SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
Fate・FGOのSS
タグ一覧の表示
<<
2018年10月
>>
14件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515422495/
1:
◆ZGyEu7mBgw2018/01/08(月)23:41:35.94ID:hpc3wZDj0
ぐだ男「ごほごほ……」
ぐだ男「苦しい。頭痛がする、吐気もだ」

2:
◆ZGyEu7mBgw2018/01/08(月)23:42:29.42ID:hpc3wZDj0
マシュの場合
マシュ「先輩っ!」
マシュ「大丈夫ですか?熱は……こんなに。確実に体温が38℃を超えています」
ぐだ男「ロマンが薬をくれたよ」
マシュ「ですが、とても辛そうです。先輩、して欲しいことがあったら、なんでも言ってくださいね」
ぐだ男「水分欲しいかな」
マシュ「わかりました!では、直ちにスポーツドリンクをお持ちします」
ぐだ男「ありがとう、マシュ」
3:
◆ZGyEu7mBgw2018/01/08(月)23:43:07.24ID:hpc3wZDj0
ぐだ男「ごくごく」
マシュ「おかゆ作ってきました」
ぐだ男「何から何まで悪いなぁ。いただきます」
マシュ「いいえ!大事な先輩ですから……早く、元気になってくださいね」
ぐだ男「おかゆ、美味しいよ」
マシュ「ありがとうございます。ゆっくり食べてください」

4:
◆ZGyEu7mBgw2018/01/08(月)23:44:00.93ID:hpc3wZDj0
ぐだ男「ごちそうさまでした」
マシュ「お粗末さまです」
ぐだ男「美味しかった……マシュ?」
マシュ「こうしていると…安心できるかと思いまして。あの時、先輩がそうしてくれたように」
ぐだ男「マシュ…」
マシュ「先輩…」
マシュの場合 おわり

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1455890463/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/02/19(金)23:01:03ID:TDLOfj72
衛宮邸
ライダー「シロウ、バイトに行ってきます」
凛「私もちょっと家に用事かあるから帰るわね」
士郎「ああ。行ってらっしゃい」
桜「せんぱぁい♪私もお夕飯の買い物に行ってきますね!」キャピ
士郎「悪い、桜。よろしく頼む」

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/02/19(金)23:08:34ID:TDLOfj72
セイバー「それではシロウ。今日は私が家事の手伝いm
桜「セイバーさんは何もしなくていいですよ。いつも通り、この家の警護(笑)をしていて下さい」ニコ
セイバー「(流石サクラです。家の警護の重要さをよく理解している)」
セイバー「そうですね。それでは私は家の警g
桜「じゃあ、先輩!行ってきまーす!」
セイバー「・・・」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/02/19(金)23:16:41ID:TDLOfj72
士郎「じゃセイバー、俺は洗濯してくるから居間でくつろいでいてくれ」
セイバー「はい。よろしくお願いします、シロウ」
セイバー「・・・」
セイバー「・・・シロウと二人きりです///」
セイバー「サクラにはああ言いましたが、たまにはシロウの手伝いをするのもよいのではないでしょうか」
セイバー「・・・ええ。マスターと力を合わせるのがサーヴァントとしての役目です。そうしましょう」ウンウン
ピーンポーン
オルタ「邪魔するぞ」ガララ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1535384670/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/08/28(火)00:44:30.44ID:50sVCldUO
メルトリリス「乳首なのだけれど」
ぐだ男「………」
メルト「なぜ乳首を入念に攻め立てるのかしら」
ぐだ「………」ペロペロ
メルト「無言でひたすらに乳首を舐められ続けると、気味が悪いのだけれど」
ぐだ「………」ペロペロ
メルト「いい加減口を開かないと、お腹に思いっきり膝だからね」
ぐだ「………」ペロペロ
メルト「私の脅しにも屈しないなんて……人間の癖にやるじゃない。流石は人理を救ったマスターだけはある、ということかしら」
ぐだ「………」
ぐだ「………んで」
メルト「んで?」
ぐだ「なんで……」
メルト「なんで?」
ぐだ「なんで乳首舐められてるのにそんなに冷静でいられるんだ……!」
メルト「………は?」
ぐだ「舐めているのだけれど! 乳首ぺろぺろ舐めまくっているのだけれど!」
メルト「その口調串刺しにしたくなるからやめてくれるかしら」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/08/28(火)00:45:34.09ID:50sVCldUO
ぐだ「どうして……どうして感じてくれないんだ……」
メルト「私が感覚が鈍いことは貴方も知っているでしょう?」
ぐだ「それでも乳首なら感じてくれると思ったんだ……」
メルト「何故?」
ぐだ「貧乳は感じやすいって噂を聞い」
メルト「膝」
ぐだ「う、美しく均整の取れた胸は乳首が感じやすいと聞いたので!」
メルト「膝」
ぐだ「褒めたのになんで!?」
メルト「まず乳首乳首と連呼している卑しさが気に食わないわ。あまつさえ私の乳首で」
ぐだ「自分も連呼してるじゃん」
メルト「………」ツンツン
ぐだ「無言で膝を脇腹に当てるのやめて。ツンツンなんて可愛らしいもんじゃないから、一歩間違えたら死だから」
メルト「まず私のち……胸を舐めて
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1534119665/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/08/13(月)09:21:06.04ID:paO2aoxJ0
ぐだお「人理修復して暇だし女の子のにセクハラでもしてみるか」
ぐだお「マシュとかなら後ろからおっぱい揉むくらい許してくれるかもしれないしな!」
ぐだお「これくらいのご褒美は許されるだろ!」
ぐだお「じゃあ、↓1のところへ行こうかな」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/08/13(月)09:21:49.24ID:NH60Pqf5O
ぐだこ
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/08/13(月)09:26:37.21ID:paO2aoxJ0
ぐだお「むっ、眠気が……! またこのパターンか!」
ぐだお「なんど夢の中に引きずり込まれれば気が済むんだ!……………ぐう」
立香(ぐだこ)「あれ、君は……、サーヴァントじゃないよね?」
ぐだお「どうやら別のカルデアに飛ばされてしまったらしい」
ぐだお「そしてこの人?がこのカルデアのマスターのようだ」
立香「なんだか君とは他人の気がしないな。どこかであったことある?」
ぐだお「意外とまともな人だな……」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/08/13(月)09:27:49.65ID:paO2aoxJ0
・セクハラ内容(グロなどはなしで)
↓1?3で高いコンマの案採用
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/08/13(月)09:28:16.93ID:+saEqrBe0
パイタッチ
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/08/13(月)09:28:48.36ID:mThSbk27O
パイズリしてもらおう
拒否されたらむりやり
8:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/08/13(月)09:32:09.77ID:oCOcHztF0続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525530710/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/05(土)23:31:50.11ID:099CA5/+O
 彼女の目の前で、少女が血を流して倒れている。
 暖かそうなコートに身を包んだ彼女が、氷の棘に身を貫かれて。真っ赤な血を流している。
 「マシュ」と彼女は呟いた。
 とっさに出た一言に、けれど少女は反応を返せない。
 返るはずもない。
 最早彼女は死に絶えている。
 生命活動は停止し、その魂は消失した。
 繋ぎ止めた命は完全に潰え、その笑顔が彼女に向けられることは二度となくなった。
 ──それが、最後だった。
 彼女の、藤丸立香の、ではなく。
 この大地に生きる、全ての命の最後だった。
 異聞帯という潰えた世界全てが、本当の意味で終わりを迎える始まりの瞬間だった。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/05(土)23:33:32.46ID:099CA5/+O
「……ゴル、ゴーン」
 彼女のそばにあった機械が駆動を始める。
 立香のか細い魔翌力回路が悲鳴をあげ、命をすり減らして魔翌力を生み出す。
 記録された霊基パターンが読み込まれ、求めに応じてその存在を引きずり出していく。
 それは魔獣の母であった。
 それは討たれるべき悪であった。
 それはヒトに復讐を誓った女神であった。
 それは、けれど、今この瞬間確かに立香にとっての福音たり得る存在だった。
「くく、ふはははは……! 久しいなマスター! ああ、すべてわかっている。その目は同じだ、憎いのだろう、許せないのだろう? だから、私を呼んだのだろう!」
 ゴルゴーンはその巨体を揺らして笑う。
 自らを再び呼び出したこの愚か者は、けれど今初めて、自分と同じ存在になり果てたのだと。
 当然だ。全く持って当然にすぎる。
 この女は善である。ごく当たり前の善性を常にもち続けた奇特すぎる存在である。
 その善の象徴を、心を通わせた無二
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532070758/
1:
◆dOmRv1Z.OI
2018/07/20(金)16:12:38.85ID:BpVgkpPbo
ルール説明!
一部までに出たサーヴァントのみ限定!
イベントサーヴァントは許可!(ただしマイナーチェンジ版は不許可)
息抜きなので息抜けたらやめます
安価は一人一回!(ただし30分以上書き込みが無い場合連続は許可)
他遅レスキャラ崩壊許せるかたのみの視聴を勧めます
安価表↓(予告なく変更される場合があります)
01?10 ただのマスター
11?20 良き主人
21?30 仲の良い友人
31?40 心から仕えたい相手
41?50 家族のような存在
51?60 この身を賭して守る
61?70 見ているとドキドキする
71?80 愛している
81?90 他のサーヴァントさえ居なければ……
91?00 貴方は私の――

2:
◆dOmRv1Z.OI
2018/07/20(金)16:13:25.36ID:BpVgkpPbo
ぐだ男「ダ・ヴィンチちゃん、急に呼び出してどうしたの?」
ダ・ヴィンチ「ああ、ぐだ男くん来てくれてありがとう。実は君に試して貰いたい物があるんだ」スッ
ぐだ男「メガネ。……まさか好感度を見れる……」
ダ・ヴィンチ「そういうのもあるけどもね。今回はそうじゃない。これは相手が自分の事をどう思っているのかを大まかに見ることができるんだ」
ぐだ男「また変なものを作って……。え、これを僕が試すの?皆に?」
ダ・ヴィンチ「うむ。まぁ君が嫌なら良いんだが」
ぐだ男「嫌ってほどでは無いけど……じゃあとりあえずダ・ヴィンチちゃんから」スチャ
ダ・ヴィンチ『ぐだ男くんはまるで仲の良い友人のように気安く話すことができる相手だ。固すぎず軟らかすぎず、得難い友だよ』
ぐだ男「おお……凄い」
ダ・ヴィンチ「素晴らしい作品だろう?まだ完全じゃないから、データを取ってくれるとありがたいね」
ぐだ男「うんわかった。誰かと会ったら試してみるね」
3:<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532752351/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/28(土)13:32:31.63ID:hWBS8YbC0
マシュ「……」
ぐだ男「……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/28(土)13:33:53.57ID:hWBS8YbC0
マシュ「頑張りましゅ!」
マシュ「……」
ぐだ男「……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/28(土)13:34:30.36ID:hWBS8YbC0
マシュ「が、ん、ば、り、ま、す!」
マシュ「頑張りましゅ!」
ぐだ男「……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/28(土)13:35:38.98ID:hWBS8YbC0
マシュ「ましゅ!ましゅ!ましゅ!」
マシュ「……」
マシュ「ましゅ!!」
ぐだ男「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523081426/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)15:10:26.56ID:pID29ryw0
ネタバレ注意です
前スレ
ぐだ男「サーヴァントビーストだってええ!?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)15:11:31.98ID:pID29ryw0
シャドウボーダー内部
ぐだ男「うん、おいしい!」
ロリダヴィンチ「軍用レーションだけど口にあったみたいでよかったよ」
マシュ「しかしそんなレーションも間も無く底をつきます。…壊滅したカルデアから逃げ出して早1週間…。食料をどこかで確保しなくては…」
金髪デブ「ぬわあああん!疲れたもおおおおん!!いい加減肉が食べたいぞ肉ゥ!!」
ホームズ「はっはっはっ」
ぐだ男「笑ってるんじゃないぞそこの探偵!!だいたいサーヴァント全部返さず誰かに残って貰っていればこんな自体防げたのに!」
ホームズ「それに関しては謝罪しかないね」マジキチスマイル
ぐだ男「悔い改めて」
マシュ「…英霊の皆さんと過ごした日々が…もう遠い過去のことのように感じます…サーヴァントの方は呼べないんでしょうか?」
ロリダヴィンチ「残念だけど電力が圧倒的に足りないね…」
ぐだ男「あ、おい待てい!」
ロリダヴィンチ「?…どうしたんだいぐだ男くん?」
ぐだ男「1人だけ、確実に呼べるサーヴァントがいるゾ…」
マシュ「そんな方いましたっけ…ッ!!…まさか!!」
ぐだ男「すぐに召喚の準備に取り掛かるぞマシュ!」
マシュ「ッはい!ムニエルさん!こちらへ!」
ムニエル「ファッ!?どうして俺が必要なんだ!?これもうわかんねぇな」
ロリダヴィンチ「まさか…!」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)15:12:53.81ID:pID29ryw0
こ↑こ↓に銀と鉄。なんか足んねぇよなぁ?あ、そうだ。石と契約の大公。
降り立つMURには
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522300373/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/29(木)14:12:53.93ID:QgBXjWcpO
ネタバレ注意です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/29(木)14:13:41.92ID:QgBXjWcpO
???「サーヴァントビースト…。真名は…うーん…思い出せないですねぇ…。あっ、24歳で学生だったことは覚えてるんですけどぉ…」
マシュ「虹回転だったのでまさかと思いましたがこれは…」
ぐだ男「たまげたなぁ…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/29(木)14:14:16.41ID:QgBXjWcpO
ダヴィンチ「おいおいおいおい!?ビーストクラスの反応が出たと思って飛んで来たら…!?まさかサーヴァントかい!?」
ぐだ男「そうみたいです。大丈夫ですよ、悪い人じゃなさそうなので…」
???「ちょっと腹へんないすか?ここら辺うまいラーメン屋とかあったり?」
ぐだ男「しないんだよなぁこれが」
???「ぬわああんんもおおおん…」
ダヴィンチ「自己紹介をしておこう。私はサーヴァントキャスター。気軽にダヴィンチちゃんと呼んでくれたまえ」
ぐだ男「ビーストは真名が思い出せないんだって」
???「んまぁ…そう、よく思い出せないっすね」
ぐだ男「ビーストって呼ぶのもあれだしなぁ…。呼んでほしい名前ある?」
???「特にないっすよ」
ぐだ男「んーと。じゃあビーストだから野獣で!」
野獣「ん!なぜかその名前はしっくり来ますねぇ」
ぐだ男「不思議なこともあるもんですねぇ…」
ダヴィンチ「とりあえずこちらに付いて来たまえ。カルデアを案内しよう」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/29(木)14:14:47.23ID:QgBXjWcpO
カルデア案内終了後ー野獣ルームー
ぐだ男「というわけでこ↑こ↓が最後、野獣の部屋かな」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530032186/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)01:56:26.93ID:B36hnpLHO
※設定・キャラ崩壊注意。
書き手の料理知識はゼロなので全てデタラメです。本気にしないでください。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)01:59:59.04ID:B36hnpLHO
士郎(聖杯戦争……。あの凄惨な戦いから歳月は流れ……)
士郎(俺は冬木新聞社に就職した)
士郎(そこから早数年――新聞社の記念企画として発足した『究極のメニュー』というコラムを担当することになったんだ)
士郎(今はその究極のメニューを追い求め、それを記事にする日々……)
士郎(料理はもともと得意分野であったから、これ以上の適職はないと思ったが)
士郎(これがまた色々と大変で……)
士郎(ともかく、そんな毎日で身を削っているこの頃……)

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/27(水)02:03:03.93ID:B36hnpLHO
桜「――先輩」
士郎「……?」
桜「あの、相談があるのですが」
士郎(こいつは俺の後輩社員の間桐桜。そう、あの桜は俺と同じ会社に就職したんだ)
士郎(そしてなんの巡り合わせか、同じ『究極のメニュー』を担当する記者として、こうして共に行動している)
士郎「すまん桜、後にしてくれないか?」
桜「え? どうしてですか?」
士郎「今大事なところなんだ」
桜「あの……。先輩、競馬新聞を見ながら大事な用とは何ですか?」
士郎「……」
桜「……先輩?」ニコォ
士郎「わ、分かったよ桜! で、何の相談だ?」
桜「次のメニューのことなんですが、中華料理はどうでしょうか?」
士郎「中華ねえ、今更感もあるが……。それに中華といっても色々あるし」
桜「はい。確かに過去に取り上げたこともありますが……」
士郎「じゃあ、何で今更?」
桜「あの、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512826602/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)22:36:42.49ID:8SB2OFVWO
FGOのアビー中心のssです
ピックアップ繋がりで山の翁の出番多め
ネタバレ注意です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)22:37:11.05ID:8SB2OFVWO
アビゲイル「怖い人ばかりだし、戦う事は気が進まなかったけれど……良い人ばかりね!このカルデアは」
アビゲイル「やっぱり座長さんの言っていた事は嘘ではなかったわ。星見の天文台、少し表記揺れはあるかもしれないけれど、カルデアから見える景色は綺麗だし、色んな時代を旅出来るし、それから、それから……」
アビゲイル「えっと」
アビゲイル「あれ?私は、誰?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)22:38:17.05ID:8SB2OFVWO
アビゲイル「少し記憶に混乱が見られるかもしれない、ってダ・ヴィンチさんが言ってたわね。フォーリナークラスの召喚は初めてだから、カルデアの霊基管理に誤差が出た弊害、って事らしいけれど」
アビゲイル「どうしましょう。霊基再臨までまだ少し時間があるわ。ジャックやナーサリー、茶々はマスターと一緒にカルデアゲートに入り浸りだし、ティテュ……シバの女王様は霊基の強化の最中って話だし」
アビゲイル「暇ね……少し、カルデアの中を探検してみようかしら」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)22:38:57.86ID:8SB2OFVWO
アビゲイル「あら?こんな所に部屋なんてあったかしら。マスターから大凡のカルデアの作りは教えてもらったはずだけど、この位置に部屋があるなんて聞いた事ないわね」
アビゲイル「それに何か、とても綺麗な鐘の音が聞こえるわ。教会のものとは違うけれど、でもそれに通ずる様な、厳かで美しい鐘の響き」
山の翁「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525440789/
1:
◆LYNKFR8PTk
2018/05/04(金)22:33:09.32ID:LRUSP/iZO
ケイネス「何!?この私が間違えたとでもいうのか!?」
おじゃまぷよ「……」ズーン
ケイネス「!!!だが確かに……これはどう見てもおじゃまぷよ……」
ランサー「どうしますか主」
ケイネス「……待て、こいつは使えるぞ」

2:
◆LYNKFR8PTk
2018/05/04(金)22:34:17.89ID:LRUSP/iZO
ケイネス「おじゃまぷよの弱点は呪文・オニワモ……」
ランサー「オニワモ……同色の物を四つ揃える事で消滅する呪文……」
ケイネス「そうだ、それがない限りこいつが消える事はない」
ケイネス「わざわざ新しい水銀を作る必要もないだろう」
ランサー「……流石です、主」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508221488/
1:
◆BAKEWEHPok
2017/10/17(火)15:24:48.96ID:aFQ70cXAo
マスターがサーヴァントとトレーニングする会話ばかりのおおむねコメディな短編です
短い地の文と台詞だけのSSです

2:
◆BAKEWEHPok
2017/10/17(火)15:26:22.96ID:aFQ70cXAo
プロボクサーが放つストレートは、時速40km前後と言われている。
魔術協会のとある執行者は倍にあたる時速80kmの拳速を持つという。
ならば英霊であるサーヴァントの拳はどれだけの威力があるだろうか?
「まっ…………たく見えなくて……! 当たってないのにふっ飛んだんですけど……!」
轟ッと風切るというにはあまりに重々しい音ともに吹き飛んでからマットの上で起き上がる立香。
当たってないのでダメージはないが、その一瞬に台風に襲われたかのような衝撃があった。
元々乱れ気味の黒髪は風でさらに荒れている。
「本気だったからね。怖い? やめちゃう?」
水着姿のマルタは拳を握らず、掌底の形のまま問う。
立香に当たらないよう30cmほど遠い距離で放たれた掌は、空圧を生み出すほどの速度と威力が込められていた。
英霊ともなれば拳が当たらずとも人間を倒せるのだ。
「……いや、もうちょっと体験したいです。お願いします」
「よろしい。自ら試練を望む姿勢を神は見ておられます。…………いーい、喧嘩ってのはね実力以前に度胸よ。
 次はもう少し近づけるから逃げないようにね。ビビったらぶっ飛ばすわよ」
「どっちにしてもぶっ飛ぶんでは?」
「口答えしない! あんたさっき目瞑ったでしょ。5cmに近づいても目を開けれるまでやるわよ」
人選しくじったかなーとか思いつつも、立香は異常な速度の拳を何度も見続けてはふっ飛ばされていた。
今日からサーヴァント達直々の戦闘訓練の日なのだ。
なお常人のマスターが吹っ飛ぶほどの風圧に耐えて目を開け続けるなどできるわけがなかった。
レオニダス+バーサーカーの場合続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522480993/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/31(土)16:23:13.69ID:8PeMszaL0
〜アインツベルンの城〜
切嗣「まさか触媒無しで召喚した結果が11人…実質は10人のサーヴァントが出てくるとは」
アイリ「大丈夫なの、切嗣?」
切嗣「ああ、むしろ好都合だ。幸いにも個々の戦闘能力はそれなりな上、各々に特殊能力がある」
切嗣「さらに殺戮能力に応じて数字を振られているようだ」
アイリ「個々の能力はいいとして数字も都合がいいのはどうしてかしら?」
切嗣「…ああ、まあね」
切嗣(戦闘能力ではなく殺戮能力の順位だが、ほぼ個々の実力の序列と捉えて問題ないだろう)
切嗣(これなら捨て駒を選ぶのにあまり迷わなくて済む)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/31(土)16:24:59.28ID:8PeMszaL0
………
……

リリネット「また私の勝ちだー!イリヤ!」
イリヤ「む〜」
アイリ「あの2人は仲が良さそうね。イリヤの遊び相手になってくれて嬉しいわ」
アイリ「スタークは一緒に遊ばないの?」
スターク「めんどくせぇ。俺は寝てる」ダラダラ
アイリ「あなたも同じく?」
ヤミー「うるせえ」ダラダラ
………
……

グリムジョー「野郎!!」ガガガガガガガ!
ノイトラ「テメェじゃ俺には届かねえよ!オラァ!!」ガシャァァ!
切嗣「またか…、セイバー同士で戦うのは止めろと言ったはずだ」
グリムジョー「アァ!?とっとと失せろ!」
ノイトラ「命令してんじゃねえぞ、先にぶっ殺してやろうか?」
グリムジョー「余所見してんじゃねえぞ!」バッ
ノイトラ「はっ、余所見だ?そいつはテメェだろうが!」
切嗣(くそっ、礼呪を使うか!?)
ウルキオラ「そこまでだ、ノイトラ、グリムジョー」
グリムジョー「ああ!?何の用だウルキオラ!」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。