SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
モバマス・グリマス SS
タグ一覧の表示
<<
2017年11月
>>
68件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
>>
1:◆Xz5sQ/W/66[saga]:2017/09/14(木)16:53:10.82ID:EIzAiAIQ0
===
今日はとても目覚めの良い朝だ。
昨夜の晩酌。歳のことも考えて、今年は少し控えめにしておいたのは、
なに、英断だったと自分自身を褒めざるをえない。
人に聞かすには少々気恥ずかしい話。
毎年この日には休みを取り、前日の夜は思い出を肴に上等な酒で一杯やるのが常だった。
そうしてついつい飲み過ぎて、次の日の朝は――つまり今日。
記念すべき九月の十四日の朝を――二日酔いで迎えることが多かった。
……いや、多かったというのは嘘になるな。
殆ど、毎年。うむ、毎回。
朝っぱらから頭が痛くて痛くてしょうがないって。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505375590

続きを読む

[ 閉じる ]
2:◆9YfKA67h5g[saga]:2017/09/19(火)23:38:45.79ID:JXdUNtZz0
P「ふー……疲れた……」
幸子「お疲れさまですPさん、今お仕事終わったんですか?」
P「お、幸子か お疲れ?」
幸子「最近お仕事多そうですね。無理してませんか?」
P「無理はしてないよ、ありがとうな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆Dm8ArSIo3MOQ[saga]:2017/09/19(火)02:03:06.90ID:3NWdmM7P0
モバP(以降P表フゴフゴ!)「…」カタカタカタカタカタカタカタカタ
P「……」カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
P「………」カタカタッターン
P「……ふぅ」
P「………」
P「…ふむ」
P「…」
P「……」
P「………」
P「よし」カパッ
ちひろ「よし、じゃないですよ」
P「あれ、いたんですかちひろさん」
ちひろ「ずっと真向かいで仕事してましたよ」
ちひろ「何してるんですか」
P「何をしているように見えます?」
ちひろ「大量のカレーが入ったお鍋の蓋を開けているように見えますね」
P「惜しい。鍋じゃなくて寸胴です」
ちひろ「どうでもええわ」
P「いや、だってほらカレーってふとした時に無性に食べたくなりません?」
ちひろ「働いてください。って畜生全部終わらせてやがる」
P「よしよし、いい感じに出来てる。チッヒも食べます?」
ちひろ「勤務時間中に事務所の中でカレー頬張るのってどうなんですか?」
ちひろ「大盛りでお願いしますね」
P「マッテローヨ」ヨソヨソ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505754186

続きを読む

[ 閉じる ]
2:◆RSTRDcqbEQ[saga]:2017/09/23(土)23:34:21.81ID:kk9y63UU0
「ありがとうございました」
と降りていくお客さんにいい、ドアを閉めて、俺はまた車を走らせる 
俺はこの大都会東京でタクシーの運転手をやっている 

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/09/30(金)22:55:40.57ID:8W8MdLQq0
岡山親善大使が岡山を紹介するSSです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1475243740

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆Q/Ox.g8wNA[sagesaga]:2017/02/08(水)07:51:49.28ID:pcjTHqB40
凛「世界はなぜ私を追い詰めるのか…」ズーン
モバP「どうした渋谷、急に」
内匠P「来たと思ったらいきなり凹み始めるとか、新ジャンルだな」
凛「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった……」プルプル
内匠P「何を言ってるのか全く意味が解らんぞ……??」
モバP「取り合えず落ち着いて訳を話してみ??力になるから(多分)」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486507908

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆3UO.XRpYJ2[saga]:2016/07/25(月)00:20:58.93ID:ilyuscAp0
「Pさん、美術館興味ないですか?チケット……2枚あって……」
おずおずといった感じで差し出されたそれを受け取ったのは数日前の話だ。
現在、僕と彼女――――古澤頼子さんは、ちょっと気まずい感じで二人並んで歩いている。
例えるのなら、偶然帰り道が同じになった新しいクラスメイト、といったところか。チラチラとお互いの姿を確認しあっては何を言うのか考えて、結局何を言うわけでもなく美術館に歩を進める。
要するに、僕も彼女も口下手で、尚且つ僕は男女でお出かけをしているというシチュエーションに緊張しきっていた。
「あっ……」
何の気なしに彼女を見たら、丁度彼女も僕に目線を送っていたところだった。考えられる限り頭を働かせて、やっと「今日も暑いですね」と言うと、彼女も慌てたように「そうですね」と相槌を打った。
それきり彼女も僕も目線を逸らして、そのまま会話は終了してしまった。
何をやってるんだ、一体。僕は彼女に気付かれないように自分の頭を軽く掻いた。
古澤頼子さん。17歳で、眼鏡が特徴的な女の子。趣味は美術展や博物展の鑑賞だという。
そういえば、彼女をスカウトした時も美術館だったっけ。正確には美術館に入ろうとしていた彼女に声をかけたんだけど。
僕たちは出会ってから、まだ、数日しか経っていなかった。僕らはお互いのことを知らな過ぎていて、だからこの沈黙も仕方ないもののように思える。
……などと、ひとしきり言い訳を頭の中で作ってから、それにしたって、と僕は思った。折角気を遣って誘ってもらったんだから、きっと今度は僕が気を気の利いた話題の一つや二つ提供するべきなんだろう。
学生時代の女っ気のない生活を呪いつつ、綺麗に塗装された道を歩いた。静かな中、風に揺れる葉の音だけが耳に印象を残していた。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1469373658

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/02/20(月)00:52:56.47ID:qqQWSiRv0
薫「えー!すごーい!」
菜々「ふふーん」
モバP「菜々さん」
みりあ「それって誰ー?」
菜々「それはですね」
モバP「よしなさいって」
菜々「カネやん…ムガモゴ!??」
モバP「ちょっとこっちに来てください……!」
薫「あー、せんせー菜々さんとったー!」
みりあ「ずるーい!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487519576

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆pyjxxL5rxeZK[saga]:2017/07/11(火)20:43:15.68ID:HpUIc0+G0
―――事務所
モバP(以下P)「どういう…ことだ…?」
P(なぜだ…? なぜ鞄にお宝本(エ○本)が入っている? こいつは、こいつはこんな所にいていい存在じゃ…)
P(まさか、書類と一緒に間違えて鞄に入れてしまったのか!? …い、いや、こうなった経緯はもはやどうでもいい! 今はそれよりもこいつを―――)
卯月「おはようございますっ」ガチャ
P「うぎゃあ!?」
卯月「どうしたんですか、プロデューサーさん!?」
P「お、おははよう、う卯月! お、俺は何もやましい物なんて持ってきてないぜ☆」
卯月「は、はい? やましい物ですか?」
未央「プロデューサー、何かやましい物持ってきたの?」
P「ぎゃあああああああっ!?」
未央「なんで私の顔見て悲鳴上げるの!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499773395

続きを読む

[ 閉じる ]
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/07/08(土)02:49:52.54ID:GtJ6aU4I0
──テレビ──
凛『私はあんたの気持ちには答えられない。付き合うなんて無理だよ』
A『……そうですよね。ごめんなさい、無理なお願いをしてしまって』
凛『……5年』パッ
A『え?』
凛『5年待ってよ。今の私たちは大人と子供。でも5年たてば、私たちは対等な関係になれる。そうでしょ?』
A『そ、それはつまり──』
凛『あんたの妻になる未来。それもまあ、悪くないかな』ニコ
タラララ タララララ♪

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆NNLEs6yYIM0f[saga]:2017/06/25(日)22:54:44.93ID:z48vasbk0
まゆ「プロデューサーさんは童貞ですよねぇ」
凛「いや、逆に童貞以外ありえないでしょ」
加蓮「そうそう。少し抱き着いただけで顔を真っ赤にしちゃってさ」
P(……な、なぜだ。トイレから帰ってきたら、なんて会話してやがる!!)
響子「そこに隠れてるプロデューサーさんに訊いてみるのが一番だと思いますっ」
凛「本当だ。プロデューサーの匂いだ」
P(やだこの子達怖い)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1498398884

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/08/10(水)21:05:27.43ID:zBLngfyiO
事務所
ガチャ
P「ふーい、おはようございまーす。」
ちひろ「あ、あら、プロデューサーさん、おお、おはようございます。」タプンッ
P「ファッ!?」
千川ちひろ(B95)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1470830727

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/07/31(月)21:00:35.61ID:NKf0+xSCo
 池袋晶葉によって完成したウサちゃんロボは、バックダンサーからお団子作り配布までこなす優れロボである!
 ときどき中身を抜いて、代わりに市原仁奈や橘ありすが入っていることもある!!
 しかし、中身がウサミン超科学によって改良されたウサちゃんロボもいたっ!
 
 その名は、ウサミンロボ! ウサミニアックブレイン超AIを搭載した、自我を持つロボットである!!
 ウサミン竹槍、ウサミンスクランダーなどの数々の武装を使い、アイドル達にお役立つのだ!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1501502435

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/07/28(金)17:22:00.02ID:gOKOXAOSo
P「"温もり"ですよ"温もり"!」
P「現代人は温もりを求めているんです!」
P「おわかりですか、ちひろさん」
ちひろ「はい?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1501230119

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/01/26(火)00:34:15.13ID:LD75MaHz0
若干闇抱えたP(以降P表記)「………寒い」ヘクチッ
P「何なんだこの寒さは。暖冬だとか散々言っておきながらいまさら本格的に冬の本気を出してこなくてもいいじゃあないか」カタカタカタカタ
P「寒くなったら朝布団から出るのがどれだけの苦痛か分かっているのか」カタカタカタカタ
P「シャワーを浴びて温まったな、よし出るかとぬれた体で風呂場から出た途端鬼のような冷気にさらされるのがどれだけの苦行だと」カタカタカタカタ
P「……まあ、季節に愚痴っても仕方ない」カタカタカタカタ
P「こうも寒いと仕事もままならないしな……なんか暖かいものでも作ってくっか」カタカタカタカタ
P「う?…寒っ。動くと余計寒いでごぜーますよ」カタカタカタカタ
P「って訳で何か買い出しに行くぞ森久保ぉ!!」ガシッ
乃々「ひぃぃっ!ひ、独り言だったんじゃなかったんですか!?」
P「こんな寒い中一人で外出るなんて御免だ道連れじゃあ森久保ぉ!」ズルズル
乃々「お、お構いなくっもりくぼは一人でおるすばんしてます…机の下のオブジェだと思ってって、あうっ、あうっ!」ズリズリ
P「豚足買ってやるから付き合え寂しいんじゃ森久保ぉ!」ズルズル
乃々「そこは手羽先だと思うんですけど!」ズルズル
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1453736054

続きを読む

[ 閉じる ]
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/16(日)08:56:56.13ID:WFXCEcry0
脂肪と糖。
この2つのために数多の血が流れ、
また数多の命が育まれていった。
アレルギーでもないかぎりは、この2つを避ける者はいても
嫌う人間はいない。
生物にとって、糖も脂肪も効率のよいエネルギー源であるからである。
糖に限っていえば、ありんこだろうと細菌だろうと、
我先にと群がる。
つまるところ、糖分と脂肪分が豊富に含まれるドーナツを、
椎名法子が燃料として“愛用”するのは全く適切である。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆ag9TZfREZs[saga]:2016/08/25(木)23:39:21.89ID:gBKug6e/0
某TVスタジオ――東京――
MC「さぁ、みなさんの前に運ばれたのが、銀座の老舗洋菓子店から新発売される『塩麹ショートケーキ』です!」
MC「それでは……卯月ちゃんに食べてもらおうかな!」
卯月「あ、はい、いただきます!」
卯月「……」モグモグ
MC「どう?」
卯月「……あっ、美味しい♪」
MC「コメント普通ッ!」
卯月「でも、本当、美味しくて……」アワワ
?ワハハハ/
■この作品は、フィクションです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472135961

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/08/27(土)22:16:14.04ID:RizBvBz/0
つば九郎「……」
美嘉「……」
つば九郎「……」
美嘉「……えっ」
美嘉「えっ?」
つば九郎「……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472303773

続きを読む

[ 閉じる ]
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/26(日)16:16:08.70ID:RKJaOeanO
【かまぼこ】
モバP「みくー、お昼にしよう」
みく「Pチャン、今日のお昼はなぁに?」
モバP「今日はきつねうどんだぞ」
みく「お出汁のいい香りがすると思ったら油揚げ炊いてたんだね。いい香りにゃあ♪」
モバP「さぁ、冷めないうちに食べようか」
みく「はーいにゃ。いただきまーす♪」
モバP「なぁみく、かまぼこって何から作られてるか知ってるか?」
みく「急にどしたん?」
モバP「いや、何でもないよ……」
みく「変なPチャン。んー、お汁が染みてかまぼこも美味しいにゃあ♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/08/31(水)16:21:17.40ID:t4haP0muo
?その1?
兵藤レナ「ふーん、どんな役?」
P「主要キャストはもう決まってて、脇役なんですけどね」
P「サメに襲われる海水浴客です」
レナ「別に嫌なわけじゃないけど、脇役なら私じゃなくても良いんじゃない?」
P「監督の指名なんですよ。なんでもレナさんのことはよく知ってるとか」
レナ「映画監督に知り合いなんていないはずだけど……ファンとしてって意味じゃないの?」
P「どうですかねぇ。まあ、会えば分かるでしょうけど」
P「スケジュール的には全く問題ありませんが、どうします?」
レナ「うーん……せっかくご指名いただいたんだから、やってみようかしら」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472628077

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:◆zefPw5mKfA:2016/09/20(火)17:18:27.98ID:Sq0pdfZJ0
千川ちひろ(以下ちひろ)「暇ですね」
モバP「そうですね。夏フェス終わって、秋は仕事も落ち着かせてますし」
ちひろ「Pさん、面白いことしてくれませんか? 首を外すとか」
モバP「ロボじゃないんで出来ません」
池袋晶葉(以下晶葉)「ロボと聞いて!」
モバP「呼んでないな」
晶葉「そうか……」(トボトボ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆Dm8ArSIo3MOQ[saga]:2016/09/21(水)00:56:51.04ID:RhZmIpV80
モバP(以降P表記よ、この豚)「すみません、お待たせしました」
ちひろ「いえいえ、私もついさっき来たところですよ」
P「そうですか?なら良かった」
P「それにしてもちひろさん随分早いですね。俺も割と早めに着くようにしたつもりなんですが」
ちひろ「ふふ、女性を待たせるなんてまだまだですね、プロデューサーさんも」
P「やっぱり待たせてたんじゃないですか」
ちひろ「言葉のあやですよ。ほら、行きましょう?」
P「ええ。…あ、そうだ」
P「…コホン」
P「今日1日よろしくお願いしますね、ちひろさん」
ちひろ「はい、こちらこそ。よろしくお願いします」
P「…」
ちひろ「…」

P「…気持ち悪くなってきたんでそろそろやめましょうか」
ちひろ「そうですね…普段通りでいきましょう」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1474387011

続きを読む

[ 閉じる ]
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/06/22(木)17:15:20.56ID:SpTO8pPk0
午前2時。 
除霊師の松永涼と白坂小梅は、病院内の図書室にいた。
依頼主によれば、ここに凶悪な幽霊が現れるという。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/06/23(金)19:40:40.96ID:9TDtueb30
――昼、商店街(ワカンセ通り)
店長「はい、補助券10枚ね。ふくびき1回分だから頑張って!」
裕美「……」ガラガラガラッ!!
カランッ!
店長「大当たりぃ?!!」チリンチリーン!!
裕美「え?」
店長「大当たりだよ嬢ちゃん! 2等の43インチ薄型テレビ、これ1本しか入ってないからね!」
裕美「……」
店長「今日はお母さんと一緒かい? これ、家のテレビも新しくなってお父さんも喜ぶんじゃないのかい?」
裕美「あの……私、寮に住んでるんですけど……」
……
…………
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1498214440

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sagesaga]:2016/10/01(土)09:46:27.32ID:49cE+2/00
『ココアシガレット』
喫茶店
幸子「タバコ吸っていいですか?」
凛「は?」
幸子「これですよ、これ」
凛「え…ああ、なんだ、ココアシガレット。駄菓子か」
幸子「当然です、ボクまだ14歳ですよ?」
ウェイトレス「ご注文はお決まりでしょうか?」
凛「幸子、決まった?」
幸子「コーヒーを」
凛「オレンジジュースとかもあるけど」
幸子「コーヒーで!アメリカンでお願いします!」
凛「ふふ……私も同じのを」
ウェイトレス「かしこまりました」
幸子「私も同じのを……それも大人っぽくていいですね」
凛「なに?大人っぽくなりたいんだ?」
幸子「そんなんじゃないですよ」
凛「それでそのタバコなわけか」
幸子「ああもう……そんなんじゃないですって。ボクらの中で流行ってるんです、ココアシガレット」
凛「ボクらって……輝子と小梅と……」
幸子「それと、卯月さんと響子さんと美穂さんですかね」
凛「ピンクチェックスクールも?」
幸子「お仕事中に美穂さんに聞かれたんですよ。なあにそれって。142sで流行ってるって教えてあげたら、ハマってしまったようで」
凛「それでピンチェに輸入されたわけ?」
幸子「そのようですね。卯月さんなんか、布教活動までしているみたいですよ?バックに2、3箱入れてるみたいです」
凛「へぇ、最近卯月と会ってなかったからなぁ…」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1475282786

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆sXOFQadeF.[saga]:2017/06/19(月)00:50:19.50ID:O+LeWv2+0
杏「な、なぜ杏がこんな目に…」
P「どうせ暇してただろ?それにお盆だってのに実家にも帰らない奴は」
奈緒「コミケにでも連れて行くしかないよな!べ、別にアタシはそこまで行きたかったわけじゃないぞ?ぴ、Pさんが一緒に行きたいっていうからだな…」
杏「ツンデレ乙ー。あー暑い。こんな暑いなかみんなよく並べるよ…。杏なら委託待って通販で買うね」
P「会場でしか買えないサークルの本とか、特典とかがあったりするんだよ。企業ブースなんかは特にそうだ。みんな血眼で順番待ちしてるぞ」
奈緒「アタシはどっちかっていうとサークルメインだからそこまでじゃないけどな!」
P「壁サークルのために人集めたくせに…」ボソッ
奈緒「ん?Pさんなんか言った?」
P「いえ、なんでもありません…」
・デレマスss注意
・コミケss注意
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1497801019

続きを読む

[ 閉じる ]
2:◆PowG29OvRE[sagesaga]:2016/09/30(金)08:34:09.71ID:hoSprtJ/0
「フフーン、今日も可愛いボクがプロデューサーさんのためにわざわざ出社して来てあげたのですよ!感謝してくださいね。」
気だるさに満ちている昼下がりの午後、俺がプロデュースを任されている輿水幸子がうざ可愛い発言と共に出社してきた。
「あぁ、そうだな。」
と、乱雑なデスク越しに適当な相槌を打ち、ついでに手元にある温くなったブラックコーヒーを一気に飲み干す。
そして、仕事に再び取りかかる前に横目で彼女を見た。どうやら事務所のソファーに座って学校の宿題か何かに取りかかろうとしているようだ。
輿水はいつもそうだ。レッスンや仕事がない日も事務所に顔をだし、こうやってソファーで学校の宿題などを片したりしている。殊勝な事だと思った。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆yefS5h1Nbo[saga]:2017/06/19(月)21:00:20.99ID:lUp8igWC0
ちひろ「関節技(サブミッション)こそ王者の技なんですよ、プロデューサーさん!」
P「だから、打撃技の方が至高だって言ってんだろ、ちっひぃぃぃ!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1497873620

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/02/10(金)20:37:08.02ID:Ngv5DDoA0
モバP(以下P)「2人ともおつかれ。握手会でここまで押すとは思わなんだ」
茜「すみません! 手を握っていたら盛り上がっちゃいまして!」
飛鳥「まさか隣で腕相撲が始まるとは思わなかったよ」
茜「いやぁ熱い勝負でした!」
P「ファンはあれで喜んでたからまぁ結果オーライか」
飛鳥「それで済ませてしまう辺り、キミも大物だね」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1486726627

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/06/11(日)23:49:17.47ID:e12QimSB0
モバP(以下P)「飛鳥、乃々、これでイベントも無事に終わりだな。おつかれさん」
飛鳥「商店街でミニ野外ライブ、想像以上に盛り上がったね」
乃々「な、なんか色んな人がいましたね……」
P「ここの商店街は名古屋の観光地としても有名だしな」
飛鳥「年齢や人種も問わず賑わっているようだ。こんな喧噪もたまには悪くない」
乃々「商店街のお仕事と聞いたときはもっと落ち着いた場所を想像していたのにぃ……」
P「正直に言ったら来る前から乃々が委縮すると思ってな。うまくやれていたぞ!」
乃々「うぅ……ひどいです……」
飛鳥「はぁ、キミも乃々の扱いにだいぶ慣れてきたね」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1497192557

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。