SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
艦隊これくしょん -艦これ-
タグ一覧の表示
<<
2017年08月
>>
54件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/06(土)23:41:35.67
ID:jVl9m9WG0
※初めてのスレ立てです。
至らない点がありましたらご指摘ください。
艦これイベントで資源が尽きましたので遠征の空き時間で
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1494081695

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/06(土)23:42:18.30
ID:jVl9m9WG0
提督「・・・。資源がない」
夕張「提督、二回目ですよ。」
提督「しかし困ったな。まさか1日で燃料と弾薬を10万以上消費するとは」
夕張「今回のイベント前に初めてしっかり備蓄したので支援艦隊もガチ支援でお願いしてましたしね」
提督「エコ支援の有用性がよく分かったな。それに今回はE2でも沼りE3の輸送任務中にも大破が続出してガチ支援を入れまくったからな。資源が減るのも致し方なしか」
夕張「なにを落ち着いちゃってるんですか!やばいですよ。大淀さんにはイベント海域の出撃はしっかり情報が出揃った後の1週間後って言われてましたよね?」
提督「そうだな。今回はしっかり備蓄したと言っても各資源10万程度。沼ってしまったら簡単に消える資源の量だな」
夕張「それが分かっててどうして大淀さんが会議でいない今日にそんな無理をしたんですか!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/06(土)23:43:05.94
ID:jVl9m9WG0
提督「これを見てくれ。これは今日の朝に友人の提督から送られてきた電文だ」
夕張「んーなになに『今回はヌルイべ 話題になっているE2も対策すれば問題なし』なるほど。ちなみにこの提督はどなたですか?」
提督「毎月500位以内に入っているランカー提督でありながら各資源も30万溜める元帥様だな」
夕張「比較対
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)22:40:12.48
ID:e8Ot7lw30
1が他の作品やってる時でネタが出ない時に思いついたギャグ日常物
更新ペースはスローリー
後、気まぐれです、ごめんなさい
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499780412

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)22:41:23.87
ID:e8Ot7lw30
ローソン横須賀鎮守府第88支部横店
従業員御案内
店長 鹿島 初めは手伝いで行なっていたコンビニ勤務だったのだがいつの間にか店長に。
      店長目当ての常連多数。
従業員1 香取 大人の色香に惑わされた眼鏡狂いの狂信的ファンの多い副店長。
        店長の姉。眼鏡、眼鏡!眼鏡!!眼鏡!!!鹿島と交代で勤務。
従業員2 加賀 大規模作戦時以外暇な為、暇つぶしに始めた。
        現在は彼女に餌付けしようと通う客が多数。
従業員3 江風 加賀に無理やり連れてこられた。姉の海風と交代で勤務。
        元気印の彼女目当てにくる高齢者の客がいる。
従業員4 海風 江風に巻き込まれてたまに交代で勤務。
        彼女目当てに来る客がいるが利用客の憲兵により追い払われている。
他にも臨時で来る娘は居るがメインの従業員は以上
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)22:41:54.01
ID:e8Ot7lw30
第一話 『 新人襲来 』
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)22:42:34.90
ID:e8Ot7lw30
鹿島「加賀さん、江風さん、本日から新しい従業員の方が来ますのでよろしくおね
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/28(月)22:47:38.57
ID:PfOEVo70o
―執務室―
提督「そうか……清霜、まず戦艦になるには何が必要だと思う?」
清霜「えーっと……練度を上げる?」
提督「そうだな。清霜は来たばかりで練度はたったの一、これでは戦艦どころか駆逐艦としても未熟で戦場には出すことも危険すぎる」
提督「だからまず、清霜は改になるまで演習に参加してもらうぞ。出撃と違って轟沈のリスクが無いとは言え、真剣に取り組むんだぞ」
清霜「はい! 清霜、改を目指して頑張ります!」
――――――
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1459172858

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/28(月)22:48:06.93
ID:PfOEVo70o
一週間後
清霜改(以下清霜)「清霜、改になりました!」
提督「おめでとう。演習だけとは言えここまでよく頑張ったな。でもこれからが本番だ」
提督「清霜にはしばらくの間、リランカ島周辺の対潜哨戒の旗艦を担当してもらう」
清霜「対潜哨戒をするの? 戦艦になるなら砲戦を重視したほうがいいんじゃ……」
提督「戦艦になる前に、駆逐艦として出来ることをマスターしておくことが大事だと私は考え、対潜哨戒をさせようと私は考えたんだ」
清霜「そっか、確かに基本は大事だね!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/28(月)22:48:34.02
ID:PfOEVo70o
提督「それにリランカ島は難関海域故に練度も上がりやすいからちゃんとやればメキメキ強くなるはずだ」
清霜「難関海域……改になったばかりの清霜に出来るかな?」
提督「大丈夫だ。被害を最小限に抑えるため、優秀な随伴艦を清霜につけることになっている。これを見ろ」スッ続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:23:53.56
ID:P/UBZvn20
村雨「はいはーい! 白露型駆逐艦「村雨」だよ。みんな、よろしくね!」
提督「随分とまた明るい娘が来たな。白露型と言うと、五月雨の……」
村雨「そ。私がお姉さんね」
提督「ははは、お姉さんか」
  「見ての通り、私はまだ着任したばかりで艦娘も駆逐艦ばかりだ」
  「お姉さんの働きに期待してるよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432297423

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:25:27.34
ID:P/UBZvn20
提督「ふぅ。やっと第3艦隊が解放されたぞ」
村雨「お疲れ様、提督」
提督「ありがとう。これも村雨達が出撃や遠征を頑張ってくれているおかげだ」
村雨「うふふ。いい感じにレベルも上がってるしね」
  「来週の村雨にも、期待してね♪」
提督「来週もだが、今週はまだ1日あるからそっちも頑張ってほしいな」
村雨「はーい」
3:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:31:25.95
ID:P/UBZvn20
村雨「提督、連絡が入ってるよ」
提督「また演習の誘いか……」
村雨「たまには受ければいいのに」
提督「向こうは大和型まで持っているんだぞ。戦艦すらいないウチがどうやって勝てと」
村雨「勝てなくても、経験は得られるでしょ? この先、深海棲艦の戦艦とも戦うんだし。演習はあくまで演習なんだから、あまり気にしなくていいと思うな」
提督「……それもそうだな」
  「じゃあ村雨旗艦、僚艦抜きの一隻編成で出しておこう」
村雨「ちょ、待っ!」
4:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:35:00.52
ID:P/UBZvn20
◇改造
村雨改「村雨、パワー
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:01:56.75
ID:m0dWv89DO
大淀「いえー!」
明石「いえー!」
パチパチパチパチ!!
提督「」
大淀「日頃の提督への感謝をこめて!」
大淀「チェックポイントを巡りながら!」
大淀「いろんな艦娘とゲーム対決!」
大淀「勝者は豪華商品プレゼント!敗者は地獄の罰ゲーム!」
明石「まぁっ豪華商品!?ど、どういった?」
大淀「18禁」
明石「…罰ゲームは?」
大淀「18禁」
ニタァ……
大淀「それでは選手紹介!ロリペタエロっ娘コンビでぇぇーす!!」
提督「お前、本当に大淀か…?」
ロリエロぺったん艦娘を二人、募集します。
安価下1と2でお願いします。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:04:24.79ID:jxYEQmItO
朝潮
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:04:31.06ID:xFBAqEMCO
如月
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:22:54.92
ID:m0dWv89DO
申し遅れましたが…
当スレは別のスレでリクエストが出た件で、「とりあえずやってみっか」と立てられたものです。
進行は不定期です。
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:36:09.92
ID:m0dWv89DO
如月「睦月型2番艦如月です。もぉ…司令官も好きなんだからぁ…?」
提督「あ?…朝潮?」
朝潮「はいっ!朝潮型1番艦朝潮ですっ!」
提督「お前、何か勘違いしてない?」
朝潮「とんでもありません!日頃の感謝をこめて、この朝潮!精一杯ご
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:45:04.12
ID:1j/zKKdl0
提督と愉快な仲間たちが執務室に届いた爆弾を解除するお話
問題もあるよ!(目安30分)
201X年3月XX日 午後3時15分
とある鎮守府
提督「よし、書類もあと少しか 最近は深海棲艦もあまり活動しないからデスクワークばっかりだな」
電「平和なのが一番なのです、書類が終わったら一緒に間宮さんのところに行きませんか? 新作が出たみたいなのです!」
提督「おっそれはいいこと聞いた、さっさと片付けようか」
コンコン
提督「どうぞ」
ガチャ
比叡「司令、お呼びになりましたか?」
摩耶「よっす! 来てやったぜ!」
58「てーとく、58に何か用でち?」
瑞鶴「提督さん、何か用?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490355902

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:45:42.52
ID:1j/zKKdl0
提督「? どうしたんだお前たち?」
摩耶「ああん? 呼んだの提督だろ?」
58「さっき卯月ちゃんに提督が呼んでるって言われたでち」
提督「卯月に? あいつまたいたずらか! いい加減に営倉に放り込んだほうがいいかな・・・」
瑞鶴「いたずらぁ!? 慌ててきて損した・・・」
提督「あいつにはきつーく言っておく、しかしなんでこんないたずら・・・」
3:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:46:57.44
ID:1j/zKKdl0
コンコン
提督「今度は誰だ? どうぞ」
ガチャ
大淀「提督、お荷物が届いているようです」
提督「ああ、ありがとう」
大淀「では失礼します」 ガチャ
提督「何か素っ気ないなあいつ・・・ なんだこれ? 差出人が書いてないぞ?」
摩耶「開けて
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/17(金)22:02:36.83
ID:japXwB1g0
超短いssです。
作者はss初心者なので誤字、脱字や指摘したいところがあればぜひお願いします。
後駄文注意。
「何だそれ?」
今朝唐突に司令室へ呼ばれ、出された提案。
「ちょっと遠くにさ、ちょっと特殊な重巡ネ級が出現する場所があるんだよ。何回倒しても、気付いたらまた住み着いてる。しかも、必ず一体しかいないんだ」
「そのネ級の何が不思議かってね、体が緑っぽくて、通常体よりちょっとだけ小さい。そして、魚雷は使わない」
「そいつが出る海域はかなり複雑に入り組んでいてね。他の艦はそうそう入ってはこれないんだ」
「なるほどな」
つまり、一対一でネ級と戦うことができる、というわけだ。外的要因に左右されず、己の力を試すことができる。確かに、実力を量るには丁度いいだろう。
「木曾も改二になったし、実力も付いてると思うんだ。やってみないか?」
「多摩もやったことあるにゃ。中々手強かったにゃ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487336556

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/17(金)22:04:10.16
ID:japXwB1g0
何処からか出てきた多摩姉さんがそう言った。多摩姉さんは提督とケッコンカッコカリをし、既にレベル155に到達している。そんな多摩姉さんが手強いと言うのだから、よほど強いのだろう。
「答えは勿論木曾に任せるが、どうだ?」
「……わかった。やってみるよ」
数日後。
「ここで合ってるのか?」
「勿論にゃ」
実行を決めた後、対重巡ネ級用の訓練をした。普段なら周りの味方と連携して戦うが、今回は一人。厳しい戦いになるのは分かりきっていた。多摩姉さんの経験を元に、姉さん達の協力を受けながら、着々と準備を進めていった
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわ
varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
りましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/06(水)05:44:58.02
ID:DX+Lsv4Wo
※キャラ崩壊多めです。短め。
※初月嫁提督です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1467751497
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/06(水)05:45:28.75
ID:DX+Lsv4Wo
初月「提督の部屋に缶詰が一杯ある……」
初月「僕も見たことが無い珍しい缶詰ばかり、ちょっと気になるな」
初月「この魚の絵の描いてある缶詰は何なんだろう?」
初月「古びているけど、それでも何となく高価な気配がある、どんな味の缶詰なんだろうか」
赤城「あれ? 初月さん、缶詰の整理ですか?」
初月「え、赤城さん?」
赤城「だめですよ初月さん、缶詰は確かに保管が効きますが、ちゃんと消費しないと、
   以前みたいに缶が膨らんで食べられなくなってしまいますよ」
初月「いや、違うんだ……」
赤城「違うも何もありません、勿体ないので皆で食べちゃいましょう! ささ、行きましょうか」
初月「あ……」
初月(僕の缶詰じゃないけど……、ちょっと気になるし流されておこうかな。提督ごめん、僕は悪い嫁だ……)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/06(水)05:46:01.60
ID:DX+Lsv4Wo
提督「ワシの秘蔵のキャビアをギンバイしたのは誰だーーーーーーー!!」
大淀「ヨ級flagshipが『通商破壊だヨヨヨヨヨ』とか言って持っていきましたーーー!!」
その後、鎮守府近海の深海潜水艦は一掃された。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/06(水)05:46:39.63
ID:DX+Lsv4Wo
暁「今日は暁が秘書艦だ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/05(金)01:10:34.98
ID:8pWrpZbX0
P「幸子!逃げろ!ここにいたら危ない!」
幸子「えぇっ!ど、どうしたんですか急に…」
P「幸子の身が危ないんだっ…!」
幸子「な、なぜです!?」
P「この世界のバランスが崩れて、一時的に幸子だけに色々な危険が迫る状態になってしまった!」
幸子「急すぎてわけがわ分からないんですけど…でも何となく分かりました…」
P「分かるのか…」
幸子「危険…と言いますと…具体的にどんな…」
P「そりゃあもう……いろんな危険だ!!ケガしたりとか…食あたりしたりとか…あんな危険やこんな危険とかだ!」
幸子「えぇー…イマイチ分からないです…」
P「ハッ!…感じる…今、幸子に危険が迫っている!!」
>>2
幸子にどんな危険が迫っている!?
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1493914234

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/05(金)01:12:18.37ID:vSoOVqvhO
輪姦されそう
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/05(金)01:21:41.52
ID:8pWrpZbX0
P「幸子…お前…このままじゃ輪姦されるぞ!!」
幸子「り、りんかん…?なんですかそれ…」
P「……たくさんの大きなお友だちと遊ぶことになるぞ!」
幸子「へぇ…ま、まあお友達と遊ぶくらい別に…」
P「ええぃ!つべこべ言わずついてこい!この危機をなんとしても回避せねば!!」
幸子「ど、どこに行くんですか!」
大きなお友だちA「幸子タソ!!あ、遊ぼうよぅ…ハァハァ…」
大きなお友だちB「ヤラセテ」
P「くっ…もう見つかったか…」
幸子「う、うわっ…あの手の方
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆wTNQ8UxFQ2
2016/03/28(月)23:35:09.73
ID:oGkrBbc00
提督「何故そんな事をするかって? 単なる暇潰しだ」
提督「さて、まずは>>3と言おう」
※日本語として成立していない場合は安価下
※艦娘の指定は出来ません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1459175709

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/28(月)23:37:40.67ID:tz4jIWn20
お前を解体する
4:
◆wTNQ8UxFQ2
2016/03/28(月)23:41:16.76
ID:oGkrBbc00
提督「さて、誰にしようか」
大井「失礼します」ガチャッ
提督「どうした」
大井「演習の報告に参りました」
提督「そうか。ちょうど良かった」
大井「はい?」
提督「お前を解体する」
大井「・・・・・・」
提督「・・・・・・」
提督(リアクションが分からん)
大井「そうですか。では」スタスタ
提督「?」
5:
◆wTNQ8UxFQ2
2016/03/28(月)23:45:02.65
ID:oGkrBbc00
提督「いくら家が解体後のアフターサービスを充実させていると言っても、少し反応が淡白過ぎやしないか?」
提督「一応様子を・・・・・・」
ドカァン!
提督「なんだぁ!?」
球磨「死ねえええクマ!」ジャキッ!
提督「わあああっ! タンマタンマ!」
球磨「多摩じゃなくて球磨クマ! 可愛い妹を泣かせておいて、覚悟は出来てるクマ!?」
提督「えっ、泣いてた?」
6:
◆wTNQ8UxFQ2
2016/03/28(月)23:49:26.03
ID:oGkrBbc00
球磨「『きたがみざ?ん!!』って大泣きして部屋に飛び込ん
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Kxk36pjJsT2B
2017/01/28(土)13:07:18.25
ID:YLHxh+yc0
提督「さて……ケッコンカッコカリの指輪と書類一式が届いたわけだが」
提督「……誰に渡そうか」
提督「カッコカリとはいえ、指輪を渡すんだ。いわばプロポーズだ。やはり渡す娘には喜んで受け取ってもらいたい」
提督「別の鎮守府じゃ、オコトワリされて血の涙を流した提督もいるとかいないとか」
提督「俺はそうなりたくはない……それだけは回避せねば!」
提督「だが、誰に渡せばいいのかさっぱり分からない」
提督「どうしたものか……」
『お困りのようですね、提督!』
提督「!? 誰だ!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1485576437

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Kxk36pjJsT2B
2017/01/28(土)13:10:47.83
ID:YLHxh+yc0
明石「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン! 明石です!」
提督「なんだ、明石か……って、別に呼んだ覚えはないんだが」
明石「それはともかく、ケッコンカッコカリのことならこの明石にお任せを!」
提督「何か策があるのか?」
明石「まずは提督、こちらをどうぞ!」スッ
提督「……眼鏡? 別に目は悪くないぞ?」
明石「度は入っていないのでご安心を……ってそうじゃなくて! これはただの眼鏡ではありません!」
提督「というと?」
明石「これをかけて艦娘を数秒間見つめると、その艦娘のケッコン成功率……つまりケッコンカッコカリを受け入れてくれる確率が分かるんです!」ババーン
提督「な、何だってー!?」
3:
◆Kxk36pjJsT2B
2017/01/28(土)13:14:34.82
ID:YLHxh+yc0
提督「でもなんで確率なんだ? 単純に受け入れてくれるかそうでないかじゃないのか?」
明石「それはほら、状況とかプロポーズの言葉
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆PNslrjjjOc
2016/12/18(日)13:24:11.06
ID:fOHrQrdz0
【AM6:00】
…………く…………督……
提督「……」
提督……起きて…………
提督「……ん……」
朝ですよ……起きて下さい……
提督「……もう少し……寝かせてくれ……」
そういうわけには…………起きて下さい……
提督「……」
はあ……仕方ないですね……
提督「……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1482035050

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆PNslrjjjOc
2016/12/18(日)13:27:24.20
ID:fOHrQrdz0
「今から5数える間に起きて頂けたら……キス……してあげますから……」
3:
◆PNslrjjjOc
2016/12/18(日)13:33:21.29
ID:fOHrQrdz0
提督「」ガバッ
「まだ数え始めてもいないのに……提督、早過ぎです……」
提督「耳元であんなことを言われたら起きるに決まっているだろう」
「そ、そんなに私と……キス、したいんですか……?//」
提督「当然。君は俺の最愛の人だ。むしろしたくないという方がおかしい」
「っ……//」カァッ
提督「さあ、準備はいいぞ。いつでも来てくれ」
「は、はい……では……」
4:
◆PNslrjjjOc
2016/12/18(日)13:38:27.62
ID:fOHrQrdz0
神通「おはようございます、提督」
提督「ああ、おはよう神通」
神通「……んっ//」
チュッ
提督「ありがとう、おかげで目が覚めたよ」ナデナデ
神通「お役に立てて、嬉しいです……//」
5:
◆PNslrjjjOc
2016/12/18(日)13:47:28.68
ID:fOHrQrdz0
【AM7:00】

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆2VMIBbqgAw
2016/03/10(木)19:46:54.24
ID:XPjlZSbA0
天津風「…………あの、今なんて?」
提督「罰としてこれから君たち6人には、ここで踊ってもらう」
天津風「…………」
提督「しかもただ踊るだけではなく、水着を着て踊ってもらう。もちろんスク水だ」
雪風「しれぇ! それには何か意味があるんでしょうか!」
提督「私が大変喜ぶ」
時津風「えー、なにそれ……」
提督「分かっているとは思うが、もちろん水着に着替えるところからスタートだ。
この部屋で、私の目の前で服を脱ぎ、水着を着て、そして踊るのだ」
浦風「ここの提督さんは、本日もクレイジーじゃねぇ」
浜風「まったくもって、不可解な存在です」
提督「ささっ、全員分の水着ならここに用意してあるから、今すぐコレに着替えて……」
天津風「なっ、なんであたしたちがそんなこと!!」
提督「何故かって? 胸に手を当ててよく考えてみなさい」
時津風「…………」ペタ
雪風「…………」ペタ
浜風「…………」ペタ
浦風「…………」ペタ
島風「…………」ペタ
天津風「ひゃっ! ……もう! 自分の胸に手を当てなさいよ!!」
浜風「ジョークです」
浦風「天津風の体は温かいけん、ついのぉ」
天津風「二人が言うとイヤミにしか聞こえないんだけど……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1457606813

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆2VMIBbqgAw
2016/03/10(木)19:47:47.85
ID:XPjlZSbA0
前:提督「ようこそ、ないない駆逐隊!」( 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454071396/ )
3:
◆2VMIBbqgAw
2016/03/10(木)19:50:06.37
ID:XPjl
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/04/04(土)22:27:06.76
ID:LpmNABdt0
長門「陸奥・・・陸奥・・・うーん・・・」
長門「陸奥の二文字が頭から離れない・・・」
長門「何か引っかかる・・・何か気付けそうなんだ・・・が」
長門「一昨日から何もピンとこない・・・」
長門「何だというんだ・・・この頭の奥の引っかかり・・・」
※キャラ崩壊注意
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1428154026

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/04/04(土)22:28:14.37
ID:LpmNABdt0
陸奥「どうしたの姉さん?そんなに難しい顔して」
長門「・・・・・・」ブツブツ
陸奥「ふふ、あなたはいつもそうね、悩むとそうやって長いんだから」
長門「・・・・・・」ブツブツ
陸奥「お風呂、まだ?」
長門「・・・・・・」ブツブツ
陸奥「ねえ、良かったら一緒に」
長門「やかましい!一人にしてくれ!」
陸奥「・・・・・・・・・・」
陸奥「うう、何でいつもこうなの・・・」
長門「陸奥・・・陸奥・・・・」ブツブツ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/04/04(土)22:28:44.54
ID:LpmNABdt0
長門「結局昨日も夜通し考えてしまった」
長門「いかん、疲れてるらしい・・・頭が回らなくなってきた」
長門「こういう時は・・・」
陸奥「あの、姉さん?」
陸奥「コーヒー淹れたけど」
長門「気分転換に駆逐艦と遊ぶか」スッ
陸奥「あの、姉さん」
長門「ん?昼過ぎには戻るから後にしてくれ」ガチャン
陸奥「・・・・・・・・・・・」
陸奥「もう嫌・・・」
4:
以下、名無しにかわりましてS
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/03/2720:51:31
ID:QLMBoRPI
ノートに書いているのをそのまま書く
計測方法は手元のストップウォッチ
ノートのページが足りず、重巡の一部、軽巡、駆逐艦(吹雪を除く)は出ません

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/03/2721:01:56
ID:QLMBoRPI
提督「なにこれ」
大淀「好嫌度C(コンタクト)L(レンズ)です」
提督「…?」
大淀「このCLは相手が自分に対し持つ感情を数値化するんです」
提督「へえ…そりゃ、びっくり」
提督「こんなに小さいのに?」
大淀「大本営からの命令でこれで艦娘達との絆を深めろ…との事です」
提督「…大本営から…ね」
提督「コンタクト…つけた事ないんだよね」チラッ
大淀「断るなら書類を何枚か書いてもらいます」
提督「いや、やるよ…やりますよ」
提督(初のコンタクト…が不安じゃないんだ)
提督(問題は、つけた後の行動だ)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/03/2721:08:25
ID:QLMBoRPI
・・・・・
提督「両眼共つけた、特に違和感はない」大淀「それでは、こちらの書類に目を通してください」95:愛
90恋
80親愛
70友愛
60知人
50無関心
40苦手
30嫌悪
20憎悪
10悪
5即
提督「…」
提督「なにこれ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/03/2721:17:56
ID:QLMBoRPI
提督「この…10(悪)って何?それとその下の5(即)ってのも」
大淀「自分にとっての“悪”というのは排除しようとしますよね」
大淀「つまりはそう言う事です」
提督「…ああ…なるほど」
提督(部下からの誤射に気をつけろと)続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/11(日)16:31:27.50
ID:HUskyxoE0
北上「大井っちが……」
提督「大井がどうしたんだ」
北上「↓2」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1497166287

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/11(日)16:34:32.43ID:3xIPAKGxo
菊月に襲われてた
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/11(日)16:45:03.55
ID:HUskyxoE0
北上「菊月に襲われてたんだよ!」
提督「襲われてた? 怒らせたのか?」
北上「事情はよく分かんないけど……とにかく来てよ!」
提督「分かった」
スタタタッ
『大井の部屋の前』
菊月「……」
北上「ほら、大井っちの部屋の前で待機してる」
北上「きっと追い詰められたんだよ」
提督「んー、ここからだと怒ってるかどうか分からないな……」スッ
北上「何する気?」
提督「理由を聞いてくるよ。手っ取り早いだろ」スタスタ
北上「あたしも行く!」スタタタッ
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/11(日)16:49:06.54
ID:HUskyxoE0
スタスタ
提督「菊月」
菊月「!」
菊月「司令官か……私に何の用だ?」
提督「北上から聞いたんだが、お前大井を追いかけてるんだってな」
菊月「……」
提督「よければ理由を教えてくれないか」
菊月「↓2」
8:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/06/11(日)16:51:00.00ID:Ln6ZvNJ3o
一緒にヒップホップで食べていくって約束したんだ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rbbm4ODkU.
2017/07/04(火)21:25:36.93
ID:7d5OIKil0
川内「艦娘になれるんだな」
職も金もないのに適正があるとか言われたから来てみたがホントになれた。何故だ。
足柄「実際の数字は知らねーがいるにはいるんだぜ。元男の艦娘って」
川内「」ドンビキ
足柄「なに引いてんだよ」
川内「見知らぬ美女が急に男口調で話しかけてきたので」
足柄「美女はおめーもだ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499171136

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆rbbm4ODkU.
2017/07/04(火)21:26:54.58
ID:7d5OIKil0
何も提督にならなくても艦これの世界に行けるかなって
キャラ崩壊はデフォ
思いつきなのでのんびりと
3:
◆rbbm4ODkU.
2017/07/04(火)21:28:28.97
ID:7d5OIKil0
足柄「とりあえずよーこそ鎮守府へ。正しくお前の先輩にあたる足柄だ。暫くはお前の世話役だろうからヨロシクな」
川内「ヨロシク…ってことはアナタも?」
足柄「男だ」
川内「うわマジか」
足柄「んな落ち込むなよ。こっちも落ち込むぞ」
川内「自分が今どういう状況か客観的に知れたんだよ…」
6:
◆rbbm4ODkU.
2017/07/04(火)21:57:14.86
ID:7d5OIKil0
足柄「その体になってどれ位だ?」
川内「3時間くらい」
足柄「その時のかんそーは」
川内「うっはやべー俺美少女」
足柄「今のかんそーは」
川内「すんげーキモイ」
足柄「俺見てゆーなよな」
7:
◆rbbm4ODkU.
2017/07/04(火)21:58:43.60
ID:7d5OIKil0
川内「えっと、足柄?さんはどれくらいで?」
足柄「もう1年く
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/23(土)19:00:28.77
ID:vYQ3rjNH0
提督「………」ジーッ
浜風「どうしました提督? 私の方をそんなに見て………」ボインッ
提督「………」ジーッ
浜風「な、なんですか?」ボイン
提督「………」ジーッ
浜風「私の兵装に何か?」ボインボイン
提督「………」ジーッ
浜風「な、なんですか本当に………もう、何か言ってください」
提督「………ふぅ。やっぱ浜風の正面についてるアレは最高やな!」
浜風「正面のアレ?」
提督「ありがとうな浜風。おかげで元気になれたよ。よーし、今日も提督業を頑張るぞ――ッ!!」
浜風「私何もしてないのですが………」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1461405624

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/23(土)19:04:24.36
ID:vYQ3rjNH0
提督「うおおおおおぉぉぉぉッッッ!!!!」シュバババババッ!!
浜風「す、凄い………物凄い勢いで書類を処理してる!」
浜風「流石は私達の提督ですね。お見事です」
提督「う?ん………でも、ちょっと疲れたかな」
提督「すまんが浜風。肩を揉んでくれないか?」
浜風「肩をですね。了解しました」
浜風「では、背中を失礼します」ピタッ
むにゅ
提督「おほっ!(背中に浜風のアレがジャストに当たって………)」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/23(土)19:07:02.97
ID:vYQ3rjNH0
浜風「それじゃ揉みますね」モミモミモミ
むにゅむにゅむにゅ
提督「おほっおほっおほっ!♪」
浜風「力加減はこれでよろしいでしょうか?」モミモミ
提督「あ、ああ。い
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/10(日)19:24:11.89
ID:Jp4rmGGQ0
提督「さてと、今日も一日提督業を頑張るとするか!」
浜風「おはようございます提督。朝食をお持ちしました」
提督「おう、おはよう浜風。わざわざ朝飯持って来てくれてすまんな」
浜風「いえ、これも秘書艦としての任務のうちですから」
浜風「さぁ、冷めないうちにどうぞ召し上がってください」
提督「ああ、ありがとうな。ええと……おっ、ご飯に味噌汁に魚――今日は和食か!」
浜風「ええ。日本男児たるもの、白米と味噌汁は基本ですからね」
提督「ははっ、確かにそうだな……それじゃあ、いただきまry」
ガチャリ
鹿島「おはようございます提督さん♪ 朝食をお持ちしましたよ♪」
提督「えっ」
浜風「なっ………!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1460283851

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/10(日)19:27:29.06
ID:Jp4rmGGQ0
鹿島「スクランブルエッグにベーコントースト、それと熱いコーヒーをお持ちしました♪」
鹿島「一緒に食べましょうね。ウフフッ♪」
提督「あっ、えっと………鹿島――」
浜風「………何をしているのですか鹿島教官?」
鹿島「あら、浜風さんもいらしてたのですね。気づきませんでした」
浜風「教官、今日の秘書艦は私ですが?」
鹿島「ええ、そうですね。知ってますけど?」
浜風「ならなぜ朝食を持って来たのですか? これは秘書艦の仕事のはずです」
鹿島「ウフフッ♪ そうですね。なのでこれは………私のお節介というものでしょうか?」
鹿島「私の大事な提督さんに喜んでもらいたいと、自主的にやったんです。ウフフッ♪」
浜風「」イラッ
提督「え、えっと………」
4:
以下
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/09(土)19:19:12.45
ID:UhYkTwK40
瑞鳳「はぁ?………」
提督「どうしたんだ瑞鳳? ため息なんてついちゃって……」
瑞鳳「あっ、提督……いえ、なんでもないです……」
提督「とてもそうには見えないぞ? どうしたんだ、何か悩みごとでもあるのか?」
瑞鳳「べ、別に……」
提督「遠慮するなよ。俺でいいなら何でも聞くからさ」
瑞鳳「提督……」
瑞鳳「………」
瑞鳳「実は私……装甲薄いなって思って……」
提督「うん?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1460197152

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/09(土)19:20:53.16
ID:UhYkTwK40
提督「装甲薄いって……ああ、すぐ中破しちゃうって意味か」
提督「それはしょうがないだろう瑞鳳。気にする事はないって。お前に限らず軽空母はみんなそうなんだし」
提督「その分、燃費とかはいいわけなんだしさ」
瑞鳳「違うわ提督、それもあるけど私が悩んでるのはそこじゃないの」
提督「それじゃあなんだ?」
瑞鳳「その……胸部装甲が……薄いなって」
提督「あっ………(察し)」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/04/09(土)19:22:15.02
ID:UhYkTwK40
瑞鳳「駆逐艦の娘でも大きい娘はたくさんいるのに、それに比べて私は……」
提督「あ―――瑞鳳……それはだな―――」
瑞鳳「姉の祥鳳はあんなにあるのに……私はこんなにも貧装で……」グスッ
提督「気にする気持ちもわからんでもないが、そこはまぁ個性みたいなもんだし?」
瑞鳳「でも、男の人って小さい子よりも大きい子の方が好きなんでしょ!?」
提督「え?と……それは…
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/02(日)15:32:19.63
ID:q+D9dcI70
提督「何?鋼材が足りないだと?」
大淀「開発が思うように進まなかったようで」
提督「仕方ない、輸送隊を組んで鋼材のある島へ向かわせろ」
大淀「了解しました」
※駄文、キャラ崩壊注意
カナ字も見づらいです
棲姫役はお好きなボスでどうぞ
すぐに終わります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1491114739

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/02(日)15:32:59.06
ID:q+D9dcI70
棲姫「エ?鋼材ガ足リナイデスッテ?」
ヲ級「戦艦達ガ食ベチャッタミタイ」
棲姫「仕方ナイワネ、鋼材ノアル島へ行ッテ取ッテ来ナサイ」
ヲ級「ワカッタ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/02(日)15:36:13.43
ID:q+D9dcI70
提督「何だと?待ち伏せされていただと?」
大淀「あまり規模の大きい艦隊ではなかったようですが」
提督「しかし、この海域で鋼材が豊富なのはあそこだけだからな」
大淀「敵もたまたま鋼材の回収に来ていたのでしょうか」
提督「楽観はよくないな。情報漏洩の可能性も視野に入れておくとしよう」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/02(日)15:36:44.15
ID:q+D9dcI70
棲姫「何デスッテ?艦娘が待チ伏セシテイタノ?」
ヲ級「大シタ規模デハ無カッタミタイダケド」
棲姫「鋼材ガタクサンアルノハアノ島ダケダカラ、タマタマカシラ?」
ヲ級「モシカシタラ、コチラノ動キガバレテイルノカモ」
棲姫「ソウカモ知レナイワネ、気ヲツケマショウ」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ku379TEf1I
2016/03/24(木)01:05:59.75
ID:J7NHzuHi0
 摩耶と俺は悪友だった。
鳥海「こらっ! 二人とも待ちなさい!!」タッタッ
提督「へっ、待てと言われて待つ奴が……」タッタッ
摩耶「いるかってえのっ!」タッタッ
提督「摩耶、こっちだ!」
摩耶「おうっ!」
高雄「逃がさないわよっ!」
摩耶「姉貴っ!」
提督「くっ、先回りされてたか」
鳥海「さあ、追い詰めたわよ。大人しく返しなさい」
提督「万事休すか…」
摩耶「……いや、まだだ。提督っ、飛ぶぞ!」ガシッ
提督「へっ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1458749157

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ku379TEf1I
2016/03/24(木)01:07:44.78
ID:J7NHzuHi0
摩耶「行くぜっ! うおりゃああああ!!」バッ
提督「摩耶ここ3階いぃぃぃ!!」バッ
鳥海「窓から飛び出した?!」
高雄「ふ、2人とも?!」
バシャーンッ
摩耶「……ぶはぁっ! 提督、生きてるか!」バシャバシャ
提督「な、なんとか…」バシャバシャ
摩耶「よし逃げるぞ!」
高雄「う、海だったのね……」
高雄「無茶して…もうっ」
3:
◆ku379TEf1I
2016/03/24(木)01:09:01.34
ID:J7NHzuHi0
ーーーー
ーーーー
摩耶「逃げ切れたかな……」
提督「はぁっはぁっ……無茶するなあ、お前も」
摩耶「あはは、悪い悪い。それで例のブツは無事か?」
提督「ああ。もちろんだ!」ゴトッ
摩耶「姉貴達に奪われた!」
提督「俺秘蔵の酒!」
摩耶「は、早く飲もうぜっ!」
提督「ああ……よし。ほら」
摩耶「へへっ、サンキュ。それじゃあ……」
提督「乾杯っ!」
4:続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆XYFcNIlUIg
2014/06/28(土)12:50:33.55
ID:9LCtgITmo
提督「来ないな救助……」
電「そうですね……見捨てられたのではないでしょうか?」
提督「怖いこと言うなよ」
電「でも遭難してから5日経ちましたよ、いい加減水も心細くなってきましたのです」
提督「そこなんだよなぁ……いい加減腹決めてこの溜めたションベン飲むか」
電「その量でもあと3日が限界なのです」
提督「その間なら大丈夫だと思いたいな、星を見た限りそこまで遠くに流されてなさそうだからなー」
電「そうだと嬉しいのですけど……」
提督「とりあえず、今は無駄に体力を使わないように待つぞ」
電「はぁ……まぁ、電の中で暴れたり……死ななければいいのです」
提督「へっ、そうそう死なないよ俺は、意地でも生き残ってやる」
電「食料は今のところ元々の食料が豊富だったのと、魚を釣ったりで賄われてますけど時間が経つに連れて魚も警戒するのです」
提督「あぁ」
電「どうするのです?」
提督「どうするのです? って聞かれてもその時はその時考えるって言うしかないな、とりあえず今は寝かしてくれ」
電「そうですか……そうですね、おやすみなさいなのです」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1403927433

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆XYFcNIlUIg
2014/06/28(土)12:51:25.81
ID:9LCtgITmo
電「んっ……司令官さん私の中で何ごそごそしてるのです……くすぐったいよぉ……」
提督「んーないな……」
電「あっ……んん……ふぁっあっ………ふにぁ……」
提督「ここだっけ?」
電「ふあっ…んー!!……はぁ……はぁ……」
提督「ねぇな……」
電「ふぅ……んっ……そ、そんな、さっき……いっ……ちゃっ……ばきゃりっ……ふにゃぁぁぁぁぁ!!」
提督「あえぐな」
電「だ、だって……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/28(火)23:06:17.48
ID:hUrmnSex0
時雨が深海棲艦になるまでの移り変わり。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1488290777

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/28(火)23:07:40.92
ID:hUrmnSex0
体が大の字になってぴくりとも動かない。さっきまで僕は、海を滑ってみんなと戦っていたっていうのに。
僕は死んだのかな。夕立を庇って。
でもおかしいな、不思議と意識は鮮明で、視界に映るのはペンキをぶち撒けた青空と、雲のマーブル模様。アクセントの様に控えめに見え隠れする太陽。冬の空。
呆然と、ただ呆然と。取り留めのない考え事を巡らせる事ができるのは、まるで眠りに落ちる前の時。
あれやこれやと僕が普通の人間で、女の子で、恋をして、そのまま結婚する妄想に似てる。これは些細な僕の唯一の楽しみ。
そう考えてしまうのは僕が提督と結婚しているから。だから、機械仕掛けの僕は形式上の結婚を憎んでる。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/28(火)23:08:31.52
ID:hUrmnSex0
人間だったら、僕は本当の意味で結ばれていたはずと。
でも提督は僕を愛してくれていた。僕と同じで不器用な愛情を偏に注いでくれた。
みるに耐えない程空回りして、本当に情けないほど。
何かで見た。もしくはラジオかもしれない、聴いた。ネット上で物書きをすると、一文字はたったの2円に足らないと。
愛してる。提督はこの10円にもならない価値の言葉を僕に使わなかった。
それは、愛してる、この言葉がどれだけチープで、無責任だと提督は知っていたから。
言葉で言わなければわからないとみんな言う。でも行動、誠意を示してくれた方が僕は嬉しい。たかが1
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/15(日)17:50:23.66
ID:SnLg+Lij0
暁「おまけに体を洗うのも週に2日だから・・・」
雷「いくら雷達が駆逐艦といっても」
電「汗をかいた後は、やっぱり臭うのです・・・」
暁「せめて香水でもつけてくれたら・・・」
雷「はぁ・・・どうにかならないかしら」
電「・・・なのです」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423990223

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/15(日)17:56:50.05
ID:SnLg+Lij0
暁「それにしても、響が最初にこの鎮守府に来たときはびっくりしたわね」
雷「えぇ、入渠のときに・・・」
電「浴槽の中に、いきなり石鹸を入れて体を洗い始めるだなんて」
暁「おまけにお湯を抜こうとして、栓を一生懸命探していたわね」
雷「まぁ、今はそんなことしなくなったけど」
電「・・・・・・」
暁「・・・お互い、姉妹だからこそ言いにくいことなのよね」
雷「雷達はまだ良いけど」
電「自分の家族が裏で陰口を言われるのは、正直辛いのです・・・」
暁「最近は暁達にも飛び火が・・・」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/15(日)18:03:04.07
ID:SnLg+Lij0
響『・・・・・・』
弥生『』ヒソヒソ
望月『』ヒソヒソ
響『』
夕立『』クサイッポイーwww
春雨『』クスクス
響『・・・・・・』
島風『みんな酷い・・・! 揃いも揃って陰口なんて・・・!』
天津風『ほんと、なんとかならないかしら・・・あの人に相談してみましょう』
響『』グス
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)04:15:19.79
ID:tYMQzpsx0
吹雪「お母さん!?私が?」
大和「はい」
吹雪「急に何、某赤い人みたいな事言い出すんですか大和さん?」
大和「正式にお母さんになってもらいたいと思いまして」
吹雪「ええ…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499714119

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)04:19:36.12
ID:tYMQzpsx0
吹雪「私の方が小さいのにお母さんって変ですよ」
大和「身体の大小は関係ありません。それよりも内に秘めた母性が大事なんです」
大和「雷ちゃんも霞ちゃんもママと呼ばれてるでしょ?」
吹雪「私に母性なんてあるかな…」
大和「あなたから受けた優しさから私は母性を感じる事ができました」
吹雪「大和さんにそこまでの事をしたかな…?」
大和「ちゃんとしてくれましたよ。それは私があなたと初めて会った時の事…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)04:21:32.31
ID:tYMQzpsx0
大和「その時の私はトラック島で出撃する事もなくずっと待機するのみ…まるで籠に閉じ込められた小鳥のようでした(TVアニメ8話参照)」
大和「そんな時に現れたのが吹雪さん、あなたです」
吹雪「懐かしいな…あの時は大和さんの大きさと強さに驚いてたっけ」
大和「ふふふ。驚いたのは私も同じですよ。吹雪さんと出会い、私の心は三式弾級の衝撃を受けました」
大和「私をこの島から連れ出そうとしてくれる、この人はいったい何なの!?まさか、私の運命の王子様?」
吹雪「ええ…」
大和「しかし、その認識もすぐに間違いである事に気づいたのです」
4:
以下、名無しに
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/07/1016:54:24
ID:Q7.uOxSY
大淀「て、提督! もうこれ以上は……!」
提督「あと一回! あと一回だけ!」
大淀「……しかたありませんね」
大淀「あと一回だけですよ?」
提督「よし!」
提督「これで最後……!」
提督「気合だ! 気合で出してみせる!」
提督「はあああああああああああ……!」
大淀「…………」
提督「出でよ! 彗星! 流星! 烈風! の、どれか!」
ポチッ ポォーン♪

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/07/1016:55:12
ID:Q7.uOxSY
九六式艦戦☆
提督「がはぁっ!!」
大淀「て、提督!?」
―――――――――――
提督「……はあ」
大淀「落ち着きましたか」
提督「ああ……」
提督「…………」
大淀「…………」
提督「まさか天山すら出ないなんてな……」
大淀「ここまで来ると才能ですね……」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/07/1016:58:46
ID:Q7.uOxSY
零式艦戦21型 ×43
九七式艦攻 ×118
九九式艦爆 ×103
九六式艦戦 ×231
ガラクタ ×42
提督「……俺、割とマジで神様に嫌われてるんじゃねーかな」
大淀「…………」
提督「頼むから否定してくれ!」
大淀「す、すみませんっ」
提督「ちくしょう……何で天山すら出ないんだよ」
提督「他の提督は紫電改二やら彗星二一型やら出しまくってるってのに」
大淀「実際はそれ程でもないんですが……」
大淀「約400回まわしてこの結果の提督からしたら量産してるレベルですよね」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/07/1016:59:53
ID:Q7.uOxSY
大淀「そ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
</b>◇6/hB3OsqZI<b>
2014/10/22(水)20:18:41.34
ID:jQ6aKHH+0
スレタイ通り
地文の3人称の練習を兼ねているので所々変な感じ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1413976706

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆6/hB3OsqZI
2014/10/22(水)20:23:35.10
ID:jQ6aKHH+0
執務室―――
白い軍服を着た男が一人、黙々と机に置かれた書類に目を通しサインしていく。
時刻は既に11時を回り、明かりのついた部屋を覗くように月が見下ろしていた。
男はサインを入れる手を止めて、持っていたペンを無造作に放り投げる。カランと音を立てて転がり、山のように積まれた書類にぶつかり止まる。
「くふっ――がああぁぁぁ…………ったあぁぁ」
豪華な革製の黒い椅子に座る男は、背もたれに背を押し付け、夕食からおよそ3時間に渡る書類の山との格闘を終えたことを労うように、背を伸ばして溜まりに溜まった疲労を発散させていく。
椅子はギシィ…と音を立てて体を支え、背が伸ばされたことでバキバキと背骨が今までの重労働にようやく悲鳴を上げた。
「長い戦いだった……ようやく寝れる、もう自分の名前も見たくない……」
サインを入れるという単純作業から逃れた男は背もたれに完全に脱力しながらつぶやいた。
普通なら夜の11時……23時は、遊び盛りの若者からすればまだまだ寝るには早いだろうが、彼はここ、深海棲艦と人類の戦いの拠点、鎮守府を預かる軍人――提督である。
明日にはまた出撃編成や演習、遠征の予定の確認、そしてまた書類との格闘と、やることはまるで零時を基準にリセットされるかのように再び山積みなって現れる。彼ないし、他の鎮守府を預かる彼らにとっても、今の時間は十分に遅いのだ。とはいえ彼もまだ十分若い人間なのだが……。
「寝よう、今すぐ寝よう、後もう少しだけ耐えてよ瞼ちゃん……」
気を紛ら
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/14(土)20:46:08.10
ID:W/kCsOSK0
弥生「司令官、お仕事お疲れ様です・・・」
弥生「休憩に、甘い物でもと・・・」
弥生「ケーキ、作ってみたんです・・・」
弥生「食べて・・・くれますか・・・?」
弥生「・・・ありがとうございます」
弥生「えっと、どうですか・・・?」
弥生「・・・・・・」
弥生「・・・美味しいですか」
弥生「良かった・・・」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423914367

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/14(土)20:52:29.16
ID:W/kCsOSK0
弥生「・・・そのケーキの上に乗っているイチゴ」
弥生「司令官は、イチゴは好きですか・・・?」
弥生「弥生は好きです・・・」
弥生「真っ赤な色をしていて、甘酸っぱくて・・・」
弥生「・・・・・・」
弥生「・・・え?」
弥生「望月も、こんな美味しいケーキを作ってくれればッて・・・?」
弥生「最近、だらしなくて困っているんですか・・・」
弥生「・・・・・・」
弥生「・・・ちょっと注意しておきます」
弥生「・・・いえ、怒ってなんかないですよ?」
弥生「本当に」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/14(土)20:57:21.36
ID:W/kCsOSK0
弥生「望月、司令官が困っていたよ・・・」
弥生「最近、だらけているって・・・」
弥生「もっとシャンとできないの・・・?」
弥生「寝癖も残っている・・・」
弥生「朝、定時通りに起きない・・・」
弥生「演習や出撃をサボりたがる・・・」
弥生「・・・・・・」
弥生「お願いだから、これ以上司令官を困らせないで・
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/21(火)12:59:18.45
ID:1IhCXFnEO
注意書き
島風かわいい短い
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1413863958

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/21(火)13:00:23.98
ID:1IhCXFnEO
提督「なら早食い競争しようぜ」
島風「いいよ!私負けないから!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/21(火)13:01:46.10
ID:1IhCXFnEO
提督「ふぅーごちそうさま」
島風「……」プルプル
提督「ん?食べきれないの?」
島風「……」プルプル
提督「おっそーい!」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/21(火)13:10:02.38
ID:1IhCXFnEO
島風「苦しい……」
提督「ぷふっ」
提督「お腹パンパンだな!」
島風「今ちょっと触らないで」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/21(火)13:12:06.17
ID:1IhCXFnEO
提督「よーし次はかけっこだ!」
島風「後でやらない?」
提督「だめだ!」
提督「よーいドン!」
島風「あっ!提督!」
7:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/21(火)13:13:53.45
ID:1IhCXFnEO
提督「あれれー?島風おそいなぁ?」
島風「……」プルプル
提督「なんだよお前全然はやくないじゃん」
島風「……」プルプル
9:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/21(火)13:
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。