SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
Fate
タグ一覧の表示
<<
2017年05月
>>
120件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/12(日)03:56:38.38
ID:ra5dNiV00
?召喚陣?
ジャンヌ「裁定者、ジャンヌ・ダルクです」
ジャンヌ「宜しくお願いしますね、マスター」
ぐだ子「お、おおー!ジャンヌ・ダルクさん!有名な英霊さんが来てくれた!」
マシュ「やりましたね!先輩!」
エリザ「はー、これで少しは楽になるかしらね」
ぐだ子「うう、今まではマシュとエリザに頼りきりだったからねえ」
ジャンヌ「あの……」
ぐだ子「あ、ごめんね、私はマスターのぐだ子!宜しくね!」
ぐだ子「これから一緒に、頑張っていこうね!」
ジャンヌ「はい、精一杯お力になりますね」
そう言って、聖女様は笑ってくれた。
凄く頼りになりそうな笑顔だった。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493519308/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/30(日)11:28:28.59ID:L7KbZuu2o
―――その男は、正義の味方なんかじゃない。
きっと心まで、冷たく錆びた鉄のように、黒く濁っているのだろう。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/30(日)11:30:23.57ID:L7KbZuu2o
わたしは今、何の因果か人理を守るだなんていう大層な御題目を掲げた、
並行世界……あるいは別世界と呼ばれるどこかに存在している。
この世界で、カルデアと呼ばれているここ。
人理継続保障機関……人類の未来を守るために働いている人たちと共に、
世界を股にかけた戦いを繰り広げていた。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/30(日)11:32:20.91ID:L7KbZuu2o
実の所、わたしにとってこの世界がどうなろうと知ったこっちゃないし、
戦う意味もあんまりないのだけれど、少し前に借りを作ってしまっただけあって、
真面目半分不真面目半分ぐらいの割合で協力を約束……いいえ、契約を交わしている。
なので、わたしがここにいる限り、
出来る範囲でならここの人たちのために戦ってあげるつもりだ。
まあ、それでも他の奴らより、遥かにわたしの方が役に立つだろうけど。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/30(日)11:33:19.57ID:L7KbZuu2o
しかし、実の所ここに居続けることを決めたのは、
他にも気にかかることがあったからだ。
直感と言っても良い。
何故だか、ここに、どうしても来なければいけない気がしたのだ。
気が付いたら、体が動いていた。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/30(月)20:02:29.48
ID:fPwOL1MY0
・マリオとfateのSSです
・書留少しありです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1427713349

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/30(月)20:03:02.67
ID:fPwOL1MY0
?遠坂邸?
凛「サーヴァントの召喚には成功したけど…」
凛「セイバーじゃなくてセイヴァーって」
???「ホホウ」
凛「特に優れたパラメーターってわけでもないし。まさに平均的な感じね」
???「ホウ…」
凛「まあいいわ。そこは宝具とか作戦でカバーすればなんとかなるはずよ」
凛「それで、あなた真名はなにかしら?」
???「イツミーマーリオ!」
凛「マリオ…か。聞いたことないわね」
凛「あなたの得意な技とかないかしら?」
マリオ「ヤッ!」ピョンピョン
凛「得意技がジャンプって…地味ね」
マリオ「オ〜ゥノ〜…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/30(月)20:03:29.46
ID:fPwOL1MY0
凛「じゃあ次は宝具ね」
マリオ「ヤッフー」バラバラバラバラ
凛「なっ!?ちょっとなによこの数!?しかもそんなスーツケースから!」
スーツケース:マリオ&ルイージRPG2
凛「変なブロックに色んなキノコ?ときぐるみにバッジが100以上。しかもにんじんまであるんだけど…」
凛「他にもまだまだあるわね…。これ全部あなたの…」
マリオ「ヤッ!」ウンウン
凛「ちなみにこのにんじんって食べて使うのかしら?」
マリオ「ヤッ!」モグモグ
マリオ「ッフー!」ビョン
凛「ウサミミが生えた!?」
バニーマリオ:ス
続きを読む

[ 閉じる ]
04/30 (17:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493519308/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/30(日)11:28:28.59ID:
L7KbZuu2o
―――その男は、正義の味方なんかじゃない。
きっと心まで、冷たく錆びた鉄のように、黒く濁っているのだろう。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453114159/
1:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/18(月)19:49:19.73ID:JeYK7a7B0
清姫「いったい何のことです?」
エリザ「なんとなく、なんだけど……清姫は正しく正面を見ていない気がするっていうか、なんていうか」
清姫「なんですかそれ? 何かわたくしのことをおちょくろうとしてますか?」
エリザ「そ、そんなつもりはないわよ! ただ―――」
エリザ「(戦いの前だとか後だとかに、ううん、戦ってる最中も、清姫は妙に遠くを見てる気がするのよね……)」
清姫「ただ?」
エリザ「えーっと、その……た、黄昏れてるような時間が多いなーって思ったのよ。そんな感じよ」
清姫「わたくしが嘘は嫌いだということ、貴女も十分にご存知のはずですけど……?」スチャ
エリザ「待った、待った待ったタイムぅ! そうすぐに構えないでよ、もう!」
清姫「だったら本心を仰ってください。嘘をつかず、言いたいことを、真っ直ぐに。何かわたくしに失礼なことを言おうとしているのだとしても、嘘を吐かれるよりは百倍マシです」


2:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします
2016/01/18(月)19:49:58.01ID:JeYK7a7B0
エリザ「……って言われても、最初に言ったことと殆ど変わらないんだけど」
清姫「ということは、どこを見ているのか、という話ですか?」
エリザ「ええ、そうなるわ。戦ってる最中、どこか遠くを見てるような気がするのよ、清姫って」
清姫「……わたくしは前を向いているつもりですけれど、俯いたりそっぽ向いたりしていましたかしら?」
エリザ「そういうわけじゃないんだけど……言い方が難しいわね」
清姫「何か言い淀むことが?」
エリザ「そうじゃなくって、ちゃんと伝えたいんだけど……言葉が見つかんないっていうか……」
清姫「……もう、煮え切りませんわね! わたくし、このあと戦いに出る予定がありますから、失礼します。旦那様が和風サーヴァントのパーティを作ると仰
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322021497/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/23(水)13:11:37.52ID:HU8Hqe+y0
切嗣(しかも凄い美人だ……これ、喋ったら……浮気になるな)
セイバー「マスター?」
切嗣「……」
セイバー「マスター、あの……」
切嗣(僕には子どももいる。浮気なんてできるわけない。心苦しいが、ここは無視するほかないな)
セイバー「もしもし?」
切嗣「……」
アイリ「切嗣?」
切嗣「召喚は成功だ。行こうか、アイリ」
アイリ「えと……」
セイバー「……どうしてなにも言ってくれない?」
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/23(水)13:15:11.54ID:HU8Hqe+y0
切嗣「今後の方針だが……」
セイバー「マスター!!」
切嗣(どうしよう……なんか辛そうな顔してる……やはり、無視されていることを気にしてるんだろうな)
セイバー「マスター!!何か不満があるなら言ってください!!」
切嗣(不満なんてあるわけない。こんなにも可憐な少女だ。僕だって妻がいなければ、心行くまで話している)
セイバー「……」
アイリ「切嗣、セイバーとも話を――」
切嗣「アイリはセイバーと共に行動してくれ。僕は別行動をとる」
セイバー「マスター!!いい加減に―――」
切嗣「では」
セイバー「マスター!!」
切嗣(ごめん、セイバー)
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/23(水)13:17:29.65ID:3INlN0Vu0
セイバー萌えかと思ったら切嗣萌えだった

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/05/24(日)00:45:19.94ID:pffgdszh0
・FateとNARUTOのSSです
・Fateはアニメの知識が基本なんで、魔力の事とか細かい事はわかってなかったりします
・NARUTOの設定もうろ覚えです
・書きだめそんなにないです
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1432395909

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (12:00) えすえすゲー速報
 
fate
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/12(木)21:17:50.31
ID:Nx3MX0La0
凛「――天秤の守り手よ―――」!
凛「(間違いなく最強のカードを引き当てた・・・)」
ドカーン
凛「!?」
凛「う、上?」
引用元:

ランス「聖杯戦争だと?」


Fate/GrandOrderカルデアエース
postedwith
amazletat17.04.27
KADOKAWA(2017-04-15)
売り上げランキング:10
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485356697/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/26(木)00:04:57.65ID:/bQX4xEK0
?召喚の間?
マシュ「先輩!無事、石が溜まりました!」
ぐだ子「よーし、これだけの石を捧げれば来てくれるよね」
ぐだ子「念願の山の翁!」
呪腕「いよいよですな、主殿」
ぐだ子「ありゃ、ハサン達どうしたの」
百貌「初代様がいらっしゃるのだろう、我らが出迎えない訳にも行くまい」
静謐「緊張、します」
マシュ「これは……普段は先輩にべったりな静謐のハサンさんまで真面目に待機されています」
ぐだ子「それだけ山の翁が特別なサーヴァントだって事だよね……」
ぐだ子「尚の事、頑張らないと!」フンフン
マシュ「先輩もやる気ですね……!」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/26(木)00:11:43.78ID:/bQX4xEK0
ぐだ子「よし!じゃあ石を魔方陣に捧げるよ!」
マシュ「了解です!」
ポイポイポイポイ
マシュ「あれ……先輩、この石」
ぐだ子「ん?どうしたの?」
マシュ「何か黒いのがくっついてるんですけど……」
ぐだ子「ホントだ、何だろ……どっかで土でもついたのかな」ゴシゴシ
マシュ「とれませんね……」
ぐだ子「んー、けど魔翌力反応は問題ないみたいだし、使えるんじゃないかな」
マシャ「はい!じゃあこれも入れますね!」
ポイポイポポイ
ぐだ子「召喚の触媒としてはこれで十分かな……」
ぐだ子「じゃあ、開始するよ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/26(木)00:23:16.19ID:/bQX4xEK0
その石に付着した土は、とある存在の亡骸だった。
圧倒的な暴威で古代ウルクを壊滅直前まで追い込んだ存在の亡骸。
その破片だった。
魔力を失いただの土塊と化していたそれは、偶
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482940724/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/29(木)00:58:45.05ID:P3KBPdGc0
終章のネタバレがあるような気がします
捏造全開の5年後ぐらい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/29(木)00:59:29.15ID:P3KBPdGc0
エルメロイ教室は魔術教会時計塔、現代魔術科に所属する教室である。
教え子を放置する魔術師も少なくない中で、実践的で分かりやすい授業に、様々な講師を招くことで若い魔術師達からの支持を受けている。
多くのOBが『色位』『典位』などの階位を持ち、在学生にも階位持ちがいる……ことで有名、らしい。
溜息一つ、深呼吸二つ。
……物々しい扉を前に、緊張していることが自分自身よく分かる。
しかし、このまま突っ立っている訳にもいかず。
覚悟を決め、ノックしようと拳を上げた、その時。
開いた。
扉が。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/29(木)01:00:03.59ID:P3KBPdGc0
「……何をしているんだ?君は」
「あはは……何だか、緊張っていうか……ここ、全体的に圧迫感がありません?」
「やれやれ……数多の死闘を潜り抜けた男の言うことか。それぐらい、早く慣れて貰わなくては困る」
「すみません」
「謝ることも無いが……まぁ、いい。よく来たな、私の教室へ。名乗りは必要か?現代魔術論科学部長、ロード・エルメロイ二世だ。物分かりと筋の良い生徒しか歓迎はしないのだが……君の素質については、今更言うこともあるまい。君を歓迎しよう――」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/29(木)01:00:47.59ID:P3KBPdGc0
「……新しい所長が来る、ですか?」
私ことマシュ・キリエライトがカルデアの所長代理となって、早数年……いえ、もう10年近く。
世界が
続きを読む

[ 閉じる ]
04/27 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/08/15(月)19:36:24.36ID:xb27mSHnO
第6章のネタバレを含みます
それもまたローマ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロマン「ぐだ子ちゃん……今回も危険な旅になると思うけど」
ダ・ヴィンチちゃん「なに、私がいるから心配いらないさ」
マシュ「頑張りましょう、先輩!」
ぐだ子「うん、頼りにしてるよ」
ロマン「それじゃ、気を付けて」
…………………………………………………………
【神聖円卓領域キャメロットAD.1273】
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1471257384

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/07(土)10:16:27.22ID:uLgoUIRwo
ぐだ男「おいどうしたアルジュナ!!」
アルジュナ「かっ……!っ……!!」
ぐだ男「アルジュナ!?」
カルナ「もしかしてだが、このお餅がのどに詰まったのではないか」
ぐだ男「そうなのか?アルジュナ」
アルジュナ「っ………!!っ……!!」コクコク
ぐだ男「おい!そうなのかアルジュナ?モチが喉に詰まったのか!?」
アルジュナ「んくっ……かっ……!!」コクコク
ぐだ男「くそっ、全然わかんねえ!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1483751786

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322810498/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/12/02(金)16:21:38.81ID:ubzVd6t80
セイバー「何か動きが?」
アイリ「わからないわ……今、切嗣が探ってくれてるみたいだけど」
セイバー「ふむ……気になりますね」
アイリ「ええ……不安だわ……」
―遠坂邸―
時臣「いけません!!王よ!!」
アーチャー「何をいう。我の行いに口を挟めるだけの器量など、貴様は持ち合わせてはおらんだろう?」
時臣「それだけは!!どうかそれだけは!!!」
アーチャー「くどいぞ!!我の審美眼を疑うか?」
時臣「ですから……!!」
アーチャー「ふふ……さあ、この宝具がどんな力を持っているのか、見極めてやろう!!」
時臣「あぁぁ……!!!」
「―――だれですか?私の眠りを妨げるのはぁ……?」

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/12/02(金)16:25:52.94ID:ubzVd6t80
アーチャー「む……?」
「おんやぁ?」
アーチャー「貴様……口が利けるのか?」
「ええ、ええ。そういう貴方はどこの馬の骨で?」
アーチャー「ほう……玩具の癖に言ってくれるな。一度は許すが二度目は無いぞ?」
「あら、怖いですねえ。で、どこの路傍の草ですか?」
アーチャー「……」
時臣「王!!今すぐそのステッキを捨ててください!!この世の害を形にしたようなものです!!」
「酷っ!?」
アーチャー「お前……名はあるのか?最後の言葉として聞いてやらんことも無い」
「ありますよ?でも、あまりに高尚なんで、あなたのような傲慢な人に教えるのは気が引けますねえ」
アーチャー「……」
時臣「うおぉ……?!」
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/12/02(金)16:30:42.60ID:ubzVd6t80
アーチャー「貴様……我が誰が知らんようだな?」
「貴方も私を知らないでしょう?」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449946491/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/13(日)03:54:52.10ID:321/qF3o0
エリザ「ええ、そうよね。このアタシが悩みがあるって言ってるんだから聞くに決まっているわよね! 極東のド田舎リスにも少しは学があるようじゃない!」
清姫「……今のは溜息であって応答ではありません。だいたい、独り言のような言葉に反応してあげただけでも感謝して欲しいくらいです」
清姫「貴方みたいなドラバカ娘の話を聞く人なんてどこにいるんでしょう。ああ、哀れね、本当に哀れ。……それでは、わたくしは旦那様の元に行くのでこれで」
エリザ「え、何? 聞いてくれないの? 話、進まないんだけど! ねぇ、本当に聞いてくれないの!?」
清姫「聞く義理も人情も貴方に対しては持ちあわせていませんから」スタスタ
エリザ「ちょ、待ちなさいよ! 待ってよ! 待ってくださいお願いします! 話を聞いて下さいぃぃぃっ!!」
清姫「…………ああもう! うるさくって堪らない! 焼き殺しますわよ!」
エリザ「止まった! ということは聞いてくれるってことでいいのよね! もう、素直じゃないわねこのリスは!」
清姫「……逃げられませんわね、これは。…………ああもう、くだらない話だったら本当に焼き殺しますから覚悟しなさい。どうせくだらない話に決まってますけど」
エリザ「大丈夫よ、貴方にも関係があるんだから。それじゃあ早速話すことにするわ。アタシの悩み、それは……」
清姫「……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/13(日)03:55:40.85ID:321/qF3o0
エリザ「アタシ、いま自分のキャラクターについて悩んでるのよ。そう……アイドルとしての、自分自身に! ……どうかしら?」
清姫「ああそうですかそれはタイヘン頑張ってくださいね。それでは」
エリザ「ちょーっと待った! まだ序盤! プロローグの最初の一文みたいなものなんだから!」
清姫「じゃあさっさと話を進めなさいよっ! 何
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆eF6RWyN1IM
2017/03/13(月)19:19:17.17
ID:qc5762+60
エクステラのネタバレになるかも
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1489400356

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆eF6RWyN1IM
2017/03/13(月)19:20:04.31
ID:qc5762+60
ぐだ男「え?」
マシュ「どうしたんですか?アルテラさん」
アルテラ「いや、以前のマスターに言われたことを思い出しただけだ」
マシュ「先輩!なんてこと言うんですか!」
ぐだ男「待って!そんなこと言ってない!」
マシュ「アルテラさんが傷ついているんですよ!言い逃れしても無駄です!」
アルテラ「私の胸の上を滑り降りてそんな酷いことを言われたんだ」
マシュ「先輩最低です!」
ぐだ男「本当に知らないってば!」
アルテラ「マシュ、藤丸ではない。以前のマスターに、だ」
マシュ「へ?……し、失礼しました!」ペコリ
ぐだ男「いや、別にいいけど……でも酷いマスターだな」
アルテラ「我が虜を悪く言うな」
ぐだ男「えっ。ご、ごめんなさい。ところでなんでアルテラは突然そんなことを?」
3:
◆eF6RWyN1IM
2017/03/13(月)19:20:55.00
ID:qc5762+60
アルテラ「……ここには私と違った体型のものが多いからな」ジー
マシュ「えっと……」ポヨーン
ぐだ男「ああ、マシュ筆頭におっきい人が多いもんね」
マシュ「やめてください……」
アルテラ「そうだ。何を食べたらこうなるんだ?何か詰めてるのか?」ムニムニ
マシュ「やめてくださいー!」
ぐだ男「そんなに気になるなら他の人にも聞いてみたらどう?教えてくれる人も多いと思うよ」
アルテラ「そうだな、そうしよう。では行ってくる」
マシュ「うう……酷い目に遭いました……」
4:
◆eF6RW
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1474435878/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2016/09/21(水)14:31:19.31ID:+FHFoeME0
・fgoss
・設定適当 短編
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2016/09/21(水)14:40:34.09ID:+FHFoeME0
『イリヤのマイルーム』
イリヤ「んー! 最初はびっくりしたけど、慣れてくるとここも居心地いいね!」
ルビー「そうですね! ただ夏休みの宿題の行方がどうなるか心配ですが!」
イリヤ「それは聞きたくない聞きたくないよー…意識的に忘れてるのー」
ルビー「種だの石だので随分力がついてきましたねー」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2016/09/21(水)14:51:22.04ID:+FHFoeME0
ルビー「マスターさんから種をたっぷりイリヤさんの中に注ぎこまれてしまって!」
ルビー「今ではレベルもカンスト! もはやイリヤさんの身体の半分以上はマスターさんの欲望(種火)で出来ていると言っても過言ではありませんね! いよっ、このいやらし娘!」
イリヤ「なんでそんな変な言い方しちゃうかな!?」カア
 コンコン ガチャ
クロ「相変わらず騒がしいわねー、イリヤってば」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2016/09/21(水)14:57:33.38ID:+FHFoeME0
イリヤ「あれクロ? 今日は確かマスターさんやマシュさんと出撃するって言ってなかった?」
クロ「ふふっ。このクロ様からすれば些細な任務よ!」
クロ「予定の半分の時間で瞬殺してやったわ! さすが私! もうイリヤより使える子かもね!」
イリヤ「わ、私だって使える子だもん!」
ルビー「さすが! 宝具が重なってる人は言うことが違いますねー」
 
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2016/09/21(水)14:58:58.66ID:UpA+B82uO
確かにイリヤよ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324860225/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/12/26(月)09:43:45.20ID:dW4SnTRD0
衛宮邸
士郎「……」
セイバー「……」
士郎「よっと」
セイバー「おやすみなさい」
士郎「ああ、おやすみ」
セイバー「……」
セイバー「うっ……!!」
セイバー「……ふぅ」
セイバー(最近、胸に痛みが……)
セイバー(何でしょうか……?)

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/12/26(月)09:46:11.60ID:dW4SnTRD0
セイバー「……」
セイバー「ぐっ……!!」
セイバー「な……!?」
セイバー「がっ……!!!ぎぃ……!!」
セイバー「あがぁ……!!」
セイバー(息が……!!)
セイバー「ぁ……はぁ……!!」
凛「士郎ー、いるー?」
セイバー「あ……!?」
凛「セイバー!?どうしたの!?」
セイバー「リン……はな……れ……!!」
凛「え?セイバー?ちょっと!!どうしたの!?」
セイバー「うぁ!!!」
凛「セイバーの体が光って―――」
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/12/26(月)09:48:52.27ID:dW4SnTRD0
凛「収まった……?」
セイバー「はぁ……はぁ……」
凛「セイバー?!」
セイバー「はぁ……はぁ……リン……」
凛「どうしたの?大丈夫?」
セイバー「わかりません……最近、体の不調はあったのですが」
凛「どうしてすぐに言わないの?」
セイバー「無視できる程度でしたので」
凛「馬鹿。とにかく部屋にきて。診察しましょう」
セイバー「お手数をおかけします」
凛「いいから」
セイバー「……」
セイバー(おかしい……)
セイバー(私の中から何かが抜け出たような感覚だったが……)

続きを読む

[ 閉じる ]
04/25 (22:21) えすえすゲー速報
 
fate
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/31(金)12:31:08.59
ID:YFnzPjFfO
沖田「サーヴァントセイバー推参。あなたが私のマスターですか?」
士郎「…な、なんだ」
ランサー「なるほど、俺の読みは当たってたってことか。本当に7人目とはな」
沖田「早速対サーヴァント戦ですか。…その槍、ランサーですね」
ランサー「おおよ、そういうお前はセイバーだな。その腰の得物…刀か」
士郎「お、おい待て、あいつはヤバイ!」
沖田「心配いりませんマスター、私の剣技、徳と見ていてください!」ザッ!
ランサー「来るかよ!オラァ!」ガキィン!
沖田「甘い!」ブン!
ランサー「チッ!なかなか早えじゃねえか!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490931068
引用元:

沖田「第五次聖杯戦争ですか?」 


Fate/GrandOrderセイバー/沖田総司1/7スケールABS&PVC製塗装済み完成品フィギュア
postedwith
amazletat17.04.25
アクアマリン(2016-06-24)
売り上げランキング:1,626
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
04/25 (19:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/12/25(日)16:28:32.41ID:zC/pgWkAO
―――カルデア、12月某日
マシュ「…?♪」ゴソゴソ
ぐだ子「よし、準備完了っと…しかし、まさか今年2回目のプレゼント配達をする事になるなんてね…」
マシュ「あの…今日はよろしくお願いします、先輩」
ぐだ子「ふふ、こっちは2年経験を積んだトナカイだよ?どーんと任せて、マシュ…いや、サンタさん」
マシュ「…はい!マシュ・キリエライト、本日限定特別サンタとして頑張ります!」
ぐだ子「(サンタコスもバッチリ…いやー、私の後輩可愛いなぁ)」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1482650912

続きを読む

[ 閉じる ]
04/25 (12:30) えすえすゲー速報
 
fate
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/10(火)22:47:12.60
ID:yY87xBL/0
雁夜「ウチもだ。」
切嗣「同じく。」
引用元:

時臣「娘が帰ってこない。」


Fate/GrandOrderカルデアエース
postedwith
amazletat17.04.24
KADOKAWA(2017-04-15)
売り上げランキング:5
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325893935/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/07(土)08:52:15.89ID:rnZNgJ1G0
セイバー「ほら、こんなにありますよ?」
切嗣「イリヤ、ここは場所が悪い。向こうに行こうか」
イリヤ「う、うん……?」
セイバー「……」
セイバー「まだ、足りませんか。いいでしょう。この森の胡桃という胡桃をこの手に……」
セイバー「そして切嗣にクルミマスターとして認めてもらうのですっ」
アイリ「セイバー……」

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/07(土)08:54:13.49ID:rnZNgJ1G0
セイバー「ここにありますね……」
アイリ「……」
セイバー「アイリスフィール、どうしましたか?」
アイリ「いえ……」
セイバー「あ、あんなところにも」
セイバー「うーん……もう……ちょっと……」
アイリ「……」
セイバー「とれ……ない……くそ!」
セイバー「エクス―――」
アイリ「やめて」
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/07(土)08:56:26.88ID:rnZNgJ1G0
アイリ「はい、脚立」
セイバー「ありがとうございます」
アイリ「……」
セイバー「アイリスフィール、見てください。とれましたー」
アイリ「うん」
セイバー「よっと。これで10個目ですね。切嗣に見せてきます」
アイリ「……」
セイバー「きりつぐー」テテテッ
アイリ「セイバー……かわいそう……」
アイリ「随分、追い込まれているのね……」
9:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/07(土)08:58:58.72ID:rnZNgJ1G0
切嗣「ほら、あそこにもあるよ」
イリヤ「えー、あれもそうなのー?」
切嗣「ああ」
セイバー「きりつぐー」
切嗣「……」ゴニョゴニョ
イリヤ「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322410934/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/11/28(月)01:22:14.25ID:82EyVig70
セイバー「なんですかシロウ。藪から棒に」
士郎「正直言ってうちの家計簿は真っ赤です」
士郎「中でも一番家計を圧迫しているのが食費だ。我が家のエンゲル係数はとんでもないことになっている」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/11/28(月)01:25:52.03ID:82EyVig70
セイバー「だから私に働けと?」
士郎「そうだ」
セイバー「しかし、私には自宅を警備するという仕事があるのですが……」
士郎「本当にお願いします。働いてください!」
士郎「切嗣(じいさん)も働きすぎて、もう肋骨が三本しか残ってないんだぞ!」
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/11/28(月)01:29:29.98ID:OIH1vIigO
金ぴかに売れば金にならんかな

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆5N2znl.vwk2017/03/16(木)23:39:49.30ID:tp5TofIK0
ニトクリスとアルトリアがわらび餅を食べるだけのショートストーリーです。
キャラ崩壊がある可能性があるため、苦手な方はご注意を。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆5N2znl.vwk2017/03/31(金)15:53:24.32ID:cCWWWdx80
Fate/GrandOrderの二次創作ssです。
キャラ崩壊などが苦手な方は気を付けてください。
今回は地の文無しでいきます。
前回 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489675189/
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆5N2znl.vwk
2017/03/16(木)23:39:49.30
ID:tp5TofIK0
ニトクリスとアルトリアがわらび餅を食べるだけのショートストーリーです。
キャラ崩壊がある可能性があるため、苦手な方はご注意を。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆5N2znl.vwk
2017/03/31(金)15:53:24.32
ID:cCWWWdx80
Fate/GrandOrderの二次創作ssです。
キャラ崩壊などが苦手な方は気を付けてください。
今回は地の文無しでいきます。
前回 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489675189/
 

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1321956128/
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/22(火)19:04:02.18ID:sZQMjaRT0
聖おにいさんスレか
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/22(火)19:04:39.99ID:XvNdOgZS0
イエス「し、知らないよブッダ…
    いくらなんでも2000年近く前の自分のコップの行方なんて覚えてないし…」
ブッダ「…まったく、イエスはいつもそうだよ! この前だって靴下ないないって!
    押し入れにあったのに君が無いっていうから私無駄に買い加えたんだから!!」1…
イエス「あれはたまたま暑くて脱いじゃったから…」
ブッダ「え?」2…
イエス「あ…で、でも、それとこれとは話が違うじゃない!」
仏陀「いえ、イエス。あなたさっきから私の目を見て話していませんね…?
   それはあなたの心にやましい所があるから、違いますか?」3…
イエス「ほんと御免なさい! 私反省してるからそれ以上光るのはやめて!…ね?」(目が怖い…)
仏陀「いいえ、いけません。今日は許しませんよイエス…
   そういうすぐ謝ればいいという態度が過ちを繰り返すのです」コォォォォォ
凛「あ、あのー…話の途中申し訳ないんですけど、
  説明の途中ですから、ブッダさんも少し落ち着いてください…ね?」
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/22(火)19:05:52.72ID:XvNdOgZS0
ブッダ「あ、ごめんなさい話の途中に私光っちゃって…」フッ…
凛「い、いえ…それでは、続きから説明してもいいですか?」(仏画の後光って史実なんだ…)
イエス「もちろんですよ! 私が知らないところでなにやら大変そうですもの!」
ブッダ「イエスはただ面白そうだからやる気になってるだけでしょ?
    ちゃんと真面目に聞いてたの!? 戦争してるんだよ戦争!
    どうせイエスネトゲと混同してるんでしょ」
イエス「ギクッ…で、でもどうし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343547058/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/29(日)16:30:58.89ID:PNkVzPAt0
セイバー「どうしたんですかシロウ!」
士郎「カレンに頼まれて教会の模様替え手伝っていたらちょっとな」
凛「一体何されたのよ……」
士郎「いや俺が不注意だったんだ、カレンのせいじゃない」
セイバー「それで大丈夫なのですかシロウ!?」
士郎「動くようになるまで1ヶ月はかかるらしい」
凛「あらそんなもんなの?」
士郎「俺は普通の人より回復が早いらしくてな」
凛「鞘が入ってたためかしら?」
セイバー「鞘といえば、私の中の鞘をシロウに戻せば治るのでは?」
士郎「そういやそうだな、じゃあセイバー……」
凛「……待って!」

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/29(日)16:36:36.00ID:8ZhJgbDO0
何やったら両腕折れんだよ……
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/29(日)16:38:13.32ID:PNkVzPAt0
凛「鞘をセイバーから取り出すのはやめといた方が良いわ」
セイバー「何故ですか?それではシロウの骨折が……」
凛「セイバーとひっついちゃってる可能性があるのよ」
凛「その場合、無理矢理引き剥がすとセイバーがタダじゃすまないわ」
士郎「そうか……じゃあ鞘を使うのはやめておこう」
セイバー「シロウ、私に構わず鞘を使って下さい」
士郎「駄目だ、セイバーを危険な目には合わせられない、俺が少し我慢すればいいだけだ」
セイバー「シロウ……」ジーン
凛「ま、たまには魔術に頼らずに自分の力で何とかしないとね」
士郎「そうだな、じゃあ家にあがるよ、あ……」
セイバー「私が靴を脱がします」
士郎「悪いなセイバー」
セイバー「いえ、シロウの両腕が治るまで私がシロウの両腕となります」
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8gudzbo8rs
2015/06/14(日)10:03:06.52
ID:/TilkQs1O
・Fate/staynight、セイバールートのssです。
・もしアヴァロンの治療効果に発光現象がプラスされたら、というネタで書きます。
・基本的にいろいろな場面を省略しますので、ご了承ください。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1434243786

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆8gudzbo8rs
2015/06/14(日)10:11:52.08
ID:/TilkQs1O
ランサー「詰みだ、坊主」
士郎「くっ……」
ランサー「もしかしたら、お前が7人目だったかもな……」ヒュン
士郎(ふざけるな。助けてもらったんだ、助けてもらったからには簡単には[
ピーーー]ない)
士郎(俺は生きて義務を果たさなければいけないのに、死んでは義務が果たせない)
士郎「こんなところで意味もなく・・平気で人を[
ピーーー]、お前みたいなやつに!」ピカァァ!
ランサー「うおっまぶしっ……7人目のサーヴァントだと!?」ガキィン!
セイバー「―――問おう、あなたが私のマスターか」
士郎「…………」ピカー
セイバー(………なんか光ってる)
3:
◆8gudzbo8rs
2015/06/14(日)10:13:35.03
ID:/TilkQs1O
saga忘れ訂正
ランサー「詰みだ、坊主」
士郎「くっ……」
ランサー「もしかしたら、お前が7人目だったかもな……」ヒュン
士郎(ふざけるな。助けてもらったんだ、助けてもらったからには簡単には[ピーーー]ない)
士郎(俺は生きて義務を果たさなければいけないのに、死んでは義務が果たせない)
士郎「こんなところで意味もなく・・平気で人を[ピーーー]、お前みたいなやつに!」ピカァァ!
ランサー「うおっまぶしっ……7人目のサーヴァントだと!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435240732/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/25(木)22:58:52.75ID:wgR2a6vEO
アイリ「私の手をとって『足下にご注意くださいお姫様』って」
アイリ「ふふふ……本物の騎士様にエスコートされるのってドキドキしちゃうわ」ニコニコ
舞弥「……」
アイリ「セイバーでもああいう風な冗談言うのねえ」クス
舞弥「……」
アイリ「あっ、あと前にもセイバーが……」ニコ
舞弥「……」
舞弥「(主従百合……尊い…)」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/25(木)23:13:25.29ID:wgR2a6vEO
アイリ「この前セイバーに……」
舞弥「……」
舞弥「マダム」
アイリ「? なに? 舞弥さん」
舞弥「セイバーの事が好きなのですね」
アイリ「うーん……」
アイリ「……あなたも、そう思う?」
舞弥「と、いいますと? 貴女自身の感情なので私に判断は……」
アイリ「実を言うとねえ…………ここだけの話に出来る?」
舞弥「はい。他言はしません」
アイリ「ふふ。ありがとう」ニコ
アイリ「正直ね、私ももしかすると自分はセイバーの事が好きなんじゃないかって思っていたの」エヘ
舞弥「(かわいい)」
舞弥「それは……所謂、LOVEですね?」
アイリ「……そうね。不思議だけど、素直に認められるわ」
舞弥「……」
舞弥「(よっし!!!)」ガッツポ・・
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/25(木)23:29:04.47ID:wgR2a6vEO
アイリ「これって浮気になるのかしら?」
舞弥「難しいですね……」
舞弥「(正直、切嗣には悪いですが百合無罪は世界の必理。私は応援します)」
舞弥「お相手が男性ならともかく、あの英霊は女性ですしそれ以前に人間ですらありません」
アイリ「そう言わないで。セイバーも1個
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。