SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ミリオンライブ!
タグ一覧の表示
<<
2019年02月
>>
20件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
◆uYNNmHkuwIgM2019/02/14(木)23:22:30.65
ID:bMt1ueoY0
キャラ崩壊警報です!!
2:
◆uYNNmHkuwIgM2019/02/14(木)23:26:03.52
ID:bMt1ueoY0
志保「彼女なんて言ってないでしょ!単にりっくんがバレンタインデーにチョコを貰ったって言っただけ!」
静香「はぁ、なんだ。志保の動揺っぷりを見てると、陸くんに彼女でもできたのかと思ったわ」
志保「どどどどどど動揺?私が?何バカなこと言ってるの?」
静香「志保、陸くんが大好きなことがバレないように、人前では『陸』って呼ぶでしょう?動揺しすぎて素が出てるわよ」
志保「はぁ!?りっくんのことなんて、全然好きじゃないんだからね!?」
静香「うっわ...何そのツンデレのテンプレ言葉...」
志保「それに、仮に、そう仮に、万が一、いえ無量大数が一、りっくんに彼女ができたとしても、そんなことで動揺するほど私のメンタルは弱くないわ!!!!!」
静香「そっか、わかったわ。じゃあ、その手に持ってるコーヒーカップを机に置いて。手が震えすぎてて、中身をほとんど机の上にぶちまけてるわ」
志保「わたわたわたわたわたわたしのせいじゃない!!!!!!」
静香「はいはーい、そうね。わかったからほら志保ちゃん、机にカップおきまちょーねー」
志保「うわぁぁぁぁぁぁぁん!!!静香が!!!私を!!!バカにする!!!!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆UEry/CPoDk2019/02/14(木)21:53:08
ID:Tu4
(765プロ事務所)
小鳥「よし、お掃除終わりと。あ、社長。おはようございます」
高木社長(以下社長)「おはよう音無君、毎朝ご苦労さま」
小鳥「ありがとうございます。冬は流石に少し辛いですけど、もう慣れましたよ」
社長「なんだか申し訳無いね、本来そんな事はキミの業務に入っていないのに」
小鳥「お気になさらず、好きでやってる事ですから。それにアイドルがたまにこっちに来た時に、汚い事務所を見せるわけには行きませんし」
社長「そうだね。劇場が出来て以来、ここも随分と静かになったものだ」
小鳥「ええ。お仕事には集中出来るようになりましたけど、ちょっと寂しいですよね」
社長「まあ私達はあくまでも見守る側だ、賑やかなのはアイドル諸君とプロデューサーくんに任せておこう。さて、仕事にかかるとするか」
小鳥「はい。あとでコーヒーでも持っていきますね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ivbWs9E0to2019/02/10(日)11:39:34
ID:MoL
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
オチもヤマも無いSSですがよろしくお願いします。
2:
◆ivbWs9E0to2019/02/10(日)11:40:06
ID:MoL
琴葉「えーっと、こほん」
琴葉「それでは、灼熱少女シアター公演の終演と盛況と祝しまして・・・」
環「みや、「せいきょう」ってなに?」
美也「色んな食べ物を売っているお店ですよ?」
環「それならたまき知ってるぞ!」
琴葉「えっとね、盛況っていうのは」
恵美「琴葉!いいからいいから!」
海美「かんぱーーーーーい!!!!!!」
琴葉「あっ」
環「かんぱーい!」
美也「乾杯?!」
琴葉「もう・・・海美ったら・・・」
海美「え!ダメだった!?」
恵美「にゃはは、ウチららしいね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆UEry/CPoDk2019/02/07(木)15:27:40
ID:eMb
(劇場控え室)
百合子「うーん、無いなあ。一体どこなんだろう・・・」
朋花「お疲れ様です。おや、何かあったのですか?」
紬「これは一体。随分と散らかっておりますが」
百合子「あ。ご、ごめんなさい。後でちゃんと片付けますから」
朋花「何かお探し物でも?」
百合子「ええ。実はちょっと、その」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/02/05(火)18:32:28.147
ID:6EN4Je5V0
Chapter1/8
東京というのは不思議な都市だ。満員電車で世界有数の人口密度をいやというほど味わったかと思えば、駅から少し歩けば孤独感が襲ってくる。
もしかしたら彼女でもいればそんなことは考えないのかもしれない。いや、俺には縁のない話だ。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2019/01/23(水)16:27:16
ID:Wik
?莉緒宅?
このみ「今日は!」
莉緒「花の!」
このりお「金曜日?!!!」ハーナハサカルー
このみ「明日から3日間は久々のオフよ!」
莉緒「キャー!サイコーよ!このみ姉さん!!」
このみ「というわけで私のお気に入りを持ってきました!」ゴトン
莉緒「キャー!一升瓶が似合う女!このみ姉さん!!」
このみ「誉めてるの?」
莉緒「もちろん!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2019/01/20(日)23:36:35
ID:CKk
いろいろなところでSSを書いてきましたが、ここでは初投稿です。
何か間違っても大目に見て貰えると助かります。よろしくお願いします。
2:
名無しさん@おーぷん2019/01/20(日)23:39:42
ID:CKk
真美「はい、ちゅーもーく!」
亜美「どーしたの?」
真美「この前のTCの半生と大作をするよん」
亜美「漢字がちがう気がする……やめといた方がいいんじゃない?」
真美「何でかわかんないけど、まずは真美の結果から」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆79vuB7Whgs2019/01/29(火)01:33:23
ID:fPS
遅くなってごめんね!!!真壁瑞樹のお祝いSSです。

今日は1月の27日。調べてみたところ「国旗制定記念日」だとか「求婚の日」なのらしいです。
しかし瑞希的に。私がお祝いして欲しいのはどちらでもありません。
そうです。何を隠そう私のお誕生日なのです。パチパチパチ?。
瑞希「きっとシアターに行けばケーキが待ってるぞ」
今日は持田さんもプロデューサーもいますし、先ほどは「必ずシアターに来るように!」との連絡がありましたので、今頃みなさんでお祝いの準備をしてくれているのでしょう。
学校の友達からはお祝いはもうしてもらいました。家族からも、お仕事で忙しい父含め朝にお祝いして貰っています。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水)00:44:32.33
ID:AQjaemd70
――朝、育の家の前
プロデューサー(以下P)「おはよう、育」
育「おはようPさん! もう、約束の時間より5分遅刻だよ」
P「ごめんごめん、ちょっと渋滞に巻き込まれちゃってね。育こそ、忘れ物はない?」
育「だいじょうぶ! お仕事の資料も、学校の荷物も、ちゃんと忘れずに持ってきたんだから」
P「オーケー。それじゃあ次は環を迎えに行くよ。ちょっと飛ばすから、シートベルトはちゃんと締めておいてね」
育「Pさん、交通ルールはちゃんと守らなきゃダメだよ」
P「もちろん。大事なアイドルを乗せてるんだもの。安全運転なら任せなさい。それじゃ、行くよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水)01:07:15.31
ID:NAaxTZrh0
「はぁっ、はぁっ、はっ――――」
 キュッ、キュッというシューズの音が響くレッスンルーム。
 窓の向こうも真っ暗になった夜中、私はひとりきりで自主練をしていました。
(ここでキメ……!)
 脳内に流れるBGMの最後の一音とともに決めポーズをとり、私は鏡を見つめました。
 事務所支給のレッスンウェアに身を包んだ17歳の少女。黒髪は両耳の後ろでまとめられて肩に落ち、汗のせいでしっとりと湿っています。
 顔には割合大きな四角レンズの黒縁メガネがかけられています。その奥でこちらを見つめ返す鳶色の瞳は不敵な表情を作っていました。
 すうっと、潮が引くように頭が冷静になり、私は一度息を吐きました。
 全身から力を抜くと鏡の私は普段の私と同じになりました。どこにでもいる、地味な女の子。
(70点……かな。まだまだ精度を上げられるはず。表情だって)
 今鏡に映る鳶色はさっきまでとはまるで逆に色褪せているように見えました。
 ふと頭に邪念が浮かんできます。それを振り払うように、私は再び曲の頭から踊り始めました。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
福岡市民◆KzaOfIMA9g2019/01/22(火)20:13:03.14
ID:S0v7nJ4FO
【方言】星梨花「それじゃあ千早さん、この部分からお願いします!」【講座】
>https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547880544/

上記SSの続編。『広島弁を話す莉緒姉が見たい!』とのリクエストにお答えして書きました。ありがとうございます!
書き溜めてあるので順次投下していきます…。
2:
福岡市民◆KzaOfIMA9g2019/01/22(火)20:15:53.85
ID:S0v7nJ4FO
莉緒「春香ちゃん、どうしたの?」
春香「なにか指に刺さっちゃったみたいで…」
莉緒「大変!ちょっと見せてくれる?」
春香「え?でも大したことないし…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/01/12(土)22:13:56.89
ID:CF5STVjb0
永吉昴SSです
短めです。
2:
すばるんるすばん2019/01/12(土)22:15:23.65
ID:CF5STVjb0
昴「あっちゃー凄い雨だな」
P「先方から連絡あったよ…今日の撮影は中止だってさ」
昴「まあ、この雨じゃ仕方ないよなー」
P「どうする?もう仕事もないし帰るなら今なら送っていくぞ」
昴「んーいいや、宿題もあるしここでやっとくよ」
P「えっ昴が宿題を!?」
昴「な、なんだよそれー!オレだってちゃんとやるときはやるってー!」
P「はっはっは、すまんすまん。それじゃあ俺は書類仕事するから何かあったらこっちに連絡くれよー」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/01/19(土)23:42:32.30
ID:10Ne4ngY0
===
北沢陸、五歳。
少年は冷蔵庫からキンキンのヤクルト容器を取り出すと、
憂いた手付きで蓋を開け、溜息と一緒に乳酸菌を胃袋の中へ納め入れた。
そして小さくげっぷ、ゴミはゴミ箱へ。
肩から外す鞄は彼が保育園のお世話になっていることを周囲へ示す証である。
その一連の様子を姉は見ていた。
北沢志保、十四歳。
彼女は買い物袋の中身を冷蔵庫へと移しながら、
この愛しき弟が何か重大な悩みを抱えている事実にそれとなく気がつき始めていた。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
福岡市民◆KzaOfIMA9g2019/01/19(土)15:49:04.66
ID:Tek3SOhzO
【博多弁】星梨花「未来ちゃん、こんおっとっととっとっと?」未来「?」【講座】
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547815867/

上記SSの続編という位置づけ。今回は博多弁を中心とした日本各地の方言を題材にしました。
ーーーー
千早「……お前、さっきから何ば言いようとや?のぼせあがるとも大概にせれ!」
星梨花「は?別にのぼせあがっとらんし。先生こそ何言いようとー?」
千早「“そげなおおまんたれはつまらん”って注意してやりよったい!それも分からんとや!?」
星梨花「しゃあしかったいきさん!」
千早「先生に向かって“きさん”ちゃ何や!そげんくらされたいとか!?」
星梨花「やれるもんならやってみい?逆にぼてくしこかしちゃあけんね」
千早「貴様ぁー!表出れ!!」バンッ!
星梨花「おう、上等たい!」ガタッ!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
福岡市民◆KzaOfIMA9g2019/01/18(金)21:51:07.09
ID:W4ENnYGZO
※かつてミリマスに搭載されていた機能「ドラマシアター」に投稿したドラマを基にした博多弁講座SSです
※短めの予定(書き溜めあり)
ーーーー
星梨花「私、これすいとーっちゃん!」
未来「えっ、“水筒ちゃん”ってなに?」
千早「箱崎さんはおっとっとがすいとーとね!さっき春日さんが食べよったけんとっとーっちゃないと?」
未来「うええ!?千早さんは今の言葉が分かるんですか!」
千早「ふふ、驚いたでしょう?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2019/01/05(土)17:30:30
ID:6an
ーー年明け、事務所ーー
P「突然事務所が異界化して野球拳をしないと出られない部屋になってしまった」
P「具体的にはどちらかが裸になるまで続けなければいけないらしい。そうすれば部屋から出られる」
P「本来野球拳は脱ぐものじゃないんだけどな。昔の年末番組では確かに脱いでたからそのイメージなのかな」
P「さて、幸い今ここにいるのは俺だけだがそろそろ誰か来る頃だ」
P「アイドルと野球拳でスッポンポンとかマズいだろ。今日はここに来ないよう連絡を……。くそっ!電話が通じねえ!」
ガチャッ 
琴葉「おはようございます」
P「ああ?来ちゃった?(´`:)」
ミリマスSSです。除夜の鐘で煩悩を払えなかった。琴葉の親愛は100000くらいです。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/01/12(土)22:55:29.45
ID:CPwA4cva0
琴葉「夜中に宿題をしていたら、突然窓がノックされた」
琴葉「コツコツコツ、と軽く三回」
琴葉「……お化けかな? なんてちょっぴり怖くなったけれど」
琴葉「確かめない方が気味が悪い……。私は勇気を振り絞って」
琴葉「自室のカーテンを恐る恐る開けたのだった」
窓に張り付く所恵美
無言でカーテンを閉める琴葉
琴葉「――さぁ、切り替えて宿題の続きしようっと♪」
恵美「待って! せめてワケを聞いてっ!!」コンコンココン!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆OtiAGlay2E2019/01/13(日)01:06:34.30
ID:ELkGHZEg0
P母「P?、おかゆできたわよ」
P「あ、ありがとう…自分でとるからそこに置いておいて…」
P「はあ。せっかく年末年始にオフ貰って久しぶりに実家に帰ってきたのは良かったんだけど……」
P「よりにもよって熱だすとはなあ」
P「あー頭痛い。平成最後の大晦日に熱出すってついてないよなあ」ゲホッゲホッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆2UonITSXok2018/12/23(日)21:10:25.41
ID:9FJYbIqi0
このSSは野々原茜ちゃんです。
SS書くの数年ぶりです、何卒お手柔らかに。
2:
◆2UonITSXok2018/12/23(日)21:12:10.20
ID:9FJYbIqi0
―――お好み焼き屋にて
グリP「お好み焼きは広島風に限るぞ、そして今作っているヤツが広島風だ」カシャカシャ
茜「…………」
グリP「こうやってな生地が固まってきたタイミングで、その横で麺を焼くんだ。生地と麺が焼けるタイミングをよく見計らってなぁ。麺は鉄板で焼くと、焦げ目がついて食感と風味が大変によろしいんだぞ。カリカリの麺が下に張り付かないように油は多めに敷いておいて…、はいじゅんじゅわー」カシャカシャ
茜「………………」
グリP「お次は生卵を鉄板に落として、ただし目玉焼きではなく、こう黄身を潰して、横に伸ばして。はい最高、最高だよ茜ちゃん。この伸ばした卵の上に炒めた麺を乗せて、その上に生地を乗せて…こう三層に」
茜「………………………」
グリP「仕上げに調味料ね、生地にソースをたっぷり……それから青のりを振って……かつお節をぶち込んでだな……」
茜「………………………………」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Zg71aiNoxo2018/12/19(水)19:28:15.57
ID:8WorYkag0
ミリシタTCの少女星梨花と妖精未来を応援する的なやつです
続編もすぐあがると思います
2:
◆Zg71aiNoxo2018/12/19(水)19:31:28.61
ID:8WorYkag0
星梨花「村の外ってどうなってるんだろう……?」
彼女の名前は星梨花。
実は、彼女は生まれてからまだこの村を出たことがない。
両親の許しを得るまではこの村から出ることは許されていないからだ。
生まれてからずっとこの村にいては、大概のものはもう見慣れてしまった。
今日一日ずっと村の中を探検していた星梨花は、村の東端にある小高い丘に身を投げ出していた。
丘の上からは村の外が僅かに見える。
村から出る一本の道はうねりながら先へと伸び、右手に見える山の裏側へと続いていた。
左手には広大な森が広がっており、その中は暗くてよく見えない。
星梨花「行ってみたいなぁ……」
星梨花はそう呟きながら体を起こし、大きく伸びをする。
だが、外に行ってもやることがあるわけでもないし、第一に両親に何と言われるか……。
星梨花「そろそろ晩ご飯の時間だ。帰らなきゃ」
星梨花はいつもと変わらぬ足取りで丘を下っていった。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。