SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ファンタジー/勇者/魔王
タグ一覧の表示
<<
2019年12月
>>
22件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/11/17(火)15:25:37
ID:i3zLe2GU
勇者「やっとここまで…」
魔法使い「一年近くあちらこちらを旅しながらコツコツ魔物を倒してきた甲斐があった」
武闘家「装備に問題はない」
僧侶「魔力も十分です!」
魔法使い「道中の回復ポイントが大きかったな」
武闘家「魔王め…人間には何もできないと舐めているのが運の尽きだ!」
勇者「皆!いくぞ!この扉の向こうに魔王がいる!最終決戦だ!」
「「「おお!」」」
勇者「いざっ!!魔王ーーー!!」ググ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆m2ofvJWBhA
2017/10/13(金)11:40:33.15
ID:ED2OMoRqo
悟空「そんなことよりここどこだ?」
女騎士「(人間だと!?)助けっ……」
女騎士「……。(いやしかしこの砦は魔の森の霧深き場所だ。王国の強者でも容易に来れないハズ…だから私は人質のように連れ去られたのだった……つまりこやつは)」
悟空「なぁーって。」
女騎士「(醜きオーク共め。人間の姿を真似る魔術で私を追い詰めるつもりか!そうはさせるか)」
女騎士「私はお前らなんぞに…屈指はしないぞっ!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507862432
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆m6oSrzv57o
2019/09/07(土)20:29:41.77
ID:tDrZnMap0
魔術師「貨物船が魔物の襲撃に遭って全滅ねぇ...」ペラリ
剣士「それって今日の新聞?」
魔術師「ああ。最近はこういった話題が多いよなぁ。物騒な世の中になったもんだ」
剣士「なんでも、『魔王軍』って自称する魔物達がのさばってきてるらしいね」
剣士「魔王様の名の元に世界征服をしようとしてるってもっぱらの噂だよ」
魔術師「世界征服って...お伽噺じゃねーんだから」
剣士「ま、普通はそう思うよね。でも王子によると、結構おおごとになってきてるんだってさ」
魔術師「ふーん。あんまり実感湧かねぇなあ」ペラリ
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567855780/
続きを読む

[ 閉じる ]
幼女「待ちくたびれたぞ勇者」【前編】
386:
2013/09/19(木)21:09:01.72
ID:0/gixNDzo
宿屋
勇者「すいませんでした」
神官「もー!なにやってんですか!?勇者様の頭にはもしかして馬糞が詰まってるんですか!?」
勇者「ひどい……でもさ!声色だって変えたし、俺だとはばれてなかったろ?」
神官「ドヤ顔しないでくださいっ!ばれてた、かも!しれないんですよ!?どうしてこう向こう見ずなんだか」
戦士「まあ……落ち着け神官。結果よければすべてよしとしよう。
   勇者の言葉の後では、かなり広場の空気も変わっていたではないか」
   
神官「確かにあのちょっと怖いくらいの王様盲信ムードはなくなったからいいんですけど……もうあんなことしないで下さいよ?
   冷や汗だっらだらだったんですから、私」
勇者「ごめんって。でも、これで少しは流れをこっちに持ってこれたろ。この勢いのまま、雪の女王のところに行こうぜ」
戦士「街の同盟メンバーに話を聞いて、準備を整えたらすぐに発つか」
神官「分かりました。……あの女王様、素直に認定書くれますかね」
勇者「俺の予想だと、拍子抜けするほどあっさりくれるか、めちゃくちゃ難易度高いかのどっちかだと思う」
戦士「同感だ」
神官「ああ?……はい」
勇者「前者であってくれることを祈ろうか。 じゃ、明日はそれぞれ行くところがあると思うし、別行動だな」
戦士「ではまたな、勇者、神官。無茶するなよ」
神官「私も勇者様に念を押したいですね…… ではまた」
勇者「はいはい」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
2013/08/03(土)00:35:45.12
ID:ISLZlb1Q0
勇者「ついにここまで来た……魔王!今日がお前の命日だ!!」
勇者「この海の向こうにある孤島が魔王城みたいだ。場所を特定するのに大分時間がかかってしまったな」
勇者「迷いの森を抜ける途中で仲間とはぐれてしまったが……いつ合流できるかもわからない、魔王城で会えることを期待しよう」
勇者「よしっ!!魔王城に乗り込むぞ!!」
勇者「くっ!なんておぞましい妖気なんだ!こんな恐ろしい城は見たことがない。さすがは魔を統べる者の住まう地か」
勇者「ん、結界が張ってあるな?しかしこんなもの、勇者の力をもってすれば」
パキンッ
勇者「造作もな……
??「あ、魔王様ー。勇者来たみたいですよー」
勇者「!? ど、どこからともなく声が!?」
??「やっぱり勇者は結界とけちゃうみたいだねー、いま迎えに行くからそこで待っててね」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375457744
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/09(火)20:06:04.98
ID:JNqBpQgh0
魔王「光熱費は2万ちょい。食費は二人で4万円で」カキカキ
勇者「やっぱドラマは水10に限るぜ」ボリボリ
魔王「……うーん、今月は支出が多すぎるなあ。どこを節約すればいいのだろうか」
勇者「あっ、煎餅なくなってらぁ。ちぇっ、いまいいところなのに」ムクッ
魔王「外食の量を減らすべきか。いや、あれは週に一回のご褒美でもあるし」
勇者「あれ、冷蔵庫にねぇや。おーい、魔王。昨日スーパーで買ったお菓子どこに置いた?」
魔王「えーい、うるさいっ! 炊飯器の棚の下だ!」バンッ
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455015928
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/09/30(月)21:51:18.949
ID:AyB3wW/O0.net
王「勇者よ、頼んだぞ」
勇者「はい、必ずや魔王を討ち滅ぼしてみせます!」
姫(250cm220kg)「待って勇者様!」
勇者「姫、どうしたんだ」
姫「私も連れていって……!」
勇者「それはダメだ! 君が来てしまったら……!」
姫「ただ待ってるだけなんて嫌! 私だって戦える!」
勇者「姫……!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2011/12/13(火)16:37:38.46ID:LQbENrpK0
姫「は?」

魔王「ですから、私は優しい魔王です!」

姫「ええと」

姫「すみません、ツッコミ所が満載すぎるので一つずつ聞いてもいいですか?」

魔王「何なりと!私は優しい魔王なので何でも答えてさしあげましょう!」

姫「はあ……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2009/09/10(木)09:13:04.93ID:QCgJzuNqO
魔王「姫をさらってきました」
姫「う……ん?」
魔王「起きたか」
姫「おはようございます」
魔王「えっ。あ、おはよう」
姫「ここはどこですか?」
魔王「ふふん、驚くなよ。ここは魔王城だ」
姫「ふーん」
魔王「!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/03/09(土)21:23:54.82
ID:oeFfzOXm0
勇者「なにぃ!?」
魔王「座して死を待て。出でよ破壊神!!」カッ
破壊神「我が名は破壊神……全てを破壊し混沌へと導く者」
勇者「くそ……!」
僧侶「姿だけなら女の子ですが……」
魔法「この威圧感……こんな」
魔王「ふはははは! 全てを、この世界を破壊せよ!」
破壊神「お腹空いた」
勇者「えっ」
魔王「えっ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/04/07(土)16:59:44.66ID:wgleiWv10
女神「よくぞ魔王-----を打ち倒しました。恐らく彼の者の蘇りの術もあと一度」
女神「次が最後の戦いとなるでしょう」
勇者「女神XXXXXの御意向のままに……」
女神「過去に無い熾烈を極める戦いとなるでしょう」
女神「今は体を休めるのです」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/20(火)15:37:14
ID:58Q8uKjc
青年「起きろ。」
勇者「んむー。」
青年「国王陛下がお待ちだ。」
勇者「……なんで生きてるの?キミ。」
青年「……おはよ。いくら寝起きだからって、その言い草はないだろ勇者。」
勇者「ユメ、か。魔王を倒したユメみてたんだー。」
青年「これから倒しにいくんだっつの。魔王はまだぴんぴんしてるっつの。」
勇者「そっかー。ゆめかー。よかった」
青年「魘されてたな。一体、どんな夢を見ていたんだ。」
勇者「ないしょー。行こ。王が待ってるんでしょ。」
青年「?、勇者、いつも王『様』って……まだ、寝ぼけてるのか……。」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:2019/09/01(日)02:32:02.856
ID:QLPvd/Uv0.net
魔王「ぐっ」血ダラダラ
勇者「トドメだあああああああああああ!!!!!!!!!!」
側近「魔王様!」ガキィッ
勇者「邪魔だああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」
魔王「やはり貴様も人間ということか…あの時もそうだっ 勇者「氏ねええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!」
魔王「ぐはっ…なぜ話し始めると攻撃する…」
勇者「俺が仲良しこよしでお話しに来てるとでも思ってんのかあああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/12/03(月)18:30:17.55
ID:Xay9Mo5V0
王国城──
国王「なんと!? 帝国軍が攻めてきただと!?」
国王「帝国皇帝は穏健かつ聡明な方だ」
国王「あの皇帝が我が国を攻めるとは考えにくいのだが……」
大将軍「帝国では軍の幹部である司令官が、皇帝の権威を脅かすほどに力をつけ」
大将軍「緊迫した状況が続いていたと聞きます」
大将軍「おそらくは無関係ではないかと──」
国王「……なるほど」
大将軍「しかし、今は帝国の情勢を気にかけている場合ではありません」
大将軍「ただちに我が王国軍の誇る四将軍を出撃させます!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/25(月)22:09:21
ID:BjbV0PBs
青年剣士「ソニックウェーブソード!」ビュオアッ
魔剣士「魔空斬……」ビュオオッ
サムライ「飛空居合でござる!」シュバァッ

剣士「ったく、近頃の剣士ときたら……どいつもこいつも斬撃を飛ばしやがる」
剣豪「まったくだな」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1◆U3IejVpYkU
2015/04/17(金)19:44:27.83
ID:LKf0oi4a0
ハーピー「魔王様?!」
魔王「ぐぬぬ」
ハーピー「…?(きょとん」
魔王「(…古代の魔物錬成術を試してみたはいいのだがことごとく女の姿に)…うーむ」
ハーピー「??」
側近「今日もダメだったようですね…」
魔王「ああ。5年間で10587体創って10585体女性型」
魔王「術が記されていた魔導書には『錬成に用いた材料などによって性別が変化することがあります』とあったのにも関わらず何を使っても女性型になってしまう」
魔王「材料に雄の生物を使っても」
ワーウルフ「わぅ?」
魔王「性別もへったくれもない植物や無機物を用いても」
アルラウネ「よんだ…?」
ゴーレム「…(ぼー」
魔王「複数の材料を用いても」
キマイラ「にゃ?」「んめ?」「しぇ?」
魔王「側近、お前と火の四天王以外すべて女性型になってしまった」
魔王「それどころか」
魔王「術など使わなくとも自然発生するスライムでさえも!」
スライム「…ほへ?」
魔王「女の姿を取る!!」
側近「…うーむ、5年の間に思いついたありとあらゆる試行錯誤をやってみましたが結局変わらず」
魔王「2500体ほど創ってあとは自然に増えるのを待つつもりがこれでは増えるわけがない」
スライム「わたしふえるよー?」プニョン
スライム1&2「ほらね」
魔王「お前はそれでいいが他の者はそうは行かぬのだよ」
魔王「仕方ないから必要なだけ自分で増やすとしよう」
魔王「幸い我の魔力はほぼ無尽蔵だからな」
竜「魔王様、お食事の用意ができました」
魔王「ああ。少し待ってくれ」
魔王「ふむ、うまい」
ミノタウロス「自慢のビーフステーキです♪」
魔王「そ、そうか…(お前も牛のはずなんだがな…)」
ミノタウロス「火が通っていなかったのです?」
魔王「いいや違う、完璧だ」
ミノタウロス「ありがとうございます♪」
竜「寝室の用意ができました」
魔王「うむ、下がれ」
魔王「(彼女たちは皆料理などは非常にできるのだが…)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/03/06(水)20:30:28.31
ID:wqie+HFe0
勇者「ありったけの?ゼニを?かき集め?♪」
勇者「大魔王倒しに?ゆ?く?の?さぁ?♪」
勇者「勇者!」ドン!
魔法使い「なんだい、その歌?」
勇者「昨日の晩、布団の中でふと思いついたんだ! なかなかいい歌だろ?」
僧侶「“勇者!”のとこだけ、ゴロが悪い気がするわね」
勇者「う?ん、たしかにそうかもしんねェな」
戦士「つうか、そもそも俺ら魔王を倒すのが目的じゃねえしな」
勇者「そういやそうだな!」ユシャッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/07/25(木)16:14:03.267
ID:pRPJtlCt0.net
勇者「わんわんっ!(丁度いい!そこの人、賢者に連絡してくれ!いや誰でもいい、とにかく呪いを治せる人を……)」
お姉さん「どうしたの?迷子かな?」ナデナデ
勇者「わんっ!(ちくしょう!言葉が通じない!)」
お姉さん「すごく泥だらけだね。お姉さんの家に行こっか」
勇者「わうっ(くそぉ!こんなことしてる場合じゃないんだ!早く呪いを解いて魔王を倒すのが俺の使命で……!)」
お姉さん「ほらほらー、暴れないの?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆eUwxvhsdPM
2014/01/14(火)13:28:05.48
ID:hxBfHHY60
ズバァン!
かいしんの いちげき!
まおうは たおれた!▽
勇者「えっ」
僧侶「えっ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389673685
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2011/09/01(木)12:38:19.35
ID:KAePTgyuO
魔王「いいのか?罪の無い子供が死ぬ事になるぞ」
女騎士「くっ・・・わかった・・・子供だけは助けてやってくれ・・・」
魔王「ククッ・・・ではさっそくしてもらおうか・・・」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆frbdKqL9ret4
2012/03/07(水)03:44:09.09
ID:OXcurr8To
勇者「全てお前のせいだ! お前がいるから私は!!」
勇者「城でニート姫をしていたのに、勇者にされて旅に出され!」
勇者「世界にある三国を渡り、三国それぞれの代表を仲間にし!」
勇者「村民から頼まれる数々のお使いをこなし!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1331059448
続きを読む

[ 閉じる ]
少女「魔女を受け入れる人間なんぞおるはずがない」薬売り「そんなことはねえよ。あたいは魔女だなんだで差別しねえしな」
1:2019/04/16(火)22:27:45.710
ID:G8UWy/1b0.net
幼馴染「……見つけた!」
猪「フゴォォォォッ!」
少女「はわわわわ……!」
幼馴染「あんたはここに隠れてなさい!あたしが仕留めるっ……この弓で……!」
少女「う、うん……」ドキドキ
幼馴染「狙いを定めて……呼吸を整える……」ググッ
少女「が、がんばれー……!」
幼馴染「すー……ふっ!」
ヒュンッ──トスッ
猪「グォォォン!」
幼馴染「やったっ……!」
少女「あっ……!ダメ、逃げちゃう……!」
猪「フゴォォッ……!」ダダダッ
幼馴染「浅かった!?」アセアセ
ヒュヒュヒュンッ──ストトトッ
猪「フゴ……」ドサッ
少女「あっ……」
狩人「惜しかったな」
幼馴染「父さん……」
狩人「だがまあ、上出来だ」
幼馴染「くっ……」
少女「やっぱりおじさますごーい……!」パァァ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。