SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
ラブライブ!サンシャイン!!
タグ一覧の表示
<<
2017年04月
>>
273件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
3: 名無しで叶える物語 2017/04/26(水) 19:33:01.66 ID:FCuMLR6e.net
梨子「わ、私が悪いの・・・・・・?」 「「「「・・・・・・・」」」」 梨子「わ、私は・・・私は悪くないわよ!!」 梨子「だって、千歌ちゃんが言ったのよ!そうだ!千歌ちゃんが「来て&#10084;」って・・・」 梨子「こんなこと(浮気)になるなんて知らなかった!!誰も千歌ちゃんに恋人がいるなんて教えてくれなかったじゃない!!」 梨子「私は悪くねぇっ!私は悪くねぇっ!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492583159/
1:
名無しで叶える物語(笑)@?(^o^)/
2017/04/19(水)15:25:59.92ID:LIBvEJsu.net
休日、善子の部屋…
善子「やったー!またヨハネの勝利ー♪」テッテレー
花丸「また負けたずらー!善子ちゃんゲーム強すぎだよー。戦争ゲームって難しいなあ」ガックシ
善子「ふふん!FPSはいかに相手の背後を取るかが重要なのよ?」
善子「ていうかずら丸はスナイパーでしょ!戦地のど真ん中に来るんじゃないわよ!」
花丸「だってじっとしてても退屈だし…。ねぇ善子ちゃん、戦うゲームじゃなくてマリオとかカービィは無いずら?」
善子「そんなゲームはギルティよ!見なさい!ヨハネは洋ゲーしかやらないんだからっ!」ビシッ
花丸(うわぁ…ゲーム棚に赤や黒のおぞましいパッケージが並んでるずら…)
善子「じゃあ次はこれ!『zombiegenocide!!』をやるわよっ!」バーン
花丸「えっ…!ゾンビ!?嫌ずら!マルは怖いの苦手だよ!」ビクッ
善子「そんなに怖くないから大丈夫よ。このゲームはゾンビを操作して相手の身体や臓物を喰らい尽くすゲーム!」
花丸「せ、説明がすでにおっかないずら!マルは不戦敗でいいよー…」
善子「戦わないのは無ーし!ふふ…花丸、あんたの身体を隅々まで貪り尽くしてあげるわ…」クックックッ…
花丸「言い方がいかがわしいよ!?嫌ずら!マルはぜーったいプレイしないずら!」ダッ
善子「逃がさないわよ!」ガシッ
花丸「や、やめるずらー!はなすずらー!」ジタバタ
グォオオオオオオ!!
ズラァアアアアアアアアアア!?
ガブッ…グチャ…ムチャ…

2:
名無しで叶える物語(笑)@?(^o^)/
2017/04/19(水)15:26:54.21ID:LIBvEJsu.net
花丸「うぅ…マルのゾンビが耳たぶを残して全部食べられたずら…。なんて恐ろしいゲームずら…」ゲンナリ
善子「またヨハネの勝ちー♪ずら丸ったら弱いわねー!」フフン
花丸「だってマルはあんま
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492335303/
1:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/16(日)18:35:03.65ID:5KxL2v6Y.net
最近の日課に早朝ランニングがあります
昇る朝日を浴びながら砂浜を走るのはなかなかシャレオツなものですのよ?
元々これは、体力不足な私自身のために始めたものですが
まあ、最近はもっぱら別の目的が…

2:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/16(日)18:35:25.68ID:5KxL2v6Y.net
千歌「はい?ダイヤさん、タオルですよ?」
ダイヤ「ありがとうございます、千歌さん?」ギュッ
千歌「あっ…?もうダイヤさぁん…」
いつの間にか一緒に参加していた
大好きな後輩と二人だけの時間
3:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/16(日)18:35:39.40ID:5KxL2v6Y.net
千歌「さ、もう朝ごはんできてますよ!」
ダイヤ「いつも悪いですわね」
千歌「そんな!ダイヤさんが好きな私が好きでやってるだけですから!」
4:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/16(日)18:37:22.83ID:5KxL2v6Y.net
ダイヤ「……ん?何が好き…」
千歌「…!!!///な、な、なんでもないですぅ!忘れてください///」アワアワ
ダイヤ「……」
ダイヤ「私だって千歌さんの事、誰よりも想って…///」ボソッ
千歌「あれ?なんか言いましたか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482927025/
1:
名無しで叶える物語(おいしい水)@?(^o^)/
2016/12/28(水)21:10:25.74ID:GggMGmWe.net
花丸「え?」
ルビィ「ん?」
花丸「えっと……幼稚園…?」
ルビィ「うん?うん。そだけど」
花丸「あはは……えー…なんだろ。冗談ずら?」
ルビィ「へ?」
花丸「え?いや、え、え?オラがおかしいの?」
ルビィ「ん?マルちゃんどしたの?」
花丸「ていうかそのマルちゃんって何ズラ?」
ルビィ「えぇ?ま、マルちゃん…?」
花丸「冗談、だよね…」
ルビィ「な、ど、え…え…?」

2:
名無しで叶える物語(おいしい水)@?(^o^)/
2016/12/28(水)21:13:56.62ID:GggMGmWe.net
花丸「急にどうしたズラ?」
ルビィ「なにが?」
花丸「いや、え、マルちゃん、って言うの」
ルビィ「えっえっ。えぇ??マルちゃん……いや、え、昔からマルちゃん、だよね…?」
花丸「話が合わないよルビィちゃん……昔っていつのこと言ってるの?」
ルビィ「えっ……だから…それは…あの、だから、幼稚園の頃からだけど…」
花丸「んん…?え、だ、いや、だからその、冗談じゃないズラ?」
ルビィ「な、なにが…?ど、どうしたの…?」
花丸「いや、ルビィちゃんと会ったの、中学ズラよ?」
ルビィ「………」
ルビィ「えっ???」
5:
名無しで叶える物語(おいしい水)@?(^o^)/
2016/12/28(水)21:16:39.34ID:GggMGmWe.net
ルビィ「えぅ?中学?」
花丸「初めて会ったの、中学の図書室だよね?」
ルビィ「えぇ??や、やだなマルちゃん。どしたの?」
花丸「どしたのって……」
ルビィ「………」
花丸「………いや、えっと」
ルビィ「あ、あはは……い、いじわる言うのやめてよ」
花丸「いやホントのことズラよ?」
ルビィ「………」
6:
名無しで叶える物語(S
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1492430357/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/04/17(月)20:59:18.13ID:kHukCmcj0
ようちかりこ
曜の家の前
千歌「ごほん。えー、では今から潜入しますのは、我が親友、曜ちゃんの家です」
梨子「あの、私、カメラ担当でいいの? あんまり上手く撮れないけど」
千歌「いいんです。いいんです」
梨子「それにこんな夜遅くに……」
千歌「曜ちゃんのお母さんの許可は取ってるから大丈夫だって。いざ、出陣!」
タタタタっ
梨子「あ、待ってよ千歌ちゃん」
タタタっ
千歌「覚悟しろー、曜ちゃん!」
梨子「大きな声出さないでってば」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/04/17(月)21:04:36.20ID:kHukCmcj0
ガチャ
梨子(というか、よく親の許可が取れたわよね)ひそひそ
千歌(すべては話してないもん)
梨子(……あとで、どうなっても知らないから)ひそひそ
千歌(あ、ずるーい。共犯のくせに)
梨子(う……)
千歌(梨子ちゃんも、見たいって言ったよね? 曜ちゃんが嬉しがる所)
梨子(言ったけど、他にもね……うん)
千歌(いいから、いくぞー!)
トタトタトタっ

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/04/17(月)21:10:45.03ID:kHukCmcj0
ガッチャ
ガッチャ
梨子(所で、その荷物は? 重そうね)
千歌(あ、これは先輩方に頂いたありがたい……うん、ありがたいナニとかでして)
梨子(……あ)
千歌(曜ちゃん、喜ぶかな?)
梨子(たぶん、絶叫すると思う)
千歌(やっぱり?)
梨子(でも、やるんでしょ)
千歌(えへへ)ニコ
梨子(ごめんね、ほんとに、ごめんね、曜ちゃん)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/04/17(月
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(庭)@?(^o^)/2017/03/26(日)19:29:52.13ID:6+NkqVlL.net
合宿中
果南「ほーら……我慢、我慢、ダイヤならイケるって」
ダイヤ「だめっだめっ、バレてしまいます!」
果南「ダイヤが我慢すればいいだけだって」
ダイヤ「そうは言われても……お、抑えられなっ……んんっ」
果南「しーー、静かにしないとルビィに聞かれちゃうって」
ダイヤ「っんん!!そ、そんなのっ……ぁ、ぁあっ」
果南「ほら、頑張って」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)@?(^o^)/
2017/04/25(火)22:33:56.74
ID:NYQziz+S.net
曜「千歌ちゃんのパンツが見えそうで見えない」
曜「あんな元気に走り回って、ジャンプしてるのに見えない」
曜「おかしい…」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1487525075/
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)@?(^o^)/
2017/02/20(月)02:24:35.51ID:TFNn7Yim.net
かなルビ
完全な妄想の世界なのでご注意ください

3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)@?(^o^)/
2017/02/20(月)02:27:14.48ID:TFNn7Yim.net
果南「え?」
ルビィ「さよなら・・・」
果南「ちょっ、待ってよ!」
ルビィ「ルビィのこと好きじゃないくせに!!」
果南「え?ルビィ!!」
12:
名無しで叶える物語(禿)@?(^o^)/
2017/02/20(月)02:31:50.75ID:JqM9U42z.net
ルビィ(果南さんはルビィのこと、最初から彼女として見てくれてなかったんだ。友達の妹だからって、優しくしてくれてただけなんだ・・・。)グスッ
ルビィ(バカだなあ・・・ルビィって・・・)ポロポロ
21:
名無しで叶える物語(禿)@?(^o^)/
2017/02/20(月)02:36:46.43ID:JqM9U42z.net
ルビィと果南さんが出会ったのは、小学生のとき。
ルビィはずーっと前から、優しくてかっこいい果南さんに憧れてた。
中学生になったぐらいで、この気持ちが恋なんだって気づいたんだ。
勇気を出して告白したら、果南さんは優しくギュッって抱きしめてくれた。
嬉しかったなあ・・・
29:
名無しで叶える物語(禿)@?(^o^)/
2017/02/20(月)02:41:44.04ID:JqM9U42z.net
だけど、果南さんにはルビィみたいな子供は釣り合わない。
最初から分かってたのに・・・
なのに悲しいんだ・・・
果南「うっ・・・ううぅ・・・」ヒック
ダイヤ「泣かないでください、果南さん」
39:
名無しで叶える物語(禿)@?(^o^)/
2017/02/20(月)02:48:10.82ID:qG1gxfbh.net
果南「ダ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1491819617/
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)@?(^o^)/
2017/04/10(月)19:20:17.29ID:G3ScU36m.net
善子「最近みんなから善い子だのなんだのってよく言われるけど――」
善子「ヨハネは堕天使なんだから善い子なわけないじゃない!」
善子「そこで今日はAqoursのみんなにどっきりをしかけることにしたわ!」
善子「ヨハネの悪魔的所業に恐れ戦くといいわ!」
善子「恐怖に歪むみんなの顔が目に浮かぶわ」クックックッ

2:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)@?(^o^)/
2017/04/10(月)19:23:01.47ID:G3ScU36m.net
善子「というわけで最初はマリーね」
善子「マリーだったら何してもそんなに怒らないだろうし」
善子「隠しカメラもちゃんとセットしたし、後でアップロードしてみんなの恥ずかしい姿を全国デビューよ!」
善子「Aqoursの宣伝にもなるし、いいことづくめじゃない!」
善子「やっぱりヨハネったら天才ね!」
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)@?(^o^)/
2017/04/10(月)19:26:08.59ID:G3ScU36m.net
――
理事長室
善子「マリー、いるー?」コンコンコーン
鞠莉「んー?ヨハネ?どうぞ」
善子「失礼するわ」
鞠莉「どうしたの?マリーに何か用?」
善子「ん、まあ用ってほどのことじゃないんだけど」
鞠莉「?」
4:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)@?(^o^)/
2017/04/10(月)19:29:50.15ID:G3ScU36m.net
善子「さっきブラックコーヒーを買ったんだけどね、ちょっと口に合わないっていうか――」
鞠莉「ヨハネにブラックはまだ早かった?」
善子「ち、違うのよ!苦くておえってなっちゃったわけじゃないの!」
鞠莉「ミルクとかシュガー入れれば?紙コップのでしょ?」
善子「堕天使にミルクだの砂糖は似合わないのよ!」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492351608/
1:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/16(日)23:06:48.56ID:/Wes0WT+.net
梨子「こんな時間にどうしたの?よっちゃん家から家まで自転車でも一時間近くかかるのに……」
善子「えへへ、急にごめんね?」
梨子「どうしたの?」
善子「リリーに会いたくなっちゃって……」
梨子「えぇ……それだけでこの夜道を一時間も!?」カァァァァ

4:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/16(日)23:10:03.51ID:/Wes0WT+.net
善子「お願い、ちょっとだけ構って欲しいの……」
梨子「えぇ……でもパパとママも家にいるし……」
善子「リリーの部屋でおとなしくしてるから!」
梨子「うーん……それならいいけど……」
梨子「絶対にバレちゃだめだよ?」
善子「うん!ありがと!」
5:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/16(日)23:12:54.37ID:/Wes0WT+.net
梨子の部屋
梨子「ごめんね、バレちゃうからお茶も出せないんだけど……」
善子「ううん、全然大丈夫よ!」
梨子「それより……帰るときどうするの?こんな時間じゃ危ないよ?」
善子「朝になるまでリリーと一緒にいるから大丈夫よ!」
6:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/16(日)23:14:43.05ID:/Wes0WT+.net
梨子「ええっ!朝まで!?」
梨子「それじゃ流石にパパとママにバレちゃうよ!」
善子「大丈夫!お風呂も一緒に入ればバレないしあとはこの部屋から出ないから!」
梨子「え!?一緒に!?」
善子「うん、一緒に」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492225330/
1:
名無しで叶える物語(はんぺん)@?(^o^)/
2017/04/15(土)12:02:10.33ID:DytWTzZ2.net
善子「うーむ」
善子「この辺には私の…いえ、堕天使の為の本はもう沼津にないようね」
善子「もっと大きな街……東京みたいなとこじゃないとないのかしら……」
善子「ん?げっ、雨降って来たわね」
善子(はあ、本当に運が悪いわねぇ)バサッ
善子(ローブでも羽織って帰りましょうかね)

3:
名無しで叶える物語(はんぺん)@?(^o^)/
2017/04/15(土)12:03:12.36ID:DytWTzZ2.net
善子「うわっ、雨が強くなって来たわね……」
善子「もー!なんで今日に限ってなんでこんな大雨なのよー!!」バシャバシャ
善子「さっさと帰ってお風呂入らないと…」
善子「ん?あれは……?」
善子「あんた、こんなとこで何してるのよ」
花丸「あ、あれ?善子ちゃん!?」ビックリ
善子「なんか探してるみたいだけど…」
花丸「な、なんでもないずら!」アセアセ
善子「?」
4:
名無しで叶える物語(はんぺん)@?(^o^)/
2017/04/15(土)12:04:34.68ID:DytWTzZ2.net
善子「と言うか、傘ぐらいさしなさいよ」
花丸「あ、えっと…傘忘れちゃって…」
善子「ふーん」
善子「はい」
花丸「え?わっ!」バサッ
善子「傘代わりよ。あんたずぶ濡れよ」
花丸「あっ……うん、ありがとう……」
善子「何を無くしたのか知らないけど、そんなになるまで探してるて事は大切な物なのよね?」
花丸「うーん、別にそこまで大事じゃないかも……」
善子「は?」
5:
名無しで叶える物語(はんぺん)@?(^o^)/
2017/04/15(土)12:05:11.74ID:DytWTzZ2.net
善子「じゃあ、なんであんたはずぶ濡れなって探してるのよ!」
花丸「さ、探してる間にこんな事になっ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(山麓の宿場町)@?(^o^)/
2017/02/24(金)16:41:36.14
ID:5VF4g3Tn.net
ってなってる時の曜ちゃんの心情を述べなさい
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
名無しで叶える物語(公衆)@?(^o^)/
2017/04/22(土)06:16:50.10
ID:DLrbH/DG.net
善子「召喚成功…?なのかしら?」
続きを読む

[ 閉じる ]
3: のっぽ 2017/04/23(日) 05:59:51.34
善子「堕天使秘奥義インフェルノフェニックスゥゥゥ!!!!」ルビィ「うわぁぁぁ!」ダイヤ「ルビィ!」ダイヤ「仕方ありませんわ、これもルビィを守るため」ダイヤ「ユニコーンブリザード!」デスワ善子「私のインフェルノフェニックスが凍りつくなんて!?」ダイヤ「さぁルビィ、今のうちに逃げますわよ」ルビィ「おねぇちゃぁ…」
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語 2017/04/23(日) 22:12:39.80 ID:46u5NkGn.net
※初SS(の合間の息抜きだったはずが先に完成) ※キャラ崩壊 ※短編ギャグ(?) ※百合は咲いてないしエロくもない 問題ない方はどうぞ
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語 2017/04/23(日) 22:09:30.08 ID:cizvNeY5.net
花丸「ほら善子ちゃん、ちゃんと体伸ばさないと体操にならないよ?」グイグイ 善子「う、うるさいわね!魔界式はこうなのよ!」 善子(こんなに身体反らしたら勃ってるのがバレちゃう…っ)ムクムク ルビィ「…ふふっ」 千歌「ルビィちゃん?」 ルビィ「あ、ううん、なんでもないよ。花丸ちゃんと善子ちゃん、仲いいなぁって」 千歌「そうだねぇ…ダイヤさんもいないから、騒いでても怒られないしね」 ルビィ(……&#9829;) ――――――――――――――――――――――――――練習後 善子(も、もう無理…こんな女の子の匂いでいっぱいのとこにいたら、それだけで…)ビンビン 花丸「善子ちゃん、帰らないずら?」ヒョコ 善子「ヨ・ハ・ネ!……ちょ、ちょっと忘れ物をしたから、先帰ってなさいよ」 花丸「えー、一緒に帰りたいずらー」クイクイ 善子「一緒にってもバス停まででしょ、さっさと帰んなさいって」ムラムラ 花丸「ずらぁ……あれ、そういえばルビィちゃんもいないずら。…ぼっちは寂しいずらなぁ」トボトボ 善子「はぁ、はぁ…とりあえずトイレに…早く抜かないと、頭おかしくなっちゃいそう……」フラフラ ルビィ「…善子ちゃん」ボソッ 善子「ひゃんっ?!!」 善子「る、ルビィ?ど、どうしたの一体、ズラ丸と帰ったんじゃ…」 ルビィ「…?花丸ちゃんは今、関係ないよ」 ルビィ「それより善子ちゃん、何か隠してない?」ズイッ 善子「いっ、いや、隠してない…っていうか、トイレ行きたいんだからどきなさいよ」ドキドキムラムラ ルビィ「トイレ行ってなにするの…?」ギュゥゥ 善子「何ってあんた、そりゃ…って何言わせようとしてんのよ」ドキドキ 善子(上目遣いのルビィ可愛い…花丸でと思ってたけど、ルビィもいいかも…)ムラムラ ルビィ「ふふ…言えないよね、おちんちんシコシコしに行く、なんて&#9829;」 善子「?!!!?!!」ビクッ みたいなのだれかお願いします
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(もこりん)@?(^o^)/
2017/04/24(月)21:43:56.58
ID:JCweNf89.net
ルビィ「おはようございます。梨子さん」
梨子「おはよう、ルビィちゃん」
梨子「今日は一人なの?」
ルビィ「善子ちゃんと花丸ちゃんは掃除当番で、遅れてくるみたいです」
梨子「そうなんだ。今日は3年生も千歌ちゃんも曜ちゃんも遅れてくるみたいなの」
梨子(という事は、ルビィちゃんと二人っきりか)
梨子(ふふっ、ルビィちゃんってかわいいし大人しい子だから、一緒にいて癒されるわよね)
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492916827/
1:
◆tdNJrUZxQg2017/04/23(日)12:07:07.52ID:7dcfFzwv0
ラブライブ!サンシャイン!!SS
ダイちか
過去のダイちかシリーズ
千歌「初々しさを取り戻せっ」ダイヤ「......はぁ」
千歌「――私はある日、恋をした。」
単品でも読めるように作ってるつもりですが、一応同じ世界観ということで

2:
◆tdNJrUZxQg2017/04/23(日)12:08:23.36ID:7dcfFzwvo
ダイヤ「あら……千歌さんって昔は髪を伸ばしていたのですわね……?」
ポツリと聞き相手の居ない部屋で言の葉を零す。
本日のわたくしは千歌さんのお部屋で独り、一心不乱にある書物を眺めていました。
ダイヤ「……これ、焼き増しして貰えないでしょうか……」
ページを捲る毎に、目に入ってくる弾けんばかりの愛おしい笑顔に胸の内が充足感や幸福感で包まれます。
……30分ほどでしょうか。黙々と書物を読み――というか眺め耽っていると……
千歌「ダイヤさん!!ごめんね、急に手伝い入れられちゃって!!」
――部屋の主の凱旋ですわ。
3:
◆tdNJrUZxQg2017/04/23(日)12:08:49.68ID:7dcfFzwvo
ダイヤ「いえ、大丈夫ですわ。」
千歌「もう、いきなりなんだからホント困っちゃうよねぇ……旅館だから、しょうがないけど……。……って、ダイヤさん何見てるの?」
千歌さんがわたくしの手元を覗き込む。
千歌「――っ!?///……な……な……っ……///」
今度は真っ赤になって言葉を失っていますわ。ふふ、喜怒哀楽が激しくて見てて飽きませんわね。
千歌「なんで私のアルバム見てるの?!?///」
――そう、わたくしがさっきから一心不乱に見ていたのは

4:
◆tdNJrUZxQg2017/04/23(日)12:09:15.28ID:7dcfFzwvo
ダイヤ「ふふ、小さい頃から千歌さんは愛らしいのね」
千歌さんのフォトアルバム
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
名無しで叶える物語(はんぺん)@?(^o^)/
2017/04/17(月)16:06:04.39
ID:235Enut4.net
?千歌ちゃんの部屋?
千歌「よーちゃん!」ズイッ
曜「うんっ!?///」ビクッ←いつもの場所(千歌ちゃんのベッドに座ってる)
千歌「……突然ですがクイズです!」
曜「う、うん……?///」チカイ...///
千歌「今日は何日でしょうか!」
曜「……え?」
千歌「ほらほらはーやーくぅ?」ヤイノヤイノ
曜「え、えぇっと……4月16日……だと思うけど」
千歌「――正解です!」ピンポーン!!
曜「あはは……えっと……千歌ちゃん?///」ナニコレ...///
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492955780/
1:
◆hxGgtPv0f.
2017/04/23(日)22:56:20.96ID:aCH1+UBJo
学校の帰りのバスの中で、ふとこの言葉を思い立って以来、言ってみたくてたまらなくなった。
善子(思い立ったが吉日)
そう思って一人でニヨニヨとしていると、隣の席に座っていた曜さんが私を訝しむように見つめてきた。
曜「どうしたの善子ちゃん、エッチなことでも考えてるの?」
善子「善子じゃなくて、ヨハネですよう!」
いつもの調子で軽口をたたいたあとで、ふと気がついた。
私がこのように訂正するということは、私は自分のことをヨハネであると自認しているわけだ。
してみると、「冗談は善子ちゃん」と言うことによって、私は自分を自己同一化しているところのヨハネを自己否定することによって自己矛盾に陥り自分を見失ってしまうわけだ。
アイデンティティの崩壊。
どこかのライトノベルで見たことのある言い回しが思い浮かび、私はガタガタと震えだした。

2:
◆hxGgtPv0f.
2017/04/23(日)22:57:36.19ID:aCH1+UBJo
曜「どうしたの善子ちゃん、こんどはガタガタ震えだして」
善子「善子じゃなくてヨハ……うわあああ」
よくゲームで見たことがある。
アイデンティティが崩壊したラスボスは、急に旗色が悪くなって、主人公にすぐ負けたりするのだ。
きっと今頃、私のHPとMPもガンガン減りだして、隣にいる主人公気質のリア充に一刀両断ヨーソローされるに相違あるまい。
曜「どこか具合でも悪いの?」
善子「いやまさかそんなことはあるめえ」
3:
◆hxGgtPv0f.
2017/04/23(日)22:58:04.74ID:aCH1+UBJo
混乱する私の様子を見ながら、曜さんが、いたずらっぽく笑って言った。
曜「オバケでも見たのかな?」
善子「冗談は……」
【脳内会議】
善子(チャンスよ善子、「冗談は善子ちゃん」って言うのよ、今!)
ヨハネ(いけません、あなたは
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492355374/
1:
名無しで叶える物語(らっきょう)@?(^o^)/
2017/04/17(月)00:09:34.64ID:wRz/B4q8.net
梨子「もう、私も三年生かー」
梨子「内浦に越してきた時はアイドルになるなんて思ってなかったけど、とっても楽しかった……」
梨子「三年生になっても最高の一年になるといいな」
曜「……」ボー
梨子「あ!曜ちゃんおはよう!」
曜「り、梨子ちゃん!?お、おはヨーソロー」
梨子「ねえ、曜ちゃん、最近さ……」
曜「わわ!そういえば私先生に呼び出されてた気がするのであります!」
梨子「……へ?」
曜「と、と言うわけで!梨子ちゃんまた後で!」タタッ
梨子「あ、曜ちゃん!」イッチャッタ…
梨子「なんだか、曜ちゃんの様子がおかしい……気がする……」
梨子(なんというか、避けられてる?)
梨子(……気のせい、かな?)

2:
名無しで叶える物語(らっきょう)@?(^o^)/
2017/04/17(月)00:10:18.02ID:wRz/B4q8.net
千歌「りーこちゃん!」バッ
梨子「ち、千歌ちゃん!?……もう!驚かせないで!」
千歌「ごめん、ごめん、……それよりさ、曜ちゃんの誕生日プレゼント考えた?」
梨子「ううん、まだ決まらなくて……どれを渡せばいいのか、全然わかんないの……」
千歌「梨子ちゃん、去年のこの頃は、曜ちゃんの誕生日知らなかったもんね」
梨子「うん、私から曜ちゃんを祝う初めての誕生日だから悩んじゃって……」
千歌「うーん、曜ちゃんならなんでも喜んでくれると思うけど……」
梨子「千歌ちゃんに言われてもなんか説得力ない」
千歌「えーー!これでも幼馴染だよー!……あ!そうだ思いついた!」
梨子「え?」
3:
名無しで叶える物語(らっきょう)@?(^o^)/
2017/04/17(月)00:11:26.07ID:wRz/B4q8.net
千歌「ピアノだよ!ピアノ!梨子ちゃんにしかできないプレゼント!」
梨子「ピ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492526908/
1:
名無しで叶える物語(プーアル茶)@?(^o^)/
2017/04/18(火)23:48:28.25ID:4KCvGq/C.net
千歌「穂乃果さんと1つになるために数えきれない人類が向かってるんだよ!」
曜「ええ……」

2:
名無しで叶える物語(わたあめ)@?(^o^)/
2017/04/18(火)23:49:24.01ID:9cftYGEh.net
ええ…(同意)
3:
名無しで叶える物語(SB-iPhone)@?(^o^)/
2017/04/18(火)23:50:03.58ID:ZU6GTnXL.net
千歌「わたしが穂乃果さんが卵子だと確信するまでを伝えると長くなるんだけどね」
曜「……うん」
千歌「わたしはμ'sに、穂乃果さんにひとめぼれしたのは知ってるよね」
曜「もちろん」
千歌「だからわたしは考えた。何故穂乃果さんは人を惹きよせるのか」
曜「ま、なにごとも疑うことが大事だからね……」
千歌「そしてわたしはある結論にたどり着いた。穂乃果さんは卵子だと」
曜「……論理が飛躍してる。証明しなければ無意味な結論だ」
4:
名無しで叶える物語(SB-iPhone)@?(^o^)/
2017/04/18(火)23:50:38.09ID:ZU6GTnXL.net
千歌「まぁ聞きたまえ、まず卵子の定義を『これ以上にないえっちなもの』だとする」
曜「……異論はないね。卵子はえっちだ」
千歌「わたしは穂乃果さんの写真を集めてるとき、それらを見てこれ以上にないえっちな気持ちになった」
曜「だめだよ、主観が混じるから」
千歌「曜ちゃんも見たらわかる」シャシンピラッ
曜「………………けしからん。私は興味はない」
千歌「今、『けしからん』といったね?つまりこれは『けしからん』と認識した。これはアプリオリ(先経験的)な総合的判断だ。つまり人類共通の認識なのだ」
曜「私は穂乃果さんをアプリオリにエロスだと認識したのか……!」
千歌「とにかく、これで穂乃果さんが卵子
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(笑)@?(^o^)/
2017/04/24(月)06:31:47.66
ID:rI8PSqzN.net
生徒会室
ダイヤ「……一体なんのことでしょうか」
鞠莉「だいちゃん?」
果南「だいちゃん?」
ダイヤ「…………お二人とも気持ち悪いですわ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語 2017/04/23(日) 23:50:43.62 ID:6TX+VcxV.net
千歌「あ、ルビィちゃんからLINEだ。どうしたんだろう」 ルビィ『明日食事に行きませんか?』 千歌『いいよ! 行こう!』 ルビィ『それじゃあ、明日18時にファミレスで』 千歌『うん、楽しみにしてるね!』
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/2017/03/09(木)02:12:51.80ID:hPtBeFgI.net
鞠莉「早いものね」
春は出会いと別れの季節だという。
でも、それは違う。
出会いの前に、まず別れがくる。
それが、春だ。
果南「本当だよ。この前、ラブライブのステージに立ったと思ったら、もう卒業して」
ダイヤ「陳腐な物言いですが、疾風怒濤のような1年でしたわね」
空を見上げた。
少しばかり寒い、黄色い太陽に照らされた、晴れた空だった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hxGgtPv0f.2017/04/23(日)22:56:20.96ID:aCH1+UBJo
学校の帰りのバスの中で、ふとこの言葉を思い立って以来、言ってみたくてたまらなくなった。
善子(思い立ったが吉日)
そう思って一人でニヨニヨとしていると、隣の席に座っていた曜さんが私を訝しむように見つめてきた。
曜「どうしたの善子ちゃん、エッチなことでも考えてるの?」
善子「善子じゃなくて、ヨハネですよう!」
いつもの調子で軽口をたたいたあとで、ふと気がついた。
私がこのように訂正するということは、私は自分のことをヨハネであると自認しているわけだ。
してみると、「冗談は善子ちゃん」と言うことによって、私は自分を自己同一化しているところのヨハネを自己否定することによって自己矛盾に陥り自分を見失ってしまうわけだ。
アイデンティティの崩壊。
どこかのライトノベルで見たことのある言い回しが思い浮かび、私はガタガタと震えだした。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hxGgtPv0f.
2017/04/23(日)22:56:20.96
ID:aCH1+UBJo
学校の帰りのバスの中で、ふとこの言葉を思い立って以来、言ってみたくてたまらなくなった。
善子(思い立ったが吉日)
そう思って一人でニヨニヨとしていると、隣の席に座っていた曜さんが私を訝しむように見つめてきた。
曜「どうしたの善子ちゃん、エッチなことでも考えてるの?」
善子「善子じゃなくて、ヨハネですよう!」
いつもの調子で軽口をたたいたあとで、ふと気がついた。
私がこのように訂正するということは、私は自分のことをヨハネであると自認しているわけだ。
してみると、「冗談は善子ちゃん」と言うことによって、私は自分を自己同一化しているところのヨハネを自己否定することによって自己矛盾に陥り自分を見失ってしまうわけだ。
アイデンティティの崩壊。
どこかのライトノベルで見たことのある言い回しが思い浮かび、私はガタガタと震えだした。
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492084227/
1:
名無しで叶える物語(家)@?(^o^)/
2017/04/13(木)20:50:27.60ID:DK+pOII6.net
――春 浦の星に向かう坂道
千歌「すっかり暖かくなったね。今日から浦の星の3年生かぁ、わたしたち」
梨子「そうね。決勝戦で負けてラブライブに出場できなかったのは残念だったけど……」
梨子「これまでのAqoursの活動が高く評価されて、入学を希望する人が増えたから」
梨子「最終的には廃校は見送られることになったし、本当に良かったよ」
千歌「うんっ!それにしても、この季節になると桜が綺麗でワクワクするねっ!」
梨子「去年、転校する時にこの桜坂を登ったけど、またここを通学出来て嬉しいわ」
千歌「揺れる木漏れ日?薫る桜坂?♪ってね」
梨子「ふふっ、でも千歌ちゃん。その歌は『失恋ソング』でもあるからね?」
千歌「えっ、そうなの!?」
梨子「だってその歌詞の続きは『悲しみに似た薄紅色』だもの」
梨子「その後もとても切ない歌詞が続くけど、確かにいい曲よね『桜坂』って」
千歌「そうだね?……あっ、花びらが落ちてきた」ヒラヒラ
梨子「春風に舞う花びらも、美しくて素敵ねぇ……」髪ファサ
千歌「あっ……///」ドキッ

3:
名無しで叶える物語(家)@?(^o^)/
2017/04/13(木)20:55:33.10ID:DK+pOII6.net
梨子「ん?……どうかしたの?千歌ちゃん」
千歌「えっ!?ううん、髪をかき分ける梨子ちゃんがとても綺麗だなって思って///」
梨子「えっ///」
千歌「梨子ちゃんって、桜がよく似合うよね。苗字が『桜内』なだけあるな?って」
梨子「ええっ!?褒めてくれるのは嬉しいけど、苗字関係あるのかな?///」
千歌「大アリだよっ!それにその長く綺麗な赤い髪!いいなぁ?」
千歌「わたしも梨子ちゃんみたいに、桜の木の下で髪をファサーしてみた?い!」
梨子「髪をファサーって……」
千歌「わたしも髪を伸ばしたら、大人っぽくなれるかなぁ?」髪イ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492434618/
1:
名無しで叶える物語(茸)@?(^o^)/
2017/04/17(月)22:10:18.95ID:cxLq4jIG.net
曜「…梨子ちゃん、さすがにそれは引く」
梨子「えー酷い、せっかく来たのにその言い草?」

2:
名無しで叶える物語(湖北省)@?(^o^)/
2017/04/17(月)22:10:57.87ID:kwDVtBsa.net
曜「日付変わった瞬間にこんなことされてどう反応すればいいの」
梨子「それはもう、獣のようにガバッと!」
曜「しないから」
梨子「えー?せっかく首にリボン巻いてきたのに」
曜「何でそんなに無駄に用意いいのさ…」
梨子「ふふっ、愛しの曜ちゃんのためですから♪」
曜「…はぁ、まぁいっか。上がってくでしょ?」
梨子「もちろん。おじゃましまーす♪」
4:
名無しで叶える物語(湖北省)@?(^o^)/
2017/04/17(月)22:12:09.96ID:kwDVtBsa.net
?曜の部屋?
曜「ていうか、どうやって家まで来たの?もうバスとっくに終わってるでしょ?」
梨子「うん。だから自転車だよ?」
曜「えっ、ほんと?何キロあると思ってるのさ…」
梨子「これも愛が為せる技だよ?」
曜「はいはいわかったわかった…お水飲む?」
梨子「…いただきます」
曜「素直でよろしい」
6:
名無しで叶える物語(湖北省)@?(^o^)/
2017/04/17(月)22:14:38.62ID:kwDVtBsa.net
梨子「さて、今日は色々持ってきたよ」ガサゴソ
曜「これ見よがしに大きい鞄持ってるしね」
梨子「とりあえずこれね」ドサッ
曜「なにこんな山ほど…あっ、お菓子だ」
梨子「やっぱりお祝いにお菓子は欠かせないと思って」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。