SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
リトルバスターズSS
タグ一覧の表示
<<
2019年03月
>>
5件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1393570314/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/02/28(金)15:51:54ID:XbTpi0gk
ss速報ができないからその間だけここでしておこう
理樹・真人部屋
真人「まーた何か言い出したぜ」
健吾「バトルロワイヤル・・映画にそんな話があったような気もするが・・」
鈴「何するんだ?」
恭介「ああ、疑問が多いだろうからまとめて言う、ルールは簡単!」
・これからリトルバスターズのメンバーで殺し合いをやってもらう、最後に生き残った者が勝者
・武器はランダムに支給される
・舞台は無人島、あたりは木が生えまくってて動物もいるし魚も住んでいる
・敵の武器は使ってもよし!
・優勝者には理樹を一日どうとでもできる権利を与える
恭介「みたいな?あともう他のメンバーには伝えてある、みんなヤるきまんまんだったぜ」
理樹「みたいな?じゃないよ!更に疑問が増えたよ!」
真人「そうだそうだ!なんで殺し合いなんかしなくちゃなんねーんだよ!」
恭介「おっと一番重要なことを言い忘れてたな、やるのは俺たちがまた夢で世界を創るのでそこでやってもらう、そして大サービスで痛みがほぼなく丈夫な体にしてやる屋上を飛び降りた時の健吾のようにな」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/02/28(金)15:52:44ID:XbTpi0gk
真人「ええーっまたアレやるのかよぉあれは腹が減るってのに」
理樹「ええっ!!あれってそんなに軽いノリでできるものなの!?」
健吾「面白そうじゃないか!乗ったあああ!」
鈴「健吾がバカだ!」
真人「まっ優勝賞品は魅力的だな!俺も乗った!」
理樹「いやいやいや・・・例えやるとしてもその優勝賞品がなんで僕なのさ・・やるメリットがないよ・・」
恭介「どうせ暇なんだろ?ようし、じゃあこうしよう理樹が優勝したら今から行く世界の秘密を・・・」
理樹「知ってるよ!」
恭介「困ったなあ、そんじゃその時に考えるか!ちなみに今回俺は参加せずに見守るのでよろし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544538628/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/12/11(火)23:30:28.99ID:40OSgiah0
恭介「と、理樹が言ってたんだ」
来ヶ谷「少年はドMになったのか?」
恭介「いや、いつだったかお前が回し蹴りでドアを破壊した事があったろう?」
来ヶ谷「そういえばそんなこともあったな」
恭介「あの時に目覚めたらしい」
来ヶ谷「はぁ……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/12/11(火)23:32:29.52ID:40OSgiah0
来ヶ谷「まあ少年がやってほしいと言うならやってあげてもいいぞ」
恭介「おっけー、じゃあまずは>>3の技をかけてくれ」
来ヶ谷「あぁ、分かった」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/12/11(火)23:32:54.24ID:NrhlVW5g0
ロメロスペシャル
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/12/11(火)23:37:12.46ID:40OSgiah0
来ヶ谷「ロメロスペシャルでいこう」
恭介「いきなりやばそうなのきたな……」
来ヶ谷「では理樹くんの所に行こうか」
恭介「その心配は無い。すでに待機してるからな」
理樹「もちろん!どんな技か知らないけど早くやってよ!」ワクワク
来ヶ谷「君はいつからこんな変態になったのやら……まずは床にうつ伏せになってくれ」
理樹「うん」
来ヶ谷「そしてその足の上に私が立つ」ギュム
理樹「い、意外と痛い……」

5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/12/11(火)23:43:14.03ID:40OSgiah0
来ヶ谷「次に手を後ろに回してもらおう」
理樹「はいはーい」
来ヶ谷「よしよし、しっかり掴んだな……ではそこから一気に私が寝転がる!」ゴロン
理樹
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541903118/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/11(日)11:25:19.07ID:WmSYHx4S0
※注意
蘇民祭とは、岩手県黒石寺を始めとする伝統的な祭りです。この作品ではネタのようになりますが、決して祭り自体を馬鹿にするものではありません。もしもそれらが不快な場合はブラウザバック推奨です。それでは始めます

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/11(日)11:31:50.79ID:WmSYHx4S0
1月
恭介「と言うわけで、早速準備しよう」
理樹「いや待ってよ!急にそんなこと言われても……第一蘇民祭ってなに?」
謙吾「な、なに!?蘇民祭だと?それならば早速準備をしなければな」イソイソ
真人「遂にこの時が来たか……この俺の集大成とも呼べる日がな!!」
理樹「だから蘇民祭って何!?」
恭介「それはだな……深夜に漢の中の漢が集い、その中で蘇民袋と呼ばれる袋を奪い合う伝統的な祭りだ」
西園「それは興味深い祭りですね」
謙吾「どこから沸いてきたんだお前は……」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/11/11(日)11:40:40.11ID:WmSYHx4S0
小毬「なになに??袋を取り合うとか楽しそうだね!わたしもやりたーい!」
クド「お祭りですか?楽しそうな響きじゃないですか!!」
葉留佳「……」
来ヶ谷「あー……ちょっと聞いていいか恭介氏、それは純粋な目的で行くのか?それとも何かあるんじゃ……」
恭介「何言ってるんだ来ヶ谷、なんて事はない『健全』な祭りじゃないか」
鈴「なんで健全を強調したんだこいつ……」
謙吾「あっ、ちなみにこの祭りは女人禁制なんだ。だからお前たちが言っても何もできないぞ?」
小毬「えぇ??!?わたしもお祭りしたいー!」ガーン
葉留佳「あ、アハハ……」
葉留佳(これどう考えても変な目的だよね……特に謙吾くんの顔見てる限り
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535636776/
1:
saga
2018/08/30(木)22:46:17.21ID:ml2SyGCB0
理樹、YouTuberになる
クド、筋肉(マッスル)に恋をする
葉留佳、姉の引き出しから百合物の同人誌を見つける
の三本です(∵)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/30(木)23:20:17.72ID:ml2SyGCB0

食堂
真人「おっ、もう全員いるな」
理樹「本当だ」
理樹(夏休みが終わり、すっかり学校にも活気が戻った。しかし、暑さという奴は全く引き際を知らないようで、まだまだ寝付けない夜は続きそうだ)
来ヶ谷「やあ久しぶりだね二人とも」
理樹「うん!久しぶり、来ヶ谷さん!」
真人「おう!」
理樹(いつもの席にはみんなが既に食事を取っていた)
小毬「あ?理樹君と真人君が来たよクーちゃん」
クド「あっ、本当です!お二人もキブユー!なのですっ」
理樹(クドは会うや否や僕らにピンポン球くらいの大きさの紙の包みを渡した。触ってみた感じかなり柔らかい)
真人「なんだこれ?」
クド「夏休み中、テヴアに行って来てましてそのお土産の大福です!お爺さんがとても気に入っているらしくて日本からわざわざ取り寄せていたらしいですよっ」
理樹(えっへんと胸を張るクド。それはお土産と定義していいのだろうか?)
真人「ありがとよ!それにしてもみんな変わってねえな?」
理樹(親戚の叔父さんのような事を言う真人)
葉留佳「こんな2ヶ月程度で変わってたら逆にビックリでしょーが!」
真人「おっ、でも西園はちょっと焼けてね?」
美魚「はい。私も少し家族で沖縄へ旅行に行っていました」
理樹「みんないいなぁ。旅行に行って」
謙吾「ふっ、だが理樹だって恭介達の実家に行っていたんだろう?」
理樹「はは、まあね」
理樹(そう、僕は夏休みの間はずっと棗家にお世話になっていたのだ。というのも……)
小毬「そういえば恭介さんは元気だった?」<
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1409831782/
1:
◆f7omET22z6
2014/09/04(木)20:56:22ID:5XVHmjos
理樹(なんでこんな怪しいものが僕の机に)
理樹(R-18って・・と、とりあえず恭介たちに見つかる前に隠さないと!)
・・・・
謙吾「今日は何して遊ぶんだ」
真人「やっぱここは筋肉だろ!」
鈴「筋肉ってどんな遊びだ、バカ」
恭介「まあ落ち着けお前ら」

2:
◆f7omET22z6
2014/09/04(木)20:56:53ID:5XVHmjos
恭介「今日はだな・・皆に催眠術をかけよう!」
理樹「」ビクッ
鈴「理樹、どうかしたか?」
理樹「い、いやどうもしないよ」
真人「催眠術だぁ? 催眠術なんて実際にかかるもんなのか?」
謙吾「真人のような単細胞ならば、容易にかかるのではないか」
真人「なんだと?!」
恭介「落ち着け、真人。全員に催眠術をかけるつもりだから安心しろ」
真人「そうか、それなら安心だな」
鈴「安心なのか?」
理樹「不安・・だよね」アハハ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/09/04(木)20:57:23ID:5XVHmjos
恭介「まずはやはり真人にかけよう」
真人「トップバッターか、任せろ!」
謙吾「どんな暗示をかけるんだ?」
鈴「バカになる暗示か」
理樹「鈴、それは流石に・・。虚弱体質な真人とかどうだろう」
恭介「良いなそれ、採用だ・・と言いたいところだが実は内容は既に決めてあるんだ」
理樹「へえ、どんな?」
恭介「それはかけてからのお楽しみって奴さ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/09/04(木)20:57:53ID:5XVHmjos
恭介「では真人」
真人「おう」
恭介「まず目を閉じて、深呼吸だ。吸ってー、吐いてー」
真人「」スゥ?ハァ?
恭介「次に全身の力を抜く、そしてイメージするんだ」
恭介「真人、お前は?
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。