SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
遊戯王SS
タグ一覧の表示
<<
2019年02月
>>
41件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1402563212/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/06/12(木)17:53:32ID:O5llw3NU
ポッポタイム・ガレージにて……
アキ「あら、クロウだけなの?」←学校帰り
クロウ「ああ、俺だけだよ。でもだからってそんな露骨に残念そうな顔しなくても良いじゃねえか」
アキ「別にそんな顔してないでしょ?」
クロウ「してるよ。まあ愛しの遊星が居なくて寂しくなる気持ちは分かるけどよぉ」
アキ「い、愛しのって!? ちょっとやめてよ、そういうの! 私は別に遊星の事なんて……///」アタフタキオン
クロウ「毎度毎度分かりやすい上に予想通りの反応してくれるよな、お前って」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/06/12(木)17:56:34ID:O5llw3NU
アキ「コホン、それで遊星は今何処なのよ?」
クロウ「仕事だよ。ブルーノと一緒に近くの会社までパソコンの修理に出掛けてんだ」
アキ「ふぅん、ブルーノと一緒ねぇ……」
クロウ「一応言っとくけどブルーノは遊星の手伝いに付いて行っただけだからな。男相手に嫉妬すんなよ」
アキ「してないわよ! もう、なんで今日はそういう変な突っ掛り方ばかりしてくる訳?」プンスカブックス
クロウ「別に故意でやってる訳じゃねえんだけどな?」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/06/12(木)17:57:33ID:O5llw3NU
アキ「で、遊星は何時頃戻って来るの?」
クロウ「はっきりとは言えないが修理が順調ならそんなに遅くはならないんじゃねえか? まああの2人が手間取る事はまず無いとは思うけど」
アキ「そう。なら遊星が帰って来るまで待たせて貰っても良い?」
クロウ「良いけど俺も後1時間くらいしたら仕事に出るぜ?」
アキ「なら貴方が居る間だけ待たせて貰うわ。その間に遊星が帰ってくれば言い訳だし」
クロウ「そうか、じゃあ好きにしろよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383126625/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/30(水)18:50:25.36ID:Z8yHaRfZO
アキ「私、遊星が食事している所一度も見た事ないんだけど?」
龍亞「俺も俺も。もしかして遊星って改造人間でご飯食べる必要ないのかな?」
龍可「龍亞、テレビの観すぎ。そんな訳ないでしょ」
アキ「実際の所どうなの、クロウ?」
クロウ「いや、遊星だって人間だからちゃんと飯は食ってるよ。まあ比較的小食の方ではあるけどさ」

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/30(水)18:54:30.95ID:Z8yHaRfZO
クロウ「ただ何かやってると……例えばDホイールの整備や新型パーツの開発なんかしてる時は集中し過ぎて食事を抜かす事が多々あるかもな。
遊星が食事してるイメージが少ないのはそのせいもあるんだろうぜ」
アキ「ちょっと、そこは同居人であるあなたやジャックがちゃんと注意しなさいよ。
もし遊星が栄養失調で倒れたら貴方どう責任取るつもりなの?」プンスカ
クロウ「責任って……ジャックは知らねえけど俺は気づいた時には何か食べとけよって声くらいは掛けてんだぜ?
でもあいつ「ああ」って言うだけで結局そのまま作業続けちまうし……」
アキ「それじゃあ意味ないでしょ!」テーブルドン
クロウ「わ、悪い」ビクッ
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/30(水)18:58:50.03ID:Z8yHaRfZO
アキ「まったく、それにどうせ食べるとしてもカップ麺とかインスタント系がほとんどなんでしょ?
それじゃ絶対に何時か体を壊すわ。もっと栄養バランスを考えた食生活を送らせなさいよ」ガミガミ
クロウ(何で遊星の食事の事で俺が怒られてんだろ……)
龍亞「(ヒソヒソ)相変わらず遊星の事となるとアキ姉ちゃんは怖いね?」
龍可「あはは(苦笑」
アキ「そこ、何か言った?」ギロリ
龍亞「あ、いや、何でもない
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380847998/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/04(金)09:53:18.93ID:vkv3d8AiO
アキ(今日はDホイールのライセンス習得試験の当日。遊星達がDホイールをプレゼントしてくれると聞いて来たんだけど……)
遊星「これがそのDホイール……その名も紅蓮弐式だ」
クロウ「ジャンクパーツを使って俺と遊星で組み立てたんだぜ!」
ジャック「カウルは俺が塗った!」
アキ(どうしよう……ロボットにしか見えない)

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/04(金)09:54:58.09ID:SiFAlffI0
カレンそっくりだもんな
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/04(金)09:55:25.94ID:vkv3d8AiO
アキ「えっと、これってDホイールなのよね?」
クロウ「当たり前だろ?世界でただ一つのお前だけのDホイールだぜ!」
ジャック「そうだ、紛うことなきDホイールだ。そしてカウルは俺が塗った!」
遊星「まあ少しだけ一般のDホイールと違う部分もあるがな……アキ、説明するからこっちに来てくれ」
アキ「(少し?)え、ええ」
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/04(金)09:58:45.72ID:vkv3d8AiO
遊星「この両足についているのがランドスピナーというこのDホイールのタイヤだ。
接地圧可変タイヤだから不整地であっても安定した路面追従性、走破性を発揮する事ができる」
アキ(Dホイールに両足……?)
遊星「だがそれよりもこのDホイールの最大の特徴は右腕に内蔵されたマイクロ波誘導加熱ハイブリッドシステム……通称輻射波動だ」
アキ「待って、遊星。そもそも何でDホイールに足とか腕が付いてるの?」
9:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/10/04(金)10:00:07.07ID:iuZ82PbZ0
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380105644/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/25(水)19:40:44.36ID:dGnHA30tO
ジャック「遊星、まだ新しいエンジンは完成しないのか!」
遊星「すまない、制御プログラムがうまくいかなくて……」カタカタ
ジャック「WRGPまでもう日がないんだぞ?本当に間に合うのか?」
遊星「善処する……」カタカタ
ジャック「まったく、俺の準備は万全というのに肝心のマシンが出来ていないとどうにもならんではないか!」クドクド
遊星「……すまない」カタカタ
※細かい矛盾点はスルーで

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/25(水)19:43:41.20ID:dGnHA30tO
ジャック「ふん……遊星、俺は少し出掛ける。帰ってきたら少しは進展がある事を願っているぞ?」
遊星「ああ……」カタカタ
ドアバタン
遊星「…………」カタカタ
遊星「…………」カタカタ
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/25(水)19:46:29.67ID:dGnHA30tO
…………
クロウ「ただいまー。調子はどうだ、遊星?」
遊星「お帰り、クロウ。少しずつ進んではいるが……まだもうしばらくは時間がかかりそうだ」カタカタ
クロウ「そうか。ブルーノの奴は?」
遊星「部屋で寝てる。まだ熱が下がっていないらしい」
クロウ「ウチに来てからずっとハリキリ過ぎてたからな、あいつ」
遊星「ああ……だから俺だけでも頑張らないと」カタカタ
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/25(水)19:49:33.08ID:dGnHA30tO
クロウ「まあ遊星は天才だからな。きっとすげーエンジン作ってくれるって信じてるぜ」
遊星「善処する……」カタカタ
クロウ「ん、この机にあるのは開発の備品の領収書か?」
遊星「ああ……」カタカタ
クロウ「(ボソッ)今
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1525422640/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/05/04(金)17:30:40.59ID:QWQ8byvm0
遊馬「やったぜ!」
小鳥「何がやったぜよ。露出度高めじゃない」
遊馬「モンスターに罪は無いぜ」
カイト「おい」
遊馬「おおカイト!見てくれよ新しいモンスターエクシーズを」
カイト「そいつから離れろ」
遊馬「は?」
小鳥「?」
カイト「そいつは禁断のエロモンスターだ」
小鳥「禁断のエロモンスター!?」
カイト「男でも女でも自分好みに調教し配下に変貌させてしまう」
ギャル「マジマジ?!」
遊馬「うわあああああああああああああ」
小鳥「遊馬!助けなきゃ」
カイト「おい…あいつら人の話を聞く気はないのか」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/05/04(金)17:53:25.68ID:QWQ8byvm0
凌牙「何だと…そりゃどういう事だ」
カイト「遊馬が禁断のエロモンスターの封印を解いた」
凌牙「禁断のエロモンスター?マジマジ☆マジシャンギャルか?あんなのおとぎ話だろ」
カイト「だと思うか」
凌牙「まあ…あり得ねえ話も無いだろうな」
カイト「太古の時代1人の神官見習いが居たそうだ。その神官見習いはある日初潮を迎えた」
凌牙「初潮?女か」
カイト「そうだ。俺達が精通したように」
凌牙「はあ…いや話進めろよ」
カイト「神官であるが故に禁欲生活を強いられている。だがな年頃の娘に禁欲など無理な話だ」
カイト「ある日。その神官見習いは溜まりきったスケベ心と自らを切り離した」
凌牙「善と悪を切り離すなんて良くある話だぜ」
カイト「だがその切り離したスケベ心は想像を絶する力を秘めていた。神官はまさか自分がここまでスケベな女だとは予想もしなかったと」
カイト「スケベ心は猛威を振るい次々と調教した。だが時の7人の神官と数百の兵の力で封印した」
凌牙「詳しいじゃねえか」
カイト「本人か
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1408178697/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/08/16(土)17:44:57ID:R9XVwd3E
ネオ童実野シティ・夕方……
アキ「今日は本当にびっくりしたわ」
遊星「そんなにか?」
アキ「それはそうよ。いきなりガレージに集合って言われたから行って見たら中は真っ暗なんですもの」
アキ「そしたら急に四方からクラッカーでしょ? 心臓が止まるかと思ったわよ」
遊星「サプライズが目的だったからな。アキには悪いが驚いてくれたのならこちらとしては嬉しい」
遊星「何せ今日はアキの誕生日だからな」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/08/16(土)17:46:25ID:R9XVwd3E
アキ「だけど皆、良く私の誕生日知っていたわね。話した事あったかしら?」
遊星「アキが学校に復学した時、一度だけ生徒手帳を見せて貰った事があっただろう? そこに書かれていた誕生日を俺が覚えていたんだ」
アキ「たったそれだけで?」
遊星「ああ、何せ仲間の誕生日だからな。それに誕生日は大切な日だ」
遊星「その日があったからアキはこの世界に生まれて来られた。その日があったから俺はアキと会えた」
遊星「そしてその日があったから今俺はこうやってアキと並んで歩けている……だから俺はお前の誕生日にとても感謝しているよ」
アキ「…………」
遊星「どうした、アキ? 急に俯いて……それに顔が少し赤い様だが?」
アキ「……気にしないで。ただの夕日の反射だから」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/08/16(土)17:48:37ID:R9XVwd3E
アキ「それにしても今日は本当に楽しかったわ。私、こんなに楽しい誕生日は初めてかもしれないわ」
遊星「喜んで貰えたなら良かったよ」
アキ「みんなの一発芸も面白かったわ。ブルーノの皿回しとかクロウのゾラのモノマネとか」
遊星「ゾラには少し悪い気もしたがな」
アキ「まあ遊星の空中座禅だけはかなり衝撃的だったけど」
遊星「……すまない。一発芸の話は
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1411381234/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/09/22(月)19:20:34ID:77y/ArTk
アンナ「孕ましてくれねえかな?」
ロビン「君は一体何を言っているんだい?」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/09/22(月)19:24:22ID:77y/ArTk
アンナ「俺はもう生殖可能な身体で準備はすでに出来ているんだよ」
ロビン「いきなり呼び出されたと思ったらまさかこんな話をされるとは思わなかったよ。これでも僕、結構忙しいんだけど?」
アンナ「そんな事言わずに相談に乗ってくれよ。俺達はタッグを組んで黄色い風呂上りに殺された仲だろう?」
ロビン「間違ってないけど改めて言葉にすると凄くカオスな関係だね」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/09/22(月)19:25:37ID:77y/ArTk
アンナ「今更かもしれないけどさ、俺遊馬の事が好きなんだよ」
ロビン「本当に今更だね。今更の大盤振る舞いだよ」
アンナ「だけど遊馬の奴、鈍過ぎるんだよな。俺がどんなにフライングランチャーでアプローチを仕掛けても全然気付いてくれない」
ロビン「遊馬が鈍いのは否定しないけど、君の中でのアプローチって砲撃なんだ」
アンナ「おまけに遊馬の近くには何時も小鳥が居る。正直あの2人、ただの友達以上の関係に見えるんだよ」
ロビン「むしろ絆という言葉が相応しい関係かもしれないね」
アンナ「だったらもう俺が遊馬を勝ち取るには既成事実を作るしかねえだろ」
ロビン「その結論に達するなんて最近の中学生って随分進んでるんだね」
4:
◆6lM76zkyEU
2014/09/22(月)19:26:44ID:77y/ArTk
アンナ「あ?さっさと抱いてくれねえかな?」
ロビン「いくら待っても遊馬は君を襲わないと思うけどね」
アンナ「いや、だけど遊馬だって健康な中学生男子だ。ムラムラする時もあるはずだ。満タンなエネルギーが行き場を無くして困る時だってあるはずなんだ」
アンナ「そんな
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1415003096/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/11/03(月)17:24:56ID:IaD8FpD2
アンナ「遊馬の事を考えるだけで胸が苦しくなる」
アンナ「原因は分かっている。それは俺が遊馬を本気で愛しているからだ」
アンナ「この恋が成就される為ならば……俺は何だってやってみせるぜ!」

ロビン「だからって遊馬のパンツを盗むのはどうかと思うよ?」
アンナ「面目ないぜ」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/11/03(月)17:25:43ID:IaD8FpD2
ロビン「まさかたまたま遊馬の家の前を通ったら軒先の洗濯物を物色している君を見つけるとは思わなかったよ」
アンナ「その点は反省してるよ。もっと周りは確認しておくべきだったぜ」
ロビン「もっと違う所を反省しなよ。それで何であんな事をしていたんだい?」
アンナ「いきなり女にそんな事を聞くなんてお前って正義の味方の癖にデリカシー無いんだな」
ロビン「悪いけど遊馬のパンツに顔を埋めながらクンカクンカしていた君にデリカシー云々を語って貰いたくないよ」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/11/03(月)17:26:34ID:IaD8FpD2
アンナ「仕方ねえな。恥ずかしいから誰にも言うなよ?」
ロビン「一応恥ずかしいという自覚はあったんだね」
アンナ「好きな人の……その、遊馬の下着が欲しかったんだ……クンクンしてペロペロして……で、出来ればそれを穿いて余生を送りたいなーって///」
ロビン「顔を赤くして可愛らしい表情で言っているけど発言内容は犯罪臭の大盤振る舞いだね」
4:
◆6lM76zkyEU
2014/11/03(月)17:27:47ID:IaD8FpD2
ロビン「とにかく下着ドロなんて暗黒帝王デッドマックスもドン引きの犯罪だ。悪い事は言わない、こんな事は止めた方が良いよ」
アンナ「分かってる。分かってるけど遊馬の下着が欲しいという溢れる感情が止まらないんだ。感じたまま生きていたいのさ、俺が俺であ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1418646916/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/12/15(月)21:35:16ID:NevagvaI
夜・十六夜邸にて……
アキ「……あっ、もしもし遊星?」
アキ「ごめんなさい、こんな時間に……あの、今ちょっと良いかしら?」
アキ「その、遊星って今度のクリスマス・イヴって何か予定があったりする?」
アキ「そう、空いてるのね……あ、空いてるんだ」
アキ「…………」
アキ「その、本当に遊星が良かったらで良いんだけど――」

アキ「――クリスマス・イヴは私に付き合って貰えないかしら?」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/12/15(月)21:36:28ID:NevagvaI
アキ「うん、じゃあ24日の夕方に時計台の前で……ええ、おやすみなさい」
アキ「…………」ピッ
アキ「……誘っちゃった」
アキ「クリスマス・イヴを遊星と過ごすのが……決まってしまったわ」
アキ「…………」
アキ「……うっ、うわああああぁぁぁぁ!!!///」ジタバタキオン
3:
◆6lM76zkyEU
2014/12/15(月)21:37:42ID:NevagvaI
アキ(電話を掛ける前に遊星を誘う予行演習を30回くらいしたからスムーズに話は進んだけど……まさかここまで上手くいくなんて)
アキ(一応遊星には急用が出来た友達の代わりに一緒に映画を観ましょうって事で話を進めたけど……) ※勿論友達の話は嘘である
アキ(イヴで2人だけで映画を観るとか……これってやっぱりデ、デ、デ、デートになるのよね?)
アキ(しかも流れでその後夕飯も一緒に食べる約束もしたし……)
アキ「うわああああぁぁぁぁ!! 自分から誘ったのに何でこんなに恥ずかしいのよぉぉぉぉ!!!///」ゴロゴロットン
ドスン!!←ベッドから転げ落ちた音
アキ「ふにゃん!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1423901340/
1:
◆6lM76zkyEU2015/02/14(土)17:09:00ID:.GiQ8WEY
このSSは以下の話の続きとなっております。

遊矢&柚子(気まずい……)』

遊矢&柚子(緊張する……)』

遊矢&柚子(恥ずかしい……)』

真澄「見せつけてくれるじゃない」』

アユ「あれ、遊矢お兄ちゃん?」』

遊矢&柚子(動悸がやばい……)』

遊矢&柚子(やってしまった……)』
2:
◆6lM76zkyEU2015/02/14(土)17:09:50ID:.GiQ8WEY
榊家・玄関……
柚子「はい、これ」
遊矢「……何これ?」
柚子「何これってチョコレートよ。今日はバレンタインデーだから」
遊矢「そういやそうだったな。わざわざ持って来てくれたんだ」
柚子「仕方ないでしょ。今日は学校も塾も休みなんだから」
遊矢「まあそうだな……その、とにかくありがとう、ございます」
柚子「……うん」
遊矢&柚子「…………」
3:
◆6lM76zkyEU2015/02/14(土)17:10:36ID:.GiQ8WEY
柚子「……じゃあまた明日塾でね」
遊矢「あ、待ってよ。もう帰るのか?」
柚子「だってもうチョコ渡したし」
遊矢「せっかく来たんだし上がっていけよ。これから何か用事でもあるんなら別だけどさ」
柚子「用事は無いけど……まあ遊矢がどうしてもっていうなら寄ってあげてもいいけど?」
遊矢「いや、えっと、無理にとは言わないけどさ……」
柚子「……ここまで来て引かないでよ。上がるわよ、上がらせて貰います」
4:
◆6lM76zkyEU2015/02/14(土)17:11:58ID:.GiQ8WEY
遊矢の部屋……
遊矢「はい、コーヒー。俺が淹れたからそんなに美味しくないかもしれないけど」
柚子「ありがとう。ところでおばさんは? 姿が見えないんだけど?」
遊矢「ああ、今出掛けてる。
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1466946783/
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/06/26(日)22:13:03.111ID:DEGKkx6e0.net
遊矢「
>>5と」

5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/06/26(日)22:16:20.027ID:HYiVL5aY0.net
切札勝負
6:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/06/26(日)22:19:44.364ID:DEGKkx6e0.net
遊矢「
>>1がその人物を知らない場合は例外無く侍口調で風呂好きの浪人となるぞ」
遊矢「ねえ君、俺とデュエルしない?いいデュエル場知ってるんだよね」
勝舞「なにゆえ?なにゆえ?拙僧とデュエル!?なにゆえなん?」
遊矢「俺は…みんなを笑顔にしたいんだ!」
勝舞「
>>10」
10:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/06/26(日)22:22:01.198ID:JboD8c+Fa.net
?
14:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/06/26(日)22:25:44.012ID:3IS933cc0.net
誰だよスマイルワールド発動した奴

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1424518429/
1:
◆6lM76zkyEU
2015/02/21(土)20:33:49ID:raw/ldlA
黒咲「…………」シコシコ
北斗「あれが黒咲さんの無言のオナニー……あんなオナニー、俺スクールでも習ってないよ!」
真澄「アンタとはレベルが違うのよ!」
刃「いいや、サイズが違ぇんだよ!」

2:
◆6lM76zkyEU
2015/02/21(土)20:34:37ID:raw/ldlA
素良「へえ?面白そうな事やってんじゃん」
北斗「あっ、お前は遊勝塾の!?」
素良「僕も混ぜさせて貰うよっと」チャキチャキポロン
真澄「ふん、そんなポークビッツで黒咲さんに挑むなんて無謀も良い所ね」
子供「可愛い?♪」
3:
◆6lM76zkyEU
2015/02/21(土)20:35:20ID:raw/ldlA
素良「それはどうかな? ちょっとだけ僕の本気を見せてあげるよ……ふん!!」シャキーン
北斗「なっ、奴のポークビッツが一瞬でフランクフルトに!?」
子供「怖い?」ビエーン
素良「さあ、せいぜい僕を楽しませてよね! エロイーズの負け犬さん!」シコシコ
黒咲「…………」シコシコ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1422265936/
1:
◆6lM76zkyEU
2015/01/26(月)18:52:16ID:VRb2SWxE
榊家・玄関……
柚子「え? 遊矢、居ないんですか?」
洋子「すぐに戻るとは言ってたんだけどね。そうだ、なんなら上がって待ってる?」
柚子「あ、別に大した用があるって訳でも無いんで……」
洋子「今更遠慮する事なんてないわよ。ほら、上がった、上がった」グイグイッ
柚子「え、いや、ちょっと!?」

2:
◆6lM76zkyEU
2015/01/26(月)18:54:16ID:VRb2SWxE
遊矢の部屋……
柚子(結局遊矢の部屋まで通されちゃった……もう、おばさんってたまに強引なのよね)
柚子(たまたま遊矢の家の前を通ったからちょっと寄っただけで、本当に用事なんて無いんだけどなぁ)
柚子「それにしても……」チラッ
柚子(何気に遊矢と付き合い出してから初めて入るわね、この部屋)
3:
◆6lM76zkyEU
2015/01/26(月)18:55:03ID:VRb2SWxE
柚子(少し前まで普通に遊びに来てたし、何処か部屋の様子が変わったって訳でも無いんだけど)
柚子(気のせいかな? 何だか前と違って見える)
柚子(やっぱりこれって遊矢と私の関係が変わったからなのかしら?)
柚子「…………」
柚子「……私ったら何1人で変な事考えてんだろう///」
4:
◆6lM76zkyEU
2015/01/26(月)18:55:41ID:VRb2SWxE
柚子(何だか落ち着かないなぁ。本来居るはずの遊矢が居ないって事も関係あるんだろうけど)
柚子(やっぱり帰ろうかな? でもここまで来て遊矢に会わずに帰るのも何だかなぁ?)
柚子「早く帰って来なさいよね、遊矢……ん?」
柚子(あれ、何だろう? 枕の下から何かはみ出してる?)
柚子「何かしら、これ……って、え?」
っ『柚子の写真』

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1419853474/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/12/29(月)20:44:34ID:fxZb4Cds
このSSは以下の話の続きとなっております。

遊矢&柚子(気まずい……)』

遊矢&柚子(緊張する……)』

遊矢&柚子(恥ずかしい……)』

真澄「見せつけてくれるじゃない」』

アユ「あれ、遊矢お兄ちゃん?」』

2:
◆6lM76zkyEU
2014/12/29(月)20:45:17ID:fxZb4Cds
柊家・風呂場……
遊矢「ふぅ、生き返る……」
遊矢(しかし妙な事になったな。まさか柚子の家の風呂に入る事になるなんて)
遊矢(学校の帰り道にドジ踏んで冬の池に落ちてしまって)
遊矢(このままだと風邪引くからって柚子に強引に家まで連れられてこうなった訳だけど)
遊矢「……やっぱなんか緊張するな、この状況」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/12/29(月)20:46:55ID:fxZb4Cds
遊矢(別に柚子の家の風呂に入るのはこれが初めてじゃない。けどそれは小さい頃の話だし)
遊矢(変に意識しない方がいいのは分かってんだけどな……)ブクブク
柚子「――遊矢」←ドアの向こうから
遊矢「ゆ、柚子か? 何?」ビクッ
柚子「その、お風呂上がった後の着替え何だけどとりあえずお父さんのでいいかな? 少し大きいかもしれないけど」
遊矢「ああ、大丈夫だよ。問題無い」
柚子「じゃあここに置いておくね……えっと、湯加減の方はどうかな?」
遊矢「ちょ、丁度いい湯加減だよ。うん、サイコー」
遊矢&柚子「…………」
4:
◆6lM76zkyEU
2014/12/29(月)20:48:00ID:fxZb4Cds
柚子「あの、遊矢……?」
遊矢「お、おう。今度は何?」
柚子「その、今更なんだけど今遊矢が入っているお風呂……昨日の残り湯なの」
遊矢「残り湯?」
柚子「本当は新し
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377578177/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/08/27(火)13:36:17.48ID:/c9g6W+0O
九十九家・夜……
遊馬(今日も小鳥のスカートは短くて最高だった)
遊馬(デュエルの時のガガガガールの乳揺れも良かった)
遊馬(おかげで俺の下半身は今もビンビングだ)
遊馬(だけどアストラルがいるせいでせっかくビンビングなこいつを抜く事ができねえ……つかここ最近気兼ねなく抜けた記憶もねえ)
遊馬「(ボソッ)あーたまには気楽におなんビングしたいぜ」
アストラル「遊馬、何をブツブツ言っている?」

4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/08/27(火)13:43:21.59ID:/c9g6W+0O
遊馬「別に何にも言ってねえよ」
アストラル「いや、私は聞いた。今君は確かに『おなんビング』という言葉を口にした」
アストラル「そもそも私と君は口を動かずとも心の中で会話もできるだろう?」
遊馬「そういやそんな設定あったな」
アストラル「それで『おなんビング』とは何なんだ? かっとビングとは違うのか?」
遊馬「そんなのオナニーの事に決まっていれだろ? まあある意味かっとビングだけどさ」
アストラル「そのオナニーとはどんな効果だ?何時発動する?」
遊馬「あーうるせえなー」
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/08/27(火)13:47:42.77ID:/c9g6W+0O
アストラル「遊馬、私は真面目に聞いているんだ」
アストラル「私はすべてのナンバーズを集めなければならない。その為にはこの世界の事をよく知る必要があるのだ」
アストラル「もしかしたらそのオナニーがナンバーズを集める手がかりになるかもしれない」
アストラル「遊馬、頼む。私の為にオナニーを教えてくれ」
遊馬「アストラル……」
遊馬「ったく、仕方ねえな」フッ
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
201
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379814738/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/09/22(日)10:52:18.11ID:3nqZwqxhO
ガレージにて……
遊星「ふん、ドロー!ふん、ドロー!!」シコシコッ
遊星(今日はジャックもクロウも居ない。こんなに気兼ねなくオナれるのは久しぶりだな)
遊星(さて、そろそろ限界か……溜まった想い今こそを解き放つぞ、俺のスターダスト!!)
遊星「うおおお!響け、俺のシューティング・ソニック!!」シコシコシコッ
ドピュ
遊星(しまった、ジャックのDホイールに……いや、元から白いし大丈夫か)
ガタッ
遊星「誰だ!?」
龍亞「……遊星」

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/09/22(日)10:53:46.61ID:3nqZwqxhO
遊星「龍亞、お前だったのか!なぜここに?」
龍亞「新しいコンボ見つけたから遊星に教えようと思って……それより遊星、何してんのさ?」
遊星「ナニと言われても……違うんだ、これはスターダストが勝手に!?」
遊星(まずい。このままではクールな俺のイメージが崩れてしまう……!)
龍亞「ねえ、パンツ脱いで何してたの?教えてよ、ねー!ねえーてば!」
遊星「くっ!」

4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/09/22(日)10:55:53.54ID:3nqZwqxhO
遊星(落ち着け。龍亞はまだ小学生……そして今の言動から考えてまだオナニーを知らない)
遊星(龍亞はこんな俺を尊敬してくれている。なら龍亞の理想を崩さずこの状況を乗り切るには……)
遊星「これは……ドローの練習だ」
龍亞「え?」
遊星「デュエリストは自らの分身を、切り札をカードに見立ててドローを行う」
遊星「やがてそのドローは光差す一筋の道となる」
遊星「一流のDホイーラーならみんなやってる事だ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416985775/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/11/26(水)16:09:35ID:jgxVlf5c
このSSは以下の話の続きとなっております。

遊矢&柚子(気まずい……)』

遊矢&柚子(緊張する……)』

遊矢&柚子(恥ずかしい……)』

真澄「見せつけてくれるじゃない」』

2:
◆6lM76zkyEU
2014/11/26(水)16:10:31ID:jgxVlf5c
遊勝塾……
遊矢「よう、アユ。お前も来たのか」
アユ「柚子お姉ちゃんと一緒じゃないの?」
遊矢「いや、見ての通り1人だけど?」
アユ「……もう振られちゃったの?」
遊矢「ちょっと待て。その結論は早合点し過ぎだ」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/11/26(水)16:11:51ID:jgxVlf5c
アユ「でも遊矢お兄ちゃんと柚子お姉ちゃんって付き合ってるんだよね?」
遊矢「付き合ってるからって四六時中一緒に居る訳じゃないさ。今日は柚子の奴、学校に用があって少し遅れて来るんだよ」
アユ「本当?」
遊矢「本当だからそんな深刻そうな顔をするな。アユの方こそフトシとタツヤは一緒じゃないのか?」
アユ「今日は2人とも用事があって来れないんだって。塾長にはもう連絡済みらしいよ」
遊矢「そうなのか。じゃあしばらくはアユと2人だけって事か」
アユ「あれ、他のみんなは?」
4:
◆6lM76zkyEU
2014/11/26(水)16:14:04ID:jgxVlf5c
遊矢「塾長は塾の備品買いにショッピングモールに行ってる。素良も駄菓子の買いだめがしたいからって一緒に行ったよ」
アユ「権現坂は来ないの?」
遊矢「確か今日は道場の手伝いがあるとか言ってたから多分来ないと思うぞ」
アユ「ふぅん……じゃあ今は遊矢お兄ちゃんと私の2人きりって事だね」
遊矢「だからさっきもそう言っただろ。てか何ニヤニヤしてたんだよ、お前?」
アユ「別
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1415440367/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/11/08(土)18:52:47ID:v1bYy/FY
真澄「――別に謝らなくても良いわよ。お仕事だもの、しょうがないじゃない」←電話中
真澄「大丈夫、こんな事で拗ねるほどもう子供じゃないわ……うん、分かってる」
真澄「じゃあ夕食はまた別の機会に……お仕事頑張ってね、パパ」
真澄「…………」ピィ
真澄「……はぁ」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/11/08(土)18:54:17ID:v1bYy/FY
LDS校内……
北斗&刃「…………」
真澄「…………」ムスゥー
北斗「(ヒソヒソ)なあ、何か真澄の奴、今日はやけに機嫌悪そうじゃないか?」
刃「(ヒソヒソ)お前もそう思うか? まあ普段からそこまで愛想が良い訳じゃねえけどさ」
真澄「……そこ、何を2人でこそこそ喋ってるの?」
北斗&刃「!?」ビクッ
真澄「こっちをチラチラ見ながら内緒話とか凄く感じが悪いんだけど?」ギロリ
3:
◆6lM76zkyEU
2014/11/08(土)18:55:29ID:v1bYy/FY
北斗「わ、悪い。そんなつもりは無かったんだけど」アタフタキオン
刃「その、何か機嫌悪そうだったから気になっちまってな」アタフタートル
真澄「……私の機嫌が良かろうが悪かろうがあんた達には関係無いでしょ?」
北斗「確かにそうだけど……って、何処に行くんだよ?」
真澄「帰るのよ、もう授業も終わってるしね。じゃあ」ノシ
刃「……さっさと行っちまったな」
北斗「……やっぱり何かあったのかな、真澄の奴?」
4:
◆6lM76zkyEU
2014/11/08(土)18:58:08ID:v1bYy/FY
…………
真澄(本当なら今日は普段家に居ないパパと久しぶりに夕食を一緒にするはずだった。だけど当日になってパパの急な仕事でドタキャン)
真澄(正直な話、何となく予想はしていた。パパの仕事が忙しいのは知っているし、こんな
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414846513/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/11/01(土)21:55:13ID:vAAfYjLo
遊矢「俺達の関係をみんなには内緒にしておく?」
柚子「ちょっと、声が大きいわよ。わざわざ復唱しなくても良いから」
遊矢「あ、悪い。でも急に何でそんな話を?」
柚子「考えたんだけどやっぱり私達が付き合い始めたって知ったら周りも驚くと思うの。幸いまだ誰にもばれないけど、もし知られたら色々気を使わせそうだし」
遊矢「成る程」
柚子「それと実際まだみんなには知らせるのは恥ずかしいというか、心の準備が出来ていないと言うか……」ゴニョゴニョ
遊矢「本音はそっちか。まあ恥ずかしいのは俺も同じだけど」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/11/01(土)21:56:08ID:vAAfYjLo
柚子「特にお父さんはもし知ったら例え相手が遊矢でも何か荒れそうなのよね」
遊矢「塾長、柚子の事を溺愛してるもんな」
柚子「まあ何時かはお父さんにも話さないといけないだろうけどね」
遊矢「その時は俺、スーツとか着て行った方が良いのかな?」
柚子「そこまで改まらなくても良いわよ。ていうかそれだと何かもっと重要な報告っぽくなるし……///」
遊矢「?」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/11/01(土)21:57:52ID:vAAfYjLo
柚子「と、とにかくこれから塾に行くけどくれぐれも他のみんなにはばれない様にしてよね」
遊矢「念を押さなくても分かってるって。それに今日の今日までばれなかっただし、普通にしていれば大丈夫だって」
柚子「そうだと良いんだけど……何か不安だな?」
◇◇◇◇
数分後・遊勝塾……
素良「――それで遊矢と柚子は何時から付き合ってんの?」アメチャンペロペロ
遊矢&柚子「」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414400036/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/10/27(月)17:53:56ID:vpSX8S.s
遊矢(先週、俺は柚子に自分の想いを告白した)
遊矢(柚子もそんな俺の気持ちに応えてくれて、俺達は世間一般で言う恋人同士という関係に一応なった)
遊矢(一応というのはお互いに妙に意識してしまい、今日まで恋人らしい事を何一つ出来ないでいたのだ)
遊矢(これでは駄目だという事で、俺達は今日の休日を利用して初めてのデートというものをする事になったのだが……)
遊矢「あー、やっぱり緊張する……心臓の動悸が早過ぎてやばい」ドキドキング

2:
◆6lM76zkyEU
2014/10/27(月)17:54:39ID:vpSX8S.s
舞網市駅前・ライコウ銅像前……
遊矢(落ち着け、俺の魂のペンデュラム。別に柚子と2人で遊びに出掛けるのはこれが初めてじゃないんだ)
遊矢(それに多分柚子も俺と同じくらい緊張しているだろうし……ここは男の俺がしっかりしないと)フンス
遊矢(しかし集合時間1時間前に来たのはさすがに早過ぎたな。とりあえず柚子が来るまで今日の予定を再確認して……)
「――あーもう、緊張するな?」
遊矢(あれ? 今の声ってまさか……?)
3:
◆6lM76zkyEU
2014/10/27(月)17:55:52ID:vpSX8S.s
柚子「落ち着くのよ、柚子。大丈夫、遊矢と出掛けるのはこれが初めてって訳じゃないんだから」
遊矢「…………」
柚子「でもただ出掛けるのも幼馴染と恋人同士じゃ色々と意味合いも変わるんじゃ……駄目、駄目! 余計な事考えちゃ!!」ブンブン
遊矢「あ、あの、柚子……?」
柚子「髪、乱れないわよね? 寝癖とか洒落にならないわよ」
遊矢「おーい、柚子さーん?」
4:
◆6lM76zkyEU
2014/10/27(月)17:56:42ID:vpSX8S.s
柚子「この服、似合うって言ってくれるかな? 遊矢はこういうの鈍いからあんまり期待出来
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1409829633/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/09/04(木)20:20:33ID:Ykq0SoTA
権現坂「うおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!」シコシコ
遊矢「みんな、見ろ! あれが権現坂の不動のオナニーだ!!」
タツヤ「すごい……権現坂、僕達を前にしても一向にオナニーを止めないよ!」
デブ「しびれるぅ?」
素良「まあ不動とか言いながら手は動きまくってるけどね」ペロペロ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414226721/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/10/25(土)17:45:21ID:6uSVxNho
舞網市・早朝……
遊矢「…………」トコトコ
柚子「…………」トコトコ
遊矢&柚子「……あ」
遊矢「……おはよう」
柚子「……おはよう」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/10/25(土)17:46:27ID:6uSVxNho
遊矢「今朝は早いんだな」
柚子「それを言うなら遊矢もでしょ?」
遊矢「正直会うとは思わなかった」
柚子「私も」
遊矢「……まあだから早く家を出たっていうのもあるんだけど
柚子「……私も」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/10/25(土)17:47:10ID:6uSVxNho
遊矢「とりあえず行くか、学校」
柚子「うん」
遊矢「…………」トコトコ
柚子「…………」トコトコ
遊矢「…………」トコトコ
柚子「…………」トコトコ
遊矢「……なあ」
柚子「……何?」
4:
◆6lM76zkyEU
2014/10/25(土)17:48:15ID:6uSVxNho
遊矢「何か喋ろよ」
柚子「何で?」
遊矢「黙ったままだと空気悪いからさ」
柚子「なら遊矢が喋りなさいよ」
遊矢「どうしてそうなるんだよ?」
柚子「どうしてもよ」
遊矢「じゃあ――」
5:
◆6lM76zkyEU
2014/10/25(土)17:48:46ID:6uSVxNho
遊矢「――昨日の事、だけどさ」
柚子「…………」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1404997265/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/07/10(木)22:01:05ID:ULJJqgrY
ショッピング・モールにて……
柚子「早くこっちに来なさいよ、遊矢。何をモタモタしてるのよ?」
遊矢「お前な、こっちはこれだけ荷物持たされてんだぜ? 少しは待ってくれよ……てかマジで買い過ぎだろ、これ」
柚子「仕方ないでしょ? それ全部塾で必要なものなんだから。ウチの塾の生徒なら文句言わず持ちなさい」
遊矢「だからって何で全部俺が持たなきゃならないんだよ。柚子も半分持ってくれよ」
柚子「あ、エレベーター来た。ほら遊矢、早く入るわよ」
遊矢「人の話を聞けって」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/07/10(木)22:02:29ID:ULJJqgrY
エレベーター内……
遊矢「ふぅ、買い物はこれで全部だよな?」
柚子「ええ、後はウチまで運ぶだけよ」
遊矢「そうか、まだこれを塾まで運ばなきゃならないのか……あー、気が重い」ウンザリチュア
柚子「嘆かない、嘆かない。後で余ったお金でアイス買ってあげるから」
遊矢「報酬がアイスだけっていくら何でも安過ぎ……」
……ガタン!!
遊矢&柚子「!?」ビックリボー
3:
◆6lM76zkyEU
2014/07/10(木)22:04:20ID:ULJJqgrY
柚子「え? 何これ? 急に静かになって照明も消えて……」アタフタキオン
遊矢「ていうか止まってないか、このエレベーター?」
柚子「こ、故障かしら? あ、電気点いた。でもさっきまでと何か違うわね」
遊矢「非常灯って奴だろ、点くのは初めて見るけど……それより柚子」
柚子「な、何?」
遊矢「そろそろ離れてくんないか? 正直胸が圧迫されて苦しいんだけど」
柚子「……あ///」
ハリセンパチーン!!
4:
◆6lM76zkyEU
2014/07/10(木)22:05:45ID:ULJJqgrY
遊矢「……なあ、理不尽って言葉
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1399873965/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/05/12(月)14:52:45ID:qd2FbARc
遊矢「どうしよう?」
権現坂「むしろどうしてそうなった?」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/05/12(月)14:53:49ID:qd2FbARc
遊矢「だってさ、このペンダントって細いだろ?」
権現坂「そうだな」
遊矢「先の部分もちょっと尖ってるじゃん?」
権現坂「うむ」
遊矢「だったらアナルに入れたくなるのがデュエリストってもんだろ?」
権現坂「その理屈はおかしいぞ、遊矢」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/05/12(月)14:55:51ID:qd2FbARc
遊矢「とにかく全然抜けないんだよ。おかげで首に掛ける紐の部分だけが露出して、見ての通り前も後ろもペンデュラム状態なんだ」
権現坂「いきなり目の前で下半身を露出した時は、どんな卑猥なエンターテインメントを始めるのかと思ったぞ」
遊矢「これじゃあモンスターに跨る時もゴワゴワするし、トイレも満足に出来ないぜ……」
権現坂「意外と力めば便と一緒に飛び出すのではないか? こう、『おめでとうございます』みたいな感じで」
遊矢「馬鹿、これは父さんから貰った大事なペンダントなんだぞ? 俺のアド便ス召喚で汚せるはずないだろ?」
権現坂「……ツッコまんぞ?」
遊矢「もう突っ込んでるから困ってんだよ」タメイキング

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1397894734/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/04/19(土)17:05:34ID:lhO870iU
ポッポタイム・ガレージ……
アキ「こんにちは。遊星、ちょっと物理の勉強教えて欲しいんだけど……」ガチャ
し?ん
アキ(静かね、誰も居ないのかしら? でも鍵も掛かってなかったし……あら?)
遊星「Zzz……」
アキ「遊星が……寝てる!?」ビックリボー

2:
◆6lM76zkyEU
2014/04/19(土)17:07:17ID:lhO870iU
アキ(って、そんなに驚く事でもないわよね。遊星だって人の子なんだから)
アキ(だけど遊星って何時も起きてるイメージがあるのよね。良く徹夜とかもしているみたいだし)
アキ(それにしても机に突っ伏して寝てるなんて……休むならベッドが、せめてソファーで寝れば良いのに)
アキ(とりあえず何か掛けるモノを……えっと、この上着で良いか)パサッ
3:
◆6lM76zkyEU
2014/04/19(土)17:08:54ID:lhO870iU
遊星「Zzz……」
アキ(良く寝てるわ。余程疲れていたのかしら?)
アキ(勉強教えて欲しかったけど、さすがに起こすのは可哀想ね……仕方ない、今日の所は一先ず帰る事にしましょう)
アキ「……それにしても遊星の寝顔ってこんななのね」チラッ
4:
◆6lM76zkyEU
2014/04/19(土)17:09:52ID:lhO870iU
遊星「Zzz……」
アキ「…………」ジィー
遊星「Zzz……」
アキ「…………」ジィー
遊星「Zzz……」
アキ「…………」ジィー
アキ「……はっ!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1395654691/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/03/24(月)18:51:31ID:h6IalzgI
遊星「…………」カタカタ
クロウ「この手でおっぱいを揉み揉みしたい」
遊星「…………」カタカタ
クロウ「揉みしだきたい」
遊星「……もしかして俺に話し掛けているのか?」
クロウ「当たり前だろ。この部屋には俺とお前の二人しか居ないんだから」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/03/24(月)18:52:45ID:h6IalzgI
遊星「しかし俺は男だから掴める様な胸なんてないぞ」
クロウ「馬鹿、何が悲しくてお前の胸を揉みたいなんて言うんだよ。俺が揉みたいのは女の子のおっぱいだ。ガールのバストだよ」
遊星「そうか、安心した。しかし急に何でそんな話を?」
クロウ「別に急なんかじゃねえよ。俺みたいな健全な男はな、常におっぱいの事を考えてるもんなんだ。あの魅惑の柔らかな二つのマシュマロンに興味ビンビングなのさ」
遊星「そうなのか」
3:
◆6lM76zkyEU
2014/03/24(月)18:54:12ID:h6IalzgI
クロウ「なあ、遊星。俺らってこの町を守る為に必死に戦って来たよな」
遊星「ああ、この町の今の平和は俺達の誇りだ」
クロウ「この町を守る……それは別に誰かに頼まれた訳でも無く、自分の意思で決めた事だ。それでもやっぱ少しくらいは誰かからの見返りがあっても良いと思うんだよ、俺は」
遊星「その見返りに胸が揉みたいと?」
4:
◆6lM76zkyEU
2014/03/24(月)18:55:59ID:h6IalzgI
クロウ「感謝の言葉は確かに貰ったぜ。その中には可愛い女の子も居た。だけど悲しいかな、その中の誰一人としておっぱいを揉ませてくれる奴は居なかった」
クロウ「結果、俺達が毎日掴んでいるのはおっぱいでは無くデッキから引かれるドローカードばかりだ。それはもしかしたらデュエリストとして正しい姿かもしれない」
クロウ「だけどさ、デュエリストだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1393472325/
1:
◆6lM76zkyEU
2014/02/27(木)12:38:45ID:aWteWFlk
遊矢(この春から俺が主人公を勤める遊戯王の新シリーズ、『アークファイブ』……)
遊矢(そこで行われる新たなデュエル、アクションデュエルでは質量を持つ立体映像が出てくるらしい)
遊矢(デュエルモンスターズには可愛い女の子のカードも多い……つまり質量を持って召喚されるという事はそんな女の子達の柔肌に触れる事が出来るって訳だ)
遊矢(そして触れられる=セックスができるという事!)
遊矢「決闘革命、始まったな!」

2:
◆6lM76zkyEU
2014/02/27(木)12:40:37ID:aWteWFlk
遊矢(こんな美味しいシリーズで主人公やれるなんて俺ってついてるな。てか先輩方は質量ないのに吹っ飛んだりしてたんだ)
遊矢(さて早速可愛い子ちゃんと融合→融合解除→融合→融合解除→融合→股間のバースト・ストリームの流れをやりたい所だが)
遊矢(いかんせん2月現在では俺のアイドルカードはまだ公開されていない。ていうか俺の設定すら不明の点も多い。
ぶっちゃけ一人称や口調もこれで合ってるからすらわからない)
遊矢(まあとりあえず今は童貞を捨てられれば良いんだ。先輩の言葉を借りればナニはビンビングだぜ俺、だからな)
3:
◆6lM76zkyEU
2014/02/27(木)12:42:02ID:aWteWFlk
遊矢(さてアイドルカードがまだない俺は今回の為に先輩達のアイドルカードをデッキから抜き取っておいた)
遊矢(まずは元祖デュエルモンスターズのゲロマブアイドル『ブラック・マジシャン・ガール』)
遊矢(立体映像なら合法だよね、ロリロリカードな『カード・エクスクルダー』)
遊矢(貧乳? それとも男の娘? この際どっちでも良いですよな『エフェクト・ヴェーラー』)
遊矢(女子高生だけど彼氏持ち? ならNTRしてやります的に『ガガガガール』)
遊矢「この中に俺の童貞を卒業させてくれるカードがあるのか
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1513431837/
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/16(土)22:43:57.013ID:zqsKkET00
AI『あれが伝説のデュエリストか。でも天下のプレイメイカー様なら勝てるんじゃねえか?』
遊作「…黙って居ろ」
遊作(ただ構えているだけなのに凄い威圧感だ…。だが俺は勝って見せる!ここで負けていたら奴らへの復讐など到底叶いはしない)
表遊戯(もう一つの僕、この人…)
遊戯(ああ、彼の目からは深い悲しみと憎しみを感じる。だが今はデュエルを楽しむぜ)
デュエル!
遊作「先行は貰う!」
手札↓5

2:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/16(土)22:44:29.234ID:abv6QxCD0
封印されし者の右腕
3:
海老天◆EBITEN.OiVVZ
2017/12/16(土)22:44:44.190ID:Ou0B+S1R0
封印されし者の右足
4:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/16(土)22:45:19.834ID:UcWmXDlzd
封印されし者の左腕
5:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/16(土)22:45:27.737ID:Zv+ecVO60
ラーの翼しんりゅう
6:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/16(土)22:47:18.512ID:0QhtoqSp0
エクゾディア

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1451643480/
1:
◆6lM76zkyEU2016/01/01(金)19:18:00ID:HNkXpDgs
・遊矢×柚子
・短い
・デュエルなんてない
2:
◆6lM76zkyEU2016/01/01(金)19:18:46ID:HNkXpDgs
正月・柊家……
遊矢「あー極楽、極楽。やっぱり冬はコタツだよな」
柚子「もう、ウチに来るなりコタツに潜り混んで。だらけ過ぎよ」
遊矢「良いじゃん、正月なんだし。こんな時くらいダラダラさせてくれよ」
柚子「お正月だからよ。よく言うでしょ? 『1年の計は元旦にあり』って」
遊矢「分かった分かった。来年の元日はちゃんとするからさ」
柚子「今から来年の話しないでよね、まったく」ハァ
3:
◆6lM76zkyEU2016/01/01(金)19:19:20ID:HNkXpDgs
遊矢「なあ、柚子」
柚子「何よ?」
遊矢「みかん剥いてー」
柚子「嫌よ。子供じゃないんだから自分で剥きなさい」
遊矢「面倒臭いだよ」
柚子「みかんの皮剥くのが面倒臭いって……じゃあ食べなきゃ良いでしょ?」
4:
◆6lM76zkyEU2016/01/01(金)19:20:14ID:HNkXpDgs
遊矢「剥きたくないけど食べたいの。特に柚子の素手で剥いたのを食べたい」
柚子「遊矢、それ若干気持ち悪い」
遊矢「気持ち悪い言うな。食べたいんだよ、みかん。みかんーみかんー」
柚子「あーもう、うるさいわね。剥けばいいんでしょ、剥けば」
遊矢「流石、柚子。何だかんだで俺に甘い」
柚子(この野郎)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆0JgzD8HHPw2018/09/30(日)23:20:50
ID:k4W3q5QI
-----------------良く分かる今期の遊戯王!-----------------
       .-‐ニ ̄ニ‐-.
     _/        ?_
 =二 ̄ /           ', ̄二=
     ̄7''―― ___ ――戈 ̄
――― 从,,i ;       `. 、.尢r、――――――
    /じ'jl|此ト=メ i;_,,爻,,i|刈ゞメ
      ``‐ヾ:;!Iヅ〃!iメト辷-"^
キャノン・ソルジャー「ぐああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」
トゥーン・キャノン・ソルジャー「うわああああぁぁぁぁぁ!!!」
201X年、OCG界は禁止指定に包まれた!
海は枯れ、地は裂け、全てのキャノン・ソルジャーが死滅したかのように見えた。
ある決闘者「ファイアウォール・ドラゴンの効果発動!メガキャノン・ソルジャーを手札から特殊召喚!!」
だが、キャノン・ソルジャーは死滅していなかった!


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。