SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
魔法少女まどか☆マギカSS
タグ一覧の表示
<<
2018年05月
>>
135件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507216293/
1:
◆do4ng07cO.2017/10/06(金)00:11:33.52ID:tj9OdlQ40
ほむら「誕生日パーティ?」
まどか「うん。明日、私の誕生日パーティやるんだ。それで、ほむらちゃんが迷惑じゃなければどうかなって」
ほむら「...ごめんなさい。明日は、少し用事があるの」
まどか「そっか...」
ほむら「後日改めてプレゼントを渡すから、楽しみにしておいて」
まどか「うん!」
さやか「......」

2:
◆do4ng07cO.2017/10/06(金)00:12:11.68ID:tj9OdlQ40
放課後 屋上
ほむら「わざわざ呼び出してなんの用かしら」
さやか「あんた、どうしてまどかの誘いを断ったの?ぶっちゃけ大概の用事なんていつもの掌パンッで片付けられるでしょ」
ほむら「...まあ、否定はしないわ」
さやか「あたしのことは気にかけなくていいよ。確かにあんたとは敵対してるけどさ、まどかの誕生日を祝うことにイチャモンなんてつけないって」
ほむら「別にあなたにどう思われようが知ったこっちゃないわ」
さやか「あんた相変わらずあたしにはキツイのな」
ほむら「強いていうなら、そうね。あなたが私に気を遣うことで、存分に楽しめないあなたを気遣ってまどかの気持ちが萎えてしまうのが嫌だから、といったところかしら」
ほむら「とにかく、私が求めるのはまどかが楽しく過ごせる誕生日。そのためには、あなたが思い切り愉しむことが必須だと思ったのよ」
さやか「またメンドクサイ考えをお持ちのことで...そこまで言うならもういいよ。だったらあんたの言う通り、あたしは目いっぱいまどかを祝って、あんたが嫉妬するくらい楽しんでやるからね!」
ほむら「そうしてくれると助かるわ」
3:
◆do4ng07cO.2017/10/06(金)00:12:39.92ID:tj9OdlQ40
教室
さやか「やっぱりどうしても無理だって」
まどか「そっか、残念だな...でも、無理強いするのはいけないよね」
まど
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526829346/
1:
◆EfAxsxd6xU2018/05/21(月)00:15:46.52ID:RdOFjQWr0
なんか勢いで書けたのでその勢いのまま投下する
時間軸は叛逆

2:
◆EfAxsxd6xU2018/05/21(月)00:16:26.17ID:RdOFjQWr0
さやか「・・・・・・ふぅ」
さやか「これであたし達の役目は終わりかな?」
なぎさ「鞄持ちは大変だったのです」
さやか「そうだねぇ」
さやか「ま、ほむらたちも無事だったみたいだし良かったよ」
まどか「・・・・・・」
3:
◆EfAxsxd6xU2018/05/21(月)00:17:15.36ID:RdOFjQWr0
なぎさ「なぎさは疲れたのでチーズをお腹いっぱい食べたいのです」
さやか「いや、まだ全部終わったわけじゃないでしょ」
さやか「あと1つ、やることが残ってるよ。ね、まど・・・・・か?」
まどか「・・・・・・・・・・・・」
さやか「おーい?どうしたー?」
4:
◆EfAxsxd6xU2018/05/21(月)00:17:56.43ID:RdOFjQWr0
まどか「・・・む・・・ほむ・・・ちゃ・・・・・・ほむ・・・ほ・・・・・・」
さやか「まどかー?」
なぎさ「なにやら様子がおかしいのです」
なぎさ「何かをぶつぶつ呟いているようなのですよ?」
さやか「んん?ここからじゃ聞こえないなぁ」
さやか「おーいまどかー、どうし」
まどか「ほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃん」ブツブツ
さやか「」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515958960/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/15(月)04:42:41.37ID:QQni39BO0
まどマギ初SSです、よろしくお願いします。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/15(月)04:43:33.39ID:QQni39BO0
?路地裏?
杏子「……」スタスタ
商人「そこのお嬢ちゃん。」ス――
杏子「ん? ……(誰だ、コイツ……)」
杏子「(――ってか、いつの間に近づいた?)」
商人「お嬢ちゃんにとっておきの商品がある。」ガサゴソ
杏子「は? 何だよ突然。」
商人「……騙されたと思って受け取ってほしい。」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/15(月)04:44:03.86ID:QQni39BO0
商人「あまり、時間がない。」スッ
杏子「へぇ、それで……そんなモン」
杏子「アタシが素直に受け取ると思う……!?」
商…「今、確かに……届け――」
……「」サアァァ……
コトン
杏子「……(周囲に魔女、使い魔の気配はない)」バッ
杏子「ちっ……縁起悪いもん拾っちまったな。」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/15(月)04:45:04.23ID:QQni39BO0
?某ホテル?
杏子「小包みか……中に何が入って」ガサガサ……
杏子「箱か、偉く丁寧に包装してあるな。」パカッ
杏子「おっ、クッキーじゃん……」パクッ
杏子「……」モグモグ
杏子「(って、アタシ何考えてんだ……)」
杏子「(こんな得体の知れないモノ……)」
杏子「――でも、うまいな……」パクパク
杏子「……」ゴクンッ
杏子「まぁ、いいか……寝よ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414676954/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/30(木)22:49:14ID:1b/QAV4o

ほむら「転校初日なのにうっかり寝坊してしまったわ」
ほむら「急いで走っているけど間に合わなそうだわ」
一方通行「ベクトル操作」
ほむら「あっ、急に加速したわ」
ほむら「イチローのレーザービームくらいの速度が出てるわ」
ほむら「これならHRに間に合いそうだわ」
ほむら「ありがとう一方通行さん」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/30(木)22:49:49ID:1b/QAV4o

和子「転校生を紹介しまーす」
ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」
ほむら(今度こそ守ってみせるわまどか)ギロリ
まどか(ふええ、なんか睨まれてるよぉ)
ほむら(しまった、気合いを入れすぎてまどかが怯えているわ)
一方通行「ベクトル操作」
ほむら(あっ、なんだか顔の筋肉がリラックスして自然な笑顔になったわ)
まどか(素敵な微笑みだなぁ、仲良くなれそうかも!)
ほむら(ありがとう一方通行さん)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/30(木)22:50:53ID:1b/QAV4o

ほむら「貴方はこの世界が尊いと思う?」
まどか「えっと……」
ほむら(しまったわ、緊張のあまり厨二病発言をしてしまったわ)
ほむら(まどかがどん引きしてるわ、どうしよう)
一方通行「ベクトル操作」
まどか「ふふっ、ほむらちゃんって面白い子なんだね」
ほむら(あ、まどかの副交感神経が優位になったわ)
ほむら(ありがとう一方通行さん)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521826873/
1:
◆IKI4.g/y4Q
2018/03/24(土)02:41:13.81ID:gb/UCQOR0
初投稿です。
読みづらかったり至らない点が多々あると思いますが、少しでもまどほむに癒されていただけたら幸いです。
以下本文

2:
◆IKI4.g/y4Q
2018/03/24(土)02:43:27.09ID:gb/UCQOR0
─放課後の教室─
まどか『うぅぅ…』
さやか『まどかー!早く帰ろーって!?どうしたのまどか!?』
まどか『さやかちゃぁぁん…』ウルウル
まどか『最近授業についていけないよぉ…』
さやか『そうなの?私は諦めて寝てるからよく分かんないけど』ドヤッ
まどか『さ、さやかちゃんはそれでいいの…?』
3:
◆IKI4.g/y4Q
2018/03/24(土)02:45:25.70ID:gb/UCQOR0
さやか『でもまどかって転校生にいつも勉強見てもらってなかったっけ?』
まどか『ほむらちゃんには苦手な数学を見てもらってるんだけど最近他の教科も危なくて…』
さやか『なら簡単じゃん!おーい!転校せーい!』
まどか『ちょっ!!さやかちゃんっ!!!』
ほむら『なにかようかしら?』
さやか『まどかが数学以外の勉強も教えてほしいってさ!』
ほむら『そうなの?まどか?』
4:
◆IKI4.g/y4Q
2018/03/24(土)02:47:03.30ID:gb/UCQOR0
まどか『あ…、いや…その……。』
ほむら(なにか言いづらそうね。ま、まさか保険体育を教えてほしいのかしら///それなら私はいつでも準備おっけーよまどか///)ホムンッ///
ほむら『私に遠慮はいらないわ!』ファサ
まどか『で、でも…やっぱりほむらちゃんに悪いし…』
さやか『ほーらっ!転校生も良いって言ってるんだからさ!』
まどか『うぅ…じゃあ……ほむらちゃん………』

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1401254410/
1:
◆MzoIYE0fBBRx
2014/05/28(水)14:20:10ID:oQRomOPEc
ほむら「……」
ほむら「美樹さやかと私ど」
まどか「さやかちゃん」
ほむら「美樹さ」
まどか「さやかちゃんだってば」

4:
◆MzoIYE0fBBRx
2014/05/28(水)14:22:49ID:oQRomOPEc
ほむら「つまりあなたはこう言いたいわけね?」
ほむら「『鹿目まどかは暁美ほむらより美樹さやかの方が好き』だと」
まどか「だからさっきからそう言ってるじゃない」
ほむら「それは違うわ!」
6:
◆MzoIYE0fBBRx
2014/05/28(水)14:26:04ID:oQRomOPEc
まどか「いきなり何を言い出すのかな?」
ほむら「あなたの発言は矛盾している!」
まどか「わたしたち矛盾するほど喋ってないなって思うんだけど」
ほむら「いえ、あなたは確かに昔こう言ったはず」
ほむら「『ほむらちゃんは最高の友達』だと!」
まどか「あ?……」
7:
◆MzoIYE0fBBRx
2014/05/28(水)14:29:37ID:oQRomOPEc
ほむら「既に私が『最高』の友達だという言質はとれているの」
ほむら「つまり『鹿目まどかは美樹さやかより暁美ほむらが好き』」
ほむら「Q.E.Dよ!」キリッ
まどか「必死だね。ほむらちゃん」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386049429/
2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/12/03(火)14:46:00.00ID:KeLLtWXr0
代行ありがとうございます。
新編の続きものです。
書き溜めはあります。
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/12/03(火)14:48:17.02ID:KeLLtWXr0
杏子「どうなってんだよおい…」
なぎさ「訳がわからないのです…」
見滝原の魔法少女達、巴マミ、美樹さやか、佐倉杏子、百江なぎさの四人は
活動の拠点である巴マミの自宅で途方に暮れていた。
マミ「魔獣を全て倒しても人々の呪いがこの世から消える訳ではない。
結局魔獣も人の世に厄災をもたらす数ある要因の一つに過ぎなかったという事でしょうね…」
さやか「そんな…」
あれから一ヶ月が経った。
見滝原の魔法少女達の手によって最後の魔獣が倒されてからである。
勿論彼女達にその自覚があった訳ではない。
いつもの様に四人で魔獣退治に出掛け、いつもの様に戦闘を終えた後、唐突にこう告げられたのだ。
QB『おめでとう。これで君達はこの地球上の全ての魔獣を倒しきったよ。』
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/12/03(火)14:50:10.90ID:KeLLtWXr0
しかし魔獣を滅ぼしたからといって何が変わったわけでもなく
四人は置いてけぼりを食らったような感覚に陥っているのである。
さやか「QBの奴はあの戦い以降さっぱり姿を見せなくなっちゃうし」
マミ「仕方ないわ。元々QBだって慈善事業で私達を助けていたんじゃない。あくまでも取引だったって事だったんでしょう…」
杏子「でもあんた達は本当の友達みたいに仲が良かったじゃないか、マミはそれでいいのかよ?」
マミ「勿論良くなんかないわ。正直裏切られた気がして凄くショックよ。でも、もうそんな事を言っても仕方がないじゃない」
なぎさ「マミ…」
10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします201
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1421033255/
1:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/12(月)12:27:35ID:IWu
ほむら「zzz……」ホムホム
まどか「うまい棒で?」
杏子「この前ついに3箱で足りなかったじゃん?」
さやか「そうだね。みんな上手くなってるし、穴は緩くなってるし…」
杏子「だからうまい棒でやるんだよ、コストも安く済むしな」
マミ「でもうまい棒なんて本当に挿さるのかしら…?」
まどか「女は度胸、何でも試してみるんだよウェヒヒ」
さやか「じゃあ一番手さやかちゃんいっきまーす」
ほむら「zzz……」ホムホム
前作↓の続き
杏子「ほむらのケツにポッキー刺す遊びしようぜwwwww」

2:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/12(月)12:31:09ID:IWu
さやか「よいしょっと、ここだね」グイ
ほむら「zzz……」ホムホム
さやか「うーん、入らないなぁ」
杏子「え、ほんとか? 10本も買ってきたのに」
マミ「ポッキーは外側が溶けて滑りがよくなるけど、うまい棒の場合上手くいかないみたいね……」
まどか「マミさん、ちょっと台所から物取って来ていいですか?」
マミ「…? ええ、構わないけど」
4:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/12(月)12:34:21ID:IWu
まどか「ウェヒヒ、サラダ油です」
さやか「なるほど、油で滑らせたら入るかも!」
マミ「流石、鹿目さんね! 名案だわ!」
杏子「まず塗りこむか。さやか、うまい棒の方もちゃんと濡らしとけよ」クチュクチュ
ほむら「…zzz……」ホムホム
さやか「りょーかい!」ぬちゃぬちゃ
7:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/12(月)12:37:59ID:IWu
さやか「よし入れるよ…」ドキドキ
ほむら「zzz……」ホムホム
さやか「しんちょーにしんちょー
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1420986622
1:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/11(日)23:30:22ID:Ukm
ほむら「zzz……」ホムホム
杏子「とりあえず2箱準備した」
マミ「佐倉さん準備がいいのね」
さやか「よーし、さやかちゃんから行っちゃいますよー!」
まどか「ウェヒヒ、慎重にね」
さやか「わかってるわかってる」ソ?

5:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/11(日)23:33:49ID:Ukm
ほむら「zzz……」ホムホム
さやか「……お、入った」ツプゥ
??? 1本目成功!! ///
まどか「ウェヒヒ、さやかちゃん上手!」
杏子「やるじゃん、次はマミの番だぞ」
マミ「オーケー、任せて」
ほむら「zzz……」ホムホム
6:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/11(日)23:37:23ID:Ukm
マミ「……」ツププッ
ほむら「zz…ッ…zzz…」ホムホム
まどか「マミさん、ちょっと深いです!」
マミ「…ッ、危なかったわ…。でも大丈夫みたい…」
??? 2本目成功!! ///
さやか「やったあ! 流石マミさん!」
マミ「こう言うの初めてだから緊張したわ」
まどか「ティヒッ次は私の番だね」
7:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/11(日)23:42:00ID:Ukm
まどか「ほむらちゃん、ごめんねっ」ツプ
ほむら「zzz……」ホムホム
さやか「おお、上手い…」
??? 3本目成功!! ///
まどか「ウェヒヒッ上手くできたよ!」
杏子「危なげなくクリアしたな、こりゃマミが負けるかなぁ」ニヤニヤ
マミ「つ、次はもっと慎重に行くから大丈夫よ!」
杏子「まあどうなるかねー、っとあたしの番か」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354789921/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/12/06(木)19:32:01.46ID:lRpW9G/S0
杏子「おーい、マミー。遊びに来たぞー……ん?」
マミ「あんっ……はぁ、はぁ、んっ……」
杏子「この声……おいマミ!ここに居るのか!?」
マミ「っ!?さ、ささ、佐倉さん!?」
杏子(あ、赤い顔に、乱れた息、そしてさっきの苦しそうな声……)
杏子「マミ、あんたまさか……!」
マミ「お、お願い佐倉さん!このことは誰にも言わないでぇ!」
杏子「だ、誰にも言うな、だって……?」
杏子(マミの病気、そんなに酷いのかよ!?)

7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/12/06(木)19:35:32.04ID:Pkr6gjnP0
さすがホームレス
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/12/06(木)19:35:44.58ID:a3ejVd820
かなり糖尿病進行してそうだからなあ
近いうちに失明するんじゃないのか
12:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/12/06(木)19:37:50.91ID:S+I7R5Uw0
治癒が得意なさやかに知らせるんだ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1414085372/
1:
名無しさん@おーぷん
2014/10/24(金)02:29:32ID:nTavUtPpJ
さやか「ロアナプラ?」
ほむら「友人が格安でチケットをくれたのよ」
杏子「聞いたことねぇなぁ」
ほむら「私も詳しいことは知らないわ、海に面しているということしかね」
さやか「ちなみにその友人ってどんな人?」
ほむら「やのつく人よ」
さやか「おいこら」

3:
名無しさん@おーぷん
2014/10/24(金)02:31:25ID:nTavUtPpJ
まどか「大丈夫だよ!五人で行けばきっと楽しいよ!」
マミ「でも魔法少女が5人同時に町を開けるというのは…」
ほむら「その点なら心配ないわ、黒いのと白いのが請け負ってくれたから」
マミ「信用できるの?」
ほむら「少なくとも白い方は人の命を軽々しく見るような人ではないは」
杏子「なんでもいいよ、行こうぜ」
さやか「にしても珍しいなぁ、ほむらが旅行に誘うなんて」
4:
名無しさん@おーぷん
2014/10/24(金)02:33:33ID:nTavUtPpJ
ほむら「…私と一緒に戦ってくれた、そのお礼よ」
まどか「ウェヒヒヒ、ほむらちゃん!ありがとう!」
さやか「…ま、ほむらなら安心か!」
マミ「…」
杏子「どした?マミ」
マミ「いえ、こういうのって初めてだから…緊張しちゃって…」
ほむら「…」
ほむら「…大丈夫よ、きっと楽しい旅行になるわ」ニコッ
6:
名無しさん@おーぷん
2014/10/24(金)02:35:52ID:nTavUtPpJ
ほむら「…やっと着いたわね」
さやか「うわぁ…なんか物騒そうなところだなぁ」
杏子「そうか?」
さやか「あー…アンタは、ね」
杏子「何だこら!」
マミ「そう言えばどこに泊まるの?」
まどか「イエローフラッグっていう飲み屋さんが寝床を貸してくれるらしいです!」
ほむら「…それじゃあ、行きましょうか」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1403846716/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/27(金)14:25:16ID:EY7sXgCM
杏子「な、なんで知ってんだよ、アタシに彼氏がいるって!?」
さやか「おおっ、ホントなんだ! ねえねえ、どんな人なの?」
杏子「さ、さやかには関係ないだろっ、教える必要ねーし!」
さやか「いいじゃん教えてよー、あたしたちトモダチじゃんか!」
さやか「教えてくれないとさやかちゃん泣いちゃうぞ!」
杏子「ちっ……わかったよ、今度連れてくるよ……」
…………。
杏子「そんなわけで紹介するよ。アタシのカレシの……」
ムック「ムックですぞ」
さやか「わー! スゴいイケメンじゃん!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/27(金)14:26:24ID:EY7sXgCM
さやか「毛深くて背も高くて、ワイルドで素敵!」
ムック「照れますぞ」
杏子「こ、こらさやか! あんまりムックを誉めるなよな!」
さやか「あはは、ヤキモチ妬いちゃって! 取ったりなんかしないから安心しなよー」
ムック「わたくしは杏子さん一筋ですから大丈夫ですぞ。浮気なんてしないですぞ」
杏子「む、ムックってば……もうっ///」
さやか「おーおー、惚気ちゃって!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/27(金)14:26:56ID:EY7sXgCM
さやか「ムックさんは歳はお幾つなんですか?」
ムック「5歳ですぞ」
さやか「ええっ!? あたしらより年下なんだ!」
さやか「意外だなー、こんなに背ぇ高いのに」
杏子「へへっ、ムックは185cmもあるからな!」
さやか「あはは、なんで杏子が威張るってんのよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1403695644/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/06/25(水)20:27:24ID:MxOtmwBk
___________
ほむら「え…ママ、明日いないの…?」
ほむ母「…ごめんね、ほむら」
ほむ母「明日はパパのお仕事のお手伝い、どうしてもいかなきゃならないのよ…」
ほむら「パパ、お仕事忙しいんだね」
ほむ母「そうなのよ、だからママも手伝いにいくの」
ほむ母「明日一日だけ家に誰もいないから、お留守番よろしくね」
ほむら「うん」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/06/25(水)20:28:25ID:MxOtmwBk
?翌日 朝?
…バタバタ
ほむら「朝ご飯食べてからいくの?」
ほむ母「うん、いい?今日一日、お家でお留守番しとくのよ?」
ほむら「わかってるよ」
ほむ母「もうすぐ6歳なんだから、一人でお留守番くらいできるわよね?」
ほむら「うんっ」
ほむ母「まだ病気だって、ちゃんと治ってないんだから、おとなしくしてるのよ」
ほむら「はあい」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/06/25(水)20:30:26ID:MxOtmwBk
ほむ母「じゃあね、夕方には帰ってくるから」
ほむら「うん、いってらっしゃい」
…ガチャ
バタン
ほむら「……」
ほむら「はあ…」
ほむら(…ママはいつも、おとなしくしてなさい、ばっかり)
ほむら(私だって、みんなと一緒にお外で遊びたいのに…)
ほむら(…お外にいこっかな)
ほむら(でも、ママに怒られちゃうかな…)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/06/25(水)20:32:41ID:MxOtmwBk
_________
ほむら「……」
キョロキョロ…
…ガチャ
バタン
ガチャ…
_______
スタスタ…
ほむら「……」
ほむら(こ、これで大丈夫だよね、お家の鍵は閉めたし…)続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1402585748/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/13(金)00:09:08ID:1JJXb9.o
ほむら「何でもしまっておけるし」
「時間も止められるのよね」
「もっと有効に使うことはできないかしら」
「まあ、魔法少女に変身しないと使えないのよね」
「…………」
「……あ!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/13(金)00:09:45ID:1JJXb9.o
ほむら「普通の服に着替えれば普通に出歩けるんじゃないかしら」
「でもこの盾が邪魔ね」
グイッグイッカチャッ
「取れるのね、これ」
「さて、着替えましょう」
シュルシュルパサッ
「ばっちりね。盾はバッグにでも入れておきましょう」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/13(金)00:10:24ID:1JJXb9.o
商店街
ほむら「休日ということもあって人が多いわね」
DQN「ヒャッハー! 金をよこせぇ!」
生徒「誰か助けて……」
ほむら「あら、ウチの生徒がDQNに絡まれているわ」
「みんな見て見ぬふりね。まあそうでしょうね」
「時間停止」カチッ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/13(金)00:11:06ID:1JJXb9.o
カチャカチャカチャカチャ
ほむら「DQNのベルトを外してやったわ」
「停止解除」カチッ
DQN「うわっ、ズボンが!」
生徒「逃げろー!」
DQN「待てっ……!」コケッ
ほむら「ふふっ。無様ね」ファサー
「さて、DQNを懲らしめた所で晩ご飯でも買っていこうかしら」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516943224/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/26(金)14:07:05.22ID:RyOZxf3s0
さやかのソウルジェム「ガッ」
さやか「いてっ」
まどか「ん?」
車「ブッブー」
まどか「あ」ガシャガシャッ パリン パキパキ
まどか「さやかちゃんのソウルジェムが粉々になっちゃった……」
まどか「ごめんね、さやかちゃん……」
まどか「……」
まどか「死んでる……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/26(金)14:13:49.68ID:RyOZxf3s0
まどか「え?ギャグ?」
まどか「ね?さやかちゃん?起きて……ねぇ、ねぇちょっと、嫌だよこんなの、さやかちゃん!!」
QB「さやかは砕け散って死んだよ。ソウルジェムが本体だし」
杏子「なんだって!?」
杏子「それじゃあさやかは、まどかに殺されたようなもんじゃねーか!!」
まどか「え?」
杏子「うわー!うわー!あたし知ーらないっと」ピューン
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/26(金)14:20:38.54ID:RyOZxf3s0
まどか「私……さやかちゃん殺しちゃったの……?」
まどか「どどど、どうしよう!このままじゃ私捕まっちゃうよ!」
QB「僕と契約してさやかを生き返らせたらいいんじゃないの」
まどか「え……でも、そんなことの為に契約するのは……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/26(金)14:27:02.29ID:RyOZxf3s0
ほむら「その通りよまどか。そんなことしなくても大丈夫」
まどか「ほむらちゃん!」
ほむら「殺人の立証は不可能だわ」
ほむら「普通の人は魔法少女のことを知らないんだから、原因不明の怪死でカタがつくはずよ」
まどか「ほ、本当!?よかった……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516867446/
1:
◆fgRR/uuXwXs1
2018/01/25(木)17:04:07.05ID:0aesGG6A0
いろは「え?」
やちよ「どうして私といろはは、OPムービーでルミナスしてないのかしら」
いろは「な、何ででしょうね」
やちよ「私たちもだいぶ仲良くなったのだし、ルミナスぐらいしても良いと思うんだけど」
いろは「えっと……」
やちよ「どう?」
いろは「あの……」
やちよ「どう?」
いろは「その……」
やちよ「どう?」
いろは「……」
やちよ「……」

2:
◆fgRR/uuXwXs1
2018/01/25(木)17:19:29.45ID:0aesGG6A0
いろは「……やっぱり、主題歌がルミナスじゃないからじゃないですか?」
やちよ「主題歌がルミナスじゃないから」
いろは「はい」
やちよ「……成る程、そうね」
やちよ「確かにそれは理由のひとつかもしれないわね」
いろは「ですよね」
やちよ「でもちょっと待って」
いろは「はい」
やちよ「ルミナスといっても、所詮はほっぺをスリスリするだけでしょう」
いろは「はい」
やちよ「それに、OPムービーの最後で私といろはは手を繋いでたわね」
いろは「はい」
3:
◆fgRR/uuXwXs1
2018/01/25(木)17:22:34.88ID:0aesGG6A0
やちよ「手を繋ぐぐらい仲が良いんだったら」
やちよ「例え主題歌がルミナスじゃなくても、ルミナスぐらいしても良いと思うんだけど」
いろは「えっと……」
やちよ「どう?」
いろは「あの……」
やちよ「どう?」
いろは「その……」
やちよ「どう?」
いろは「……」
やちよ「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hibari.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1300379334/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(中部地方)2011/03/18(金)01:28:54.35ID:iAr4bLyC0
QB「僕はオトモアイルーのキュウべぇ! 僕と一緒にモンスターを倒そう!」
まどか「私もなれるかな、モンスターハンターに」
QB「なれるさ! 君はきっと、誰にも負けないハンターになれるだろうね!」
まどか「そう……かな?」
QB「そうさ! だから僕と契約して……」
ほむら「その必要は無いわ」
まどか「ホムラチャン!」
ほむら「貴方が無理にハンターになる必要は無い」
まどか「でも、こんな私でもユクモ村の役に立てるなら、それはとってもうれしいなって」
ほむら「何度も言わせないで。貴方がハンターになる必要はない」
まどか「でも……」
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(中部地方)2011/03/18(金)01:32:57.38ID:iAr4bLyC0
マミ「それなら、体験してみるのはどう?」
まどか「マミさん!」
ほむら「巴マミ……」
マミ「幸いオトモアイルーは、ハンター二人に対して二匹まで連れていけるわ。
   私と暁美さんがクエストを受けて、キュウべぇと鹿目さんをアイルーとして登録すれば」
ほむら「まどかを猫扱いするつもり?」
QB「ネコじゃなくてオトモアイルーだってぐぇ」パァン
ほむら「貴方は黙ってなさい」
QB「いくらアイルーが不死身だからって、今のは酷いよ」
まどか「ほむらちゃん!」
ほむら「何?」
まどか「私、行きたい!」
ほむら「本気なの?」
まどか「うん! 格好いいほむらちゃんの姿が見てみたいの!」
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(中部地方)2011/03/18(金)01:35:46.65ID:iAr4bLyC0
ほむら「ごめんなさい、もう一度言ってもらえるかしら?」
まどか「私、行きたい!」
ほむら「その後」
まどか「格好いいほむらちゃんの姿が見てみた
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hibari.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1300371558/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(山形県)
2011/03/17(木)23:19:18.53ID:ZrAF/ufh0
マミ「まだ願いが決まらないの?鹿目さん」
まどか「はい…どうしようかな」
マミ「別に焦って決めることはないと思うけれど」
まどか「でも」
QB「まどか。そんなときは安価に頼るといいよ」
まどか「安価?」
QB「そうさ。安価で君の願い事を決めてもらえばいい」
まどか「でも」
QB「膳は急げだ。さぁ、安価で願い事を決めて僕と契約して魔法少女になろうよ!」
まどか「じゃ、じゃあ…
>>5さんお願いできますか?」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(中部地方)
2011/03/17(木)23:26:56.62ID:S2AMafIG0
QBを二度と復活できないようにこの世から消滅させる
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(山形県)
2011/03/17(木)23:32:17.58ID:ZrAF/ufh0
まどか「
>>5ってお願い事になっちゃうんだけど」
QB「バッ…それが、それが君の願いかい?鹿目まどか」
まどか「安価の通りなら」
QB「…君は本当にそれでいいの?そんなちっぽけな願いで」
まどか「だから安価の」
QB「後悔はしないのかい?それが本当に君の出した答えか?」
まどか「だから」
QB「安価なんてものに君の自由、願いが叶えられてしまう。それはとても愚かなことだよ」
まどか「だから…」
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(北海道)
2011/03/17(木)23:33:27.32ID:MCMUA8Wm0
往生際が悪いぞQB死ね
10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(北海道)
2011/03/17(木)23:36:19.30ID:FZmByUMZ0
流石QBさん汚い


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://raicho.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1299313486/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/03/05(土)17:24:46.99ID:Lj+kC7LT0
    |?      /|
    |??    //|
     : ,> `´ ̄`´ < ′
.     V      V  その願い、
.     i{ ●   ● }i  タダで叶えてあげようってんだから、
     八  、_,_,  八  僕っていいヤツだよね
.   / 个._ _.个',  
   _/ il ,'   '. li ',__

4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/03/05(土)17:31:43.58ID:Lj+kC7LT0
さやか「カーラスカラス、カラスが鳴いたら言い返そう?♪」
QB「……」
さやか「な?んて返そか迷うけど?♪」(おや? 変わった猫だなぁ)
QB「僕は猫じゃない」
さやか「うぉえっ!?」
QB「君は僕が見えるのかい?」
さやか「君は言葉が話せるのかい?」
QB「質問を質問で返すなって教わらなかった? イラっとするよ」
さやか「ゴメン……」
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/03/05(土)17:34:56.64ID:Lj+kC7LT0
QB「まあいいや、僕はキュゥべえ!」
さやか「ふぅん」
QB「君の名前は美樹さやかだね!」
さやか「えっ? ウッソ大当たり! グアマテラ旅行プレゼント!」
QB「それも嘘なんだろ!? 本当だとしてもお断りだけど!」
さやか「あ、ウン」
QB「もっと驚いてよ、さやかっ!」
さやか「う、うわぁー! す、すげぇ?!」
QB「ちょっと傷付くな、死ね」
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/03/05(土)17:37:14.14ID:Lj+kC7LT0
さやか「だってあんた、あたしの妄想が生み出した猫なんでしょ?」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505398318/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)23:11:59.12ID:0i9pKl1ao
ほむら「嘘ね」
QB「酷いなぁ、前に何があったかは知らないけど君は本当に僕の扱いが雑だよね」
ほむら「まどかが概念として固定されて沢山のものが良くも悪くも変わってしまったけど、あなただけは絶対に変わらない自信があるもの」
QB「ははぁ、また夢物語の話かい」
ほむら「夢物語じゃないって言ってるでしょ」ガシャッ
QB「怖い怖い」
ほむら「第1あなたに感情が芽生えたところで何があるっていうの?」
QB「聞きたいかい?」
ほむら「…」イラッ
QB「確かめたいなら君の家に僕を連れて言ってごらんよ」
ほむら「鬱陶しいわね…」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)23:16:04.76ID:0i9pKl1ao
QB「…」モグモグモグモグモグ…
ほむら「…で?」
QB「…ん?見てわからないかい?」
ほむら「何が変わったのかしら」
QB「ご飯が美味しい」
ほむら「…?……???」
QB「僕らにとって食事はエネルギー補給でしかなかった、もちろん味なんて二の次だ、そういう変換方法だったならガソリンでさえ摂取しただろうね」
ほむら「…」
QB「でもね、今はご飯が美味しい」
ほむら「…つまり…ご飯が美味しいから感情が芽生えたって言いたいの?」
QB「そうだよ、これは僕らにしてはとてつもなく大きな変化だ」
QB「味を感じるってことは好みを感じるってことだ、つまり僕に好き嫌いが出来たんだ」
ほむら「人参も食べなさいよ」
QB「好き嫌いが出来たんだ」
ほむら「杏子を呼ぶわ」
QB「君たちはいつもそうだね、他者が思い通りにならないとすぐに暴力による鎮圧を良しとする…うぅっ…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:https://raicho.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298071643/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/02/19(土)08:27:23.84ID:+154B+1l0
ほむら「別に少し気になることがあっただけよ」
まどか「それ…私のパンツ…なんだけどなんで頭に被ってr」
ほむら「あなたには関係ないわ!」
こんな感じでよろしくお願いします

7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/02/19(土)08:40:06.43ID:Kl9G9VLH0
まどか「ビクッ!!ほっほむらちゃんびっくりするよ・・・」
ほむら「ごめんなさい、少しイライラしていたの」
まどか「そうなんだ・・・」
ほむら「ところであなたは今何色の下着を着けているの?」
まどか「・・・えっ」
続きお願いします
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/02/19(土)08:46:59.56ID:+154B+1l0
まどか「普通の…白だけどそれがどうしたの?」
ほむら「そう やはりそうなのね」ハァハァ
まどか「ほ ほむらちゃん?鼻息荒いよ…」
ほむら「次は浴室を見させてもらうわ」
まどか「あ あの」
ほむら「こっちよね?」
まどか「え?うんそう…なんだけど」
続きお願いします

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1427200157/
1:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/03/24(火)21:29:17ID:yNI
杏子「いっぱい買ってきた」ドサッ
さやか「でもさ、杏子」
杏子「ん? なんだ?」
マミ「暁美さん起きてるわよ」
ほむら「ほむ!」

2:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/03/24(火)21:30:32ID:yNI
杏子「なんだそんな事か…」
まどか「でもこれじゃゲームにならないよね…?」
杏子「いいんだよ、それで」
さやか「どう言うことさ?」
杏子「こいつは協力プレイなんだ!」
一同「!!」
3:
名無しさん@おーぷん
2015/03/24(火)21:30:48ID:9EW
ほむ!じゃねーよカス

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1428239139/
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2015/04/05(日)22:05:39.383ID:/V1g1HOa0.net
さやか「なぎさは寝てんだから静かにね」
杏子「あ、悪い」
マミ「でもどうしてあの子が寝た後にやるの?」
まどか「確かにあんまり夜更かしさせるわけにはいかないけど……」
さやか「フフフ……マミさんもまどかもわかってないなぁ」
さやか「『夜』という部分には時間を表す以上に深い意味があるのだよ」
ほむら「……まさか」
さやか「そう……思春期の少女たちが夜に集まって話す内容といえば一つ……」
さやか「性的なアレである」

3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2015/04/05(日)22:06:54.006ID:OwNAvq2d0.net


4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2015/04/05(日)22:07:35.017ID:BJ2Cwbat0.net
青の癖にピンクを押し退けての色ボケである
6:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2015/04/05(日)22:09:06.259ID:/V1g1HOa0.net
マミ「せ、性的……って……」
さやか「まあぶっちゃけエロトークしようぜっていうだけです」
まどか「そ、そんな! 私たちまだ中学生だよさやかちゃん!///」
さやか「なーにをおっしゃるー? 中学生なら色々あんなことやらこんなことやら知り始めるお年頃でしょー?」
まどか「で、でも……///」
ほむら「美樹さやか。純粋なまどかに変なことを無理に聞き出すのはやめて」
まどか「ほむらちゃん……」
杏子「でも流れ的にほむらのオカズとか聞けるかもしれねーぜ?」
まどか「ごめんねほむらちゃん私暴露少女になる」
ほむら「!?」
8:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2015/04/05(日)22:12:36.894ID:/V1g1HOa0.net続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1389778725/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/15(水)18:38:45.26ID:w5+JWlQ8P
ミキハウス
チュンチュン
杏子「…ん……朝か…」ムニャムニャ
さやか「…スヤスヤサヤサヤ」
杏子「さやか…は、まだ寝てんのか」
杏子「おーい?さやか、起きろー」
杏子「起きねぇと遅刻する…
さやか「…きょう……こ…」
杏子「!」
杏子(…ああああたしの、夢…見てんのか…?)
杏子「///」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/15(水)18:40:19.86ID:w5+JWlQ8P
さやかin夢
さやか「今日こそは勝ってやるんだから!」
杏子「全然効かねぇな!特訓の成果はそんなもんかい?」
さやか「…くっ!……隙ありー!!」
ホワンホワン
さやか「…ん…すき……ムニャムニャ」
杏子「!」ガタガタガターン
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/15(水)18:45:20.64ID:w5+JWlQ8P
さやか「…ん??……もう朝ぁ?」
さやか「あ、杏子おはよ…って、どうしたの?」
杏子「///」
さやか「…顔赤いよ?…熱でもあるんじゃない?ちょっとおでこ貸して」
杏子「!いやいや!ないないない!大丈夫だから///」
さやか「…そう?って、やだもうこんな時間!…ほらっ杏子も着替える!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1388941156/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/06(月)01:59:16.00ID:MqXny0tf0
杏子「金は……、ねえよ……」
さやか「じゃあ、ダメじゃん」
杏子「……」
さやか「こっちだって慈善事業じゃないんだからさ」
杏子「……」
さやか「あんたも、少しは我慢しなよ」
杏子「無理だよ……」
杏子「なあ、さやか……」
さやか「お金、持ってきたらね」スタスタ
杏子「あ……」
杏子「……」
杏子「くそ……」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/06(月)02:01:16.18ID:MqXny0tf0
――――
――――――
杏子「金か……」
杏子「……つっても、あたしはまだ中学生なんだぜ?」
杏子「真っ当に金を稼ぐ方法なんて……」
杏子「仕方ねえ……」
杏子「また、あそこに行くか……」
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/06(月)02:02:43.56ID:l3SI9/qJ0
メイド喫茶か

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391866402/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/08(土)22:33:22.09ID:74uC1Oav0
杏子「で、どんなアニメか知らないか?ほむら」
ほむら「は?し、知るわけないでしょアニメのことなんか何で私に聞くのよ」
杏子「そうか…そうだよな…」
ほむら(本当は毎週欠かさず録画して見てるけど言えるわけないじゃない)
ほむら(いや別に理由とかないけどなんかこう私が見てるとシャレにならない感じがすると思うの自分で言うのもなんだけど)
ほむら「…な、何?そのアニメがどうかしたの?」
杏子「いや、この前夜中にのどが渇いてキッチンまで行ったらさ」
杏子「リビングのほうから音が聞こえてきたから覗いてみたんだ」
杏子「そしたらさやかが何かアニメ見てて、あたしが来たのに気付くと慌てて消したんだよ」
杏子「でも消える寸前タイトルがちらっと見えて…」
杏子「いやー、まぁそんなに気になるってわけじゃねぇけど、あんまり慌ててたからちょっと変に思っただけで」
杏子「知らねぇならいいや…」シュン

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/08(土)22:34:11.44ID:qUQMyH830
いやあレズっていいものですね
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/08(土)22:35:32.42ID:DhqHS5+x0
日常的にチューしちゃうのはちょっと…
9:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/08(土)22:38:48.01ID:74uC1Oav0
ほむら「……」
ほむら「はぁー…」
ほむら「あ、あぁー、えっと、桜…Trick…だっけ?」
ほむら「そういえば予約ミスかなんかで間違えて録画されてたような気がするわ」
杏子「えっ!?」
ほむら「いや、ち、違うかもしれない。でも多分それかも。わかんないけど」
ほむら「覚えてたら今度持ってきてあげるわよ」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1388464141/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/12/31(火)13:29:01.61ID:ZmVBK5Wf0
さやか「確かに…少し臭うかも」
マミ「暁美さん、毎日そのリボンよね…ちゃんと洗ってるの?」
ほむら「このリボンはまどかがくれたものよ。汚い訳ないじゃない」
さやか「まどか…って例のアレ?ってかさ、アンタがまどかって娘のことを想うのはいいけどさ…」
杏子「流石に洗わないのは汚いだろ」
マミ「そうね…なんだか酸っぱい臭いがして…」オエッ
ほむら「…」

4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/12/31(火)13:32:34.53ID:ZmVBK5Wf0
ほむら(このリボンは私とまどかの愛の証よ、運命の赤い糸よ)
ほむら(洗うなんて…そんなこと…)
杏子「でもさ、なんで酸っぱい臭いがするんだ?普通は何か生ゴミみたいな臭いじゃねーの?」
マミ「そうね…」
さやか「酸っぱい臭い…ハッ、アンタまさか!!」
ほむら「!」
さやか「…やってるの?ソレで?」フルフル
10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/12/31(火)13:38:23.46ID:ZmVBK5Wf0
ほむら「そそそそそそそそそそおおそおっっっっsんなことないわ」
杏子「めっちゃ動揺してるじゃねえか」
マミ「暁美さん、その、いいのよ。別におかしなことではないんだから…」
ほむら「なんあなんななな、何がかしら?私には何を言っているのか到底理解できないのだけりぇどっ」
ほむらカァァ
さやか「ほむら。大丈夫。もう分かってるから」
マミ「そうね…貴女だって年頃の女の子なんだから、隠す必要はないわ」
杏子「ところで、やってるって何をだ?皆分かってるのか?」
さやか「え?杏子分かってなかったの?」
11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/12/31(火)13:38:53.46ID:TDXe
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391839358/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/08(土)15:02:38.09ID:0LHZfLMJP
ミキハウス
チュンチュン
杏子「…ん…何だよまだ6時前じゃねーか」モゾモゾ
さやか「…」スヤスヤサヤサヤ
杏子「さやかの奴、パジャマがはだけてやがる…ったく、風邪引くぞー」ゴソゴソ
杏子「…!?」
杏子「どういう事だおい…」

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/08(土)15:03:46.27ID:0LHZfLMJP
杏子「そ…そんな…さやか」
杏子「…一体何が起こって……」ガタン
さやか「…ん」
杏子「!…お、おいさやか!」
さやか「ん?…?もう朝ぁ?」
杏子「…」ゴクリ
さやか「…って、何よまだ6時前じゃん…ふわぁ」
杏子「さ、さやか…何ともねえのか?」
さやか「…え?」
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/08(土)15:06:45.04ID:0LHZfLMJP
さやか「?…何ともって何が?」
杏子「い、いやだから…ハッ…さやかお前…」
さやか「?」
杏子「もしかして、パッド入れてたのか…?」
さやか「はぁ?」
さやか「…何あんた?喧嘩でも売ってるの?」
杏子「いや…だっておかしいじゃねえか…!」
杏子「…なんで…」
杏子「なんでそんな平になっちまったんだ!?」
さやか「…」ペターン

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390020413/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/18(土)13:46:53.77ID:RR0AByVE0
――街中
杏子「さやかにだって悪い話じゃないはずだ」
さやか「……」
杏子「労せず、お金が増えるんだ。こんなうまい話ないだろ?」
さやか「うーん……」
杏子「なんだい? なにを悩む必要があるのさ」

6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/18(土)13:50:07.66ID:RR0AByVE0
さやか「……いや、さすがに話がうますぎるよ」
さやか「あんた、どうやってお金を増やすつもりなわけ?」
杏子「それは、企業秘密って奴だね」
さやか「あんた、いつから企業に属したのよ……」
杏子「うっさいなー。いいからお金!」
杏子「黙ってあたしに投資しろ!」
さやか「……痛みが必要か?」
杏子「……すみません」
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/18(土)13:52:39.91ID:RR0AByVE0
さやか「まったく……、私だって普通の中学生なんだからね」
さやか「そんなお金ないよ」
杏子「お年玉! 貰ってるはずだろ!」
さやか「まあ、そうだけどさー」
さやか「帰ってこないリスクを考えると……」
杏子「……よし」
さやか「……?」
杏子「もし返せなかったら、今度GS1コやるよ」
さやか「……マジ?」
杏子「大マジさ」
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/18(土)13:54:19.79ID:JD+4sfHx0
まどまぎのすろで増やせよ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1417708770/
1:
名無しさん@おーぷん
2014/12/05(金)00:59:30ID:44i
男「ああ?なんだと?」
マミ「も、もう私には手持ちが…」
男「…はぁ?お前いつから俺に指図できるようになったの?」
マミ「…!」ビクッ
男「…あー、だれたわ」
男「ちょっとこっち来いよ」
マミ「…い、や…やめて…」
男「こいっつってんだよ!」ガシッ!
マミ「いやぁぁぁああ!!」
QB「…」

3:
名無しさん@おーぷん
2014/12/05(金)01:01:07ID:44i
マミ「…」
QB「こっぴどくやられたね、マミ」
マミ「Q…B…」
QB「君はどうして魔法の力を使わないのかな?」
マミ「…ふふ…そんな、事したら、可愛い後輩たちに合わせる顔が無いでしょ…」
QB「…そうかい」
マミ「…ほんと、なんであんな人好きになっちゃったんだろ…」
QB「…」
5:
名無しさん@おーぷん
2014/12/05(金)01:04:09ID:44i
QB「君は今でもあの男が好きなのかい?」
マミ「…まさか、そんなわけ無いでしょ」
QB「だったら別れればいいじゃないか」
マミ「…」
QB「どうしたんだい?」
マミ「怖いのよ」
QB「怖い?魔女と戦う君がかい?」
マミ「…もう、あの人に逆らえなくなってる」
マミ「…魔女よりも、呪いよりも、あの人が恐ろしい…」ガタガタ
ガチャッ
男「…てめぇまた独り言つぶやいてたのか」
マミ「あ、あ…」ガタガタ
7:
名無しさん@おーぷん
2014/12/05(金)01:06:07ID:44i
男「てめぇがっ!そんなんだからっ!」ガスッ!ガスッ!
男「俺までっ!変な目で見られんだろっ!」ガスッ!ガスッ!
マミ「や、やべてぇ!!」
男「あぁ!?巴の癖にいっちょ前に口聞いてんじゃねぇよ!」ボゴッ!
マミ「うぶっ…!」
男「ぺっ」<
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。