SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
勇者
タグ一覧の表示
<<
2017年10月
>>
50件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/04(月)17:31:24.73
ID:iaWpRL8G0
異世界転生が流行ってるので、その逆をひたすらに書いていくスレだよ。
男「俺の名前は超一流企業に勤めるエリートの男!彼女もいるし給料だってたくさん!親孝行もきちんとしてるぜ!それに仕事って楽しー!」
<異世界転生ないないその1>
ニートじゃない
男「さあ出かけよう!おっと、左右確認しないとな!信号は青、よし渡ろう!」
トラック運転手「あ、危ない!!!」
男「おっと、向こうの交差点で誰かが轢かれたらしい。大丈夫だろうか・・・119に電話しなければ」
<異世界転生ないないその2>
轢かれない
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1467621084
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467621084
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆CItYBDS.l2-
2017/10/0816:04:10.65
M7RwPTHco
1/106
剣士
「海賊たちは、あの洞窟の中だ」
魔法使い
「とうとう、追い詰めましたね」
剣士
「ああ・・・俺たちの旅も遂に終幕だ」
魔法使い
「いろいろありましたね・・・」
剣士
「そりゃあそうさ、一年も一緒に旅してたんだ」
剣士
「しかし、俺を仇と勘違いして斬りかかってきた君と、旅をすることになるとはなあ」
魔法使い
「剣士さんっ!その話はしないって約束だったじゃありませんか!」
剣士
「ははは、ごめんごめん」
魔法使い
「旅が終わるんですね、少し寂しい気もします・・・」
剣士
「・・・」
元スレ
勇者「バッドエンドじゃ終わらせねえ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507446250/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/29(水)21:08:41.21
ID:SDGa6YJWo
吐いた。
今朝食べたパンどころか、昨晩食べた干し肉やサラダまでみごとにぶち撒けた。
試合直前になるといつもこうだ。
「あー……マジで試合出たくねえ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467202120
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/28(土)20:17:36.07
ID:yTMWqyvEo
― 魔王城 ―
剣魔将「これより四天王会議を行う」
理魔将「こうして四人で顔を突き合わせるのも、ずいぶん久しぶりのことですね」
竜魔将「ケッ、とっとと始めようぜ!」
剣魔将「……幻魔将は、まだ来ていないのか。相変わらずルーズな奴め」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464434255
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名...-
2017/10/1223:01:45
4NwWkECk
1/19
側近
「蘇生して第一声がそれですか」
魔王
「お前軽く言うけど、均整の取れた体つきのイイ男が」
魔王
「フル○ンで殺意のこもった異様な目つきで襲い掛かって来るんだぞ」
魔王
「第一、お前もあいつと戦って負けたんだろう?」
魔王
「リベンジする気あるのか?」
側近
「できれば二度と会いたくないです」
魔王
「だよな」
前スレ
魔王
「……戦う前にちょっと聞いていいか?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1507657276/
http://ayamevip.com/archives/50897549.html

側近
「ですが、こちらの意思などお構い無しに襲い掛かってきますからね、勇者たち」
側近
「せっかく蘇ったのですから」
側近
「天○魔闘の構えを取得されてみては?」
元スレ
魔王「ニンジャ怖い」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1507816905/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆CItYBDS.l2-
2017/10/1319:24:58.37
QDIEPH4fo
1/22
勇者♂
「お前が、魔王軍幹部ジャアクウガだな!」
ジャアクウガ
「ふふふ、たった4人で我が砦に攻めてくるとは!」
ジャアクウガ
「愚かにもほどがあるぞ、勇者!」
ジャアクウガ
「周りをよく見ろ!貴様らは既に我が眷属によって囲まれている!」
勇者
「なっ・・・しまった!」
戦士♂
「・・・ジャアクウガ」
戦士
「遂に、貴様と相まみえることができた・・・」
戦士
「10年前、貴様に切り落とされたこの右腕が!」
戦士
「貴様を打ち滅ぼせと!疼いていやがるぜ!」
勇者
「ん?」
僧侶♀
「戦士さん!周りの魔物は私たちに任せて下さい!」
魔法使い♀
「アンタらの因縁の決着に、絶対に邪魔は入らせないから!」
戦士
「みんなっ・・・!恩に着るぜっ・・・!」
元スレ
勇者「俺の知らないところでイベントが進んでる
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507890298/
続きを読む

[ 閉じる ]
スレURL:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507862432/

1:
◆m2ofvJWBhA
2017/10/13(金)11:40:33.15
ID:ED2OMoRqo
悟空「そんなことよりここどこだ?」
女騎士「(人間だと!?)助けっ……」
女騎士「……。(いやしかしこの砦は魔の森の霧深き場所だ。王国の強者でも容易に来れないハズ…だから私は人質のように連れ去られたのだった……つまりこやつは)」
悟空「なぁーって。」
女騎士「(醜きオーク共め。人間の姿を真似る魔術で私を追い詰めるつもりか!そうはさせるか)」
女騎士「私はお前らなんぞに…屈指はしないぞっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/12(火)20:30:50.71
ID:T8Inw9WHo
勇者「てやぁっ!」
ズバッ!
スライム「ピギャァァァ!」
勇者「すごいぞ! なんという切れ味だ!」
勇者「さすが鍛冶屋の町スミッスの職人が作り上げただけのことはある!」
勇者「皆さんも、剣を買うなら鍛冶屋の町スミッスの剣をどうぞ!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1468323050
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468323050

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆m2ofvJWBhA
2017/10/13(金)11:40:33.15
ID:ED2OMoRqo
悟空「そんなことよりここどこだ?」
女騎士「(人間だと!?)助けっ……」
女騎士「……。(いやしかしこの砦は魔の森の霧深き場所だ。王国の強者でも容易に来れないハズ…だから私は人質のように連れ去られたのだった……つまりこやつは)」
悟空「なぁーって。」
女騎士「(醜きオーク共め。人間の姿を真似る魔術で私を追い詰めるつもりか!そうはさせるか)」
女騎士「私はお前らなんぞに…屈指はしないぞっ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆7M0syXftfg-
2017/10/0119:22:24.53
2u58ixQb0
1/99
勇者
「やっぱりさ、世界から魔を消滅するとさ?」
勇者
「それ以上の悩みなんか無いとか思うじゃんさ」
勇者
「それは感覚の麻痺だと俺は思う訳よ」
勇者
「だから国に頼んだり他人に聞けない悩みを解決する為に...」
勇者
「勇者のお悩み相談ラジオ!」
勇者
「面と向かって言えない事もどしどし相談してねー」
元スレ
【安価】勇者のお悩み相談ラジオ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506853344/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2014/01/22(水)22:42:17.82
ID:T3jbN6oa0
? 山奥 ?
不死鳥「フンフ?ン」
不死鳥「まずは火を焚きます」
ボワァッ!
不死鳥「続いて、自分の肉をちぎります」
ブチィッ!
不死鳥「いってぇ??????????!!!」
不死鳥「ちょっとちぎりすぎたか……!?」
不死鳥「でもすぐに再生するので、安心です」シュウウ…
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2016/07/09(土)12:12:37.55
ID:flvO5Y2I0
===
「俺を弟子にしてくれ」と、押しかけて来るなり少年は言った。
「そいつは無理な話じゃよ」と、押しかけられた魔導士は言い切った。
 
「どうしてさ」と魔導士を睨み付けるようにして、勢いよく少年が詰め寄る。
 
「金ならあるぞ。ほらっ! 俺は金貨を沢山持っているんだ!」
 
 身なりのよい少年は、肩から下げていた上等な革であつらえられた鞄から、
 腹いっぱいに膨れた小銭入れを取り出してそう言った。
 
 そして金貨の入った袋は言葉通りに、少年が手を振る度にジャラジャラと、気持ちの良い音を部屋中に響かせた。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1468033957
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468033957
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
2013/10/14(月)21:51:10.02
ID:bJa5mwjJ0
 モンスターは一般的に、凶暴で理性を持たないといわれているが、
 温和で知能が高いモンスターも決して少なくはない……。
 そのようなモンスターは、人里から離れた山や森林に集落を作り、
 独自の文化を築きながら静かに暮らしている……。
 こういった集落は世界各地に存在し、「モンスター村」と呼ばれる……。
─ モンスター村 ─
スライム「ふう、今日もいい木の実がいっぱい取れた!」プルンッ
オーク「おお、スライム! 精が出るな!」
スライム「母さんはあんまり動けないし、妹はまだ幼いし」
スライム「俺が頑張らないといけないからな!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆C0BKTwNud6
2016/07/08(金)04:56:02.61
ID:Zc11CATT0
精霊「魔王を倒した暁には、一つだけ願いを叶えてあげましょう」
勇者「えっ、マジで!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1467921362
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467921362
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/10/1020:16:59.93
9LtXgg2lO
1/9
勇者
「この入り口の狭さでは武器は持って入れないか」
戦士
「ここまで来て引き返すわけにはいかん。武具を外そう」
僧侶
「仕方ありませんでしょうな」
勇者
「では、いざ参る!!」
入室!
魔王
「ようこそおいでやす」
勇者
「貴様を倒す!」
魔王
「威勢のよろしいことで。ここまできて急いで決着つけることもありまへん。まずは座りやせ」
勇者
「うむ」
戦士
「邪魔するぞ」
僧侶
「よっこらせ」
魔王
「今、お茶を立てますよって」
勇者
「かたじけない」
戦士
「おい勇者よ。これは完全に魔王のペースに呑まれてるぞ!危険だ」
勇者
「確かに…。こちらからも攻勢に出るべきだな。よし僧侶!」
僧侶
「心得た。さて魔王さん。我々も手ぶらで来るほど不躾ではない。まずはこの土産を検めて頂こうか」
魔王
「これはこれは、虎屋の羊羹とは、あな嬉しや嬉しや」
勇者
(よし!反応は上々だ!)
元スレ
勇者「魔王の部屋の入り口がクソ狭い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507634219/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2014/01/15(水)21:44:13.45
ID:J87uxY+h0
第一話『女騎士、飛ぶ』
? 警備兵詰所 ?
女騎士「警備というのも、ヒマなものだな」
オーク「まったくだ」
オーク「……そういや、さっき青年が差し入れに持ってきたオヤツがあったな。
    あれでも食おうかな」
女騎士「オヤツだと? 私もいただこう」
オーク「オイオイ、大丈夫か?」
女騎士「むろんだ! あとで食べた分運動すれば、太ることはない!」
オーク「グフフッ、オレは『太るぞ?』とは一言もいってないぜ?」
女騎士「キサマッ……」ギリッ…
オーク「そう睨むなよ。小麦粉揚げたのに、砂糖まぶしたスナック菓子だ。
    雑談のお供にゃピッタリだ」ガサガサ…
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/07(木)23:07:18.48
ID:zJnoMDvlo
 むかしむかしあるところにわがままな王様がいました。
 わがままな王様はとにかく気まぐれで、いつも自分勝手なことばかり言ってはみんなを困らせていました。
 例えばある時は……
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1467900438
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467900438
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/10/1102:41:16
y4WX0puU
1/10
勇者
「なんだ?」
魔王
「ワシも幾度となく勇者を名乗る人間と戦ってきたつもりだが」
魔王
「おぬしの様な奴は初めてでな……」
勇者
「そうか。 良かったな」
魔王
「良いかどうかという話では無いと思うが……」
魔王
「とりあえずまあ、一人でここへ来たのは凄いし、理由も何となく察しがつく」
魔王
「その辺は我慢して置いておくが、一つだけもの凄く疑問に思ったのだ」
勇者
「早く言え」
魔王
「何で全裸なのだ?」
勇者
「職業がニンジャだからだ」
元スレ
魔王「……戦う前にちょっと聞いていいか?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1507657276/
続きを読む

[ 閉じる ]
10/11 (09:36) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/10/11(水)02:41:16
ID:y4WX0puU
勇者「なんだ?」
魔王「ワシも幾度となく勇者を名乗る人間と戦ってきたつもりだが」
魔王「おぬしの様な奴は初めてでな……」
勇者「そうか。 良かったな」
魔王「良いかどうかという話では無いと思うが……」
魔王「とりあえずまあ、一人でここへ来たのは凄いし、理由も何となく察しがつく」
魔王「その辺は我慢して置いておくが、一つだけもの凄く疑問に思ったのだ」
勇者「早く言え」
魔王「何で全裸なのだ?」
勇者「職業がニンジャだからだ」
引用元:

魔王「……戦う前にちょっと聞いていいか?」 


女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」(ファミ通文庫)
postedwith
amazletat17.10.11
KADOKAWA/エンターブレイン(2017-02-28)
売り上げランキング:258
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
10/10 (09:16) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
◆7M0syXftfg
2017/10/01(日)19:22:24.53
ID:2u58ixQb0
勇者「やっぱりさ、世界から魔を消滅するとさ?」
勇者「それ以上の悩みなんか無いとか思うじゃんさ」
勇者「それは感覚の麻痺だと俺は思う訳よ」
勇者「だから国に頼んだり他人に聞けない悩みを解決する為に...」
勇者「勇者のお悩み相談ラジオ!」
勇者「面と向かって言えない事もどしどし相談してねー」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1506853344
引用元:

【安価】勇者のお悩み相談ラジオ 


盾の勇者の成り上がり 8(コミックフラッパー)
postedwith
amazletat17.10.10
KADOKAWA/メディアファクトリー(2017-04-22)
売り上げランキング:328
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
2012/02/14(火)23:50:40.35ID:FNwdNktB0
母魔王「それは困ったものね」アラー
母魔王「一応私が魔王ではあるのだけれど」
母魔王「あなたみたいな子供が勇者として来るとは思わなかったわね」
母魔王「ちょっと、何で言わなかったの?」
側近「申し訳ありません。私の失策です」
母魔王「もう……」
子勇者「なに自分たちだけでぶつぶつ言ってるの?早く戦ってよ。じゃないと……」ウルッ
母魔王「ああ、わかったわ、わかったから勇者がみっともなく泣くのはやめなさい」
こんな感じだけどどうですか?
続きを読む

[ 閉じる ]
10/09 (20:00) SSなび
1:
◆CItYBDS.l22017/09/11(月)19:54:28.53ID:YOFIsHWto
王「なに・・・?勇者が行く先々で問題を起こしておるだと?」
大臣「ええ、陛下」
王「はて、そのような男には見えなかったが・・・」
大臣「いえ、悪に手を染めたというわけではございませぬ」
王「では・・・?」
大臣「その強い正義感が故か、その土地の領主と揉めたり」
大臣「時には、法を破ったこともあるとのことで」
王「ふむ・・・少し安堵した」
王「この世界は広い、我が統治が及ばぬ土地では悪政が蔓延ることもあろう」
王「法律とて、全ての事例に対応でき得るものではない」
王「勇者に正義がある限り、見守ってやろうではないか」
大臣「し、しかし、我が国は法治国家、建前というものがございます」
王「ふむ、大臣の申すことも最もだ」
王「何か、手はあるか?」
大臣「はい。陛下の了承が頂ければ、すぐにでも取り掛かります」
王「うむ」
王「よきに計らえ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1505127268

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/08(日)07:23:53.01
ID:r845RXSE0
魔王『いでよ!新たなる同胞よ!』
???『ん・・・ここは・・・』
魔王『ふはははは』
???『・・・?」
魔王『私は魔王!お前にこの世界での名を与えよう!」
???『え?』
魔王『お前の名は・・・』






続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/04/05(水)01:52:26
ID:FnmJqPgo
女騎士「ドラクエの知識だけでは痛い目にあうぞ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/10/0720:27:39.70
u03vDrZq0
1/28
勇者
「どうなるの?」
賢者
「私らモブにはわかりませんが・・・まあバグるでしょうね」
武道家
「よくわかんねーけど物は試しだ!やってみようぜ!」
曽呂
「危なくないですか?あと賢者とキャラ被りませんか?」
勇者
「じゃ、やってみっか」
ビリビリビリッ
武道家
「なんだ、何も起こらないじゃねーか、心配してそそそんし5%24
%%859%0%%%063w3%」

fsiazo%%%gsizngvnsaijevgvavvjn%
ox%bnfdo
gerobhbsr
hdfhibndobdbhj%%gid
fava
advjis%%%koghiosbfosrhbg







プッ
元スレ
勇者「冒険の書破いたらどうなるの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507375659/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rPuHN1dQX2
2017/04/04(火)00:11:33
ID:mcWhYPL.
魔王城、王の間
勇者「とうとう辿り着いたぞ!」
魔王「・・・・・・なんだこの幼女は」
勇者「いざ!」タッタッタ
魔王「待て、そこは」
ツルン
勇者「あう!」ズテン
魔王「・・・・・・モップをかけたばかりだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
10/08 (19:00) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
◆eUwxvhsdPM
2014/01/14(火)13:28:05.48
ID:hxBfHHY60
ズバァン!
かいしんの いちげき!
まおうは たおれた!▽
勇者「えっ」
僧侶「えっ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1389673685
引用元:

勇者「喰らえ魔王ッ!」魔王「ホイミ!」 


【PS4】V!勇者のくせになまいきだR(VR専用)【早期購入特典】『世界に平和は訪れない!魔界親子アバター』セットがもらえるプロダクトコードチラシ同梱
postedwith
amazletat17.10.06
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(2017-10-14)
売り上げランキング:509
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2011/07/26(火)14:38:39.73
ID:NVFXW4AU0
男「エルフは頭がいいんだからわかってるだろ?」
男「お前は森で捕獲されて、オークションで奴隷として売られたんだ。で、それを俺が買った」
ダークエルフ「そんなこと認めるはずないじゃないですか。はやくこの鎖をはずしてください。それに、この首輪も……」
男「断る、お前には大金をつぎ込んだんだ。それなりのことはしてもらう」
ダークエルフ「ま、まさか、私の身体目当てなんですか!? 変態! 近寄らないでください!!!」
男「いや、貧乳には興味ないからな。メイドとして働いてもらう」
ダークエルフ「あぐっ!?」ぐさー
男「とりあえずまずはリビングの掃除からしてもらおうか」
ダークエルフ「絶対にあなたの言うことなんて聞きません!」
男(面倒な奴だな)
続きを読む

[ 閉じる ]
10/08 (11:29) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/10/07(土)20:27:39.70
ID:u03vDrZq0
勇者「どうなるの?」
賢者「私らモブにはわかりませんが・・・まあバグるでしょうね」
武道家「よくわかんねーけど物は試しだ!やってみようぜ!」
曽呂「危なくないですか?あと賢者とキャラ被りませんか?」
勇者「じゃ、やってみっか」
ビリビリビリッ
武道家「なんだ、何も起こらないじゃねーか、心配してそそそんし5%24
%%859%0%%%063w3%」
fsiazo%%%gsizngvnsaijevgvavvjn%
ox%bnfdo
gerobhbsr
hdfhibndobdbhj%%gid
fava
advjis%%%koghiosbfosrhbg



プッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1507375659
引用元:

勇者「冒険の書破いたらどうなるの?」 


第1話「乙女の真心」
postedwith
amazletat17.10.08
(2017-10-01)
売り上げランキング:1,397
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
7:
2011/06/23(木)02:06:59.96
ID:LSQQycje0
民衆「陛下! 女王陛下万歳!」
臣下「……なき先王のご遺志を引き継がれ、非道なる魔王を暗殺、さらには残党軍との決戦を制された……陛下は英雄ですな」
女王「……英雄は私ではない」
臣下「勇者殿……でありますか?」
女王「彼こそが真の……」
臣下「愛国者、でありましたな。 しかし決戦で行方しれずになってからかれこれ10年……」
女王「……生きている、などとは申しておらぬ」
臣下「左様でございますか……ならばこそ、民草は勇者殿を神格化し、陛下を導き手たる英雄と見たのでございましょう」
女王「……」
臣下「しかし、不思議な縁ですな? 外をごらん下され」
女王「モニュメントか?」
臣下「世界大戦記念碑……勇者殿の名前はあそこに最初に刻まれておりますからな」
この作品は
お姫様「昔の話じゃない、そんなの……」スレ内の別作品です
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。