SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
Fate/GrandOrder
タグ一覧の表示
<<
2018年07月
>>
8件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:◆R4LxbbyKhE2018/03/14(水)06:54:08.32ID:856bekj10
※FGO第2部序章までのネタバレを含むSSです。
※ぐだ子の名前表記を「立香」にしています。
※上記がダメな人はブラウザバックをお願いします。
――――特別会場
マシュ「それは男性と女性のグループが交流を持ち、交際を目的にして行われる『合同コンパ』の略称のことでしょうか」
メイヴ「ええその通り、わざわざ説明ありがとうマシュ。そう、その合コンを今からやるの!」
鈴鹿御前「会場もこうしてすでにセッティング済み。あとは相手を待つだけだし!」
立香「それで、参加者は?」
メイヴ「あら、ここにわざわざ呼んだ時点で理解できないのかしらマスター?」
マシュ「ま、まさか先輩を合コンに!? だ、だめです! そんな、先輩はもっとちゃんとしたお付き合いを」
鈴鹿御前「あ、言っとくけどマシュも数に入ってるし?」
マシュ「えぇ!?」
立香「私はいいけどマシュはだめ」
マシュ「先輩!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◇T8wNiyEj6w:◆T8wNiyEj6w
2018/01/16(火)06:04:36.50
ID:2ZHkx9Nb0
謎のヒロインX「最近、弟子のリリィの元気がありません」
謎のヒロインX「というのも続々と強者のセイバーが召喚されてリリィの肩身が狭いのが原因でしょう。いったいどうすれば……」
???「ならばよい方法があるぞ? リリィ以外のセイバーがいなくなればよいのじゃ……!!」
謎のヒロインX「なるほど……! しかも手勢を貸してくださると! ええ、ここまでしてくださるのなら成し遂げてみましょう」
謎のヒロインX「リリィより強いセイバー全員ぶっ飛ばす!」
謎のヒロインX「とは言ったものの、このカルデアにいるセイバーはどれも曲者揃い。そう簡単にはいきませんね」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◇T8wNiyEj6w:◆T8wNiyEj6w2018/01/16(火)06:04:36.50ID:2ZHkx9Nb0
謎のヒロインX「最近、弟子のリリィの元気がありません」
謎のヒロインX「というのも続々と強者のセイバーが召喚されてリリィの肩身が狭いのが原因でしょう。いったいどうすれば……」
???「ならばよい方法があるぞ? リリィ以外のセイバーがいなくなればよいのじゃ……!!」
謎のヒロインX「なるほど……! しかも手勢を貸してくださると! ええ、ここまでしてくださるのなら成し遂げてみましょう」
謎のヒロインX「リリィより強いセイバー全員ぶっ飛ばす!」
謎のヒロインX「とは言ったものの、このカルデアにいるセイバーはどれも曲者揃い。そう簡単にはいきませんね」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆HxLt3eoqWY2018/01/08(月)01:09:34.36ID:UNXROZV/O
多少のキャラ崩壊は目を瞑ってください、ごめんなさい。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/12/29(金)04:19:41.13ID:ZsZkoX7x0
マシュ「……え? 先輩が風邪を!?」
ダ・ヴィンチ「そんな青い顔をしないでくれたまえ。命に別状はないとも」
マシュ「で、ですが、先輩は以前に意識を……」
ダ・ヴィンチ「ああ、監獄塔と下総の一件のようなことも今回は一切ない。本当に正真正銘、ただの風邪だとも」
マシュ「そうですか、それはよか……いえ、先輩が苦しんでいるので良くはないのですが……」
ダ・ヴィンチ「心配なら後で見舞いに行くといい。もちろん、うつらないように気を付けるんだよ?」
マシュ「はい! せっかくですから、何か差し入れに行きます!」タタタッ
????????????
プシュー、ガコン
マシュ「失礼します、あなたの頼れる後輩が、おかゆをもって来ました!」
ぐだ子「う、ん……マシュ? ケホッ……わざわざ、ありが、とう……ゲホッ!」
マシュ「ああっ! 無理してしゃべらないでください! 喉がお辛いでしょうに……」
ぐだ子「そうだ、ね。心配、かけて、ごめんね? よいしょっと……美味しそうなおかゆ、だね」
マシュ「厨房にいたエミヤさんと一緒に作りました。あと、ついでにお薬もいただいてきました」
ぐだ子「ありがとう、マシュ……これは、綺麗な、水薬だね。メディアさんが、作ってくれたのかな? 粉薬が苦手だから、助かるなあ」
マシュ「食前に飲むようにと言付かっていますので、とりあえず飲んでみては」
ぐだ子「うん、ありがと」グイー
プシュー、ガコン!
メディア「マスター!! その薬を飲んではいけないわ!! 今すぐ吐き出して!!」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/29(金)04:19:41.13
ID:ZsZkoX7x0
マシュ「……え? 先輩が風邪を!?」
ダ・ヴィンチ「そんな青い顔をしないでくれたまえ。命に別状はないとも」
マシュ「で、ですが、先輩は以前に意識を……」
ダ・ヴィンチ「ああ、監獄塔と下総の一件のようなことも今回は一切ない。本当に正真正銘、ただの風邪だとも」
マシュ「そうですか、それはよか……いえ、先輩が苦しんでいるので良くはないのですが……」
ダ・ヴィンチ「心配なら後で見舞いに行くといい。もちろん、うつらないように気を付けるんだよ?」
マシュ「はい! せっかくですから、何か差し入れに行きます!」タタタッ
????????????
プシュー、ガコン
マシュ「失礼します、あなたの頼れる後輩が、おかゆをもって来ました!」
ぐだ子「う、ん……マシュ? ケホッ……わざわざ、ありが、とう……ゲホッ!」
マシュ「ああっ! 無理してしゃべらないでください! 喉がお辛いでしょうに……」
ぐだ子「そうだ、ね。心配、かけて、ごめんね? よいしょっと……美味しそうなおかゆ、だね」
マシュ「厨房にいたエミヤさんと一緒に作りました。あと、ついでにお薬もいただいてきました」
ぐだ子「ありがとう、マシュ……これは、綺麗な、水薬だね。メディアさんが、作ってくれたのかな? 粉薬が苦手だから、助かるなあ」
マシュ「食前に飲むようにと言付かっていますので、とりあえず飲んでみては」
ぐだ子「うん、ありがと」グイー
プシュー、ガコン!
メディア「マスター!! その薬を飲んではいけないわ!! 今すぐ吐き出して!!」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/03(水)23:39:02.15ID:xoptmcvh0
査問官A(私は国連から派遣された査問官A! 今回、このカルデアにおいて、国連との取り決めを著しく逸脱した行為があったということで、カルデアのマスターとやらを査問することになった! くくく……どんなに言い逃れしても無駄だ! 絶対に奴の違反行為を漏れなくあぶりだしてやるぜ!)
査問官B(俺は魔術協会から委託された査問官B! 奴がこの査問会の最中に魔術的隠蔽をしないか、魔術的に矛盾がないかを、しっかりと見張り、突っ込み、あぶりだしてやるつもりさ! まっ、所詮一般人から選ばれたという、幸運だけが取り柄の低能だろうから、そんな心配はないだろうがね!)
査問官C(僕は査問官C。この査問会の中立性を保つという名目で、ゴルドルフ・ムジークに雇われたんだけど……ぶっちゃけめんどくさい、帰りたい……カルデアの連中なんか全員入れ替えるんだし、今更突っつきまわす意味もないし……というか、ぼくの存在って、こいつら二人に情報を独占させないための見張り役と、査問は間違いなく中立でしたっていうための言い訳だし……はあ……早く寝たい……)
プシュー、ガコン
警備A「ほら、早く入れ! 少しでも怪しい動きをしたら容赦しないからな!」
???「は、はい!」
査問官A(やっと来たな! では早速罪人の顔を拝んでやるとしよう!)
査問官B(ふん……実に平々凡々な顔立ち……なんの素養もカリスマも見出せんな……所詮魔術の家系ではないのだから、この俺の身からあふれる高貴なオーラに敵わないのは無理がないけどな!)
査問官C(人類を救ったっていうわりにはフツーだなー……まあ、一般人って言ってたしこんなもんか……可哀そうに、緊張しちゃってまあ……つっても、僕は金貰った分だけ仕事するだけですがね)
査問官A「えー、それではカルデアのマスター候補生。これより査問を始めさせてもらう! まずは、貴様の名前をしゃべってもらおう!」
査問官B「言っておくが、偽名なんて名乗っても無駄であるよ? くれぐれも小細工など考えないようにな!」
査問官C「まあ、普通に言えばいいから、普通に」
???「はいっ! ぼ、ぼくの名前は……」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/03(水)23:39:02.15
ID:xoptmcvh0
査問官A(私は国連から派遣された査問官A! 今回、このカルデアにおいて、国連との取り決めを著しく逸脱した行為があったということで、カルデアのマスターとやらを査問することになった! くくく……どんなに言い逃れしても無駄だ! 絶対に奴の違反行為を漏れなくあぶりだしてやるぜ!)
査問官B(俺は魔術協会から委託された査問官B! 奴がこの査問会の最中に魔術的隠蔽をしないか、魔術的に矛盾がないかを、しっかりと見張り、突っ込み、あぶりだしてやるつもりさ! まっ、所詮一般人から選ばれたという、幸運だけが取り柄の低能だろうから、そんな心配はないだろうがね!)
査問官C(僕は査問官C。この査問会の中立性を保つという名目で、ゴルドルフ・ムジークに雇われたんだけど……ぶっちゃけめんどくさい、帰りたい……カルデアの連中なんか全員入れ替えるんだし、今更突っつきまわす意味もないし……というか、ぼくの存在って、こいつら二人に情報を独占させないための見張り役と、査問は間違いなく中立でしたっていうための言い訳だし……はあ……早く寝たい……)
プシュー、ガコン
警備A「ほら、早く入れ! 少しでも怪しい動きをしたら容赦しないからな!」
???「は、はい!」
査問官A(やっと来たな! では早速罪人の顔を拝んでやるとしよう!)
査問官B(ふん……実に平々凡々な顔立ち……なんの素養もカリスマも見出せんな……所詮魔術の家系ではないのだから、この俺の身からあふれる高貴なオーラに敵わないのは無理がないけどな!)
査問官C(人類を救ったっていうわりにはフツーだなー……まあ、一般人って言ってたしこんなもんか……可哀そうに、緊張しちゃってまあ……つっても、僕は金貰った分だけ仕事するだけですがね)
査問官A「えー、それではカルデアのマスター候補生。これより査問を始めさせてもらう! まずは、貴様の名前をしゃべってもらおう!」
査問官B「言っておくが、偽名なんて名乗っても無駄であるよ? くれぐれも小細工など考えないようにな!」
査問官C「まあ、普通に言えばいいから、普通に」
???「はいっ! ぼ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。