SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
艦隊これくしょんSS
タグ一覧の表示
<<
2018年08月
>>
15件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534648056/
1:
◆ag9TZfREZs
2018/08/19(日)12:07:36.53ID:UqE4lq/M0
キャラ崩壊注意
鎮守府――廊下――
提督「どういうことだ!?なぜ警察が鎮守府に!?」ダダッ
赤城「それが私にもよく分かりません!」ダダッ
提督「とにかく、加賀の話を聞かないと……!」ダダッ
提督「加賀!!」

警察「あなたが加賀さんですね?」
加賀「はい……」
提督「クッ!遅かったか……!?」

2:
◆ag9TZfREZs
2018/08/19(日)12:09:43.67ID:UqE4lq/M0
警察「今日私が来た理由……」
警察「もう分かってるよね?」
加賀「えぇ……」
提督「良かった、逮捕はまだみたいだ」
赤城「提督!このままでは加賀さんが!」
提督「分かってる!」
3:
◆ag9TZfREZs
2018/08/19(日)12:10:28.85ID:UqE4lq/M0
提督「おい!ここは鎮守府だぞ!」
警察「それがどうしましたか?」
提督「お、俺はこの鎮守府の責任者だ!」
提督「勝手な真似は控えてもらおう!」
4:
◆ag9TZfREZs
2018/08/19(日)12:12:28.15ID:UqE4lq/M0
警察「勝手と仰いますが、これは分かりますよね?」パラッ
提督「グッ……逮捕状……!」
警察「彼女を逮捕することは、もう決まっているんですよ」ニコリ
赤城「そんな……!」
5:
◆ag9TZfREZs
2018/08/19(日)12:13:16.57ID:UqE4lq/M0
警察「……これまでの歴史が……」ペラペラ
加賀「……」
提督「クソッ!まるで聞く耳持たずだ……!」
赤城「提督!もうどうにもならないのですか……!?」
提督「分かった!提督頑張る!」
6:
◆ag9TZfREZs
2018/08/19(日)12:14:09
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534415978/
1:
◆W2Wa1JgiWbwL
2018/08/16(木)19:39:39.17ID:ZykWY4c60
・7作目です。
今までの
【艦これ】伊168「耳掃除してあげる」
【艦これ】摩耶「耳かきしてやんよ」
【艦これ】神通「耳掃除しましょうか?」
【艦これ】蒼龍「耳掃除します?」
【艦これ】村雨「耳かきして欲しいでしょ?」
【花騎士】ススキ「耳かきしちゃうね!」
【艦これ】綾波「耳かきしてあげます」
注:今回はゆっくり更新していきます。

2:
◆W2Wa1JgiWbwL
2018/08/16(木)19:53:22.41ID:ZykWY4c60
8作目でした。
―――提督のお部屋
提督(最近、涼月が引っ付いてくる。今日なんか部屋までだ)
涼月「提督、お疲れではありませんか? 喉の渇きは?」
提督「だから大丈夫だって言ってるだろ……」
涼月「でも、提督に何かあったら……私……」
提督「だぁ??!!! もう! 何もないってb」ムギュ
提督(な、なんだ!? す、涼月が俺の顔を胸に抱きよせてきた!?)
涼月「涼月、提督が心配で心配で……もう胸が張り裂けそうなんです」
提督「いや、胸は柔らかいだろ」
涼月「?」
提督「いや、何でもない」
3:
◆W2Wa1JgiWbwL
2018/08/16(木)20:19:35.80ID:ZykWY4c60
涼月「なんだか、提督の頭が腕の中に……とても安心します……」
提督「そりゃよかった。でも、服が痛い」
涼月「え?」
提督「涼月の服って胸の真ん中が固いだろ? だからきつく抱きしめられると痛いんだよ」
提督(胸は柔らかいけど。それにいい香りが)
涼月「あ、も、申し訳ありません!!」バッ
提督(あ、離れてしまった……。できればあのままでいたかったんだけどなぁ)
提督「なあ、服は脱げないのか?」
涼月「えぇ!? た、確かに『UNIFORM』で『NAKED』を選べば、戦闘
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534588425/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/18(土)19:33:45.63ID:QJ1X5G2X0
提督「ま、待つんだ涼月! 早まるな!」
提督「君は少々酒を呑み過ぎて判断能力が鈍っているんだ!」
涼月「ウフフ! 芋焼酎6升だなんて、まだまだですよっ!///」
提督「呑み過ぎだ愚か者!」
涼月「提督と一緒に呑むと、なかなか歯止めが効かなくて・・・///」
提督「限度というモノがあるだろう!?」
涼月「まぁまぁ、それよりも早く服を脱ぎましょうか?///」グイグイ
提督「待ってくれと言っているだろう!?」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/18(土)19:40:11.79ID:QJ1X5G2X0
提督「こ、こういうことはだな? ケッコンしてからするモノだと思うんだ、な?」
涼月「今夜こそ アダムとイヴの 花開く? ですね!///」クネクネ
提督「人の話を聞かんかバカタレ!」
涼月「私のお豆さんも、大層喜んでいるようで・・・///」
涼月「さぁお豆さん? 提督のおていていさんにご挨拶して下さい?///」ナデナデ
提督「ズボン越しから股間を撫でないでくれぇっ!」
提督「何という酒癖の悪さなんだ君は!」
提督「頼むから落ち着いてくれ! 絶対後悔することになるぞ!?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/18(土)19:47:53.66ID:QJ1X5G2X0
提督「よ、よし、今から君を部屋に送ることにしよう!」
提督「睡眠はしっかり自室でとらないとな! な!?」
涼月「気をつけて、暗い夜道の送りオオカミ・・・! ぐふっ!///」
提督「この淫月! 俺をお前の部屋に連れ込んで何をするつもりだ!?」
涼月「うーん・・・そうですねぇ・・・あっ!///」
涼月「提督のベッドネームを”ドーティー”にしようと思います!///」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534599863/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/18(土)22:44:23.54ID:w0yDQdgY0
提督「ええい、涼月の奴め。何という事をしてくれたのだ!ふざけおって!」
大淀「そ、そんなに荒れて如何なさったのですか?」
提督「涼月がよりにもよって隠し畑を作っていたのだ」
大淀「隠し畑……ですか?」
提督「そうだ!そこで最高級の和野菜、日本で品種改良され特別高級になった作物の数々を育てていたのだ」
大淀「そんな……」
提督「しかもそれを独り占めしようとしていたのだ。絶対に許さんぞ!」
大淀「で、ですが素人の作る野菜です。お目こぼしなど……」
提督「馬鹿者!涼月はいくつもの野菜を育て上げてきたプロだ!しかも野菜によっては指導者が居て、ネットや電話で指導してくれるのだぞ。他にも誰でも美味いものができるように設備とセットになって販売している物もある。知った風な口を利くな!」
大淀「も、申し訳ありません」
提督「分かったらいいのだ……怒鳴ってすまなかったな」
大淀「い、いえ……」
提督「……リシュリューを呼べ」
大淀「ま、まさかまた!?」
提督「分かっているのなら私に命令を繰り返させるな。早くしろ」
大淀「…………」
提督「早くしろ!」
大淀「は、はいっ!」
提督「涼月も指導室に運んでおけっ。これほどまでの重罪、ただではおかんぞ……」
大淀「…………」カタカタ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/18(土)22:45:26.73ID:w0yDQdgY0
提督「入るぞ」キィ
涼月「…………」
提督「涼月、貴様を指導する前に、何が悪かったのか自分で言ってみろ」
涼月「…………」
提督「どうした、黙っていては分からんぞ」
涼月「……わ、私は何も……」
提督「ほぉ……証拠品の数々を前にしてまだしらを切るか」
涼月「証拠品も何も……私は別に……」
提督「私が分からない
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534580414/
1:
◆TLyYpvBiuw2018/08/18(土)17:20:14.67ID:lhmD7s6f0
蒼天に旭日が赤々と輝いている本日は駆逐艦娘たちの突撃訓練の日であり、
彼女たちはいかにもやる気のなさそうに準備を進めていた。
そんな中、加賀さんは大あくびを一つ、大変退屈そうにしている。
彼女は今日一日出撃命令もなく、暇を持て余しているのだ。
 

2:
◆TLyYpvBiuw2018/08/18(土)17:21:09.40ID:lhmD7s6f0
そうして一日中惰眠を貪ろうとしている加賀さんの部屋に一人の駆逐艦が訪ねてきた。
深雪「なあ加賀さん、あんた暇だろう?」
加賀「頭に来ました」
深雪「別にからかいに来たわけじゃないぜ!?」
加賀さんがすぐに頭に来る、などといったことは日常茶飯事である。
なので、深雪さんは続ける。
深雪「巡洋艦連中が昨日の演習で熱くなり過ぎてみんな入渠しちまってさ、突撃訓練に人手が足りないんだよ。手伝ってくれないかって司令官がさ」
なるほど、と加賀さんは腰を上げる。
加賀「提督のご命令なら、仕方がないわね。どうせ用事もなかったし」
深雪「別に命令が無くたって来てくれてたろう」
加賀さんは顔をフイと逸らした。
 
3:
◆TLyYpvBiuw2018/08/18(土)17:22:10.09ID:lhmD7s6f0
演習場では、既に駆逐艦娘たちが準備を終えて訓練の始まりを待っていた。
五月雨「突撃かぁ?」
朝潮「喊声を上げて突撃するのは堪らないわ!」
陽炎「いやまぁ、訓練なら楽しいんだけどね……」
暁「でもただ突撃するだけの訓練なんてねぇ、司令官の考える事もよくわかんないわ」
狭霧「いえいえ、今日は波も高いですから、真っ直ぐ進むだけでも十分な訓練になりますよ」
そこへ、深雪さんと加賀さんが到着する。
深雪「連れて来たぜ」
提督「大変結構、では加賀。この敵に見立てた浮きを海に浮かべてくれ。数キロぐらいでいいぞ」
加賀「わ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534344215/
1:
◆oSKrvr9bHvDN
2018/06/23(土)13:40:21.49ID:0v5HuHHU0
夕張「はい!てぇん才軽巡洋艦夕張さんのてぇん才的発明ですよ!」
提督「で、これでどうしようって言うんだ?」
夕張「ほら、うちってペット禁制じゃないから、ペット飼ってる人多いですよね?」
提督「あぁ。アニマルセラピー効果を期待してペットは可にしてる。金魚からカナリヤまで幅広く飼われてるな。」
夕張「そんな艦娘たちから動物の言葉が分かればいいのにって声がよく聞こえるんです。そこで発明したのがこのヘッドホン!」
提督「某国民的ロボットの道具を参考にしたんだな。」


2:
◆oSKrvr9bHvDN
2018/06/23(土)13:46:26.31ID:0v5HuHHU0
提督「しかし、夕張、以前お前の発明したノートでいろんな人に迷惑かけた(※前作参照)訳だが、大丈夫なのか?」
夕張「あははは!ま、とにかく試してみてくださいよ。」
提督「何ワロとんねん!」
夕張「お、窓の外に雀が2羽いますよ。ささっ、提督!どうぞ。」
提督「お前なぁ・・・。」スチャ
下1?3 2羽の雀の会話(高コンマ採用・何行でもおk・度が過ぎたものはNG)
見なくても影響ない前作(同じ鎮守府です)
【艦これ】提督「○○が××で△△するノート?」【安価】

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)13:47:58.90ID:14deoBBmo
十七駆やばくね?
毎日餌くれるし優しいわ
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)13:48:16.59ID:fF+2aHiZO
なんであいつらお風呂に毎日はいるんだろうな
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/23(土)13:48:51.93ID:RMRM47GvO
鳳翔さんのお店行くと
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534410147/
1:
◆pysihcVNJQ2018/08/16(木)18:02:27.81ID:kMjuaUZO0
―朝 鎮守府 食堂―
ポーラ「ん?……」モシャモシャ
ザラ「あら、ポーラ。今朝は早いのね!」コトッ
ポーラ「あーザラ姉様、おはようございますぅ?」
ポーラ「たまには早起きも良いですねぇ」
ザラ「別に毎日早起きでも良いんだけど?」
ポーラ「努力しま?すぅ」モシャモシャ
ザラ「しっかりね」クスッ
ザラ「…………」
ザラ(…………え……?)ゾワッ
ザラ(……何、この違和感……ポーラが、ポーラじゃない、みたいな……)
ポーラ「あ、あれ……ザラ姉様、どうかしたんですかぁ?」
ザラ「へっ!? う、うぅん! 何でもない! さ、私も食べないと。頂きまーす!」
ポーラ「……?」

2:
◆pysihcVNJQ2018/08/16(木)18:12:13.80ID:kMjuaUZO0
―昼間 演習中―
ドォン! バシャァン!!
ポーラ「目標は駆逐艦霞……距離330……いや340……」ウィーン
ポーラ「主砲副砲、撃ち方?始め?! Fuoco!」ドドォン!
ヒュルルル……
霞「そんなヘナヘナ弾……この私には当たらないわ!!」シャッ! シャッ!
バシャァァン!
摩耶「そぉら、お返しだッ!」ドォン!
ポーラ「むぅ……やっぱりちょっとズレるなぁ……」スィーッ
バシャァンバシャァン!! ……ガシャッ!!
ポーラ「きゃあぁっ!? あー……」<小破>
ザラ「ポーラ! 大丈夫!?」ススー
ポーラ「大丈夫です?掠っただけ?……あぁそれよりも1時……いや2時の方から爆撃機が?」
ザラ「えっ? あっ本当! 対空射撃!!」
ドドドドドド!! ドカァァン! バシャァン!
――――
――
3:
◆pysihcVNJQ2018/08/16(木)18:28:51.01ID:kMjuaUZO0
―お昼前 執務室―
ザラ「午前の
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534380682/
1:
◆36RVFTz/1g2018/08/16(木)09:51:22.59ID:3UNTXM7Zo
浦風「ヤバイ」
提督「ヤバイな」
黒潮「何やの、この組み合わせ」
龍驤「いきなり屈指の好カードや」
黒潮「ウチめっちゃ楽しみ」
龍驤「よし、ウチの部屋で観よ」

2:
◆36RVFTz/1g2018/08/16(木)09:54:36.62ID:3UNTXM7Zo

提督「ビールに枝豆、高校野球」
提督「夏の楽園だな。心が浄化されていくわ」
黒潮「たこ焼き出来たでー」
提督「最高かよ」
黒潮「浦風は何飲む?」
浦風「ウチ烏龍茶で」
黒潮「ほな、ウチもそうしよ」
提督「龍驤はビールでいいよな」
龍驤「しゃーない、付き合おか」
3:
◆36RVFTz/1g2018/08/16(木)09:55:59.11ID:3UNTXM7Zo

黒潮「第二試合はどこなん」
龍驤「長崎日大と前橋育英」
浦風「ヤバイ」
提督「これまたヤバイ」
龍驤「めっちゃ面白そう」
黒潮「ウチ、何か興奮してきたわ」
4:
◆36RVFTz/1g2018/08/16(木)09:57:10.06ID:3UNTXM7Zo

龍驤「せやけど高校球児も大変やで」
黒潮「こんな炎天下で試合やもんな?」
提督「すごいなー、偉いなー」
龍驤「そういやキミって部活してたん」
提督「おう、勿論やってたぞ」
黒潮「野球部やったん」
提督「いや、サッカー部だったな」
浦風「サッカー部!?」
黒潮「ええやん!」
龍驤「何や、モテてたやろ」
提督「いや、全然。男子校だし」
浦風「男子校かー」
黒潮「そらアカンな」
龍驤「モテてたら逆にヤバイわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534320440/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/15(水)17:07:20.66ID:snU4Gvtr0
提督「ここが鎮守府か!今日から頑張るぞ!」
提督「事前にチェックしておいたが、大鳳って子が一番かわいかったなあ」
偉い人「じゃあ提督君、ここに4人の艦娘がおるじゃろ?ひとり選びたまえ」
吹雪・電・漣・叢雲「……」(い、イケメンだ!)
提督(大鳳って子はいないのか?まあ適当でいいか)「じゃ、じゃあそこの白髪の子で」
叢雲「……あんたが司令官ね。ま、せいぜい頑張りなさい!」(声もイケメン…)
吹雪・電・漣(うらやましい……)


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/15(水)17:09:34.46ID:snU4Gvtr0
提督「よーし、さっそく出撃してもらうぞ!」
叢雲「任せなさい!」フンス
1-1「戦闘終了 敗北D」
提督「ああああ!!叢雲!!大丈夫か!?」
叢雲「な、なによ、これくらい普通だって」
提督「すまない!俺のせいで……」ギュー
叢雲「だ、抱き着かないでって!」ドキドキ
提督「す、すまない」
叢雲「謝りすぎよ。もっと堂々としなさい」
提督「…そうだな。次も頼むぞ」キリッ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/15(水)17:10:41.04ID:snU4Gvtr0
数か月後
鎮守府「ガヤガヤ」
提督「ここも徐々ににぎやかになってきたなあ」
叢雲「……そうね」
提督「ところで叢雲、大鳳はほんとに通常建造でできるんだよな?」
提督「なんだか特殊な建造方法でしか建造できないという噂をきいたんだが…」
叢雲「!」
叢雲「なに?私のこと疑ってるの?自分の運のなさを呪ったらどうかしら」プンスカ
提督「あ、ああ悪かった」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534309152/
1:
◆E7idzvHwo62018/08/15(水)13:59:13.54ID:p8GJfAiM0
と、いうお題をいただきました。
たしか5作目のはずです。
地の文で書いています。

2:
◆E7idzvHwo62018/08/15(水)14:01:54.91ID:p8GJfAiM0
ある暑い日のはなし。
ちょっとだけ普段よりもおめかしして、私はとある場所に来ていた。
地面がむき出す小道を一時間ほど歩いたところ、大きな神域をゆるりと沿った境内の向こうに、私の目的のものはある。
八月って、世間一般的にお盆の季節。花を添えて、お線香も携えて、墓前にちょっとだけ近況報告をしたり、人によっては無病息災を祈願したり。
そもそも興味がない人も、宗派が違っても、不思議と日本人は手を合わせる。無宗教国家がおりなす国民的宗教行事。悪くないと思うよ。
だからさ。私も、瑞鶴も。今日くらいは、大切な人に手をちゃんと合わせておきたいんだ。柄じゃないけどね。
3:
◆E7idzvHwo62018/08/15(水)14:03:52.40ID:p8GJfAiM0
「おーい、瑞鶴。ちょっと待ってくれよ」
小石を鳴らしながら小走りに、提督さんが寄ってくる。
駅からちょっと歩いただけなのに、もう息をきらしている。やれやれ、デスクワーカーはこれだからしょうがないなあ。
「む、瑞鶴よ。世の中には机仕事をしながら体力作りも欠かさない猛者もいるんだぞ」
「だとしても、提督さんは出不精でしょ。そのうちホントにデブっちゃうよ」
「うむむ…考えておこう」
「あはは!そんな神妙にしないでさ、ランニングなら付き合うよ」
なんてことのない、普段と変わらない会話をしながら木漏れ日をいく。
あの時の情勢を考えると、こんな他愛ないことも許されなかったのかな。
なーんて感傷的になるのは、今日が特別な日だからかもしれない。

4:
◆E7idzvHwo62018/08/15(水)14:05:55.50ID:p8GJfAiM0

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533921980/
1:
◆nRDYCVeYgI2018/08/11(土)02:26:21.05ID:BRRMmcVS0
キーーンコーーンカーーンコーーン
不知火「お昼ですか」
不知火「司令に報告書を届けるついでに……昼食に誘ってみましょう」
不知火「不知火はお嫁さん、ですし。フフッ」テクテク
執務室
提督「昼飯でも食いに行こうぜ、ぬいぬい」
ヴェールヌイ「ハラショー?」
不知火「……腑におちません」

2:
◆nRDYCVeYgI2018/08/11(土)02:28:03.68ID:BRRMmcVS0
不知火「司令」
提督「おう不知火」
ヴェールヌイ「こんにちは、不知火」
不知火「その……今『ぬいぬい』と言いませんでしたか」
提督「言ったけど……なあぬいぬい?」
ヴェールヌイ「Ура!」
不知火「不知火は虚をつかれたおもいをしました」
3:
◆nRDYCVeYgI2018/08/11(土)02:29:57.60ID:BRRMmcVS0
提督「不知火も飯か? 一緒に行こうぜ」
不知火「いえ、そうでなくて……今ぬいぬいって」
ヴェールヌイ「呼んだかい?」
不知火「いやいや……ぬいぬいって」
ヴェールヌイ「ん?」
不知火「」イライラ
4:
◆nRDYCVeYgI2018/08/11(土)02:31:03.00ID:BRRMmcVS0
提督「なんだお前も愛称で呼んでほしかったのか」
不知火「いえ、そういうわけでは……」
提督「落ち度さん」
不知火「?!」
ヴェールヌイ「プッ」
不知火「」イラァ
5:
◆nRDYCVeYgI2018/08/11(土)02:32:24.44ID:BRRMmcVS0
不知火「その、不知火も……」
不知火「ぬいぬい……////// なんですが///」
提督「そうだけど……お前ぬいぬいって呼ぶと嫌な顔するじゃん」
不知火「してませんが」
提督「えぇ……いつもより眼光が鋭くなる
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511356331/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/22(水)22:12:12.17ID:X+q+OfAt0
吹雪「ついに、ついに長年の夢がかなうよ…!」
吹雪「私の長年の夢…それは、ずばり! この使われなくなったドラム缶でお風呂を作ってそこに入ること!」
吹雪「テレビとかで見て、一度やってみたかったんだよね!」
吹雪「よし、それじゃあ早速作ろうかな…」
吹雪(できれば、一人でのんびり入りたいから…艦娘寮の裏手で作業しようかな。あそこなら、司令官や憲兵さんは入ってこれないし、艦娘のみんなもほとんど来ないもんね)
吹雪「そうと決まれば、とりあえずこのドラム缶にお水を入れて運んで…」ヨイショ
?艦娘寮裏手?
吹雪「よし、水の入ったドラム缶と、薪とレンガとブロックの準備オッケー!」
吹雪「後は、火をつけるだけ…」
吹雪「あ…火、どうしよう…」
吹雪「艤装………いや、さすがにダメだよね」
吹雪「私の部屋にマッチとかあったかなぁ…とりあえず探してみよう」
?吹雪型部屋?
吹雪「えーっと、マッチマッチ…」ガサゴソ
叢雲「何さがしてるの?」
吹雪「あっ、叢雲ちゃん。ちょっとマッチを探しててね…」ガサゴソ
叢雲「マッチ? なんでマッチなんか探しているのよ」
吹雪「あー、ちょっとドラム缶風呂を…」ガサゴソ
叢雲「ドラム缶風呂…?」
吹雪「うん」
叢雲「ふーん、そうなのね。それで、マッチだっけ? マッチならここにあるわよ」ヒョイ
吹雪「わっ、ありがとう叢雲ちゃん!」(マッチを取ろうとする)
叢雲「ちょっと待って」パッ


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/22(水)22:14:59.62ID:X+q+OfAt0
吹雪「えっ、どうしたの?」
叢雲「ドラム缶風呂…私も入っていいかしら?」
吹雪「叢雲ちゃんも…?」
叢雲「えぇ、実は私、昔、テレビで見て一度やってみたかったのよね
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531704350/
1:
◆Lsw27IvP02kT
2018/07/16(月)10:25:50.56ID:ilNF/If80
この話を始める前に
・いつも通りの不定期更新
では始めます

2:
◆Lsw27IvP02kT
2018/07/16(月)10:26:59.76ID:ilNF/If80
――――執務室
提督「・・・というわけで、クーラーの設置を考えようと思う」
古鷹「そうですね、熱中症になったら大変ですし」
ガチャ
時津風「しれぇえええええ!やっほー!元気ー?」ギュッ
提督「元気じゃなきゃ執務なんてしてません」ナデナデ
古鷹「時津風さんは元気ですね・・」
時津風「夏だからアイス持ってきたよー!みんなで食べよ食べよー!」つ雪見大福
提督「お、これはいい選択だね」
古鷹「丁度3つずつですね」
3:
◆Lsw27IvP02kT
2018/07/16(月)10:29:21.26ID:ilNF/If80
時津風「そうそう、しれぇ。約束覚えてる?」モグモグ
提督「約束?してたっけ?」モグモグ
古鷹「どのような約束ですか?」モグモグ
時津風「しれぇが時津風とデートする約束だよ」
提督「ごふっ!そんなことしてたっけ?!」
古鷹「・・・・・・」
提督「そんな怖い顔しないでよ・・」
時津風「してくれないとイタズラしちゃうぞー」ガルル
提督「ちょっと待って・・今思い出そうとしてるから・・いつだっけ・・」
4:
◆Lsw27IvP02kT
2018/07/16(月)10:32:37.02ID:ilNF/If80
早霜「私の方から説明いたします」スゥー
古鷹「わぁっ!?早霜さん・・いつの間に・・」
早霜「司令官・・・先週の夜、BARでの出来事を覚えていますか?」
提督「先週の夜の・・BAR・・うーん・・」
----先週 BAR早霜
早霜「司令官、今日はよくお飲みになりますね」
夕雲「そんなに飲んで大丈夫?」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533726073/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/08(水)20:01:13.40ID:4+mGjzvP0
ここはどっかの海岸にあるどっかの鎮守府。
本日、この鎮守府に新たに配属された艦娘がやってきた。
か ん ゆ う き
?ババァと哀れな艦娘たち?
これは『艦これ』と『まんゆうき』のクロスSSである。
さあ、はじまります!


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/08(水)20:02:54.52ID:4+mGjzvP0
―どっかの鎮守府・昼―
電「ふんふんふ?ん♪」ザッザッザッ
天龍「ようっ!」
電「あっ……こんにちはです。えっと、我が鎮守府に何か御用でしょうか?」
天龍「俺の名は天龍。本日付でこの鎮守府に配属された艦娘だ」
電「あ、そうなのですか!それはそれは、ようこそなのです」ペコリ
天龍「さっそくこの鎮守府の提督に挨拶がしてぇ。案内してくれよ」
電「あ、その……今はちょっとまずいのです」
天龍「何だ?何か問題でもあんのか?」
電「司令官さんは現在、お昼寝中なのです」
天龍「何だよそれ……。オイ、オレの着任と昼寝のどっちが大事なんだぁ?」ギロリ
電「ひぇっ!いえ、その、天龍さんの着任も大事だと思うのです。で、でも、司令官さんのお昼寝も大事というか……」ドキドキ
天龍「なんだぁ、ハッキリしねーなぁ!もういい!オレ一人で提督の部屋を探す!」プンスカ
電「ああ?!待ってください?!ダメなのですぅ?!」トテトテ

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/08(水)20:04:23.51ID:4+mGjzvP0
天龍「『てーとく室』……ここだな。やけにでっけえ扉だな」
電「ま、待ってください!司令官さんを起こしたら殺されるのです!」トテトテ
天龍「はぁ?何言ってんだよ。ちゃちゃっと挨拶済ませてくるだけで殺されるわけね
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533366088/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/04(土)16:01:28.95ID:kcflCF4d0
大淀「あら、これは……うふふ、提督ですか?このお人形」
提督「ああ、どうやら明石が手慰みに作ったらしい。廃棄の布と綿が大量にあるからって」
大淀「へー、上手いものですね。……ふふっ、可愛い。私も作ってもらおうかしら」
提督「人気があるなら大量に作って販売することも視野に入れてるそうだ。……まったく、何が良いのやら……」
大淀「え?、こんなに可愛いのに、提督は感覚がおかしいですよ」ぎゅっ
提督「……反応は良好、と」メモメモ
大淀「あら?何を為さってるんです?」
提督「ここには色んな艦娘が来るからってついでにデータも取っといてくれって言われたんだよ」ぶすっ
大淀「それはそれは。……そういえばそろそろ暁ちゃんたちが遠征から帰ってきますね」
提督「ふむ、これはデータを取るチャンスか……しかしなぁ……」
大淀「あ、そうだ。提督、ちょっといい考えがあるんですが」
提督「なんだ?」
大淀「どうせなら、どんな風にあそば……反応があるのか興味ありませんか?」
提督「今遊ばれるって言ったか?」
大淀「人形だけ置いて、隠れて見ておくのはどうでしょう」
提督「それは……気になるが少し趣味が悪く無いか?」
大淀「提督も気になりませんか?殴られたりしたらいやでしょう?」
提督「そ、それは確かに……。じゃ、じゃあ少しだけ……」
大淀「ふふっ。それじゃあ……あ、もうすぐ暁ちゃんが報告に来ますよ。隠れて隠れて。提督人形を置いて……」
提督「う、うむ」ゴソゴソ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/04(土)16:02:21.68ID:kcflCF4d0
暁「失礼します」コンコン
暁「司令官、遠征が……ってあら。いないのかしら」ガチャ
暁「せっかく暁が報告書を持ってきたのに司令官が居ないなんて」!かすんぷ
暁「でも報告しなきゃだし……
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。