SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
Fate SS
タグ一覧の表示
<<
2017年11月
>>
14件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/11/05(日)16:34:47.37
ID:lKXwV95n0
レンタルマギカのクロスと称して主に魔神柱について振り返ったり振り返らなかったりするSSです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/11/05(日)16:37:08.02
ID:lKXwV95n0
 人理修復を果たしたカルデアに、一本の連絡が入る。
「協会からの、査察……ですか?」
 内容を受けてマシュ・キリエライトの声には僅かばかりの不安が混じっていた。
「ああ。世界がやっとこさ元に戻ったばっかりで、まだ魔術協会も混乱してるものだと思っていたんだけどねぇ」
 ダ・ヴィンチちゃんも、口調こそいつもと変わらないものの戸惑いを隠せないようだ。
 人理継続保証期間カルデアは、魔術王を名乗るモノを倒し、焼却された歴史を元に戻したばかりである。
 1年間、消失していた世界が元に戻ったということで、どこもかしこも大慌てである。
 一方で、消失した1年を知るこのカルデアは外部からの手が入ることが予想されていた。
「まぁ、魔術協会の人間が直接来るわけじゃないみたいだけどね。あくまで先遣隊と言うか、前座の前座ってとこかな」
「……どういうことですか?」
「どうにも、さてどう動くかと決めかねている協会で、さる魔術結社の首領が手を挙げたらしい。
 そしてその上げた手をそのままぐいと隙間に突っ込んだとか」
「では、その結社の方がいらっしゃる、と」
「そそそ。だから横合いから殴られた気分で、協会側も難色を示しているとかななんとか。
 外と連絡とってるスタッフからのまた聞きだけどね」
「しかし……いったいなぜそこまでして」
「その魔術結社の由来が由来だからね。一番早く動けたんだろうし、一番早く動きたいんだろう。なにしろ――」
 そこに一人の少年が駆けつける。
 世界を救った立役者。
 多くの英霊と絆を結び、最後まで戦った少年。
「――すんません!遅れました」
「おはようございます。先輩」
「ちょうどよかった。これからカルデアに来る魔術結社と、その首領
続きを読む

[ 閉じる ]
11/10 (10:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510143227/

1:
◆4soo/UO.k62017/11/08(水)21:13:47.73ID:
CHTpgRYyo
きっと、私があの子に出会うことはないと思っていた。
二度と触れ合うことは出来ないと。
あの顔を見ることも、あの声を聴くことも、もう私には届くはずのない夢となった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆eF6RWyN1IM2017/10/30(月)22:43:31.36
ID:cJ4+NVe70
関連スレ
ぐだ男「カルデアの日常」
ぐだ子「カルデアの日常」
カルデア卓上遊戯部
ぐだ男「メルトの交友関係がよくわからない」

2:
◆eF6RWyN1IM2017/10/30(月)22:44:55.71
ID:cJ4+NVe70
?恥じらい?
水着ネロ「なーいすないす!ないすばでぃー!」ドーン!
水着ネロ「うむうむ!今日も絶好調であるな!」
槍王「その……なんというか締まらない掛け声はなんとかなりませんか?」
水着ネロ「なにぃ!?余の美声と美ボディであるぞ!?味方を鼓舞するのにこれ以上のものはあるまい」
槍王「そ、そうなのですか……」
水着ネロ「そうだ!……そう言うそなたもなかなかではないか?よーし!一緒に行くぞーぅ!」
槍王「え?え、あの……」
ネロ&槍王「なーいすないす!ないすばでぃー!」
水着ネロ「どうだ!爽快感があるだろう!」
槍王「こ、これはなかなか……」
ベディ「王よ…………」
槍王「ベディヴィエール卿……?わ、忘れなさい!忘れてください!!!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/29(日)00:44:11.46
ID:xEnS6ULnO
「ん……」
「……あら……お目覚めになられたのですね、マスター」
「……んー……うん。おはよう……」
 頬の上を滑る柔らかな感触。左腕から伝わってくる重みと痺れ。それを感じながら目を覚ます。
 ぼんやり映る寝ぼけ眼の視界の中には朧気な輪郭をした人の顔。その真ん中辺りの……きっと唇が静かに動いて、優しい声が降ってくる。
「はい、おはようございます。……ああ」
「……?」
「そのままで。そこは私が拭ってさしあげますから」
 瞼を拭うために腕を動かそうとして、けれどそれを制された。
 重さや痺れのない右腕。細くて柔らかい、温かな何かを抱くようにして前へ伸ばしていた右腕はそのままに留められて。それからすぐ瞼へ、それまで頬を滑っていた感触が移って触れてくる。
「ふふ……」
 そっと、そうっと。優しく瞼を拭われる。
 気持ちいい。心地いい。ただ触れられているだけなのに溶かされてしまいそうになる。拭われるごとに晴れていく視界と同じ、ぼやけていた思考も晴れてくる。
 だんだんと見えてきて、そうして頭でも分かるようになってきた。目の前の人のこと。視界をいっぱいに埋め尽くす綺麗に整った彼女の顔。誰より恋しい、何より愛しい相手のことを。


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
11/06 (12:00) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/11/05(日)16:34:47.37:
lKXwV95n0
レンタルマギカのクロスと称して主に魔神柱について振り返ったり振り返らなかったりするSSです。

続きを読む

[ 閉じる ]
10/31 (14:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509371011/

1:
◆eF6RWyN1IM2017/10/30(月)22:43:31.36ID:
cJ4+NVe70
関連スレ
ぐだ男「カルデアの日常
ぐだ子「カルデアの日常」
カルデア卓上遊戯部
ぐだ男「メルトの交友関係がよくわからない」
2:
◆eF6RWyN1IM2017/10/30(月)22:44:55.71ID:
cJ4+NVe70
?恥じらい?
水着ネロ「なーいすないす!ないすばでぃー!」ドーン!
水着ネロ「うむうむ!今日も絶好調であるな!」
槍王「その……なんというか締まらない掛け声はなんとかなりませんか?」
水着ネロ「なにぃ!?余の美声と美ボディであるぞ!?味方を鼓舞するのにこれ以上のものはあるまい」
槍王「そ、そうなのですか……」
水着ネロ「そうだ!……そう言うそなたもなかなかではないか?よーし!一緒に行くぞーぅ!」
槍王「え?え、あの……」
ネロ&槍王「なーいすないす!ないすばでぃー!」
水着ネロ「どうだ!爽快感があるだろう!」
槍王「こ、これはなかなか……」
ベディ「王よ…………」
槍王「ベディヴィエール卿……?わ、忘れなさい!忘れてください!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
10/29 (10:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509205451/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/29(日)00:44:11.46ID:
xEnS6ULnO
「ん……」
「……あら……お目覚めになられたのですね、マスター」
「……んー……うん。おはよう……」
 頬の上を滑る柔らかな感触。左腕から伝わってくる重みと痺れ。それを感じながら目を覚ます。
 ぼんやり映る寝ぼけ眼の視界の中には朧気な輪郭をした人の顔。その真ん中辺りの……きっと唇が静かに動いて、優しい声が降ってくる。
「はい、おはようございます。……ああ」
「……?」
「そのままで。そこは私が拭ってさしあげますから」
 瞼を拭うために腕を動かそうとして、けれどそれを制された。
 重さや痺れのない右腕。細くて柔らかい、温かな何かを抱くようにして前へ伸ばしていた右腕はそのままに留められて。それからすぐ瞼へ、それまで頬を滑っていた感触が移って触れてくる。
「ふふ……」
 そっと、そうっと。優しく瞼を拭われる。
 気持ちいい。心地いい。ただ触れられているだけなのに溶かされてしまいそうになる。拭われるごとに晴れていく視界と同じ、ぼやけていた思考も晴れてくる。
 だんだんと見えてきて、そうして頭でも分かるようになってきた。目の前の人のこと。視界をいっぱいに埋め尽くす綺麗に整った彼女の顔。誰より恋しい、何より愛しい相手のことを。

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆eF6RWyN1IM2017/10/11(水)22:29:37.58
ID:eEukKc8g0
ウィーン
アルテラ「邪魔するぞ……むっ、今日はお前しかいないのか」
玉藻「はい。皆さんお休みですねぇ」パチッ
アルテラ「サボタージュは悪い文明だ」
玉藻「まあまあ。孔明さんやジャンヌオルタさんみたいにレイシフト中の人もいますから」パチッ
アルテラ「それなら仕方ないか……今は何をやっているんだ?」
玉藻「ん?これは詰将棋ですよ」
アルテラ「将棋なら知っている。チェスのようなものだろう……詰将棋とはなんだ?」
玉藻「そうですねぇ……途中から指してどうやったら勝てるか考えるパズル……って言えばわかります?」
アルテラ「なんとなくだが」
玉藻「じゃあちょっとやってみましょうかね」
アルテラ「そうするか」


続きを読む

[ 閉じる ]
10/24 (17:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494759760/

1:
◆xdATigB/bMnM2017/05/14(日)20:02:41.12ID:
7h0746D7o
士郎「桜ー体温計おいとくから、ちゃんと計るんだぞー」
桜「は、はい…ありがとうございます」ゴホッゴホッ
士郎「あと、濡れタオルはここ、冷えピタはここ、水おいとくからちゃんと定期的に飲むんだぞ…ええと、他には…」
大河「もう、士郎ったら。桜ちゃんがちょっと熱が出たからって心配しすぎよう」
士郎「ばか、何がおこるかわかんないだろ、風邪は万病の元って言うし」
桜「せ、先輩。そんなに気を配ってくれなくても大丈夫ですよ」ゴホッゴホッ
士郎「そんな事言いながら、また咳いてるじゃないか」
大河「士郎ーそろそろ学校いかないと遅れちゃうわよ、桜ちゃんの事心配するのもほどほどにしときなさいよ」
士郎「藤ねえだって桜が心配で職場に少し遅れますって連絡入れてたじゃないか」
大河「むぅ…仕方ないじゃないの…だって心配だもの」
士郎「まぁ、もう少しで遠坂が来るからそれまでの辛抱だな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/08(日)16:42:22.76
ID:MlpcfRuf0
「台無しよ」
「全部全部、何もかも全部を台無しにするの」
「あなたの全部を……私は……」
 カルデアのマイルーム。電灯の光は消され、蝋燭の淡い光にぼんやりとだけ照らされた部屋の中。そこへ僕は彼女と二人で共にいた。
 ジャンヌオルタ。かつて訪れた特異点で敵対した竜の魔女。数々の特異点でその力を奮ってくれた大切なサーヴァント。人理修復を成した後、この今になってもその身をここへ置いてくれている彼女。彼女と二人……他に誰もいない二人きりで、僕は今ベッドの上へ身体を横に寝かせている。
「あなたが用意してくれた何もかも」
「このドレスも、この花束も、この水も」
「全部台無しにするのです。……しなければいけないのです」
 新宿で纏っていた黒のドレス。特別に再現して仕立ててもらって、そうして今日僕から贈ったそれ……所々が破け、内に秘めた陶器のように真白い肌を隠せずにいるそれを纏った彼女。
 皺を作って乱れたシーツ。鮮やかな赤色……カーネーションの花弁を幾重にも散らしながらぐちゃ、と乱れたシーツの上。そこへ僕は横になって……彼女に、身体を押し倒されていた。
「ほら、私を見なさい」
「そう。見て。逸らさないで口を開けて」
「口です。開けて。……いいからほら、開けなさい」
「台無しにしてあげる。これもまた、この水も台無しにしてあげますから……」
 頬へ添えられた冷たい手、まっすぐ一途に注がれる潤んだ瞳、投げ掛けられる声に促されて口を開く。
 抵抗は無駄。身を捩って震わせて……そうして逃れようとする僕の抵抗は彼女の前では無駄なのだと、それはもう教え込まされてしまっている。押さえ付けられて、のし掛かられて、僕はもう逃れられないのだと。
 だから僕は言われるまま。少しの躊躇の後、抵抗はせずに開いてみせて。彼女の求めるまま身を許す。
「丹念に時を重ねて絞られた、心地のいい温度へと冷やされた、この時のためにあなたが用意してくれたこれ」
「これも台無しに……。余計な不純物を混ぜ入れて、心地いい冷たさを無惨に奪って……そうしてあなたへ贈りましょ
続きを読む

[ 閉じる ]
10/12 (12:00) えすえすログ
全てのレス
元スレ
2:
◆eF6RWyN1IM
:2017/10/11(水)22:29:37.58:
eEukKc8g0
ウィーン
アルテラ「邪魔するぞ……むっ、今日はお前しかいないのか」
玉藻「はい。皆さんお休みですねぇ」パチッ
アルテラ「サボタージュは悪い文明だ」
玉藻「まあまあ。孔明さんやジャンヌオルタさんみたいにレイシフト中の人もいますから」パチッ
アルテラ「それなら仕方ないか……今は何をやっているんだ?」
玉藻「ん?これは詰将棋ですよ」
アルテラ「将棋なら知っている。チェスのようなものだろう……詰将棋とはなんだ?」
玉藻「そうですねぇ……途中から指してどうやったら勝てるか考えるパズル……って言えばわかります?」
アルテラ「なんとなくだが」
玉藻「じゃあちょっとやってみましょうかね」
アルテラ「そうするか」

続きを読む

[ 閉じる ]
10/12 (10:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507728540/

2:
◆eF6RWyN1IM2017/10/11(水)22:29:37.58ID:
eEukKc8g0
ウィーン
アルテラ「邪魔するぞ……むっ、今日はお前しかいないのか」
玉藻「はい。皆さんお休みですねぇ」パチッ
アルテラ「サボタージュは悪い文明だ」
玉藻「まあまあ。孔明さんやジャンヌオルタさんみたいにレイシフト中の人もいますから」パチッ
アルテラ「それなら仕方ないか……今は何をやっているんだ?」
玉藻「ん?これは詰将棋ですよ」
アルテラ「将棋なら知っている。チェスのようなものだろう……詰将棋とはなんだ?」
玉藻「そうですねぇ……途中から指してどうやったら勝てるか考えるパズル……って言えばわかります?」
アルテラ「なんとなくだが」
玉藻「じゃあちょっとやってみましょうかね」
アルテラ「そうするか」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
10/09 (13:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507448542/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/08(日)16:42:22.76ID:
MlpcfRuf0
「台無しよ」
「全部全部、何もかも全部を台無しにするの」
「あなたの全部を……私は……」
 カルデアのマイルーム。電灯の光は消され、蝋燭の淡い光にぼんやりとだけ照らされた部屋の中。そこへ僕は彼女と二人で共にいた。
 ジャンヌオルタ。かつて訪れた特異点で敵対した竜の魔女。数々の特異点でその力を奮ってくれた大切なサーヴァント。人理修復を成した後、この今になってもその身をここへ置いてくれている彼女。彼女と二人……他に誰もいない二人きりで、僕は今ベッドの上へ身体を横に寝かせている。
「あなたが用意してくれた何もかも」
「このドレスも、この花束も、この水も」
「全部台無しにするのです。……しなければいけないのです」
 新宿で纏っていた黒のドレス。特別に再現して仕立ててもらって、そうして今日僕から贈ったそれ……所々が破け、内に秘めた陶器のように真白い肌を隠せずにいるそれを纏った彼女。
 皺を作って乱れたシーツ。鮮やかな赤色……カーネーションの花弁を幾重にも散らしながらぐちゃ、と乱れたシーツの上。そこへ僕は横になって……彼女に、身体を押し倒されていた。
「ほら、私を見なさい」
「そう。見て。逸らさないで口を開けて」
「口です。開けて。……いいからほら、開けなさい」
「台無しにしてあげる。これもまた、この水も台無しにしてあげますから……」
 頬へ添えられた冷たい手、まっすぐ一途に注がれる潤んだ瞳、投げ掛けられる声に促されて口を開く。
 抵抗は無駄。身を捩って震わせて……そうして逃れようとする僕の抵抗は彼女の前では無駄なのだと、それはもう教え込まされてしまっている。押さえ付けられて、のし掛かられて、僕はもう逃れられないのだと。
 だから僕は言われるまま。少しの躊躇の後、抵抗はせずに開いてみせて。彼女の求めるまま身を許す。
「丹念に時を重ねて絞られた、心地のいい温度へと冷やされた、この時のためにあなたが
続きを読む

[ 閉じる ]
10/08 (19:00) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/10/08(日)16:42:22.76:
MlpcfRuf0
「台無しよ」
「全部全部、何もかも全部を台無しにするの」
「あなたの全部を……私は……」
 カルデアのマイルーム。電灯の光は消され、蝋燭の淡い光にぼんやりとだけ照らされた部屋の中。そこへ僕は彼女と二人で共にいた。
 ジャンヌオルタ。かつて訪れた特異点で敵対した竜の魔女。数々の特異点でその力を奮ってくれた大切なサーヴァント。人理修復を成した後、この今になってもその身をここへ置いてくれている彼女。彼女と二人……他に誰もいない二人きりで、僕は今ベッドの上へ身体を横に寝かせている。
「あなたが用意してくれた何もかも」
「このドレスも、この花束も、この水も」
「全部台無しにするのです。……しなければいけないのです」
 新宿で纏っていた黒のドレス。特別に再現して仕立ててもらって、そうして今日僕から贈ったそれ……所々が破け、内に秘めた陶器のように真白い肌を隠せずにいるそれを纏った彼女。
 皺を作って乱れたシーツ。鮮やかな赤色……カーネーションの花弁を幾重にも散らしながらぐちゃ、と乱れたシーツの上。そこへ僕は横になって……彼女に、身体を押し倒されていた。
「ほら、私を見なさい」
「そう。見て。逸らさないで口を開けて」
「口です。開けて。……いいからほら、開けなさい」
「台無しにしてあげる。これもまた、この水も台無しにしてあげますから……」
 頬へ添えられた冷たい手、まっすぐ一途に注がれる潤んだ瞳、投げ掛けられる声に促されて口を開く。
 抵抗は無駄。身を捩って震わせて……そうして逃れようとする僕の抵抗は彼女の前では無駄なのだと、それはもう教え込まされてしまっている。押さえ付けられて、のし掛かられて、僕はもう逃れられないのだと。
 だから僕は言われるまま。少しの躊躇の後、抵抗はせずに開いてみせて。彼女の求めるまま身を許す。
「丹念に時を重ねて絞られた、心地のいい温度へと冷やされた、この時のためにあなたが用意してくれたこれ」
「これも台無しに……。余計な不純物を混ぜ入れて、心地いい冷たさを無惨
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。