SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
モバマス・デレステSS
タグ一覧の表示
<<
2018年09月
>>
131件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1523612991/
1:
名無しさん@おーぷん
2018/04/13(金)18:49:51ID:yaX
肇「!…はい、何でしょうか」
モバP(以下P)「んー…呼んだだけ」
肇「そうですか」
P「肇、はじめ……名前呼び、まだ慣れないな」
肇「ふふ、たくさん呼んで早く慣れてくださいね」
P「まあ、努力するよ。でもつい最近まで「藤原さん」だったからなあ。少しこそばゆいというか……なあ、やっぱり」
肇「ダメです」
P「まだ何も言ってないだろ」
肇「名前、呼んでください」

2:
名無しさん@おーぷん
2018/04/13(金)18:50:32ID:yaX
P「…肇」
肇「はいっ」
P「いい笑顔だなあ。それにしても何で急に名前で呼んで欲しくなったんだ?」
肇「えっと…何となく、です」
P「何となくか」
肇「何となくです。でも、強いて言えば」
P「ん」
肇「プロデューサーさんは他の担当アイドルの方を名前で呼んでますよね?楓さん、早苗さん、藍子ちゃん…」
P「まあ、すぐに名前で呼んだわけじゃないけどな」
肇「そうなんですか?」
P「藍子と早苗さんはわりかし早かったけど、楓さんは打ち解けるまで時間がかかったなあ」
肇「あの楓さんがですか?」
P「うーん、出会った頃の楓さんは借りてきた猫みたいというか、なんというか…多分、本質は人見知りなんだと思うよ」
肇「そうなんですか…」

3:
名無しさん@おーぷん
2018/04/13(金)18:51:04ID:yaX
P「肇と出会った時は事務所のメンバーとも打ち解けてきてたし、担当アイドルにクール部門の子がいなかったから、藤…肇のことが妹みたいで余計に可愛かったんじゃないかな。肇、いい子だし」
肇「なんだか照れてしまいますね…」
P「そういうわけで肇も、名前呼びを定着させるまでもう少し時間をおいて」
肇「ダメです」プクー
P「ダメかー…」
肇「私だけ苗字呼びなんて、寂しいです。それに、私はプロデューサー
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1504618446/l50
1:
◆77.oQo7m9oqt
2017/09/05(火)22:34:06ID:mMs
独自設定あり。
よろしくお願いいたします。

2:
◆77.oQo7m9oqt
2017/09/05(火)22:34:35ID:mMs
 前略二十歳の自分へ。
 もしもこの手紙が届いたなら、就職活動をどうするかで今一度しっかり悩んでくれ。
3:
◆77.oQo7m9oqt
2017/09/05(火)22:35:01ID:mMs

 もはや暦は秋、感じる風にも冷たさが含まれる時期だというのに、オフィスの中は篭った熱でイヤに暑い。開け放された窓から聞こえる行き遅れた蝉の鳴き声も今は遠く感じる。
 廊下の壁の、ドヘタクソな文字で書かれた『節電』の張り紙が目についた。節約、節約、節約と、上から下へのみ終始徹底される言葉には反吐が出そうだ。
 蒸し暑い通路を突っ切って、安っぽいスチール製のドアの元へ。申し訳程度に吊るされたお洒落気取りのボードには『社長室』という文字がこれまた汚く踊っている。
「失礼します」
 ノックののち、入室。冷えた空気を感じて苛立ちが増した。なんのこだわりがあるのか、ウチの社長はノックをしても返事を寄越さない。ふんぞり返って座っているその姿はスタイリッシュな人物ならばさぞ絵になるのだろうが、半端に肥えたここのあるじではお察しだ。
「ああ、来たか」
「どうも。どういったご用件でしょう?」
 悪趣味な内装は見渡したくもないが、鼻についた悪臭に負けてその出どころを探した。南向きの窓の下、ゴテゴテとしたデコラティブな戸棚の上に、いびつな花瓶のような形状の芳香剤。吐き気を誘うセンスのない重い甘いニオイはあそこから漏れ出ているらしい。
4:
◆77.oQo7m9oqt
2017/09/05(火)22:35:23ID:mMs
「それ、いいだろう?」
 ──あなたは良いと思ったものに汚物を見る目を向けるんですか?
 そう返したかったが、それは飲み込んで
「はあ」
 と曖昧
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537448557/
1:
◆ovkeuV2NPI
2018/09/20(木)22:02:37ID:kaY
SSです。
・池袋晶葉
年齢:14歳
身長:148cm
趣味:ロボット制作
・古澤頼子
年齢:17歳
身長:166cm
趣味:美術展・博物展観覧

2:
◆ovkeuV2NPI
2018/09/20(木)22:04:14ID:kaY
「エキセントリック?」
「ああ、こういう……回転運動を直線運動に変換する部品だ。もっとも、私がこれを使うことはあまりなくて、大抵は自転車とかにも使われてるクランクを使うんだが」
「エキセントリックな行動などと言うのとは関係が……ああ、元になった英単語が同じ……?」
「おそらくそうだろうな。『ずれている』とか、そんな感じの意味だったと思う。回転の軸が円の中心からずれているという仕組みがこの部品の名前の元だろう。ちょっとググっておこう……うん、とりあえずWikipediaにはそう書いてある」
晶葉さんとの他愛の無い会話。彼女はロボットに関わることを話すとき、本当にキラキラとしている。
池袋晶葉。14歳。変わった髪型、変わった眼鏡、そして白衣。
14歳という年齢を考えれば、奇抜な行動……エキセントリックな行動をすることはよくあることなのだろう。
この事務所にいる他の14歳を見たって、神崎蘭子さんや二宮飛鳥さんのようなアイドルがいる。
彼女たちには彼女たちなりの理由があり、そのような行動、言動をとるようになったのだ。
3:
◆ovkeuV2NPI
2018/09/20(木)22:05:59ID:kaY
私の名前は古澤頼子。17歳。ある日、美術館で今のプロデューサーにスカウトされ、アイドルとなった。
もっとも、アイドルとしてはまだ目立った実績は残せていない。飛躍のきっかけをつかむために、日々レッスンに励み、オーディションに挑んでいる。
ある日のオーディション。私はある風変わりな少女とデュオユニットでオーディションに臨んだ。
彼女の名前は池袋晶葉。アンダー
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1502298468/
1:
名無しさん@おーぷん
2017/08/10(木)02:07:48ID:YSM
美玲「たしかに、ショーコは可愛い衣装も似合うし、可愛い歌声も出せる。でも、ショーコは格好いいんだ!」
美玲「ショーコは頼りになるし、ウチやノノが言いたいことを言うのをいつも待っててくれる」
美玲「Individualsを結成した時も、すごく頼もしかったしな!」
美玲「それに、格好いい衣装を着こなした時は、いつものカンジから一変してすっごくカッコよくなるんだぞ!」

2:
名無しさん@おーぷん
2017/08/10(木)02:08:05ID:YSM
幸子「美玲さんの言い分はわかります。えぇ、わかりますとも! 格好いい輝子さんいいですよね! 思わずドキドキします!」
幸子「ですが思い返してください! 私達のグループじゃないのが少し残念ですが、『きのこの唄』をカバーしたときのあの歌声を!」
幸子「うっきうきでしたよ! すごいうっきうきでしたよ! 溢れんばかりのキノコ愛で属性変化して大変キュートでしたよ!」
幸子「それとなんですか『絶対特権』のソロは! 私も絶対特権主張されたいです! プロデューサーさんが羨ましいですよもう!」
3:
名無しさん@おーぷん
2017/08/10(木)02:08:19ID:YSM
美玲「イケメンショーコに壁ドンされたい……」
幸子「可愛い輝子さんに壁ドンしたい……」
美玲「ショーコはカッコイイんだ!」幸子「いいえ、可愛いんです!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1502241411/
1:
名無しさん@おーぷん
2017/08/09(水)10:16:51ID:tdf
森久保「き、キノコさんキノコさん」
輝子「フヒ。な、なんだいボノノさん」(ワッシャワッシャ
森久保「さ、されるがままですけど、いいんですか、それ……」
モバP(以下P)「……………………」(ヒザニノセアタマワシャワシャ
輝子「フヒ……親友の手、暖かい。程よい温もりでキノコ大喜び……フヒ……」(ヒザニノセラレアタマワシャワシャ
森久保「あ、そうですか……お二人の幸せオーラにもりくぼ、けしずみになってしまいそうなんですけど……。すみくぼなんですけど……」

2:
名無しさん@おーぷん
2017/08/09(水)10:17:16ID:tdf
輝子「フヒ、フヒヒ……フヒャッ!? し、しんゆー……くすぐったいってば……」
P「(くすぐったがる輝子ぐうかわいい)」
森久保「(全面的に同意なんですけど……)」
P「(だよな)」
P「うし、そろそろ休憩終わるから、膝から降りるがよい」
輝子「あ……わかった。…………フヒ」
3:
名無しさん@おーぷん
2017/08/09(水)10:17:32ID:tdf
P「(ちょっと残念そうにする輝子天使かよ)」
ちひろ「(天使ですよ)」
P「(悪魔が言うと説得力が段違いですね)」
ちひろ「(誰が悪魔ですか誰が)」
輝子「……フヒ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1502155394/
1:
名無しさん@おーぷん
2017/08/08(火)10:23:14ID:eSm
2ちゃんに投稿するの初めてなので作法とかわからないけど見よう見まねで頑張ってみまする
というかこれでいいのかな? ちと不安

3:
名無しさん@おーぷん
2017/08/08(火)10:24:28ID:eSm
P「(まず声だ。なんだよあれ3色ボールペンかっての。なにしれっと全属性制覇する歌声しちゃってんのかわいいかよ)」
P「(次に、服のセンス。なんだあれふざけてんのか。危うくあの子と同じ世界の住人になりかけたわ)」
P「(家にある一番特別な服とか言っちゃってさぁ! 可愛すぎんだよあれ!)」
P「(そして極めつけがあのキノコプリントのワンピースな。抱っこしてやりたいわもう)」
4:
名無しさん@おーぷん
2017/08/08(火)10:24:43ID:eSm
P「(しかし、忘れてはいけないのがヒャッハーとキノコを封印した結果生まれたイケメン輝子だ)」
P「(あれは俺も思わず女の子になっちゃうレベルだった)」
P「(でも、そんなイケメンと化した輝子も、中身はそのままらぶりーきのことかいう奇跡の産物だということをわすれてはいけない)」
P「(これは毒キノコと化した輝子でも言えるが、やっぱりどのキノコになっても輝子は輝子でクソカワなんだ)」
5:
名無しさん@おーぷん
2017/08/08(火)10:25:10ID:eSm
P「(ちょっと自信なさげにしてるところとか、でも褒められるとめっちゃ嬉しそうにするところとか!)」
P「(恥ずかしさのあまりにメタルスイッチ入っちゃって照れ隠しするところとか、でも注意するとすぐ申し訳なさそうに干し椎茸みたいになるところとか!)」
???「(『星』だけに、干し椎茸……フフッ)」
P「(んー、20点!)」
???「(酷いです、傷心しました。お詫びにお酒を要求します)」
P「(しょうがないですねぇ。今度オフの時付き合いますよ)」
???「(ふふっ、約束ですよー…
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537363491/
1:
◆UpHOrkEMJ2
2018/09/19(水)22:24:51ID:pcD
4作目です。
よろしくお願いします。

2:
◆UpHOrkEMJ2
2018/09/19(水)22:26:40ID:pcD
過去作
Pとキュートな女の子たちシリーズ
モバP「未来のお嫁さん?」響子「はい!」
モバP「懐かしのお隣さん」美穂「お、お兄さん!?」
モバP「僕は魔法使い」卯月「私がシンデレラ?」
誤字修正版
https://www.pixiv.net/novel/member.php?id=9350076
3:
◆UpHOrkEMJ2
2018/09/19(水)22:27:41ID:pcD
?新曲リリースイベント?
響子、美穂、卯月「「「せーのっ、私たち、”PCS(ピンクチェックスクール)”ですっ!」」」
響子、美穂、卯月の3人によるトリオユニット、“PCS”が先日ライブで初披露した新曲『ラブレター』。
そのリリースに伴い、広報インタビューが今日、行われることになった。
4:
◆UpHOrkEMJ2
2018/09/19(水)22:29:05ID:pcD
インタビュアー「最近人気のユニット“PCS”ですが、ファンの間ではメンバーが皆、とても仲が良いと話題になってます!仲良くなったキッカケは何ですか?」
美穂「いつも一緒にレッスンをしていたり、たくさんお話をしているから、というのも勿論あるんですけど…やっぱり好きなものが一緒だからですねっ。この前も3人でスイーツを食べにいったんですよ♪」
インタビュアー「新曲『ラブレター』はキュートな3人にピッタリな素敵な曲ですね!歌う上で何か意識した所などはありますか?」
卯月「『ラブレター』は甘く切ない恋の歌ですので、自分の想いをストレートに伝えたい女の子の気持ちをイメージして歌いましたっ」
インタビュアー「なるほど?恋する女の子の想いがギュッと詰め込まれているのですね。3人は好きな人、いるんですか?」
響子「勿論ですっ、美穂
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1471175581/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2016/08/14(日)20:53:01ID:RXb0zcrE
モバP(以降P表記)「はぁ……。基本的に終電帰り、休みだって前回いつ取ったのか……」
P「疲れを誤魔化すために、ちひろさんからドリンクを買ってるせいで、お金も全然ない……」
P「極め付けに、上司は裏切って自分のミスを俺に押し付けてくるし……」
P「何だか泣けてきた……なんで俺こんな苦しい思いして働いてるんだろ……グスッ……田舎に帰りてぇよぉ……グスッ」コンコン
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2016/08/14(日)20:53:48ID:RXb0zcrE
P「ん?誰だよ…今、誰かに見せれる顔じゃないのに。どちら様ですか?」
?「うふふ、名乗るほどではないですが、ラフメイカーです。」
P「いや、まゆだろ。」
?「……ラフメ「いや、まゆだろ」」
?「…………ラフメイカーですよ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2016/08/14(日)20:54:26ID:RXb0zcrE
P「わかった。ラフメイカーだな?ラフメイカーなんで呼んでない。夜も遅いし、帰ってくれ。そこに居られたら泣けないだろう。」
?「嫌です。ラフメイカーの役目を果たせていないですから。」
P「帰ってくれって言ってるだろ!!そこに居られたら邪魔なんだよ!!消えてくれ!」
?「そんなこと言われたの、まゆ、生まれて初めてです。どうしましょう……泣きそうになってきました……グスッ」
P「泣きたいのは、こっちだよ……家に帰っても安息はないのか……グスッ…ウエェ…」
?「グスン……グスン……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1503665056/
1:
名無しさん@おーぷん2017/08/25(金)21:44:16ID:UMy
晶葉「助手!助手!」
P「ん?」
晶葉「できてないぞ!」
P「……なにが?」
晶葉「新しい発明品だ」
P「できてないんでしょ?」
晶葉「できてないぞ!」
P「……うん、できてから言いに来なさい」
晶葉「…………」
晶葉「助手」
P「え?」
晶葉「できてないぞ」
P「うん、できてないのは分かった。できてから来てよ。悪いけど、この資料を完成させないといけないからさ」
晶葉「むっ、助手もできてないのか」
P「うん」
晶葉「私と一緒だな!」
P「……うん、そう。あの、あっち行って完成させてきなさいよ」
晶葉「わかった」
2:
名無しさん@おーぷん2017/08/25(金)21:45:11ID:UMy
10分後
晶葉「助手!助手??ッ!!!」
P「ど、どうした!?」
晶葉「あ、新しい発明品が……!」
P「できたのか……!?」
晶葉「できてないぞ!」
P「できてねぇのかよ!」
晶葉「できてないぞ」
P「なんで?できてから伝えに来なさいよ。あんな感じで来られたら、完成したのかと思ってちょっと期待しちゃうじゃん」
晶葉「期待してくれてたのか?」
P「まあ……どんな発明なのかわからないけどさ」
晶葉「ふっふっふ……それは完成してからのお楽しみだ」
P「えぇ…めっちゃ気になる……早く完成させてきてよ」
晶葉「ああ、助手も早くその資料を完成させるんだぞ?」
P「うん……いや、お前が言うなよ。お前が完成してないのを報告しに来るから…」
晶葉「また来る!」
P「話を聞きなさいよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1504199612/
1:
◆K1k1KYRick2017/09/01(金)02:13:32ID:VKT
さりーなの誕生日SSです
孕ませ、女性上位、妊婦、パイズリ、セルフパイ舐め、母乳、アナルファック要素あり
2:
◆K1k1KYRick2017/09/01(金)02:14:44ID:VKT
「プロデューサー」
照りつく日光が昇っている真夏の海浜に、午前の水着撮影に臨む松本沙理奈がいた。
黙々と準備を手伝っている担当プロデューサーに、彼女はもたれ掛かる。
「アタシの水着姿、感想を聞かせてほしいなっ?」
胸元にくっきりと浮かぶ魅惑の谷間を
彼女は無遠慮にプロデューサーの顔に押し付けて挑発する。
プロデューサーは息苦しい以上に恥ずかしさに耳朶まで真っ赤にして堪えている。
沙理奈はその反応を見てニコニコと楽しげに笑っていた。
プロデューサーは沙理奈以外にも、彼女の所属しているアイドルグループ
ブルーナポレオンをも担当している。
絵に描いたような真面目一辺倒の堅物で、浮いた噂もなく
少なからず自己主張の激しいプロデューサー陣営の中では
完全に埋もれきってしまうほど地味な風采の男だった。
3:
◆K1k1KYRick2017/09/01(金)02:15:29ID:VKT
しかし仕事に関しては誰よりも堅実で確かな実績を築いているため
上にいる人間としては重宝する存在でもある。
ファッション重視のコンセプトで、売れつつあるアイドルをくくった
ブルーナポレオンなどのユニットの将来を任せるには適切な人材だった。
酒も博打もやらない、何を楽しみに生きているのか今一つはっきりしない
そんな男をからかって遊ぶのが彼女には楽しかった。
「ねぇプロデューサー、アタシのチャームポイントってどこだと思う?
 ん? ボーカル? ダンス? そ・れ・と・も……」
黙々と作業しているプロデューサーだったが
その視線は既に、鼻先で揺れるたわわな蜜果に吸い込まれていた。
形、艶、色肌、柔らかさ、重み――その悩ましい果実は
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518257912/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/10(土)19:18:32.44ID:fj8WFKgp0
☆注意☆
〇デレマスのキャラ達で人狼ゲームをします
〇ゲームの仕様上、暴言などが多少含まれます
〇解説等はあまりしないので、ルール等を予め知っておくことを推奨します
〇初心者COです(戦歴70戦程度)
以上が許せる寛大な精神を持って読んでいただけたら幸いです。(特に人狼経験者には)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/10(土)19:19:47.22ID:fj8WFKgp0
P「ええっ、今度発売するライブDVDにつける特典として、人狼ゲームをやるですって!?」
ちひろ「はい。特典ディスクとしてアイドル達がやる人狼ゲームを収録しようという企画を建てました♪」
P「人狼ゲームですか………まぁ、確かに面白いかもしれませんね」
美城「スケジュールの都合上、アイドルの数が揃わなかった。故に我々三人も参加するぞ」
P「ええっ!? 俺達もですか!?」
美城「やむを得ない処置だ。それにキミは人狼ゲームに詳しいと来たのでね」
P「いえ、たまにるる鯖に行く程度ですし。詳しいという程じゃ………」
美城「ある程度ルールが分かってる者がいた方が都合もいいだろう。そういう事で我々も参加という事だ」
美城「だがあくまでも主役はアイドル達だ。そこのところはわきまえるように」
P「そういうことでしたら………了解しました」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/10(土)19:20:55.11ID:fj8WFKgp0
ちひろ「まぁ、私は初日犠牲者ですけどね。プロデューサーさん達は頑張ってください」
P「えっ、ちひろさんが初日!? 俺なんかが残るより綺麗所のちひろさんが参加した方がいいのでは?」
ちひろ「いやですよ。胃痛役とかになったら面倒ですし(いえいえ、経験者であるプロデューサーさんが残ってくれた方がい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1504623997/
1:
名無しさん@おーぷん2017/09/06(水)00:06:37ID:xrd
※独自設定があります。
2:
名無しさん@おーぷん2017/09/06(水)00:07:34ID:xrd
「加蓮ちゃん、お誕生日おめでとうっ」
 事務所へやってくるなり、そんな言葉で出迎えてくれたのは美穂だった。パタパタと尻尾でも振っていそうな勢いでどうにも小型犬を彷彿させる姿だった。
 いや、美穂だから子熊かも。……なんて、別にどっちでもいいけれど。
 背中に手を回しているのに身体は前のめりという、器用な体勢をしているなあとぼんやり思った。
3:
名無しさん@おーぷん2017/09/06(水)00:08:02ID:xrd
 ふむ、と不自然に背中に回された手に何かあるな、と思ったが、敢えてそれを指摘はしない。せっかく隠してくれているのだから、ノッてあげたかった。
 まあ、これで相手が奈緒や凛であれば、即座に見つけて、『何々プレゼント? 本当奈緒も凛も私のこと好き過ぎでしょ?』とでも言っていたのだが。
 そもそもあの二人はさっさと渡してくるだろうし、渡しかたもおざなりなものだろうけれど。性格的なものだろう。
 凛も奈緒も、わかりやすく女の子女の子しているタイプではなくて、どこかさっぱりとした男前な気質があるし。
4:
名無しさん@おーぷん2017/09/06(水)00:08:39ID:xrd
 そういう意味で言えば美穂は、私の周囲では珍しいタイプの、とてもわかりやすく『女の子』をした子である。
 可愛い。純朴で素直で、それでいて少し恥ずかしがりなところは奈緒とはまた違った、からかって可愛がってあげたくなるタイプ。
 だからこそ、このタイプに凛や奈緒のような対応を取っても、カウンターを喰らうことは想像に容易い。純朴で素直なこの子に『私のこと好き過ぎるでしょ』なんて言ってみても、笑顔で頷かれるか何を当たり前のことをとでも言わんばかりのキョトン顔を披露されるだけだ。
 どっちにしてもこちらが恥ずかしくなるような反応であり、ダメージを喰らうので、対応の
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1537023407/
1:
◆YBm93b2VSc
2018/09/15(土)23:56:47ID:c8u
一ヶ月程遅れてのしぶりん誕生日ssです。
凛未央ssです。

2:
◆YBm93b2VSc
2018/09/15(土)23:57:16ID:c8u
 8月10日という日は、少なくとも私にとって良い日だ。
毎日が色んな人の記念日だとは言うけれど、やっぱり自分の誕生日というのは特別な1日に感じてしまう。大人になるとそれも薄れてしまうなんて事をよく聞くけれど、私の場合は、やっぱり特別な日になるんだと思う。
3:
◆YBm93b2VSc
2018/09/15(土)23:57:45ID:c8u
 いつも通りにかけたアラームで目覚めた朝は、他の日より少し眠たい朝だった。無理も無いかな。昨日は日付が変わってから色んな人からメールやラインが来ていたし、仲の良い友人達と少し長く話し込んでいたのだから。
それでも目元をこすってベッドから出るのは、私の誕生日なんて関係無く散歩を待ち兼ねる愛犬の為。いつも通り着替えて居間に出れば、ハナコもいつも通りリードを咥えて待ってくれていた。
キッチンから聞こえた音に目をやれば、もう既に起きて朝食の準備をしている母親がこちらに微笑む。手元にはフライパンとまだ割られていない卵と、水洗いされたレタス達。
流石に今日が私の誕生日だからと言って、朝から何か劇的な物が用意されているわけでも無く、普段と変わらないコーヒーの香りとおはようの声が私を迎えるのだった。
4:
◆YBm93b2VSc
2018/09/15(土)23:58:24ID:c8u
朝食の前に散歩へ行ってくるね、と声を掛けて玄関へ。例年よりも更に暑くなってしまったこの季節は、朝方に散歩へ行かないとハナコも歩いていられないようだ。
たまに見かける、日中道路を歩いている犬達は相当頑張っているに違いない。もしくは肉球が耐熱構造に進化しているか、なんて。この前どこかで聞いた冗談だけど。本当に冗談なのかな?と思ったけれど、気になるほどでも無いし、調べる事も無いだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1500210798/
1:
◆MBta3/Lt2Q
2017/07/16(日)22:13:18ID:9Dl
飛鳥「ああ、ようやくだ、ようやくだ。この時が来るのをずっとずっと待っていた。待ち望んでいた」
飛鳥「この日が来ると理解っていたからボクはボクでいられたんだ。キミがキミでいられたのと同じように」
飛鳥「ああ、理解っているよ。ボクらの間に能書きはいらないことくらい」
飛鳥「けど、最期はせめて孤独を癒したいと想う事に罪は無いだろう?」
飛鳥「墓所までの供も、いやしない。誰も彼も、ボクの末期を看取ってはくれないだろう」
飛鳥「人知れずボクは死んでいく。誰も、ボクのことを知らないままに」
飛鳥「けれど、これでいい。なにせ、これがボクの望んだ結末なのだから」
飛鳥「さあ、始めようじゃないか。結末は既に見えている。けれど、それでも、足掻こうじゃないか。キミを神の座から引き摺り降ろすためにね」
飛鳥「そうさ、足掻くよ、ボクは。それが、人の生き様というものなのだから。人類として、霊長類の長として、今日という日を終わらせよう」
飛鳥「さあ、待たせたね! お待ちかねのカーテンコールの始まりさ!」
ありす「何をやってるんですか、こんな屋上で」

2:
◆MBta3/Lt2Q
2017/07/16(日)22:17:44ID:9Dl
飛鳥「ッ! ……なんだキミか。全く、驚かせないでくれ」
ありす「キミじゃないです、橘です。人の名前はちゃんと呼ぶべきだと思います」
飛鳥「悪かったよ、ありす」
ありす「橘です!」
飛鳥「わかったわかった、降参だ」
ありす「それで、何をやっていたんですか?」
飛鳥「何って?」
ありす「さっき、何かブツブツ呟いていたじゃないですか、空を見上げながら」
飛鳥「………………」
ありす「………………」
3:
◆MBta3/Lt2Q
2017/07/16(日)22:23:17ID:9Dl
飛鳥「……どこから聞いていた?」
ありす「ヤツが来るってところからです」
飛鳥「……
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456760216/
1:
◆i/Ay6sgovU
2016/03/01(火)00:36:56.59ID:bs6KrUv00
緒方智絵里ちゃんと高垣楓さんのおはなし


2:
◆i/Ay6sgovU
2016/03/01(火)00:37:30.82ID:bs6KrUv00
わたしは、とっても臆病です
アイドルというお仕事は、みんなに笑顔を届けるお仕事
それなのに、いつも不安になってしまいます
レッスンの時も
取材の最中も
収録現場でも
ステージの裏でも
“わたしはちゃんとアイドルになれているのかな”って
お守りに持っている四つ葉のクローバーも、この手の震えを治してはくれません

3:
◆i/Ay6sgovU
2016/03/01(火)00:38:06.44ID:bs6KrUv00
その日は小さなライブハウスでのお仕事
お客さんの前で歌うだけでも緊張するのに、共演者は……
「こんにちは、高垣楓です。今日はよろしくお願いしますね」
事務所の大先輩、高垣楓さん
何度かすれ違ったことはあるけれど、話すのはこれが初めてです
緊張で自己紹介すらも上手くできませんでした

4:
◆i/Ay6sgovU
2016/03/01(火)00:38:37.72ID:bs6KrUv00
わたしの出番がやってきました
でも、手は震えています
足も震えていて
後で聞いたら右手と右足が一緒に出ていたらしいです
「頑張ってくださいね。智絵里ちゃん」
楓さんが声をかけてくれたけど、果たして返事はできていたのでしょうか?

5:
◆i/Ay6sgovU
2016/03/01(火)00:39:17.93ID:bs6KrUv00
“行ってきます”と、消えそうな声で、俯いた顔で、言い残してステージに向かおうとした時
いつの間にか楓さんがわたしの目の前にいて、きれいな目がわたしを見つめていました
「緊張……しているんですか?」
心配させ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537289578/
1:
名無しさん@おーぷん
2018/09/19(水)01:52:58ID:eT2
アイドルマスターシンデレラガールズのssです
特に何も起こりません

2:
名無しさん@おーぷん
2018/09/19(水)01:53:43ID:eT2
未央「やっほー未央ちゃんだよー」
未央「ってありゃ、プロデューサーしかいない?」
3:
名無しさん@おーぷん
2018/09/19(水)01:54:32ID:eT2
未央「やっほープロデューサー」
未央「プロデューサー?」
P「ん?ああ、本田か。おはよう」
未央「もう、またプロデューサーはイヤホンして。そんなんだから未央ちゃんの声が聞こえないんだぞ」
P「いいだろ。してた方が集中できるんだよ」
未央「まったくもう」
4:
名無しさん@おーぷん
2018/09/19(水)01:55:15ID:eT2
未央「それでしまむーとかしぶりんは?」
P「渋谷は撮影。島村は……なんだっけか。今日来なかった事だけは覚えてるんだが」
P「えっと……、ああ、小日向と五十嵐と緒方と遊びに行くって書いてあるな」
未央「えぇー、じゃあ今日何しようかなー」
P「何も考えてないのかい。お前オフだろ」
未央「だって誰がいると思ってたから……」
5:
名無しさん@おーぷん
2018/09/19(水)01:56:12ID:eT2
P「本田、腹は?」
未央「んー、ちょっと空いてるぐらい?おやつ食べてないし。」
未央「何々?何処か連れてってくれるの?」
P「おやつ、おやつか。いいな。喫茶店に、とはいかないがコンビニ行くか。」
未央「おぉ、流石プロデューサー」
P「ほれ、行くぞ」
未央「うん!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537186870/
1:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)21:21:10ID:bQx
P「お前の中じゃ莉嘉が筆頭か」
加蓮「んーまぁ確かに莉嘉は私のかわいい妹だけど、もっとほしいかなー」
P「(断定しやがった……)例えば誰だ?」
加蓮「まずは凛かな」
P「クールな妹か……」
加蓮「『ふーん、アンタが私のお姉さん? ……まぁ、悪くないかな……』」
P「ちょっと似てるのやめろ」

2:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)21:22:18ID:bQx
◯朝
凛『おはよ。早く学校行ったら? じゃないと置いていくよ』
凛『弁当、私が作っといたから……いや、わざわざ褒めなくてもいいよ。それより急ぎなよ、ノロマさん』
◯登校
凛『次のテスト大丈夫? 私? 誰かさんより全然優等生だから心配ないよ』
凛『え、私に教えてほしいって? ったく、しょうがないんだから……』
凛『そのかわり、ちゃんとご褒美は貰っとくよ?』
凛『ご褒美は……じゃ、パフェでいいよ』
◯スイーツバイキング
凛『え、食べ過ぎ? 良いでしょ、たまには甘い物くらい。ファミレスでたくさん頼むより良いでしょ?』
凛『世話の焼きがいがないって? 手のかからない妹なんだから感謝してよ』
凛『それに、私だってたまには……』
凛『べ、別になんでもないから! もう、ケーキ取ってくる!』
3:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)21:22:54ID:bQx
P「ウボァー!?(吐血)」
加蓮「プロデューサー、血を吐くのはまだ早いよ。まだまだ続くんだから」
P「凛が妹かぁ……いつもはツンケンしてるけど、年相応に無邪気なところがあるのが良いよな」
加蓮「そーそ。それに、なんだかんだノリがいいし、可愛がり甲斐があるよね♪」
P「だな。そこらへん、凛はどう思う?」
加蓮「え?」
凛「……」
加蓮「え、ちょ、いつからそこにいたの?」
P「最初から背後にいたぞ」
加蓮「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1537191137/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/09/17(月)22:32:17ID:9vM6dLRY

ありす「プロデューサーさん。確か、もうすぐ誕生日でしたよね」
P「明後日が誕生日だけど、それがどうかした?」
ありす「せっかくですから、なにか手料理でお祝いがしたいと思いまして!」
P「おおっ……! それはありがたい。で、なんの料理を作ろうとしてたわけ?」(タブレット覗き込み)
い ち ご パ ス タ
P「わかってたけどやっぱりそれかぁ!! 橘のクックパッドにはいちご料理しか公開されてないのか!?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/09/17(月)22:33:51ID:9vM6dLRY
ありす「失礼なこと言いますね……ちゃんと他の料理も掲載されてますよ。ほら、これを見てください──」
いちごのベーグル by歩くラクロス
P「これ間違いなく知ってる人だよ!? ていうか確実に新田さんだよね!! なんで彼女もいちご教の信者になってるの!?」
ありす「匿名のレシピ投稿者を捕まえてなに言ってるんですか……連想できる単語だけで決めつけないでください」
P「いや、まあ……その、言われてみればその通りではあるんだけど。なんていうか、最近いちご食べさせられることが多くて、変に勘ぐってたところあるから」
ありす「他のレシピを見れば、誤解だったと気がつくはずです」
P「あ、ああ。他の投稿者を見せてくれるかい?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/09/17(月)22:35:23ID:9vM6dLRY
いちごミルク byゆるふわタイム
いちごムースタルト by真夏の夜のゆーみん
P「知人ばっかりじゃんか!! なんでみんな揃っていちご料理投稿してんだよ!!」
ありす「ところでプロデューサーさん。どうやったら世界が平和になると思います?」
P「なんで今その話したの!? 世界平和といちごに関係性ある!?」
ありす「いちごパフェが食べたいで
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537270606/
1:
名無しさん@おーぷん
2018/09/18(火)20:36:46ID:Eu5
岡崎泰葉と速水奏メインです。脳内設定多めです
前にpixivに上げたものと一緒です

3:
名無しさん@おーぷん
2018/09/18(火)20:37:57ID:Eu5
【事務所】
泰葉「プロデューサーが・・・・倒れた?」
ちひろ「はい」
泰葉「え、えっと・・・」
・・・なんで?私のせい?無理させてしまっていた?いつも一緒だったのに。
なんで気づかなかったんだろう。いつも一緒にだっただけで何も見えてなかったのか。
こういうときどうしていいのかわからない。芸能界から抜け出た自分はあまりにも無力だと思い知らされ___
4:
名無しさん@おーぷん
2018/09/18(火)20:38:38ID:Eu5
ちひろ「・・・・あの、泰葉ちゃん」
泰葉「・・・・あ、はい」
ちひろ「・・・色々考えてるのはわかりますが、ただの食あたりですので・・・」
泰葉「・・・・・・・はい?」
ちひろ「本人曰く【シメサバだと思って食べたら傷んだサバだった】だそうです」
泰葉「・・・普通気づくものでは?」
ちひろ「いい感じに酸味があったので気づかなかったそうです」
泰葉「・・・・えぇ」
それでも気づきそうなものだけど・・・いや、でもあの人抜けてるからなあ・・・
ちひろ「言わんとしてるところはわかります。ですが、まあ・・・飲み込みましょう」
泰葉「・・・・はぁ」
ちひろ「というわけで、今日はプロデューサーは来ないわけです。明日には来ると思われます」
泰葉「そうですか」
ちひろ「今日オフの泰葉ちゃんは残念でしたね??」
泰葉「ッ!?」
5:
名無しさん@おーぷん
2018/09/18(火)20:39:32ID:Eu5
頬が熱くなる。確かに今日はオフだ、事務所にいるのはたしかに不自然・・・じゃあなんでここにいるのかって話になる
泰葉「・・・じ、自主レッスンに来ただけです」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1526270176/l50
1:
名無しさん@おーぷん
2018/05/14(月)12:56:16ID:NJ0
アイドルマスターシンデレラガールズ、しゅがーはぁとこと佐藤心のお話です。
佐藤心、安部菜々「「心が叫びたがってるんだ」」(SS速報のスレです)
これの続きではないですけど、似たようなものです

2:
名無しさん@おーぷん
2018/05/14(月)12:56:52ID:NJ0
事務所
菜々「ありがとうございます! 本当に、ありがとうございますぅ?!」
心「あー、もうせっかくのお祝いなんだから泣いちゃダメですって☆」
菜々「は゛ぁ゛と゛ぢゃ?ん゛ん゛……!」
心「ちょっ、今のどうやって発音したんだ☆」
菜々「ナナ、ナナ……! ついについにここまで来たんですよおおぉぉぉぉ……!」
心「わかってますって☆」
心「ほら、ハンカチ貸してあげるんで涙拭いてください☆」
菜々「あ゛り゛が゛と゛う゛ぅぅぅ?……!」
心「菜々先輩」
菜々「うえぇぇ?……?」
心「第7回総選挙、1位おめでとうございます。シンデレラガール、本当におめでとうございます!」
菜々「ありがとう……! ありがとうございます、はぁとちゃん!!!」
菜々「はぁとちゃんもPa5位おめでとうございます!」
心「ありがとうございます☆」
3:
名無しさん@おーぷん
2018/05/14(月)12:57:16ID:NJ0
菜々「夢じゃ、ないんですね……」
心「ひっぱたきましょうか?」
菜々「いえ、それはちょっと……」
心「大丈夫大丈夫☆ 加減はするから☆」
心「なーんて……ね」
菜々「はぁとちゃん?」
心「大丈夫ですよ、菜々先輩」
菜々「はぇ?」
心「これは夢でも幻でもなんでもありません」
心「菜々先輩が見続けてきた、諦めなかった夢が叶ったんだぞ☆」
心「だから、胸張って! いつもみたいにウサミンよろしくお願います♪」
菜々「はぁとちゃん……!」
菜々「はいっ! ナナ、ウサ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537107210/
1:
名無しさん@おーぷん
2018/09/16(日)23:13:30ID:IUU
※過度妄想です。どこまでも。
妄想シーンは一人称になります。ネタの多くは某所から頂いております。
つながりのない前作
【モバマス】「おさなづま」
>>9月16日現在見ることができません。
紗南「どういうこと?」
比奈「紗南ちゃんって適正あると思うんスよ。幼馴染属性」
奈緒「あー、わかる。ゲーム好きだし、男子の友達多いよな?」
紗南「それはそうだけど……女子の友達ってアタシほどゲームしないし」
菜々「紗南ちゃん凄いですからねー、この前もありすちゃんと事務所で遊んでましたよね?」
紗南「うん!雪美ちゃんも杏さんもいたよ!なかなか手強かった……けど!」
菜々「けど?」
紗南「勝ったよ!(ドヤァ」
奈緒「相手小学生だけどな、まぁ紗南も14だしあんま変わらないか」

2:
名無しさん@おーぷん
2018/09/16(日)23:14:44ID:IUU
比奈「とまぁ紗南ちゃんってそんな感じで男子と比較的に近いわけで……アレっス。唯ちゃんとか未央ちゃんによく言われる……」
奈緒「勘違いさせる系か……あの2人距離近いからなぁ」
紗南「未央さんなんて活発系ヒロインのストレートだしねっ!唯ちゃんも金髪押せ押せ系ヒロイン!」
菜々「たしかに、紗南ちゃんって男子といっしょにゲームではしゃいでそうですねー」
奈緒「その上、ゲーム中やたらに動くからな紗南。三つ編み振り回すし」
P「夏は薄着だし胸チラとかしてそうだよな」
奈緒「黙ってろよ変態」
P「酷くない?」
紗南「………………してないよ、きっと」
比奈「ちょっと待つっス。してるんスか!?しかねないことになってるんスか!?」
3:
名無しさん@おーぷん
2018/09/16(日)23:15:45ID:IUU
比奈「とまぁ紗南ちゃんは後で説教するとして」
紗南「えっ」
比奈「そんな紗南ちゃんだから幼馴染属性はありだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537193266/
1:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)23:07:46ID:rpE
【焼肉屋?ころとん】
泰葉「・・・」
むつみ「・・・・」
悠貴「・・・」
ほたる「・・・」
店員「火つけますねー。火力の調整はお声をかけてください」
泰葉「ありがとうございます」
店員「ご注文お決まりになりましたらお呼びください」
泰葉「・・・・何食べる?」
ほたる「え、えっと・・・悠貴ちゃん」
悠貴「お、お肉が食べたいです!」
むつみ「私も!」
泰葉「そうだね。焼肉屋だしね、お肉焼かないとね」
・・・きっかけは今日の午前中のこと

2:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)23:09:16ID:rpE
【とあるスタジオ】
おじさん「泰葉ちゃんじゃなあいか?。久しぶりだね?」ニチャア
千鶴ちゃんとの仕事が終わってさあ帰ろうとなったところ。
声をかけてきたのは昔一緒に仕事をしていたおじさんだった。
泰葉「お久しぶりです」
千鶴「・・・・・ヒッ」
千鶴ちゃんが小さい悲鳴をあげたのが小耳に聞こえた。おじさんに聞こえないことを祈る
おじさん「元気にしてるみたいじゃないか?、おじさんはうれしいよお」ニチャア
泰葉「ありがとうございます」
この間延びした喋り方とこう・・・凄まじいほどの独特な笑顔がこのおじさんの特徴だ。
子役の時に泣いたこともある・・・・なんというか粘度が高い人である
おじさん「昔色々あった身としては嬉しいよお?そんな泰葉ちゃんにこれあげるね?」ニチャア」
泰葉「あ、ありがとうございます」
千鶴「・・・・!そ、それって・・・・・・ちょ、ちょっと!」」
おじさんが取り出したのは何かのチケットだった。千鶴ちゃんが私の前に立ちはだかろうとして・・・
3:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)23:09:55ID:rpE
おじさん「はいこれ?焼肉屋のタダ券」
千鶴「・・・・・・・えっ?」
泰葉「あ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537167185/
1:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)15:53:05ID:7YU
SS速報さんがあんな感じなのでこちらで。
今回、長いので前後編となります。
オリジナルのスタンド、ジョジョのキャラは出ません。
キャラ崩壊など注意です。
前回、前々回を読み直して、菜々さんに謝らなくてはいけない気がしてきました。

2:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)15:54:49ID:7YU
その1
??「さあ……行きましょう」
悠貴「は、はいっ!!」
??「次のステージに進む為に……」
??「必ず手に入れます……」ゴゴゴゴゴ
悠貴「……」ゴクリッ
??「ものすごい美容効果を発揮するという、伝説の……」
??「『スーパー化粧水』を……!」バァーン
3:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)15:55:54ID:7YU
『スーパー化粧水』
スーパーエイジャの化粧水版的な物。
なんかすごい美容効果。波紋は増幅しない。
4:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)15:58:09ID:7YU
早苗「『スーパー化粧水』を狙ってる子達がいるって聞いてはいたけどー」
早苗「まさかこんなに早く仕掛けて来るとは思わなかったわ」
巴「そうじゃな……」
巴「しかも、まさか」
悠貴「……」プルプルプル
巴「悠貴一人で来るとは、予想外じゃったな……」
早苗「生まれたてのバンビみたいに、プルプル震えてるわね……」
悠貴「……」プルプルプルプルプル
悠貴(む、むむ、無理ですよぉ……ひ、一人でこの二人と戦うなんてぇ……)プルプルプル
悠貴(ど、どこに行っちゃったんですか……)プルプルプル
悠貴(で、でも二手に別れる作戦だから……と、とりあえずやってみよう……)プルプルプル
5:
名無しさん@おーぷん
2018/09/17(月)16:00:52ID:7
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537104130/
1:
◆C8rbp8eahM
2018/09/16(日)22:22:10ID:6eP
以前速報の方で書いていた
モバP「楓さんのダジャレに全力で笑ってみた結果」
モバP「杏を全力で甘やかした結果」
モバP「美嘉の性事情を全力で聞き出した結果」
モバP「まゆのことを全力で…何してんだ、これ?」
の続きみたいなの

2:
◆C8rbp8eahM
2018/09/16(日)22:24:06ID:6eP
事務所
P「顔真っ赤にしたまゆ」
ちひろ「はい」
P「可愛かったですね」
ちひろ「はい」
P「怒ってる姿も可愛かった」
ちひろ「涙目で顔赤くしたまゆちゃんにポコポコ殴られる」
P「そしてポコポコ殴られても痛くない」
ちひろ「凄く力が弱いんですよね」
P「キュンキュンしますね」
ちひろ「怒ってるときでも可愛いとは、さすがまゆちゃんですよ」
P「えぇ、さすがは俺のアイドルです」
3:
◆C8rbp8eahM
2018/09/16(日)22:25:34ID:6eP
ちひろ「…」
P「…」
ちひろ「…怒ってると言えば」
P「…はい」
ちひろ「美嘉ちゃんもめちゃくちゃ怒ってまし」
P「その話は忘れましょう誰も幸せになりません」
ちひろ「そうですねそうしましょう本当にいやマジで」
4:
◆C8rbp8eahM
2018/09/16(日)22:27:34ID:6eP
P「それにしたって、驚きでしたね…」
ちひろ「えぇ、びっくりしましたよ…」
P「ウチのアイドルは皆、純粋な子ばかりですからね。そういう子もいるとは思っていましたが…」
ちひろ「えぇ。まさか、あのまゆちゃんが、なんて想像出来ませんでしたよ…」
P「本当ですよ。まさかあのまゆが…」
ちひろ「あのまゆちゃんが…」
P・ちひろ「「セ〇クスを知らないなんて…」」
5:
◆C8rbp8eahM
2018/09/16(日)22:29:5
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537098515/
1:
名無しさん@おーぷん
2018/09/16(日)20:48:35ID:VKk
奈緒「なぁ、Pさん」
モバP(以下P)「なんだい奈緒さんや」
奈緒「今度の衣裳だけど……」
P「あれか!?あの奈緒に似合うようにリボンとレースでフリフリにして、ピンクと白でシャンティーでオトメチックに」
奈緒「だから!私には!似合わないといってるだろ!」
P「」キーン
奈緒「まったく……」

加蓮「また奈緒とPさんのいちゃいちゃが始まってるよ」
凛「まったく……素直じゃないんだから」
奈緒「おい、こら。そこの二人」
加蓮「やっばーい、病院に行く時間だ!」ダッシュ
凛「おっと、ハナコの散歩に行かないと!」ダッシュ
奈緒「はぁ……また逃げられた」
奈緒「まったく……Pさんといい、なんで私を玩具にするんだ?」

2:
名無しさん@おーぷん
2018/09/16(日)20:55:24ID:VKk
――――
――
ガチャ
奈緒「ただいまー」
P「おう、お帰り」
奈緒「ん?たしか、Pさんより先に帰ってきたよな?」
P「社会人には交通手段がありますからね」
奈緒「自動車か……いいなぁ。私も早く免許を持ちたいよ」
P「あと一年の辛抱だな。それじゃメシにするぞ」
奈緒「あぁ、今日は……おっ、カキフライか」
P「ごはんはおかずじゃないからな」
奈緒「そっちじゃないってば!」
P「ははは」

―私、神谷奈緒がPさんと一緒に暮らしているのはわけがある
―実は、Pさんは私の……いや、神谷家の婿養子となるべき
―いや、まだ結婚してないから私のお婿さんではないかな?
―ともかく、それは7年前のことだった
3:
名無しさん@おーぷん
2018/09/16(日)20:56:49ID:VKk
デレマス、神谷奈緒誕生日SSになります。
奈緒とPが幼なじみにして許婚関係という爆弾要素をかかえてますが、よろしくお願いします
こち
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537169021/
1:
◆SbXzuGhlwpak
2018/09/17(月)16:23:41ID:PDf
注意事項
・アニメ基準
・武内Pもの

コンコン
武内P「どうぞ」
ガチャ
楓「お疲れ様ですプロデューサーさん」
武内P「お疲れ様です高垣さん。今日はもう終わりですか?」
楓「はい。打ち合わせが終わって帰ろうと近くを通ったので、寄ってみました。プロデューサーさんはまだ上がらないのですか?」
武内P「ええ、今日はもう少し頑張ろうと思っています」
楓「今日“は”ですか?」
武内P「……え?」

2:
◆SbXzuGhlwpak
2018/09/17(月)16:27:23ID:PDf
楓「いえ、ただちょっとですね。今日“も”の間違いじゃないかと思いまして。毎日夜遅くまで残業しナイトいけないんですか?」
武内P「その……どうしても気になる点がありまして」
楓「それは、今日中でなければいけないことですか?」
武内P「いえ、そういうわけでは」
楓「でしたら今日はもう止めにしましょう! たまには早く帰って、担当しているアイドルを安心させるのも仕事のうちということで!」
楓「あ、もちろん元担当の私も安心できます。お得ですね♪」
武内P「……そうですね。心配をかけてしまっているようですし、今日はもう止めにします」
楓「そうですか。ではもう帰るんですね?」
武内P「ええ。キリのいいところまで終えたらすぐに帰ります」
楓「……それは、どのぐらいかかりますか?」
武内P「そうですね。だいだい10分ぐらいでしょうか」
楓「わかりました。10分ですね」ギシッ
武内P「……あの、高垣さん?」
楓「どうしましたプロデューサー?」
3:
◆SbXzuGhlwpak
2018/09/17(月)16:28:04ID:PDf
武内P「その……何をされているのでしょうか?」
楓「プロデューサーの仕事が終わるまで、座って待っていようかと。たったの10分ですし」
武内
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498109299/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/22(木)14:28:20.16ID:jN12/8aA0
スタッフ「はい、オッケー!以上で撮影は終了となります!」
スタッフ「皆さん、お疲れ様でしたー!!」


3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/22(木)14:52:36.21ID:jN12/8aA0
カメラマン「いやー、お疲れ文香ちゃん。なかなかいい写真撮れたよー!」
文香「…お疲れ様です。…長い時間お付き合いいただき、ありがとうございました」
カメラマン「いやいや、こちらこそ撮影しがいがあってとても楽しかっよ。文香ちゃんが被写体だといつまでも撮ってても飽きないねえ」
文香「…そんな…私なんか全然…」
カメラマン「またまた謙遜しちゃってー。じゃあ、我々はこれから会社に戻って写真のチェックがあるので次に会う機会があったらまたよろしくたのむよ!」
文香「…はい、お疲れ様でした」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/22(木)15:00:48.19ID:jN12/8aA0
P「文香、お疲れ」
文香「あっ…お疲れ様です、プロデューサーさん…」
P「いい仕事ぶりだったな」
文香「…そうですね。…皆さんの仕事に対する誇り…写真に対する思いや情熱が、あのように形として表れてくるんですね。…本当に素晴らしい方達です」
P「…ん?いや、あの人達じゃくてお前のことなんだが…」
文香「えっ…私ですか?」
P「ああ。撮影時の表情にお前ね仕事に対する情熱が満ち溢れてたぞ。文香のおかげでとても良い写真が出来上がるだろうな」
文香「…そ、そんな…それはカメラマンさんやスタッフさんのお力によるものです。…私は何も…」
P「確かにそれが主な要因だが、あの人達の撮影に対する情熱を引き出したのは文香の魅力によるものだよ。お前の魅力がよりあの人達のポテンシャルを引き出したのだと俺は思っている」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463137492/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/13(金)20:04:52.81ID:vuqCJouK0
アイドルマスターシンデレラガールズ、しゅがーはぁとこと佐藤心さん。ウサミンこと安部菜々さんのお話です。
短いです。あと、実際に行った場合近隣に多大な迷惑をかけるような描写がされています。実際には行わないでください。
キャラ崩壊、文章が変などツッコミどころは多数あると思いますが、大目に見て頂けると幸いです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/13(金)20:05:19.51ID:vuqCJouK0
5月13日 千葉県某所 ウサミン星
菜々「それでは……!」
心「総選挙、全体7位の菜々先輩!」
菜々「総選挙、全体9位のはぁとちゃん!」
心、菜々「「を、祝って!!」
心、菜々「「乾杯!!」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/13(金)20:05:48.95ID:vuqCJouK0
菜々「いやぁ……嬉しいですねぇ……。7位ですよ。ナナ位!」
心「菜々先輩にぴったりの順位だぞ☆」
菜々「ありがとうございます、はぁとちゃん!」
心「いやー☆ それにしてもはぁとも9位に入れるなんて……☆」
心「感極まって泣きそう……」
菜々「泣きましょう! 嬉しい時に泣くのはいいんです!」
心「おう☆」
心「あ、菜々先輩グラスからになってますね☆ お注ぎします♪」
菜々「ありがとうございます! ああ! おっとっと……!」
心「さささ☆ グビッと☆」
菜々「えへへ……今日は普段抑えてる分、思う存分飲みますよ!」
心「いよっ! 流石、菜々先輩! 良い飲みっぷり☆」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/13(金)20:06:16.34ID:vuqCJouK0
菜々「あっ! はぁとちゃんも空になってるじゃないですか!」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497447105/
1:
◆i/Ay6sgovU2017/06/14(水)22:31:45.43ID:6jKTh3xi0
その日の空は、少し曇っていました。
傘を学校へ持っていかなかった私は、授業を終え、雨が降らないことを祈りながら事務所へ向かいます。
電車の乗り換えを済ませ、駅を出た時には今にも雨が降りそうで。
結局、事務所まであと数十メートルといったところで、手の甲に、冷たい雫が触れる感覚を認めることになってしまいました。
急いで事務所に駆け込み、玄関ホールで息を整えます。

2:
◆i/Ay6sgovU2017/06/14(水)22:32:08.89ID:6jKTh3xi0
(あまり濡れてないですし……まぁ、ラッキーだったかもしれません)
服やカバンについた水滴を手で払い、ふぅと息を吐いたところで、気がつきました。
玄関ホールの端、昨日までは何もなかったはずの場所に、数人が。自分とほとんど変わらぬ歳の、恐らく向こうも学校を終えて事務所へ来たのだろうな、と思わせる数人が、何かを囲っていました。
「おはようございます。どうかしたんですか?」
「あ! ありすちゃん! おはようございまー!」
"待ってました"と言わんばかりの返事を返してくれたのは薫さんです。別に、彼女が溌剌としていることは実に普段どおりなのですが、見れば、薫さん以外もそんな表情を浮かべていたのです。
「ありすちゃん! これこれ! 見て!」
「は、はぁ……」
千佳さんに促され、視線を皆さんの中心に移すと。
「……人形?」
そこにあったのは、一体の人形。
手で持つには妙に大きく、かといって床に置いてしまっては気づかずに蹴飛ばされてしまいそうな、そんな大きさの西洋人形が置いてありました。

3:
◆i/Ay6sgovU2017/06/14(水)22:33:33.69ID:6jKTh3xi0
私たちの身長の半分くらいでしょうか。その顔の、体の、妙なリアリティに、少し、胸騒ぎを感じながら。
「これは……?」
「……ちひろさんが……友達からも
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1498919404/
1:
◆6QdCQg5S.DlH
2017/07/01(土)23:30:11ID:sj1
海「おはようございます……っと」
モバP「おはよう」
海「プロデューサー。おは――」
朋「あ、海ちゃんおっはよー」
海「――」
モバP「……あれ、海?」
朋「どしたの、固まっちゃって?」
海「――どうしたの、はこっちのセリフだよ」
海「なにしてるんだい、二人とも?」
海「……朋をおぶってさ」

2:
◆6QdCQg5S.DlH
2017/07/01(土)23:31:42ID:sj1
朋「あー、これ?」
海「それだよ」
海「……ほんとに何してんのさ」
朋「いやー、あたしの今日のラッキーパーソンがプロデューサーだったのよ」
朋「で、プロデューサーの運気もすっごいいい日だったの」
海「それで?」
朋「だから今日はずっとそばにいようと思って!」
朋「幸運分けてほしくって!」
海「……まあ、いつもの朋だね」
朋「でしょ?」
海「だからって、なんでおんぶを選んだのさ」
朋「だって密着してたほうが幸運いっぱい分けてもらえそうじゃない?」
海「まあ、なんとなくわかるけど……」
海「でもそれだったら手をつなぐとかでもよかったんじゃないかい?」
朋「それは……」
朋「……」
朋「……してほしかったから」
海「……」
朋「な、何よ! 別にいいじゃない!」
朋「なんか……なんか、そんな気分だったんだもん!」
3:
◆6QdCQg5S.DlH
2017/07/01(土)23:32:26ID:sj1
モバP「この前読んだ漫画に影響されたんだってさ」
朋「ちょっと、言わないでよ!」
海「ははっ、朋らしいね」
海「でもプロデューサーもよくやってあげたね」
モバP「ん、ああ」
モバP「まあ、今日は朋の誕生日だしな」
海「あー」
モバP「少しおんぶするくらいなら別にいいさ」
朋「えっ、ずっとしてくれないの
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。