SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
艦隊これくしょんSS
タグ一覧の表示
<<
2019年05月
>>
10件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1558023558/
1:
◆ag9TZfREZs
2019/05/17(金)01:19:18.75ID:mv0vLtMP0
キャラ崩壊注意
生えてる注意
亀更新注意
↓前作の続きです。
【艦これ】最上「僕娘会」【R18】【安価】
鎮守府――会議室――
最上「これより僕娘会(ぼくっこかい)の定例会議を始めます」
最上「参加者は計六名、会員全員です」
最上「会長のボクが司会を勤めます。異議が無ければ拍手をお願いします」
皐月「……」パチパチ
時雨「……」パチパチ
初月「……」パチパチ
松風「……」パチパチ
Z1「……」パチパチ
最上「ありがとうございます」

2:
◆ag9TZfREZs
2019/05/17(金)01:31:09.01ID:mv0vLtMP0
最上「前回の開催から時間が空いたので、それまでの経緯をまとめます」
最上「ボクっ娘艦娘にはおちんちんが生えてますが、オレっ娘艦娘にはおちんちんは生えてません(重要)」
最上「そのおちんちん需要が高騰した結果、ボクたちはそれぞれ好きな艦娘と突き合っていました」
最上「しかし約一ヶ月前、ボクたちと付き合っていない艦娘たちによる『ボクっ娘独占禁止運動』が繰り広げられたのです」
最上「代表者会議は混迷を極め、結局『ボクっ娘たちによる積極的な関係の流動性を求む』という結論が出されました」
最上「そこで先日の臨時僕娘会でもお伝えした通り、会員のみなさんには自分の良心と意志に従うよう指示しましたことは、記憶に新しいでしょう」
最上「今日は、会員の現在がどうなっているかを確認するのが主目的となっております」
最上「ぶっちゃけると……」
3:
◆ag9TZfREZs
2019/05/17(金)01:31:39.88ID:mv0vLtMP0
最上「まだ突き合っていない子たちの『ハメハメして欲しいからもっと私たちにも手を出して』という主張を当時の恋人たちが認めたという、おちんちんに都合の良い展開だぁー!!」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558252016/
1:
◆nHXHIjwtkA
2019/05/19(日)16:46:56.26ID:sGBMMBX+0
それから半年後
能代の妊娠が判明した

2:
◆nHXHIjwtkA
2019/05/19(日)16:48:25.90ID:sGBMMBX+0
阿賀野「」
能代「」
提督「」
阿賀野「本当なの」
俯いたまま能代が頷く
自分はただただ無言。言うべき言葉が思い付かず
阿賀野「本当に提督さんの子供が能代の中に」
阿賀野「奥さんの 奥さんの妹と 浮気 したの」
「はい」とだけ答えた
3:
◆nHXHIjwtkA
2019/05/19(日)16:49:11.68ID:sGBMMBX+0
つい数分前までは能代の料理を囲み、三人で楽しく会話をしていたのに
ただ自分が阿賀野が肥えだしたことをからかっただけで
阿賀野が「能代だって」と言っただけで
突然蒼白になった能代を見て妊娠とその父親が誰か察したのは女の感か
自分はまるで気がつけなくて
暖かい食卓は突如、極寒の処刑場と化す。
4:
◆nHXHIjwtkA
2019/05/19(日)16:50:03.65ID:sGBMMBX+0
提督「妊娠 何ヵ月」
能代「4か月です」
阿賀野「結婚半年なのに…そんなに」
毎晩のように食卓を囲んでいた3人
まだわずかの新婚生活
たったその6ヶ月…の半分以上前からの裏切りに気が付いたとき
阿賀野の目から光は消えた。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1554455519/
1:
◆bcQPzU7u4E2019/04/05(金)18:11:59.15ID:3A1BoTBQO
とある鎮守府の憲兵と艦娘たちの物語。
※過去作との関係はありません。
※割と長いです。あらかじめご了承ください。

2:
◆bcQPzU7u4E2019/04/05(金)18:13:07.54ID:3A1BoTBQO
着任初日
憲兵隊員「敬礼!」ビシッ
憲兵隊長(以下憲兵)「」スッ
憲兵「直れ」
憲兵「研修と訓練を終えた君たちに私から改めて言うことはない。我が国を守る提督と艦娘が後顧の憂い無く戦えるために、今日より任務に精励すること。以上だ」

3:
◆bcQPzU7u4E2019/04/05(金)18:14:12.63ID:3A1BoTBQO
電「司令官さんが着任されたのです」
憲兵「敬礼っ」ビシッ
隊員「」ビシッ
提督「直れ」
提督「君たちに務めてもらう任務は、率直に言って地味で、あまり国防に貢献しているという実感が得られないかもしれない。だが、艦娘が戦ううえで必要不可欠な任務だ。どうか彼女たちの背中を守ってほしい」
提督「……以上。これからよろしく」
憲兵「はっ!」

4:
◆bcQPzU7u4E2019/04/05(金)18:15:58.41ID:3A1BoTBQO
隊員A「あの提督、だいぶ若いですね」
隊員B「お前が言う台詞じゃないけどな。隊長より若いんじゃないっすか?」
憲兵「私よりは若いだろうな。間違いない」
隊員C「年下の上官持つのってどんな感じです?」
憲兵「正直、変な気分だな。だが、年下のためと思えばむしろやる気も出ようというものだ」
隊員B「隊長ほんと年下贔屓で敬老精神ないっすよね。だから階級上がらないんでしょ」
憲兵「言ってろ。お前たちもここにいる限り同じ運命だからな」
隊員C「しゃーないですね。隊長についてきたのが運のつきでしたし」
隊員A「階級がどうだろうと国防の一翼に変わりはありませんよ。やるべきことを
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1557059036/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/05/05(日)21:23:57.04ID:rl/M+uD+0
見学通路はこちらになりまーす
はぐれないようにしてくださーい
子供「ねぇねぇ、おじさん」
提督「ん?どうしたんだい?」
子供「だれがうみのてきをたおしてるの?」
提督「うーん……それはねぇ……」
長門「私だ」
飛龍「いえ、私ですよ!」
足柄「私よね」
天龍「いやいや俺だろ」
利根「我輩だな!」
綾波「わたしですよー」
北上「私忘れてない?」
提督「……いや、俺だ!」
海の平和は、誰かの仕事でできている
天龍「提督、ムキにになりすぎじゃね?」
提督「うるさいよ!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/05/05(日)21:59:50.93ID:rl/M+uD+0
おーい!補給が来たぞー!
作業員「(やっと今週の分の油か……)」
夕立「おじさんお疲れ様!今週も油持ってきたっぽい!!」
作業員「おぉ、お嬢ちゃんお疲れ様。よかったらジュース持ってきな。おっちゃんおごってやるよ」
夕立「ほんと!?やったー!みんなー!ジュースもらえるっぽーい!!」
作業員「(ホントは一人だけだったんだが……まぁいいか。)
    ふぅ……みんな好きなの言いな!おっちゃんがおごってやるぞー!」
海の平和は、誰かの仕事でできている
夕立「おじさん、夕立はエメマンがいいっぽい!」
作業員「お嬢ちゃんなかなか渋いの選ぶんだな……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/05/05(日)22:00:31.64ID:rl/M+uD+0
占守「そっちどうっすかー!?」
択捉「敵艦の反応はないわね」
松輪「こちらもないわ。大丈夫みたいね……」
子供「あの子達、入り江でなにやってんだろう……」
日振「掃討し終わったみたいね」
大東「あたいたちが
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1556892446/
1:
◆ag9TZfREZs
2019/05/03(金)23:07:26.78ID:Z0vQbocr0
キャラ崩壊注意
男の娘注意
全体的に頭が緩い注意
水無月の部屋――
皐月「これ、食堂で見つけたんだけど……」つスマホ
水無月「あ、見つけてくれたの?ありがt――」
水無月『ほらほら♪もっと膣締めて♪』パンパンパンパン
長月『やっ?ひあっ?ち、力、入らなっ?あっあっ?』ビクンビクン///
水無月『あ?イク?イクイクイクぅ??!』パンパンパンパン
どぴゅっ?!!びゅぐっ?!!びゅるるるるぅ??!!
長月『ぁ???しゅ、ごいぃぃ……?』トロン?
皐月「男の娘の水無月が四つん這いメス長月に無責任生膣大量射精キメてるハメ撮りが保存されてたよ」
水無月「あちゃーバレちゃったかー」

2:
◆ag9TZfREZs
2019/05/03(金)23:10:20.72ID:Z0vQbocr0
皐月「艦娘に一定数存在する艦男の娘……まさか水無月がそうだったなんて……」
水無月「たまたまだよ」
皐月「それよりも!これは酷いよ!」バンッ!
皐月「熱血で、責任感が強く、それでいて情に厚くて、女の子らしい可愛さに満ちている……」
皐月「そんな長月のことをボクたちみんな、大事にしてきたんだ」
皐月「なのに、こうして無慈悲に犯し尽くすなんて……」
皐月「こんなの……こんなの……!」プルプル
3:
◆ag9TZfREZs
2019/05/03(金)23:10:51.62ID:Z0vQbocr0

皐月「完全にNTRじゃないか!!!!!!!!」プンスカビンビン?

4:
◆ag9TZfREZs
2019/05/03(金)23:11:22.74ID:Z0vQbocr0
水無月「うふふ……そう……」
水無月「その動画を見て、ながながに欲情したんだ?」クスクス
皐月「話を逸らさないで!」
水無月「違う!これはそういう話
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485865495/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/31(火)21:24:56.28ID:TWPHhHKFo
提督「ふぁ......ねむ......」
提督「流石にマルマルマルマルを超えると暗いな......」
提督「皆寝てるのか静かだし」
提督「......俺もさっさとトイレに行って寝るかな」
提督「ん?」
ドタドタ......
提督「足音か?なんだか慌ただしいな......」
ドタドタドタ
提督「あれは......電に雷?おーい、どうしたー?」スタスタ
電「わっ、し、司令官さん!」
雷「た、助けてー!」
提督「どうした、そんなに慌てて?」
雷「し、仕方ないでしょ!出たのよ!!」
電「た、大変なのです!!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/31(火)21:26:09.52ID:TWPHhHKFo
提督「出たって......何が?Gか?」
電「違うのです!!」
提督「じゃあ何が......」
雷「ゆ、ゆ、幽霊が出たのよ!!」
提督「......幽霊?」
電「うぅ......怖かったのです」
提督「あー......幽霊、ねぇ」
雷「れ、霊とか司令官は怖くないの?」
提督「いやまぁ幽霊なんていないだろ」
電「いるのです!すぐそこにいるのです!」
提督「はいはい......」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/31(火)21:27:23.85ID:TWPHhHKFo
ガタッ
提督「ん?」
電 ビクッ
雷 ビクッ
提督「落ち着けって......ちょっと見てくるから」
提督(まぁどうせ単なる家鳴りとかだろうし......)
提督「えーと、この辺りからだったよな?」キョロキョロ
提督「......ん、異常なし」
提督「おーい、やっぱり何にもなかっ......た?」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485263065/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/24(火)22:04:26.18ID:NuZSEvado
友提督「なぁ、やっぱりさ提督って大変じゃね?」
提督「あー、まぁな。やりがいはあるけどさ」
友提督「敵さんの襲撃がいつ来るかなんてわかんねーからさほぼ無休みたいなもんだし」
提督「そうだなぁ」
友提督「さらにはそこに艦娘たちのコンディションの調整も必要じゃん?」
提督「まぁな、彼女たちも人な訳だからな」
友提督「皆いい子なんだけどさぁ、個性が強くてさぁ」
提督「あー......うん」
友提督「特に駆逐艦の子!いや子供なのは分かる!分かるけどさぁ」
提督「手がかかるよな......」
友提督「そうそう!そうなのよ!はぁ......皆元気なのはいいけどさ、イタズラされたりさ辛いよなぁ」
提督「分かるなぁ......あ、駆逐艦と言えばあれが大変じゃね?」
友提督「あれ?」
提督「ほら、お風呂」
友提督「風呂?あー、もしかして入るの嫌がるの?うちはないなぁ」
提督「いやいや、そうじゃなくてさ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/24(火)22:05:27.97ID:NuZSEvado
提督「駆逐艦の子って一緒にお風呂入らなきゃじゃん?」
友提督「は?」
.
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/24(火)22:06:29.73ID:NuZSEvado
友提督「......え?なに?お前、駆逐艦と一緒にお風呂入ってるの?」
提督「え?お、おぉ」
友提督「うわぁ......」
提督「え、えぇ!?なんだよ!?お、お前だって入ってるだろ!?」
友提督「いやしてないけど......」
提督「え?」
友提督「というかふつうしないし」
提督「え?え?」
友提督「下手したらお前......捕まるぞ?」
提督「ええええ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483956400/
1:
◆Q.5DeUcL0I
2017/01/09(月)19:06:41.04ID:qnq8CEXAo
提督「うーん、これがこっちでこれが......んー?」
阿武隈「あれ、提督?何してるんですか?」
提督「ん?おお、阿武隈か。その部屋の模様替えをしてるんだが......なんかしっくり来なくてなぁ」
阿武隈「あー、ありますよねぇそういうこと」
提督「家具を色々買ってみたんだがなんかこう......違うんだよなぁ」
阿武隈「えーと......あ、これですか?いいじゃないですか。あたし的にはかなりいい感じの家具だと思いますけど」
提督「いやぁ俺もそう思って買ったんだがなぁ。どうするかな......」
阿武隈「そうですねぇ......じゃあここに置いてみたらどうですか?」
提督「ん?......おおっ!いい感じかもしれん!サンキュー阿武隈!」
阿武隈「えへへ......それにしても」
提督「ん?」

2:
◆Q.5DeUcL0I
2017/01/09(月)19:08:03.43ID:qnq8CEXAo
阿武隈「提督の部屋って意外と綺麗ですよね。シンプルというか」
提督「意外は余計だ。ま、資料とか扱う仕事をしてるからな。ごちゃごちゃしてるとやりづらくて」
阿武隈「あー、なるほど」
提督「......ふむ、部屋か」
阿武隈「提督?」
提督「いや......ふと皆の部屋ってどうなってるのかなぁと」
阿武隈「あー」
提督「うちの鎮守府は皆個室で好きにしてもらってるけど」
阿武隈「どんな感じなのかなぁ......」
提督「ふむ......いい機会だし皆との交流もかねて部屋チェックでもしてみるか。模様替えのヒントになるかもしれんし」
大淀「いい考えですね」ニュッ
提督「おわっ!?お、大淀か......いつからそこにいた」
大淀「うーん、これがこっちで......辺りでしょうか」
提督「......えー」
3:
◆Q.5DeUcL0I
2017/01/0
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483105562/
1:
◆Q.5DeUcL0I
2016/12/30(金)22:46:02.41ID:caWnpDpco
阿武隈「はぁ......平和ですねぇ」
提督「最近は深海の奴らの動きも静かだし、艦娘の皆もいい子だしな」
大淀「えぇ......おかげで仕事がほとんどありませんね」
提督「......暇だなぁ」
青葉「話は聞きました!」ズバーン
提督「......ああ、一人いい子じゃないやついたわ」
青葉「な、何ですかいきなり酷いですね!」
提督「執務室にノックもせず入ってくるなバカタレ」
青葉「む」
提督「それで?何の用なんだ?」
青葉「あ、そうでした!先ほど司令官、暇だと仰いましたよね?」
提督「まぁ、言ったな」
青葉「実はですね、暇なのは司令官だけではないんですよ」
提督「ふん?」

2:
◆Q.5DeUcL0I
2016/12/30(金)22:47:43.36ID:caWnpDpco
青葉「艦娘の皆さんも最近出撃が減ってしまってますからね」
提督「あー......」チラッ
阿武隈「まぁ確かに皆暇そうですよね......あたしもだけど」
青葉「しかし我々は軍属のさらに機密情報の塊のようなもの。気軽に外に出ることも難しいです」
大淀「少し外でるのにも書類を書かなきゃいけないくらいですからね......」
青葉「そのせいか艦隊の皆さん、かなりストレスが溜まってまして」
提督「う......本当か?」
青葉「はい。結構、ヤバかったですよ」
提督「そうか......ん?」
提督「ヤバ、かった?」
青葉「お!そこに気がつくとはさすが司令官!実はですね、この青葉!そんなみんなのために明石さんと協力して艦娘限定の匿名掲示板サイトを作ったんです!」
提督「......匿名掲示板?」
青葉「はい!やっぱり面と向かっては言えないこととかってあるじゃないですか!それを発散してもらおうかと!」
3:
◆Q.5DeUcL0I
2016/12/30(金)
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556636450/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/01(水)00:00:50.46ID:BuD0NEls0
「急にどうしたの??司令官」
提督「いやだってさ、文月の全てが愛おしくて仕方ないんだよ」
提督「茶色でサラサラの髪、風でフワリとなびくポニーテール、くりくりの瞳、甘ったるい声……何もかもが俺好みで最高だ……」ギュッ
「ふわぁ……」
提督「あぁ、文月……俺だけの文月……」ナデナデ
「んふぅ……くすぐったいよぉ、しれぇかぁん……♪」スリスリ
提督「そう言いつつも体をすり寄せてくるのはどこの誰かな?」ナデナデ
「……えへぇ♪」
提督「その笑顔も眩しい……愛してるよ、文月……」ナデナデ
「……私も。しれぇかん、大好き……♪」スリスリ
提督「……♪」ギュッ
「……♪」ギュッ
睦月「……あの、提督」
提督「ん……?あぁ、睦月か。すまない、どうした?」
睦月「新しい装備が完成したって、妖精さんから伝言を頼まれたにゃしぃ」
「………」
提督「おぉ、そうか。わざわざ言いに来てくれたのか。ありがとう」
睦月「……ううん、気にしないで」
提督「文月の温かさと柔らかさから離れるのは名残惜しいが、やるべきことはしっかりとせねばな。よし、ちょっと工廠に……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/01(水)00:02:09.52ID:BuD0NEls0
「あ、司令官!私も行く?!」
提督「え?でも、妖精と軽く話して装備を確認するだけだから、あまり楽しい内容では無いぞ?」
「良いの?!私は司令官と一緒にいたいの?!」ギュッ
提督「……そうか。なら、ついて来るか?」
「うんっ!」
睦月「………」
提督「ご苦労だった、睦月。もう下がって良いぞ?」
睦月「……うん」
「また後でね、睦月ちゃん!」
スタスタ…
睦月「………」
睦月(協力すると約束したとはいえ、
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。