SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
SS
タグ一覧の表示
<<
2017年05月
>>
2286件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/23(火)19:52:20.066:
x+pNUE830.net
ガヴリール「夏休みの宿題やろうと思ったら……そういえば学校に起きっぱだったな……」
ガヴリール「めんどくさいが……取りに行くか……」
ガヴリール「珍しくやる気になったし、緊急メンテで暇になったしな」
ガヴリール「……そういえば前から気になってた抜け道から行ってみるか」
ガヴリール「えっと……学校があっちだから……お、この穴から近道できそうだ」
ガッ
ガヴリール「……あれ?詰まっただと……?いやいやいや、私そんなに太ってないだろ……?」
ガヴリール「いや、まあ確かに最近食っちゃ寝を繰り返してたとは思うけど……」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆eF6RWyN1IM2017/05/13(土)21:23:27.37
ID:YDmDXm5Q0
モバP「いや、ライラさんって怒るの苦手だって言ってたしいつも笑ってるから気になるな、と」
裕美「いっつも笑ってるならそれで良いんじゃないかな……?」
モバP「新鮮な表情も見たいんだよ!哀しんでる顔とか楽しんでるところとか!」
裕美「うーん……力説されても、ちょっとわからないかも……」
モバP「一度見ればわかるって!ちょっとライラさんに色々してみようか!」
裕美「コラッ!あまりライラさんに変なことしない!」キュピィン
モバP「悪いことはしない!これは演技とかの仕事をとるのにも必要なことだから!」


続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (07:00) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/24(水)01:06:31.62:
XnjUjxDf0
※アイドルの喫煙描写あり
※アイドルは全員成人済みです
※出てこない子は吸ってない子と考えてもらえれば
※のり子は禁煙中

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495502297/
1:
◆VsKDZIx0tDcQ
2017/05/23(火)10:18:18.18ID:e8tmdhGk0
冒頭からこんなことを願うのはかなり緊迫感を与えてしまうかもしれない。
でも、それでも私は願うしかなかった。

2:
◆VsKDZIx0tDcQ
2017/05/23(火)10:18:52.81ID:e8tmdhGk0
誰か助けてーーーーーと。
3:
◆VsKDZIx0tDcQ
2017/05/23(火)10:20:06.52ID:e8tmdhGk0
私は今、ガヴの部屋のベッドの下にいる。
ここで誤解しないでほしいのは、決して怪しい趣味だとか性癖を満たすためにこんな場所に隠れているわけじゃないってところ。
だからどうか引かないで。
別に私は変態じゃない……変態じゃないもん。
そうよ、これはちょっとした行き違い、言わば不可抗力によって導かれた、ごく自然な状況だと私は主張する。
4:
◆VsKDZIx0tDcQ
2017/05/23(火)10:22:06.24ID:e8tmdhGk0
前置きはこのくらいにして、そろそろ本題に移りましょう。
まずさっきも説明したように私は今ガヴの部屋の、ベッドの下に潜んでいる。
なんだ、じゃあ今すぐそこから出れば良いじゃないかなんて普通は思うはず。
私だって出れるならとっくに出てるわよ。
それができないのにはあまりにもリアルな理由があるわけで。
5:
◆VsKDZIx0tDcQ
2017/05/23(火)10:22:51.40ID:e8tmdhGk0
ガヴリール「サターニャ、おまえほんとスタイル良いな」
サターニャ「ぅあ、ガブリール、くすぐったい……ひゃんっ」
ガヴリール「そんなエロい声だすなよ……我慢できなくなるだろ」
サターニャ「ふーん……じゃあ我慢する?」
ガヴリール「するわけない」チュ...
サターニャ「んっ、ガヴリール……ぁ」
この部屋には今、私とガヴと、そしてサターニャがいる状態。続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/24 (06:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495552594/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/24(水)00:16:34.82ID:
nvVT6/WA0
キャラ崩壊注意
P「んん・・・ん?」
藍子「あ、Pさん起きました」

茜「起きましたね!」

未央「起きたね」

P「お、おい・・・なんだこれは、目の前が真っ暗なんだが。目隠しか?」
未央「違うよ」
茜「アイマスクです!」
P「アイマスク?」
藍子「Pさんお仕事忙しそうで・・・ちゃんとお休みできているか心配で・・・」
茜「私達からのプレゼントです!」
未央「仮眠室で寝てる間に付けておいたよ」
P「そうだったのか・・・ありがとう」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (06:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/24(水)02:43:01.02:
ikXJgynOo
はぁ、と小さく息を吐いて空を見上げる。
空はボクの心を現すかのごとく分厚い雲が覆っており、ボクの憂鬱な気持ちを増幅させるのだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TDuorh6/aM2017/05/23(火)21:17:08.55
ID:k1XqaXjiO
これはミリマスssです
かなり人を選ぶと思います
前作
【ミリマス】周防桃子「え?耳かきになりたい?」

2:
◆TDuorh6/aM2017/05/23(火)21:17:50.91
ID:k1XqaXjiO
「はやく…シて?お兄ちゃん…」
頬を紅潮させて肩を上下させる桃子。
その耳まで既に真っ赤に染まっていて、どれほど桃子が昂ぶっているのかが伝わってきた。
俺の太ももに頭を乗せ、彼女は俺に耳の穴を晒す。
未熟な小さい桃子のソレが、俺の硬い棒を誘う。
けれど、ここで俺は一つイタズラを思い付いた。
そこまでシて欲しいのであれば。
そこまで挿入て欲しいのであれば。
どのようにされたいのか、桃子の幼い口で言葉にさせよう、と。
「なぁ桃子、お前は俺にどうされたいんだ?」
「え…?だ、だから、その…耳かきで…」
「なんだ?耳かきは耳の汚れを掃除する為の道具なんだぞ?でも桃子の耳は清かったんだ。使う必要なんて無いじゃないか」
「お、お兄ちゃん…桃子の言う事が聞けないの?」
「だから、聞いてあげるから言葉にしてくれって言ってるじゃないか」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1489505732/
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/15(水)00:35:32.896ID:XoRAOljx0.net
サターニャ「こいつをラフィエルに飲ませて、いつも私を見下してくるラフィエルを私のしもべにしてやるのよ!」
ヴィーネ「やめといた方がいいと思うわよ?」
サターニャ「ふん!ヴィネットは黙って見てなさい!そうね、成功した暁にはヴィネットにもこの薬少し分けてあげてもいいわよ?」
ヴィーネ「い、いらないわよ!///」

11:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/15(水)00:38:05.900ID:XoRAOljx0.net
サターニャ「さて、どう飲ませるかね……」
サターニャ「とりあえず飲み物にでも混ぜておこうかしら」
サターニャ「ラフィエルー!」
ラフィエル「サターニャさん!」
サターニャ「喉乾いてない?ほら、お茶あげるわよ」
ラフィエル(……蓋が開けてありますね、これはなにか仕込まれてそうです……)
サターニャ「どうしたの?はやく受け取りなさいよ」ニヤニヤ
ラフィエル(……ま、面白そうですし飲んでおきましょうか?)
ラフィエル「ありがとうございます、いただきますね?」
サターニャ「ふふ、ありがたく思いなさいよね!」
ラフィエル「ごくごく、ぷはっ」
サターニャ(さぁラフィエル……私の虜となるがいいわ……!)
14:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/15(水)00:39:46.062ID:XoRAOljx0.net
ラフィエル「……このお茶あんまり美味しくないですね」
サターニャ「え?そうなの?」
ラフィエル「サターニャさんも1口飲んでみたらどうです?」
サターニャ「うん……ごくごく」
ラフィエル「美味しくないですよね?」
サターニャ「そう?美味しいじゃない……ってあー!!!!!」
ラフィエル「どうかしたんですか?」ニヤニヤ
サターニャ「あっ……な、何でもないわよ!!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/27(月)23:05:11.546ID:Ua6jfawt0.net
サターニャ「悪魔的行為を繰り返してるからそれなりに貰ってるわよ」
ガヴリール「具体的に」
サターニャ「ヴィーネみたいに自炊生活しなくて済むくらいには貰ってるわね」
ガヴリール「だからいくら貰ってんだよ。15万くらいか?」
サターニャ「その13倍くらいよ。ま、魔界通販とかで大部分使っちゃうんだけどね」
ガヴリール「はぁ!?」
ガヴリール(この悪魔が約2百万の仕送り?だったら、私も天使らしく生活したら…)ゴクリ…
サターニャ「あ、注文の品が来たわよ。ほら、あんたの半ライスと生卵」
ガヴリール「おう…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1489586313/
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/15(水)22:58:33.666ID:OE9N3Xq7d.net
天界白羽家
マルティエル「そう仰らずに私を」
ラフィエル「お断りしますー」
マルティエル「お嬢様のその、うっとおしい羽虫を見るような目が」
ラフィエル「ちょーっと黙っててくださいますー?」
下界ラフィの部屋
ラフィエル「という会話をした覚えがあるのですが」
マルティエル「あぁ、お嬢様の躾けのなっていない駄犬を見るような」
ラフィエル「もう喋らなくていいので帰って頂けますかー?」

3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/15(水)23:00:06.742ID:OE9N3Xq7d.net
マルティエル「お嬢様、そろそろ学校のお時間です」
ラフィエル「そうですね、マルティエルは天界へ帰る時間ですよ?」
マルティエル「お嬢様が勉学に励んでおられる間、この部屋の警備はお任せください」
マルティエル「例え盗人が忍び込もうとも、お嬢様の下着の類にだけは決して手を出させませんので」
ラフィエル「どうやら既に盗人が忍び込んでいるようですねー」
マルティエル「なんと、優秀な執事である私の目を盗むとは、いったい賊はどこに」
ラフィエル「確かに執事としては優秀なんですけどねぇ……」
4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/15(水)23:00:56.568ID:OE9N3Xq7d.net
ラフィエル「部屋に置いていくくらいなら学校へ連れて行ったほうがマシですね」
マルティエル「ありがたき幸せ」
ラフィエル「余計な事はしないでくださいね?」
マルティエル「はい、お嬢様の身の回りのお世話、お任せください」
ラフィエル「言い直します、何もしないでくださいね?」
5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/03/15(水)23:01:31.161ID:OE9N3Xq7d.net続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/24(水)02:07:50.39
ID:JmgJznv7o
母「お願いします、うちの息子を助けて下さい!」
ブラック・ジャック「わたしの治療費は高くつきますぜ」
母「お金はいくらかかってもかまいません! お願いします!」
ブラック・ジャック「とにかく息子さんを診せてもらいましょう」
ブラック・ジャック「わたしにもできることとできないことってもんがあるんでね」
母「は、はい……」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (04:05) SS 森きのこ!
関連SS
【ミリマス】朋花「2人のスクリプチュア」
【ミリマス】鳥籠のビショップ
【ミリマス】女王とマリア
【ミリマスSS】偶像とナイト

元スレ
全てのレス
2:
◆74/46nW9/o
:2017/05/23(火)21:57:41.10:
E0ZkfEaV0
学友A「朋花さん、いつの間に芸能界に入ってたの!」
学友B「そうだよ!しかもこれ大手のブランド服のモデルだし?。」
朋花「あら、見つかってしまいましたか?♪」
学友A「い?な?。私もこういう服着こなせるようになりた?い」
学友C「なに!朋花さんが芸能界に入っただって!」
騎士A「遅いなC。我々はいつその情報が出ても言いように既に祝いの準備ができている!」ス オカシドン
騎士B「‥‥」ジュースドン
朋花「あらあら、ありがとうございます?♪」
騎士団A「もったいなきお言葉です!」
先生「おい、そろそろ授業に戻れ!」
亜利沙「こちらにアイドルデビューした天空橋さんがいる聞いたのですよー」
先生「他校の生徒が堂々と来るんじゃない!あとBはそれ没収だからな!」
ざわざわ‥‥

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1489681054/
1:
以下、VIPがお送りします
2017/03/17(金)01:17:34.67ID:pV4qI/yLn
ーー学校ーー
キーンコーン
ガヴ「ふう、やっとお昼か」
ヴィーネ「ね、ガヴ。今日はお昼ごはんどうする?」
ガヴ「え?ああ、私は来るときにコンビニで買ったから。さっさと食べちゃってゲーム進めたいし」
ヴィーネ「あんた、さすがに授業中はやめた方がいいわよ……」
ガヴ「何言ってんのヴィーネ!魔王に侵略された世界は私を待ってるんだよ!?」
ヴィーネ「はいはい、まったく……それじゃ、私もお弁当作ってきたし教室で食べましょうか」
ガヴ「うーい」

2:
以下、VIPがお送りします
2017/03/17(金)01:19:11.88ID:pV4qI/yLn
サターニャ(あいつら、今日はここでお昼を食べるのね……ま、私は一人でも全然いいけれど、誘いに来て私がいなかったら可哀想だし、もう少し教室にいてあげようかしら)
ガヴ「んじゃ、食べるとしますか」
ヴィーネ「あ、ガヴ。ちょっと待ちなさい」
サターニャ(そうよ。この大悪魔サターニャ様を忘れるなんて、なってないわよ)
ヴィーネ「食べる前にはちゃんと手を洗わないと」
ガヴ「えー、めんどい」ペリペリ
ヴィーネ「あ、もう!……まったく、ガヴったら」
サターニャ(そっち!?違うわよ、そうじゃなくて……)
3:
以下、VIPがお送りします
2017/03/17(金)01:20:18.27ID:pV4qI/yLn
ヴィーネ「あっ、そう言えば!」
サターニャ(さすがヴィネット!)
ヴィーネ「お漬け物漬けてみたの。ガヴも、ほら。野菜足りてないんだから」
ガヴ「えー、ヴィーネ、ババくさくね?」
ヴィーネ「バ、ババくさい、って……」
ガヴ「そんなことより、さっさと食べようよ」
ヴィーネ「……そうね。そんなに時間もないし。いただきます」
サターニャ(た、食べ始めちゃった!?な、なんでよ!こうなったら私の方から……って、別に私は
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/23(火)23:49:07.44
ID:/WvOtfAL0
P「ああ、初めて日本でキスシーンのある映画が登場したことから今日になったみたいだ。」
伊織「ふーん、あんたって本当に無駄な知識ばかり持ってるわね」
P「くっ」グサァ
P「伊織、今の発言はかなり俺に響くぞ」
伊織「事実だから別に良いじゃない」
伊織「全く、そんなこと覚える暇があるならもっと私が上のランクに行けるように仕事しなさいよ」
P「そう言われると何も言い返せないけど……」
P「他にも今日は世界亀の日、ラブレターの日でもあるんだ」
伊織「へえ……あまり興味はないけど……」
伊織「……そんな話を聞いて欲しそうな顔されたら断り辛いわね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/22(月)21:05:04.900ID:WLmR+d8Y0.net
 
-映画館-
タプリス「はぁー、ほんとに楽しかったですね!」
ヴィーネ「ええ、大満足の内容だったわ」
タプリス「特にマスコットのクマさんが変身して、戦うところが最高でした!」
ヴィーネ「主役の二人との掛け合いでは、思わず泣いてしまったわ」
タプリス「今日はお誘いいただいて、本当にありがとうございます!」
ヴィーネ「いえいえ、どうしたしまして」
ヴィーネ「タプちゃんが喜んでくれたなら、よかった」ニコッ
タプリス「それにしても、他のお客さん、家族連れの方たちばかりでしたね」
タプリス「おじさまも少しだけ、いましたけど……」
ヴィーネ「あはは……そこは気にしちゃダメよ、タプちゃん」
タプリス「は、はぁ」
タプリス「あ、月乃瀬先輩! マスコットのぬいぐるみが売ってますよ!」
ヴィーネ「うそっ!? こ、これは……映画館限定のぬいぐるみじゃない!」
タプリス「そうなんですか?」
ヴィーネ「……買うわ」
タプリス「えっ、結構、値が張りますけど……」
ヴィーネ「ここで買わないと、次にいつ買えるかわからないもの」
タプリス(月乃瀬先輩、よほど、この作品が好きなんですね……)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495463206/
1:
◆yJGN1SPTmzFo
2017/05/22(月)23:26:47.03ID:HPtuRaSh0
提督「吹雪へ。普段言えないことも、手紙ならば言葉にすることが出来るかもしれないと思い、筆を取りました」カリカリ
吹雪「あの」
提督「いつもありがとう。戦闘でも、秘書官業務でも、休日につきあってもらうことも、本当に感謝しています」カリカリ
吹雪「司令官?」
提督「思えば、最初に着任してくれたあの頃から、きみにはお世話になってばかりでした」サラサラ
吹雪「もしもし?」
※出てくる艦娘は好きなこを並べただけです

2:
◆yJGN1SPTmzFo
2017/05/22(月)23:27:47.05ID:HPtuRaSh0
提督「右も左もわからない私に、吹雪は優しく仕事の手順を教えてくれた」サラサラ
吹雪「私、ここにいるんですけど?」
提督「そして、出撃となれば勇ましく先陣を切り、深海棲艦を沈めていく姿は何よりも私にとっては頼りになるものだった」サラサラ
吹雪「いますよね。私、ここに存在してますよね?」
提督「今は大勢の艦娘がこの鎮守府に着任しているけれど、私が吹雪を頼りにしていることには変わりません」サラサラ
吹雪「司令官、いつもは一人称『俺』ですよね」
提督「自分はそんな吹雪とつりあいが取れる提督であれているか、いつも不安です」カツカツ
吹雪「司令官、いつも私に向かって、すごくぞんざいなしゃべり方してますよね」
提督「もし、少しでも吹雪が私を認めてくれているならば、とても嬉しく思います。もしそうでないなら……申し訳ない。これからの自分を見ていてほしい」カツカツ
吹雪「司令官、いつも私の前で、昼間からお酒を飲んだり居眠りしたりしてますよね」
提督「これからも、常に自分を高め、理想の提督であるための努力は惜しまないつもりです」カツカツ
吹雪「司令官、いつも私が注意すると、んなもんテキトーでいいんだよとか、チッうるせーなとかですよね」
3:
◆yJGN1SPTmzFo
201
続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (02:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495541828/

1:
◆TDuorh6/aM2017/05/23(火)21:17:08.55ID:
k1XqaXjiO
これはミリマスssです
かなり人を選ぶと思います
前作
周防桃子「え?耳かきになりたい?」

2:
◆TDuorh6/aM2017/05/23(火)21:17:50.91ID:
k1XqaXjiO
「はやく…シて?お兄ちゃん…」
頬を紅潮させて肩を上下させる桃子。
その耳まで既に真っ赤に染まっていて、どれほど桃子が昂ぶっているのかが伝わってきた。
俺の太ももに頭を乗せ、彼女は俺に耳の穴を晒す。
未熟な小さい桃子のソレが、俺の硬い棒を誘う。
けれど、ここで俺は一つイタズラを思い付いた。
そこまでシて欲しいのであれば。
そこまで挿入て欲しいのであれば。
どのようにされたいのか、桃子の幼い口で言葉にさせよう、と。
「なぁ桃子、お前は俺にどうされたいんだ?」
「え…?だ、だから、その…耳かきで…」
「なんだ?耳かきは耳の汚れを掃除する為の道具なんだぞ?でも桃子の耳は清かったんだ。使う必要なんて無いじゃないか」
「お、お兄ちゃん…桃子の言う事が聞けないの?」
「だから、聞いてあげるから言葉にしてくれって言ってるじゃないか」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (02:50) SS 森きのこ!
関連SS
周防桃子「え?耳かきになりたい?」
周防桃子「耳かき、して?」

元スレ
全てのレス
2:
◆TDuorh6/aM
:2017/05/23(火)21:17:50.91:
k1XqaXjiO
「はやく…シて?お兄ちゃん…」
頬を紅潮させて肩を上下させる桃子。
その耳まで既に真っ赤に染まっていて、どれほど桃子が昂ぶっているのかが伝わってきた。
俺の太ももに頭を乗せ、彼女は俺に耳の穴を晒す。
未熟な小さい桃子のソレが、俺の硬い棒を誘う。
けれど、ここで俺は一つイタズラを思い付いた。
そこまでシて欲しいのであれば。
そこまで挿入て欲しいのであれば。
どのようにされたいのか、桃子の幼い口で言葉にさせよう、と。
「なぁ桃子、お前は俺にどうされたいんだ?」
「え…?だ、だから、その…耳かきで…」
「なんだ?耳かきは耳の汚れを掃除する為の道具なんだぞ?でも桃子の耳は清かったんだ。使う必要なんて無いじゃないか」
「お、お兄ちゃん…桃子の言う事が聞けないの?」
「だから、聞いてあげるから言葉にしてくれって言ってるじゃないか」

続きを読む

[ 閉じる ]
主な登場人物:
矢澤にこ 
絢瀬絵里
 
西木野真姫
 
東條希
 
星空凛
 
小泉花陽
 
理事長(親鳥)

長さ:短編
本文レス数:約40
読了時間目安:約10分
紹介:2年組無しのライブ後、部室で打ち上げをすることになったにこたち6人。早速コンロや野菜、高級肉などを用意し、盛大な鍋パーティーが始まったのだが……
投稿時期:2014年6月
1:
◆UFNnDwMYPk
2014/06/24(火)22:41:20.67
ID:K9BsjHhw0
凛「ライブお疲れにゃー!」
絵里「よく頑張ったわね、凛。喉をくしくししてあげる」ナデナデ
凛「うーん……ごろごろー」
花陽「本当に頑張ったね」ナデナデ
希「さぁて、穂乃果ちゃん達は明日帰ってくるから………」
希「先にウチらだけで打ち上げしようか?」
※アニメ2期5話直後の話です
※勢いだけで書いたので、キャラ崩壊等大目に見てください
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1403617280


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/24(水)01:06:31.62
ID:XnjUjxDf0
※アイドルの喫煙描写あり
※アイドルは全員成人済みです
※出てこない子は吸ってない子と考えてもらえれば
※のり子は禁煙中

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486839398/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/12(日)03:56:38.38ID:ra5dNiV00
?召喚陣?
ジャンヌ「裁定者、ジャンヌ・ダルクです」
ジャンヌ「宜しくお願いしますね、マスター」
ぐだ子「お、おおー!ジャンヌ・ダルクさん!有名な英霊さんが来てくれた!」
マシュ「やりましたね!先輩!」
エリザ「はー、これで少しは楽になるかしらね」
ぐだ子「うう、今まではマシュとエリザに頼りきりだったからねえ」
ジャンヌ「あの……」
ぐだ子「あ、ごめんね、私はマスターのぐだ子!宜しくね!」
ぐだ子「これから一緒に、頑張っていこうね!」
ジャンヌ「はい、精一杯お力になりますね」
そう言って、聖女様は笑ってくれた。
凄く頼りになりそうな笑顔だった。


3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/12(日)04:25:06.36ID:ra5dNiV00
?1日目?
マシュ「先輩!敵増援が来ます!クラスは……セイバー!」
エリザ「あー、あいつら苦手なのよねぇ」
ぐだ子「ジャ、ジャンヌさん!助けて!」
ジャンヌ「任せてください!」
ぐだ子の要請に、ジャンヌは即座に動く。
旗で敵の剣を受け止め、鍔迫り合いで動きを封じる。
だが、敵は1人ではなく2人だった。
もう1人が、ジャンヌの背を剣で貫こうとした瞬間。
彼女のスキルが発動する。
ジャンヌ「神明裁決!」
ジャンヌが持つ擬似令呪が、敵の動きを封じる。
ぐだ子「流石ジャンヌさん!」
マシュ「凄いですジャンヌさん!」
ジャンヌさん!ジャンヌさん!ジャンヌさん!
ジャンヌ「もう!今は戦闘中ですよ2人とも!」
そう言いながらも、聖女様は嬉しそうだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (01:55) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/24(水)00:16:34.82:
nvVT6/WA0
キャラ崩壊注意
P「んん・・・ん?」
藍子「あ、Pさん起きました」
茜「起きましたね!」
未央「起きたね」
P「お、おい・・・なんだこれは、目の前が真っ暗なんだが。目隠しか?」
未央「違うよ」
茜「アイマスクです!」
P「アイマスク?」
藍子「Pさんお仕事忙しそうで・・・ちゃんとお休みできているか心配で・・・」
茜「私達からのプレゼントです!」
未央「仮眠室で寝てる間に付けておいたよ」
P「そうだったのか・・・ありがとう」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (01:15) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/23(火)23:49:07.44:
/WvOtfAL0
P「ああ、初めて日本でキスシーンのある映画が登場したことから今日になったみたいだ。」
伊織「ふーん、あんたって本当に無駄な知識ばかり持ってるわね」
P「くっ」グサァ
P「伊織、今の発言はかなり俺に響くぞ」
伊織「事実だから別に良いじゃない」
伊織「全く、そんなこと覚える暇があるならもっと私が上のランクに行けるように仕事しなさいよ」
P「そう言われると何も言い返せないけど……」
P「他にも今日は世界亀の日、ラブレターの日でもあるんだ」
伊織「へえ……あまり興味はないけど……」
伊織「……そんな話を聞いて欲しそうな顔されたら断り辛いわね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/05/23(火)18:37:59.140
ID:uPf6nbBC0.net
 サターニャ先生の、教えて!ストーキング講座のお時間です
 ただし、二次元の法則ありきなので現実世界で実行すると犯罪で捕まるよ!
 たとえこのスレでの方法を試さなかったとしても、絶対にストーカーはしないで下さい

続きを読む

[ 閉じる ]
1:名無しさん@おーぷん:2017/05/20(土)20:46:39ID:XAw
まずうちさぁ…屋根…私は、それを編みました…あなたは、それを焼きませんか?
2:名無しさん@おーぷん:2017/05/20(土)20:48:12ID:qY5
私はあなたが好きだった!

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495486652/
1:
◆OBrG.Nd2vU
2017/05/23(火)05:57:32.80ID:Z/tPWDqc0
※勢いだけでSSに挑戦しました(人生初)
※独自設定解釈あり。
※劇場版までのネタバレあり。
※筆者は戦車知識皆無です。

2:
◆OBrG.Nd2vU
2017/05/23(火)05:58:23.89ID:Z/tPWDqc0
もうすぐ日付が変わろうとする時刻。
場所は、大洗町内のとあるバー。
そこは、若者向けの1次会向けな居酒屋ではなく、夜に飽き足らない者同士が勢いで入る2次会向けの居酒屋でもなく。
1次会で近況を報告し合い、2次会で在りし日のように散々バカ話を繰り広げた後に、ようやく心の奥底から込み上がる大事な何か。
そんな何かを、大の男二人が語り合うのに相応しい空間だった。
3:
◆OBrG.Nd2vU
2017/05/23(火)05:59:14.10ID:Z/tPWDqc0
カウンター上に置かれた小さな灯りを挟むようにして、二人の男が昔話に花を咲かせている。
片や、ノーネクタイのワイシャツ姿ながら、エンジンオイルの匂いを漂わせる無骨そうな男。
片や、パンチパーマという厳めしい髪型ながら、理髪店特有の芳香を漂わせる温和そうな男。
どうも二人は旧友らしい。
バーのカウンター内でグラスを拭く初老のマスターは、会話の内容からそう察することができた。
「まさか淳五郎にあんな表情をさせる友人がいるとはねぇ」
マスターは薄目をちょっとだけ開けて、男達の方に視線を向けた。
4:
◆OBrG.Nd2vU
2017/05/23(火)06:00:20.97ID:Z/tPWDqc0
マスターは男の片方を知っていた。
秋山淳五郎。
学園艦で理髪店を営んでいる男だ。
このバーがある界隈は居酒屋が軒を連ねており、学園艦が大洗港に入港すると、たびたび学園艦商店街の旦那衆らが酒を飲みに訪れる。
つまり、淳五郎はこの界隈の常連だった。
淳五郎は髪型がパンチなせ
続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (00:35) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆6QdCQg5S.DlH
:2017/05/23(火)22:59:45.79:
lDlLLsgl0
莉嘉「あー、楽しかった!」
莉嘉「お姉ちゃん! 虫取りについてきてくれてありがとね☆」
美嘉「どういたしまして★」
美嘉「ま、莉嘉の頼みだしね」
莉嘉「ふふっ、お姉ちゃん大好きっ!」
美嘉「ん、ありがと」
美嘉「……でも早くお風呂に入りたいわ」
莉嘉「まあ泥だらけだもんねー」
莉嘉「特にお姉ちゃんなんか……」
美嘉「やめて」
莉嘉「木の根っこに躓いて……」
美嘉「やめてってば!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/23(火)22:35:12.12
ID:MZi4Yo6f0
キョン「涼宮ハルヒの驚愕(前)279ページ」ボソッ
佐々木「えっ?」
キョン「2行目」
佐々木「キョン?」
キョン「読んでくれ」
佐々木「読むって……」
キョン「涼宮ハルヒの驚愕(前)279ページ2行目『キョンの望みであるなら?』から、はい」
佐々木「ええっ?」
キョン「早く」
佐々木「……キョン、どうしたんだい今日は? 君らしくな―――」
キョン「読んでくれ!!」
佐々木「っ!!?」ビックゥ!
キョン「ほら」
佐々木「……『キョンの望みであるならなんでも言うことをきくつもりでいるよ』……?」
キョン「……」コクリ
佐々木「……これは?」
キョン「もう一回読んでくれ」
佐々木「えっ? 待ってくれキョン。少しぐらい事情を言ってくれても」
キョン「もう一回」
佐々木「……『キョンの望みであるならなんでも―――」
キョン「ん?」
佐々木「いうことを』……え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495541313/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)21:08:33.65ID:IQevuE7FO
※百合。あと若干ゃキャラ崩壊っぽいものあり
サーバル「かばんちゃんかばんちゃん! ゆきやまちほーで最近温泉がよく見つかるんだって!」
かばん「温泉が……?」
サーバル「うん! 雪山の辺りは色んな地下水が流れているからまだまだ知らない温泉がたくさん見つかるかも、ってギンギツネが言ってたよ」
サーバル「せっかくだし、私たちも行ってみようよ! 前に行った時もとーっても気持ち良かったもん!」
かばん「そうだね。ボクも見つかった温泉がどんなのか気になるし」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)21:15:29.95ID:IQevuE7FO
雪山地方
サーバル「やっほー、キタキツネ、ギンギツネ!」
ギンギツネ「サーバル、かばん。わざわざこんな遠いところまでご苦労様」
ギンギツネ「あなたたちも新しくできた温泉に入りに来たの?」
かばん「はい。一体どういう感じの温泉なんですか?」
キタキツネ「体がやすらぐような感じで疲れがとれるんだ。疲れ目にも効くからいくらゲームしてても平気だよ」
ギンギツネ「もう、長時間のゲームは体を壊すって言ってるでしょ」
サーバル「それで、温泉はどこにあるの?」
ギンギツネ「ここのエリアを真っ直ぐ進んだところにあるわ。あ、そうだ。サーバル、ちょっと手伝ってほしいことがあるんだけど」
サーバル「なになに?」
ギンギツネ「先日、大きな雪の塊が装置の前に落ちてきちゃって。今後、何か支障が出ても困るから今の内に撤去しておきたいの」
サーバル「そういうことなら私に任せて!」
ギンギツネ「ありがとう、案内するわね」
かばん「じゃあボクは先に温泉に入ってるね」
サーバル「また後でねー!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)2
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆b72I1I/FhE2017/05/13(土)17:11:50.17
ID:1TZnIt4Mo
凛「ふーん、それ本当?」
まゆ「この間プロデューサーさんと一緒に寝た時、プロデューサーさんが寝言で言ってたんですよ。「ぐぅ…うーん……乳首はやめてぇ……」って」
凛「まゆがプロデューサーと寝てたってのは後で話を聞くとして、ふぅん、そうなんだ」
まゆ「…ただ、それだけだと単にプロデューサーさんが乳首を責められる夢を見てたってだけじゃないですかぁ」
凛「そうだね」
まゆ「だから、凛ちゃん、プロデューサーさん乳首弱い説を一緒に立証してみませんか?」
凛「魅力的な提案だね。後学のためにも…その話、乗った」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。