SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
咲のSS
タグ一覧の表示
<<
2017年06月
>>
10件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497239242/
1:
◆.4Vb7WGlxQ2017/06/12(月)12:47:22.84ID:R2muesgR0
前→
咲「宮永咲のお先におやすみなさい」照「宮永姉妹の、だね」【咲先ラジオ第10局目】
咲さんがメインパーソナリティを務めるラジオSSです(不定期更新)
前回、次回はクリスマス回と書きましたが……
め、メリークリスマス!(6月)
色々と無かった事にして書いています。
では、宜しくお願いします

2:
◆.4Vb7WGlxQ2017/06/12(月)12:49:05.92ID:R2muesgR0
今を抜け出そう?♪
手に触れた?Glossyfuture?♪
咲「皆さんこんばんは!」
咲「宮永しゃ……」
咲「……」
咲「コホン、宮永咲のお先におやすみなさい」
咲「夏にしてみたい事?えっと、肝試しですかね!」
咲「メインパーソナリティの宮永咲です♪」
咲「本日6月11日、日曜日!りゅーもんスタジオから週末最後の癒しの時間をリスナーの皆さんにお届けします」

3:
◆.4Vb7WGlxQ2017/06/12(月)12:49:31.90ID:R2muesgR0
咲「さてさてー」
アシ『……』ジ-ッ
咲「……なにかな?」
咲「言いたい事があるなら」
アシ『宮永しゃき』
咲「言わないでっ!」バッ
アシ『ふっ……』クスクス
咲「むぅ…なんとかやり過ごせたかと思ったのに」プク-

4:
◆.4Vb7WGlxQ2017/06/12(月)12:49:57.28ID:R2muesgR0
アシ『あたかも何事も無かったかのようにしてましたけど、聞いているこちらからしたら凄く不自然でしたよ』
咲「仕方ないよね。人間だもん、誰だって舌が回らない時はあるよ!」ウンウン
咲「なのでリスナーの皆さんも、自己紹介の時自分の名前を噛んじゃっても堂々としましょう!」
アシ『上手く纏めましたね…』
咲「でもでも、実際あると思うんだよね」

続きを読む

[ 閉じる ]
健夜「無事に閉幕インターハイ」咲「日常編、ですね」(前編)
448:
◆.4Vb7WGlxQ2017/04/29(土)22:03:24.79ID:2vVoa4Qn0
?清澄宿泊ホテル?
和「はい、はい……」
和「分かりました。皆に伝えて、検討してみますね」
和「はい。……では、また後ほど」
ピッ
久「電話は終わったかしら?」
和「はい。それで、面白そうなお誘いを頂いたのですが」
久「面白そう?」
優希「なんだー?タコス食べ放題なら任せとけ!」
まこ「そんなイベント一生やらんじゃろ」

449:
◆.4Vb7WGlxQ2017/04/29(土)22:05:48.35ID:2vVoa4Qn0
和「どうやら、今夜インターハイの後夜祭……?を開催するそうなんです」
和「阿知賀の皆が、私達も来ないかと」
みなも「後夜祭ぃ?」
久「露骨に嫌そうな顔するわね」
みなも「面倒。咲と電話してたい」
和「小鍛治プロも来るそうですし、咲さんも来ると思いますが」
みなも「よし、行こう。すぐに行こう!」
みなも「もう、和ってば!それならそうと、早く言ってよ!」バシバシ
和「ちょっとみなもさん!バシバシしないでくださいっ」
優希「みなちゃんの手首はゆるゆるだじぇ」

450:
◆.4Vb7WGlxQ2017/04/29(土)22:09:27.56ID:2vVoa4Qn0
久「後夜祭ねぇ」
みなも「え、行くよね?行くでしょ!だって、ウチには個人戦2位がいるんだよ!」
みなも「行かなきゃだめだよ!うんうん、和も何か言って!」
和「どれだけ楽しみなんですか……そりゃ、私も咲さんに会えるのは楽しみですが」
久「そうねぇ……折角のお誘いだし、OKしようかしら?」
みなも「やーったぁー!」バンザ-イ
優希「あんなに可愛い喜び方をしたみなちゃん、見たことないじぇ」
まこ「よっぽど嬉しいんじゃろうね」クスクス
和「では、参加しますと返事をしておきますね」
久「うん、任せたわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489830370/
1:
◆.4Vb7WGlxQ2017/03/18(土)18:46:10.58ID:JKCZHIre0
健夜「そろそろ閉幕インターハイ」咲「終盤戦、ですね」
の続きというか、小ネタ集みたいな物です。
いつも通り、咲さんの性格が改変されているので注意です。
前回同様、まったり更新ですので気長にお付き合いくださいっ。
では、よろしくお願いします

2:
◆.4Vb7WGlxQ2017/03/18(土)18:48:03.17ID:JKCZHIre0
【episode,1冬の日】
?茨城県・つくば女子高校、麻雀部部室?
咲「……戻りました」ガラララ
健夜「あ、おかえり咲ちゃん」
健夜「外、寒かったでしょ」ヌクヌク
咲「むっ…」
健夜「うん?」フフ
咲「これ見よがしにおこたでヌクヌクして…」ジト-
健夜「ふふ、麻雀で負けた咲ちゃんが悪いのである」ドヤ
咲「オーラスに天和出されて捲られるなんて、屈辱です…」グヌヌヌ
3:
◆.4Vb7WGlxQ2017/03/18(土)18:49:25.98ID:JKCZHIre0
咲「しかも正真正銘、偶然の天和ってなんですか、あれ」
咲「偶然に見せかけてお得意の積み込みですか?」
健夜「お得意の!?」ガ-ン
咲「だいたい、私が勝ち越してたんですからあの試合は私が負ける流れでしたし…ずるいです」
咲「±0を利用して私をパシリにするなんて……この鬼畜っ」
健夜「やろうって言ったのは咲ちゃんだよね…?」
咲「まあ、そうですけど……」メソラシ
咲「ま、良いです。では、私も失礼して」ヌクヌク
健夜「ん」スス

4:
◆.4Vb7WGlxQ2017/03/18(土)18:50:15.48ID:JKCZHIre0
咲「ふあぁ…」
咲「温かいです」ニヘラ
健夜(可愛い)
健夜「って、ちょっと狭いよ咲ちゃん」ギュ-
咲「ここは私の席ですもん。隣が嫌なら、健夜さんが動いてください」プイ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1494732405/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/05/14(日)12:26:45.41ID:CjoOHLz90
照「咲ーいる?」ガチャッ
照「なんだ、いないのか…本借りようと思ったのに…」
咲「ただいまー」
照「あ、玄関から咲の声が。帰ってきたのか」
照「…そうだ!部屋に隠れて驚かせてやろうっと!」
照「そうと決まれば…あ、ここがいいかな」イソイソ
照「ベッドの下に隠れて、と」

2:
◆ISKnZCS1rs
2017/05/14(日)12:29:47.69ID:CjoOHLz90
照『…わっ!』
咲『ひゃあっ!!』
照『あはは。ビックリした?咲』
咲『もうっお姉ちゃんったら!!』プンプン
照『ごめんごめん。お詫びに今度買い物に付き合うから』ギュッ
咲『ほんと?なら許してあげる』ギュッ
照「……なーんちゃって」ムフフ
ガチャッ
咲「ここが私の部屋だよ。入って」
嫁田「お邪魔します」
照「…………は!?」
3:
◆ISKnZCS1rs
2017/05/14(日)12:30:49.84ID:CjoOHLz90
嫁田「ここが咲ちゃんの部屋かぁ…そういや来るのは初めてだな」
咲「いつもは嫁ちゃんの家にお邪魔してるもんね」
照(ど、どういうこと!?咲が男を部屋に連れ込んだ!?)
嫁田「まぁうちは両親とも仕事で夜にしか帰ってこないから」
嫁田「誰も居ないほうが…しやすいもんな」サワッ
咲「あっ…駄目だって///」
照「!!?!!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494150740/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/07(日)18:52:20.66ID:Iz8Tv685o
京太郎「清澄高校麻雀部黎明」【咲】
上記のifみたいな物です。
和編と言っていいものやら

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/07(日)18:53:01.58ID:Iz8Tv685o
 彼と出会ったのは偶然なのかも知れません。
 それでも、私はあの日の出会いを運命だと信じたいです。

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/07(日)18:53:41.06ID:Iz8Tv685o
 中学時代からの親友であるゆーき―――片岡優希―――が、
「タコスを補充してくるからのどちゃんは先に行ってくれ。」
と、私を置いて食堂に向かってしまったので、麻雀部を探すことにしました。
 ですが、中々麻雀部は見つけることができませんでした。
 探している最中に私に声をかけてくる男子生徒しかいませんでした。
 「麻雀部に入ろうと思っているので」と言っても諦めません。
 「まぁまぁ、話しだけでも」と食い下がってきます。
 
 その目は私ではなく、身体を見ている目でした。
 正直な所、中学時代からそういった目で見られることは少なくありません。
 ですが、慣れることでもないので人が来ないような場所、所謂旧校舎付近に逃げることにしたのです。

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/07(日)18:54:10.55ID:Iz8Tv685o
其処で、王子様と出会ったのです。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489487095/
1:
◆eBX.lrCXD22017/03/14(火)19:24:56.27ID:+C7mM5Qq0
唐突ですが、我が国、由暉子王国の説明をしましょう
その王国は北海道の某所、真屋夫妻が建てた一戸建ての二階、北東に面した角部屋に位置しています。
東の窓からは朝日が差し込み、北の窓からは寒い風が吹き付ける我が王国の領土は、およそ六畳
入国の際には、南西に位置する扉から入ることができます
扉にはエイリアンのポスターが貼っており、巨大な双眸が入国する者を睨めつけています
この扉をくぐる者、汝一切の希望を捨てよ

2:
◆eBX.lrCXD22017/03/14(火)19:26:27.38ID:+C7mM5Qq0
エイリアンを睨み返しながらエイヤッ!っと扉を開くと、眼前には我が由暉子王国の大地が聳えています
入って左手、西側の壁には様々な衣装が詰まったクローゼット
ついこの間までは我が国の民族衣装はとても地味なものでした
しかし旅の行商、揺杏先輩のおかげで、実に豪華絢爛煌びやかな衣服に満たされる事になりました
北の壁には窓と、国王である私が身を横たえるためのベッドがあります
雲のようにフワフワとしたベッドに横たわり、天上から国土を睥睨して電灯を消す事で、我が国には夜が訪れます
そして天井には、星座のポスターがプラネタリウムのように貼ってあり、蛍光塗料で輝くその星々は、我が国の夜空を彩っています
しかし、光あるところにまた闇もあり
このベッドの下は、ガラクタやゴミを適当に押し込んだ、混沌空間となっています
いずれは視察に向かい、片付けなくてはいけませんが、多忙につき先延ばしにしています
3:
◆eBX.lrCXD22017/03/14(火)19:28:30.20ID:+C7mM5Qq0
東の壁は大きな窓があり、ベランダへと繋がっています
窓の外からは他国の情勢を眺めるできるのです
窓際には幾つかプランターが置いてあり、そこには様々な花と植物、そして雑草が生えています
朝日を浴びてすくすく育つ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489399977/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/13(月)19:12:57.14ID:Kh9lp7OKO
久しぶりにSSを書きたくなったて言うか、何て言うか…
咲(……ここ、どこ?)
咲「千、里山?」
咲「……え?電車間違えたのかな?」
咲(……どうしよう……)
―――――
―――――――――
雅枝「待たんかい!引ったくり!」
雅枝「ちょっと道空けてや!」
雅枝「そこの中坊、退いてくれ!」
咲「お母さん……お姉ちゃん――え?」
雅枝「はよ退けや!ぶつかるで!」
――――
―――――――

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/13(月)19:17:41.36ID:Kh9lp7OKO
咲「痛たた……」
雅枝「すまんな。大丈夫か?」
咲「うん。大丈夫だよお母さん」
雅枝「……は?」
咲「お母さん?」
雅枝「……大丈夫やないやん」
咲「お母さんこそ大丈夫?」
雅枝「ん?ああ、大丈夫や。それより、頭見せてみ」
咲「ん」
雅枝「あちゃータンコブなってるわ。少し待っててや……えと……」
咲「咲だよ。本当に大丈夫?」
雅枝「ああ、すまんすまん。大丈夫じゃないかもしらんわ。ほな、少しだけ電話するわ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/13(月)19:23:40.53ID:Kh9lp7OKO
洋榎『はいはい。どないしたん?』
雅枝『落ち着いて聞いてくれ』
洋榎『何や?警察にでもお世話になったんか?』
雅枝『……愛宕姉妹にニューフェイスや』
洋榎『はぁ?オトン単身赴任やで?流石オカンとは言えショックやわ』
雅枝『何言うてんねん。赤ん坊やない。中坊や』
洋榎『ますます意味分からんわ。家出娘か何かか?』
雅枝『……には見へん』
洋榎『ならあれか?賭け麻雀で毟れるもん無くなかったから娘を頂
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488984977/
1:
◆Bt64IWMOO2
2017/03/08(水)23:56:17.38ID:4PXjb/LR0
―湯町中・部室―
慕「すみません遅れましたー」
玲奈「学活が長引いて……」
雫「いいよいいよ。石飛さんたちヒマしてるから打ってあげて」
李緒「一年面子で卓囲んどいてよー」
美凛「あ、それポン」
亜搖子「はいよ」
慕「今は先輩たちで打ってたんですね」
玲奈「おーい、閑無ー。杏果ー」
閑無「話しかけてくんな!」クワッ
慕玲奈((!?))


2:
◆Bt64IWMOO2
2017/03/08(水)23:56:59.54ID:4PXjb/LR0
杏果「ごめんね二人とも。いま閑無、夢中になってるから」
玲奈「それにしてもびっくりだよ」
慕「……ねえ閑無ちゃん、なにしてるの?」
閑無「ゲーム!」
杏果「雑すぎでしょ」
玲奈「ホントだよ」
3:
◆Bt64IWMOO2
2017/03/08(水)23:57:54.18ID:4PXjb/LR0
玲奈「ゲームやってるのは、見れば分かるけど」
慕「うん」
玲奈「んな夢中になってるなんて、ゲームで何してるわけ?」
閑無「対戦!」
玲奈「……」
慕「……」
杏果「だから雑だってば」
4:
◆Bt64IWMOO2
2017/03/09(木)00:00:05.92ID:4lYc/oQo0
閑無「しゃーないだろ。今レート戦の途中なんだから集中させろよ」
玲奈「レート? ってことはポケモン!?」
閑無「おう。話ならこのバトル終わってからしてやるから」
玲奈「わかった! そん代わし、今やってるバトル見せて!」
閑無「うるさくするんじゃねーぞ」スッ
玲奈「……ほほー、サザンドラとパルシェンの対面かー」
慕(予想外の!)
杏果(食いつきのよさ!)
5:
◆Bt64IWMOO2
2017/03/09(木)00:01:32.72ID:4lY
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490994000/
1:
◆GtxVadXeUQ2017/04/01(土)06:00:11.94ID:uXIGRq840
某スタジオ
健夜「結婚することになりました!」
恒子「…………」ポカーン
健夜「……ん?どうしたの?こーこちゃん」
恒子「え、ちょ……いきなり何を……」
健夜「え?結婚の報告だけど、不味かったかな?」

2:
◆GtxVadXeUQ2017/04/01(土)06:01:45.48ID:uXIGRq840
恒子「いやいやいやいや、え?あれ?」
健夜「こーこちゃんが何か面白いこと言えってフったよね」
恒子「あ……あー!そっかそっか!」ポン
恒子「今日は4月1日か!なーるほど!」
健夜「んー?」キョトン
恒子「んもう、すこやんったら?」
3:
◆GtxVadXeUQ2017/04/01(土)06:04:18.02ID:uXIGRq840
恒子「いくら生放送だからってこんな体張ってくれるなんて♪」
恒子「引退後は喪女芸人も全然イケるね!」
健夜「喪女!私が!?」
恒子「今見てくれてる視聴者のみなさんもビックリだけど」
恒子「春一番のSP番組で、ゲストが自虐ネタはお勧めしないゾ♪」
健夜「……へ?自虐って?」
4:
◆GtxVadXeUQ2017/04/01(土)06:08:03.55ID:uXIGRq840
恒子「結婚するだなんてさwwwwwwww」
健夜「うん、するよ?」
恒子「アラフォーがそれネタにした冗談しちゃいかんでしょwwwwwwww」
恒子「まさに愚者wwwwwwwwエイプリルフールなだけにwwwwwwww」
健夜「アラサーだよ!でも、たしかに嘘になっちゃうか……」
健夜「彼、今大事な時だし籍は再来年くらいかなぁ……」ハァ
恒子「……………………は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493125494/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/25(火)22:04:55.24ID:NR0jmhWOo
京太郎「清澄高校麻雀部黎明」【咲】
上記の久視点です。

12:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/25(火)22:18:49.57ID:NR0jmhWOo
>>1
正確には久視点のようなものになります。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/25(火)22:05:26.54ID:NR0jmhWOo
『全国大会で優勝できたきっかけですか?』
『はい。失礼ですが、無名だった清澄高校が、優勝まで辿り着いたきっかけがあれば是非とも教えて頂けないかと。』
『それは、簡単ですよ。ある1人の部員が入部してからです。
そこから、清澄高校麻雀部は始まったと言っても過言ではありません。』
『それは、―――』
今でも、鮮明に思い出せる。昨日のことのように。
それは、晴れた春の出来事だった。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/25(火)22:06:28.27ID:NR0jmhWOo
若い草の芽ものび、桜の咲き始める、季節が今年もやってきた。
我が清澄高校には新たに320名が入学した。
その中から、麻雀部に興味を、関心を持ってくれる人は何人いるのだろうか?
議会長権限でどうにか廃部は免れているが、今年入部希望者がいなければ、廃部となってしまう。
そうなれば、夢でもある全国制覇にも手が届かない。
「はぁ。弱気になっちゃ駄目ね。まだ、入部希望者が0っていう訳でもないのに。」
そう言って、自分に活を入れる。
でも、心の何処かでは諦めている自分がいる。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/25(火)22:07:25.94ID:NR0jmhWOo
去年はや
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。