SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
魔王・勇者
タグ一覧の表示
<<
2018年11月
>>
18件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、?...-
2018/10/2722:12:11.
073
95LYrkJoM
1/16
勇者
「魔王討伐だぞ?王国中の兵士引き連れて大遠征するぐらいやれよ」
勇者
「まぁ…隣国が攻めてくる可能性があるだろうし兵士全員とは言わないよ?それでもせめて一個大隊ぐらい寄越せよ」
勇者
「というかそもそも隣国と共同出兵しろよ、魔界に1番近い町から出撃させれば、危険極まりない無駄な旅しなくて済むじゃん」
元スレ
勇者「冷静に考えたら王様やる気無さすぎだろ」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1540645931/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2018/11/0600:12:11.
336
Wrfanp3O0
1/26

「勇者よ、どうか魔王を倒してきてくれ」
勇者
「いや、魔王退治なんてできるわけないんで」

「なにを申す。勇者の血をひくおぬしなら絶対できる!」
勇者
「いや、血をひいてるだけで何かを成せるようなら誰も苦労しないんで」

「とにかく、国からも優秀な者をサポートとしてつける。なんとかやり遂げてくれ」
勇者
「いや、やるっていってないんで」

「いいから行け!」
兵士
「こちらへどうぞ」グイッ
勇者
「いや、こんなの人権蹂躙だと思うんですが……」ズルズル…
元スレ
否定から入る勇者「いや、魔王退治なんてできるわけないんで」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1541430731/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2018/10/2003:25:56.
147
YPG2rUA10
1/44
女側近
「魔王様、勇者がトラップを次々と破壊しもうこちらまで迫ってきています」
女魔王
「ふふふ、さすが我がみとめた男だ。側近よ、例の部屋の準備を」
側近
「かしこまりました」スタスタ
魔王
「ふふん。楽しみだ」
元スレ
勇者「魔王と性行為を行わなければ出られない部屋だと!?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1539973556/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆bU0CD2Homw-
2018/09/2700:12:17
k9e
1/17
魔王に負けて女装させられた勇者がふたなり魔王に弄ばれるSSです
基本魔王×勇者で進行します
次レスから投稿開始します
元スレ
【R-18】勇者「ふたなり魔王の性奴隷になってしまった」
http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1537974737/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
あはっぴぃにゅうにゃぁ2011!-
2011/01/0420:07:29.33
jMNlR.AO
1/198
ガチャ
魔王
「来たな、勇者…」
勇者
「待たせたようだなぁ、魔王…」
魔王
「ふ、お前は楽そうな人間だな」
勇者
「ああ、せいぜい楽しませてやるよ、魔王」
魔王
「では」
勇者
「いざ」
魔王

勇者
「決着をつけてやる!!」
元スレ
魔王「だって××だろ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1294925871/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ASVkrOnfZ6-
2018/10/1621:29:33.19
xJOW7nmj0
1/58

「全ていらないと申すか!」
勇者
「あぁ、全てな!」

「何故だッ!?」
元スレ
神「お前に>>2と>>3と>>4の力をやろう」勇者「全部いらん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539692972/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2018/07/0420:43:55.
239
FGhRUW+X0
1/23
魔王お前ら
「オマエのような若者が来るのを待っていた」
魔王お前ら
「もし俺の味方になれば世界の半分をオマエにやろう どうだ?」
勇者♀
「ふざけるな!貴様は私が討つ!今日!ここで!」
魔王お前ら
「そうか…残念だ…」
魔王お前ら
「ならば>>4だ」
元スレ
魔王お前ら「よくぞここまで辿り着いた勇者よ」勇者♀「貴様の悪行もここまでだ!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1530704635/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆bU0CD2Homw2018/09/27(木)00:12:17
ID:k9e
魔王に負けて女装させられた勇者がふたなり魔王に弄ばれるSSです
基本魔王×勇者で進行します
次レスから投稿開始します

2:
◆bU0CD2Homw2018/09/27(木)00:14:18
ID:k9e
「来たか、勇者よ」
 俺は魔王の呼びたてに応じ、薄暗い魔王の部屋を訪れていた。
 ベッドの上でくつろいだ様子を見せる妖艶な女――魔王が俺に手招きをする。
 身長は恐らく2メートル以上。
 薄手のネグリジェ越しに、豊満な肢体が透けて見える。
 だが、それ以上に俺の目を惹くモノが、ネグリジェを下から突き上げてその存在を主張していた。
 ――半陰陽。
 生まれつき生命体として完成していると言われる魔王の肉体は、人間の男女両方の性質を兼ね備えるのだという。
 今日もまた、あの凶悪な代物を受け入れなくてはならないと思うと、屈辱と怒りで頭がかっとなる。
 魔王は紫色の唇を薄く歪めた。
「やはりお前は可愛らしいな。無骨な武具など纏っているよりも、よほど似合っているぞ」
 俺はぎゅっとスカートの裾を握りしめ、ギリと奥歯を鳴らす。
 今の俺は、太ももが露わになるような丈の、白いドレス姿。
 半年にも及ぶ軟禁生活のために、髪は背中まで伸びている。
 刃物の類は一切持たされていないので、自分で切ることはできない。
 上背も男にしては低いので、はたから見ればほとんど女にしか見えないことだろう。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2018/10/0701:11:39.
127
UL28i4p/0
1/16
フィールド
勇者
「……え?」
女魔法使い
「………」
勇者
「え、いやいや…あ、あれ?おま…」
女魔法使い
「ん?」
勇者
「今、リレミトしたよね?なにしてんの?お前」
女魔法使い
「…え?ああ、いやあ…、あぶないところでしたね」
勇者
「…え?何が?」
元スレ
勇者「この扉の向こうに大魔王が…!よしいくぞ!魔王覚悟!!」女魔法使い「リレミト」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1538842299/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2018/10/0800:45:58.
766
sytYBT420
1/17
姫騎士
「?」
???
「こう見えても私、魔王なのよ?」
姫騎士
「なっ…気でも触れましたか…?魔王を自称するなどと……」
女魔王
「ふふっ…魔王が地下牢に拘束されているなんて信じられない?でもその腰の聖剣さんは、私を斬りたくてうずうずしているわよ?」
姫騎士
「この反応は…伝承によれば魔王と相対した時に現れるもの……」
女魔王
「宰相さんがね、戦争反対派をみーんな殺しちゃったの。私以外はね。まぁ戦争が終わったら跡継ぎを生ませた後で殺すつもりなのでしょうけど」
女魔王
「まぁ…私がここで死ねば、王家の血にあの下衆の血が混ざる事もなくなるわ。ざまあみろ、ね」
姫騎士
「私は…魔王に捕らわれた物を救うために…よもや今日、この手で魔王を討ち滅ぼすつもりでここへ来ました」
姫騎士
「私には…どうしても貴女を滅ぼそうとは思えない……。叶うことなら、貴女を救いたいと思っています」
女魔王
「あら、見上げた志ね。でも無駄よ、この拘束は全力の私でも解けないもの」
姫騎士
「そんな事なら>>4をすればいいのです」
元スレ
姫騎士「こんな所にも捕虜が……。安心してください、私は王国軍です」???「まぁ…やっぱりそう見えるわよね……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1538927158/
続きを読む

[ 閉じる ]
10/08 (12:07) SSなび
1:
◆CItYBDS.l22018/08/16(木)21:17:50.07ID:LSRgoQNG0
勇者「だんなぁ?、国王の旦那?。お呼びだと聞いて参りやした?」
国王「おいおい、国王を旦那呼ばわりする奴があるかい。本当にお前は仕方ない奴だね」
勇者「へぇ、どうもアッシは学がねぇもんですから。それじゃあ、何とお呼びすればよろしいんで?」
国王「そうだねえ。かたっ苦しく呼ぶなら『国王陛下』だが」
国王「まあ儂とお前の間柄だ、『王様』とでも呼んでくれりゃあいいよ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1534421869

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆gxgeF/n1Es-
2018/02/2321:30:01
/KJk.wzA
1/25
勇者
(女)「魔王覚悟しろ!!」
私は勢いよく扉を開け部屋に入る。後に戦士(男)、武道家(男)、賢者(男)が続いて入った。
魔王
(ショタ)「あ、いらっしゃーい。まってたよ~」
王座に座っていたのは幼い男の子。何で?魔王は確かもっと大きかったはず・・・
勇者
「ま、魔王はどこだ!?」
魔王
「僕が魔王だよ~。よろしくね、勇者のお姉ちゃん」
戦士
「何言ってるんだ、魔王はもっと大人のはずだ!」
魔王
「多分お兄ちゃんが言ってるのは僕のパパだよ~。残念な事にパパは1週間前死んじゃったんだ・・・」
魔王が・・・死んだ・・・
武道家
「な、それじゃあ・・・魔王の脅威はなくなった・・・もう無益な争いはしなくても・・・」
魔王
「何言ってるの。僕がパパの後を継いで新しい魔王になったんだよ。だからお兄ちゃんたちは僕と戦うの!」
賢者
「そんな、こんな幼い子供と戦うなど・・・」
賢者の言うとおり、こんな子供と戦うなんて・・・
元スレ
ショタ魔王と女勇者
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1519389001/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
10/05 (21:00) SSなび
1:
◆CItYBDS.l22018/03/30(金)08:13:37.76ID:hRbC8D020
行政官「それでは、面接を始めたいと思います。えーっと、その前に一点だけ」
行政官「どうして3人でいらっしゃったんですか?」
若い男「ほら言われた」
戦士「いや、しかしだなあ」
魔法使い「心配だし・・・」
行政官「お答えいただけますか?」
若い男「すみません。彼らは、志同じく共に魔王を打倒すと約束した俺の仲間達です」
大司教「仲間たち?」
若い男「ええ。体の大きい男が戦士。ちっこいのが魔法使いです」
剣聖「この面接を受けるのは、貴様で間違いないのだな?」
若い男「はい」
剣聖「・・・何故、一人で来なかった」
若い男「すみません。俺のことが心配だって言って付いてきちゃったんです」
行政官「ついてきちゃったって」
戦士「こいつが勇者に選ばれるかどうか、この目で結末を確かめにきた」
魔法使い「ごめんなさい、彼は、その・・・なんというか、ちょっと頼りないので・・・心配で」
行政官「ま、まあ、いいでしょう」
行政官「それでは、始めましょうか」
行政官「貴方が新たな勇者たるかどうかを見極める面接を」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1522365217

続きを読む

[ 閉じる ]
10/04 (23:00) SSなび
関連スレ:
【ss】勇者「あれ?俺必要なくね?」
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2017/10/25(水)19:16:34.622ID:xP16UXjD0
勇者「やっぱり俺っている?」
魔法使い「またそのはなし?」
勇者「なんといかさー、敵の幹部倒した当たりから自信無くしちゃってさ‥‥」
賢者「ご活躍されてましたよ‥‥たしか‥‥」
戦士「あっはっは!またか!」
盗賊「オイラなんか馬車まちっすよ!一体なにが起こったっすか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
10/03 (19:00) SSなび
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2017/10/30(月)02:50:10.291ID:tYWyqh7H0
あるときに俺は気づいた、勇者とは勇者そのものが呪いなんだ。勇者とその他の生物の決定的違いがなにかわかるか?
勇者の剣が持てる?ステータスが高い?神に選ばれたもの?神の加護?
だがあえて言うなら決定的な違いは死なない、それだけだ。
勇者は絶命した瞬間に最後に立ち寄った教会に復活する。神の慈愛により生き返らせられる‥‥
それは体が完全に消滅してしまおうがなんだろうが神が『死んだ』と判断すれば行き返るんだ。
そりゃあ初めは飛ぶように喜んだね、ただの農民だった俺が勇者に選ばれたなんて誰が想像してた?俺は特別な存在なんだって産まれて初めて生きてるって実感が沸いたよ。
勇者に選ばれた俺は何をしていいかもわからないまま村をでた、だけどせいせいしたね
あんな何も無いド田舎の村で、普通に農民をしてたら一生外の世界には出れなかっただろうし、村のみんなは歓迎してくれたけど実際俺はみんなを見下してた、一生畑でも耕してろよ。俺はなんたって勇者様なんだからよ

続きを読む

[ 閉じる ]
10/03 (10:21) SSなび
1:
◆CItYBDS.l22018/01/10(水)20:19:27.70ID:2xp0zG6O0
大魔王「・・・困ったなあ」
側近「おや大魔王の旦那、ただでさえシワだらけな顔をしてるのに眉間にまでしわが寄っちゃってますぜ」
側近「略して、むちゃくちゃしわくちゃだ」
大魔王「略せてないよ。まったく腹の立つ男だねえ・・・まあいいや、こいつを見ておくれよ」
側近「ん、こりゃあ何ですか?」
大魔王「ここ10年の世界崩壊数の推移表だよ、見てみろ右肩下がりもいいところだ」
側近「ん、右肩がどうしやした、凝ってんですか?」
大魔王「違うよ、ほら儂の右肩を見てみろ。右肩を下げると、どんどん下がっていく様子がわかるだろう?」
大魔王「グラフも同じさ右に行くほど下がっていく、こういうのを右肩下がりっていうんだよ」
側近「あっしから見ると、大魔王の方は右に行くほど上がって行ってやすけどねえ・・・」
大魔王「・・・」
大魔王「そりゃ、向かい合ってるからだよ・・・アンタ、妙なところに気が付くねえ」
側近「旦那ぁ、右ってのは箸を持つ方の手で・・・」
大魔王「わかっているよ!うるさいねえ」
大魔王「そんなことより、このままじゃあ平和な世界に溢れちまう。どうしたもんかねえ」
側近「そりゃあ旦那、早急に原因を解明して改善に取り組まにゃあならんですぜ」
大魔王「そういうのはアンタの仕事だと思うんだけど・・・」
大魔王「そういやお前さん、現世のことには詳しかったねえ。私はずっと冥界に引きこもっているから、不慣れなんだ」
大魔王「最近の地上の様子を教えちゃあくれないか」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1515583167

続きを読む

[ 閉じる ]
10/02 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/23(水)11:15:19.83ID:QWNEZZkpO
ゾーマ「バラモスさんが倒されてさあエンディング!ってところでの登場ですからね…」
バラモス「おかげで僕の影薄い薄い(笑)」
ゾーマ「(笑)」

続きを読む

[ 閉じる ]
10/02 (10:05) SSなび
1:
◆CItYBDS.l22018/03/30(金)23:30:07.44ID:hRbC8D020
吟遊詩人「もう!勘弁してくれよ!」
勇者「急にどうしました?」
戦士「何か問題でもあったか」
僧侶「特に思い当たりませんが」
吟遊詩人「そういうところだよ!お前ら、ちょっと真面目過ぎやしないか!?」
勇者「真面目・・・だめですか?」
吟遊詩人「よくないね!全然よくない!」
吟遊詩人「ぶっちゃけ、俺としては商売あがったりなわけよ」
戦士「話が見えんな」
僧侶「そうですね、具体的にお願いしたいところです」
吟遊詩人「俺はアンタらの仲間になるにあたってさ、一つだけ条件を出したよな!覚えているか?」
勇者「それは、もちろん」
勇者「私たちの魔王討伐の旅を、詩にして遍く世界に届けたい。でしたよね?」
吟遊詩人「覚えてんじゃねえか!」
勇者「・・・何か問題が?」
吟遊詩人「この道中、イベントが!ハプニングが!一切、起きてねえんだよ!」
僧侶「そうですっけ?」
戦士「そんなことは無いと思うぞ、立ち寄った村で魔物退治を請け負ったり。盗賊団と対峙したりしてるじゃないか」
勇者「恙なく世界を救っていますよね」
吟遊詩人「それが問題なんだよ!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1522420206

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。