SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
艦隊これくしょん SS
タグ一覧の表示
<<
2019年09月
>>
29件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
全てのレス
元スレ
1:
◆y7KoWCuA1M
:2016/05/31(火)07:06:40.64:
62mqhVxSO
むかーしむかし
ってそんなに昔ではありませんが
ある鎮守府に駆逐艦三日月が配属されていました。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/10/15(木)00:31:45.28:
UTamzT1B0
朝潮「そんな噂が流れてるみたいですよ?」
不知火「ふーん。変な事をいう人もいますね」
朝潮「ですね」
………
……


続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
ラーメン鎮守府シリーズ:目次

元スレ
全てのレス
1:
◆Try7rHwMFw
:2019/08/19(月)11:54:59.45:
xJxYxkwuO
息抜きスレです。某所でやっていたラーメンスレの続きになります。
(中断中のものはどこかで回収します)
提督と嫁のゴーヤと提督補佐の強面とその他もろもろが、
ラーメンについて語ったり有名店に行ったりするだけのスレです。
シリアス要素は多分ありません。たまに安価は使います。更新はかなり遅めです。
主な面子の設定だけ軽く紹介します。
・提督
ラヲタ。30代前半。副業で鎮守府内に休日限定のラーメン屋を開いている。階級は少将。
・ゴーヤ
でち公。21歳。提督の嫁。ラヲタ化しつつある。料理は上手いほう。
・提督補佐
ラヲタ。28歳。色々多忙な提督の補佐をやっている。駆逐艦担当。教員免許を持っている。顔が893だが口調は丁寧。
・響
合法ロリ。22歳。お偉いさんの娘でフリーダム。ジロリアン。
・磯風
味覚障害者。16歳。某有名ラーメン店の信者。某店のコピーを作っては被害を拡散させている。
・潮
非ラヲタ。16歳。常識人で被害者。
なお、店の紹介は独断と偏見によるものです。

2:
◆Try7rHwMFw
:2019/08/19(月)11:55:38.67:
xJxYxkwuO
第1話磯風事変

3:
◆Try7rHwMFw
:2019/08/19(月)12:20:29.22:
xJxYxkwuO
……ミ゛ーンミンミミンミ゛ーン……
……ミ゛ーンミンミンミ゛ーン……
「ぐぞあづい」
俺は執務室のデスクに突っ伏していた。エアコンは付けてるが、ちっとも利きやしねぇ。
それもこれも「冷房の設定は28度」とかのたまう、あの腐れ環境省のせいだ。
「あづいでちね……」
向こうのテーブルでは同じようにゴーヤが溶けている。いつものスク水の上に制服を羽織っている。
本来なら「てめーはそんな格好してるんだから泳ぎやがれ!!」と叫びたいのだが、そんな気力もない。外は37
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆yufVJNsZ3s
:2018/10/19(金)01:11:54.97:
0J++fsfw0

 何事にも得手不得手というものは存在する。
 運動が得意な人間がいる一方で、勉強が得意な人間がいるように、個々のちからは千差万別。そしてそれは、決して単純に数値で測れる要素にのみ顕現するわけではない。
 たとえば私は感情を表情に出すことが不得意だ。そうである、らしい。そんな意識はなかったのだけれど、先日あの男に――訂正。「提督」に――言われて、私は一旦自らの歩みを止めた。
 秘書艦の仕事に愛嬌は不要だ。そして、これまで提督や他の艦娘たちとの間で、コミュニケーションに困ったことはない。姉妹仲よく滅多に喧嘩せず、海軍学校での後輩関係にある鹿島や香取は慕ってくれているし、至って順風満帆である。
 提督だって別段苦言を呈したわけではないのだ。あくまで雑談。日常のちょっとした一コマ。あんまり笑わないよな、とか、その程度のもの。
 悩む必要なんてない、はずだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:2018/10/19(金)22:46:17.68:
u9VAKemd0
聞き間違えかと思った。
すっかり秋めいた十月中旬、ある朝の執務室で――。
私は秘書官と仕事をしていた。本部に送る資料をまとめていたのだ。
その合間、お茶でも飲もうかと提案した時のことだった。
吹雪は茶菓子を用意しながら、何気ない様子で振り返ると、
「司令官ってアナル弱そうですよね?」
私に向かってそう言ったのだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/08/15(水)22:47:31.21:
psuEYVH+0
明石「ああっ! 開発失敗した!」
夕張「またぁ? 80回以上もやってうまくいかないんだから、もう諦めたら?」
明石「でもなんかさっきのでコツはつかんだ気がするわ! 64回目で41cm砲も出たし、あと5cm足せば46cmだから!」
夕張「そこから20回近く主砲すら開発できてないでしょ……」
明石「それはアレよ、運が内側に溜まってきてるの! とにかく次の一回は絶対うまくいくって!」
夕張「それも20回くらい聞いてるんだけど……はぁ、この資材の減り、提督に怒られるだろうなぁ……」
【コンコルド効果】
今まで費やしてきた努力・金銭などが無駄になるからという理由で、
決して採算の取れない投資を続けてしまう状態。
超音速旅客機・コンコルドの開発時に、プロジェクトを進めるほど赤字になることが分かっていながら
誰も計画中止を提案できず、結果巨額の損失を出したことから。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/10/17(水)00:37:58.85:
J1G05eUn0
ぽいぬ「ぽい!ぽい!」
吹雪「...ん?犬?」
吹雪「あ、捨てぽいぬだ。こんな所にどうして...」
吹雪「司令官に言ったら飼わせてくれるかな」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/09/03(火)16:50:21.82:
PFwZ04BXO

?執務室
加賀「第二艦隊のリランカ島出撃の報告書です」
提督「おう、お疲れ。あといつも言ってるが、別に全員来なくて良いんだぞ。報告書は旗艦の加賀が持ってくれば良い」
加賀「私も、そう言っているのだけれど」
金剛「テーーイトクゥ!!無事に帰って来たワタシとハグするネー!」ガバッ
提督「おい、引っ付くな!暑苦しい!」グイ
金剛「つれないネー!ワタシ達は一夜を明かした仲なのにー!!」
鈴谷「は!?それどういう意味!?」ドンッ
利根「あいたーっ!」バターン
鈴谷「あっごめ!」
利根「あたた…急に飛び出すな…吾輩が前に居るんじゃぞ…」
鈴谷「ごめ?ん!利根?!」
提督「…語弊を招く言い方はやめろ、お前が言っても全然帰らねーから渋々床で寝さしただけだろ」グイィ
摩耶「……なんだよ、そういう事か。ビックリさせやがって…」
雷「え?何でビックリしたの?大丈夫?」
摩耶「あ、いや!な、なんでもねーって!」
加賀「貴方に会いたがって、中々言う事を聞いてくれないの」
提督「へぇ…そうかい「テーイトクゥ!」おい金剛!いい加減離れろって!」グイィ
雷「だって司令官に会いたいんだもの!仕方ないでしょ?」
鈴谷「べ、別に鈴谷はー?そ、そんなんじゃないし…」
摩耶「アタシだって!出来れば会いたくねーし!?」
利根「何を言っておる、率先して行ったのはお主等────むごっ!?」ガバッ
鈴谷「はい利根静かにねー」
摩耶「どうした利根ー?うるさいぞー?」
利根「むぐご!むごごごご!?(お主等!笑顔が怖いぞ!?)」
加賀「……はぁ…」
提督「加賀、気持ちはわかるぞ……ふぅ、やっと離れたな…」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/09/24(日)22:24:53.912:
uoysEfx5a.net
睦月「睦月型駆逐艦の長姉として、妹たちのおちんちんの成長具合を確かめる必要があるんにゃし!」
睦月「睦月より立派になってたら許さないのにゃ?」
睦月「さて、まずは如月ちゃんからいきましょー!」
―睦月・如月の部屋
睦月「如月ちゃーん!いるかにゃ??」ガチャ
如月「あら睦月ちゃん、お帰りなさい」
睦月「おっほん。実は如月ちゃんにお願いがあるのです」
如月「何かしら?なんでも聞くわよ」
睦月「実はおちんちんを見せて欲しいんにゃし!」
如月「えっ…やだ、睦月ちゃんたら。大胆なんだから///」
睦月「ダメかなぁ」
如月「うふふ、いいわよぉ」スルッ
睦月「ありがとう如月ちゃん!」
如月「パンツ脱いじゃった♥」
睦月「わぁ?、このスカート一枚の下に如月ちゃんのおちんちんが…」
如月「ほーら、見てみて?この輝くおちんちん」ピラ
睦月「おぉー、これが如月ちゃんの…スカートの持ち上げ方も相まってなんだかとってもエッチにゃしぃ」
如月「やだ、そんなに褒めないで」
睦月「それに全然嫌な匂いもしなくて、むしろ嗅いでいたくなる匂いにゃし」スンスン
如月「きゃっ、睦月ちゃんったら、顔が近い…やっ、ダメ」ムクムク
睦月「およ?如月ちゃん興奮しちゃった?いひひ」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/08/12(土)18:44:05.06:
u9WavQ4X0
間宮「はい、期間限定ですけど」
提督「何でそんなことを? 本土にも店を作ってから大盛況じゃないか」
間宮「あ、いえ……お客さんを呼ぶための策略とかではないんです。ただ、そういうイベントを月ごとに開いたら面白いかなと思って」
間宮「お店の内装や接客のスタイルを変えたりして。今回はたまたまメイド喫茶というだけです」
提督「なるほどな……まあいいんじゃないか? そもそも間宮の経営は全部お前に任せてるし、好きにしてもらって構わないよ」
間宮「ありがとうございます!」
間宮「それと、もう一つお願いがあるんです」
提督「?」
間宮「接客するメイドさんなんですけど、艦娘の中から引き抜きたいなと」
提督「艦娘から?」
間宮「出撃や演習で忙しいのは承知なんです! でも、お願いできるのはやっぱり艦娘の娘たちしかいなくて」
間宮「ワガママを言ってすみません」
提督「んー……そうだな。深海棲艦とも和解してるし、貸したところで差支えはないだろう」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
2:
◆t2z.CtSM8o
:2019/08/23(金)15:35:25.42:
EaIuAju3O
俺には高校生の姉がいる。
7つ歳が離れている姉だ。
世話焼きで面倒見いい姉で、いつも俺のことを甘やかしてくる。
「あ、またご飯こぼしてる。だめよ?よそ見しながら食べちゃ」
「………」
まーた始まった。そうやって僕の世話を焼く。
「ふふっ、美味しいでしょう?今日は少し奮発したからね」
姉が言う。
正直言って、世話を焼かれるのは嫌いじゃない。
なんてったって姉は家族の僕が見てもめちゃくちゃ美人であり、頭は良いし運動もできる、自慢の姉であるからだ。長い黒髪はとても綺麗で、思わず見とれてしまうことも……なんて、本人には口が裂けても言えないけどね。
ただ、友達の前でも世話を焼かれるのは困る。シスコンって思われてしまうんだ。
僕はもう子供じゃない。
そう言うと姉はどうかしらね、と笑うのだった。
くそう、絶対にわかってないぞ、この姉は。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
2:
◆5Yy.rC7Gbc
:2017/08/10(木)11:12:39.70:
fTlUaLaQ0
山城「提督、どうなさったんですか?」
提督「いやぁ、ちょっと暇してたからさー来てみた」
山城「っそ、そうですか…。でも私と姉様の部屋に来ても面白いことなんて何もない気がします…」
提督「うーん、じゃあ隼鷹とか誘って酒盛りとかどうだ?」
山城「…あら、なら扶桑姉様も誘って良いでしょうか?」
提督「おう、やっぱり人が多いと飲んでても楽しいからな」
提督「んじゃあこの間完成したカウンターバーにフタマルマルマルくらいを目安に来てくれ」
山城「はい、わかりました」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/08/21(水)13:13:54.22:
1d4h5fup0
このSSは史実を基にしたフィクションです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/08/21(水)13:16:51.81:
1d4h5fup0
ある時、3匹の蛙が牛乳の入った桶の中に落ちてしまいました。
1匹目の蛙は悲観的な性格で、何をしたところで這い上がることはできないだろうと思い、すぐに諦めてブクブクと沈んでしまいました。
2匹目の蛙は楽観的な性格で、これも神の思し召しだと思い特に何もせず、やはりブクブクと沈んでしまいました。
3匹目の蛙は諦めませんでした。
蛙の自分にできることはただひたすらにもがくことだけだと思い、必死にもがきました。
そのうち、足下の牛乳がかき混ぜられてバターに変わり、蛙はバターを足場にして桶から逃げ出すことができたのです。
(イソップ童話「3匹の蛙」より)

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/12/30(金)22:26:02.78:
wKoZgIbnO
提督「頼む! 龍田っ!」
龍田「だーめ」
提督「久しぶりに龍田揚げ作ってくれよぅ。頼むよ?」
龍田「何を言ってるのかしら?。この前の健康診断の結果忘れたの?」
提督「それとこれは別だろ?」
龍田「全然別じゃないんですがそれは?。寝言は寝てから言ってくださいねぇ」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
清霜「SaxophoneColossus」:目次

元スレ
全てのレス
161:
◆0rjCWOlcd8we
:2019/08/19(月)13:39:25.84:
MxzcDZH50
第13話
SpeakLikeaChild/kin(←→)
8月13日午前9時07分
鎮守府埠頭
非番の時清霜はいつもこの埠頭で吹いている
どんなことがあろうと彼女はいつも吹き続け、四季をここで感じ取っていた
ただ時折ハプニングも起きる
この日は雲行きが怪しく、ついにはポツポツと雨が降り始めた
天気予報じゃ曇りのままだったのにと愚痴をこぼす清霜だったがそれ言っても仕方がなく、急いで雨の日に練習するトンネルまで逃げていった
トンネルに入るや否や雨はザアザアと振りはじめる
「うう?傘持ってくるの忘れちゃた...今日曇りだってきいたのに...」
不幸にも傘すらなく、しばらくここで練習する以外何もできなくなってしまった
「...ううん!ここで練習しよう!」
トンネルに彼女のサックスが響き渡る

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
清霜「SaxophoneColossus」:目次

元スレ
全てのレス
155:
◆0rjCWOlcd8we
:2019/08/19(月)00:05:34.98:
MxzcDZH50
第12話
TwinTenors(後編)
7月31日午後9時24分
LazyBird
「お、おい!いまライブ中で...」
「いいの摩耶さん」
摩耶が制止にかかるが清霜はそれをはねのけた
「...ただ一緒に吹きたいって感じじゃないよね」
「勝ちに来た」
「いいよ...やろう曲は?」
「GiantSteps」
「お、おい!マジで言ってんのか!?コルトレーン(※)の曲を!?」
※ジョンコルトレーン

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
清霜「SaxophoneColossus」:目次

元スレ
全てのレス
149:
◆0rjCWOlcd8we
:2019/08/18(日)22:14:40.61:
F8UcP6o90
第11話
TwinTenors(前編)
7月14日午後3時00分
LazyBird
「はいストップ!テーマもう一度さらうぞ、榛名!なんでもいいから7拍目にアクセントつけて、清霜もそれに乗っかる感じで!ガンビー!13thの方が多分響きがいい!変えて!」
客のいないLazyBirdに摩耶の指示が飛び交う
今日もまた彼女らは練習を積み重ねる
あのライブ以来彼女らはより一層励むようになった
特に彼女、ガンビアベイはあの日から何か変わった様子だった
そしてまたその影響を受けたのは...
「おうガンビー!前よし良くなったけど自信持って弾け!」
「はい!」
「...」
清霜だった

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
高雄「賑やかな執務室」
【艦これ】高雄「大規模作戦を越えて」
【艦これ】高雄「秋の日々は混乱のうちに」
【艦これ】高雄「クリスマス」
【艦これ】高雄「夏祭り防衛任務」

元スレ
全てのレス
1:
◆bcQPzU7u4E
:2019/08/18(日)15:54:26.41:
OdBTPLIC0
とある鎮守府の夏のお話。
※以下の物語の続きという設定となっています。予めご承知おきください。
【艦これ】高雄「クリスマス」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1545549292/

2:
◆bcQPzU7u4E
:2019/08/18(日)15:55:21.67:
OdBTPLIC0
大淀「『〇〇鎮守府管内で実施される夏祭り及び花火大会中の海域警備任務を命ずる。詳細は添付の資料の通り』。資料はこちらです」スッ
提督「はいありがとう」
大淀「『なお、本任務については特段の事情が無い限り司令官も艦隊に同行するものとする』以上です」
提督「そうか。ふーむ……」
高雄「とりあえず、神通さんと長良さんを呼びますか?今ならお二人とも手空きのようですけど」
提督「……いや、今回は任務が任務だから、先に志願者を募ろう。編成はその後だ」
高雄「了解しました」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/08/13(土)01:37:49.51:
IPF1yQGEO
グラーフ・ツェッペリンはビニールで包装された割り箸を一膳手にし草庵の露地を散歩していた。
安っぽい割り箸はアドミラルがコンビニでナポリタンを購入した際に、店員がプラスチックのフォークと一緒に入れたものだった。
アドミラルはフォークを使ったので、割り箸が余り、それがグラーフ・ツェッペリンに贈られたという経緯であった。
梅雨の季節で曇天の中小雨が降っていた。グラーフ・ツェッペリンは雨が好きだった。晴天時には白じみ少しぼやける煉瓦造りの建物も雨に塗られれば輪郭を明確にしたし、道や草花も色が鮮やかになった。
グラーフ・ツェッペリンは明晰判明なものが好きだった。
そんなわけで涼しい小雨は割り箸を持て余しているグラーフ・ツェッペリンの機嫌を少し良くさせた。

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
【艦これ】「潜水艦泊地の一年戦争」
【艦これ】潜水艦泊地の一年戦争前編
【艦これ】潜水艦泊地の一年戦争後編

元スレ
全てのレス
346:
◆yufVJNsZ3s
:2019/05/22(水)23:40:16:
FYnwVX0I
 ゴーヤが笑いながら歌を唄っていた。
 ハチは本を読んでいたのだが、車の揺れで少し気分を悪くしたようで、窓から遠くを眺めている。
 車は海岸沿いの林間地を往く。木々の隙間から、青く輝く海が見える。
 昨晩の雨は明け方にはすっかりと止んでいて、いまは寧ろ日差しが暑いくらいだった。俺はサンバイザーの傾きを調節し、角度を深めにする。
 昨日のことが嘘だったかのようにさえ思えてしまう。全ては幻覚で、夢の中の出来事で。
 だが、しかし、そんなはずはなかった。
 路面に水たまりは多く、昨晩の風で運ばれてきたのであろう木の枝や土砂、ゴミなどを、路肩にいくつも見つけることができる。車のボンネットに張り付いた落ち葉は生半な風では剥がれてくれそうにない。
 そして、俺の記憶は健在だった。酷く不健全に、健在だった。
 嵐は確かにあった。ハチとの約束も、やはり、あったのだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
関連SS
【艦これ】「潜水艦泊地の一年戦争」
【艦これ】潜水艦泊地の一年戦争前編
【艦これ】潜水艦泊地の一年戦争後編

元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2018/11/19(月)21:13:21:
YFhFFZAw
地の文あり、独自設定あり。
同タイトルの完全版です。
SS速報ではR描写厳禁なので、こちらに引っ越しました。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2018/11/19(月)21:17:09:
t8gH6LFs
 イクが大笑いしていた。
 イムヤがしかめっ面をしていた。
 ゴーヤがきょとんとしていた。
 ハチが軽蔑した目をしていた。
「変態なの!」
「……変態」
「変態でちか?」
「変態、です」
「違う! 誤解だ、本当だ、信じてくれ!」
 俺は必死で否定をするも、スクール水着を手に持った状態では、何を言っても説得力など皆無だった。
 俺の両手には、いま、充分に撥水加工の為された紺色の布が握られていた。古き時代のスクール水着というやつだ。肩や膝まで布の伸びたタイプではなく、脇や太ももが露出するタイプのもの。
 なるほど、確かに女性用の――否、女子用のそれを手に、力強く語る男がいたら変態だろう。そしてその男とは俺のことである。即ち俺は変態である。見事な三段論法に不備はない。
 ではない。

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆nHXHIjwtkA
:2019/08/16(金)05:33:28.88:
71Bykx2o0
足柄「そろそろねー 本気にねー将来のことをねー」
那智「考えなければいかんか」
足柄「だからさー 一緒に参加しましょうよ。ほら婚活パーティーの参加用紙」
那智「ううぅ婚活など飢えて発情した女のようで恥ずかしいな」
足柄「ねぇ 今私のことディスらなかった? らなかった?」
足柄「まあいいわ 相棒。宜しく頼むわね」
那智「今回だけだぞ」
足柄「いやいや、これからも、よ。やっぱ街コンとかペアが望ましいことは多いし」
足柄「頑張りましょ 20代のうちに」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆Q.5DeUcL0I
:2019/08/11(日)18:33:59.34:
N26vyHXSo
提督「え?このままだと不味い?」
阿武隈「そうですよ!提督、このままだとあたし的にとーっても不味いと思います!」
提督「ふーん......お、大淀、これお茶っ葉変えた?うまいな」ズズー
大淀「あ、わかりますか?間宮さんおすすめのものに変えてみたんです」
提督「へぇー。間宮さんってお茶にも詳しかったのか」
阿武隈「ちょ、ちょっと!何でそんなに呑気にしてるんですか!ちゃんと聞いてくださいよぉ!」バンバン
提督「そんなこと言われてもなぁ。話が全く見えんのだが......」
大淀「何がそんなに不味いんですか?」
阿武隈「んんっ、いいですか?まずですよ、提督が提督になったのって結構最近じゃないですか」
提督「ん、そうだな。えっとなったのは......ちょうど半年前くらいだっけか?」
大淀「そのくらいですね」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
【艦これ】しおい「人魚」
【艦これ】北上「笠地蔵」

元スレ
全てのレス
1:
◆rbbm4ODkU.
:2019/08/14(水)01:31:38.51:
KfF1pJyh0
【艦これ】しおい「人魚」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1564806716/
の続き、ではないですが地続きみたいな話

2:
◆rbbm4ODkU.
:2019/08/14(水)01:33:06.29:
KfF1pJyh0
大井「…」
ピンク色の傘を差した少女はある一点をじっと見つめていた。
じっと動かないその明るめの茶髪のセミロングに傘のピンクが僅かに紅く透けている。
大井「…」
雨の中で着るには随分と薄着をしていたが、日本特有のジメッとした夏の暑さに対しては丁度いいようだ。
大井「…」チラ
手元を見る。
左肩には今しがた店で購入した食材を入れたバック。
そして右手には新品の黒い傘がある。
大井「んー…」
人通りの一切ない田舎道のど真ん中で何やら必死に考えているようだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/08/24(木)21:41:11.77:
fD/z8IUw0

響「ほら、暁。早く準備しないと司令官が来てしまうよ」
暁「ま、待ってよぉ……。この服、着るの難しいんだからぁ……」
雷「まったく、せっかくの非番だから司令官が車を出してくれるっていうのに、暁だけ置いて行かれても知らないわよ」
暁「ふえぇぇぇっ」
電「で、でもでも、電もお洒落したいって気持ちすっごく分かるのです」
暁「これをこうして……ああして……」ごそごそ
雷「ねえ、私が手伝ってあげるわよ」
暁「だ、大丈夫だもん!一人で服くらい着られるわよ!」ぎゅむぎゅむ
提督「お?い、車の準備ができたぞ?」コンコン
電「司令官さん!ありがとうなのです!」
雷「は?い、今開けるわ……」
暁「ま、待ってぇ!まだ私が着替えてる途中なのよぉ??!!」ふぇぇん
響「……と、いうことだから悪いが司令官、少し待っていてくれないか?」
司令官「了解。しかし随分時間がかかるもんだな」
電「仕方がないのです。今日の暁ちゃんはお洒落さんなのです」
雷「司令官とのお出かけにレディとして失礼な恰好じゃいけないわ!って言って明石さんに服を選んでもらってたのよ」
響「でもそれで司令官を待たせてちゃ、レディ失格だよね」
暁「ひぃぃん!」ごそごそ
司令官「ははは……。まあ、こうして待つのも男の役目さ。期待して待たせてもらうよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/01/27(火)19:45:38.99:
34UPo+pU0
提督の、大きくも繊細な手が気持ちよかった
撫でるような手つきで私の髪を整えてくれる
「今回はどうする?」
「提督にお任せします」
「そういう返答が一番困るんだよなぁ」
提督は苦笑いをしながら水を入れたスプレーボトルで髪を濡らしていく
私にとっては、髪を切るという行為は提督に髪を撫でてもらう時間だった
要するに提督と触れ合えるならば何でもよかったのである


続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
2:
◆LxxESo7QEc
:2016/12/09(金)18:21:54.30:
Jx8JGdAao
━━━━━幌筵泊地 演習場
瑞鶴「よーし勝った! 今日もいい感じ!」
午後の演習が終了。お隣の単冠湾泊地の艦隊との戦いは何とか勝利で終えることができた。
葛城「やりましたね! 瑞鶴先輩、さすがです!」
艦娘になってから約三年。結構力を付けてきたと思うし、こうして慕ってくれる後輩も出来た。
私も少しは『あの人』に近づけたかな……?
???「この勝利に慢心しては駄目よ、五航戦」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆rbbm4ODkU.
:2019/08/03(土)13:31:56.70:
f1uEgEbX0
船のエンジンを止め、港に付ける。
かなり小さいタイプの船のはずだがそれが気にならないほどにこの島の港は小さかった。
すぐにでも動かせるようにビットに軽くロープをかけ船を降りる。
降り注ぐ夏の日差しは容赦なく地上を焼いていくが海を撫でる潮風がそれを和らげてくれていた。
港に、他の船はなかった。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/07/28(金)22:28:59.07:
GKPlxk3K0

鳳翔「ええっ? 私とケッコンですか?」
鳳翔「あああ、ああの、あのっ、えっ? 私ですか? 本当に?」
鳳翔「や、やめた方が良いと思います、その、私は……。空母の母と言われるほど年をとってますし……」
鳳翔「それに、その、今の、ナウい? 方々というのでしょうか、そんな方々のような魅力もないですし」
鳳翔「改になっても装備スロットは3ですし、搭載数も正規空母、いや他の軽空母に比べても貧弱ですし……」
鳳翔「燃費も軽い方です。……提督のご好意は嬉しいのですが、その……」
鳳翔「私なんかとケッコンする意味は、ないと思いますので……」
鳳翔「申し訳ございません。提督からのプロポーズは、お断りさせていただきます……」
鳳翔「…………え?」
鳳翔「それでも私が……いいのですか?」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。