SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
モバマス・デレステSS
タグ一覧の表示
<<
2017年05月
>>
141件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1494086429/
1:
◆JfOiQcbfj2
2017/05/07(日)01:00:29.39ID:upUN87ha0
R-18なきょうさきです。
書き溜めを投下しますので、よかったらお付き合いください。

2:
◆JfOiQcbfj2
2017/05/07(日)01:01:32.67ID:upUN87ha0
「あの、沙紀、さん……」
 いつものベッドの上で響子は仰向けの姿勢で寝ていた。寝慣れた環境であるはずなのに彼女の身体は何故かガチガチに強張っていた。
「なんすか?」
 響子の呼びかけに割と淡白な返答が真上から返ってきた。
「いえ、あの、お願いしたのは私なんですけど、これは……」
 呼ばれた沙紀は響子の上に馬乗りになって見下ろしていた。彼女の緊張の最たる原因はそれに違いない。
 そんな響子は両腕を沙紀に柔らかく抑えられていた。決して振り解けない強さではないが、彼女は抵抗することをしなかった。
「嫌っすか?」
 沙紀の表情は変わらない。対する響子はその真逆で恥ずかしそうに顔を赤らめたり、おどおどと慌てたりとにかく忙しそうにしていた。
「そ、そんなことは、んぁっ……!」
 突然、響子の甘い声が寮の部屋に響いた。彼女の首筋に沙紀が軽く唇をつけたからだ。
 沙紀はそのまま特に何かするわけはなく、只々堪能するようにそのまま止まってしまう。
 たまらないのは響子のほうであった。首を中心に弱い刺激が徐々に広がりながら身体は痺れていくし、気まぐれに沙紀が首筋を弱く吸うとピクンと無意識に身体は跳ねてしまうなど、とにもかくにも出来ることなら布団を頭まで被り丸まりたいと心の底から思っていた。それが叶わぬ願いだとわかっていながらも。
「響子ちゃん……」
 沙紀はゆっくりと唇を離して、響子の瞳をじっと見つめた。彼女の戸惑いと僅かに情欲の混じりあった色に少しだけ申し訳なさそうに目を伏せる。が、すぐに再び見つめ直すと今度は首ではなく響子の顔、さらに詳しく言えば唇に顔を寄せていく。
「…………」
 響子は何も言わない。ただ静かにゆっく
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495344913/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)14:35:13.80ID:Xxn7ubhU0
塙「どうもナイツです、よろしくお願いします」
土屋「よろしくお願いします」
塙「今日はね、皆さんにお笑い史上二番目くらいに面白いものをお届けしようと思います」
土屋「いやいや、そういうこと言わなくていいから。勝手にハードル上げないでくださいよ」
塙「今日はね、あのビッグスリーよりも面白いところを見せてやりますから」
土屋「ちょ、ちょっと塙さん! そんなこと大声で言っちゃダメ! テレビ出られなくなるよ!」
塙「えっ、そんな大したことですかね?」
土屋「充分大したことだよ。ビッグスリーに喧嘩売ってんだからね?」
塙「いやー……大谷、藤浪、濱田はそんなに面白いことできる気がしませんけどね」
土屋「それ数年前の高校野球のビッグスリーだろ。野球選手に笑いで負けたらお笑い芸人名乗れないよ。こっちはお笑い界のビッグスリーの話をしてんだよ」
塙「ああ、そっちね」
土屋「当然だろ。そういう流れだったろ完全に」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)14:38:37.31ID:Xxn7ubhU0
塙「まあビッグスリーの話はいいんですよ。今日はね、私一押しのゲームの紹介をしようと思いまして」
土屋「おっ、どんなゲームなんですか?」
塙「アイドルマスターシンデレラガールズ・スターライトステージ、通称デレステっていうんですけど」
土屋「有名ですねー。CMも多く見かけます」
塙「あのCM、アイドル界の三枚目と名高い中居正広くんが実に古臭いアイドルの格好してやってますよね」
土屋「もっと他に言い方あるでしょうよ。あとね、あの人別に三枚目で売ってるわけじゃないから」
塙「確か広告にも書いてありましたね。「リズム感だけはあったんですが……」って」
土屋「過去の話になってんじゃねぇか。現在進行形ですよ。彼はとてもダンスがお上手ですか
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495341123/
1:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)13:32:03.95ID:JNxUMb9k0
雫「奈緒ちゃん、そろそろ出荷の時期ですから覚えておいてくださいねー」
奈緒「ああ、もうそんな時期か。サンキュー雫」
雫「どういたしましてー。じゃあお仕事行ってきますねー」
奈緒「頑張ってな」
未央「……?」

2:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)13:32:43.62ID:JNxUMb9k0
未央「ねえ、かみやん。出荷って何の話?」
凛「奈緒、牛飼ってたっけ?」
奈緒「気軽に何言ってんだよ。牛なんて飼えるわけないだろ」
加蓮「ニワトリじゃない?それなら奈緒の髪の中で飼えそう」
卯月「奈緒ちゃん髪の中でニワトリ飼ってるんですか!?」
奈緒「加蓮も適当なこと言うなって。卯月も信じるな」
未央「おお!今日もかみやんのツッコミが冴え渡る」
奈緒「茶化すなって」
凛「で、結局出荷って何なの?雫が言うから酪農だと思うけど」
奈緒「あー、まあ、隠すことでもないか。眉毛だよ」
3:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)13:33:32.07ID:JNxUMb9k0
卯月「眉毛?眉毛って目の上にある眉毛ですか?」
奈緒「ああ。あたし今、眉毛を育てるバイトしてるんだ」
未央「かみやんそんなバイトしてたの?」
奈緒「小遣い稼ぎみたいなもんだけどな。たいした手間もかからないし、学校とかアイドルとか、とにかく忙しくても片手間で出来る便利なバイトなんだよ」
卯月「雫ちゃんとお話してましたけど、雫ちゃん経由で始めたんですか?」
奈緒「いや、このバイト始めたのは、まだあたしがアイドルになる前の半年以上前だから雫は関係ないな。雫には眉毛を育てる上でのアドバイスをたびたびして貰ってたんだ。及川牧場でも眉毛は扱ってるらしくて、かなりお世話になったよ」
凛「意外と幅広いんだね、及川牧場」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495468170/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)00:49:30.52ID:iVLULI+Y0
・「アイドルマスターシンデレラガールズ」のSSです
・概ねアニメ寄りの世界線ですが、その他のコンテンツの要素や独自の解釈を含むことがあります
-----事務所-----
ガチャ
杏「ふぅ、やっと着いたよ……ふわぁ」
智絵里「お疲れさま、杏ちゃん」
かな子「おはようございまぁす」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)00:51:24.54ID:iVLULI+Y0
杏「んぐぅ……まだ眠い……。あと十八時間ぐらい寝たい……」
智絵里「な、長すぎだよ……」
かな子「それって、もう活動時間と睡眠時間が逆になっちゃってるよね……?」
杏「……夢の中でちゃんとお仕事しておくから、もうそれでよくない?」
かな子「よくないですっ!」
杏「えー……厳しいなぁ、かな子ちゃんは」
智絵里「……杏ちゃんの場合、夢の中でも怠けていそうな……」
かな子「あ、あり得るね……」
杏「……羊が一匹……羊が二匹……」ウツラウツラ
かな子「わわっ! ほら、もう! 言ってる側から寝ようとしないの!」
智絵里「逃がして! 羊さんを逃がしてくださいっ!」ユサユサ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)00:53:33.13ID:iVLULI+Y0
杏「ぅあぁあ……の、脳が揺れる……!」
智絵里「あっ、ごめんなさい。つい……」
杏「しょうがないなぁ……ちょっと顔洗ってくるよ」トテトテ
かな子「いってらっしゃい?」
智絵里「……そういえば、どうして眠りたい時に数えるのが、羊さんなのかな?」
かな子「うーん……ふわふわで、枕みたいだから、とか?」
杏「……」トテトテ
智絵里「あれ、どうしたの?」
杏「……うさぎ忘れた」ヒョイトテトテ続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495161896/
1:
◆tADl8swv.6
2017/05/19(金)11:44:56.84ID:Dx5yVryI0
※リク作品(ど変態まゆ)キャラ崩壊有
微エロ、もしかしたら不適切と感じる人もいるかも

2:
◆tADl8swv.6
2017/05/19(金)11:53:53.88ID:Dx5yVryI0
まゆ「プロデューサーさん♪」
ヴィーン……ヴィーン……ヴィーン……
まゆ「タコがお好きですか?卵がいいですか?それとも……葉・っ・ぱ?」
P「……どうしてこうなった」
4:
◆tADl8swv.6
2017/05/19(金)12:13:51.05ID:Dx5yVryI0
ー1日前、休憩室ー
まゆ「ふぅ…机の下で編んでた赤いセーター、ひとまずは形になってきました。このペースでいけば、秋には渡せそうかも」
『それでさー?日曜日は───があったから、リアルタイムでってわけにはいかなかったんだけど────』
『やー、アタシも昔一話抜けとか────だったけど、今は曜日指定で───のHDD様々っス』
まゆ「(あら?あそこで笑いながら話しているのは…奈緒ちゃんと比奈さん?)」
まゆ「(うーん、取り敢えず聞き耳をたてておきましょうかプロデューサーさんの話かもしれませんし)」
5:
◆tADl8swv.6
2017/05/19(金)12:44:43.80ID:Dx5yVryI0
奈緒「今期から始まった魔法少女コメット☆シンシアさ、初めはまたディープなやつだと思ってたんだけど…蓋を開けてみたらすごい正統派で、なんか懐かしい感じだったよなー」
比奈「あぁ、わかるっス。昨今の殺伐とした雰囲気の魔法少女モノに慣れすぎて、小さい女の子でも安心して見れるあの世界観が昔のミュウミュウやさくらを想起させて、懐かしい気持ちを覚えるっス」
奈緒「あーでも、前回のシンシアが触手に囚われるシーンはいやらしかったぞ??あれ絶対、スタッフ狙ってるだろ!作画がそこだけ気合い入りすぎておかしかったし!」
比奈「ま、まぁそういうち
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495468091/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)00:48:11.69ID:iSBGh6nS0
 休日の朝、いつもなら愛しのベッドの上で惰眠をむさぼっている所ですが、私はパッチリ目を覚ましていました。
 そして、そのパッチリした目をさらにパッチリさせようと、鏡の前で自分とにらめっこしていました。
 休日に早起きしておめかし。そう。今日はデートです。Pさんとデートなのです。Pさんはデートと思っていないかも知れませんが。
 今まで中々合わない二人のスケジュールでしたが、まるで引き合わされたかのように丸一日のお休みがピッタリと合いました。
 いつか二人で温泉に行こう、いろんな所に行こうと話すようになってから、何か月経ったことでしょう。
 あまりのスケジュールの合わなさに、Pさんは私にただの社交辞令を言っているのかと、何度疑ったことでしょう。
 しかし、今日こそはあの温泉(混浴だという事はPさんには伝えていない)で・・・
 と、そこでPさんから電話がありました。私の声が聴きたくなったんでしょうか。
 そんな理由で電話するような人ではありませんけれど、いつかそんな理由で電話をかけあえる間柄になりたいものです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)00:48:38.78ID:iSBGh6nS0
「はい。どうかしましたか?Pさん」
「すいません!急に仕事が・・・」
「・・・」
「それで、今日は温泉・・・行けなくなっちゃいまして・・・本当にすいません!」
「・・・Pさん、昨日はイエス言うたでー?」
「いえ、言いましたけど。そのですね、あれからあれが急にあれのあれで・・・」
「・・・んー?」
「いや、確かに急すぎですけど・・・事が事なので・・・」
「んー?」
「あぁ、その、もう時間も無くて、一刻を争うと言いますか・・・」
「んー!!」
 電話を切りました。
 それなりに時間をかけた自分の顔の化粧
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495346714/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/21(日)15:05:15.61ID:/ym2IYGq0
初投稿モバマスSSです。
アニメ準拠ではありませんが、一部設定を使用しています。
※地の文あり

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/21(日)15:05:59.20ID:/ym2IYGq0
季節は秋。寒さも強まってきた今日この頃。
現在、毎年恒例となっている我が346プロのファンクラブイベント真っ最中である。
うちの事務所はアイドルの数がやたらと多いので346プロのアイドル勢揃い!!とまではいかずとも、
結構な人数のアイドルが出演している。
それでもアリーナという大きな箱を用意することができたし、満員御礼、グッズの売り上げも上々。
まだ発表はしていないものの、映像化も行われる予定だ。
イベントはすでに中盤に差し掛かっており、少し長めのトークに入ったところである。
モバP「よし、今年も滞りなく進んでいるな。卯月の天然っぷりも遺憾なく発揮されてるし」
ちひろ「もう、プロデューサーさん。そんなこといったら卯月ちゃんが怒りますよ。」
そう、ちひろさんは言っているが、きっと彼女も同意見なんだろう。少し笑っている。
いつもナレータ役のちひろさんも今日は珍しく一緒に舞台袖から彼女らの様子を見守るつもりのようだ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/21(日)15:06:55.73ID:/ym2IYGq0
モバP「しかし、『舞台袖にいて』とはどういうことだ?」
ちひろ「開演前に言われたことですか?」
モバP「ええ、たぶん最近は忙しくて彼女たちを構ってあげられていなかったので、
    自分たちの活躍を見てほしいんでしょうね。」
ちひろ「きっとそうですよ。プロデューサーさんはみんなから好かれてますからね。」
モバP「好かれてるって…。まぁ、プロデューサー冥利に尽きますけど。」
そう
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495330480/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)10:34:40.43ID:QvibwsMho
ちひろ「ただの噂だと思いますがプロデューサーさんの読み方にミスが目立つことも確かですし……」
ちひろ「ちょっとしたテストを作りましたのでやってみてください」
モバP「いや、時間の無駄ですよ。そんなことよりスタドリを──」
ちひろ「ちなみに取れた点数分スタドリエナドリをそれぞれプレゼントしちゃいます♪」
モバP「天使!女神!ちひろ!早速取りかからせていただきます!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)10:35:31.60ID:QvibwsMho
モバP「──といっても社会人なら解けて当たり前って言ってたし楽勝楽勝!」
第1問 会社に命を捧げる
          ̄ ̄ ̄
モバP「なんて物騒な問題……。でもこの調子なら……!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)10:36:40.27ID:QvibwsMho
翌日
ちひろ「プロデューサーさん!これはどういうことですか!」
モバP「あ、ちひろさん!約束のスタドリエナドリを──」
ちひろ「それどころじゃありません!なんですか、この点数は!」
モバP「え……、なんですかもなにも。……俺全部解きましたよね?」
ちひろ「……はい。確かに全問空欄はありませんでした」
モバP「じゃあ──」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)10:38:00.89ID:QvibwsMho
ちひろ「1つでした……」
モバP「え!1問間違い?やっちゃったかー!ミスった、ミス──」
ちひろ「1問しか合ってませんでした……」
モバP「」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)10
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495378983/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/22(月)00:03:03.48ID:ecaKo9nE0
アイドルマスターシンデレラガールズです。しゅがーはぁとこと佐藤心さんのお話です。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/22(月)00:03:55.45ID:ecaKo9nE0
「はぁとさん!」
「ん……? あ、プロデューサー。何?」
 私が楽屋でぼーっと過ごしているといつの間にか楽屋にプロデューサーが居た。
「そろそろリハなのにスタジオに来ないから呼びに来たんですよ」
「えっ!? もうそんな時間!?」
 言われて楽屋にかかっている時計を見ると、確かにもうすぐリハが始まる時間だった。もちろん遅刻ではないけども、普段の私なら既にスタジオで待機している時間だ。
「ご、ごめんね! プロデューサー! すぐ行くから!」
 大慌てで机に広げてあった台本を小脇に抱える。もう一度目を通すために広げていたのだが結局楽屋入りしてから一度も読んでいない。
 移動中も事務所でも家でもしっかり読み込んできているから問題はないのだけど。
「大丈夫なんで慌てないでください。転んで怪我なんてしたらそれこそ大参事です」
「だね☆ 気を付ける☆」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/22(月)00:04:40.10ID:ecaKo9nE0
 さて、これからはアイドルしゅがーはぁとの時間だ。佐藤心には引っ込んでもらわなきゃいけない。
「収録楽しみだなぁ?♪」
 プロデューサーと楽屋を出てスタジオに向かう。足取りは軽く、心を弾ませて。
 何せ楽しい楽しいアイドルのお仕事なんだからね☆
「心さん」
 ……の、はずだったのに、普段『はぁとさん』と呼ぶプロデューサーが私の事を『心さん』と呼ぶからさっきまでの気持ちが離れて行ってしまった。
「なに?」
「悩みとかあるなら相談に乗ります。俺
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1495372675/
1:
◆.UigIU7V922017/05/21(日)22:17:55.43ID:7IaofOM4O
※一応Rに立てましたがオカズには使えません
※キャラ崩壊
※どうあがいても冗長

2:
◆.UigIU7V922017/05/21(日)22:18:53.09ID:7IaofOM4O
ガチャ
本田未央「それでさー、その時しぶりんが――」
北条加蓮「あははっ、ホントにー?」
神谷奈緒「確かにあれはなぁ……」
渋谷凛「ちょ、ちょっと、未央っ! 卯月も何か言ってよ!」
島村卯月「ふふっ、でもそんな凛ちゃんも可愛いですよ」

3:
◆.UigIU7V922017/05/21(日)22:19:58.20ID:7IaofOM4O
凛「もう……。卯月までそんなこと言うなんて」
加蓮「みんな凛のことが大好きなんだよねー」
未央「うんうん。大好きだぞ、しぶりんっ!」
卯月「はいっ! 凛ちゃんラブですっ!」
奈緒「そうだな。凛のこと、愛してるぞ」
凛「へぇ……、奈緒はそこまで私のこと想ってくれるんだ」
加蓮「うっわ、奈緒、大胆だね……」
奈緒「えっ……?」
未央「これがツンデレかぁ」
卯月「な、なんだかこっちまでドキドキしちゃいますね!」
奈緒「ちょっ、いつの間にあたしが標的に!?」

4:
◆.UigIU7V922017/05/21(日)22:21:13.07ID:7IaofOM4O
凛「奈緒、さっきよく聞こえなかったから、もう一度言ってくれる?」
加蓮「なーおー! アタシのことは愛してくれないのー?」
奈緒「お、お前らなぁ……!!」
未央「やっぱ、かみやんはキュートだよねぇ」
卯月「ふふふっ! ――って、あれ……?」
莉嘉「………………」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495352335/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)16:38:55.95ID:WCJP+XX90
注意:ホラーやキャラ崩壊の要素、SCP関連の画像添付があるかもしれません
  
小梅「は、始まりました…SCP紹介ラジオ…第9回目、です…」
小梅「この番組は…SCPFoundationという創作サイトの中から、私…白坂小梅がSCPを紹介していく番組、です…そして…?」
幸子「カワイイボクこと、輿水幸子が小梅さんのお話を皆さんと一緒に聞く番組です!」
小梅「今日は、ゲストが来てくれてるよ…どうぞ…」
楓「皆さん、こんばんは。高垣楓です。今日はよろしくね」
小梅「楓さん、総選挙1位、おめでとう…」
幸子「おめでとうございます!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)16:39:41.67ID:WCJP+XX90
楓「ありがとう、ファンの皆さんの応援のおかげで、シンデレラガールに選ばれました…!」
小梅「中間発表でも、1位だったもんね…」
楓「ええ…中間発表で、選挙の戦況を知ったときはとても驚きました♪」
幸子「…シンデレラガールになっても、楓さんは楓さんですね…」
小梅「ふふっ…」ポチッ
仁奈「批判的なトマトの気持ちになるですよー!」ドアバーン
楓「あら、仁奈ちゃん?」
幸子「…まさか」
仁奈「楓おねーさん、ごめんなせー!とりゃー!」ブンッ
楓「えっ仁奈ちゃヘブッ」ベシャッ
幸子「…うわぁ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495354279/
1:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)17:11:20.09ID:JNxUMb9k0
くるみ(たとえば手を差し伸べてくれた時)
くるみ(たとえば別れ際にバイバイとしてくれた時)
くるみ(たとえばお胸を揉まれている時でさえ)
くるみ(貴女の手のひらがこっちを向いている、ただそれだけで)
くるみ(安心しちゃうくるみがいるの)
くるみ(何でかなぁ?)

2:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)17:11:56.34ID:JNxUMb9k0
愛海「映画?」
くるみ「う、うん。ぷろでゅーしゃーがね、余ってるからってチケット2枚くれたのぉ。それで、愛海ちゃんと一緒に行きたいなあって」
愛海「いいの?行く行く!」
くるみ「……ほっ」
愛海「あ、でもそれプロデューサーに貰ったんだよね?ならもっとチケット貰って他の皆も誘う?」
くるみ「だ、ダメでしゅっ!」
愛海「駄目なの!?」
3:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)17:13:52.60ID:JNxUMb9k0
くるみ「えっと、このチケットは……とってもレアで…手に入ったのはこの2枚だけって…言ってたから、その」
くるみ(う、ウソついちゃった。愛海ちゃん変に思うかなあ)
愛海「そんなすごいチケットを!?貰えるくるみちゃんもくるみちゃんだけど、あげちゃうプロデューサーもプロデューサーだね。流石あたしのお山同志!」
くるみ(信じちゃった!?でもお山どうしってなんだろう?)
愛海「ようし、じゃあ今度の休みに二人だけで楽しんじゃおうか」
くるみ「うん!」
くるみ(愛海ちゃんと二人で。で、デートみたい)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495345622/
1:
◆Q/Ox.g8wNA
2017/05/21(日)14:47:02.06ID:LXv+jptkO
卯月「もう限界です…」
モバP「何でそんな事言うんだ…、理由を説明してくれ……」
卯月「貴方の愛が信じられなくなりました…、お願いします…」
モバP「そんな!俺が愛してるのは卯月だけさ、誓うよ!!」
卯月「…本当ですか??」
モバP「ああっ!!」
卯月「…最近、帰りが遅いですよね……」
モバP「あ、ああ、仕事の付き合いでどうしても抜けられなくてね…、その点は苦労掛けていると思うが…」
(週刊〇春をドサッとテーブルに投げる)卯月「明日発売の週刊誌です。……楓さんと深夜まで随分楽しそうにお酒、
飲んでますね…??」
モバP「こ、コレは…その…、楓さんの機嫌取るのもウチの会社の大事な仕事だろっ!?
最早、大御所の歌姫として、事務所では欠かせない人材なんだからっ!!卯月もそれは良く知ってるじゃないか!?!?」
卯月「……超大物歌姫、長年のプロデューサーと深夜の十年愛…ふーん。ほーん…」(ペラペラとページ捲る)
モバP「……か、楓さん、俺が飲みに付き合わないとすぐヘソ曲げるから…その……」
モバP「ヘソ曲げられると進行に滞りが……その…」(シドロモドロ)
卯月「…まぁ、それは良いです。『プロデューサーさん』がモテるのは結婚前から知ってますから、ええ」
モバP「…名前で呼んでくれよ……。
機嫌が悪くなるとすぐ呼び方がプロデューサー、に戻るよな…卯月は……」
卯月「知りませんっ」(ぷいっ)
モバP「それに、俺はそんなにモテないって……、よく言うだろ?? 女房焼くほど亭主モテはせず…、って」
モバP「みんな、アイドルだった頃の最初のプロデューサーと話すのが懐かしいから、構って来るだけだって……。なっ??」
(甘える様に、卯月の背中越しに身体ごと腕で包み込もうと) 
卯月「凛ちゃん」
モバP「え”っ”っ”」(ピタっと動きが止まる)


2:
◆Q/Ox.g8wNA続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495293082/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)00:11:23.11ID:HsfOM6FB0
特設ホール
ちひろ「――第6回シンデレラガールズ総選挙。続きまして、第4位の発表です」
比奈「あば、あばばばばばばば」ガクガク
モバP「ヒューッ、ヒューッ……」コヒューコヒュー
ちひろ「第4位は――」
ちひろ「60万7,600票、タイプクール!」
ちひろ「荒木比奈!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)00:13:24.21ID:HsfOM6FB0
比奈「」
P「」
比奈「」
P「」
ちひろ「……あ、あれ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)00:15:35.14ID:HsfOM6FB0
ザワザワザワザワザワ
ちひろ「え、えーと……第4位、荒木比奈!」
比奈「」
P「」
ちひろ「あ、あのー! 壇上に上がってきてくださーい!」
比奈「」
P「」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)00:19:59.26ID:HsfOM6FB0
比奈「――ハッ!?」
比奈「ぷ、プロデューサー! 起きて! 起きるっスよー!」ユサユサ
P「――ガッ!?」
P「ん……あ、ああ悪い。選挙どうなった?」
比奈「さ、さあ……呼ばれてないってことは……」
P「おおう……」
比奈「中間のあの順位からドロップアウトはキくっスねえ……」
ちひろ「第4位! 荒木比奈さん! 早く!」
比奈「」チーン
P「」チーン
ちひろ「ああああああもおおおおおお!!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495212230/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/20(土)01:43:50.64ID:giziphDIO
モバマスSSです。アニメ好きのあの子達が『RWBY』についてわいわいきゃっきゃするお話です
そんなに長くはならないはず

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/20(土)01:49:51.54ID:giziphDIO
事務所────
比奈「奈緒ちゃん、ちょっといいっスか?」
奈緒「あれ、比奈さん。どうしたんだ?」
比奈「昨日奈緒ちゃんが言ってたアニメ、見たッスよ!一気見しちゃったんでまたつい夜更かししちゃったんスけど……」
奈緒「おっ、早速見てくれたんだな!……でも、夜ふかしをしすぎるのは良くないぞ…って、あたしが言えたことじゃないけどな」
比奈「いやぁ、面目ないっス……」
奈緒「比奈さんに紹介したのはまだ一期で────」
ガチャッ
菜々「おはようございますっ!」
奈緒「おはよ、菜々さん」
比奈「おはよっスー」
菜々「何の話をしていたんですか?」
比奈「昨日奈緒ちゃんにオススメされたアニメの話をしていたんスよー」
菜々「へぇー、なんていうアニメなんですか?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/20(土)01:51:38.26ID:giziphDIO
奈緒「RWBY(ルビー)ってアニメなんだけど……菜々さんは知ってるか?」
菜々「るびぃ……?ごめんなさい、ナナにはちょっと分からないですね……最近のアニメですか?」
奈緒「うーん、結構前からやってはいるんだけど、まだ続いてるから新しいとも言えるし……」
比奈「一から説明すると長くなるっスね」
奈緒「そうだなぁ……あ、DVDは出てるぞ!あたし持ってるから、明日持ってこようか?」
菜々「いいんですか?」
奈緒「明日は特にお仕事とかも無かったはずだし、あたしは大丈夫だぞ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495274679/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/20(土)19:04:39.72ID:yLRYwYyW0
※ここに警告文のあるものとする
卯月「お花見しよ?よ?♪」
美穂「ハイッ!」
卯月「ア?イドルだってインファマ?ス♪」
響子「パーリラッ!パリラパッ!」
卯月「イエーイ!やっぱりお花見は五月に限りますね!」
美穂「出遅れたね?、完全に桜散っちゃってるよ」
卯月「別に桜が散っててもいいじゃないですか。ここに私達という花が咲いていれば……ね!」
美穂「しゃらくさいなあ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/20(土)19:05:24.61ID:yLRYwYyW0
卯月「そうでしょうそうでしょう!」
響子「あっ!私、お弁当を持ってきたんです!よかったら食べて♪」ドンッ
美穂「わあっ、なんだこの山のような重箱」
響子「張り切りすぎて、お弁当たくさん作りすぎちゃった……えへへ」
卯月「かわいい」
美穂「天使かな?」
卯月「ちなみに中身はなんですか?」
響子「ハンバーグ」
美穂「それと?」
響子「ハンバーグ」
卯月「もしかしてこの天使、重箱全部にハンバーグ詰めてきやがったな」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/20(土)19:05:54.73ID:yLRYwYyW0
響子「全部じゃないですよ!ちゃんとデザートも用意してありますから!」
美穂「デザート以外はハンバーグなんだね」
卯月「ちなみにデザートは?」
響子「人参のグラッセ」
美穂「甘ければデザートってワケじゃないんだよ?」
卯月「響子ちゃんのデザートの概念どうなってるんですか?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/20(土)19:06:29.77ID:yLRYwYyW0
響子「あっ、あとからしレンコンも持ってきたの。美穂ちゃん、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495288477/
1:
◆VA.qz1m5do
2017/05/20(土)22:54:37.64ID:CJH08mYvO
『意味がわかると怖い緒方智絵里』
最近、芸能界絡みで殺人事件が頻繁に起こっている。被害者は全員男性、しかも揃ってお偉方
その犯行はとても残虐で、死体はどれも見るに耐えないカタチになっているという
犯行現場は路上だったりホテルの個室だったりと規則性はない
その現場には被害者を惜しみ、多くの花が並べられている
しかし奇妙なことにその中には必ず大量のシロツメクサ、つまりクローバーの花が敷き詰められていた。他の現場でも同様にクローバーの花がどっさりと供えられていた

2:
◆VA.qz1m5do
2017/05/20(土)22:57:54.36ID:CJH08mYvO
モバマスssです、トレース、キャラ崩壊、暗い展開が苦手な方はご注意ください。
3:
◆VA.qz1m5do
2017/05/20(土)22:58:41.36ID:CJH08mYvO
その現場には被害者を惜しみ、多くの花が並べられている
しかし奇妙なことにその中には必ず大量のシロツメクサ、つまりクローバーの花が敷き詰められていた。他の現場でも同様にクローバーの花がどっさりと供えられている
偶然にも俺はそのクローバーの供えられるところを見掛けた。花の主は見た目10代の若い少女だった。赤みがかかった髪色と、ツインテールがとても愛らしい
周りから変な目で見られても仕方ないのによくやるもんだとある意味で感心した
とても温厚そうな娘だった。涙は見せず、優しい笑顔で花を供え、手を合せて帰っていく。恩師か誰かだったのだろうか
4:
◆VA.qz1m5do
2017/05/20(土)23:00:12.01ID:CJH08mYvO
私も花を供えにと思い現場へ向かうと、ちょうどその少女と会った
その娘はいつものようにクローバーを供えている
ふと気になって話しかけてみた
「どうして毎回クローバーの花を?」
少女は優しく微笑んでこ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495291279/
1:
◆Q/Ox.g8wNA2017/05/20(土)23:41:19.75ID:+Ss3TMHXO
注・U149Pを石黒P(149ろP)としています。独自設定注意。

2:
◆Q/Ox.g8wNA2017/05/20(土)23:41:40.47ID:+Ss3TMHXO
2017年、×月○日 橘ありす
今日は346プロのアイドル全体ミーティングが有りました。
そのミーティングの最後にモバPさんが、
「私事ですが…」
と前置きした上で、一般女性との婚約を発表しました。
途端に巻き起こる、歓声と喚声。 悲鳴に似た様な声まで聞こえてきます。
モバPさんの担当のアイドルさん達が様々な反応を見せる中、モバPさんは背の大きい武内Pさんや、
何時もチンピラにしか見えない恰好をしている内匠Pさん、私達第三芸能課のアイドル達の担当をしている石黒Pさん、
後、アシスタントの千川ちひろさんからの祝福を受け、嬉しそうに照れ笑いを浮かべています。
ちひろさんが少し寂しそうな顔をしていたと感じたのは気のせいでしょうか……。
なんにせよおめでたい事ですね、周りの反応はさておいて、祝福したいと思います。

3:
◆Q/Ox.g8wNA2017/05/20(土)23:42:09.56ID:+Ss3TMHXO
2017年、×月×日 橘ありす
昨日のモバPさんの婚約発表から一夜が明けました。
主に彼の担当するのアイドル達の反応は様々でした。
こうしてざっと見ただけでも、爪を噛む女性、ハイライトを無くして虚空を見詰める女の子、
一点床だけを見つめて何かをブツブツ呟く少女、どなたも厄満点の粒揃いです。
私、橘ありすは先述の様に第三芸能課に所属していますので、第一芸能課のモバPさんとはあまり接点がありません。
なので、モバPさんが婚約された、と言われても、特に感情の変化は無いのですが…、
コレがとんでもない事を意味しているのは彼女たちの様子を見て良く理解できました……。
彼女たちの粘ついた視線を一身に受けながら、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495037663/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/18(木)01:14:24.10ID:MqNS8RCY0
「ナナちゃん、お誕生日おめでとう!」
「…………ありがとうございますみくちゃん」
「ど、どうしたにゃ。なんか元気ないけど」
うぐっ。今日はお祝いの言葉を言われるたびに、みんなから怪訝な顔をされてしまう。
「いえ、この年になると誕生日が来るたびにどうも胃が痛くなって……」
「菜々ちゃん、みくと2歳くらいしか変わらないのにおばちゃんみたいなこといってるにゃ」
ズキン。
「と、とにかくありがとうございます、みくちゃん。ナナはこれからも永遠の17歳としてがんばりますよっ!」
「さすがナナちゃん!みくも負けてられないにゃ」
みくちゃんの無邪気な笑顔を見ていると、ちくちくと心が痛む。
「ナナは電車で帰るのでここでお別れですね。今日もレッスンお疲れさまでした!」
「お疲れ様!また明日もよろしくにゃ!」
あれだけ激しいレッスンをした後にも関わらず元気に去っていく若々しい後ろ姿と、疲れ切った自分を比べてしまい、
「……ハァァ」
肩に掛けていた荷物がずり落ちた。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/18(木)01:17:43.71ID:MqNS8RCY0
5月15日。
私、安部菜々の誕生日。
アイドルとして346プロにスカウトされてから1年。
みくちゃんのような同僚のアイドルや応援してくれているファンの中には、ナナのことを本当に17歳の高校生だと信じている人もいる。
だけど。
今朝、お母さんから来ていたメールを見る。
ナナはピッチピチのJK、などではなく。
『菜々28歳の誕生日おめでとう!』
今日で28歳。もう三十路に近い年をした大人なのだ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/18(木)01:21:22.89ID:MqNS8RCY0
ナナが高校を卒業して以降
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495161818/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)11:43:39.22ID:D8YOKYwQ0
のんびりと書いていきます

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)11:45:07.52ID:D8YOKYwQ0
美優「はぁ...はぁ...」
礼「美優さん、まだいけるでしょ?」
美優「も、もう...これ以上は...」
礼「そんなワガママ言って...ここからがいいところなのよ?」
美優「あんっ...」
礼「ほら、もう一度...」
美優「れ、礼さん...」
ガチャッ
P「お疲れ様でーす」
礼「あらP君、お疲れ様、どうしたの?」
P「いえ、時間が空いたのでレッスンの調子はどうかなと思ったんですけど...美優さん?」
美優「はぁ...はぁ...お、お疲れ様です...プロデューサーさん...」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495033334/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)00:02:15.20ID:nJhSmUI40
モバマスSSです
紗枝はんとモバPが飯食うだけです
何!?GWはとっくに終わっていたのか!?
言葉遣い間違ってても堪忍してや

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)00:04:12.07ID:nJhSmUI40
早苗「ようこそ、プロデューサー君」
モバP「・・・」
早苗「会議室改め早苗お姉さんの取調べ室・・・。さぁ覚悟しなさい。きっちりシメてあげるから」
モバP「(何でこんなことに・・・)」
早苗「身に覚えがないなんて言ってられるのも今のうちよ!証人だっているんだから!美優ちゃんとか!」
モバP「(カツ丼うまそう・・・)」
早苗「カツ丼はいいから真面目に聞きなさい!というかそれ食品サンプルだから!」
モバP「最近のはよく出来てますね」
早苗「でしょー。ってそうじゃないの!」
紗枝「あれなんなん?」
ちひろ「あれですか?ただの痴話げんかですよ。もう少ししたら止めますから」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)00:07:45.15ID:nJhSmUI40
早苗「この間の温泉旅行の宴会の時、酔い潰れてそのまま寝ちゃったあたしを!ほったらかしにしたでしょ!プロデューサー君!!」
モバP「はて、なんのことやら?(あの時のことか)」
早苗「とぼけても無駄よ!あの時のせいでだらしなくグースカしてるトコ撮られちゃったのよ!」
早苗「そのせいで可憐な乙女がどれだけショックを受けたか!」
モバP「あの泥睡魔獣バグースカみたいな寝顔のどこが可憐な乙女だか」
早苗「そっ、そこは置いといてよ!ピチピチでセクシーなアイドルなんだからあたしも可憐な乙女でしょ!?」
モバP「俺は黙秘権を発動!」
早苗「ここで黙秘権!?どう見てもピチピチで
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495196077/
1:
◆ganja..OLI2017/05/19(金)21:14:37.33ID:APeuoKiN0
デレマスなんですよ
あいも変わらずふわふわと

2:
◆ganja..OLI2017/05/19(金)21:17:19.96ID:APeuoKiN0
フレデリカ「フンフンフフーン♪ おつかれー♪」ガチャ
こずえ「ふれでりかー……おつかれー……」
フレデリカ「わぉー、こずえちゃんおつかれおつかれ?♪」
こずえ「ふれでりかー……ふれでりかはなにしてたー……?」
フレデリカ「フレちゃんはねー、写真を撮ってもらったのだよ?」
こずえ「かわいいおふく……きたのー……?」
フレデリカ「今日はねーかわいーのじゃなくて、かっこいーのを着たんだよー」
こずえ「かっこいーのー……」
フレデリカ「かっこいーのー♪ 今日はキュートなフレちゃんはちょっとおやすみしてー、クールなフレデリカだったのだ?」
3:
◆ganja..OLI2017/05/19(金)21:22:35.73ID:APeuoKiN0
こずえ「そっかー……いまはどっちー……?」
フレデリカ「ん?、こずえちゃんにはどっちに見える?」
こずえ「えっとねー……ふれちゃんかなぁー……かわいーからー……」
フレデリカ「わおー♪ ほんとー?」
こずえ「ほんとだよー……」
フレデリカ「うれしいな?♪ めるしーめるしー♪」ツンツン
こずえ「えへー……」
フレデリカ「褒めてくれたこずえちゃんにはこれをあげちゃおー、なんとなんとおフランスのー……」
こずえ「のー……?」
フレデリカ「じゃなくて京都はシューコちゃんちの八つ橋だよ?」
こずえ「ふわぁ……いただきますー……」
フレデリカ「めしあがれー♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495191891/
1:
◆K5gei8GTyk
2017/05/19(金)20:04:51.56ID:5usAth110
地の文有りモバマスssです。

2:
◆K5gei8GTyk
2017/05/19(金)20:06:00.73ID:5usAth110
 「……ねえ、周子はん」
 ソファから気の抜けた声がする。
 「んん、なに?」
 流し読みしていた小説から目線を外して、声のした方に返事をする。
 「お腹、空かへん?」
 「あー。そだね」
 あいにく手元に時間のわかるものがなかったから、正確な時間まではわからない。
 それでもどうやら、とうに昼は過ぎてしまったらしい。胃が力なく訴えかけているのを無視できなくなっていた。
 「うち、お腹と背中がひっついてもうて、動かれへん」
 顔だけをこちらに向けた彼女が、柔らかく笑う。
 「軽くなにか作る?」
 「せやねえ」
 ずっと、雨が降り続けている。知覚できないほど大きな装置によって、巡り巡った雨が循環しているんじゃないかと思うほどに。
 いつかすべてが沈んでしまうんじゃないかと心配になったこともあったけど、一向にその気配はない。
 昼と夕方の中間地点で、あたしたちはふたりきりで生きているような気分になる。
3:
◆K5gei8GTyk
2017/05/19(金)20:06:38.52ID:5usAth110
 小説を畳む。栞なんて挟んでないけど、何度も何度も読み返した本だから、別に構わない。
 立ち上がりながら尋ねた。
 「しっかり食べたい?」
 「うー、」
 微かな難色。
 「じゃあ、そうだな、適当にスープとかは?」
 その表情がぱっと華やいだ。
 「さっすが周子はん」
 「はいはい」
 その喜びようを見て、小さい子を持つ親の気持ちがなんとなくわかる気がした。
4:
◆K5gei8GTyk
2017/05/19(金)20:07:27.67ID:5usAth110
 今日はコン
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495169276/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)13:47:56.56ID:bZRHtt6C0
・デレマスSSです
・杏/奈緒/紗南/ありすがボードゲームをやるだけの番組のSSです
・あなたの中のキャライメージと違う場合があります
・ゲームのプレイングはゆるゆるです
・ゲームのルールは番組用に一部変更している場合があります
・メディアの違いを理解せよ!

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)13:48:33.36ID:bZRHtt6C0
奈緒「始まりました『ボードゲーム部活動記録』!」
杏「第6回だよー」
ありす「この番組は、私たち4人がボードゲームを遊ぶ番組です」
紗南「今回は何のゲームをやるの?」
奈緒「今回あたしたちがやるゲームは『コヨーテ』だ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)13:49:10.32ID:bZRHtt6C0
『コヨーテ』
作者:SpartacoAlbertarelli
プレイ人数:2?10人
ありす「今回はカードゲームですね」
紗南「数字が沢山書いてある方が裏……かな?」
奈緒「正解。まずはカードの説明からするか」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)13:49:42.06ID:bZRHtt6C0
奈緒「数字が書いてあるカードの裏は、このカードの表の数字の一覧だな」
奈緒「つまり、[20]1枚、[15]2枚、[10]3枚、[0]?[5]各4枚、[-5]2枚、[-10]1枚、[x2][MAX→0][?]各1枚だな」
奈緒「メインで使うのはこのカードだ」
奈緒「次はこの人形が書いてあるカード」
奈緒「片方が人形1体、その裏に人形2体描いてあるな」
奈緒「これは『ライフ』や『残機』みたいなものって思ってくれ」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495198271/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)21:51:11.67ID:lfKgM4Yu0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
短め、書き溜めありです。


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)21:51:57.62ID:lfKgM4Yu0
プロデューサー(以下P)「あっ、菜々さん!おはようございます」
菜々「…ああPさん、おはようございます!」
P「あれ?少し元気無いですね?どうかしました?」
菜々「…そう見えますか?」
P「ええ、笑顔に若干陰りが見えます、それに普段はピンとしているリボンも心なしかしなっとしてます」
菜々「…やっぱりPさんにはわかっちゃいますか」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)21:52:48.56ID:lfKgM4Yu0
P「菜々さん、何か悩みがあるなら…」
菜々「Pさん」
P「はい」
菜々「総選挙…結果が発表されましたよね」
P「…ええ」
菜々「菜々の順位…ご存じですよね?」
P「総合12位、属性では4位です、いつも上位をキープしている菜々さんはさすがですね」
菜々「…ええ、それだけの方が応援して下さっていることは素直に嬉しいです」
P「…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/19(金)21:53:27.16ID:lfKgM4Yu0
菜々「でも…トップって遠いんですね…」
P「菜々さん…」
菜々「ナナだってどんどん新しいことに挑戦したりしてきたのに、目指すトップはどんどん離れていくようで…」
菜々「ナナは、ウサミンは、このままでいいのかなって」
P「菜々さん…それはこちらの力不足もあって」
菜々「そんなことないです!」
菜々「Pさんはあの時あの場所で、終わりかけてたウサミン星を救ってくれ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495087704/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)15:08:25.15ID:05f3zdEG0
P「またずいぶんと可愛らしい垂れ耳だな?尻尾までフサフサだ」
志希「これはレトリバーだね?。うちの事務所だと、わんこくんとか」
P「なるほど、レトリバーか。でもな志希。俺は『何の』イヌ耳かを聞いたんじゃない。『何で』イヌ耳が生えてるかを聞いてるんだ」
肇「…………レッスン中、差し入れにお茶をいただいて……飲んだら、何だか眠くなって……起きたら、またこんな……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)15:09:16.05ID:05f3zdEG0
P「……ちなみに、その差し入れを持ってきたのは?」
肇「……志希さんです」
P「……さて、志希。当然説明してくれるんだろうな?」
志希「σのワの」
P「次はないぞ一ノ瀬」
志希「わー!待って待って、プロデューサー。これには深?い事情があるんだよ。それこそ、芸能界の闇のような深?い深?い……」
P「そりゃアイドルが同僚で人体実験してんだから闇も闇だわ。いいからさっさと事情を話せ」
志希「ぶー、つれないなぁ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)15:09:42.63ID:05f3zdEG0
P「で?その深い事情とやらは?」
志希「先週だったかな?聖來さんが相談してきたんだよ。『最近わんこが冷たいんだー』って」
P「また意外な名前が出てきたな」
志希「なんかー、帰ってもすぐ寝ちゃうんだって」
P「……まぁ、聖來さんが事務所に連れて来るようになってから、色んな子たちと遊んでるからなぁ。わんこも疲れてるんだろ」
肇「わんこ、人気ですからね。私も時々、撫でさせてもらってます。こんな風に……」
P「わかった、わかったから。撫でてやるから頭を擦り付けるな」
肇「♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495109323/
1:
◆R4LxbbyKhE2017/05/18(木)21:08:43.88ID:e/gN6a7L0
【モバマスSS】です
――――事務所
有香「分かりましたっ! おなかがすいた、ですね?」
法子「ドーナツ」フルフル
ゆかり「違うみたいですよ有香ちゃん」
有香「うっ……だったら、今日は何食べようかな、でしょう!?」
法子「ドーナツ」ガックリ
ゆかり「それも違ったようですね……もしかして有香ちゃんがお腹空いていたりしますか?」
有香「え、いやそんなことはっ! しかし……すみません降参です。法子ちゃん、なんて言ったんですか?」
法子「……」カキカキペラ
【有香ちゃんっていっつも可愛いよね!】
有香「なるほど、有香ちゃんはいつもかわい……ってええ!?」
ゆかり「はい、有香ちゃんは毎日可愛くて、見ているだけでとても癒やされます。いいですよね」ウンウン


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495012326/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/17(水)18:12:06.84ID:0Jfr0/1zo
比奈「へえー」
比奈「もうそんな時期っスか」
比奈「いつも知らないうちにやってるから」
比奈「あんまり結果とか気にしてなかったっス」
モバP「上位5人でセレモニーやるらしいから」
モバP「なんかコメント考えておいてな」
比奈「了解っス、コメントでスね」
比奈「コメント、コメント……」
比奈「……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/17(水)18:12:48.76ID:0Jfr0/1zo
比奈「うええっ!?」
比奈「よ、よよ、よん……」
比奈「4位っ!?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/17(水)18:14:24.29ID:0Jfr0/1zo
P「そう」
P「4位」
P「高垣楓さん、本田未央さん、藤原肇さんときて」
P「堂々4位です」
比奈「」
比奈「う、うそでスよね、Pさん」
比奈「なんかの間違いじゃ……」
P「これ見て、得票数」
P「607600票」
P「やばい」
比奈「ろくじゅうまん……」
比奈「いち、じゅう、ひゃく、せん……」
比奈「……ろくじゅう、まん」
P「比奈」
P「今めっちゃいい顔してるぞ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495105363/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)20:02:43.08ID:WgB4Nidp0
 ・下品です。
晶葉「できたぞ助手! アイドルを見るだけで元気(♂)になれるスイッチだ!」
P「さすがあきえもん! 天上天下唯我独尊を地で行くマッドサイエンティストでありながら、スタドリで荒れ切った俺の胃を気遣う心を忘れない! その優しさだけで元気がみなぎってくるゥ!」
晶葉「マッドサイエンティストA・Iに不可能はない! スタージュエルとかいう構造解析すらおぼつかない物体Xのために、一日一食を始めた助手に何かできないと考えた結果、健康で文化的な最低限度の生活を確保するために発明したのがこのスイッチだ! 受け取るがいい、助手!」
P「五体投地! 五体投地!」
晶葉「ふはははは! そんなに喜んでもらえるとは思っていなかったぞ! さて、スイッチにはおよそ一時間ほどの持続力がある! アイドルを見れば見るほど元気ビンビン(♂)になってしまうので、スイッチを押した後はなるべくアイドルとの接触は控えたほうが身のためだぞ!」
P「何を言う晶葉! このスイッチで己の肉体の限界に挑戦するのがプロデューサーだろう!? 346びんびん物語スタートだぜ!」ポチッ
p<バキバキバッキーン
晶葉「ふむ。私だけでこうなるとは……少々効果が強すぎたか」
P「待って待って待って待って。え? え? なんで僕のお疲れpチャンがこんな元気になってんの?」
晶葉「言っただろう。アイドルを見るだけで元気(♂)になれるスイッチだと」
P「そっちの元気かよ! 心のほうの元気かと思ってたわ! どうすんだよコレ!」
晶葉「スイッチの持続力は一時間ほどだ。それまでアイドルを見ずに過ごせば収まる。と思う。たぶん。おそらく。摩訶不思議」
P「断言してくれよ! いつもみたいに!」
晶葉「出せば小さくなるんだろ?」
P「かつてない投げやりな態度にいま必殺のカム着火インフェルノォォォオウ!!!」
晶葉「激おこちんちん丸をブンブンしながら言われても
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495046447/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)03:40:47.36ID:G+fBjv1k0
P「あ、でも付き合うって言っても俺はお前の見た目、要するに身体目当てで付き合うだけだからお前とデートしたりイチャついたりみたいな面倒な事は出来ればしたくない」
まゆ「んー、それはちょっと困りましたねぇ、まゆはPさんとデートしたりイチャイチャしたりしたいですし…」
P「そっか、俺としては好きな時に好きなだけエロい事させてくれて後の面倒な付き合いは一切せずに済む彼女が理想だったんだけど以外に難しいんだな」
まゆ「ですね、出来ればエッチな事はある程度交際期間が経ってから段階的に進めていきたいです」
P「俺にベタ惚れで告ったら秒でOKくれるくらいチョロくてお手軽なまゆでもこんなに身持ち固いんだから本当に女って面倒だよな…正直ヤル事だけやってすぐ捨てれる女と付き合いたい勿論金がかからずに」
まゆ「それは難しいと思いますよぉ?」
P「だよな、だから妥協してお前に告ったんだ」
まゆ「ありがとうございます、それでもまゆは嬉しいですよ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/18(木)04:25:10.41ID:G+fBjv1k0
P「百歩譲って嫌々さほど好きでもないお前と我慢してデートをしてやるとしたら月にどれくらいのペースでどの程度のデートすればいいんだ?」
まゆ「それは難しい質問ですねぇ、まゆとしては毎日でもPさんとデートはしたいですし程度で言うならPさんと一緒にいるだけでまゆは幸せなので」
P「なら考え方によっては今こうしてまゆと話している状況もデートの内に含まれたりするのか?」
まゆ「言われてみればそうですね、まゆ的にはデートと言っても問題ないかと思いますよぉ」
P「だとすればこれまでの俺とまゆの日常は日々デートしながら過ごしていたと言う事になるのか」
まゆ「Pさんも中々のロマンチストですねぇ、素敵ですよぉまゆ惚れ直しちゃいました」
P「じゃあ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。