SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
魔法少女まどか☆マギカ
タグ一覧の表示
<<
2019年12月
>>
34件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2013/12/04(水)07:40:55.75ID:jvU8kjvs0
・当SSは何番煎じ覚悟で“逃走中”をまどマギの登場人物(かずマギ・おりマギキャラを含む)ないし世界観に置き換えたものです。
・即興モノなため展開は常にカオス
・時折り安価
・叛逆要素有り
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1386110455

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/26(月)23:22:07.66ID:21wRHV8h0
病院のベッド
ほむら「また、まどかを救えなかった…」
ほむら「グジグジしても仕方ないわ、新しい作戦を考えなきゃ」
ほむら「でも、一体どうしたら?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆320fzHe6DI2017/08/17(木)21:52:25.52ID:JvI1n7kc0
マミさんとほむらが不毛な会話をするだけのSSです。
――――――
マミ宅
マミ「何か面白いことはないかしら・・・」
ほむら「あなたが誘ったんだからあなたが考えなさいよ・・・」
マミ「そんなこと言われてもなぁ・・・昨日雑貨屋さんで買ったそれ見せたかっただけだし・・・」
ほむら「私の立場にもなってちょうだい。巴さんが切羽詰った感じですぐに家に来て欲しいなんて言われてきてみたらそんなもの見せたかっただけだなんて・・・」
マミ「えぇー・・・結構良い買い物したと思うんだけどなぁ・・・良くない?このコーンスタンド?って言うのかしら?アイスクリーム立てるやつ。私すごい気に入ってるんだけどな・・・」
ほむら「・・・・」ホムン
マミ「ほら見て。上の大きいほうの輪っかにソウルジェム逆さまに刺して・・・下の輪っかにはグリーフシード差し込んで・・・。ほら!これで家にいる間はソウルジェムが濁っても自動的に浄化してくれるわ♪」マミマミ
ほむら「それもう4回くらい聞いたわ・・・」
参考画像

SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1502974345

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/12/18(水)23:56:17.17:
7RyTuIDO0
マミ「――とまあ、こんな具合だったわね」フフン
さやか「マミさんすげえ! 大人!」
まどか「あう……」////
ほむら「くだらないわね……」////
杏子「……」ムシャムシャ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/26(月)11:57:00.02ID:OyXizNZ60
ほむら「……私にこれを預かれというの?」
QB「きゅっぷい!」
マミ「二週間後に、全国模試があるのだけれど」
マミ「それが高校選考の最後の資料になりそうなのよ」
マミ「だから勉強に専念したくて……」
マミ「その間、キュゥベえのお世話もおろそかになりそうだから、誰かに預けたいの」
ほむら「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/26(月)00:05:34.15ID:SR6obvq20
まどか「ふー、今日も疲れたなぁ」
まどか「え? 今からスタバ? 奢ってくれるって?」
まどか「悪いよ、そんな」
まどか「だから悪いって……」
まどか「! あ?」
まどか「ひょっとして奢ってあげないとわたしがついて来ないと思ってる?」
まどか「ふふっ、安心して」
まどか「いいよ、行ってあげる。ただし、わたしの分はちゃんとわたしが払う! って条件でね」
まどか「それとも奢ってあげないと俺のメンツが……とか思ってる?」
まどか「まだ中学生なんだし、そんなの誰も気にしないよ」
まどか「あ、気分悪くした? ごめんごめん」
まどか「とりあえず行こっ。日が暮れちゃうよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)14:00:44.95ID:pM/LY6G4O
ほむら「…暁美ほむらです…よろしくお願いします…」
さやか「うわー!あの転校生って美人だね、まどか」
まどか「うん…!」
和子「そして、もう1人転校生がいます」
まどか「…」クスッ
ほむら「……えっ?」
和子「いらっしゃい」
ガラッ
ザワザワ
ほむら「!?」
「みんな…はじめまして!」
「私は―」
ほむら「まど…か…?」
「てぃひひ!」ニコッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/24(土)20:54:31.75ID:YPS+E5Hb0
さやか「と、いうわけで早速プレイしていきたいと思います」
杏子「おー」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2013/12/01(日)09:14:45.13ID:aS5UmMCUo
なぎさ「マミさんにはお世話になってますですが……」
なぎさ「最近なぎさ、ゆまちゃんのことが気になるのです」
なぎさ「同い年くらいなのにしっかり者で、魔女になるという残酷な真実を当然のように受け入れてなおかつショックを受けている年上の方々にそれをあっさり受け入れさせるくらい言葉に説得力があるのです」
なぎさ「え、マミなぎ?今時カップリングが一組だけ、それも後作から生まれた後付けカップリングだなんてこの先生きのこれないと思うのですよ。マミシャルなんてのも既存してる上ですし」
なぎさ「ゆまちゃんも、唯一と言っていい組み合わせの杏ゆまはそれ程流行っていませんですし」
なぎさ「なぎさは、ゆまなぎというロリコンビのカップリングを流行らせたかっただけなのです」
なぎさ「あ、ちなみにこの世界では神様とほむほむによる世界改変が起きてなくて……まぁシャルロッテたるものは最初から生まれなかったという設定なのです」
なぎさ「……というメタ視点での言い訳をサンドイッチのナチュラルチーズのように挟みつつ」
なぎさ「なぎさはゆまちゃんに惚れてしまったのです」
なぎさ「この気持ち、どうしてくれますか」
なぎさ「>>4さんに相談してみるのです」

続きを読む

[ 閉じる ]
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/23(金)20:24:42.85ID:TOgtSWgMQ
ほむら「・・・」
ほむら「(・・・何故?)」
ほむら「(どうして、時間を巻き戻す直前の記憶が無いの?)
ほむら「(盾の不具合・・・かしら)」
ほむら「・・・」
ほむら「(どの道、私がまどかを救えなかったのは明白ね)」
ほむら「(いいわ、今度こそ必ず・・・!)」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆uOSHePfhFc
2012/04/11(水)00:31:20.86
ID:WIF0E7mp0
杏子「なんだかんだ言って、もうあたしたちがこうして手を組むようになって結構経つよな」
マミ「そうね……」
ほむら「あなたたちの協力があったおかげで、誰ひとり欠けることなくこうして生きていられるのよね」
ほむら「改めて、ありがとう」
さやか「何?らしくないじゃんほむら」
ほむら「わたしだってたまにはこうして素直になることくらいあるわよ」
杏子「何度でも言うけどな、あたしたちはあたしたちなりに守りたいものを守ったってだけだ」
マミ「………」
まどか「……?マミさん、どうかしたんですか?」
マミ「え?」
まどか「なんだが元気がないような気がしたんですけど……」
1:
◆uOSHePfhFc
2012/04/11(水)00:28:20.63
ID:WIF0E7mp0
※このSSは以前VIPに建てられた『杏子「マミの卒業式」』『ほむら「帰省」』を加筆修正したものになります
話が分かれているとなんとなく嫌な為、こうしてスレ立てをさせてもらいました。
初見の方も読めるように、最初から投稿して行きます。
一応VIPで立てた時のURLを残しておきます
杏子「マミの卒業式」
ほむら「帰省」
https://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1334/13340/1334071700.html
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ2012/01/20(金)21:24:33.87ID:LmqAIHxj0
ジュワー
ほむら(キッチンペーパー敷いたお皿に乗っけてと)ヒョイヒョイ
ほむら(ご飯の蒸らしもそろそろね)
ほむら「いいわよー。みんな席に着いてー」パカッ
まさマ杏「はーい!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、?...-
2019/11/0401:34:29.
958
hZIxyNSd0
1/27
杏子
「さやかー! 簡単でたくさん金を稼げる仕事を見つけたんだ!」
さやか
「へー良かったじゃん。何やんの?」
杏子
「AVってのを撮るんだってさ」
さやか
「へぇ??ぇぇぇぇえええええええ!?」
元スレ
杏子「さやかと一緒にAVってのを撮ることになった」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1572798869/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/17(土)12:19:30.63ID:/lgNNBqr0
まどか「こんなの……悲しすぎるよ……」
マミ「導かれてしまったのよ。円環の理に」
杏子「ちくしょう……どうしてなんだよ……」
さやか「奇跡も魔法も、なかったんだね」
QB「君たちはいつもそうだね。全てを知ると決まって同じような反応をする」

『青い人魚姫と赤い槍の衛兵』<ジャジャーン
QB「つくり話だというのに、どうしてそこまで同情するんだい?」
ほむら「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/22(木)22:30:18.84ID:CwouzLIW0
ほむら「まどかのことは好きよ」サワサワ
ほむら「けれど、それは友達としての好き」ナデナデ
ほむら「恋愛感情も、劣情も抱いていないわ」モミモミ
さやか「私の乳揉みながらそんなこと言っても説得力無いと思うんだ」
ほむら「いいじゃない。なんか落ち着くのよ」モミモミ
まどか「形が崩れそう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/10/18(火)22:02:29.43ID:Ieskx3kk0
ほむら「……え?」
まどか「私助手席がいいなー」
仁美「それでは私は後ろにしますわ」
さやか「みんな乗った?」
ほむら「ちょ、ちょっと待って……」
さやか「何?転校生も乗りたいの?あいにく私は三人乗りなんだよねえ」
まどか「さやかちゃん、意地悪言わないの」
ほむら「いや、だから……」
ほむら「どうして美樹さやかが車に変身しているの?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆OkhT76nerU
:
2013/11/29(金)13:44:33.23ID:+jpsB5/90
なぎさ「なぎさはチーズになりたかっただけなのです」
マミ「なぎさちゃん、それがどんなに恐ろしい願いか分かっているの?」
なぎさ「間違えたのです。チーズが食べたかっただけなのです」
マミ「未来と過去と全ての時間で、あなたは永遠に食べられる事になるのよ」
なぎさ「言い間違えただけなのです」
マミ「そうなればきっと、あなたはあなたという個体を保てなくなる」
マミ「死ぬなんて生易しいものじゃない」
マミ「未来永劫に終わりなく美味しいチーズとして、この宇宙に固定されてしまうわ」
なぎさ「いやだから間違えただけなのです」
なぎさ「チーズになるのが間違いって言われたら、なぎさはそうだ、間違いだと何度でも言いはれます」
杏子「いいんじゃねえの?」
なぎさ「よくないのです」
杏子「やれるモンならやってみなよ」
なぎさ「いやだからやらないのです」
杏子「チーズになる理由、見つけたんだろ?逃げないって自分で決めたんだろ?なら仕方ないじゃん」
杏子「後はもうとことん突っ走るしかねえんだからさ」
なぎさ「勝手に決めないで欲しいのです。チーズになりたいんじゃなくてチーズを・・・」
マミ「じゃあ、預かっていたレシピを返さないとね」
マミ「はい、これ」
なぎさ「だからなぎさは」
マミ「あなたはチーズを食べるんじゃない。あなた自身がチーズになるのよ。私達の食べる全てのチーズに…」ガシッ
なぎさ「マミ、なぜ腕をつかむのです」ガシッ
なぎさ「杏子も。二人してどこへ連れていくです」
なぎさ「待つのです。いやホントに、ちょ待っ・・・・あああぁぁぁぁ・・・・・」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1385700273

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆EFQF/mxR0k2017/10/21(土)02:20:35.29ID:7vb1EMB4o
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1508520034
早乙女「では、転校生を紹介します。暁美さん?」
ほむら「暁美ほむらです」
パチパチ パチ
ほむら(もうこのやりとりも何度目になるのかしら)スタ スタ
早乙女「貴女の席は―――って、あら?」
ほむら(あそこの席に……まどか)チラッ
まどか「…………」
ほむら(今度こそ貴女を救い出――――ッ!?!?)ビクッ
まどか「――――」ニタァ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/22(木)20:42:37.23ID:Wz5pQY5p0
まどか「別荘?」
さやか「……ですか?」
マミ「ええ。最近遠い親戚の人たちとも連絡を取るようになったんだけど、その中に別荘を持ってる人がいてね。
   よければ友達を連れて遊びにおいでって。せっかくの春休みだし」
まどか「いいんですか!?」
さやか「是非とも行きたいですなぁ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/21(水)22:37:18.23ID:6wn6Smg7O
QB「すごいね、こんな充実した学生生活をおくることが可能になるのか……」パラッ
QB「80点以上キープか…それに付録や貯めたシールでもらえる景品があるのか」
QB「これならモチベーションの低下を減少できる可能性があるね」
QB「値段もそこまで高い訳でもないし…」
QB「よし、マミの為にも契約してみよう」
ピッポッパ
プルルルル…プルルルル…
QB「もしもし、バネッセと契約するから、進研ゼロを送ってよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)
:
2012/11/29(木)20:12:54.52ID:Hn5CneSX0
杏子「なんだよ、さやか。そんなに大声あげて。あたしが出ちゃ悪いかよ?」
マミ「でも佐倉さん、どうして突然?」
ほむら「気でも触れたの?」
まどか「ほむらちゃん、その言い方はひどいよ…」
杏子「…まあ、なんだ。ちょっと力試しをしたくなったわけ」
さやか「魔法少女の体力がオリンピック級かどうかってこと?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1354187574

続きを読む

[ 閉じる ]
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/04/03(日)13:17:35.52ID:F+1oBFCk0
「くうかい?」
「いただくわ」
袋からポッキーを一本抜き取り、口に運ぶ。
美味しい。好意は素直に受け取っておくものね、と暁美ほむらは思った。
「意外だな。あんた、そんなふうに笑えたんだ」
言われて、自分の口角が上がっていることに気づく。
佐倉杏子は頬をポリポリと掻いて、お菓子の包みを差し出してきた。
「美味かったんならもっと食えよ」
「……ありがとう」
違うのよ、そういう意味で笑ったのではないの――という言葉を呑み込んだ。
わたしはただ、『くうかい?』とあなたに問われて、
無愛想に『結構よ』と返した、あの時の自分を思い返していただけなのだから。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/16(金)21:46:45.58ID:kqtTvj4W0
        チュン チュン
まどか「……zzz……zzz」
目覚まし「PPPPPPPPPPP!!」
    タン!
QB「……ふぅ。ねぇまどか、朝だよ起きて」ユサユサ
まどか「ぅぅん……あと五分……」モゾモゾ
QB「その願いはキミの魂を差し出すに値するかい?」
まどか「…………ぅん」
QB「キミの願いはエントロピーを凌駕した!」
まどか「……zzz……zzz」
QB「…………」
    ?マドカー、ママヲオコシテクレナイカ?/
QB「ほらまどか、ママさんを起こさなきゃ」ユサユサ

続きを読む

[ 閉じる ]
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/30(水)17:54:35.10ID:1SVxlYO50
ほむら「また、まどかを救えなかった……。これで何週目かしら……」
ほむら「今、まどかは美樹さやかとCDショップに向かってるところね……ん?」
ほむら「あれは……巴マミ?」
マミ「首がぁ……首がぁぁああ!!?」
ほむら「……え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/26(火)21:18:49.71ID:TVa2Mdka0
ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」
まどか(あのネコミミと尻尾なんだろう……)
さやか「あのネコミミと尻尾なんだろう……」
仁美「え?そんなものみえませんわよ?」
まどか「え?私は見えるよ?」
仁美「でもそのようなものは……」
ほむら「……」
さやか「こっち見てない?」
まどか「うん……」
まどか(しっぽが立ってる……)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/20(火)19:08:19.81ID:UxTaqMjc0
ほむら「確実に滅ぶわね」
さやか「おい」
まどか「文明としてありえないレベルに落ちてそうだよね」
さやか「待って親友!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆EFQF/mxR0k2017/07/19(水)06:14:15.83ID:tvkqtE4eo
まどか「ねぇねぇ! ほむらちゃん! ほむらちゃん!」
ほむら「なに?」
まどか「実力テスト、全部0点だったぁ!」
ほむら「アホね」
まどか「キュゥべえにテレパシーで答え確認したのに! すごくない!?」
ほむら「キュゥべえに誰の答案をカンニングさせたの?」
まどか「マミさん」
ほむら「……すごく、アホね」
ほむら(学年が違うわよ、まどか)
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1500412455

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LXjZXGUZxjdx-
2019/12/0114:09:39.80
5yCClcPC0
1/69
いろは
「うっ・・・。灯花ちゃん、こんなにたくさんの装置を果てなしのミラーズに運び込んでいたんだね・・・」
灯花
「うん・・・。はーあ。この装置と魔法少女の魔法を使えば色んなことに応用ができるはずだったのににゃぁ・・・」
鶴乃
「色んなことってなあに?」
灯花
「例えば、高エネルギーの粒子同士を衝突させて超重力を生み出し、それで歪んだ時空連続体を、負の質量で安定させたワームホールで接続することができれば―――」
フェリシア
「あっ? ・・・あっ??? なに言ってんだわけわかんねー! 日本語しゃべれよ!」
灯花
「にゃーもうっ、なんでもないっ! 説明したところでどーせ凡人には理解できないよーだ!」
十七夜
「おい、なんだその態度は。貴様の持ち込んだこの装置のおかげで羽根の力が制御できずに宇宙が崩壊しそうだったんだぞ。ちゃんと反省しているのか? それともまた尻を叩かれたいか?」
灯花
「にゃ?! そ、それはもう何度も謝ったからいいでしょー! それより今は早く装置を運び出してよ。そこらをうろついている使い魔にもうすでにいくつか壊されちゃってるんだから、これ以上壊されたくないよ」
やちよ
「はいはい分かったわよ。でもこの量は一度に全部は運びだせないわよ。何回かに分けないと。私たちが離れる間誰かが残って守っていた方がいいわ」
いろは
「それじゃあ桜子ちゃん、ちょっとの間この装置を守っててくれる?」
桜子
「 |分かった| 」
      < |・・・・ いろはっ| 
いろは
「ん? 桜子ちゃん呼んだ?」
桜子
「 |? ううん、私は呼んでない| 」
いろは
「えっ、でも今桜子ちゃんの声がしたような・・・」
桜子?
「 |・・・いろはっ| 」
いろは
「・・・・えっ? あれ? ええっ?!」
桜子?
「 |やっと会えた・・・いろは・・・| 」
桜子
「 |うん? 私にそっくりな人がいる| 」
いろは
「桜子ちゃんが二人
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/20(火)09:15:44.85ID:raIp8Rsl0
マミ「ティロ・フィナーレ!!!」
ドギャアアアアアアアッ
使い魔「ぐああああああああああーーーーっ!!!!」
ほむら「 」

続きを読む

[ 閉じる ]
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)
:
2012/11/25(日)14:27:30.68ID:ASdVRyM80
さやか「あのさ、転校生。ちょっといいかな」
ほむら「美樹さん? えと、なんですか?」
さやか「いやー……なんていうか、ちょっとショッキングな話になるんだけどさ」
さやか「……これ、この掲示板みてよ」
ほむら「『ほむほむのエロ画像ください』……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。