SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
咲のSS
タグ一覧の表示
<<
2017年03月
>>
54件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1479641705/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2016/11/20(日)20:35:05.52ID:vUMWru840
和「うふふ、ならもっと頑張りますね」シュッシュッ
界「ん…いいぞ和、その調子だ…」
和「だんだんと大きくなってきますね」シュッシュッ
界「ふ…そろそろ、出る…っ」ブルッ
和「いいですよ。出してください」シュッシュッ
界「イク……っ」ドクドクドクッ
和「ふふっ、たくさん出ましたね」
界「和がうまいからだよ」ムクッ
和「あ…また大きくなって…」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2016/11/20(日)20:40:13.92ID:vUMWru840
界「今度は口でしてくれないか?」
和「いいですよ。他ならぬおじ様のお願いなら喜んで。んっ」パクッ
界「おお…」
和「じゅるる…ちゅぱちゅぱ…れろれろ…」
界「いいよ和…そう、裏筋も舐めて…」
和「ちゅぷ…じゅるじゅる…あむ…じゅぽっじゅぽっ」
界「うっ…」ブルッ
和「また出そうですか?」アムアム
界「ああ、でも…」グイッ
和「あっ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489973811/
1:
◆DzxgKhP8WYry
2017/03/20(月)10:36:51.70ID:uv7MPtXZ0
【東京】
怜「来たで東京!」
竜華「前に大会で来て以来やんなぁ!」
怜「来て早々なんやけど、私お腹空いたで!」
竜華「うちもや!」
怜「テキトーにどっかでごはん食べよか?」
竜華「適当でええならコンビニとかでええんちゃう?」
怜「そうしよか?ならコンビニでおにぎりでも食べよか!」

2:
◆DzxgKhP8WYry
2017/03/20(月)10:40:00.44ID:uv7MPtXZ0
【コンビニ】
ウィーン
店員「イラッシャーセー」
怜「竜華!どのおにぎりにしよか!?」
竜華「うちツナマヨや!」
怜「そんなら私鮭にするで!」
竜華「イートインあるし、飲み物買って食べような怜」
怜「せやね」
3:
◆DzxgKhP8WYry
2017/03/20(月)10:42:36.34ID:uv7MPtXZ0
店員「アリアッシター」
怜「私コンビニのおにぎり大好きや!」
竜華「うちも。この海苔が美味しいねん!」
怜「ホンマやで。この海苔が・・・」ペリペリ
パリッ!
怜「ん・・・!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489320909/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/12(日)21:15:09.56ID:LvJE+/1k0
・『咲-Saki-』のSSです。
・メインは京太郎になるので、嫌いな人は戻りましょう。
・安価は取るかわかりません。
京太郎「・・・」
透華「ようこそいらっしゃいましたわ、須賀京太郎!」ババーン
京太郎「お元気そうで何よりですよ、透華さん」
俺、須賀京太郎。この人は俺の許婚の龍門渕透華。とにかく目立つことを考える本当にお嬢様なのか疑いたくなるような行動力の持ち主だ。
今俺がいるのは、この人の家、つまり龍門渕家だ。重い荷物を引っさげて来て早々のうるさいお出迎えに、失礼だとは思うがため息が出る。
透華「あら、ずいぶん元気がありませんわね。何かありまして?」
京太郎「いやうるさいんだよ!何で俺が門くぐるだけでファンファーレ鳴らされてんだよ!」
透華「ふふ、私のほんの気持ちですわ。あなたを歓迎したいという、ね?」
京太郎「そういうの要らないですから・・・これ絶対近所迷惑ですよ」
透華さんはとにかくすべてにおいて大げさだ。この人におしとやかな時期とかあったのだろうか?喋れるようになった頃からこんなんだったんじゃないかって気がしてくる。
こんなのが次期龍門淵家の主だと思うと頭が痛くなってくる。何で俺こんな人の許婚なんだろう・・・何もかんも親達が悪い。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/12(日)21:15:53.70ID:LvJE+/1k0
京太郎「あれ?そういえばハギヨシさんはいないんですか?姿が見えませんけど」
透華「ハギヨシは今衣に付きっ切りですわ。少し熱がありますの」
京太郎「衣・・・あー、そういや今はこの家にいるんでしたね。大丈夫なんですか?」
透華「ま、軽く体調を崩しているだけでしょう。あまりよくならないようなら医者を呼ぶ予定ですわ」
京太郎「なるほど」
衣・・・苗字は天江だったよな?は透華さんの従
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1489222151/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/03/11(土)17:49:11.78ID:b1Gn3vu9o
チンコを扱く手を速める
京太郎「お前ももう逝きそうなんだろ?もう楽になっていいぞ」
浴槽の中で苦悶の表情を浮かべる女に問いかける
もっともこんな状態では聞こえてはいないだろうが
京太郎「出るっ!」ビュビュッ
京太郎「気持ちよかったぜ」ハアハア
泉「」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/03/11(土)17:49:45.68ID:b1Gn3vu9o
ザーメンを処理してから改めて女を見る
京太郎「いい顔だ……」
京太郎「水を吸って膨らまないようにちゃんと水は抜いてやるからな」
せっかくいい顔してるのに土佐衛門みたいな顔になるのはもったいない
これが俺の人生唯一の楽しみ
高校時代に目覚めたこの歪んだ性癖を満足させる
これこそが生きがいだ
勿論こんなことは年に何度も出来ることじゃあない
この趣味を初めてからコイツで3人目だ
対象が決まったら相手についてじっくりと調べる
警察に捕まるなんてツマラナイ事はもうごめんだからだ
でも終わった後は賢者タイムなので片付けが済んだ後は大して気にもせずに犯行現場から帰る
こうやって被害者の部屋から出るところを見られたら御用になるのは間違いない
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/03/11(土)17:50:20.01ID:b1Gn3vu9o
京太郎「今回も誰にも見られなかったな」
案外俺は持っているのかも知れないな
京太郎「さて、明日からはどこに行こうかな」
高校の頃に起こした事件のせいで親に捨てられた俺には帰る家は無い
出所後は気ままにホームレスしながら日雇いの仕事をこなしつつ各地を転々としている
犯行の時に適当に家捜して得た現金も合わせると案外なんとかなる
俺と同年代のクセに俺と違って成功した奴ら
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488972523/
1:
◆.4Vb7WGlxQ2017/03/08(水)20:28:43.50ID:027LMCOD0
健夜「そろそろ閉幕インターハイ」咲「終盤戦、ですね」
など、関連作品の設定を引き継いだ短編です。
纏まってしまったので、一つの短編として投下。

2:
◆.4Vb7WGlxQ2017/03/08(水)20:30:27.35ID:027LMCOD0
昔読んだ小説に、"好きな人と過ごす時間は、何よりも変え難い"というフレーズがあったが、それはどの小説だっただろう?
いつもの放課後の部室……私物のパソコンで何やらカタカタ打ち込んでいる健夜さんを、どうしてか備え付けられているベットに寝そべってコッソリ観察しながら、そんな事を思う。
それなら今この瞬間は、私にとって何よりも変え難いものになっているんだろうか?、と。
咲(……いやいや、どうして健夜さんを見てそんな事を思い出さなきゃいけないんだ)
小っ恥ずかしい想像をブンブンと首を振って否定すると同時に、赤くなった頬を抑える。
……だけど、正直な話。本当に正直な話だ。
私は少なからず健夜さんに好意を持っているんだと、思う。
……いや、この際はっきりと言っておく
3:
◆.4Vb7WGlxQ2017/03/08(水)20:31:10.67ID:027LMCOD0
咲(私は、健夜さんの事が……す、すす、す………)チラリ
健夜「うぅん……」カタカタ
咲「うあぁぁぁぁぁぁ……!!!/////」ゴロゴロ
健夜「!?」ビクッ
なんなんだ、なんなんだこれは。
いつから私は恋愛小説の登場人物の如き悩みに苛まれるような人間になったのか。
でも最早、自分自身の気持ちに嘘を吐き続けるのも無理な気がしない事も無い。
インハイを観戦しに行って……その、色々とあって……思い出すだけで顔が赤く染まっていくのが分かるが、ほぼ告白と取れるような発言をしてしまったのだ、そろそろ認めてしまってもいい頃だろう。
……もっとも私自身、あの時はかなり取り乱していて、そんなつもりで言
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1488704884/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2017/03/05(日)18:08:04.29ID:CaDa9KXzo
・百合要素なし
・タイトルに反して闘牌要素も多分ナシ
・適当に安価のままに行動するだけ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2017/03/05(日)18:11:53.92ID:CaDa9KXzo
1月1日
池田「………なんて初夢だ」 グスッ
池田「ちくしょー、また去年の県大会決勝のことを思い出しちゃったし」
池田「今年こそは……最後の年の今年こそは天江をぶっ倒してやるし!!」
池田「そのためなら手段は選ばないし!」 ニシシ
何をする?
安価↓
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2017/03/05(日)18:12:32.05ID:trimtFBEo
神頼み
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2017/03/05(日)18:15:28.44ID:CaDa9KXzo
池田「よーし、めでたい正月なんだから神頼みするし!」
池田「初詣に行って天江よりも神の加護を受けてやるんだし!」
するとどうなった?
安価↓
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2017/03/05(日)18:16:34.43ID:6ufZ9MFFO
皆の前で放尿脱糞裸踊りすることになった 描写も細かく

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1474248359/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2016/09/19(月)10:25:59ID:Eqkmhb4g
『麻雀部 部室』
和「はあ…」
久「ん? どしたの、和。ため息なんかついちゃって」
和「す、すいません。別に練習が退屈なわけではなくて…」
久「ふふっ、そんなこと知ってるわよ。何か悩み事?」
和「……」
久「和?」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2016/09/19(月)11:12:04ID:oBKWQ23k
おっぱいパンチングボールにしてジムの天井に吊り上げたい。
んで軽いのから重いのからいろいろとパンチを叩き込んでいろいろとダメにしたい。
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2016/09/19(月)12:54:19ID:Eqkmhb4g
和「い、いえ! なんでもありません、大丈夫です!」
久「そう? ならいいけど…悩みから聞くからね。これでも部長だし」
和「…はい」
ガチャ バタン
和「……」
男子生徒「原村さーん! どうしたの?」
むにゅ 
和「ひゃっ!?」
男子生徒「元気ないねー?」
モミモミ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486053817/
1:
◆FYW.3i5lks2017/02/03(金)01:43:38.02ID:xx7+QPT10
久「とりあえずパーティーしましょうパーティー!」
まこ「あんた騒ぎたいだけじゃろ」
久「その通りよ!ケーキ買ってきて!」
まこ「わしが買ってくるんか」
久「いちごたくさん乗ってるやつね」
まこ「自分で買ってこんかい……それに、あんたの好みよりも京太郎の好みに合わせてやらんと」
久「えー?なによ、須賀くんの好みって。おっぱい大きい子?」
まこ「異性の好みはそうじゃろうがな」
久「というか、そもそもプレゼントとかなに用意すればいいのよ?私、同世代の男子の喜ぶものとかわからないんだけど」
まこ「そんなんわしだって詳しくないわ……あんたの方がそういう機会もあったじゃろ?ほれ、副会長とか……」
久「うん、まぁ……でも須賀くんに生徒議会の仕事やらせるわけにはいかないでしょ」
まこ「そりゃあ……うん?ちょっと待てあんた、いろいろおかしいじゃろ」
久「え?なにが?」
まこ「……いや、あんたならやりかねないか……」
久「いやいや!冗談よ!?さすがに私だってそこまで酷くないわよ!ジュースとか付けるし!」
まこ「結局仕事は押しつけるんかい」

2:
◆FYW.3i5lks2017/02/03(金)01:44:14.21ID:xx7+QPT10
久「ほら、あいつはそのためにいるんだからいいのよ。それでずっと生徒議会もやってたんだし」
まこ「副会長も気の毒にのう……」
久「こうして支え合いながらやってたのよ?」
まこ「それ、あんたが一方的に支えられてたんじゃろうが……」
久「……私だってあいつが見落とした書類の不備とか直してたし……」
まこ「あんたがアホみたいに仕事押しつけるせいでミスっとったんじゃ……」
久「その説はわりと有力だけど私は信じてないから。内木くんドジっ子説提唱してるから」
まこ「あんたのう……」
久「いいのよ!あいつだって私に頼られてうれしいはずよ!もしくはこき使われて喜ん
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483081118/
1:
◆.4Vb7WGlxQ2016/12/30(金)15:58:38.51ID:WrQm7n5K0
健夜「まだ終わらないインターハイ」咲「Bブロック、ですね」
の続きになります。
咲さんの性格改変注意です。
書き溜めが無いので、週1更新などざらにあるかもしれませんが、気長にお付き合い頂けたら嬉しいです。

2:
◆.4Vb7WGlxQ2016/12/30(金)16:00:31.49ID:WrQm7n5K0
書き忘れました。
時系列的には、前スレの>>264からとなります。
では、よろしくお願いします
3:
◆.4Vb7WGlxQ2016/12/30(金)16:01:56.35ID:WrQm7n5K0
【インターハイ・Bブロック、準決勝先鋒戦】
小蒔「ツモ……」
小蒔「九蓮宝燈……8000.16000」コォォォォ
恒子『き、決まったぁぁぁぁぁ!!』
恒子『なんとなんと!!永水女子、神代小蒔選手、南入して1局目に役満ツモ!!しかも、九蓮宝燈です!!』
恒子『わたくし、生で見るのは初めての役です!!』
健夜『先程までと雰囲気がガラりと変わりましたね。これは、神代選手の本領はここからでしょう』
健夜(これが、憑依できる中でも上位の実力……)
健夜(さすがに、高校生の域を越えてる)

4:
◆.4Vb7WGlxQ2016/12/30(金)16:03:40.82ID:WrQm7n5K0
恒子『現在トップを走るのは、今の和了りで一気に1位へ浮上したシード校、鹿児島代表の永水女子!!』
恒子『2位に着けるのは同じくシード校、東東京代表、臨海女子ですが点差はそう多くありません!!』
恒子『3位、4位の南大阪代表・姫松高校と南北海道代表・有珠山高校の両校も、点差こそ開いてはいますがまだまだ試合は分かりません!!』
健夜『そうですね。むしろ、その両校に関しては、後々から追い上げるタイプでもありますから』
健夜『かと言って、先鋒で油断して良いという訳ではありません。神
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485791325/
1:
◆FYW.3i5lks2017/01/31(火)00:48:45.72ID:tHQjhI3+0
耕介「ありがとう!」
瞬斗「おー、んじゃこれ」
耕介「ん?なんだ?」
瞬斗「慕ちゃんにプレゼント。渡しといて」
耕介「お、わざわざ悪いな。何入ってんの?」
瞬斗「秘密」
耕介「……お前変なもん入れてないよな?」
瞬斗「いや、普通に無難なものしか贈れねぇよ……」
耕介「じゃあなんだよ」
瞬斗「タオル」
耕介「タオル!?お前、お歳暮かよ!?それ中学生の女の子の誕生日に贈るもんじゃないだろ……」
瞬斗「でもこういう確実に使う無駄にならないものの方がいいだろ。つーか慕ちゃんこういうの喜ぶだろ」
耕介「…………うん。まあ、慕は確実に喜ぶな」
瞬斗「ほら、慕ちゃん主婦だし」
耕介「まぁ……そうだな。そうだね、うん」
瞬斗「……で?お前は何しに来たんだよ?慕ちゃんの誕生日だし、学校行ってる間に家のこととかやっといてやれよ」
耕介「ちゃんとやって来たよ!」
瞬斗「……なんかアレだな。俺の台詞もやっぱおかしいな。完全に嫁さんの誕生日ぐらい家事やってやれよ的な……」
耕介「会話から中学生の誕生日を祝う感じが全くしない……」

2:
◆FYW.3i5lks2017/01/31(火)00:49:18.89ID:tHQjhI3+0
耕介「でさ!」
瞬斗「急にどうした」
耕介「いや、慕の誕生日プレゼントなんだけどさ……」
瞬斗「え、まさかまだ……」
耕介「学校行ってる間に用意しようかと思って……」
瞬斗「えー……」
耕介「だってさ!なんか、その……難しいじゃん!悩むじゃんか!」
瞬斗「まあ、俺から慕ちゃんに、ってのとお前から慕ちゃんにだと全然違うしな」
耕介「何がいいんだろう……」
瞬斗「慕ちゃんの好きなもの!はい!」
耕介「えー……麻雀」
瞬斗「牌はセットであるもんな。麻雀するのに特に追加で必要なものもないだろ?」
耕介「それな……」
瞬斗「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1485262816/
1:
◆98g9HLd1Yf9R2017/01/24(火)22:00:16.45ID:uTCUIzSdo
京太郎「それはいいけど……気持ち悪くない?」
健夜「え、そんなに私の足汚い!?ちゃんと洗ったんだけどな……」
京太郎「いや、そうじゃなくて唾でベタベタになるけどいいの?」
健夜「確かに……どうしよ?」
京太郎「そんなこと聞かれても(ダメだこのアラサー)」
健夜「じゃあさ、こっちのやつにしよう」
京太郎「足コキか」
健夜「ダメ?」
京太郎「いいけど(なんでSMを参考にしてるんだろ?)」

2:
◆98g9HLd1Yf9R2017/01/24(火)22:02:04.23ID:uTCUIzSdo
健夜「……あのさ」
京太郎「ん?」
健夜「なんでそこに寝転がってるの?」
京太郎「足コキするんじゃないの?」
健夜「そうじゃなくて、なんでベッドの下じゃないの?京太郎君が床に転がって私がベッドに座ってやらないと」
京太郎「冷たいし」
健夜「……それもそっか」
京太郎(この人女王様向いてねぇわ)
健夜「あれ?じゃどうやって足コキしたらいいのかな?」
京太郎「俺の足の間に向き合う感じで座って」
健夜「わ、わかった」
京太郎「もうちょい後ろで。そこで足を俺のほうに伸ばして」
健夜「あ、これで上下に動かしたらいいんだ」
京太郎「そういうこと」

3:
◆98g9HLd1Yf9R2017/01/24(火)22:03:19.64ID:uTCUIzSdo
健夜「えっと、こう……かな」
京太郎「っ!そ、そんな感じ」
健夜「すごい、おっきくなってきた」
京太郎「そりゃ、刺激を、あたえられれば、っっ!!」
健夜「えっと……」
京太郎(本見るために足を止めるな!焦らしプレイなのか!?)
健夜「えと、そんなにヨガっちゃってー、そんなに私の足がいいの?」
京太郎「手のほうがいいな」
健夜「あ、そうなんだ」
京太郎「うん」
健夜「……
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483233356/
1:
◆eBX.lrCXD2
2017/01/01(日)10:15:56.30ID:8Dbpf4KGO
九月某日
奈良県山中
穏乃「へーっくち!」
穏乃「うう……」ズズ
憧「なによ、風邪?」
穏乃「うん……昨日から風邪っぽくて、クシャミと鼻水が……」
憧「よくそんなんで山登りに誘ったわね」
穏乃「だって家でじっとしてたら余計風邪が悪化するよ」
穏乃「山の中を駆け巡ったほうが、元気になる!」
憧「はいはい」


2:
◆eBX.lrCXD2
2017/01/01(日)10:19:11.46ID:8Dbpf4KGO
憧「それにしても、雲行きが怪しくなってきたかな」
穏乃「うーん。またこの前みたいに雨が降るかも」
憧「そうならい内に、早く下山しよ……」
憧「……」スンスン
穏乃「どしたの憧」
憧「なんか……変な匂いがしない?」
穏乃「うーん、鼻がつまっててわかんない……」
憧「こっちの方から匂いが……」
憧「……行かなきゃ」フラフラ
穏乃「あ、待ってよ!憧!」
……


穏乃「はぁ……はぁ……」
穏乃(おかしい……)
穏乃(山の中なら私の方が慣れてるはずなのに、憧に全然追いつけない……)
憧「……」タッタッタ
穏乃(まるで、この辺りを熟知してるような走り方……)
穏乃(見失わないので精一杯……)
3:
◆eBX.lrCXD2
2017/01/01(日)10:21:32.72ID:8Dbpf4KGO
穏乃「……っと、あそこにあるのは……洋館?」
憧「……」スタスタ
穏乃「あ……待てよ憧!」
ギイイイィィィィ
穏乃「……!」
穏乃(洋館の中に入って行った……?)
穏乃(いったい、この屋敷は……)
穏乃「うわっ……!」
穏乃「なんだ……この庭一面に咲いてる、桃色のヒトデみたいな花は……」
穏乃「綺麗……なんだろうけど、なんか色が毒々しいというか……」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479029028/
1:
◆nviHdy4saQRf2016/11/13(日)18:23:48.35ID:wda4syUYO
目を覚ますと枕元にノートがあった。
一枚めくる。
『白築慕は強い』
また一枚めくる。
『私の記憶は半荘一回しか持たない』
また一枚めくる。
『お母さんは死んだ』
また一枚めくる。
そこから先は白紙だった。

2:
◆nviHdy4saQRf2016/11/13(日)18:29:41.06ID:wda4syUYO
憩「おはようございますーぅ」
慕「あなたは……?」
憩「荒川憩いいますーぅ。ここであなたのお世話をする仕事してますーぅ」
慕「……ひょっとして初めまして、じゃないかな?」
憩「ノートは読み終わったみたいやねー」
慕「お母さん、死んだんだね」
憩ちゃんは神妙な顔で肩を竦めた。
憩「私はその話し、あなたからしか聞いたことありませんよーぅ」
慕「半荘一回ってどれくらいの長さなの?」
憩「人それぞれですーぅ。打てる4人が集まれば1時間、覚えたての4人なら3時間かかるかもしれませんよーぅ」
慕「短ければ5分で終わる事もあるかもね。だからきっと大事なことしか書いてないんだ」

3:
◆nviHdy4saQRf2016/11/13(日)18:47:00.77ID:wda4syUYO
あの夏からどれくらい時が流れた?
高校3年生、インターハイ団体決勝。私の頭の中の引き出しが開く最後の記憶。
モザイク画のように曖昧で、ぼんやりとした記憶。
上家も下家も顔がない。ただ、対面の顔ははっきり思い出せる。
顔だけ。名前はわからない。でも、彼女は強い。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481457078/
1:
◆qX57dzI5v.
2016/12/11(日)20:51:18.69ID:VM7Vmz+L0
ここは清澄高校
和「ええ、pixivタグ数です」
咲「タグ数がどうしたの?」
和「誰の名前が多くヒットするかを調べました。これから発表したいと思います」
久「面白そうね」
和「対象は、清澄、龍門渕、鶴賀、風越、姫松、永水、宮守、臨海、有珠山、阿知賀、白糸台、
千里山、新道寺の合計13校、各5名の出場選手、合計65名です。
彼らのフルネームで検索した結果を発表したいと思います」
咲「ほかの人たちは?プロとか、京ちゃんとか、ちゃちゃのんとか・・・」
和「彼らには悪いですが、対象外としました」
京太郎「ひでえな。俺だってレギュラーキャラなのに」
まこ「お前さんにもそのうちいいことがあるけえ、気を落とすな」
優希「タグ数の多さと人気は必ずしも比例はしないけど、ある程度の目安にはなるじぇ」
和「この結果は、2016/12/11に調べたものです」

2:
◆qX57dzI5v.
2016/12/11(日)20:52:01.16ID:VM7Vmz+L0
和「では、発表します。13位。臨海女子です」
先鋒:194
次鋒:54
中堅:98
副将:47
大将:87
合計:480
まこ「これは少ないのう」
久「本格的に動き出したのが、準決勝からだからかしら。登場自体は永水と同時期だけど」
咲「準決勝がアニメ化されたら増えるかもしれないから、それに期待だじぇ」
咲「決勝での対決にも期待だね」
3:
◆qX57dzI5v.
2016/12/11(日)20:52:32.81ID:VM7Vmz+L0
和「12位。有珠山高校です」
先鋒:295
次鋒:160
中堅:254
副将:318
大将:286
合計:1313
まこ「これまた全体的に少ないのう」
久「臨海と同様に、登場時期が遅かったからかしら」
優希
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481096707/
1:
◆qX57dzI5v.
2016/12/07(水)16:45:07.48ID:UfkNhwaI0
1997年・・・
   優勝は鉄壁保プロ!!
オオオオオオ
20年の時を経て、爆岡を倒したあの男が現代に蘇る
   覚えておいてくれ、これは・・・
   爆守備だ

2:
◆qX57dzI5v.
2016/12/07(水)16:45:51.20ID:UfkNhwaI0
ここは鉄壁の家。鉄壁は、家で睡眠中、夢を見ていた
保「zzz」
??「鉄壁・・・、鉄壁よ・・・」
保「誰?」
??「私はお前を作り出した神だ」
保「神?神が僕に何の用ですか?」
神「お前は爆岡を倒しただけで満足しているのか?世界にはお前の想像を超える雀士が山ほどいる。
彼らと闘ってみたくはないのか?」
保「爆岡よりも強い相手?そんな雀士がいるんですか?」
神「お前が爆岡を倒してから20年、その時代にいる」
保「20年後?今じゃないんですか?」
神「私はお前をその時代にワープさせることができる。20年後は現在と比較し技術が進歩しているため、
お前が浦島太郎にならないように、その時代に合わせた知識を与える。衣食住や資金、その他の物資も用意する」
保「本当ですか?お願いします」
神「長野県のroof-topという店に行け。そこで会えるはずだ」
こうして鉄壁は、現代にワープする
神、というか片ちん「ふう、神のふりをするのも疲れるぜ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346437722/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/01(土)03:28:42.68ID:6QvCxT1K0

白望×胡桃です
2人はお付き合いしてます。ラブラブです
書き溜めは途中までしかありません
寝落ちしたらごめんなさい

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/01(土)03:30:48.86ID:6QvCxT1K0
白望「……」ツンツン
胡桃「ふにゅ」
白望「……」プニプニ
胡桃「むにゃ」
白望「……」ビローン
胡桃「うー……?」
白望「……かわいい」
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/01(土)03:33:07.10ID:6QvCxT1K0
キンコンカンコンゲコウジコクニナリマシター
白望「あ……」
白望「部活サボっちゃったな……」
白望「塞に何か言われるかも……」ダル…
白望「……胡桃起こさないと……」
白望「胡桃ー起きろー」ユサユサ
胡桃「……んむー……」
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/01(土)03:36:04.11ID:6QvCxT1K0
胡桃「…………ふぁー……」
胡桃「んー、私の部屋じゃない……?」
白望「起きた?」
胡桃「あれーシロだー」
胡桃「すきー」ダキツキ
白望「…………胡桃?」
胡桃「ぎゅー」
白望「ぎゅーじゃなくって……」
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/01(土)03:39:17.68ID:6QvCxT1K0
白望「寝ぼけてるでしょ」
胡桃「寝ぼけてないよー……」
白望「寝ぼけてる人はみんなそう言う……」
胡桃「寝ぼけてないってばー……」
白望「……はいはい、じゃあ帰るよ」
胡桃「えー」
白望「えーじゃない」
胡桃「せっかくシロと
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348283575/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/22(土)12:12:55.99ID:oGpzSRWX0
エイスリン「オネーチャン…アイタカッタヨー」ダキッ
キャプ「あ、あの…あなたは?」
みたいなの

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/22(土)12:19:44.80ID:ft2IgLtj0
エイスリン「オネーチャン…アイタカッタヨー」ダキッ
淡「あわわわわ」
こっちでもよくね?
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/22(土)12:20:32.10ID:khm7rkZF0
福路美穂子ちゃんの美乳揉みたい
11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/22(土)13:10:39.32ID:8x4wG/m70
エイ「オネーチャン…アイタカッタヨー」ダキッ
美穂子「あ、あの…あなたは?」
トシ「そう…彼女で間違いないのね」
エイ「ウン!ワタシノオネーチャン!」
美穂子「元プロの熊倉トシさん…? えっと、どういうことでしょうか?」
トシ「少しお話いいかしら?福路美穂子さん… いえ、福路ウイッシュアート美穂子さん」
美穂子「!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458226076/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/17(木)23:47:57.28ID:+ZVbqP780
咲「原村さんって料理上手だね!」
優希「おう!なんせのどちゃんは中学の時の家庭科の成績はいつも5だったからな!」
和「ちょ、優希…。そんな私はまだまだですよ…」
咲「でもこのタコスすごくおいしいよ?」
優希「30秒で一つはたいらげられるじぇ!」
ゴリッ
優希「んぐうっ!?」
咲「ど、どうしたの?優希ちゃん」
和「ほら…しゃべりながら食べるから…」
優希「かんひゃったひぇー!」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/17(木)23:50:15.78ID:+ZVbqP780
咲「うわ…傷跡がすごく痛そう…」
優希「でもここで負けてはタコス人間の名が廃る…」
和「なんですかその名前」
優希「かんじゃっても私はタコスを食べ続けるじぇ!」
ビリビリ
優希「んんーーーっ!!」
咲「やっぱりしばらくはタコスは食べられなさそうだね」
優希「ひはひんはへー!!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/17(木)23:52:20.11ID:+ZVbqP780
和「優希の口内炎、どうすれば早く治るのでしょうか…」
咲「一回できるとしばらくは広がるからね」
優希「嫌なんだじぇ、そんなの」
咲「ちょっと探してみたんだけどレーザー治療をするというのが一つの手だって」
和「でも誰が医療費出すんでしょうか」
優希「私のお小遣いが一瞬で吹き飛ぶじぇ」
咲「じゃあ別の方法にしようかな」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358480313/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/01/18(金)12:38:33ID:2U09PlRI
『全国大会決勝校が決ぃまったぁぁぁああー』
______
こーこ「すっこやんお疲れさまぁ?」
健夜「おつかれー」グテ
こーこ「おっと、アラフォーにはきつかったかなぁ?」ニヤニヤ
健夜「アラフォーじゃ無いよっ、、あこーこちゃんこの後夜ご飯、、」
こーこ「ごめんねーこの後、男の人とデートなのー」
健夜「えっΣ」
こーこ「すこやんも早くいい人見つけないと生き遅れちゃうぞー」
健夜「こーこちゃんの彼氏って、、ってもういないよ…」
健夜「お母さんに今日はよるご飯いらないから、出かけてきていいよ
   っていっちゃったし」ハァ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/01/18(金)12:40:48ID:2U09PlRI
優希「咲ちゃーん、おつかれさまだじぇ」
久「これで。夢にまで見た全国大会ね」
まこ「3人も一年が入ったときから、もしかしたら…とは思っとったんじゃが
   まさか本当にいけるとはな」
和「咲さん、この後打ち上げをかねて2人の愛を確かめ合いましょう!」
咲「みんなーお疲れ様です、、え?淫ピちゃん何か言った?」
京太郎「咲ー、お疲れっ」
咲「京ちゃん!みてくれた?」
京太郎「おう!バッチしだぜ、格好良かったぞ!」
咲「えへへ…//」(ってそこは可愛かったって言うところだよぉ
和「シクシク…」
久「あらあれは…小鍛冶プロじゃないかしら?(いつものアナとは一緒じゃないのねー…)」
まこ「なにか悩んどるようじゃのう…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361696780/
2:
>>1ありがとなのよー2013/02/24(日)18:06:50.22ID:XffTsP/60
―――――――9月、新道寺女子高校麻雀部部室前廊下
哩「よーお」
煌「あ、部長。お久しぶりです」
哩「おいおい、もう部長はお前やろうが」
哩「わたしはもう引退した身ぞ」
煌「そ、そうでした……まだ慣れないものでつい」
煌「ですが、本当に部長は私なんかでよろしかったので?」
哩「何を言っとんの。宮永相手に2戦続けてあれだけの健闘。十分よ」
哩「おかげで最後まで腐らずに戦えた。その働きは監督も評価しとる」
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/24(日)18:08:16.34ID:XffTsP/60
煌「ですが、実力からいえば……」
哩「んー……まぁ、そのうちわかるやろ。部長にお前を選んだ理由が」
哩「エースと部長は必ずしも同じって事は無い」
煌「それはそうですが」
哩「はぁ、歯切れが悪いな。しゃんとしい」
哩「そこまで言うんやったら教えちゃるけどな」
哩「部長というのは全部員を統率し、その責任を一手に引き受けなくてはならん」
哩「たとえ自分が悪いわけではなくても……な」
哩「ここまで言えば姫子でなくお前を選んだ理由がわかるやろ」
哩「エースと部長が必ずしも同じ人って事は無い、どころかエースがエースであるためには部長と兼ねるべきではない」
哩「姫子ではその重圧に耐えきれんやろーね。だからこそ芯の強いお前を推薦した」
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/24(日)18:10:02.47ID:XffTsP/60
煌「それは私を買いかぶりすぎでは?私だってへし折れるときはへし折れますよ」
哩「はっはっは!どの口が言う」
哩「なんにせよ、後のことは頼んだぞ」
煌「任された以上はやり通すつもりですが」
哩「ならばよし。……で、姫子は?」
煌「秋の大会に向けて第2対局室で監督とお話してますよ」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
怜「絶対ふとももなんかに負けたりしない!!」キッ(前編)
611:
◆lQzP0htYVdWl
2013/09/18(水)22:54:31.69ID:aXSkOJlko

怜「寝たフリしてみよ」
612:
◆lQzP0htYVdWl
2013/09/18(水)22:56:12.17ID:aXSkOJlko
部室内
怜「んー」ゴロゴロ
竜華「皆来ないなぁー」ナデナデ
怜「そやなー……太ももすりすりしとこか」スリスリ
竜華「もー、こそばいって言いよるやん」
怜「ええやんー」
竜華「えー……まあ、ええけどさぁ」
怜「そうやろ?♪」
竜華「……機嫌ええなぁ」ナデナデ

613:
◆lQzP0htYVdWl
2013/09/18(水)22:57:06.16ID:aXSkOJlko
怜「(…そういえば、竜華って)」
怜「(ウチが寝とる間、何しとるんやろうな)」
怜「(………やってみよ)」
怜「りゅうかぁ……」
竜華「ん?どうしたん?眠い?」
怜「ん……ちょっと、寝る…」スウスウ
竜華「…おやすみー」ナデナデ
怜「(…いたずら、されてへんとええな)」ゴロッ
竜華「♪?」ナデナデ

614:
◆lQzP0htYVdWl
2013/09/18(水)22:57:39.30ID:aXSkOJlko
竜華「怜ー?」
怜「………………………」
竜華「寝てしもうたか…」
怜「(ここからやな)」
竜華「……ふふ」ナデナデ
怜「(……前髪撫でとる)」
竜華「ホンマ可愛いなぁ…………」
怜「(…仰向け、失敗やな。寝顔晒しとかんとダメやん)」
竜華「…髪もサラサラやし」スル
怜「(今度は後ろ髪か……)」
怜「(…起きとるときと変わらんな)」
615:
◆lQzP0htYVdWl
2013/09/18(水)22:58:35.18ID:aXSkOJlko
竜華「あー、アカン。可愛い」プニプニ
怜「んぅ………」ゴロン
竜華「!」ピタッ
怜「(……頬、ぷにぷにされた…
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1478178265/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2016/11/03(木)22:04:25.60ID:0P4ZjoX0O
淡「穏乃からメールが来たんだー」
菫「穏乃?」
誠子「阿知賀の大将ですよ」
誠子「ちなみに私にも同じ内容のメールが鷺森さんから来ました」
菫「誰なんだ!」
誠子「阿知賀の副将ですよ」
菫「みんな仲良くメアド交換してるのか……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2016/11/03(木)22:08:35.19ID:0P4ZjoX0O
照「私はしてないよ」
照「私以外はしてた様な気がするけど……」
尭深「私もしてないから大丈夫ですよ」
照「渋谷……」
尭深「個人的には江口さんとしたかったけど言い出せなかったんですけど」
照「やっぱり自分から言った方が良いのかな?」
照「でも私から言ったら気を使って本当は嫌なのにOKしてくれそうだし」
尭深「有名人は大変ですね」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2016/11/03(木)22:15:29.53ID:0P4ZjoX0O
菫「その話はもういい!」
菫「それよりなんで私が逃げる必要があるんだ?」
淡「誰もメアド交換してくれなかったからって気にする必要ないですよ」
菫「なんで私が話逸らそうとしてる風なんだ」
菫「私の場合はストーカーされると困るから誰とも交換していないだけだ」
照「部内でも知ってる人間はわずかだもんね」
誠子「部長なのに意味わかんないですよね」
菫「女の子が私の事を好きになるのがいけないんだ」
尭深「その発言ちょっと引きます」
淡「女の子にモテる自信があるみたいですもんね」
菫「うるさいぞ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378067059/l50
1:
以下、新鯖からお送りいたします
2013/09/02(月)05:24:19.75ID:9OT2PA7DO
怜「ふとももには勝てなかったよ…」ゴロゴロ
竜華「何いうてんの、怜」
怜「竜華のふとももが魅力的すぎるのがあかんわ」スリスリ
竜華「太腿に頬ずりすんのやめっ!」
怜「いやーきもちええ。勝てる気がせんわ」スーリスリ
竜華「…えーかげん恥ずかしいからやめいって…」
――
オムニバス系竜怜・怜竜スレ

竜華「ギュッてされたい」』
――

2:
以下、新鯖からお送りいたします
2013/09/02(月)05:26:38.68ID:tfGqDjn+o
怜「んー」ゴロゴロ
竜華「それにしても、みんな来んなぁ」ナデナデ
怜「竜華と二人っきりになれるのは、嬉しいんやけどな?」
竜華「……もう、照れることサラリと言うなや…」カア
怜「相変わらず、純情やなぁ?」ムクリ
竜華「あれ、もう起きるん?」
怜「体はこんなにえっちぃのに」ムニッ
竜華「ひゃ!?」
3:
以下、新鯖からお送りいたします
2013/09/02(月)05:27:08.56ID:tfGqDjn+o
怜「巨乳は固いことが多いーいうけど、竜華のは柔らかいで」
竜華「いやいや、何しよるんよ!」
怜「ええやん、あるモンは触るモンや」ムニムニ
竜華「…………もう勝手にし」ハァ
怜「なぁ竜華、おっきい人は肩がこるって、ホンマ?」
竜華「えー…あ、確かに、そうかも」
怜「ならいつも膝枕してもらっとるお礼や。肩もみしたるでー」
竜華「ん……じゃあ、お願いしようかな」
怜「じゃあ背中こっち向けて?」
竜華「はーい」クルッ

4:
以下、新鯖からお送りいたします
2013/09/02(月)05:27:39.39ID:tfGqDjn+o
グッ
怜「(うわ、ホンマにめっちゃ固い……)」
竜華「………」
グック
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360413310/
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/09(土)21:37:13.40ID:bQNSjjRO0
カランカラン
「いらっしゃい」
「ご注文は?」
宥「おまかせ」
「はいはい」
照「宥」
宥「照ちゃん」
照「こんな風にしてお酒を飲む事になるとはね」
宥「わたしも想像だにしなかったな」
照「宥と初めて会ったのは、大学1年の春だったっけ?」
宥「高3の夏じゃないかな?」
照「そうだっけ……?」
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/09(土)21:38:08.36ID:nJRn8n5W0
大学SSか
しえん

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1479902122/
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/11/23(水)20:55:22.151ID:YI/2pigT0.net
咲「ふぁっ! あ、あの、ごめんなさい部長! 言い間違えちゃいました」
久「ふふっ、良いじゃない、なんだかんだ言ってもやっぱりお姉ちゃんが恋しいのね」
咲「えっと、あの部長、そんな……」
久「あら、いいのよ、お姉ちゃんって呼んでも」
咲「お、お姉ちゃん……」モジモジ
久(なにこれ! 咲にお姉ちゃんって言われるたびに脳から何か出る?!)

2:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/11/23(水)20:56:13.122ID:YI/2pigT0.net
優希「部長!そろそろ風越の部長さんとの約束の時間だじぇ」
久「あら、もうそんな時間なのね、それじゃ待ち合わせ場所に行かなきゃ、咲も来る?」
咲「あっあの、私は……」
久「遠慮しなくても良いのよ?優希も来るし」
咲「じ、じゃあ、あの、一緒に行きます」
3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/11/23(水)20:56:40.915ID:YI/2pigT0.net
久「……咲のお家ではお姉ちゃんにも敬語使ってたの?」
咲「えっ!? いや、そんな事はありませんでしたけど……」
久「なら、私にも敬語じゃなくてもいいのよ? 私、お姉ちゃんなんだから」
咲「う、うん……わかった、お姉ちゃん……」
優希「部長と咲ちゃんの関係性がなんだかとても進んでるじょ!?」
京太郎「おいなんの冗談だこれ」
マコ「あー見えて部長は寂しがりやじゃけぇ、よっぽどお姉ちゃん呼びが嬉しかったんじゃろぉ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480419353/
1:
◆.4Vb7WGlxQ2016/11/29(火)20:35:53.78ID:+yRHFJyV0
前→
咲「宮永咲の」アシ『お先におやすみなさい』【咲先ラジオ第9局目】
咲さんがメインを務めるラジオSSです。

3:
◆.4Vb7WGlxQ2016/11/29(火)20:40:51.94ID:+yRHFJyV0
もう一歩踏み出せる?私待ってたよ?♪
絶対ゆずれない?♪この時を待ってたよ?♪
NewSPARKS!輝きの中で?♪
NewSPARKS!違う世界へ?♪
咲「皆さんこんばんはっ」
咲「宮永咲のお先におやすみなさい」
咲「す、好きな四字熟語?えぇっと、一期一会!」
咲「メインパーソナリティの宮永咲です♪」
咲「本日、8月22日日曜日!今日はりゅーもんスタジオではなく、東京国際フォーラムラジオブースから週末最後の癒しの時間を皆さんにお届けします!」?

4:
◆.4Vb7WGlxQ2016/11/29(火)20:41:35.94ID:+yRHFJyV0
咲「さてさてー」
咲「改めまして、今日は慣れ親しんだ長野のスタジオではなく、東京のインハイ会場にあるスタジオからお送りしている訳ですが」
咲「リスナーの皆さんは勿論、どうして私が東京に居るのか理由を知ってますよね!」
咲「……ふむふむ、そうですそうです!知ってる方はバッチリです!」
咲「……え、知らない?そんな人、居るはずないですよねー」
咲「正解はですね、わたくし宮永咲はインターハイの解説プロとして、東京にお呼ばれしているからです!」
咲「……はぁ…」
咲「うん………そんなんです、解説ね」
アシ『どうかしたんですか?』
咲「私ね?解説の本番が始まる前までは……」
咲「ラジオでも緊張せず話せるようになったし、解説くらい余裕だよね!……って思ってたの」
アシ『ほう』
5:
◆.4Vb7WGlxQ2016/11/29(火)20:42:22.81ID:+yRHFJyV0
咲「ところがど
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480319991/
1:
◆qX57dzI5v.
2016/11/28(月)16:59:51.51ID:KkKPETjO0
※このssは、
【咲-Saki-】咲「意味が分かると怖い話?」【ホラー?】
の続き(?)です

2:
◆qX57dzI5v.
2016/11/28(月)17:00:46.29ID:KkKPETjO0
Part5:遭難
有珠山高校麻雀部は、冬休みにある雪山にスキーをしに行った
誰かが悪乗りをしてコースを外れてしまい、しかも運悪く吹雪になり、
5人は遭難してしまった
揺杏「誰だよ。『面白そうだからコース外で滑ってみよう』なんて言ったのは」
誓子「爽が言ってたわね」
揺杏「爽、てめえのせいだぞ」
爽「お前らだって賛成しただろ。私だけの責任かよ」
由暉子「このままだと遭難しそうです」
爽「もう遭難してるよ」
成香「・・・」ハァハァ
本内は、5人の中でも特に消耗が激しかった。その時、真屋が何かを発見する
由暉子「あ、あれは何ですか?」
真屋が指した方向を見ると、簡素な小屋が見えた。全員、その小屋に避難することにする
3:
◆qX57dzI5v.
2016/11/28(月)17:01:17.79ID:KkKPETjO0
小屋の中
爽「取りあえず助かったな」
由暉子「そうですね」
揺杏「みんな来てくれ。こっちにストーブと灯油があるぞ」
岩館は、小屋の中でストーブと灯油を発見する
爽「これで暖まれる」
数時間後
由暉子「凍死は免れたけど、今度はお腹が空いてきました」
揺杏「ホテルで食べる予定だったから、何も持ってきてないや」
誓子「私も」
成香「・・・」ハァハァ
爽「私たちもやばいけど、成香が死にそうだ」
誓子「でも、薬もないし・・・」
4:
◆qX57dzI5v.
2016/11/28(月)17:01:46.79ID:KkKPETjO0
次の日
全員の看病も虚しく、本内は死んでしまう続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473761281/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/09/13(火)19:08:01.52ID:j4Yo3Du5O
三年生組が社会人設定
他の学年とは10年ほど年が離れています。
照と淡が従姉妹設定
以上が問題ない方はどうぞ
暇なとき更新します

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/09/13(火)19:10:44.42ID:j4Yo3Du5O
オフィス。
久「ねぇ菫? もしよかったら今夜の合コン参加しない?」フワッ
菫「合コンだと?」
菫(…突然、直属の上司(同期入社)から合コンの誘いを受けた)
怜「せやで?、若い果実をつまみ食いすんねん」
菫「……なに?」
久「ちょっと怜―、せっかく菫誘ってる時にそういう事言わないでよー」
怜「あははは?っ」
菫「なんだ、冗談か…」
久「さすがにそこまでするかは向こうのメンツ次第よねー」
菫「!?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/09/13(火)19:23:13.34ID:j4Yo3Du5O
久「まあ、初めは楽しくお酒飲む場とでも思っておけばいいわ」
菫「そういう場はあまり好きではないな……」
怜「まーまー、そんな固いこと言わんと」サワッ
菫「ひゃっ、ちょっと! どこを触っている!?」
怜「何って……太股撫でてるだけやん」
怜「なんや菫はん、お固いこと言うわりに体つきは程よぅ引き締まってはって、ええ太股してはりますな?」サワサワ
菫「くっ、そこは太股ではなくて内腿だ…っ! やめろ!!」
バッ
久「ちょっと怜、菫にそういうことするの止めてって言ったでしょ?」
怜「そんな本気で振り払わんでも……ちょっとからかっただけやん」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/09/13(火)19:30:02.40ID:j4Yo3Du5O
久「大丈夫、大丈夫よ、菫はちょっとした数
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461078518/
1:
◆pjALZHgaVSgG2016/04/20(水)00:08:39.19ID:qyTs6SFZ0
・咲-saki-
・新子憧×国広一メイン
・京太郎のムスコ♂は出ますん。
【咲-saki-】咲「・・・・・///」チョロチョロ
↑この作品の方向性が分かるかも知れません。


2:
◆pjALZHgaVSgG2016/04/20(水)00:09:37.72ID:qyTs6SFZ0
咲「・・・・・」
和「・・・・・」
京太郎「・・・・・ん」
咲「・・・・・」
和「・・・・・」
京太郎「・・・・・っく」ドデュルル
京太郎「ふぅ・・・」
和「・・・ありがとうございます」
咲「・・・・・京ちゃん、私にも・・・」
京太郎「あぁ」
咲「・・・・・」ワクワク

3:
◆pjALZHgaVSgG2016/04/20(水)00:10:40.48ID:qyTs6SFZ0
和「・・・・・」
京太郎「・・・・・ぅ」シュッ
京太郎「・・・ぉ・・・」シュッ
咲「・・・・・」ワクワク
京太郎「・・・・・ぁ」ピュッ
咲「」
京太郎「」
咲「京ちゃん・・・」
京太郎「・・・すまん、もう出ない・・・」
和「・・・・・」サッ
咲「・・・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377401688/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)12:34:48.86ID:yVEjv7pq0
ましろ色シンフォニーっぽい展開の咲-Saki-SSです
http://www.youtube.com/watch?v=fjSW7KrWDgI


2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)12:40:12.29ID:yVEjv7pq0
憧「いたっ!ツチノコーっ!」
玄「うわわ」
和「はぁ、はぁ…謎の動物なんているわけがないじゃない、ですか…」ゼエハア
憧「あたしたちの前に現れたのが運の尽きよ!さあ大人しくお縄につきなさーい!」
穏乃「とうっ!捕まえ…た!」グイッ
??「キュー!」
憧「でかしたしずっ!…ってなにこのブッサイクな生き物」
和「あ…!?」フルフル
穏乃「どしたの和?この生き物のこと知ってるの?」
和「そのつぶらな瞳…丸っこい身体…黄色い嘴…」フルフル
和「エトペンじゃないですか…!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)12:46:14.48ID:yVEjv7pq0
エトペン「キュ?」
憧「は?」
穏乃「エトペンって…確か和が好きな絵本のキャラクターだよね?」
和「はい。『エトピリカになりたかったペンギン』の主人公エトペンです」
玄「和ちゃんのランドセルのキーホルダーのやつだね」
エトペン「キュィ?」
和「まさかエトペンが実在しているなんて思ってもいませんでした。間近で見るとすごく可愛い…!」
穏乃「確かに私もこんな生き物始めて見た!」
玄「ビックリだね?」
和「エトペン!」ダキッ
エトペン「キュ!?」ポヨン
エトペン「キュゥ…///」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)12:52:17.56ID:yVEjv7pq0
晴絵「…」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。