SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
進撃の巨人SS
タグ一覧の表示
<<
2019年08月
>>
59件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382377204/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/22(火)02:40:04ID:rf/R7.oo
※元ネタは中の人の別の役から
※内容は酷いです
※森で女型捕獲に失敗して帰還して来た所
※兵長と団長のキャラ完全崩壊
※原作とアニメ混ぜ

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/22(火)02:42:49ID:rf/R7.oo
ミカサ「エレン!声が大きい
    それに私は『大事な所』とは言ったけど
    そんなにその…はっきり単語は言ってない
    そもそも私も女性だから、その単語は口にしたくない」
エレン「嘘吐くなよ、ミカサ。そんな馬鹿な訳あるか」
ミカサ「…嘘じゃない
    本当は誰にも言ってはいけないと言われたのだけど…」
エレン「女のお前には分からないかも知れないけど
    あんな所に何かあったのに、直ぐ回復して
    お前や俺助けて女型の巨人から逃げられる訳ないだろ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/22(火)02:43:26ID:rf/R7.oo
ミカサ「そこは女の私には分からない。けど…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382185876/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/19(土)21:31:16ID:DWfxWJBw
エレユミ「……には、どうすればいいと思う?」
ミカサ「……」
エレン「なあミカサ。オレ、ユミルと結婚したいんだけど」
ユミル「なあミカサ。私、エレンを殺したいんだけど」
エレユミ「どうすればいいと思う?」
ミカサ「……」
ミカサ「……なぜ、私に聞くの?」
エレン「だってミカサ以外の女にこういうこと聞きづらいし」
ユミル「エレンのことはお前が一番分かってるだろ」
ミカサ「……」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/19(土)21:45:50ID:DWfxWJBw
ミカサ「……エレン、なぜユミルと結婚したいの?」
エレン「そりゃユミルはいい女だからだ。いい女と添い遂げたいと思うのは男として当然だろ?」
ミカサ「……ユミルのどういうところがいいの?」
エレン「え? 普通にユミルのこと見てたら感じると思うんだけどな。とはいえオレもそれに気付いたのは最近なんだけど」
エレン「ユミルって普段は無神経で女らしくないけどさ、よく見るとしっかり周りを気遣ってるんだよ」
エレン「一度そこに気付くと外見まで良く見えると言うか、格好良さと可愛さを兼ね備えてるよな、ユミルって」
エレン「……とまあ、そんな感じだ」
ミカサ「……」
エレン「どうだミカサ? ユミルと結婚するにはどうすればいい?」
ミカサ「……少し考える時間をちょうだい」
エレン「分かった」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/19(土)21:48:35ID:DWfxWJBw
ミカサ「……ユミル、なぜエレンを殺したいの?」
ユミル「そりゃエレンがこんな調子で気色悪いことほざくからだ。初めは下らない冗談かと思ったが毎日しつこく迫られてな」
ユミル「何度てめぇに興味はないと突き放してもめげずに付きまとわれて、いい加減我慢ならなくなったんだ」
ユミ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382275569/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)22:26:09ID:UHurN0dw
二作目です。
メタ発言ばかりです。
すぐ終わります

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)22:28:08ID:UHurN0dw
ジャン「なあマルコ」
マルコ「なんだいジャン」
ジャン「なんで俺って主人公じゃないんだろうな」
マルコ「ジャン、よく聞くんだ。人は誰しも人生という物語の主人公なんだよ(棒)」
ジャン「そういうのはいいんで真面目に答えてください(真顔)」
マルコ「はいはい。……うーん、理由を挙げるならやっぱり君が悪人面だからかな?」
ジャン「だったら同じく人相の悪いエレンの野郎はなんで主人公なんだよ」
マルコ「それは彼には『巨人を駆逐する』という明確な目的があるからだと思うよ」
ジャン「俺にだって目的くらいあるよ」
マルコ「ジャンのは『壁の内側に引きこもる』っていうネガティブな目的じゃないか。エレンの場合はポジティブな目的だし」
ジャン「た、確かにそうだな……」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)22:29:59ID:UHurN0dw
マルコ「第一ジャンは巨人化できないだろ?やっぱり主人公をやるとしたらそういう個性がないときついよ」
ジャン「お、おう……」
マルコ「そもそも読者は諸悪の根源である巨人達を巨人の力を以てなぎ倒していく所にカタルシスを感じるわけであってだね……」
ジャン「わかった。もうわかったから」
マルコ「わかればいいんだ。結論を言おう。ジャンはただ主人公に向いてない。それだけなのさ」
ジャン「おう……俺は脇役向きってことか……。なるほど、理解した」
マルコ「うんうん」
ジャン「……だが!!俺が脇役なのはこの世界線に限ってのことかもしれないとは思わないか?」
マルコ「うんう……えっ?どういうことだい?」
ジャン「だから俺は『俺が主人公として
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382169774/
1:
◆Ey/GY3HtXQ
2013/10/19(土)17:02:54ID:IWyDQLRw
―立体機動訓練―
エレン「よし!これで10体目!」ザシュ!
ミカサ「(ああ…今日もエレンは輝いている…)」ズバッ!
ジャン「クソ!立体機動はオレの方が上手いはずなのに…」
ライナー「撃破数で点数が決まる訓練だからな。移動が速くても標的を先に見つけられなかったら意味無いぞ」
ジャン「それにしたっておかしいだろ!あの死に急ぎ野郎もう二桁だぞ!?なんでいつもいつもあいつの行く先には誂えたかのように模型があるんだよ!ズルしてんじゃないのか?!」イライラ
ベルトルト「ははは…エレンがそんな卑怯なことするとは思えないけど…」
ライナー「まあ、運が良いやつなんだろ。そういう奴はいる。神様にでも気に入られてるんじゃないか?」

2:
◆Ey/GY3HtXQ
2013/10/19(土)17:04:38ID:IWyDQLRw
10巻くらいまでのネタバレ注意です。
完全に書きたいことだけ重視で書いたので不親切な展開注意
3:
◆Ey/GY3HtXQ
2013/10/19(土)17:05:50ID:IWyDQLRw
ジャン「あんな死に急ぎ野郎を気に入るなんざ、よほど見る目のない神様がついてんだな…」
エレン「よし!20体目!ミカサに追いつくぞ!」
ミカサ「(!エレンが私を意識している…!私の横に並びたい=ともに夫婦として歩いて行きたい=結婚しよ)」
ミカサ「わかった。エレン。望むところ。(あなたのプロポーズを断るわけがない…)」ザンッ!
エレン「うおおおおおお」ズバババッ
アルミン「(…まだ一体も倒せてない…)」グスッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382199457/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)01:17:37ID:UHurN0dw
初投稿、初ssです。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)01:18:40ID:UHurN0dw
エレン「なぁアルミン」
アルミン「なんだいエレン」
エレン「俺達は結局のところどこに向かっているんだろうか」
アルミン「また藪から棒に…」
エレン「だってよ、俺達は曲がりなりにも少年誌で活躍している訳じゃん?」
アルミン「そうだね」
エレン「それにしてはいろいろと問題があると思うんだよ」
アルミン「たとえば?」
エレン「まず、さっきも言ったように『俺達が向かっている場所』、つまりこの漫画の目的だ」
アルミン「ふむふむ」
エレン「俺さぁ、今まで『巨人を駆逐して外の世界に出る』っていってたじゃん?」
アルミン「言ってたね」
エレン「やっぱり少年誌でやっていくにあたってそれは地味すぎると思うんだよ」
アルミン「僕たちの今までを完全否定だね」
エレン「そこで俺は思ったんだ。もっとインパクトのある目標を立てようと」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)01:19:36ID:UHurN0dw
アルミン「インパクトか……なら世界征服とかはどう?」
エレン「はぁ?何言ってんだよ。そんな事したらこの漫画のテーマそのものが変わっちまうだろうが」
アルミン「ご……ごめん」
エレン「いいか?俺が言いたいのは『この漫画の主題を変えずに、少年誌らしくインパクトのある目標を立てること』だ」
アルミン「んーそれは難しいね」
エレン「そこでだ、他のヒット漫画を参考にしてみようと思う」
エレン「例えば、日本で一番売れてる漫画の場合、『海賊王に、俺はなる!!』というインパクトのある目標兼キャッチフレーズがあるだろ?」
アルミン「あるね」
エレン「だから俺はそれに習って新たな目標を立てた」
アル
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382356651/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)20:57:31ID:FivwmEKA
ベルトルト「最近僕の扱いは目に余るものがあるよ」
ベルトルト「ライナーとホモにされたり、アニに蹴られたいド変態にされたり」
ベルトルト「僕のSSが増えるのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいよ」
ベルトルト「復讐までいかずとも僕同様に地味な嫌がらせするよ」
ベルトルト「というわけで>>2に>>3する」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)20:58:46ID:AvU7NtBY
アルミン
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)20:58:51ID:piMdlOXA
ほっぺをつねる

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1393974112/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/05(水)08:01:52ID:rci9eAWA
アルミン「掘りごたつ」と同じ内容です。途中から該当スレッドがありません
と表示され、更新できなくなったのでスレッドを再度作成しました。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/05(水)08:03:12ID:rci9eAWA
訓練兵団 今は使われていない小屋
キース「ここならばどうだ?アルレルト訓練兵」
アルミン「はー…」
アルミン「十分だと思います」
アルミン「しかし、この場所を使用させていただいて、本当によろしいのですか?」
キース「うむ、これで訓練兵の士気も上がるというのなら安いものだな」
アルミン「ありがとうございます。必ずご期待に応えてみせます!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/05(水)08:03:53ID:rci9eAWA
翌日
ライナー「で、どういうことだ?アルミン」
ジャン「いきなりじゃねぇか」
ベルトルト「せっかくの休日なのにね」
コニー「ホントだぜ?」
アルミン「あはは、ゴメンゴメン」
アルミン「実は教官から、談話室の設計を頼まれてさ」
ライナー「談話室だと…?」
ベルトルト「話す場所…てことだよね?」
アルミン「そうそう」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/05(水)08:04:54ID:rci9eAWA
アルミン「実は教官に兵士の士気を高める方法を相談されてさ」
ジャン「マジか?」
アルミン「うん、あの人はハゲだけど人一倍優しい人なんだ」
アルミン「調査兵団の団長をしていた時もあるし」
アルミン「一人でも一人前の兵士が増えて死なないように願ってるんだよ」
コニー「サラッとひどいことも言ってるよな」
アルミン「それで僕が考えたのが談話室の設置なんだ」
ライナー「談話室の設置か…」
ベルトルト「そ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382136655/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/19(土)07:50:55ID:rzgfgnqg
ユミル「第一発見者はベルトルさんか」ヒョコ
ベルトルト「こんなとこでなにしてるの」
ユミル「話はあとだ、とりあえずこっちきてしゃがめ。目立つ」
ベルトルト「わかった」ヨッ
ユミル「雨どいのフチは踏むなよ。脆いか」
パキ
ユミル「ら…割れる」
「………」
ユミル「黙っててやるよ」
ベルトルト「頼むね」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/19(土)07:52:11ID:rzgfgnqg
ベルトルト「質問やり直し。こんなとこでなにしてるの」
ユミル「まま、とりあえず一杯」ゴトッキュポトクトク…
ベルトルト「ワインなんてどこから!?」
ユミル「天気がいいな」
ベルトルト「ポカポカだね」
ユミル「クラッカーもあるぞ」
ベルトルト「1枚貰っても?」
ユミル「食え食え」
サクサク
ベルトルト「美味しい」
ユミル「そらよかったな」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/19(土)07:53:00ID:rzgfgnqg
ベルトルト「また質問やり直し、こんなとこでなにしてるの」
ユミル「ベルトルさんは、なにしに来たんだ」
ベルトルト「寮に帰る途中、はためいた布が不自然にひっこんだのが見えたから」
ユミル「そりゃこれだ」
ベルトルト「敷物」
ユミル「敷くときに一瞬風に持ってかれそうになった」
ベルトルト「春一番?」
ユミル「ちがうんじゃないか」ゴク
ベルトルト「ラッパのみは行儀悪いよ」
ユミル「コップはお前の手元。一個しかもってきてねえんだよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381966369/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/17(木)08:32:49ID:DYGZbwBs
ユミル「一部に偉い勘違いされてんぞ」
アルミン「そんなに見てるかな?」
ユミル「無自覚か」
アルミン「いや、自覚はあるんだけどさ」ハハ…
ユミル「なんだ、一部の勘違いじゃなかったか」
アルミン「…わからない」
ユミル「はあ?」
アルミン「時間がありすぎたんだよ」
ユミル「成る程な。見すぎた結果、感情は迷子か」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/17(木)08:33:22ID:DYGZbwBs
アルミン「1言えば十わかってくれる相手との会話って楽でいいね」
ユミル「あいつは十言ってどれくらい理解するんだ」ケケケ
アルミン「七割八分三厘ってとこ」
ユミル「まあ、コニーに比べりゃ楽だな」
アルミン「コニーは三割六分二厘だもんね」
ユミル「打率ならよかったのにな」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/17(木)08:33:57ID:DYGZbwBs
アルミン「わざわざ僕に忠告してくれた理由は?」
ユミル「この状況が苛つく」
アルミン「やっぱり」
ユミル「お前、どうしたいんだ」
アルミン「今のままでいたい」
ユミル「無理だろ」
アルミン「だよね」ハー
ユミル「人は変わる。関係もだ」
ユミル「お前もあいつも今を望んでも回りは止まっちゃくれない」
アルミン「知ってる」
ユミル「だろうな」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381937878/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/17(木)00:37:58ID:fRtP0d.M
「失礼…します」
部屋にはいると呼び出し人はすぐ左にいた。反射的に右に飛び退く。
「昨日、見たね」
「あ、あのっ」
「見たね?」
真顔でジリジリと距離を縮められる。
そして、
ドアを閉められた。
ーーーーーー
ーーーーー
ーーー

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/17(木)00:39:07ID:fRtP0d.M
前夜
エレン(一人増えただけで三倍は騒がしいな)
ハンジ「疲れたから泊まっていくことにしたから!」
リヴァイ「帰れ」
ハンジ「部屋はリヴァイの隣使うねー」
リヴァイ「帰れ」
ハンジ「なになに?一緒の部屋がいいの??」ケラケラ
リヴァイ「帰れ」
ハンジ「あ、お風呂はいらないよ」
リヴァイ「帰れ」
ハンジ「まだ四日目だからくさくない!」ドャ
リヴァイ「とっとと風呂に入れ!近寄るんじゃねえ!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/17(木)00:40:47ID:fRtP0d.M
深夜
エレン(地下からだとトイレがちょっとめんどうだよな)
ボソボソ…
エレン(…話し声?兵長の隣の部屋は空き部屋じゃなかったか?)ミミスマシ
「あっこらっがっつくなよー」
「うるせえ…」
「はっ…跡はつけないでよね…んっ」
「わかってる…」
エレン「」
エレン(これはあれだ、アダルトタイムだ!聞いちゃまずいやつだ!)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381125817/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/07(月)15:03:37ID:62C/y4cU
マルコ「うん、寝てる人をバンバン犯す奴だよ」
ジャン「お前…優等生の癖に変な趣味を持ってるんだな」
マルコ「まぁ…君がいきなり猥談したいって言うから言っただけなんだけど…ジャンはないの?」
俺は考えてみた…確かに良い。相手の許可なしに犯すのは…乱れる姿、呻き声に似た喘ぎ声…この前のを思い出したからか腰がうずく
ジャン「睡眠姦か?…あー、確かに良いかもな」
マルコ「だろ?気付かない間に種付けされてあせる女性とか…みものだよな」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/07(月)15:04:38ID:62C/y4cU
ジャン「まぁ…な…(確かに…あれは興奮する)」
マルコ「一度で良いからしたいな…」
マルコには悪いが俺はもうしてしまった…そう、酒の勢いで一度…一度してから今日までバレないでヤっている。
相手は中に出しても妊娠はしないから出しても良いんだが、後始末が面倒くさいのが困るな。
ジャン「(まぁそこまでするならゴムを付ければ良いんだが、面倒くさい。生の方が犯した感があるからな)だよな…後は目隠しとかか?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/07(月)15:06:43ID:62C/y4cU
マルコ「あぁ、良いかもそれ」
なんで猥談なんてしようと言ったんだ?今日もあいつが落ちてくるかわからねぇのに…あぁ、だけど落ちて来たら受け止めて、またヤれば良いか
ジャン「(さて、もう深夜だ…あと少しであいつが落ちなかったらもう睡眠姦は止めるか…)」
もう止めないといけないのはわかる…わかるがヤっちまうのが性欲が有り余ってるからだろうな。いや、普段はなかったが一度体で覚えちまうとな…病み付きになると言えば良いんだろうか…そんな感じだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381665980/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)21:06:20ID:R1dRlW.A
ベルトルト「思い出話でもしようか」
↑の続きみたいなもの。
何もかも本当にあり得ない展開になる予定。
先に謝っとくごめんなさい。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)21:07:54ID:R1dRlW.A
ベルトルト「いよいよだね」
ライナー「ああ」
ベルトルト「今日で終わりかあ。実験」
ライナー「長かったな4年」
ベルトルト「なんの娯楽もないからねこんな生活。まあ娯楽なんて与えられるわけないし」
ライナー「実験で幾度となく身体いじくりまわされるし」
ベルトルト「ね」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)21:08:49ID:R1dRlW.A
ライナー「余計長く感じるわな」
ベルトルト「最後はどんなことされるんだろう」
ライナー「さあな…」
ベルトルト「まあ綺麗な終わり方ではないよね」
ライナー「そりゃそうだろ。最後の実験だからな」
ベルトルト「今までできなかったあんなことやこんなことを」
ライナー「思う存分やられるんだろう」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)21:09:33ID:R1dRlW.A
ライナー「そして多分苦しんで苦しんで、苦しみ抜いて」
ベルトルト「死んでいくんだろうね」
ライナー「…覚悟は」
ベルトルト「できてるさ」
ライナー「そうか」
ベルトルト「今更足掻いたってどうにもなんないし」
ライナー「足掻く気もないな」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382521635/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/23(水)18:47:15ID:7pltnqBA
アルミン「考えまとまってなかったけどやったったwww」
エレン「GJwww」
アルミン「でも通報した先が憲兵団だから意味なかったンゴwwww」
エレン「おーんw」
アルミン「正解を導けなかったwww」
エレン「出ーww存在価値無奴ーーwww」
アルミン「隣の家の奴なんかアンカー78本ぶっ刺さってたンゴwww」
エレン「じじいのバースデーケーキかよwww」
アルミン「ンゴゴwww」

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/23(水)18:58:56ID:7pltnqBA
エレン「そういや俺んち前屋根に刃の欠片落ちてたwww」
アルミン「ギャプッwww抗議必須www」
エレン「そしたら近所の奴が”巨人から人類を守るためには仕方がない事”とか言ってやんのwww」
アルミン「はい低能ーーwww軍隊があるから巨人が攻めてくるとも知らずにwwww」
エレン「軍隊のない所にわざわざ攻め込む必要なんかないからねwww」
アルミン「そうwww火のない所に煙は立たないwww軍隊のない所に戦火は立たないwww」
エレン「アルミンが正解出した?www」
アルミン「【速報】ワイ選手、現役復帰のお知らせ?wwwww」
エレン「んんんwwww」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/23(水)19:14:25ID:7pltnqBA
エレン「それにしても、あいつら昨日の夜間市街地訓練うるさすぎワロタwwww」
アルミン「んんwwwワイヤーの音とアンカー打ち出す音だろう?www」
エレン「しってるか?ww立体機動で2人同時に飛んでるのと、馬が一頭走るのとじゃあ、立体機動で2人で飛んでる方がうるさいんだぜwww」
エルミン「うわぁーwww立体機動装置導入反対www馬だけで十分www」
エレン「第一、夜に巨人なんて攻めてこねぇっ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382608769/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/24(木)18:59:29ID:b2PFn22k
エレン「医者」
キース「」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/24(木)19:00:16ID:b2PFn22k
エレン「医者」
エレン「正確には、医者の息子」
キース「」
エレン「わかった?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/24(木)19:01:29ID:b2PFn22k
キース「……」
エレン「……」
ツカツカツカ
キース「貴様!貴様は何者だ!」
コニー「兄者」
キース「」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/24(木)19:02:48ID:b2PFn22k
コニー「兄者」
コニー「わかった?」
キース「」
キース「……誰のだ?」
コニー「マーティン」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382197431/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/10/20(日)00:43:51ID:EmmzQil2
※残念ながらホモではありません ほのぼのギャグのつもりです
マルコ「・・・」
ジャン「・・・」
マルコ「・・・よし、ヤろう!」ヌギヌギ
ジャン「ちょっと、待てえい!」ガシッ
マルコ「冗談だよ なんとなく言ってみただけさ」ハハハ
ジャン「そうだよな、お前が本気でそんな事言うはず無いもんな まぁ、俺も雰囲気でテキトーな事言って悪かったよ」アセッタゼ…
マルコ「雰囲気ってだいじだからね」ニコニコ
ジャン「やっぱそうだよな」ハハハ
マルコ「・・・じゃあいつヤるか?」
ジャン「今ジャン♪」
マルコ「・・・」
ジャン「・・・はッ!しまった!!」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2013/10/20(日)00:45:54ID:EmmzQil2
マルコ「・・・」ヌギヌギ
ジャン「待てえい!無言で脱ごうとするな!!」ガシッ
マルコ「ハハハ!冗談だってば? 今のは君がホモじゃないか心配で試しただけだよ」
ジャン「そ、そうか?ならいいが・・・」オレハホモジャナイゾ?
マルコ「・・・じゃあいt―ジャン「言わせねぇよ!」
ジャン「どうした、マルコ!?一体何があったんだ!?そんなキャラじゃなかったろ?」
マルコ「実は・・・アルミンと“自分に足りないものは何か”について話をしててね アルミンは体力及び肉体、僕にはユーモアが足りないと結論が出たんだ
ならいっそボケキャラになろうと言う事になってね それでちょっとジャンで試してみただけだよ」
ジャン「・・・いきなり飛ばしすぎだ」
マルコ「上手くボケたつもりなんだけど・・・駄目だった?」
ジャン「お前みたいな真面目な奴が、いきなりそんな事を言うと本当だと思っちまうよ・・・」
マルコ「・・・僕はホモだよ?」
ジャン「やめろ!ボケるな!!他の奴らに聞かれたらどうすんだよ!!」
3:
以下、名無しが深夜にお
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1379513219/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/18(水)23:06:59ID:lIbuCdoM
※進撃の巨人で、ベン・トーのパロディです。
※原作最新話までのネタバレがあるかもしれません。

ユミル「チキン・ナンバン?」の続きです。
ベルトル「僕等の目的を忘れたわけじゃないよね?」
ライナー「ああ、勿論だ。餓狼として頂点を目指す!」
ベルトル「またブレてる……」
ライナー「なんか言ったか?」
ベルトル「独り言だよ」
ライナー「そうか?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/18(水)23:08:57ID:lIbuCdoM
夜 食堂
サシャ 「一番手、行かせて頂きます」
ジャン 「サシャか。いきなり本命だな」
サシャ 「まず、ご飯をの上にほぐした鶏ササミの燻製を乗せます」
ミーナ 「もう、それだけで美味しそうだよね」ダラァ
アルミン「うん、涎を拭こうね」
サシャ 「鶏ササミの燻製は、お酒を売ってる店なら、おつまみとして大体おいてあります。
     お好みですけど、柚子コショウ味の奴が私は好きです」
クリスタ「そのまま食べたいね」ジュル
ユミル 「今度、買ってやるから、みっともない顔すんな」
サシャ 「そうしたら長ネギを刻んだのと、白ゴマをちょっと入れて、
     その上から熱々の鶏がらスープを注いで」トポポポ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/18(水)23:09:35ID:nccUqikc
最初から名前が既にベルトルである
14:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/18(水)23:20:42ID:lIbuCdoM
今日はここまで。続きは多分明日。
>>3 
名前の収まりが悪いんで、意図的に削っています。スミマセン。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381518974/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/12(土)04:16:14ID:h30Ek9KA
アルミン「3日耐えれば恋人になってくれるって」
ミカサ「耐えれなかったら?」
アルミン「他の女子と付き合うらしいよ」
ミカサ「それは...無理」
アルミン「ね」
ミカサ「ので、やる」
アルミン「検討を祈るよ」

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/12(土)04:32:14ID:h30Ek9KA
エレン「よぉミカサ!今夜一緒に寝ないか?」
ミカサ「寝る」
アルミン「はいちょっと待って」
ミカサ「?」
アルミン「最初だから止めてあげるけど....いきなり負けてるよ」
ミカサ「もういい、不毛」
アルミン「エレンがアニとかと付き合っても良いの?」
ミカサ「あ...」
アルミン「もっと危機感を持って」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/12(土)07:51:21ID:M6IroSrw
いきなり失敗してるじゃないか…www
9:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/12(土)10:57:35ID:twbLMQBo
無理ゲーっつうのはこうゆうのを言うんだな。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1376661516/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/16(金)22:58:36ID:IZU3Fzfo
ライナー「もうあれから4年か」
ベルトルト「そんなになるのか」
ライナー「この湿った地下での生活もそりゃ慣れてくるな」
ベルトルト「決していいものとは言えないけどね。
      でも、仕方ない事だよ。僕らのした事を考えれば」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/16(金)22:59:45ID:IZU3Fzfo
ライナー「そうだな。とりあえず生かされているだけでもありがたいもんだ」
ベルトルト「僕らがエレンを故郷に連れて帰ろうとして、失敗して捕まって」
ライナー「俺たちはこの地下に放り込まれた」
ベルトルト「本当はその場で殺されるはずだったのにね」
ライナー「ハンジ分隊長のおかげで命は奪われなかったな」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/16(金)23:01:26ID:IZU3Fzfo
ベルトルト「彼らは巨人の謎を解明するために僕らの体で実験しなくちゃならなかったから」
ライナー「4年も経つと身体いじくられる回数も減ってきたけどな」
ベルトルト「でも回数が減った割に大掛かりな実験が増えてきたよね」
ライナー「そうだな。このままいくと俺たちは最終的に殺されるんだろう」
ベルトルト「このまま何年も生かすわけにはいかないだろうからね人間側も」
ライナー「ああ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/16(金)23:02:47ID:IZU3Fzfo
ベルトルト「思い出話でもしようか」
ライナー「突然なんだよ」
ベルトルト「ただ、なんとなくだよ。ねえライナー、エレンとジャンはさ」
ライナー「最初なんであんなに仲悪かったんだろうな」
ベルトルト「目が合うだけでお互い悪態つくしさ、本当に些細なことで喧嘩してたよね2人。」
ライナー「んでエレンが言うんだよな。服が破けちゃう
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1375555962/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/04(日)03:52:42ID:uq5pMR3k
※進撃の巨人で、ベン・トーのパロディです。
※進撃の巨人10巻までのネタバレがあるかもしれません。

キルシュタイン「タンタン・メン?」の続きです。
ユミル 「ここは普通、クリスタだろ」
クリスタ「何の話?」
ユミル 「独り言だよ」
クリスタ「?」
ユミル (クリスタが可愛いからどうでもいいや)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/04(日)03:53:13ID:uq5pMR3k
マダム牧場
クリスタ「あ、アルミンだ。おーい」
ユミル 「今日は、いつもの二人と一緒じゃないのか」
クリスタ「ミカサは? ねぇ、ミカサはいないの?」
アルミン「別に、いつも一緒に居るわけじゃないよ。それに、今日は二人とも内地なんだ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/04(日)03:53:59ID:uq5pMR3k
ユミル 「成績上位者の憲兵団研修か。
     あいつ等が、憲兵団に興味があるようには見えなかったけどな」
アルミン「興味は無いんだろうけど、エレンが"ミカサは選択肢として見て置いた方が良い"って」
ユミル 「ミカサが一人じゃ行かないと言って、結局二人でお出かけか」
アルミン「そんな感じかな」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/04(日)03:54:59ID:uq5pMR3k
ユミル 「それにしても上位者が内地で、それ以外が開拓地での研修ってのはな」
アルミン「露骨過ぎて、笑えてくるね」
クリスタ「みんな牧場研修を選択してたね」
アルミン「森林開拓や農耕に比べれば、まだ食事の待遇が良さそうだしね」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/04(日)03:55:32ID:uq5pMR3k
ユミル 「まさか、肉の解体までや
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382281406/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)00:03:26ID:w7SGcNyQ
ミカサ「本」ペラ
サシャ「それは見たら分かりますよ。私はどんな内容なのか聞きたいんです!」
ミカサ「…サシャに内容が理解できるだろうか」
サシャ「なっ…そこまで馬鹿じゃないですよ!」プン!
ミカサ「それは悪かった。これは推理小説」
サシャ「へえ、ミカサも推理ものなんて読むんですね。面白いんですか?」
ミカサ「アルミンから借りた。意外と面白いし、読みやすい。サシャでも読めるかもしれない」ペラ
サシャ「そう言われると、少し読んでみたいです」
ミカサ「私はもうすぐ読み終わる。ので、次にでもアルミンに借りるといい」
サシャ「そうします!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)00:04:49ID:w7SGcNyQ
ミカサ「ちなみに」
ミカサ「犯人は被害者の姉」
サシャ「…」
ミカサ「…」ペラ
サシャ「やっぱり借りるのやめます…」
ミカサ「そう」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)00:05:33ID:w7SGcNyQ
サシャ「それにしても…」
サシャ「暇ですねぇ~」ゴロゴロ
ミカサ「…」ペラ
サシャ「せっかくの休日なのに雨で外出も出来ないなんて」ゴロゴロ
サシャ「…」チラッ
ミカサ「…」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)00:06:12ID:w7SGcNyQ
サシャ「ミカサ、何か面白いことはありませんか?」
ミカサ「本が面白い」
サシャ「それは読んでいるミカサだけじゃないですかぁ」
サシャ「私は面白くないんですよぉ」
ミカサ「…」ペラ
サシャ「ちょっと、無視しないでくださいよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382495658/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/23(水)11:34:18ID:HiCASeAg
コニー「ライナーはクリスタが好きなのか?」
ライナー「唐突だな」
コニー「昨日の夜に小便で起きたら、クリスタの名前を寝言でずっと言ってたからよ」
ライナー「実はな」
ライナー「クリスタとは結婚を考えてる」
コニー「マジか!いつ結婚するんだ!?」
ライナー「俺的には卒業してすぐが望ましいな。花嫁衣装の貯金もしてる」
コニー「偉いな!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/23(水)11:37:20ID:HiCASeAg
ライナー「ただな、1つ問題がある」
コニー「花嫁衣装にか?」
ライナー「いや、実はまだ求婚してないんだ」
コニー「きゅうこん?」
ライナー「プロポーズのことだ」
コニー「そうか!いつするんだ?」
ライナー「本当はいますぐにでもしたいんだがな…」
コニー「なんでしねーんだ?」
ライナー「答えはイエスなのはわかってるんだが、勢い不足でなかなか言えん」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/23(水)11:39:53ID:HiCASeAg
コニー「そっか難しいな」
ライナー「まったくだ」ハァ
コニー「よし、オレがきゅうこんの手伝いをしてやるよ」
ライナー「本当か!」
コニー「ああ、このコニー・スプリンガー様に任せとけ!」
ライナー「頼りにしてるぞ!」
コニー「じゃあ準備が出来たら呼ぶからな!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382417235/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/22(火)13:47:15ID:wQDpgvdA
エレン「?」
ミカサ「聞いて」
エレン「おう」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/22(火)13:49:09ID:wQDpgvdA
ミカサ「私は強い」
エレン「おう」
ミカサ「もの凄く強い」
ミカサ「でしょう?」
エレン「おう」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/22(火)13:50:30ID:wQDpgvdA
ミカサ「エレンよりも強い」
エレン「……」
エレン「ああ」
ミカサ「エレンよりももの凄く強い」
ミカサ「でしょう?」
エレン「ああ」
ミカサ「ので」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/22(火)13:51:13ID:wQDpgvdA
ミカサ「エレンをレイプすることができる」
エレン「」
ミカサ「できる」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1380883575/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/04(金)19:46:15ID:m.NEmr6k
クリスタ「というわけで…ベルトルト!久しぶりにやるで!」
ベルトルト「やるんだな!クリスタ!今…!此処で」スッ
クリスタ「よっこいしょっと…よーし、肩車おっけーい!」
ベルトルト「よいしょっと、落ちないでよ」
クリスタ「流石2m!遠くまでわかるわかる…おっあれは」
ベルトルト「なに?」
クリスタ「>>5が>>7をしとるで!行くでベルトルト!」トントン
ベルトルト「はいはい」スタスタ

5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/04(金)19:48:52ID:nvGy5NXo
ライナー
7:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/04(金)19:49:16ID:.755O1E6
アルミンを犯している
14:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/04(金)20:04:56ID:m.NEmr6k
クリスタ「ライナーがアルミンを犯しているで!またかいな!」
ベルトルト「通常運転だね」
アルミン「たす、け」パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ
ライナー「アルミンアルミンアルミンアルミン」ハァハァ
アルミン「や、やだ!た、たすけ」パンッパンッパンッパンッパンッパンッ
クリスタ「正義の味方!クリスタ姐さんやで!ベルトルト!」
ライナー「な、なに!何時の間に背後に!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1378642168/
8:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/08(日)22:50:20ID:WsNfOThU
ユミル「レイプされた。」
ユミル「ベルトルトが」
ベルトルト「しくしく」
ユミル「犯人はアルミンだった」
アルミン「し、仕方ないんだ…!尻トルトが…尻トルトが僕を誘惑したんだ!」
エレン「アルミン!お前わかってんのか!?」
アルミン「仕方ないんだ…尻トルトが、ぷりぷりして…うぅ」ポロポロ
クリスタ「まぁ、開拓地にいこうや」トントン
アルミン「はい…」ポロポロ
ユミル「まさかのスピード解決だった」
誰もいないからやってみた。重要?シラナイヨ…あ、いや、ごめんなさい…スルーして下さい。
20:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/09(月)11:00:23ID:5YaS5oBI
ユミル「またレイプされた。」
ユミル「ベルトルトが」
ベルトルト「ひっく、ひっく、」
ユミル「犯人はジャンだった」
ジャン「し、仕方ないジャン!いきなり熱いとか!火照るとか言って誘うから!」
エレン「ジャン!お前がなにをしたのかわかってんのか!?」
ジャン「だ、だってよ…ベルトルトが…ベルトルトが…熱いから俺で冷ましてくれって…うぅ」ポロポロ
クリスタ「まぁ、あんさんも開拓地にいこうや」トントン
ジャン「はい…」ポロポロ
ユミル「まさかのスピード解決だった。因みにベルトルさんはただの風邪で休んでいただけだった…」
>>8です…誰もいないし…上手くないがまたやってしまった…>>1がこないとホモになるぞ…
21:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/09(月)12:03:18ID:5YaS5oBI
ユミル「レイプされた。」
ユミル「いつも通り…」
ベルトルト「もうやだよ?」ポロポロ
ユミル「犯人はコニーだった」
コニー「仕方ないんだよ!おっぱいが!おっぱいが俺を誘って!!」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1381642950/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)14:42:30ID:7C7tMNGI
※女神のネタバレと百合注意
クリスタ「ミカサがお腹出して寝てる」の続きです

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)14:43:25ID:7C7tMNGI
深夜女子宿舎
クリスタ「zzz…」
ミカサ(シーツがはだけてる……意外と寝相が悪いの?それとも偶然?)
ミカサ(……ともかく直しておこう)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)14:44:50ID:7C7tMNGI
ファサッ
クリスタ「zzz…」
ミカサ(もうすっかり涼しくなった……この時間は少し寒いぐらい……)
ミカサ(……エレンは、お腹を出して寝てないかな……)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)14:45:43ID:7C7tMNGI
クリスタ「zzz…」モゾモゾ
ミカサ(……?)
バサッ
クリスタ「zzz…」スヤァ
ミカサ(……もしかして、寒いと思っているのは私だけなの……?)
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/13(日)14:47:12ID:7C7tMNGI
クリスタ「zzz…」

ポワポワポワ?ン


ミカサ(妹)「……クリスタ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382373315/
1:
1
2013/10/22(火)01:35:15ID:L.VK.cBs
>>50話までのネタバレを大量に含む
※ベルユミになるかもしれないしならないかもしれない
※黒トルトさん、救いや希望は駆逐されました
※亀亀更新

2:
1
2013/10/22(火)01:36:00ID:L.VK.cBs

今は朝なのか、夜なのか。
ここは壁内なのか、壁外なのか。
ぼんやりと定まらない思考で何度同じことを考えただろうか。
窓もない、黴臭い空気の部屋。
感じるものは肌に触れる外気の冷たさと、日に一度の食事の時にだけ外される猿轡に不快感。
そして、両手を拘束する、やけに太い鎖の重量感のみ。
瞼を閉じれば、そこには変わらず金色の女神がいる。
彼女が、彼女さえいてくれれば、それで構わない、と。
3:
1
2013/10/22(火)01:36:36ID:L.VK.cBs

ユミル(ん…)
頭上で腕が固定されているせいで、やけに肩が凝る。
しかし揉むことも擦ることも出来ないので、その痛みを治めることは出来ない。
チカチカと瞬く視界の隅に、出て半刻は経っているであろう食事のトレイが見えた。
小さく固いパンと、冷めきったスープ。
兵団にいた時よりも質素な食事ではあるが、何も食べれないよりマシだと既に割り切った。
ユミル「…っ」ガンッ
腕を無理矢理動かし、鎖の音を立てる。
そこまで大きな音ではないが、嫌なほど静かなこの場所ではよく響く。
4:
1
2013/10/22(火)01:37:16ID:L.VK.cBs
しばらくすると階段を降りてくる足音と、松明に揺らめく大柄な影。
火に照らされた、少し茶色が混じった金髪の男が、表情一つ変えずに姿を見せた。
ライナー「…起きたか」
ユミル「……」
ライナー「飯は食えそうか?」
ユミル「…」コクリ
小さく頷けば、ライナーの腕が後頭部に回って、きつく
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382364550/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)23:09:10ID:phnow6Dg
アルミン「皆さん!今回ご紹介するのはこの万能包丁です」
アニ「あ、アルミンまた出てる」
アルミン「ご覧下さい!この切れ味を!キャベツがほら!」タタタタ
オォー
アニ「おぉー」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)23:12:52ID:phnow6Dg
アルミン「この万能包丁それだけでは無いんです!この玉ねぎだってほら!」タタタ
アルミン「ほら、ずっと切っていますが涙が出ないんですね!」タタタタ
アニ「本当だ」
アルミン「実はこの万能包丁、繊維を切らないよう加工されているんです」
アルミン「だからこの通り!」タタタタ
ワァアー
アニ「へえー」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/21(月)23:18:51ID:phnow6Dg
アルミン「今回はこの万能包丁2本と簡単研ぎ石も付けてなんと!!」
アルミン「3,980円!3,980円です!」
ヤスーイ
アニ「うーん…でもなぁ…」
アルミン「…ですが!今夜限りの特典付き!」
アルミン「なんと専用まな板と専用スポンジも付けて」
アルミン「お値段変わらず!3980円!3980円です!」
アニ「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1377445267/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/26(月)00:41:07ID:lRvP2lRc
※女神のネタバレと百合っぽいミカクリ注意
深夜女子宿舎
ミカサ「zzz…」
クリスタ(寝巻きのキャミソールが捲れて…ふふ、何だか意外だなぁ。ミカサは『お腹出して寝ちゃダメ』って言いそうな側なのに)

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/26(月)00:41:55ID:lRvP2lRc
クリスタ(この蒸し暑さじゃ仕方ないか…私も寝苦しくて目が覚めちゃったし)
ミカサ「zzz…」
クリスタ(でもやっぱりお腹冷やすのは良くないよね、捲れてるとこ直してあげよう)
グイッ
プルンッ
クリスタ(!?)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/26(月)00:43:02ID:lRvP2lRc
クリスタ(し、しまった!下に引っ張りすぎて上からおっぱいが出ちゃった!ご、ごめんミカサ!)
ミカサ「zzz…」
クリスタ(…………)ジーッ
クリスタ(…お、思ってたより大きい…)ゴクリ
クリスタ(はっ!じゃなくて戻さなきゃ!もう一度上に引っ張って…)
グイッ
ムキッ
クリスタ(!?)
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/08/26(月)00:44:18ID:lRvP2lRc
クリスタ(ああっ!今度はまたお腹が出ちゃった…!もしかしてこの寝巻き、丈が合わなくなっちゃってるの?)
ミカサ「zzz…」
クリスタ(ど、どうしよう…このままってわけにはいかないし、かと言っておっぱい丸出しも可哀想…)
クリスタ(……あっ、そうか!シーツを掛けてあげればいいんだ!)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1374943083/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/07/28(日)01:38:03ID:tfXz5Yno
※進撃の巨人で、ベン・トーのパロディです。
※進撃の巨人10巻までのネタバレがあるかもしれません。

ミーナ「ス・ブタ?」の続きです。
※今回は短いです。
ジャン「何で苗字なんだよ……」
ミーナ「何の話?」
ジャン「……独り言だ」
ミーナ「そう?」
?

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/07/28(日)01:38:58ID:tfXz5Yno

チュンチュン
キース「……今日は、休暇日だったな」
キース「朝食は、外に食べに行くか」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/07/28(日)01:42:11ID:tfXz5Yno
軽食ウーバーン
店員 「いらっしゃいませ」
キース「モーニングセットを」
店員 「ただいま、期間限定でドリンクをサマーミルクティーに変更できます」
キース「では、それで頼む」
店員 「畏まりました。ありがとうございます」
キース(新聞でも読むか……)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/07/28(日)01:42:46ID:tfXz5Yno
キース(ふむ……成績を加味すると言葉巧みに訓練兵を騙し、
    卑猥な行為を働いた北区の訓練教官を拘束、か。
    全く、訓練兵団の名を地に落とす不届き者め)
キース(しかし、それを逆手にとって、自分の評価を上げるために、
    無実の教官のセクハラを訴える冤罪事件も発生している、と。
    何時の世も、人同士が足を引っ張り合うのは変わらんな)
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/07/28(日)01:43:30ID:tfXz5Yno
店員 「お待たせ致しました」
キース(焼きたてのクロワッサンだ。甘い香りが漂う。
    それに
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382625664/
1:

2013/10/24(木)23:41:04ID:iva.Ipg2
>>11巻微ネタばれ
※キャラ崩壊注意
※一気に完結させる
※基本会話しているだけ
※ホモネタあり、でも一応ギャグ

2:

2013/10/24(木)23:42:03ID:iva.Ipg2
ライナー「俺はクリスタと結婚したい」
ユミル「知っていた」
ライナー「だが俺はホモだ」
ユミル「知っていた……って、あれ、そうなのか?」
ライナー「あぁ」
ユミル「じゃあクリスタはタイプじゃないだろ」
ライナー「いいや、タイプだ」
ユミル「すまん、話が繋がらない」
3:

2013/10/24(木)23:43:06ID:iva.Ipg2
ライナー「俺はクリスタと結婚したい」
ユミル「待て、振り出しに戻られても困る」
ライナー「困るのか」
ユミル「お前はホモなんだろう?」
ライナー「そうだ」
ユミル「だったらクリスタはタイプでは…」
ライナー「甘い!」
ユミル「!!?」
ライナー「俺は可愛い物が大好きなんだ!」
ユミル「そうか」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。