよね。いやーあの衣装とっても可愛かったよ」
「そ、そうですか? ありがとうございます」
「ふふ、それじゃあちょうどいいね」
「はい? なにがですか?」
「先生からさ、今年は生徒会も何か出し物をやれって言われちゃってたんだ」
「はぁ」
「でもさ、正直生徒会ってそんな暇ないじゃん? 準備期間中も、文化祭当日も」
「ま
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。