SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
創作・魔王勇者系 SS
タグ一覧の表示
<<
2017年12月
>>
42件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:◆CItYBDS.l2[saga]:2017/12/17(日)01:07:10.79ID:a8Wcmaua0
賢者♀「な、なんですって?もう一度言ってください勇者様」
勇者♂「僕は、今後レベルアップで得た全てのポイントをSTR(力)に振るつもりだ」
魔法使い♀「初めてのレベルアップで、いきなり何を言い出すの?」
戦士♂「確かに、STR重視は重量のある防具も装備できるし攻撃力もあがる。タンク役として理想と言えよう」
戦士「しかし勇者よ、AGI(敏捷性)型の魔物に会ったときどうするつもりだ?渾身の一撃だって当たらなければ意味は無いぞ」
賢者「戦士さんの言う通りです。どうか考え直してもらえませんか?」
勇者「ごめんよ、みんな。でも、これだけは僕の自由にさせてほしいんだ」
賢者「理由を聞かせてもらえますか?」
勇者「・・・他の人には、黙っていてくれると嬉しいんだけど」
戦士「口外しないと約束しよう」
魔法使い「絶対に人には言わないわ」
賢者「私も約束します」
勇者「僕は、魔物が怖いんだ・・・厚い筋肉にでも覆われていないと、とても立ち向かうことなんてできないんだ!」
戦士「わかった、いいだろう」
魔法使い「勝手に決めないでよ!私は反対!大反対よ!」
賢者「魔法使いさん、ひとまず勇者様の希望通りにしてみましょう」
魔法使い「まともなのは私だけなの!?うまくいくわけないじゃない!」
勇者「うぅ・・・ごめんよ魔法使い」
賢者「まあまあ落ち着いてください。実は、ステータス再振り分けのアイテムを一つだけですが持っています」
賢者「もしSTR極振りで立ち行かなくなったら、その時は考え直して頂けますか?」
勇者「あ、ありがとう賢者さん!」
戦士「うむ、俺も勇者のステータスをフォローできるよう努めよう」
勇者「戦士くん!」
魔法使い「もう、みんなだけずるい!私も、それでいいわよ!」
勇者「魔法使いちゃんも!ありがとう!」
魔法使い「ま、まあ、幼馴染のよしみよ!」デヘヘ
勇者「よし!それじゃあ、魔王討伐の旅を再開しよう!」
みんな「「「 おーっ! 」」」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com
続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆CItYBDS.l2[saga]:2017/09/11(月)19:54:28.53ID:YOFIsHWto
王「なに・・・?勇者が行く先々で問題を起こしておるだと?」
大臣「ええ、陛下」
王「はて、そのような男には見えなかったが・・・」
大臣「いえ、悪に手を染めたというわけではございませぬ」
王「では・・・?」
大臣「その強い正義感が故か、その土地の領主と揉めたり」
大臣「時には、法を破ったこともあるとのことで」
王「ふむ・・・少し安堵した」
王「この世界は広い、我が統治が及ばぬ土地では悪政が蔓延ることもあろう」
王「法律とて、全ての事例に対応でき得るものではない」
王「勇者に正義がある限り、見守ってやろうではないか」
大臣「し、しかし、我が国は法治国家、建前というものがございます」
王「ふむ、大臣の申すことも最もだ」
王「何か、手はあるか?」
大臣「はい。陛下の了承が頂ければ、すぐにでも取り掛かります」
王「うむ」
王「よきに計らえ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505127268

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/06/15(水)01:54:16.24ID:x29Stwv4o
― 魔王城 ―
魔王「ついにここまでたどり着いたか……忌まわしき勇者よ」
勇者「魔王……世界の平和のためにお前を倒す!」
魔王「ククク、しかしどうやら貴様は剣を持っておらんようだが……?」
勇者「お前を倒すのに剣など不要、この鉄の盾があれば十分だ」
魔王「強がりを抜かしおって……その思い上がり、すぐに叩き潰してくれる!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1465923255

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/01(水)22:03:02.781ID:IzkS/12a0.net
魔王城――
勇者(地下牢に閉じ込められてた姫は救出したし、あとは魔王を倒すだけだ……)
勇者(この扉の向こうに魔王がいる……!)
勇者「姫、君はここで待っていてくれ」
姫「嫌です! 私も戦います! 私だって回復魔法は使えますもの!」
勇者「ありがとう、姫」
勇者「だけど、君を連れていくわけにはいかない」トンッ
姫「うっ……」ガクッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:名無しさん@おーぷん:2015/08/08(土)12:55:15ID:jlE
にゃんちゅう「今日はミーが日頃より鍛えた女騎士さんへの扱い方をお見せしますぅー」
女騎士「な、何なんだこのねこは・・・」
にゃんちゅう「あ、やっぱりぃー?ではまず胸の装甲を剥がしていくニャン☆」
女騎士「や、やめろ!そんな汚らしい手でわたしを触るな!」
にゃんちゅう「どぉんどぉん剥がしていくニャン☆」
女騎士「うぅ・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/08/25(金)01:38:16.58ID:YHHzKNduo
兵士「大変です!」
王「なにごとじゃ?」
兵士「王国の東方面に、魔物の大軍が現れましたァ!」
王「なんじゃと!?」
兵士「すでに関所は突破され、兵士長が軍を率いて対抗していますが、とても防ぎ切れません!」
賢者「私に任せておくがいい」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1503592696

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆VcYmVurqQM[saga]:2017/08/20(日)01:30:13.47ID:8yyPI5jBo
王様「勇者よ、魔王討伐の選別としてどうのつるぎと50Gを与えよう」
女勇者「お心遣い感謝いたします。必ずや魔王を倒してまいります」
王様「うむ」
女勇者「まずは酒場に入って仲間を集めよう、って痛い!」
店員「いらっしゃ・・どうかされましたかお嬢さん」
女勇者「入口のドアで指をっ。すいませんが私の代わりにドアを開けてもらえませんかイテテ」
店員「え、ええ。どうぞお入りください」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1503160213

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆CItYBDS.l2[saga]:2017/08/21(月)21:10:30.34ID:2Kdtlp2Wo
王「征け女神の加護を受けし者よ!見事、魔王の首を討ちとってみせよ!」
勇者「いやです」
王「」
勇者「いやです」
王「・・・具合悪いの?」
王「ちょっと急すぎたかね、日を改めようか?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1503317430

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/09(木)20:31:50.41ID:Uq+2XrDSo
王「一方的にやられてばかりではないか!」
側近「畏れながら・・・」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486639910

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/06/13(月)23:09:58.61ID:uO4kmIU3o
―カフェ―
オーク(78)「う?む、物騒な記事が載っとるなぁ」バサッ
女騎士(80)「どんな記事だい?」
オーク「非行少年グループの間で『ジジイ狩り』『ババア狩り』というのが流行っとるんだと」
女騎士「なんだいそりゃ、ナンパでもしてくれるのかい?」
オーク「そうじゃない。年寄りを見つけては恐喝したり暴行を加えて、金品を奪うんだそうだ」
オーク「年齢が高ければ、人も魔物も区別なく狙うらしい」
女騎士「おやおや、ひどいことする輩もいたもんだ」
オーク「まったくだ。近頃の若いもんってやつは……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1465826998

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/06(土)18:21:44.830ID:NmwbpKpmK0606.net
ゴー☆ジャス「マダガスカル!!ソーレッ☆」ダダダダダダダダ
女騎士「…!?」
オーク「誰だ…!」
ビシッ
ゴー☆ジャス「ここ!マダガスカル!!」
オーク「あん…?何言ってんだ…?」
女騎士「本当だ…マダガスカルだ…!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/17(金)21:43:31.89ID:Acx++YKBO
【宿屋】
勇者「(……今日はあまり戦闘がなかったな……こういう日は大抵……)」
たったったっ……ばあんっ!
女騎士「うわぁぁん!勇者ぁー!財布落としたー!」
勇者「ほら来た……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487335411

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/02/14(火)00:27:59.19ID:CRlIFFJDo
王国暦214年――
突如、魔界から人間界に、魔王が現れた。
魔王はその無尽蔵ともいえる魔力から、大魔法を次々繰り出し、人間界侵略を開始した。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486999678

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆CItYBDS.l2[saga]:2017/08/13(日)17:01:12.35ID:h9etlduVo
王「勇者よ、死んでしまうとは情けない!」
王「出かけて数分で命を落とすやつがあるか!」
王「なに・・・?腹を下して?草陰で用を足していたら?襲われたあ???」
王「・・・それはまあ、仕方ないか?」
王「・・・いやいやいや!」
王「不用心すぎるぞ勇者!そういう時こそ、旅の仲間とフォローしあってだな!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1502611271

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/06/11(土)19:07:49.43ID:8jD6AdZno
今、騎士団では――空前の『コロコロコミック』ブームが起こっていた……!
騎士A「今月のコロコロ読んだ?」
騎士B「読んだ読んだ!」
騎士C「おもしれーよなぁ!」
女騎士「……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1465639669

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/07/17(日)01:18:00.08ID:xbjMTCmSo
魔王「このたびは、魔王城のトラップ増設予算の私的流用やサキュバスとのスキャンダルなど」
魔王「魔界の皆様の信頼を裏切る行為を重ねてしまい、大変ご迷惑とご心配をおかけいたしました」
魔王「誠に申し訳ありませんでした」
魔王「このたびの不祥事を重く受け止め、私は魔王を辞職いたします」
パシャッ! パシャッパシャッ! パシャシャッ!
これにより魔王の座は空位となり、新たな魔王を選出する『魔王選挙』が行われる事となった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1468685879

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/07/18(月)22:27:17.28ID:JPgkafbno
猪突猛進な騎士がいた。
ひとたび突撃命令が出ると、一番に駆け出し、敵軍に向かっていった。
赤い鎧を身に付け、突進していくその姿は、さながら闘牛のようであった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1468848436

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/07/27(水)21:58:07.86ID:uhfQyeudo
【一人目】
勇者(HP1)「HPが1になっちまった……」
勇者(HP1)「早く回復しないと……!」ゴソゴソ
勇者(HP1)「くそっ、薬草も傷薬も切らしてやがる! もっと買っとくべきだった!」
勇者(HP1)「仕方ない、近くの町まで行かないと……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1469624287

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2016/11/29(火)00:01:47ID:cd2pvFvc
精鋭「演技に決まってるだろ」
敵強「まじかよ」
精鋭「考えてみろ、俺らが本気を出したらどうなる」
敵強「うーむ。。。」
ホワホワーン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2017/02/18(土)14:38:11.12ID:CA9O1OCCo
「せやぁっ!」
轟音とともに、岩が砕ける。
大観衆が私に拍手を送り、歓声を上げ、口々に私を褒め称える。
天才だ、怪物だ、最強だ、と……。
私の拳は岩をも砕き、私の手刀は鉄をも切り裂き、ひとたび戦えば熊ですら素手で倒せる。
パフォーマンスをすれば大金が舞い込み、講演依頼は後を絶たない。
しかし、これらは全てインチキなのである。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487396290

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:◆WnJdwN8j0.[saga]:2016/08/03(水)19:04:11.33ID:voHP6eV+0
側近「遂に魔王様が復活されるぞ……!!」
500年前、大賢者により封印された魔王。
その魔王の封印が今、解かれようとしていた。
北のドラゴン「500年――長いようで短かった」
西の悪魔「ウケケ。伝説となった大賢者とはいえ、所詮は人間。魔王様復活まで寿命はもたなかったなァ」
東の妖姫「ふふ…500年前の魔王様の武勇、心強いと同時に身震いがしますわ」
南の地蔵「細身ながら、数々の勇者を葬ってきた猛者じゃからのう」
側近「思い出話はそこまでです。見なさい、封印の力がどんどん弱まっている……」
ゴゴゴ…
側近(さぁ目覚めて下さい魔王様…そして、人間達に恐怖と絶望を!!)
北のドラゴン「なぁ…何か、空気がおかしくないか?」
西の悪魔「そう言われてみや…全身の感覚器官がゾワゾワするっつーか……」
東の妖姫「魔力……にしては、少々妙ですわね」
南の地蔵「見るのじゃ! 魔王様の封印が!!」
側近「!!?」
カッ――
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1470218651

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/08/14(日)01:37:29.64ID:vapAKUBPo
―― 魔王城 ――
魔王「側近よ……折り入って頼みがあるのだが」
側近「なんでしょう?」
魔王「ワシは……生前退位したい」
側近「ダメです」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1471106249

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/08/13(土)18:12:23.14ID:QiE8claCo
いよいよ待ちに待ったこの日がやってきた。
20年に一度行われる「勇者試験」始まりの日。
俺のこれまでの22年間の人生は、このイベントの為にあったといっても過言ではない。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1471079542

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/24(金)02:19:08.537ID:iZrvXYv1d.net
斧使い「一回戦の相手は・・・」
チビガキ「ねぇねぇ!あのおっさん殺してもいい!?はやく暴れたいよ!」
斧「けっガキじゃねぇかよ こんな奴相手になる訳ないだろ」
ガキ「おっさん ぼくを舐めてると痛い目みるよ」
斧使い「さて、二回戦は・・・」
老人「ふぉっふぉっ ワシの出番かのぉ・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/08/23(火)00:55:43.42ID:7VSSugkho
主人公「――なんだって!? 老師が!?」
仲間「ああ……なにやら思い詰めた表情で、ラスボスのところへ……!」
ヒロイン「きっと一人でラスボスを倒すつもりなのよ!」
主人公「今の老師が敵う相手じゃない……止めないと!」ダッ
主人公(老師……! 頼む、間に合ってくれ……!)タタタッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1471881343

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/21(火)00:25:31.860ID:miY38fl/0.net
勇者「ふぁぁ……」
勇者「おはよう、母さん」
母「あら、おはよう」
勇者「母さん、話があるんだ」
母「なあに?」
勇者「俺……魔王を倒しに行くよ!」
母「…………」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/08/27(土)01:20:47.23ID:bYZ6+Juuo
?東闘技場?
ワァァ… ワァァ…
剣士「……来い」
戦士「だああああっ!」ダッ
実況『戦士、猛然と斬りかかる!』
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472228446

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2015/10/31(土)21:51:34.09ID:E2GYRuT5O
姫騎士藤原竜也「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛さ゛っ゛さ゛と゛殺せ゛え゛え゛!!」
オーク藤原竜也「う゛る゛せ゛え゛!! 今か゛ら゛お゛ま゛え゛を゛お゛か゛し゛て゛や゛る゛う゛う゛う゛う゛う゛ぅ゛ぅ゛! ほら゛、ぬ゛け゛え゛え゛え゛!!」
姫騎士藤原竜也の服「や゛ぶ゛け゛り゛ゅ゛う゛う゛う゛」ビリビリ
姫騎士藤原竜也「う゛あ゛?゛!゛ な゛、何を゛す゛る゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛!!」
オーク藤原竜也「う゛ひ゛ひ゛…い゛い゛か゛ら゛だ゛し゛て゛ん゛じ゛ゃ゛ね゛え゛か゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」
姫騎士藤原竜也「ん゛あ゛あ゛?゛!゛さ゛、さ゛わ゛る゛な゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1446295894

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/09/01(木)04:24:35.78ID:3Ly3e+aAO
少年「う、うう?ん?」
精霊「目覚めなさい。勇者よ」
少年「だ、誰?」
精霊「私はこの世界を作り、あなたたち人間を作り、そしてこの世界の行く末を見守りし精霊……」
少年「は、はぁ……?夢かなぁ……。その精霊様が僕に何のご用でしょうか」
精霊「夢ではありません。あなたにはこの世界を救うという天命が下ったのです」
少年「ええ!?僕にそ、そんな大変なことできませんよ!」
精霊「無理もありませんね。でもやるのです。あなたが立ち上がらなければ、この世界は荒廃し、やがて死に至ることになりましょう。あなたの愛する人も」
少年「そんな、ひどいことが……お父さん……お母さん……お姉ちゃん……」
少年「……わかりました!できるかわかりませんが、僕やります!!」
精霊「その言葉を待っていましたよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472671475

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/09/12(月)21:10:40.06ID:hiSDU14To
ひよこ鑑定士「頼み?」
グリフォン「実は……オレをひよこと鑑定して欲しいんだ」
ひよこ鑑定士「ハァ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473682239

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。