SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
男「」俺「」女「」
タグ一覧の表示
<<
2019年02月
>>
18件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:2018/11/30(金)04:42:42.82
ID:QYvsGn9Cp.net
ワイ「あ、あぁ?ッ!」
マッマ「はい、今日の窃盗は終わり。お疲れさまでした」
ワイ「うぅ……あ、ありがとうございました……」
数カ月後、念願の両親の離婚が成立したのだが、『母に着いて行ったら生活が儘ならないのでは』という懸念の声があり、結果、父ちゃんが毎日毎日ワイらの料理をコトコトしてくれるようになった。
しかし母ちゃんはなんだかワイのことがキライみたいで、過去にはワイの通帳イジイジして、懐サムイサムイなのだった。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/11/13(火)00:18:09.402
ID:53axUT6W0.net
暗殺者「久しぶりー!」
友人「おう、久しぶり!」
暗殺者「ビール買ってきたし、乾杯しようぜ!」
友人「おう!」
カンパーイッ! グビグビッ…
友人「……大学卒業以来だな!」
暗殺者「そうだな! 会社はどうだ?」
友人「いやー、全然面白くねえよ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/11/30(金)22:57:04.50
ID:Iv/ViJXm0.net
ワイ「あ、あぁ?ッ!」 汗ダラダラダラーッ!
教授「はい、今日の進捗報告会は終わり。お疲れさまでした」
ワイ「うぅ……あ、ありがとうございました……」
数ヶ月前、念願の研究室に就職したのだが、『研究室の全学生を一人の教授に割り当てると負担が大きすぎるのでは』
という懸念の声があり、結果、准教ちゃんが定期的に学生を指導してくれるようになった。しかし教授ちゃんはなんだか
准教のことがキライみたいで、いつもいつも不愛想に進捗報告会シツモンして、胃がイタイイタイなのだった。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/01(金)00:26:10
ID:BWmQAdug
村娘「あたしを弟子にして欲しいの!」師匠「なに?」
上記スレの後の話
2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/01(金)00:26:31
ID:BWmQAdug
町の入り口──
師匠「今日から三日間、この町にある道場で出稽古だ。
   大きい道場で、しかも俺たちが招かれている形だ。粗相のないようにな」
弟子「はいっ!」
村娘「うん!」
チンピラ「おうっ!」
子分「おっす!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/01(金)00:26:56
ID:BWmQAdug
彼らは、とある村の小さな道場の格闘家たちである。
元々師匠と弟子は、用心棒などで金を稼ぎながら旅をしていた。
しかし、ある村に滞在した時、村を狙う悪党たちと遭遇した。
そして、彼ら師弟と村民である村娘、チンピラと子分が一致団結し、
悪党たちを打ち倒したのである。
この事件が縁となり、師匠は村に道場を開き、
弟子と、新たに門下生になった村娘、チンピラ、子分に修業をつけていた。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:2018/12/03(月)21:42:03.857
ID:l8PCfTNt0.net
<会社>
同僚「お、今日は愛妻弁当か。いいなぁ?」
男「いいだろぉ?」パカッ
男「……あれ」
男(いつもはご飯に梅干し乗せてくれてるのに、今日は乗ってないな)
バシュッ!
男「!」
男(どこからともなく、ご飯の上に梅干しが飛んできた……)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/11/28(水)21:43:45.45
ID:Jl+Syk5ex.net
ワイ「あ、あぁ?ッ!」 ガラガラガラ?ッ!(面前でドアを閉められる音)
お客さん「はい、今日の訪問は終わり。お疲れさまでした」
ワイ「うぅ……あ、ありがとうございました……」
数ヶ月前、念願の地方銀行に就職したのだが、『歴史的な低金利で預金貸金で利ザヤを得られないと経営に影響が出るのでは』
という懸念の声があり、結果、ワイ外回りが不条理に投資信託の販売目標を沢山持たされるようになった。しかしワイの担当顧客達はなんだか
リスクを負うことがキライみたいで、いつもいつも不愛想に商品勧誘の勧誘を断って、結果ワイの上司のパワハライタイイタイなのだった。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/02/10(日)11:06:05
6pG
ワイ「あ、あぁ?ッ!」 ユッキュワーイモバイルーッ!(格安SIMに乗り換える音)
お客様「はい、今日のMNP番号取得は終わり。お疲れさまでした」
ワイ「うぅ……あ、ありがとうございました……」
数か月前、念願でもない携帯業界に就職したのだが、
『格安SIMが浸透する中、キャリアユーザーが減っていくのでは』
という懸念の声があり、結果、定期的にワイたちのボーナスから値引き金額をヒキヒキしてくれるようになった。しかしお客様はなんだかキャリアのことがキライみたいで、
いつもいつも不愛想に乗り換えて、ワイのオチンギンはヒクイヒクイなのだった。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
HAM◆HAM.ElLAGo
2018/08/14(火)21:18:26
ID:C8TOX.xU
【水】
少女「あー、今日も暑いなあ」
ロボ「そうデスね」
少女「そうですね、って、あんたは別に暑くないでしょ」
ロボ「気温30度、湿度74%、アスファルト付近48度、デス」
少女「……」
ロボ「熱中症の危険がありマスので、十分な休息と水分補給をお勧めしマス」
少女「水分ね……」
少女「水分は貴重、貴重……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆P2Q6A6h2h6
2018/12/06(木)21:12:19.76
ID:2HAdv3M20
男「最近ヒロインのキャラ被りが多くないか?」
友「と言うと」
男「端的に言えば、同じような性格のヒロインが増えすぎじゃないかと思う」
友「そりゃ作品数が増えるほど被りも多くなるだろ」
男「それにしたって多すぎる気がする」
友「まぁ確かにマンネリ化してる節はあるな」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/12/09(日)01:27:18.335
ID:mQgvtumC0.net
ある中学校にて――
キモオタ「ハンターハンターの幻影旅団ってかっこいいよな!」
ガリ「うん、強くて悪くてサイコーだよ!」
デブ「魅力ある戦闘集団だよね!」
ブス「シャルナーク君ステキィ?!」
眼鏡娘「私はコルトピが好き……」
キモオタ「だよなぁ、だよなぁ!」
キモオタ「そうだ! いっそオレたちで幻影旅団を結成しないか!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/04/19(木)22:09:45.90
ID:uyJOwJ370
男「クソが! またID腹筋スレかよ!」
男「うぜぇ?! マジうざってぇ!」
男「“妹「お兄ちゃんダメだよぅ」”なんてスレ」
男「日本男子だったら、だれだって開くに決まってるだろうが! クソが!」
男「もし、このスレタイを見て開かないヤツがいたとしたら──」
男「そいつは大馬鹿野郎だ!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1◆fI3IsffsEN8c
2017/10/18(水)22:50:31.12
ID:nGPyFBJ90
無職「今日も親の年金で両親に親不孝者として過ごすのか・・・」
無職「毎日やる事といったらネット掲示板で趣味について書き込んだり、日本の政治について考えるが、年金も払ってねーわ」
J('ー`)し「ゆうちゃん・・・ 今度の日曜日空いてる?」
無職「う、うん」
J('ー`)し「お父さんとね。他県の温泉巡りに行くんだけどゆうちゃんも来るよね?」
無職「当たり前よ!高翌齢者の父さんの運転じゃ怖くて見送れないわ!」
J('ー`)し「ふふ 頼りになるわね ありがとう」
---ベッド---
無職【俺は今年で38歳だ】
無職【警察を辞めたのは5年前…】
無職【それからアルバイトもするも続かず、年金生活の両親に食わしてもらってる】
無職【温泉に行ったら、自殺しよう】
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508334630
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:◆.NYWcOx9z2
2018/08/04(土)00:10:06
ID:RXlTYTXE
妙に世界が黄金色がかっている──それが目を覚まして最初に感じた事だった。
そこは僕が眠りに落ちた自分の部屋ではない。
畳敷きの床、木でできた柱や天井、昔ながらの吊り下げ型の蛍光灯、明らかに田舎の家屋そのものの風情だ。
頭はひどく混乱していた。
なにせ自分がいるのは都内の自宅、マンションの一室であったはずだからだ。
高校生の僕は始まったばかりの夏休みの一日を怠惰に過ごし、午後にはスマートホンを弄りながらベッドに寝転びやがて意識を手放した。
その脇の壁は白いクロス張りだったはずだ、こんな珪藻土塗りで年季の入った壁ではない。
上半身を起こして目に映るのも二重ガラスになったベランダの窓でなければおかしい、なにせここは6階のはずなんだから。
でも僕がそこに見たのは、少し殺風景な庭に面する縁側だった。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/11/26(月)15:11:25
pR5
俺「ほいっ」
 ボウッツ (戦闘力・無量大数)
小学生「……!? な、なんだそれは……?」
俺「さあ、かかって来なさい」
(一秒後)
俺「フフ……」
小学生「ちくしょー! 手も足も出ない!」
俺「まあ、もう少し修行してくるんだな」
小学生「くそっ! 絶対頃してやるからな!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/11/26(月)21:48:03.637
ID:kfHI2O9N0.net
?情報番組?
アナウンサー「こちらが今若い女性の間で大人気のスイーツです!」
アイドル「わぁ?、おいしそ?!」
アナウンサー「ぜひ食べてみて下さい!」
アイドル「はいっ!」パクッ
アナウンサー「いかがですか?」
アイドル「とってもおいしいですぅ?」
アイドル(まっずううううううううううううううううううううううううううう!!!!!)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2012/04/06(金)19:50:19.55
ID:eRjtIBs70
格闘道場──
ある夜、格闘家は一人きりで遅くまで鍛錬をしていた。
といっても、この道場に所属するのは道場主である彼一人だけなのだが。
格闘家「──せいいっ!」
バシィッ!
格闘家の蹴りで、サンドバッグが揺れる。
格闘家「……ふう」
格闘家(長い戦いの末、ようやく世界チャンピオンへの挑戦権を得られた……)
格闘家(俺の最強を証明するためにも、この道場を立て直すためにも、必ず勝つ!)
彼は一週間後に大一番を控えていた。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/11/29(木)00:22:05.938
ID:tjLIHILV0.net
ブロロロロ…
男「――む!」
戦闘員A「キキキーッ!」
戦闘員B「ケケケーッ!」
戦闘員C「ヒャヒャヒャーッ!」
男(あれは悪の組織の戦闘員ども!)
男(平和を乱す奴らは……この車で轢き頃してやるッ!)
男(アクセル全開ッ!)グンッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2018/11/21(水)21:53:05.404
ID:gr8O5lja0.net
<市庁舎>
市長「はぁ……」
女司書「どうなさいました、市長?」
市長「君は図書館の……これを見てくれたまえ。都市別の犯罪件数ランキングだ」
女司書「まぁっ、この都市はだいぶ上位ですね」
市長「そうなんだよ」
市長「この都市の一角にあるスラム、あれが順位を大きく引き上げてしまっている」
市長「何とかしたいとは常々思っているが、あそこは警察もうかつに近寄れない無法地帯……」
市長「まったく困ったものだよ……」
女司書「でしたら、私にいい案があります!」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。