SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
禁書目録
タグ一覧の表示
<<
2018年10月
>>
116件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
投稿日:2012/01/02(月)23:26:06.00ID:ig5iHi7eO
一方通行「少し出てくる」
打ち止め「どこへいくの?ってミサカはミサカは質問してみたり」
一方通行「どこでもいいだろォが」
打ち止め「えぇ?教えてよ、ってミサカはミサカは迫ってみる」
一方通行「じゃあ、行ってくる」
打ち止め「スルーしないでよ、ってミサカはミサカは悔しがってみたり!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/04(金)03:59:09.27ID:bTj143bb0
滝壺「うん。ちゅー」
絹旗「えっと・・・?ちゅーって、あの、その・・・」
滝壺「接吻」
絹旗「ぶええええっ!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆3rfPz4lVbmKs
2016/07/05(火)12:42:55.43
ID:CDXaBHEX0
?とある薄暗い牢獄のような部屋?
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1467690175


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/05(火)12:44:15.06
ID:CDXaBHEX0
妹達「おはようございます…!と、ミサカは寝ぼけドッキリ調で挨拶します」
一方「…」
一方「ァ…?私描写行きたいですごわすしたくて、絵クーラー」
妹達「ふふ…喋れないでしょう?」クスクス
妹達「まともに思考できず、言語能力すら奪われて。自分の足だけでは二度と立てず。自慢のベクトル操作も演算能力がごっそり消えて使えない」
妹達「哀れな芋虫ですね、今のあなたって。とミサカはサディスティックな笑顔を浮かべます」ニヤニヤ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/05(火)12:44:51.81
ID:CDXaBHEX0
一方「な…メモしてら、敬いテクサス」モゾモゾ
妹達「ミサカの検体番号ですか?やーですねー教えたら後で追ってきやすくなっちゃうでしょう?」
妹達「なので匿名希望という事で、とミサカは言いません」
一方「ひとっ走り付き合えよ!」クイッ
妹達「あっ、ちなみにあなたのチョーカーはキチンと取り外してこちらにお預かりしてますんで」つ=
一方「うァ゛ー!」バッ
妹達「あっ、なんでこんな事したのか?ですよね?とミサカは察してみました」ヒョイ
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/05(火)12:46:15.82
ID:CDXaBHEX0
妹達「別に深い意味はないですよ。ただの暇つぶしです。なんとなく、ですよ。と、ミサカは言ってみます」
妹達「ほら、ペンをくるくる回したり、自慰したり、公園の蟻虐めたりするアレですよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/09/14(日)22:59:10.06ID:BiZeQA4jO
インデックス「とうまー。お腹空いたんだよ」
上条「ちょっと用事があるから待ってくれないか?10分でいいんだ」
インデックス「む。私がお腹空いたって言ってるんだよ!」
上条「……」
インデックス「早く作ってくれないと……、噛み付いちゃうかも!」グルルル
上条「」バンッ
インデックス「」ビクッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1410703150

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/15(火)21:02:45.74ID:Nxm0fl260
上条「金にかえたらインデックスが腹いっぱいたべられてご満悦だ」
悲しい気持ちになる感じでお願いします

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/04/05(火)20:41:08.17
ID:yWLv+APs0
御坂「えぇ、今まさに生放送中よ。ラジオ番組に出演なんて初めてよ」
麦野「学園都市の学生どもから来る質問に答えてけばいいだけだろ?」
削板「よし、それなら俺が根性で答えてやるぞ!!」
垣根「めんどくせえなぁ。さっさと終わらせようぜ」
一方「ちっ、じゃあまず最初の質問だァ」
『能力者の頂点っていう割には結構やられてませんか?』
垣根「おいおい、いきなりムカつく質問きやがったな」ビキィ!
御坂「そして否定できないってのがね……」
削板「まぁレベルなんて関係なしに俺らも人間!修行が足りないこともあるだろ!」
麦野「つってもなぁ……」
垣根「大体俺や第七位なんかはいいとして、他の奴等はレベル0や研究者にもやられてんじゃねえか」
一方「うっせェなァ。主人公補正っつーの知らねェのか」チッ
御坂「アンタだって主人公やってんじゃないのよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆HmI8/.nSQI
:
2015/09/12(土)00:44:56.72ID:VIBcmu6NO
上条「みんなで怪談話しようぜ…」
インデックス「急にどうしたのとうま?」
上条「いやさ、怪談をみんなで話し合うってさ、なんか夏っぽいじゃん?」
インデックス「そうかも…でも夏っぽい事なら他にもいっぱいあるよね?海とか花火とか」
上条「それが出来なかったから言ってんだよ!夏だってのに補修やら宿題やらに追われる毎日!唯一誘われた花火大会の日は風邪引くし!もう!!」
インデックス「補修は自業自得だねとうま。あと、花火大会の話知らないんだけど、誰に誘われたの……?」
上条「え?ビリビリ…御坂だけど?」
インデックス「ふぅーん…」

続きを読む

[ 閉じる ]
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/08/02(火)10:47:48.92ID:xIqqmsxsO
美琴「あ、あんた…何してるのよ」
上条「び、ビリビリっ!?ってうぉ!?美鈴さん!!」ビクッビクッ
美鈴「ふふふ♪余所見しないの♪せっかく美鈴さんが気持ちいいことしてあげてるのに」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
『とある桃鉄の超電磁砲』◆k6VgDYkyGI2011/07/31(日)15:12:23.94ID:9ktIPLeP0
初春「御坂さん、白井さん、佐天さん、四人で桃鉄しませんか?」
美琴「桃鉄?」
初春「はい。この前、新しいのが出たので買ったんです」
佐天「あ、いいね?。桃鉄って、たまにムショーにやりたくなるんだよね」
黒子「そうですわね。いかがですか、お姉様?」
美琴「そうだな?……、あたし、あんまりやり方知らないんだけど……」
佐天「大丈夫ですよ、御坂さん。そんなに複雑なゲームじゃないですし」
黒子「そうですわ。要はボードゲーム。サイコロを振って目的地に辿りつけば
    なんとかなる類の遊戯。お姉様なら簡単に慣れますの」
美琴「そっか、じゃあやってみようかな」
黒子(フヒヒヒヒヒ……計画通り……)

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆gyTX4FmAss
2011/04/19(火)16:04:39.14
ID:mDcPNMWN0
「……、」
 土御門元春は窓のないビルにいた。
 ドアも窓も廊下も階段もない、建物として機能しないビル。
 大能力者の一つである空間移動を使わない限りは
 出入りもできない密室の中心に、巨大なガラスの円筒器は鎮座していた。
 直径4メートル、全長10メートルを越す強化ガラスの円筒の中には
 赤い液体が満たされている。広大な部屋の四方の壁は全て機械類で埋め尽くされ、
 そこから伸びる数十万ものコードやキューブが床を這い、中央の円筒に接続されていた。
 窓のないその部屋はいつも闇に包まれていた。
 ただし、円筒を遠巻きに取り囲む機械類のランプやモニタの光が、
 まるで夜空の星々のように瞬いている。
 赤い液体に満たされた円筒の中には、緑色の手術服を着た人間が逆さで浮かんでいた。
 学園都市統括理事長、『人間』アレイスター。
 それは男にも女にも見え、大人にも子供にも見え、聖人にも囚人にも見える。


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
◆gyTX4FmAss
2011/04/19(火)16:05:29.85
ID:mDcPNMWN0
「やってもらいたい事がある。いつも通り熟してくれ」
「いつも通りだと?」
 ギリ、と土御門は奥歯を噛み締めて怒りを露にした。
「ふざけるなよアレイスター。いつも通りだと?
 お前は今の状況が分かっていないようだな。
 どこで遊んできたかは知らないが、お前が外に出たせいで
 イギリス清教がお前を魔術師アレイスター=クロウリーだと識別した。
 学園都市統括理事長を、だ。
 この意味が分からないお前ではないだろう!?」
 魔術を極め、魔術を捨てた男。
 全ての魔術師の敵、
 アレイスター=クロウリーが学園都市の長だとしたら。
 画かれる敵意は、これを意味する。
4:
◆gyTX4FmAss
2011/04/19(火)16:07:11.01続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/02(土)01:48:43.00
ID:K/4Yj+wo0
教師「はい、では今日はここまで。お疲れ様でした」
生徒たち「お疲れ様でした」
美琴「んーっ、さって帰りますか」ゴソゴソ
婚后「あの、御坂さん、少しよろしくて?」
美琴「あ、婚后さん。どうしたの?」
婚后「もし予定がないようでしたらわたくしの買い物に付き合っていただけませんか?」
婚后「湾内さんと泡浮さんもいらっしゃるのですが、いかがですの?」
美琴「ん、別にいいんだけど……途中から黒子たちと約束があるのよね」
美琴「それまででよければになるけど……」
婚后「ええ、勿論構いませんわ。構いませんとも!」フンス
美琴「そ、そう……。じゃあ行こっか」
婚后「はい、では湾内さんと泡浮さんのところへ向かいましょう」ニコニコ
美琴(婚后さん何か良いことでもあったのかなぁ……)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1430498912


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/02(土)01:49:39.73
ID:K/4Yj+wo0
美琴「そういえば湾内さんや泡浮さんと出かけるのって初めてだよね」
湾内「はい、御坂様とお出かけするなんて身に余る光栄ですわ」ニッコリ
美琴「いやいや大袈裟すぎるでしょいくらなんでも……」エー
泡浮「ですが確かに初めてのことですわね。今日が御坂様にとって記憶に残る良い一日になれば良いのですが」
美琴「いや、だから……」
婚后「御坂さん御坂さん、この服などはどう思われますこと? このわたくしにぴったりではなくて?」
美琴「あー、確かに婚后さんが着てそうなイメージあるわ。似合うんじゃないかな」
美琴「……でも、正直私のセンスと婚后さんのセンス違いすぎると思うんだけど……」ハハ
婚后「いえ、その方がかえって新しい目線を取り入れられるというものです」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Oamxnad08k
:
2013/09/12(木)17:13:52.70ID:lRZkFmmS0
浜面「まあ、しょうがねえか」
浜面「俺だけ無能力者だし、弱いし・・・」
浜面「はぁ〜・・・」
浜面「いや、諦めるのはまだはやい」
浜面「何かあるはず、俺とあいつらとの決定的な違いが!」

SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1378973632

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/10/19(火)08:37:46.58ID:CP+5MZJd0
佐天「あっ、噂をすればあそこに見ゆるは上条さん」
佐天「そして前方には私と待ち合わせ中の初春、と」
佐天「……」キュピーン
佐天「能力発動っ!」
佐天「なーにがおっこるっかな?」
---
上条「あー、今日も補習とかマジ勘弁だぜ全く・・・あれ、あそこにいるのは確か・・・」
上条「おーい、初春さーん」
初春「えっ? あぁ、上条さ」フワッ
上条「……」
初春「……きゃ……ゃぁぁぁぁあっ!」ペタン
上条「(くまさん……)」ドキドキ
初春「み、見ましたか? 見ましたよね!?」
上条「う、あ、あはは……嫌だなぁ、この学園都市屈指の紳士上条さんがそんなくまさんパンツなんて……」
初春「ぃゃぁぁぁぁっ!////」
上条「しまったぁぁぁ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/05/24(火)02:07:12.20ID:M33Ktif/0
とある休日の正午。上条当麻の家に一人の人影が近づいていた。
肌を過度に露出させた服装はとても目立ちやすく、通り過ぎる人々には常に目を向けられていたが、
その人物にとってはいつもと何も変わらない景色であり、特に気にする事もなくここまでやって来た。
「ふぅ……ここが『彼』が住んでる部屋かぁ……うふふ」
軽く笑いながら玄関の前に立つと、深呼吸を行う。
彼女は柄にもなく緊張していたからだ。
二、三回と大きな呼吸を終え、態勢を整えると、インターフォンを押す。
ぬぐい取れなかった緊張は彼女の指先を少し震えさせていた。
「おっ? 誰か来たのか。はいはいっと」
ちょうど昼食を作っていた最中だった。
炒めていた炒飯は良い感じに仕上がっていて、後は盛り付けるだけだ。
だから、「まぁ、大丈夫だろ」と、スイッチを押して電源を切り、フライパンの上に蓋をして、スタスタと玄関へと足を運び、扉を開けた。
「はぁーい、久しぶりね」

続きを読む

[ 閉じる ]
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/12/18(土)05:19:36.50ID:tKW5PiW8Q
土御門「…で、アンチスキルなりジャッジメントなりには届けたのかにゃー?」
上条「いや、また向こうも動きやすくするために通報とか特にしてない」
土御門「なるほど、カミやん自分で犯人を取っ捕まえる気かにゃー?
  でもここは被害の拡大を防ぐためにもやっぱり警備員の協力を仰いだ方が…」
上条「…また…来ないかな…///」
土御門「」
上条「こう…身体中に電気が駆け巡るような感覚って言うのかな…
  ビリビリの電撃とは全然違う、えも言えない快感というか…」
土御門「…ま、まあそれは置いといて、どういう状況だったか聞いていいんかにゃー?」
上条「おお!土御門も興味あるのか! 何をされたか詳しく話すから今後の参考にしてくれ」
土御門「」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/04/08(金)16:48:20.14ID:fGIKZJZr0
○○年3月××日
おとうさんにいわれて。にっきっていうのをかくことにした。きょうあったことおかけばいいみたい。
きょうはがくえんとしにやってきた。ばけつみたいなへんてこなきかいがたくさんあって。とってもへんなまちだ。
ぼくがすんでいるところわだい13がっく。これわおぼえておくようにっていわれた。13。13。13……と。
ほかにもおなじところにすんでいるこがいて。まいにちがおとまりみたいでたのしい。
ようちえんでわ。ぼくがやくびょうがみだからみんなにきらわれちゃったけど。ここではみんなおともだちになってくれるかなあ。
しょうがっこうは4がつから。たのしみ。
4月××日
きょうわにゅうがくしきだった。
みんなにわいっぱいいっぱいはなしかけた。とってもなかよくなれた。
でもぼくがやくびょうがみだとわかったら。やっぱりきらわれちゃうのかなあ。
じゅぎょうわこくごとかさんすうとかわおとうさんからきいていたけど。あんきじゅつっていうのがあった。
あんきっていうのわたくさんおぼえることみたい。ぼくおぼえるのにがてなんだよなあ。
5月××日
ぼくのふこうがばれちゃってもみんなわなかよくしてくれた。とてもうれしい。
みんなぼくをふこうよけとかいってくれる。ぼくもやくにたてるんだ。
でもじゅぎょうはとてもたいへん。
こくごはにっきのかきかたにやくだつからすき。だけどさんすうはとてもむずかしい。
あんきじゅつとかきおくじゅつはへんなおくすりのんだり、あたまにぺたぺたへんなものはるからにがて。
あとがくえんとしにはへんなかみのこがいっぱいいる。
ぼくよりすこしおねえさんのあかいかみのことか、ずっとにこにこしてるあおいかみのおとこのことか、あとしろいかみのおとこのこもいた。
でもぼくだったらぎんいろがいいな。きんはあんまりめずらしくないし。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/10/19(火)01:19:41.98ID:Jig4nJt00
とある土曜日。
初春と佐天はショッピングをするために街角で待ち合わせをしていた。
佐天「うっいはっるぅーん♪」ガバッ
初春「ささささ佐天さん!!!こんな街中でスカートめくらないでください!!!」
佐天「街中じゃなかったらいいの??」
初春「そんなの屁理屈ですっ!」
佐天「ほらほら。怒ってないでさっさと行っくよぉ?」
初春「!! 佐天さん危ない!!!」
佐天「ふぎゃっ!」ゴッチーン

続きを読む

[ 閉じる ]
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/27(日)18:34:57.07ID:0dCUkcW30
――とある病院
 俺の目の前にあるベットの上には一人の少女が可愛いらしい顔をしながら寝ている。
 この少女の名前は滝壺理后。俺が初めて好きになった女だ。
「滝壺、早く目を覚ましてくれよ」
 自然と俺の口から言葉が漏れた。
 何度目だろう、俺がこの言葉を言ったのは。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆BEcuACNawuaE
:
2016/09/11(日)23:57:16.23ID:/9+gFfb50
一方通行「ヒャヒャ、おいおいなんですかァ!? その思わせ振りな登場はァ!?」
おでん「……」グツグツ
一方通行「……一人でおでん食うの、ツマラネェな」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473605835

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/04(木)05:41:59.07
ID:RpS9t9AAO
上条「まぁ……天気も良いし、布団でも干すかなぁ……」
上条「つか、いきなり夕立とか降ったりしねぇよな……」
上条「ん?」
禁書目録「……ん」
禁書目録「……ねぇ君」
上条「へ?」
禁書目録「ご飯を食べさせてくれたら、嬉しいな!」
上条「……無理だ」チャキッ
禁書目録「!?」
上条「だから俺、死ぬよ!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1372884119


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/04(木)05:44:37.91
ID:RpS9t9AAO
禁書目録「ちょちょちょちょちょちょ!!」
上条「何だ?死ぬ前だし、一言位は聞いてやるよ」
禁書目録「まずはそのカッターを捨てて!!捨てて!!」
上条「だって……俺には飯を奢るなんてこたぁ……」
禁書目録「分かった!ご飯はいらない!いらないから話だけ聞いて!ね!?」
上条「仕方ないなぁ……何だよ」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/04(木)05:47:31.76
ID:RpS9t9AAO
禁書目録「実は……」
―――――――――――――――
上条「はぁ?魔術だぁ?」
禁書目録「うん」
上条「あのなぁ、ここは科学の街だぞ?そんな事信じれる訳……」
禁書目録「だったら……!!」
禁書目録「この包丁で試して欲しいかも」スッ
上条「……分かった」チャキッ
上条「俺に女の子を刺し殺す事なんて出来ない」
上条「だから俺、死ぬよ!!」
禁書目録「だからー!!」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/04(木)05:50:38.43
ID:RpS9t9AAO
禁書目録「何で君はそう簡単に死のうと
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/03(木)18:56:33.42
ID:xWHKmCXVO
佐天「?♪」
ジー・・・チラッジロジロ
佐天「!?」
オイミロヨアノコ
佐天「(……もしかして)」
チチデケーハァハァ・・・
佐天「(おっぱい見られてる……?)」
モミタイナメタイウッ!!
佐天「(やっぱり!!おっぱい見られてるぅ!!)」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/04/08(金)11:27:24.41ID:OcjdRj9x0
 第三次世界大戦が終わってから四年。
 月日がたつのは早いもので、学園都市の“闇”も完全に崩壊し、俺も番外個体もなンとか“日常”に溶け込ンできた。
 ンで、まァ。あのガキもすっかり成長して、その外見もだんだん大人びてきた……ワケだが……。
一方「おい、ガキ。ちょっと、冷蔵庫の缶コーヒーとってくれ」
打止「は? なんでアタシがとらなきゃいけないの? 自分でとれば?」
 ……。
一方「どうしてこうなった……」
※新訳までのネタバレあり

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/01/31(月)19:22:52.92ID:1YAzUJCU0
麦野「ん?」
滝壺「きぬはたを観察してみたい」
フレンダ「なんで?」
滝壺「ハムスターのように」
浜面「どうした滝壺」

続きを読む

[ 閉じる ]
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/11/05(金)16:31:22.35ID:ZJduQG1Q0
御坂「いやぁ、本当にそっくりよねぇ」ペタペタ
御坂妹「そんなベタベタ触らないで下さい、とお姉さまはとんだナルシストですね」
御坂「だってさ、容姿端麗、スポーツ学業共に優秀。んでもっと、教師からの受けが良くて全校生徒の憧れの的だもの!」スリスリ
御坂妹「だから…、そんなにほっぺたをスリスリしないで下さいと、ミサカは手でガードします」
御坂「うーん、完全無欠よねぇ…。ずっと眺めてても飽きないわよ!」ペタペタ
御坂妹「……ならば、一つ欠点を教えて差し上げましょう、とミサカは指を突きつけます」
御坂「欠点って何よ…?そんなのあるわけないじゃない、この私が」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2018/10/0417:55:22.
180
uU49zFtk0
1/19
浜面が最愛を押し倒した姿勢のまま、
「ちょ、はまづ、んっ」
最愛に強引にキスを迫る
「んっ、はま、んんっ、んぐっ!?んぶ、んむむっ!ちゅぶっ!」
浜面は最愛に何度もキスをし、しまいにはディープなものをし始めた。
「はぁ、はぁ、はま、づらぁ......」
「......最愛」
「浜面......好き」
「俺もだよ、最愛」
「浜面、あの、ね?」
「なん......んっ」
「えへへ......」
「ははっ......」
元スレ
絹旗最愛「わた、私は、浜面が、好き......なんです!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1538643322/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/09/10(土)03:20:22.93ID:J35I3mT1O


糞注意
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473445222

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/09(木)20:49:03.619ID:nbhOw6Qw0
黒子「当麻様は黒子と話してるんですの!」
美琴「うるさい!私だって話してもいいでしょ!」
上条「あのー喧嘩はやめて欲しいなーなんて」
黒子「ごめんですの」
美琴「私も」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/02/12(土)00:34:15.36
ID:CzcjPQBO0
一方通行「オマエ、どうしたんだそれェェ!!」
打ち止め「朝起きてたらこうなってんだよってミサカはミサカは戸惑いながら青い顔で言ってみたり……」
一方通行「それ大丈夫なのか!?痛くねェのか!?」
打ち止め「ちょっとお腹が痛いってミサカはミサ 一方通行「救急車ァ!救急車呼ばねェと!!」
打ち止め「ちょっと待って!これは違うの!ってミサカはミサカは慌ててあなたを止めてみたり!」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連
一方通行「そろそろ打ち止めを中学校に通わせねェとな……」


1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/01/29(土)21:06:51.43ID:0mm5Go3U0
一方通行「あのガキ……『遊びに来てもいい?』なンて言いやがったクセに
      連絡の一本も入れやしねェ……」
一方通行「黄泉川に連絡してみっかなァ……」
一方通行「……いや、黄泉川から俺に連絡が来ねェってこたァ
      黄泉川のやつにも連絡がねェンだろォな」
一方通行「行ってみっか?」
一方通行「……常盤台中学校に」
※ 打ち止めと出合ってから1年半後、打ち止めが中学生になったら?
  って感じな設定です。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/01/10(月)23:53:56.36ID:n7oxpk6I0
一方通行「あのガキと出合って1年……
       アレイスターの野郎もくたばって魔術サイドとの戦争も終わった」
一方通行「……そろそろあのガキにも普通の暮らしをさせねェとなァ」
一方通行「あの見てくれってことァ中学生ってところか?
      今やオリジナルや妹達と見分けつかねェもンな」
一方通行「とりあえず真剣に考えねェとな」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。