SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ラブライブ!SS
タグ一覧の表示
<<
2020年03月
>>
67件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/08/24(木)10:20:42.56
ID:D2ZL8T5R0
ことり「コトリチャン」
穂乃果「じゃあお前は誰だよ!!」
海未「ことりはことりでしょう」
穂乃果「いやそれはそうだけどさ、ことりちゃんがコトリチャンって言ったらおかしいじゃん」
海未「穂乃果と私はことりから呼ばれる快感はことりに呼んでもらえばいいですが、ことりの快感はどうなるのです」
穂乃果「いや、別に呼ばれて快感とか私はないけど」
海未「ことりは自給自足するしかないのですよ。わかってあげてください」
ことり「海未ちゃん大好きっ?」
海未「んはぁっ!ことりはずるいです!もうどうなっても知りませんからね!」ガバッ
ことり「ことり食べられちゃう???!」
穂乃果「助けて」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/27(木)22:56:59.98
ID:iu4Zg7nk0
※少女☆歌劇レヴュースタァライト×ラブライブ!のクロスオーバーSSです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/27(木)22:59:09.74
ID:iu4Zg7nk0
まひる「ひかりちゃん、何読んでるの?」
ひかり「……雑誌。」
まひる「雑誌はわかるけど、何の雑誌?」
華恋「ひかりちゃんね、次の授業の演目でスクールアイドルの役をするんだって!」
まひる「そうなんだ。じゃあそれは、スクールアイドルの雑誌?」
華恋「そう!一緒に見てたんだけど、すっごい可愛いんだよ?!ほら、この子とか、この子とか!」
まひる「わぁ?…!目がおっきくてまん丸で、ふわふわの衣装を着こなして…とっても可愛い!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆BhH/dQgkT.2020/02/10(月)12:44:50.74
ID:iGvTyebLO
私、津島善子には苦手な先輩が1人いる。
松浦果南
同じスクールアイドルのメンバーなのだが、この先輩だけは苦手だ。
私は1年だからグループの殆どが先輩にあたる。
でも、2年生の人たちは向こうから話しかけてくれるし、他の3年生の2人はなんとなく話しかけやすい。
そんな中、松浦果南だけはなんとなく距離感が掴みにくくて話しかけづらい。
それに向こうから話しかけて来てくれる時も、なぜか怒ってる様な感じがして少し怖い。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆o.T02ywbDc2019/12/16(月)11:12:34.45
ID:yab/SipT0
ハチナイキャラクターでラブライブストーリーをやるssです。
所謂ことりバットエンドルートからの話になりますかね
世界設定はかなりラブライブに寄せてます。
作中で使う曲は『ラブライブ』かハチナイのキャラ―クターソングを拝借
『Aqours』のメンバーは別人として配置をしています
長編の予定ですが、まずは最初の部分だけ短編で


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆rydVFq.TKw2019/11/24(日)01:41:05.31
ID:cn01QODNO
にこ 「ちょっと真姫! 何歌ってんのよ!!」ガラッ
ある日の放課後
音ノ木坂学院 音楽室
真姫がピアノを弾きながら歌っているところに、にこが飛び込んできた。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/11/21(木)23:04:11.26
ID:uu3idbaKO
卒業式の後
音ノ木坂学院 アイドル研究部 部室
穂乃果「私、高坂穂乃果!音ノ木坂に通う高校2年!
    今日は3年生を見送る卒業式!の、はずだったんだけど、
    次回ラブライブ大会がドームで開催されるかもしれないというニュースを聞いて…」
理事長「やっぱりここね」
ことり「お母さん?!」
絵里 「理事長!」
理事長「その顔は聞いたみたいね、次のラブライブのこと」
穂乃果「あ、はい。本当にやるんですか? ドームで?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆tdNJrUZxQg2019/11/07(木)14:17:54.86
ID:NOmScrmB0
ラブライブ!サンシャイン!!SS
ダイヤ「吸血鬼の噂」
の続編です。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆vlTFewOdSQ2019/10/27(日)02:59:43.21
ID:6IHPrfJ20
以前書いたお話の続きです
【前話】
果南「二人だけの秘密だよ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/10/08(火)22:22:22.14
ID:j7zjj82AO
みんな「前回のラブライブ!」
【ラブライブss】ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
真姫 「メンバーカラーの話をしていたμ’s。
    するとことりから爆弾発言が」
ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
真姫 「なんとことりはメンバーのパンツの色を把握していた。
    それだけじゃなく、ことりはライブの時ノーパンだった!」
真姫 「メンバーがパンツを穿くように説得したがことりは拒否。
    動揺しつつも、μ’sはラブライブ!優勝に向けてまた走り出すことになった!
    もぅ?、イミワカンナイ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/09/30(月)23:14:46.88
ID:pd1EoHIDO
卒業式の後
音ノ木坂学院
アイドル研究部 部室
μ’sは三年生卒業後の役職引き継ぎを行なっていた。
絵里 「三年生が卒業した後は花陽が部長、真姫が副部長、凛がリーダーで決まりね」
まきりんぱな「がんばります!」
みんな パチパチパチパチ
にこ 「これで必要なことは全部決まったわね」
希  「ちょっと待った!」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570896912/
1:
名無しで叶える物語
2019/10/13(日)01:15:12.02ID:1SQCkXYS.net
穂乃果「あれ?ニコちゃん胸大きくなった?」
ことり「ほ、ほのかちゃん!?」
にこ「はぁ?」
穂乃果「気のせいかなぁ…ごめん忘れて!」
にこ「ちょっと今の何?喧嘩売ってんの?」
穂乃果「いやぁ、なんかパッと見た感じそう思ったんだよねぇ。」
にこ「あんたねぇ…!」
ことり「ま、まぁまぁ。ほのかちゃんも悪気がある訳じゃないし…」
にこ(確かに穂乃果は嫌味を言うような子じゃない…まさか…本当に…?)
にこ「まぁいいわ。他の人にそんな失礼な事言わない様気をつけなさい。」バタン
ことり「ふぅ…ほ、ほのかちゃん!今のなんだったの?ことりすっごい驚いちゃったよ!」

2:
名無しで叶える物語
2019/10/13(日)01:16:40.62ID:1SQCkXYS.net
穂乃果「ふっふっふっ。実は昨日μ'sのみんなを検索してたら、ニコちゃんが貧乳で悩んでるって書き込みが凄く多くて…」
穂乃果「それで前に海未ちゃんに言われた事を思い出したの。」
数日前…
海未『穂乃果はプラシーボ効果と言う用語を知っていますか?。』
海未『プラシーボ効果とは実際に効果の無い薬を服用しても、効果が有ると信じ込めば結果的に体調が改善されるという…一種の自己暗示の様な物です。』
海未『…と話が脱線しましたね。本題に戻りますが、お腹の子について穂乃果も早く認知して下さい。ここ最近つわりも酷くて…あ、今お腹を蹴りましたよ!』

穂乃果「…て話を数日前にしたんだ。」
ことり「海未ちゃんの様子を見ると効果は有るみたいだね…」
穂乃果「そこで穂乃果は考えました!そのプラシーボ効果を使ってニコちゃんの胸を大きくしようって!」
穂乃果「きっと来月には凛ちゃんくらい大きくなるよ!」
ことり(本当に大丈夫かなぁ…)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559659539/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/04(火)23:45:39.98ID:n8U11W0ZO
ある日の昼下がり。アリスはお姉さんと一緒に本を読んでいましたがスッカリ飽きてしまいお姉さんの目を盗んで川のほとりでくつろいでいました。
絵里「あ?あ?本を読むのも飽きちゃったな?」
亜里沙「アリスー?アリスーー?どこに行ったの?」
絵里「わっ!?お姉ちゃんが私の事を探してる。って言うか…なんで亜里沙が私の姉役なのよ…。悪意を感じるわ」
その時、チョッキを着て大きな懐中時計を持ったウサギが走っているのを見つけました。
海未「大変です。遅刻…このままでは遅刻です。女王様に叱られてしまいます」
絵里「どうしたのかしら?気になるわ」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/05(水)00:16:28.43ID:oK3mcvm2O
アリスはウサギが気になり追いかけているとそのうちトンネルに入いりその先にあった穴に落ちてしまいました。
絵里「きゃあああああ」
ズドン
絵里「イタタタ…何んでこんな所に穴が…」
海未「あ?遅刻、遅刻」
絵里「あっ!?さっきのウサギさんだわ」
アリスはウサギを見つけ追いかけている途中に奇妙な空間の部屋に辿り着きました。
絵里「ここは…どこ?取り敢えずドアがあるけど…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/05(水)21:48:29.39ID:ZILEXMuDO
アリスがドアノブを回そうとしたその時…。
「いやいや、その大きな体じゃこの扉はくぐれないやろ」
絵里「ひいっ。ドアノブが喋った」
「ウサギが喋ってるんやし今更やん」
絵里「そうだけど…。どうすればいいのかしら」
バン!!!
絵里「きゃあ!!!な、何?」
アリスが悩んでいると急にガラスのテーブルが現れ、その上には小さな小瓶が置いてありました。
絵里
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561212688/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/22(土)23:11:28.51ID:H+yrHI5X0
穂乃果「は?い!皆さん!お手元に飲み物が行き届きましたか??」
ことり「は?い!」
穂乃果「それでは絵里ちゃんの30回目のお誕生日会を開催したいと思います。それでは乾杯の音頭を希ちゃんに取って頂きましょう!」
絵里「……」
希「はーい。それではご指名ですので。え?今日はえりちの30回目のお誕生日という事で今年もこうして皆んなでお祝い出来る事を心から嬉しく思います。えりちおめでと?乾杯?!」
μ's「カンパーイ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/22(土)23:20:44.69ID:H+yrHI5X0
穂乃果「それでは!主役の絵里ちゃんから一言頂きたいと思いま?す!」
絵里「え?…今日は……私の30回目……30回目の……今日は罰ゲームか何かでしょうか?」
穂乃果「絵里ちゃん?あれ?毎年喜んでくれるのに…」
絵里「一昨年くらいまではね…ふふっ…祝ってもらえて素直に喜べたんだけど…何故かしら…誕生日なんて来なければいいのに…」
穂乃果「ええっ!?絵里
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/22(土)23:35:20.86ID:H+yrHI5X0
穂乃果「ええっ…絵里ちゃん…?」
ことり「あっ!花陽ちゃんが来ましたよ?」
花陽「遅れてすいません」
凛「あっ!かよちん!待ってたにゃ?」
花陽「あっ、絵里ちゃん。お誕生日おめでとうございます」
絵里「花陽…ありがとう…」
花陽「あれ?どうしたの?」
絵里「ううん…ありがとーーーー!花陽ありがとう。嬉しいわ!今日はとことん飲みましょう!」
真姫「絵里の様子がおかしいわね」
にこ「あんなもんでしょ。って言うかあんた何飲んでるの?」
真姫「え?ブラッディーマリーだけど?」
にこ「何よそれ…だって
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560323179/
1:
◆pg9V7AxzXU
2019/06/12(水)16:06:19.31ID:A7Z1OFCJ0
 自分の誕生日にウキウキする人ってどのくらいいるのかな。
私は親以外に誕生日を祝ってもらったことが無い。
6月って案外微妙だよね。
どんなに素敵な出会いがあっても、誕生日を祝ってもらえるようになるまでには時間がかかる。


2:
◆HUg149YDMA
2019/06/12(水)16:08:16.55ID:A7Z1OFCJ0
高校3年生の誕生日も、ただその日一日が過ぎるように、カレンダーを捲るように過ぎ去ってしまった。
(別に、期待した訳じゃないんよ。)
期待してないって言えばウソになる。
(一応みんな知ってるはずなんだけどなぁ・・・。)
そして、何の変化も無く19回目の誕生日が来てしまった。
3:
◆HUg149YDMA
2019/06/12(水)16:09:12.92ID:A7Z1OFCJ0
両親からは、朝一でメールが来てた。
遠く離れて暮らしてるんだから、仕方ないよね。
「それにしたって、誰か一人くらいウチの誕生日に触れてくれたって良いやん?」
スマホを眺めながら、思わず口に出てしまう。
4:
◆HUg149YDMA
2019/06/12(水)16:09:52.89ID:A7Z1OFCJ0
音ノ木坂を卒業してからも、ちょくちょくみんなとは会ってる・・・気がする。
決して疎遠になった訳じゃないと思いたい。
とは言え、今日は平日。
誕生日だからって講義が無くなる訳じゃないからね。
そんな一人愚痴を吐きながら家を出る。
5:
◆HUg149YDMA
2019/06/12(水)16:10:18.98ID:A7Z1OFCJ0
「希。」
「希ちゃん!」
「うわあっ!」
扉を開けた瞬間、目の前に海未ちゃんと凛ちゃんが待ち構えていた。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557739683/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/13(月)18:28:03.69ID:j/f89xiMO
真姫「休日なのに学校に穂乃果に呼び出されて…時間通りに来ないし…」
ガチャ
真姫「あっ!?」
絵里「あら?真姫じゃない」
真姫「絵里…どうしたの?今日は練習もないのに」
絵里「なんか穂乃果に呼び出されて」
真姫「絵里もなの?」
絵里「うん。12時に部室に集合って…穂乃果来てないのね」
真姫「まさか忘れてる訳じゃ…」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/13(月)18:33:42.08ID:j/f89xiMO
ガチャ
穂乃果「忘れてないよぉ?」
真姫「穂乃果!?」
絵里「穂乃果…今日は一体何をするの?」
穂乃果「二人ともお腹空いた?」
絵里「そりゃあ…お昼時だし」
穂乃果「そっか?良かった。今日はお弁当作って来ました」
真姫「お弁当を?穂乃果が?」
穂乃果「うん」
真姫「なんで?」
穂乃果「なんでって。お礼だよ。こないだのお礼。焼肉ご馳走になったでしょ?」
穂乃果「焼肉の作法」
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1555836173/
真姫「ああ…それでわざわざ?別にいいのに」
穂乃果「って言ってもレンジでチンしただけなんだけどね」
真姫「レンジで?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/13(月)18:37:54.29ID:j/f89xiMO
穂乃果「うん。冷凍食品弁当です!」
真姫「冷凍食品弁当?」
穂乃果「うん。食べた事ある?」
真姫「ない…けど…」
穂乃果「絵里ちゃんは?」
絵里「私も…お弁当は手作りだから…」
穂乃果「手作り?全部?女子力高いね」
絵里「いや…別に…」
穂乃果「で、今日は協力者も居ま
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/09/16(月)15:23:56.45
ID:7LcXXh0RO
にこ 「…」ピクッ
ある日のアイドル研究部 部室
μ’sメンバーは練習を終え、お菓子を食べながらダベっていた。
ことり「穂乃果ちゃん、いきなりどうしたの?」
穂乃果「いやー、昨日セーラームーンの再放送やってて久しぶりに見ちゃってさー」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557415560/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/10(金)00:26:00.88ID:ndwK+Y4HO
海未「御機嫌よう」
にこ「ん?」
海未「何ですか?その挨拶は。あまり感心しませんね」
にこ「ん?そうね」
海未「にこだけですか?」
にこ「そうよ」
海未「そうですか」
にこ「うん」
海未「読書ですか?」
にこ「ん?」
海未「読書とは感心ですね」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/10(金)00:29:14.08ID:ndwK+Y4HO
にこ「そうね」
海未「何を読んでいるんですか?」
にこ「ん?。そうね」
海未「会話が噛み合ってませんが」
にこ「雑誌よ。別に読書って程でもないわよ」
海未「聞こえてるじゃないですか」
にこ「聞こえてるわよ」
海未「雑誌って…アイドル雑誌ですか?」
にこ「ん?いや…青年誌だけど」
海未「青年誌?」
にこ「うん。これ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/10(金)00:33:19.12ID:ndwK+Y4HO
海未「なっ、なんですか。いやらしい雑誌じゃないですか」
にこ「違うわよ。青年誌だって言ってるじゃない。漫画よ。漫画!」
海未「なんでこんな雑誌読んでるんですか」
にこ「好きなアイドルが表紙を飾ってるから買っただけよ」
海未「破廉恥です」
にこ「破廉恥じゃないわよ!!!ヤンジャンだから!!!!」
海未「だって表紙からして破廉恥じゃないですか」
にこ「ただの水着じゃない!!!!なに言ってるのよ」
海未「もうやめて下さい。部室でそんな本を読むのは!と言うかどこでも読んじゃダメです」
にこ「なんでよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555836173/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/21(日)17:42:54.07ID:KrIjb+rW0
前作
真姫「女の子だけで牛丼屋さんに?」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/21(日)17:49:40.25ID:KrIjb+rW0
じゅーじゅー
真姫ママ「はい、どうぞ。召し上がって」
こんな緊張して焼肉を食べるのは初めてだ。
絵里「あ、ありがとうございます」
穂乃果「ございます」
真姫「何かしこまってるのよ。普通でいいのよ、普通で」
穂乃果「う、うん」
じゅ?
真姫パパ「真姫は学校ではどんな感じなのかな?」
真姫「ちょっとパパ。余計な事聞かないでよ。って二人共?」
考えが甘かった。この汗は焼肉の熱気によるものなのか…それとも緊張からくるものなのか…。
真姫「凄い汗…大丈夫?」
誰か…誰か助けてぇぇぇぇ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/21(日)17:55:09.18ID:KrIjb+rW0
一週間前
花陽「誰か助けてぇぇぇぇ」
凛「かよちん大丈夫?」
希「うぅ…なんでや…なんでそんな日に限ってバイトがぁぁぁ」
海未「二人共…落ち込み過ぎでは?」
にこ「どんだけよ…」
花陽「だって…だってぇ…」
真姫「結局…予定が合うのが穂乃果と絵里だけなの?」
穂乃果「そうなるね」
真姫「そう。残念…」
絵里「でもいいの?家族水入らずなのに。しかもご馳走してくれるなんて…」
真姫「パパ…お父さんとお母さんがぜひμ'sの皆んなを招待したいって。私はいいって言ったんだけどどうしてもって言うから。来てくれると私も助かるのよ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/21(日)17:58:44.96ID:KrIjb+rW0
絵里「じゃあ…お言葉に甘
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570540942/
1:
◆rydVFq.TKw
2019/10/08(火)22:22:22.14ID:j7zjj82AO
みんな「前回のラブライブ!」
【ラブライブss】ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
真姫 「メンバーカラーの話をしていたμ’s。
    するとことりから爆弾発言が」
ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
真姫 「なんとことりはメンバーのパンツの色を把握していた。
    それだけじゃなく、ことりはライブの時ノーパンだった!」
真姫 「メンバーがパンツを穿くように説得したがことりは拒否。
    動揺しつつも、μ’sはラブライブ!優勝に向けてまた走り出すことになった!
    もぅ?、イミワカンナイ!」

2:
◆rydVFq.TKw
2019/10/08(火)22:23:12.07ID:j7zjj82AO
音ノ木坂学院 屋上
μ’sはリズム練習をしていた。
海未 「ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ、シックス、セブン、エイト」
ことり「♪ふんふ?ん」
穂乃果「……」チラッ
花陽 「……」チラッ
花陽 (ことりちゃんがちゃんとパンツ穿いてるか気になります…)
3:
◆rydVFq.TKw
2019/10/08(火)22:23:41.48ID:j7zjj82AO
海未 「穂乃果、花陽、遅れてますよ!」
穂乃果「う、うん」
花陽 「ご、ごめんなさい」
海未 「集中してください! 最初から行きますよ。
    パンツー、スリー、フォー…」
希  (海未ちゃんも動揺しとるな…)
4:
◆rydVFq.TKw
2019/10/08(火)22:24:10.09ID:j7zjj82AO
穂乃果「ね、ねぇことりちゃん。今日はちゃんとパンツ穿いてるよね?」
みんな(ストレートに聞いたー!?)
ことり「え? 穿いてるよ?」
みんな(ほっ)
穂乃果「そ、そうだよね。あははー。続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559475337/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:35:38.20ID:5zCUVSdU0
穂乃果「あ?…別に良いんだよ」
海未「へ?」
穂乃果「これ見えても良い奴だから」
海未「そんな訳ないでしょう。そんな姿でランニングなんて…」
穂乃果「別に問題ないってば」
海未「問題しかありません!!!」
穂乃果「声でか…声でかいって…」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:39:49.74ID:5zCUVSdU0
海未「でかくもなります」
穂乃果「いや…え?何がいけないのさ!?」
海未「何って…そんな見えてますから。穂乃果は少し無防備過ぎます」
穂乃果「え?…そんな事ないと思うんだけどなぁ」
海未「ありますよ。あなたが気が付かないだけで周りの人達があなたをどんな風に見てるか…」
穂乃果「え?何々?それって穂乃果が魅力的って言いたいの?いや?照れるなぁ」
海未「そうとは言っていません」
穂乃果「なっ…否定が早過ぎるよ…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:44:26.77ID:5zCUVSdU0
海未「とにかく…そんな姿でランニングしてはいけません」
穂乃果「だからぁ…ん?…なんで伝わらないかなぁ…スポブラの紐が見えてるだけで…海未ちゃんの堅物…」ブツブツ
海未「何ですか?」
穂乃果「いえ…何でも」
海未「さあ、分かったら直して来なさい」
穂乃果「え?直すって言ってもさぁ。どうやったってこの服装じゃ見えちゃうもん」
海未「ジャージを羽織ればいいじゃないですか」
穂乃果「やだよ。暑いもん。走るんだよ?それともランニングやめる?」
海未「あなたが自分から言い出したのでしょう?体重落としたいからランニングに付き合ってくれと」
穂乃果「まあそうだけど」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567178762/
1:
◆rydVFq.TKw
2019/08/31(土)00:26:02.80ID:yqLmFrF2O
穂乃果「いやー、今日のライブも盛り上がったねぇ」
講堂での定期ライブを終え、部室で着替え始めるμ’s。
絵里 「やっぱり9色のブレードは綺麗ね」
真姫 「ソロの時の1色も好きよ。光の海にいるみたいで」
海未 「練習の時にはお客さんがいないので、
    あのブレードの光はライブの時だけの特別な景色です」
にこ 「みんな自分の色が有るから応援されてる実感も有るしね」

2:
◆rydVFq.TKw
2019/08/31(土)00:26:54.19ID:yqLmFrF2O
凛  「そういえば、あのみんなの色はどうやって決まったのかにゃ?」
花陽 「確かに、気づいたら私はグリーンだったよ。嫌いじゃないけど」
希  「あの色は衣装とリンクしてたんやないかなあ? 
    ことりちゃん何か知ってる?
ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
みんな「えっ!?」
固まるμ’s。
3:
◆rydVFq.TKw
2019/08/31(土)00:27:37.07ID:yqLmFrF2O
絵里 「こ、ことり何を言ってるの? パンツの色だなんて」
ことり「正確にいうとブラも含めた下着の色だよ」
穂乃果「ち、ちがうよねことりちゃん! ほら、私今日オレンジじゃないし」
ことり「でも穂乃果ちゃんはオレンジの下着が多いでしょ?」
穂乃果「///」
ことり「みんながたくさん持ってる下着の色をパーソナルカラーにしたんだ?」
4:
◆rydVFq.TKw
2019/08/31(土)00:28:27.28ID:yqLmFrF2O
みんな「……」
各自頭の中で自分の下着のレパートリーを確認し始めた。
すると、意外と自分でも気づいていなかったが特定の色の下着が多く、
それはμ'sとしてのパーソナルカラーと一致した。
にこ 「なんであんたそんな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/09/12(木)00:05:05.68
ID:Wtl1sG9nO
アイドル研究部 部室
穂乃果「突然どうしたの? 絵里ちゃん」
絵里 「いえ、
    そういえばことりの歌ってるぶる?べりぃ?とれいんってどの路線なのかなと思って」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1564279786/
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/07/28(日)11:09:46.50ID:0dEeHyL0
穂乃果「今年の夏も暑いねー……」
にこ「溶けるにこ……」
海未「夏が暑いのは仕方ないのですから、ほらしゃんとして」
希「まあ、確かにこの暑さじゃねー」
真姫「熱中症間違いなしね」
絵里「とは言っても冷房完備のスタジオなんてものはないんだから、さ、行きましょう?」
ことり「んー、あれ?」
花陽「ことりちゃん、どうしたの?」
ことり「なんだか、この会話、去年もしたような……」

2:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/07/28(日)11:10:24.89ID:0dEeHyL0
海未「まあ夏は毎年来ますから似たような会話くらいはしたのではないでしょうか」
ことり「ううんっ、そうじゃなくて、皆と同じ会話した気がするの」
にこ「何言ってるのよ、私たち去年は出会ってもないわよ」
凛「凛たちはまだ中学生だったにゃ」
ことり「そ、そうだよね、気のせい、かな?」
穂乃果「うーん……」
希「デジャヴってやつやないかな?」
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/07/28(日)11:11:43.57ID:0dEeHyL0
凛「でじゃぶ?」
花陽「既視感、のことだよ、凛ちゃん」
絵里「一度も体験したことないのに、以前に経験したように思える現象のことね」
海未「勘違い、ということですか?」
希「んー、夢で見た映像とかって言うね」
真姫「でもそれって確かなことはわかってないわよね」
穂乃果「原因がわからないってこと?」
真姫「と言うより実験や検証のしようがないのよ、起こそうと思って起きるものでもないし」
凛「なら、本当に予知してたのかも!ことりちゃん、超能力者にゃ!」
4:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/07/28(日)11:12:21.31ID:0dEeHyL0
ことり「予知とか、そうじゃ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570463807/
1:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/08(火)00:56:47.93ID:G5DRJzrP
絵里「そうなのよ」
穂乃果「そんなのありえないよ!海未ちゃんはことりちゃんのこと大好きだし、ことりちゃんだって海未ちゃんのこと大好きで…」
希「まぁまぁ穂乃果ちゃん、落ち着いて…」
にこ「まぁにこもイジメとはちょっと違うと思うけど」
絵里「だって、あれは異常よ?」
穂乃果「絵里ちゃんが現場を見たの?」
絵里「えぇ、昨日の練習終わりにことりが海未の衣装合わせをしてたでしょ?」

3:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/08(火)01:01:14.14ID:G5DRJzrP
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絵里「ふぅ、練習終わってから生徒会の仕事なんて災難だわ…」
絵里「希はにこの家に遊びに行くって逃げちゃうし…久々に一人で帰るかな…ん?」
「海未ちゃん!次はこっち!」
「えぇ!?無理ですその衣装は!」
絵里「ハラショー!海未とことりはまだ部室にいたのね!」
「海未ちゃんお願い!1回だけ着てみて!」
「嫌です!ちょ、ちょっと!何脱がしてるんですか!」
絵里「ふふ、ずいぶん盛り上がってるみたいね…ちょっと覗いてみようかしら」
チラッ
4:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/08(火)01:04:59.71ID:G5DRJzrP
ことり「えへへ、この服はここの紐引っ張るとすぐに脱げるようになっててね?」
海未「ことり…やめてください!怒りますよ?」
ことり「えぇ?でも絶対かわ…きゃっ」
がしっ
海未「…ことり…」
ことり「う、海未ちゃん…痛いよ…腕離して…」
海未「聞こえなかったんですか?やめてくださいと言ってるんです」
ことり「で、でもこれ、海未ちゃんなら似合うと思って…」プルプル
海未「…強く言わなければわかりませんか?」
ことり「…へ?」
海未「ことり」
ことり「は、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/09/06(金)21:03:38.50
ID:mUxqCzHKO
ある日の放課後
音ノ木坂学院 屋上
練習中のμ's
海未 「ワン、ツー、スリー、フォー、真姫!遅れてますよ!」
真姫 「は、はい」
希  「……」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570104499/
1:
名無しで叶える物語(庭)
2019/10/03(木)21:08:19.01ID:MC6cGaD+
.
希「そう! ウチ、ついにすごいもの作っちゃった……」
希「これを飲んだらその人だけ、5分間だけ時間を止められるんよ!」
絵里「……ほ、本当なの? うそでしょ?」
絵里「時間を操るなんて、まるで神への冒涜ね」
絵里「いくらスピリチュアルな希でも、さすがに作れるとは思えないわ!」
希「だ、だから、ウチもちょっと怯えてて……」
希「こんな発明怖すぎる! だから、えりちにあげる!」パシッ
絵里「えっ、ちょっ、ちょっと!」
希「で、でも、特徴があって、周りに人がいればいるほど、その時間は短くなるし」
希「あまり話したことない人の前で使っても効果がないから」
希「その点は注意しておいて! それじゃ!」ピュー
絵里「……なによ、もう……」

2:
名無しで叶える物語(庭)
2019/10/03(木)21:10:08.73ID:MC6cGaD+
.
―――――別室――――――
希「……ふう」ガチャ
穂乃果「あっ、希ちゃんおつかれー!!」
凛「上手くいったみたいだにゃ?!」
希「どう? 名演技だったでしょ?」
ことり「うんうん! さすが希ちゃんだね♪」
真姫「でも信じるかしら、時間を止められるなんてありえないのに」
3:
名無しで叶える物語(庭)
2019/10/03(木)21:12:15.85ID:MC6cGaD+
.
にこ「そこをにこたちの演技で信じさせるわけね!」
花陽「うう、上手くできるか不安です……」
穂乃果「こういうのもたまには良いじゃん!」
ことり「すごく面白そう!」
真姫「私は何度も止めたわよ」
凛「良い画が撮れたら、ネットにアップしてチャンネル登録者数を増やすにゃ?」
にこ「で、これからどうするの?」
4:
名無しで叶える物語(庭)
2019/10/03(木)21:13:51.35ID:M
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569852886/
1:
◆rydVFq.TKw
2019/09/30(月)23:14:46.88ID:pd1EoHIDO
卒業式の後
音ノ木坂学院
アイドル研究部 部室
μ’sは三年生卒業後の役職引き継ぎを行なっていた。
絵里 「三年生が卒業した後は花陽が部長、真姫が副部長、凛がリーダーで決まりね」
まきりんぱな「がんばります!」
みんな パチパチパチパチ
にこ 「これで必要なことは全部決まったわね」
希  「ちょっと待った!」

2:
◆rydVFq.TKw
2019/09/30(月)23:15:58.08ID:pd1EoHIDO
穂乃果「希ちゃん?」
希  「もう一つ大事な役目を引き継がなあかん」
海未 「部長、副部長、リーダーの他に役職がありましたか?」
希  「わしわし係や」
みんな「わしわし係ー!?」
穂乃果「い、いや、それは要らないんじゃ…」
凛  「そうにゃそうにゃ!要らないにゃ!」
3:
◆rydVFq.TKw
2019/09/30(月)23:17:09.42ID:pd1EoHIDO
希  「この一年、わしわしがどれだけ活躍したか、みんな忘れてへん?」
海未 「そういえば、わしわしのおかげで穂乃果達を勉強させることができましたね」
花陽 「ことりちゃんがヨキニハカラエミナノシューって逃げた時も
    わしわしで捕まえました」
真姫 「にこちゃんバックダンサー事件の時もわしわしで白状させたわね」
希  「せやろ? わしわしが抑止力になってμ’sの活動を支えていたんや。
    うちが卒業してわしわしする子が居なくなったら
みんなが楽な方に逃げるダメな子になってまう」
4:
◆rydVFq.TKw
2019/09/30(月)23:17:56.32ID:pd1EoHIDO
絵里 「なるほど。
    そう言われるとこれからの音ノ木にもわしわしは残した方が良いかもしれないわね」
ことり「あ、ことり わしわし係やり
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570014534/
1:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/02(水)20:08:54.60ID:V/GCBhcV
穂乃果「亜里沙ちゃん久しぶり!ほらほら、座って座って」
亜里沙「お、お邪魔します穂乃果さん」
穂乃果「で、相談ってなに?」
亜里沙「雪穂...最近変なもの食べましたか?

穂乃果「どしたの?雪穂が何をしたの?」
亜里沙「雪穂とお姉ちゃんがべたついてくるんです....」
穂乃果「ハラァ!?」

3:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/02(水)20:12:43.88ID:V/GCBhcV
体験談1ドッジボール
亜里沙「そんなにべたつかれたら動けない。。。」
雪穂「はぁ?どこのくそ女が私のかわいいかわいい亜里沙にボールぶつけるかもしれないじゃん!顔面アウトなんてなったら...かわいそうじゃん」
亜里沙「雪穂が邪魔でボール避けられない!」
雪穂「安心して!私が雪穂を守るから!」
9:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/02(水)20:17:33.87ID:V/GCBhcV
体験談2仕上げ磨き
亜里沙「歯も磨いたから寝るねー!」
絵里「ちょっとまちなさい!仕上げ磨きがまだよ!」
亜里沙「きちんと磨きました!」
絵里「いいえ!あなたが気づかないうちに歯垢がどんどん攻め立てて亜里沙のかわいいお口を汚していくのよ!そんなことがあったら...わたし、」
亜里沙「別スレでチョコ食いまくってる姉がいう台詞かなぁ?」
10:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/02(水)20:20:56.93ID:V/GCBhcV
穂乃果「ヒー!おっかしいー!」ドンドンドン
亜里沙「こんなのまだ序の口です、、、」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1569926715/
1:
名無しで叶える物語(もんじゃ)
2019/10/01(火)19:45:15.56ID:djYMlFtp
にこ「は…?意味が分からないんだけど」
真姫「言葉通りよ。急にイケメンになるのやめて」
にこ「いや、そもそもイケメンってなによ…にこはプリティーでラブリーだからかわいいって言うでしょ普通」
真姫「あくまで無自覚だと言うのね…最も厄介なタイプだわ」
にこ「大体イケメンって具体的にどこがよ?そういうのは私よりあんたが似合うわ」
真姫「確かに私はクールで知的で大人びてるけどイケメンではないの」
にこ「はぁ…ますます分からないわ」

2:
名無しで叶える物語(もんじゃ)
2019/10/01(火)19:46:28.37ID:djYMlFtp
にこ「今日の真姫変よ、ちょっといい」オデコピトッ
にこ「ん、熱はないみたいね…」
真姫「…そういうとこ」
にこ「え、今のがイケメン?ただ熱あるか見ただけじゃない」
真姫「もー…ほんと鈍いんだから…」
にこ「何よぉ…私をからかってるわけ?」
真姫「むしろにこちゃんがいたずらにイケメンになって困ってるのは私なんだけど」
3:
名無しで叶える物語(もんじゃ)
2019/10/01(火)19:47:30.79ID:djYMlFtp
にこ「どう困るってのよ」
真姫「心臓に悪いわ」
にこ「な、なによそれ!?理不尽なんだけど!」
真姫「実際動悸が起きて心拍数が明らかに上がるのよ」
にこ「…まあそれは確かに問題ね」
真姫「一生の総心拍数は一定という法則があるのよ」
真姫「この法則は人間に限らず哺乳類全般に当てはまるのよ?」
4:
名無しで叶える物語(もんじゃ)
2019/10/01(火)19:48:16.76ID:djYMlFtp
真姫「小さな動物の心拍数は多くてハツカネズミは1分間に600~700回も脈を打つのよ」
真姫「逆に大きい動物だと心拍数は少なくてゾウは約20回と言われているわ」
真姫「ハツカネ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1569167912/
1:
名無しで叶える物語(えびふりゃー)
2019/09/23(月)00:58:32.42ID:Q4/ltdvi
凛「これはかよちんが膝枕してくれないと良くならない風邪にゃ…」チラチラ
花陽「へっ?私の?」
凛「こまったにゃー」かよちんの顔をチラッ、チラッ
花陽「ふふふ」くすくす

3:
名無しで叶える物語(えびふりゃー)
2019/09/23(月)01:01:13.40ID:Q4/ltdvi
花陽「私の膝枕で治る風邪なの?」
凛「うん!これはしつこい風邪だから薬や点滴じゃなかなか治らないかも!」
花陽「そうなんだ」にこにこ
凛「うん!そう!絶対そう!」
花陽「じゃあ一度、ちゃんと病院で診てもらってから膝枕してあげようかな」にこにこ
凛「エェー!病院なんか行ったら逆に治らないにゃー」
花陽「逆に治らなくなっちゃうの?」
凛「なっちゃうの!」
5:
名無しで叶える物語(えびふりゃー)
2019/09/23(月)01:04:48.12ID:Q4/ltdvi
花陽「そっか…それは困っちゃった」にこにこ
凛「うぅ…今日のかよちんはすごくいじわる…でも凛はこっちのかよちんも好きにゃー」
花陽「ありがと。でも、いじわるなのはお互い様だよ」
凛「へ?」
花陽「変な嘘つかなくてもいいのに…」
凛「そうなの!?」
花陽「もちろんっ!」
凛「かよちんは何もなくても膝枕してくれるの?」
花陽「うん」
凛「えぇ!でも風邪もひいてないのに膝枕なんかできないって海未ちゃんから怒られたって言ってたよ!」
花陽「えっ…そうなの?誰が怒られたの?」
凛「穂乃果ちゃん!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。