SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
ファンタジー/勇者/魔王
タグ一覧の表示
<<
2020年03月
>>
13件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:2020/01/19(日)13:56:41
オーク「『この宵闇の黒騎士に刃を向けたのがまちがいだったなぁ!』…w」
女騎士「やめろ!やめてくれ!」
オーク「『食らって消えろ!必殺・送葬剣エンドシューター』…w」
女騎士「やめろぉぉぉなんでもするから!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2020/01/14(火)20:00:04.526
ID:M4xmiYjF0.net
親元から自立した三匹の子豚――
長男豚「たった今、情報が入った。狼が我ら三兄弟を狙っているとのことだ」
長男豚「各自家を建て、自己防衛する必要があるだろう」
次男豚「へっ、おもしれえ! 返り討ちにしてやるぜ!」
三男豚「うう……怖いよう……」
長男豚「情けない奴だ……貴様、それでも豚か」
次男豚「とても俺らの弟とは思えねえな……とっとと狼に食われちまいな!」ドカッ
三男豚「ぎゃんっ!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2011/10/08(土)22:36:35.67
ID:+l5axtdU0
勇者「魔王ー、冷蔵庫の中が空だぞ」
女魔王「そうか……では買い出しにいかんとな」
勇者「俺も行くよ。少し武器も見ていきたいし」
女魔王「お前の生まれた地だからとここに住んでいるが……武器も防具も品揃えは悪いぞ」
女魔王「これでは我の配下一人も倒せん」
勇者「もう世界は平和なんだしさ、魔物の領域に足を踏み入れなければ丸腰でも平気だよ」
女魔王「しかし人間との協定を守るやつらだろうか」
勇者「おいトップ。お前が言うな」ハァ
ID:GQVeLCmSO
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
20/03/20(金)17:13:27
ID:POx
オーク「グヘヘ、威張ってた女騎士も人質になったらかわいらしいもんだべ」
女騎士「く、殺せ!」
オーク「オメエにはオラ達の残飯で十分だべ! 昼飯の残りのカツ丼に余りのカレーをかけたやつでええべ!」
女騎士「ウッメウッメ」ガツガツ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:2020/01/09(木)20:03:09.388
ID:N2+0Jhuy0.net
町民A「なあ、イオンにはもう行ったか?」
町民B「行った行った。ものすごく賑わってたな」
町民A「なにしろ、あそこ行くだけで、だいたいの用事は片付いちゃうもんな!」
町民B「たとえ用事がなくても、それなりに暇つぶしできちゃうしな!」
ワイワイガヤガヤ…
勇者(イオンか……そういえばまだ行ってなかったな)
勇者(もしかしたら、打倒魔王に向けて大きな力になるかもしれない)
勇者(よし……行ってみるか!)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/04/02(火)23:06:45.64
ID:MEvVRABw0
勇者「やい魔王!連れ去った姫は何処だ!!」
魔王「ヤ、ヤラレタ・・・見事だ、勇者よ・・・約束通り姫は返そう・・・」
勇者「魔王、お前は強かった、だが俺は姫を、大事な人を守るためなら(長いので省略」
魔王「姫は、その部屋の奥にいる・・・安心しろ、危害は加えてない」
勇者「姫ー!!助けに参りました!!」
(´)Д(`)「オオゥ・・・勇者、来てくれると思ってました」
勇者「・・・・・・・・」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/03/06(火)22:34:45
ID:9Gu1k.yo
――よくあるファンタジー世界
侍「武者修行のために国を出て幾年月か」
侍「まさかエルフの国で捕われの身になってしまうとは」
侍「ちょっと道に迷ってエルフの国の領土に入ってしまっただけなのに、問答無用で牢屋いきとはな」
キィ
エルフ「何をブツブツ言っているのです?」
侍「や、軽い状況説明を。で、あんたは?見たところ騎士のようだが」
エルフ「あなたの尋問を任された者ですわ。最初に言っておきますけど、あなたに黙秘権はございませんので」
侍「はぁ。や、まあいいけど」
エルフ「……何です?その余裕たっぷりな態度は」
侍「いや、別に余裕ってわけじゃないぞ」
エルフ「ま、よろしいですけど。尋問を始めますわ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/12/09(月)22:00:37.705
ID:qqTV5dGy0.net
怪物「ガアアッ!」
ザシュッ!
勇者「ぐあっ……!」
戦士「勇者、ステーキだ!」
よく焼けた、ぶ厚いステーキが勇者に手渡される。
勇者「ありがとう!」ガブッ
すかさず肉にむしゃぶりつき、瞬く間に完食する。
勇者「よし、回復!」シャキーンッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2011/12/16(金)10:57:06.10ID:Ve9X/OTB0[1/32回(PC)]
騎士団訓練所にて
新米娘「あ・・あの!よろしくお願いします!!」

騎士「・・あああ?ここはおじょーちゃんみたいな子供が来る所じゃねえよ。帰った帰った」グイグイ

新米娘「わぷ・・・私は正式な訓練生として来たんです!訓練を受けさせて下さい!!」

戦士「おいおい、いい加減に・・・」

副長「その娘の言う事は本当だ。・・・騎士、お前を教育係に任命する」

騎士「副長!?こんなチビを戦場に出したら10秒であの世逝きだぜ!!正気の沙汰とは思えねえ!!」

副長「・・・そうならない為の訓練所、教育係だ。頼んだぞ」

新米娘「と言う訳です。宜しくお願いします」

騎士「どうなってやがんだ全く・・・」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pOKsi7gf8c
2015/02/19(木)00:00:48.30
ID:NEVNQYzs0
女騎士「よろしく頼む」
  「よろしく頼むって……」
  「アンタ、ココがどこだか分かってるのか?」
女騎士「もちろん、知っている」
女騎士「王国騎士団第二軍のフライコール隊」
女騎士「私が配属された部隊だろう?」
  「…」
女騎士「どうしたんだ?」
女騎士「何かおかしなことを言っただろうか」
  「いや……いい」
  「それより、これは分かるか?」
  「戦争の死にぞこないとか、傭兵まがいの騎士とか」
  「騎士団の中じゃ結構有名なはずだぞ」
女騎士「死にぞこない?傭兵まがい?」
女騎士「騎士団にはそんな者も居るのか?」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424271648
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2015/10/18(日)23:10:45.66
ID:YFr4+FFeO
勇者「助けに来ました、大丈夫ですか?」
娘「この痣だらけの体を見なさいよ!大丈夫なわけないでしょ!!」
勇者「………」
娘「大体何で今頃助けになんて来たのよ!?もう何もかも諦めていたのに!!」
勇者「助けは必要なかったってこと?」
娘「そ、そうよっ!!」
娘「あんな辱めを受けて生き続けるくらいなら死んだ方が良かった!!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445177445
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2020/03/04(水)21:02:37
国王「勇者よ、魔王が我が国を狙っているという情報が入った」
国王「さっそく魔王討伐に出向いて欲しい」
勇者「かしこまりました」
勇者「勇者の血を引く者として、必ずや魔王を打ち倒してみせます!」
国王「うむ、頼んだぞ!」
勇者(となれば……さっそく旅の準備をしなくちゃ)
勇者(町で回復アイテムを買うとするか)
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
2014/09/03(水)00:10:53.76
ID:0i+UKr460
 その疫病は、強い感染力を持っており、発病した人間から空気感染する。感染した人間は発病後、一週間をかけて徐々に体の力が抜けてゆき、やがて体が動かなくなると今度は全身の穴という穴から血を流し、地獄の苦しみの果て死ぬ。
 しかし特筆すべきはその疫病が魔族には一切発病しないということであった。
 疫病は女神との対話を経て、教会が解毒魔法を開発するまでの3年間に全人口の4割を死滅させた。
 結果として人々は魔族の進行と、疫病に苦しみ、魔王が現れてから三年の間に人類の領土は、ある小さな王国と、その周辺地域を残し、すべて侵略された。
 三年間の劣勢の中、その小さな王国が生き残ることができたのは、孤島に浮かぶ地の利があったほかに、勇者の存在があったためであった。
 その女神の加護を受けた選ばれし少年が、その啓示を全うし、疫病に苦しむその王国を仲間と共に、襲い来る魔物の手から守り抜いたのである。
 そして、疫病の危機を人類が乗り切った後、勇者は旅立つことを決意した。
 人々を苦しめる魔王を倒すため、勇者は、頼もしい三人の仲間と共に、世界を救うための旅にでた。
 そして、艱難辛苦乗り越えた勇者一行は、5年間の旅の末、ついに魔王と対峙を果たしたのである。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。