SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
星井美希
タグ一覧の表示
<<
2018年11月
>>
6件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
◆pvi4t7el1QeD
2018/08/26(日)09:53:10.91
ID:ECw2v2Mw0
美希「ん......んん......」スカー
小鳥「ふふ、今日も気持ちよさそうに寝てますね美希ちゃん......」
律子「......まぁ最近は忙しかったですし、大目に見ますよ」
小鳥「今日は美希ちゃんもうお仕事無いんでしたっけ?」
律子「いえ、2時からまだあります」
小鳥「ほんと売れっ子ですね......」
律子「......最近の不調も早く戻ってくれればいいんですけどね」
小鳥「やっぱり忙しすぎるんじゃ......」
律子「うーん、でも前からスケジュールはこんなもんだったのに最近になっていきなりってのは......」
小鳥「確かにそうですねぇ」
美希「......んぅ......」スピー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/31(火)20:45:26.12
ID:lAT4bDOA0
美希「それと、春香の膝枕も最高なの」
春香「えっと…急にどうしたの?」
美希「ミキね、最近気づいたの。春香に膝枕をして貰ったり、春香を抱き枕みたいにぎゅっとして一緒に寝ると、なんだか眠りの質がとっても良くなるの」
春香「えっと…あ、ありがとう……?」
美希「うん、だからミキと一緒に暮らしてほしいの」
春香「ん…? ちょ、ちょっと待って! 何だかいきなり話がとんだけどどういう事!?」
美希「えっとね、春香と一緒に寝ると眠りの質が良くなるでしょ? 眠りの質が良くなると元気が出てキラキラできるでしょ? だからいつでも春香と寝るために一緒に暮らそうと思ったの」
春香「な、なるほど……。うん、理屈は分かったけどそれでも分からないことが多すぎるかな」
美希「どこが分からないの?」
春香「えっと…それじゃあまず、私の膝枕が最高って言ってたけどなんで私なの? 膝枕ならあずささんとかの方が良さそうだけど…」
美希「なるほど…さすが春香、いい質問なの!」
春香「この問題に関しては、いい質問の定義が分からないけどね」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆0NR3cF8wDM
2018/07/10(火)21:26:29.35
ID:VtXsprNk0
 星井美希は悩んでいた。
 ソファーに寝そべり、ぼうっと天井を眺める。
 普段この体勢を取る時は基本的に目を瞑っているから、何だか新鮮な気がした。あ、あそこ傷があるの。
 いつだったか、ふと頭に浮かんだ疑問。単純なものだったけれど、珍しく一瞬で答えが出てこなくて、それからずっと纏わりつかれているような感覚がある。
 プロデューサーに相談すれば解決することだと、それぐらいのことは分かっていた。いつも優しくて頼りになるあの人なら、きっと彼女にとって良い未来を示してくれることだろう。
 今までずっと、そうしてくれたように。
 でも。
 美希は、自分で悩むことを選んだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆dzX3.Do/lI
2018/06/24(日)23:54:23.51
ID:gJjidA9o0
美希「プロデューサーさ?ん」
P「こっちだ、こっち」ヒラヒラ
美希「やっと見つけたのー。……あ、おはようございます」
P「おはよう、美希。きてくれてありがとな」
P「それじゃ、早速だけど行くぞ」
美希「はーい!」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)03:05:20.60
ID:uiQlO/+6O
美希「ほしいの ほしいの!」
春香「美希、何が欲しいの?」
美希「お菓子の作り方、教えてほしいの!」
春香「いいよ。まずは材料買いに行かなきゃね!」
美希「春香!前を見なきゃ・・・」
ドンガラガシャ-ン
美希「間に合わなかったの」

続きを読む

[ 閉じる ]

◆pvi4t7el1QeD[saga] 2018/05/15(火)19:02:46.94ID:zkE8cO2g0
美希「おいしいの?♪」モグモグ
貴音「そんなに美味なのですか、そのおにぎりは」
美希「あげないからね!」
貴音「ふふ......それは残念です」
美希「はむっ......う?ん、このおかかがいい感じにきいてるの!」モグモグ
貴音「それにしても美希は本当においしそうに食べますね」
美希「うん。おにぎりはおいしいもん」
美希「貴音もラーメン食べるときそうなるでしょ?」
貴音「そうですね。つまりわたくしにとっての、らあめんのようなものだと......」
美希「そうなの。どうせ今日もラーメン食べてきたんでしょ?」
貴音「なぜわかったのですか」
美希「いやラーメン食べない貴音なんて一年の中でも珍しいじゃん」
貴音「......」
美希「貴音、今日いっしょにレッスンだよね?」
貴音「ええ、それに響も加わって三人です」
美希「響はどこ......? 前科があるから見張ってないとだめなの!」
貴音「レッスンの前に帰ってくるはずです、大丈夫ですよ。ああ見えて響はしっかりしていますから」
美希「美希もわかってるよ...... でも怒られるのはミキなの」
貴音「あれは美希も悪かったと思いますが......」
美希「うるさいよ! 貴音も律子に怒られてみればわかるの!」
貴音「律子嬢が恐ろしいのは知っております。わたくしもこの前らあめんを五食続けたときに受けたお説教は......もう......」
美希「あぁ...... 貴音が二日くらいラーメン食べてないと思ってたら律子に怒られてたからだったんだ」
貴音「律子嬢はわたくしの健康を考えてくれていたのです...... 無碍にはできません」
美希「いや......普通に律子が怖かっただけでしょ」
貴音「......」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。