SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
涼宮ハルヒの憂鬱SS
タグ一覧の表示
<<
2020年02月
>>
11件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561550451/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/26(水)21:00:51.77ID:F2H4nCm2O
その日、空に浮かんだ暗雲から雨粒が舞い降りたのは、昼休みが終わってからだった。
SOS団の無益な活動を終える頃には、いよいよ本降りとなっており、帰宅するべく昇降口から一歩踏み出すのは、傘を忘れた俺からすると、なかなか勇気の要る悪天候である。
「ん」
そんな俺に向けて、涼宮ハルヒが口をへの字に結んだまま、傘の先端部を突きつけてきた。
いったい、なんのつもりだろう。
「傘、忘れたんでしょ?」
「あ、ああ……」
「特別に、貸してあげる」
それはどうもご親切に、とはいくまい。
「お前はどうするんだ?」
そう尋ねると、ハルヒは何言ってんだこいつ、みたいな眼差しと共に、嘆息をひとつ吐いて。
「見ればわかる通り、傘は1本しかないんだから、あんたと一緒に帰るに決まってるでしょ」
ああ、なるほど。
それは道理だろう。
しかし、すると、まさか。
ひょっとして、それは相合傘という奴では。
「なによ」
「……いや、なんでもないさ」
今にも俺を置き去りにして立ち去りそうなハルヒに懸案事項を告げるのを諦めて、俺はいかにも女子の持ち物とわかる黄色い傘を、広げた。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/26(水)21:04:17.66ID:F2H4nCm2O
ところで、傘というのは本来1人で使用するものであり、ビーチパラソルなどの特殊な用途に使われるものを除けば、そこまで大きくはない。
よって、現在、俺の左肩はびしょ濡れだった。
「肩、濡れてるわよ」
「仕方ないだろ」
「もう少し、こっちに寄ったら?」
肩が濡れるのは仕方ないことだと割り切っている俺に対して、ハルヒは解決策を提示した。
しかしながらそれには新たな問題が発生する。
端的に言って、肩と肩が触れ合う危険性だ。
「仕方ないじゃないの」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570715261/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/10(木)22:47:41.06ID:oEeyvj9ZO
「今日はみくるちゃんの身体測定をするわ!」
「どひぇえええええええええええっ!?!!」
その日、SOS団と名乗る反社会的組織団体に不法占拠された文芸部室において、か弱い美少女がセーラー服をひん剥かれる事案が発生した。
「んふ。どうです?僕達も測定しませんか?」
「やらん」
朝比奈さんの生着替えを間近で見物する度胸は持ち合わせておらず、一目散に部室から避難した俺は同じく部室から追い出された古泉に気持ち悪い提案を持ちかけられて即座に拒否した。
「もう入っていいわよ!」
「やれやれ」
許可が下りたのでそそくさと部室へと戻る。
衣服が乱れた朝比奈さんが痛ましく生々しい。
ご覧の通り、涼宮ハルヒは平常危険運転なので、そろそろ厳罰に処して頂きたいものだ。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/10(木)22:49:23.98ID:oEeyvj9ZO
「みくるちゃんったらまた育ってたのよ!」
「す、涼宮さんだって……」
「当たり前じゃない!負けてらんないもの!」
どうやら2人は順調に育っているらしい。
そこでふと、長門に目が留まった。
たとえ嵐が吹き荒れてもいつも通り読書をしている小柄な身体を見て、何気なく尋ねてみた。
「長門はどうだったんだ?」
「キョン!セクハラ発言すんな!」
今更何を言ってやがるんだろうね、こいつは。
聞いてもいないのに成長を報告してきた癖に。
とはいえデリカシーに欠けていたのは事実だ。
なので仕方なく質問を取り下げようとしたら。
「……読んで」
「あ、ああ……」
気づいたら目の前に長門が佇んでいて。
読みかけの本をこちらに差し出してきた。
突拍子もなく脈絡もなく相変わらず無表情。
せめてあと少しは補足して欲しいものである。
「ちなみに僕の
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1367306260/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/30(火)16:17:40ID:rAhkBYdg
朝比奈(大)「私がどうかしましたか?」
キョン「朝比奈さんって俺の妹の未来の姿ですよね?」
朝比奈(大)「え″!?どうしてそう思ったんですか?」
キョン「まず少しタレ目な所、猫が好きという共通点があります。」
朝比奈(大)「でもたれ目で猫好きなんて人は世の中にたくさん居ると思いますよ?」
キョン「まあ本名はこっちです。ハルヒを観察するためにわざわざ未来から送り込んで来る人を朝比奈さんのようなか弱い女性を送ってくるなんて事をするとは考えられません。潜入捜査みたいなもんですから、来るなら古泉の所の森さんみたいな超人にすると思うんですよ。」
キョン「でもそうしなかったのはなぜか、それは生い立ちにハルヒが関係しているか俺に関係してると思うんです。ジャイコとジャイアンじゃあるまいし、キョン、キョンの妹だなんて呼ばれ方はおかしいと思いませんか?」
朝比奈(大)「そ、それはそうですが…この時代の私とキョン君の妹さんは全然性格が違いますよ…?」
キョン「そんなのは禁則にかかることは禁則事項としか言えなくなるみたいに、未来の技術でちょちょいのちょいじゃないんですか?それになによりウインクしたときの顔とその時に口元に人差し指をあてる仕草がそっくりなんですよ。」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/30(火)16:34:03ID:rAhkBYdg
キョン「めったに登場することの無い妹の同級生のミヨキチですらフルネームで登場してますしどこか謎の残る鶴屋さんや佐々木、それに脇役中の脇役国木田やアホの谷口ですら苗字がありますし、俺だってキョンっていうあだ名があります。でも妹なんてキョンの妹ですよ?これは″みくる″という名前を晒してしまうと色々とマズいからなのでは?」
キョン「見た目の他の部分で言えばうちの妹は小学五年生になっても低学年としか思えない見た目です。
それに朝比奈さん(小)の方もとても年上と思えないどころか中
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1369506405/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/26(日)03:26:45ID:Nwx7i54g
消失長門の世界線てことで
人参美味しいよ人参

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/26(日)03:27:22ID:Nwx7i54g
‐下校‐
消失長門「キョ、キョン...くん...」
キョン「何だ?」
長門「き、昨日シチュー作ったの...」
キョン「お、カレー以外にレパートリー増やしたんだな」ニコニコ
長門「た、食べてみる?」
キョン「あぁ、喜んで」
長門「...」フフッ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/26(日)03:27:56ID:Nwx7i54g
‐帰宅‐
長門「た、ただいま...」
キョン「お、お邪魔します」
長門「...待ってて」
キョン「おぉ...」
長門「‐着替え中‐」エプロン
キョン「」ガタッ
長門「」ビク!
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/26(日)03:28:27ID:Nwx7i54g
キョン「か、可愛いな...///(き、気にしないでくれ)」
長門「////////」カァァ
キョン「え......え?」
~
長門「.....出来た」
キョン「おぉ!」
長門「た、食べてみて...」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1365860970/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/13(土)22:49:30ID:RAttouGU
ハルヒ「それじゃ古泉君・・・鍵お願いね・・」
古泉「ええ、わかりました」
キョン「悪いな古泉」
古泉「いえいえ、涼宮さんの体調が優れないのですから仕方ありませんよ。貴方は彼女を無事に家までお送りしてください」
キョン「ああ、任せとけ。ほら、いくぞハルヒ」
ハルヒ「うぅー・・・」
みくる「そ、それじゃあ私もお先に失礼しますぅ」バタン

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/13(土)22:50:04ID:RAttouGU
古泉「・・・さて、みなさん帰られましたが・・・長門さん」
古泉「涼宮さんの体調不良の原因、貴方には何か察しがついているようですね?」
長門「・・・」スタスタ
長門「涼宮ハルヒが体調を悪くした原因は、おそらくこれ」
古泉「パソコン・・・ですか?」
長門「・・・先ほど涼宮ハルヒはこの言葉を検索していた」カタカタ
長門「彼女の具合が悪くなったのは、その検索結果によるものと思われる」
古泉「ふむ・・・なんと、淫乱テディベア、ですか・・・どれどれ」カチカチッ
古泉「」
長門「ユニーク」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/13(土)22:50:57ID:RAttouGU
古泉「」
古泉「・・・涼宮さん、学校でなんてものを・・・せめて淫乱の文字が目に入った時点で少しは躊躇いましょうよ」
長門「あなたも少しは躊躇うべき」
古泉(しかし・・・なんだこの気持ちは・・・)
古泉(まるで父親の部屋でエロ本を見つけたときのような嫌悪感と高揚感・・・)
古泉(・・・僕は同性愛者だったんでしょうか・・・いやそんなまさか・・・)
prrrrr・・・
古泉「・・・困ったものです」
古泉「すみませんが長門さん、閉鎖空間が発生したようです。施錠をお願いしてもよろしいでしょうか」
長門「構
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569588814/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/27(金)21:53:34.59ID:IVY7iCaZO
涼宮ハルヒの尻穴に指先を突っ込んだら一体どんな反応をするのかなんてことは、他愛もない世間話にもならないくらいのどうでもいい話だが、それでも思い立ったら吉日という格言もあるので、ものは試しとばかりに即実行に移し、僭越ながらカンチョーをしてみたところ。
「んあっ!?」
ぶちゅっ!
「どあっ!?」
思わず耳を塞ぎたくなるような水音が響き、そして指先に確かな湿り気を感じて、俺は遅ればせながらやっちまったな、としみじみ思った。
「すまん、ハルヒ」
「キョン……あんたの仕業ね?」
「こんなつもりじゃなかったんだ」
こんな筈ではなかった。まるっきり想定外だ。
俺は当初、もっと軽い反応を期待していた。
普通にきゃっ!なんて悲鳴をあげて羞恥で頬を染めるハルヒを眺めながら、尻穴に突っ込んだ自分の指先をくんかくんか!と嗅ぎたかった。
そんな俺のささやかな野望は、突如出現した下痢便によって儚くも崩れ去ったわけなのだが。
「……嗅ぎなさいよ」
「えっ?でもお前、たった今、漏らして……」
「いいから、早く嗅ぎなさいよ!」
「よし、わかった。嗅げばいいんだな?」
俺も男だ。うだうだ言わない。腹を決めた。
男にはやらねばならぬ時がある。それは今だ。
ゆっくりと湿り気を帯びた指先を、嗅いだ。
「くんくん……フハッ!……むぐっ!?」
ハルヒの便臭が脳天にガツンときて湧き上がる愉悦を嗤いに変換し、高らかに哄笑しようとすると口を塞がれた。なんとハルヒの唇で、だ。
「はむっ……ふむっ……あむっ」
「??!?」
こちらの口腔内に侵入してきたハルヒの舌によってたっぷりと舐られ、脳みそが沸騰した。
情熱的な涼宮ハルヒの唇と舌の味は甘かった。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/27(金)21:55:57.03ID:IVY7
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1562858908/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/07/12(金)00:28:28.48ID:sIiC4s/D0
神のみぞ知るセカイと涼宮ハルヒの憂鬱のクロスです。


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/07/12(金)00:52:43.53ID:sIiC4s/D0
桂馬「誰だ?そいつ」
エルシィ「誰って、次のターゲットですよ!神にーさま!」
桂馬「…なぁエルシィ。駆け魂狩りを始めてもう数ヶ月は経ったはずなのに、ボク達はいつまでこんなことを続けなきゃいけないんだ?」
エルシィ「そ、それは全ての駆け魂を捕まえるまでですよ!」
桂馬「なんだか果てしなく長い戦いになりそうだなぁ…」ハァ

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/07/12(金)00:57:26.19ID:sIiC4s/D0
桂馬「それで、その涼宮ハルヒってのはいったいどんな奴なんだ?」
エルシィ「えっと、涼宮ハルヒさん。光陽園学園って学校に通っているみたいですね」
桂馬「…なんだその貧相な情報は?もっと攻略に役立ちそうな情報は他にないのか?」
エルシィ「うーん……あっ!そういえば、高校に入学した時にした自己紹介の台詞はありますよ!」
桂馬「は?自己紹介の台詞?」
エルシィ「はい。えっと…」
ハルヒ『ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしの所に来なさい。以上』
エルシィ「って感じみたいです」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/07/12(金)00:59:19.68ID:sIiC4s/D0
桂馬「なるほど、わかった。ボクは降りる」
エルシィ「待ってください神にーさま!どうしてそんなこと言うんですかー!?」ガーン!!
桂馬「やかましい!こんな自己紹介をする奴なんてかなり危ない奴に決まってる!だからボクはパスだ!」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357931441/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/12(土)04:10:41ID:X07ja3Fk
何だ?またいつにも増して素っ頓狂な事を言い出しやがる。俺はここにいるじゃねえか、おいこらハルヒ、これは何の新しい遊びだ?小学生じゃあるまいし、無視を決め込むのはどうかと思うぜ。
古泉「おそらく急な野暮用でもできたのでしょう。今は彼の帰還を黙って待つのみです。でしょう?長門さん」
長門「」コクリ
みくる「キョン君どこに行ったのかな…」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/12(土)04:11:07ID:X07ja3Fk
【第一章】
古泉はともかく長門や朝比奈さんまで?それに一週間だと?つい昨日まで普通に相手してくれていただろうに。
ハルヒ「うーん。下っ端の団員とは言え、五人しかいない中の一人に姿を消されるとまとまる団もまとまらないわ。何か落ち着かない、んー……今日はこれで解散!」
古泉「鶴屋さんに招待された花見大会の件について、そろそろ決めなくてはいけないことがあるのでは」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/12(土)04:11:27ID:X07ja3Fk
ハルヒ「そう、SOS団団員各々で一発芸の披露を考えてたのに、最も期待できる人材のキョンがいないんじゃ話にならないわ」
そりゃどういう意味だ。確かにこの中でまともに芸なんざできる奴は限られるが、俺なんかよりも無駄に器用な古泉や、お前の方が笑いを誘えそうなもんだが。
ハルヒ「今日はもう帰る。できるだけ私も連絡が取れるよう努力をするけど、古泉君も副団長として無断欠席した団員の行方は必ず捜し出しなさい」
古泉「了解しました」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/12(土)04:11:47ID:X07ja3Fk
……っておいおい、この遊びは継続のまま解散するつもか。これがお前の言う面白いことか、らしくないぜハルヒ。少なくともお前はそんなことで娯楽欲求を満たせるような下
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417959759/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/07(日)22:42:49.13ID:Bpn1iwo20
あれほど咲き乱れた桜も散りゆき、鮮やかな新緑が芽吹き始め、
なぜ桜は卒業式の後に満開となり入学式の前に散ってしまうことが多いのだろうか、
やはり自然というものはなかなか人間の思い通りにはならないものか、
いやはや実は新緑の方が新年度の始まりというものを象徴するにはちょうどよい気もする、
ただそうなると秋を越えたころに葉が落ちてしまうのはどう説明をつけようか、
などと例のごとくどうでもいいことに思案をめぐらすことで、
ついに受験生となってしまった自分の身の上を頭から追い出そうとしていた春先のことであった。

2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/12/07(日)22:43:32.69ID:Bpn1iwo20
朝比奈さんが卒業し我がSOS団の専属メイドがいなくなってしまった今、
団員のためのお茶を入れるのは万年雑用たる俺の役目である。
はたして朝比奈さんは何事もなく卒業できるのか、
下手を打てばあの夏のように永遠に抜け出せないループとやらに入り込み、
俺たちともども高校生活をくりかえすことになりかねないと思っていたものだが。
古泉曰く、ハルヒも常識というものを理解し始めたということだったが、
そうなれば今までのようにおかしなあれこれが起こることもなくなっていくわけで、
古泉や長門の苦労も知っているだけに一団員としては一安心といったところである。
とかなんとかいいつつ、
ハルヒの不思議パワーによっておきる非日常を俺が謳歌しているのもまた認めなくてはならんことで……。
兎にも角にも色々な意味で何事もないということはないのだろう、
この一年間どうなっていくのか、俺の学力ともども乞うご期待といったところである。

3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/12/07(日)22:44:
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1354572849/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/04(火)07:14:09ID:RjL42cpQ
朝倉「……」(親指サイズ)

朝倉(失敗した……)ずーん
キョン「……朝倉?」
朝倉「キョン君!」
キョン「ホントに朝倉か!?まるで一寸法師……!?」
グサッ!
朝倉「やった!しっかり刺さった!これでキョン君は死んで涼宮ハルヒは……!」
キョン「いてて、画鋲が刺さったのか?ん?これナイフか?」
朝倉「……」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/04(火)07:17:00ID:RjL42cpQ
キョンの家
キョン妹「キョンくんおかえりー」
キョン「ただいま」
「モガガ…」
キョン妹「キョンくんなにか言った?」
キョン「最近腹話術にハマっててな、その練習だ」
キョン妹「キョンくんへんなのー」パタパタ
キョン「……」
キョンの部屋
キョン「……よし」
むんずっ
朝倉「もががーっ!」ジタバタ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/04(火)07:18:13ID:RjL42cpQ
朝倉「ンーッ!」ジタバタ
キョン「暴れるなって今テープ剥がしてやるから……ほら取れたぞ」
朝倉「ぷはーっ!何て事するのよ!?」
キョン「しょうがないだろ、自由に動けるようにしてたらまたさっきみたいにチクリと刺されるし」
キョン「胸ポケットに入れるにはそのチクリでさえも怖いだろ、心臓に近いんだから」
朝倉「だからってテープでぐるぐる巻きにしなくてもいいじゃない!」
キョン「悪かったって」
朝倉「それで、私をあなたの部屋に連れてきて何をしようって言うの?」
キョン「何もしないさ、ただあのままあそこにいたら危ないだろ?」
朝倉「ふ、そうね、私はあなたを殺して涼宮ハルヒの……」
キョン「いやお前の命が」
シャミセン「みゃー」
朝倉「!!!?」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1354488268/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/03(月)07:44:28ID:/ZL/HX8c
キョン「いってーなこんちく……カシャコン?」
朝倉「カシャコン?」
カシャコン
カシャコン
朝倉「……何これ」
カシャコン
カシャコン
カシャコン
朝倉「ナイフが引っ込むやつになってる?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/03(月)07:45:49ID:/ZL/HX8c
朝倉「どういう事?何故こんなエラーが……」
キョン「何だかよく分からんが……助かったのか?」
朝倉「安心するには早いんじゃない?」チャキン
キョン「!?」
朝倉「エラーが起きたんなら作り直せばいいだけだもの」ギラン
キョン「ひっ……」
朝倉「じゃあ死んで?キョン君♪」ダッ!
キョン「うわぁぁぁぁぁ!」
カシャコン
朝倉「……」
キョン「……」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/03(月)07:46:49ID:/ZL/HX8c
朝倉「また?」カシャコン、カシャコン
キョン「良かった……助かった……」
朝倉「どうしてこんなエラーが二度も……」カシャコン
長門「エラーではない」
キョン「長門!?」
朝倉「あら、見つかっちゃった」
長門「ひとつひとつのプログラムが甘い、側面の情報封鎖も甘い、だから私に発見される」
長門「だから私にナイフをへっこむやつに変えられる」
朝倉「!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。