SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
タグ一覧の表示
<<
2018年06月
>>
20件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/12/24(火)20:35:06.23
ID:1tTWuIGN0
12月24日、午前8時。
俺は歩き慣れたこの街の中をゆっくりと歩いている。
ほぅっと吐く息が白い靄となり、自分の歩いた場所にしばし留まる。
そうやって一つ一つの場所に標しを打つように
俺は学生時代を過ごしたこの街を、ゆっくりと巡っている。
俺が実の妹に熱烈な告白をするため多くの友人を巻き込み
その想いが成就して桐乃と恋人として過ごしたあの4ヶ月間
あの騒がしかった日々が今ではもう7年も前の出来事だ。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1387884906

2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2013/12/24(火)20:36:54.49
ID:1tTWuIGN0
あの後俺は大学に進学し、学年が上がる際に実家から遠ざかったキャンパスとの往復に耐え切れず
3年生になると大学周辺で一人暮らしを始めた。
そのことを話した時は桐乃の激しい反対にあったっけな
それでしばらく口もきかない程すれ違って、またおもいっきり酷いこと言い合って
やっぱりまた、仲直りして。
そうやって決まった一人暮らし。
案の定外食に染まった俺の食生活を見かねて、あいつが押しかけてきたりもした。
「桐乃の一人暮らしだけは親父が絶対に認めなかったな」
あの時の親父の必死さを思い出し、一人で笑った。
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/12/24(火)20:37:28.75
ID:1tTWuIGN0
しばらく歩くと、昔良く遊んだ公園を通りがかった。
ここにほ事あるごとによく来たよなぁ
「あいつらは・・・」
元気でやってるかな。
町並みのいたる所に桐乃や友人との懐かしい思い出がたくさんころがっていた。
大学を出た後俺は、就職した会社でそれはもうコキ使われていて
毎日毎日新しいことを覚え、挑戦し、挫けて
まぁ充実した社畜ライフを送っている。
黒猫や沙織、あやせ、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆kuVWl/Rxus2011/01/22(土)22:21:44.27ID:/X7dip2ro
その日もあたしは、いつものように退屈な授業をぼんやりと聞いていた。
自分で言うのも何だけど、あたしって要領がいいから、授業でやる範囲なんて
教科書を読むだけで自然と頭に入っちゃうんだよね。
だからかったるくて授業なんて聞いてられないってワケ。
そんなあたしが何の気なしに机の中に手を入れると、
そこには覚えの無い、薄く、でもしっかりとした硬い手触りのノートが入っていた。
(あれっ?こんなノート持ってたっけ?)
取り出してみると、表紙は真っ黒で、英語のタイトルらしきものが書かれている。
(「DERE NOTE」?デレ……ノートって読むのかな?)

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
怒り新党◆rUZQC1VTAc2014/02/12(水)22:33:55.82ID:qD3X4sul0
京介「………うし、持つべきものは全部揃えた。行ってくるかな!」
大介「どうした京介、出かけるのか?」
京介「親父、帰ってきたら話……いや、決闘してくれないか?」
大介「何をわけのわからんことを言っとるんだ。今日は鍋らしいから早く帰って来い。」
京介「5時には帰る。だからリビングじゃなくて親父達の部屋で二人きりで話がしたい。…………出来るなら桐乃が帰ってくる前に。」
大介「………分かった。こっちもそろそろ釘をさしておくべきころだと思っていたところだ。」
京介「けっ、その釘へし折ってやるよ。じゃ、行ってくる。」ガチャリバタン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/01/01(日)00:56:37.87ID:6UjC1bXFO
京介「その…なんだ…似合ってんぞ…?」
桐乃「?っ!」カアァッ
桐乃「ばっ、ばかっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/14(金)19:36:24.57ID:8IVHbHEg0
京介「……」
京介「あー部屋から出たくない」ゴロリ
京介「…春休みってもっと忙しいもんだと思ってたのによ」
京介「こうも暇を持て余すとはな」
京介「何処かに出かけるにしたっても、何処行きゃー良いんだか」
京介「……」
京介(俺が行くことろ行く所に……あいつ等、居るだろうしな)

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2011/07/25(月)17:02:38.29ID:0Q0m6Dh10
言い忘れましたが時系列的には8巻後の話です
その日は珍しいことに親父は仕事でお袋も用事があるらしく帰りが遅いとかで、俺と桐乃の2人だけで夕食を迎えることになった。
図書館で麻奈実と恒例の勉強会を終え、帰りにスーパーに寄って出来合いのものを買ってから俺は家に帰ってきた。
麻奈実は今日は俺と妹の二人だけだと知ると夕食を作りに来ようとはしてくれた。
俺としては何もしなくて済むし味は保証されているからありがたいんだが、前に麻奈実が
うちに飯を作りに来たときの事を思うと嫌な予感しかしないので遠慮させてもらった。
「ただいまー」
家に帰ってきたのは良いが、桐乃の声がしない。
あいつのことだから親がいないのを良いことに部屋に籠もってエロゲーかリビングでメルルでも見て奇声をあげてると思ったんだが。
とりあえず一度荷物を置きに部屋へ戻ったが、隣の妹の部屋はドアが開きっぱなしになってるだけで桐乃はいなかった。
どうやらリビングにいるらしい。
一階の廊下へ戻り、リビングの扉を開きながらもう一度帰ってきたことを告げる。
「ただいまー」
「チッ……お帰り」
何こいつ、なんでいきなり喧嘩腰なんだよ……。
俺が黒猫にふられて落ち込んでたときみたい、とまではいかなくてももう少し優しくしてくれても良いんじゃねーの?
しかし……
「いつまでそこに突っ立ってんの?」
「あ?あぁ。いや、お前がキッチンに立ってるなんて珍しいと思ってな」
「あんたに買い物任せるとろくなの買ってこないと思ったから、簡単そうな野菜炒め作ってんの」
「……そ、そうか」
簡単そうって言ってんのに、どうして炒めてる野菜より皿に分けてある黒々とした何かの方が多いんだろうな?
これを見てると思い出したくもないバレンタインの時にこいつが作った石炭(チョコ)を思い出す……。

続きを読む

[ 閉じる ]
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/06/29(水)21:44:30.36ID:R3iUS543O
ガチャッ
桐乃「あのさ、ちょっと人生相談があるんだけど…」
京介「ん…(桐乃か…今何時だと…)」
桐乃「ちょっと…聞いてんの?」ユサユサ
京介(いいから寝かせてくれ…こちとらお前のオススメのゲームとやらの攻略で昨日から寝てないんだからよ…)
桐乃「…寝てんの…かな?」
京介「…」スゥ
桐乃「兄貴…起きなよ…起きないとさ…」
京介「……」
桐乃「……」チュッ
京介「!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
28:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/08/14(日)07:18:27.58ID:shp1AWvn0
受験戦争から解放され、早めの春休みが幕を開けた二月の下旬。
緩みきった気分を締め直そうと部屋の模様替えをしていた折に、それは見つかった。
「うわっ、懐かしいなオイ」
タンスの奥の方で眠っていたそれ――派手な柄の玩具箱――を引きずり出す。
ガキの頃は、これに玩具やカードを詰め込んで持ち歩いたもんだ。
とっくの昔に処分されたとばかり思っていたが、運良くこいつだけ、お袋の目から逃れたらしい。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/12/15(水)22:08:54.56
ID:j5JFtVQe0
-京介の部屋-
京介「折角の休みだってのに出掛ける気にならねえ…」
京介「親父もおふくろも今日は留守だ」
京介「昼飯どうするかなあ…とりあえずリビングに下りるか」ムクッ
-桐乃の部屋-
桐乃「あーあ…仕事もまだクリアしてないゲームも無いし暇だなぁ」
桐乃「でも何処かに出掛ける気にはなれないし…面倒っていうか」
桐乃「誰かに来て貰うとか…うーん悪いか。とりあえずお昼お昼…」ムクッ
京介「…」スタスタ
桐乃「…」スタスタ
バッタリ
京介「…」
桐乃「…」
京介「何だよ…」
桐乃「…別に」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1
:
2013/10/12(土)03:07:35.03ID:LoDW1Sx80
[桐乃の部屋]
桐乃「え・・・・・・?なんて言ったの?聞こえなかったんだけど」
京介「だから俺と駆け落ちしないかって」
桐乃「な、なななんであたしがあんたと駆け落ちしないといけないのよ!//」
京介「声がでかい。何時だと思っているんだ」
桐乃「な・・・・・・!あんたが変なこと言いだしたからじゃない!」
京介「だから声量」
桐乃「う、うっさいわね」
京介「で、どうなんだ?」
桐乃「なにがよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1381514854

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆9F7.uYHqOdoM
2011/11/14(月)22:44:33.68
ID:wVuLGh7oo
「俺の妹がこんなに可愛い訳がない」の2次創作です。
名前や生活風景はアニメのままですが、性格などはかなり違うと思います。またアニメしか見てないです。
ストーリーは桐乃がアメリカ行って、泣きながら帰って来た後日談のような感じです。
気まぐれ更新ですが、宜しくお願いします。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆9F7.uYHqOdoM
2011/11/14(月)22:45:55.81
ID:wVuLGh7oo
第1話「俺の妹がこんなに貧乏なわけがない」
桐乃「えっ?!クビですか?」
「残念ですが結果的にそうなってしまいますね」
桐乃「なんでですか!説明してください!」
「はぁ、まずですね、高坂さんがアメリカに留学するという事で休職となりました。ここまではいいですね?」
桐乃「はい」
「しかし休職申請期間内にアメリカから帰国されたので、早くモデル業に復帰されたいというのはありがたいのですが、もう当社でもあなたの休職中に代わりの方を雇用してしまいましたし、新たにあなたをモデルとして採用するほど当社も経営的に余裕がある訳ではないので・・・」
桐乃「そ、そうですか。けどそれじゃあ、休職予定期間だった1年間を過ぎれば、またモデルとして採用してもらえるのではないのですか?」
「そうですね。通常はそうですが、あなたとは2年契約で専属という形式を取っていて、先に契約料もお渡ししましたよね?」
桐乃「は、はい」
「そして契約時は今から1年前なのであと1年契約期間が残っていますが、その1年を休職申請されました。契約料は2年分ですから、本当は一部返納して貰わないと駄目なのですが、1年目に素晴らしい働きを見せていただきましたし、1年後に素晴らしい女性となって帰ってきてもらうという期待値も含めて、特例として契約料は返納は不要となりました。ここまでは休職時にご説明しましたよね?」
桐乃「・・・はい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/12/15(水)22:08:54.56ID:j5JFtVQe0
-京介の部屋-
京介「折角の休みだってのに出掛ける気にならねえ…」
京介「親父もおふくろも今日は留守だ」
京介「昼飯どうするかなあ…とりあえずリビングに下りるか」ムクッ
-桐乃の部屋-
桐乃「あーあ…仕事もまだクリアしてないゲームも無いし暇だなぁ」
桐乃「でも何処かに出掛ける気にはなれないし…面倒っていうか」
桐乃「誰かに来て貰うとか…うーん悪いか。とりあえずお昼お昼…」ムクッ
京介「…」スタスタ
桐乃「…」スタスタ
バッタリ
京介「…」
桐乃「…」
京介「何だよ…」
桐乃「…別に」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/12/24(火)20:35:06.23ID:1tTWuIGN0
12月24日、午前8時。
俺は歩き慣れたこの街の中をゆっくりと歩いている。
ほぅっと吐く息が白い靄となり、自分の歩いた場所にしばし留まる。
そうやって一つ一つの場所に標しを打つように
俺は学生時代を過ごしたこの街を、ゆっくりと巡っている。

俺が実の妹に熱烈な告白をするため多くの友人を巻き込み
その想いが成就して桐乃と恋人として過ごしたあの4ヶ月間
あの騒がしかった日々が今ではもう7年も前の出来事だ。

SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1387884906

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/10/13(木)00:35:28.34ID:MFaeckvQ0
桐乃「…はあ?あんた何言ってんの?」
京介「お前最近調子乗りすぎだよな」
桐乃「きもっ。どっちがだっての」
京介「うるせーんだよボケ!!!」ドカッ

続きを読む

[ 閉じる ]
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/05(木)23:49:47.08ID:yT4ytoznO
男「小さい頃は『ずっと仲良しでいようね!』とか言って来た幼馴染が最近そっけないんだ」
友「キミ以外に気になる人でも出来たんじゃない?」
男「……やっぱりそう思うか」
友「そういえば最近、転校生クンとよく話してるね」
男「うっ……」ズキッ
友「どうしたのさ、頭押さえて」
男「べ、別に付き合ってた訳じゃ無いのに、何なんだこのダメージはッ」
男「くそうっ! あんな奴こっちから願い下げだぁっ!! もう知らんッ! うわーんっ!!」ダッ
友「……行っちゃった」
友「なんか余計な事言っちゃったかな、ボク」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/15(木)21:02:31.07ID:QXhZKWAT0
あやせ(お兄さんが受験勉強に集中する為に一人暮らしをして…)
あやせ(A判定を取ったお兄さんは無事に家に帰る事になった)
あやせ(アパートの部屋のカギを返しに行く時に、わたしは告白をした)
あやせ(そして??????????????)
あやせ(先日、わたしとお兄さんは恋人関係となった)
あやせ(ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ)
あやせ(無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理)
あやせ(恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしいよーーーーーーー)
あやせ(どうしてこうなったの!?)
あやせ(でも、お兄さんと恋人か…)
あやせ(えへへ//)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/25(月)17:52:01.17ID:Owbo4o4G0
あやせ「いつも変態的なこと考えてるくせに…いざって時はナニもしてくれないんですね!」
京介「えっと…」
あやせ「どうしようも無い童貞ですね…エッチなことしてくれなかったら今夜は返しませんからね」
京介「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/10(日)08:30:07.60ID:tTFrJ7YWO
京介「な、な、な、なんだよこれえええ!!!」
京介「エロゲじゃああああん!!!」
桐乃「わああああ!!!見るなああああ!!」
高坂母「ただいま……ってアンタなに持ってるのおおお!!!」
桐乃「いやあああ!!見ないでえええ!!」
京介「うおおおお!!!」
ベキィ!!!
高坂母「ぎゃああああ!!!」
桐乃「お母さあああああんんん!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/04/25(木)20:51:01.72ID:7iZGnPS+P
京介「…よっし、こんなもんか」
あやせ「お兄さん、ホントにやんなきゃダメですか?」ウルウル
京介「くっ!」
あやせ「…おにーさん?」ウルウル
京介「だ、ダメだぞあやせ!これはあやせの為なんだからな!」
あやせ「うー。…なんでこんな事に」

続きを読む

[ 閉じる ]
14:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/23(月)23:28:12.82ID:JolmgvA30
あやせ(あっ、あそこに居るのは……)
あやせ「お兄さん、こんにちは」
京介「おっ、あやせか。こんなところで何してんだ?」
あやせ「ちょっとお買い物です。お兄さんの方こそ何を?」
京介「用事があって急いでるところだ、悪いけど今は時間無いからもう行くよ」
あやせ「えっ? あ、あの……」
京介「やっべ、急がねーと!」ダッ
あやせ「あっ……行っちゃった。……もう」
あやせ(前は「あやせに会えたらそれだけで十分だ! 用事とか知らねーよ!」)
あやせ(とか、それくらいは言ってくれたのに……最近は、全然)
あやせ「寂し……って、違う! ……でも、やっぱり」
あやせ(……今度、今度会った時はきっと何か言ってくれるはず)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。