SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
SS
タグ一覧の表示
<<
2017年04月
>>
2593件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
04/28 (07:10) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
やまおとこのダイチ◆hpfVx8RTHY
:2017/04/27(木)21:25:23.55:
QgB+6NfI0
・ポケモンのSS。
・ゲーム版はクリア後。アニメ版は少なくともシロンが生まれた後。
・キャラ崩壊注意。
・な げ え よ。
・ちょくちょく改行する形で書いているので、スマホでお読みの場合、
 スマホを横にして画面サイズを変えると読みにくさが多少改善されるかもわかりません。

2:
やまおとこのダイチ◆hpfVx8RTHY
:2017/04/27(木)21:26:16.19:
QgB+6NfI0
―――――メレメレ島・トレーナーズスクール
デクシオ「“こちらデクシオ。この場所にあると思われるジガルデ・セル、回収できましたか?”」
ヨウ「うーん、ダメです。見つからないですね。」
ジーナ「“おかしいですわね。このトレーナーズスクール付近にいるのは間違いないのですが…”」
ヨウ「すいません。頑張りが足りないのかも。もうちょっと粘ってみます」
デクシオ「“いえ、チャンピオンにこれ以上お手間をかけさせるわけにはいきません。もう充分です。
 …ひょっとしたら時間が悪かったのかもしれない”」
ヨウ「…時間が悪い、か。…それなら、」
ジーナ「“どうされましたの?”」
ヨウ「…やっぱりもうちょっと探させて下さい。2時間以内にはまた連絡入れます。
 …実はとっておきの裏技があるんです」
デクシオ&ジーナ「「“?”」」 

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆.6GznXWe75C2
:2017/01/23(月)16:53:08.14:
/rKlOuIfo
八幡「どうなってんだよこれ……」
いろは「何言ってるんですか、先輩?」
八幡「いや、今言ったセリフをもう一度頼む」
いろは「はい?」
八幡「いいから」
いろは「今って……、だから、先輩はわたしの彼氏じゃないですか」
八幡「…………」
いろは「この前、先輩から告ってきたんじゃないですか」
八幡(一色の目にふざけてるような意志は見られない)
八幡(となるとふざけているのは俺の方か?)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆BAS9sRqc3g2017/04/10(月)22:00:20.36
ID:aiRP+EP6o

こんばんは。
最上静香です。
今日はレッスンの合間に皆さんに何か面白い話をしろ、と言われてきました。
みんなが集まってくれているこの場所で私がこんな風に自分の話をするなんて滅多にないから
少し緊張してるけれど、温かい目で見てくれると助かります。
それに私は野々原さんのように面白おかしくその場を盛り上げるなんてこと出来ないから。
<あんたいつでも面白いわよ
志保、うるさい。
これは……私がお休みだった日におきた出来事です。


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482940724/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/29(木)00:58:45.05ID:P3KBPdGc0
終章のネタバレがあるような気がします
捏造全開の5年後ぐらい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/29(木)00:59:29.15ID:P3KBPdGc0
エルメロイ教室は魔術教会時計塔、現代魔術科に所属する教室である。
教え子を放置する魔術師も少なくない中で、実践的で分かりやすい授業に、様々な講師を招くことで若い魔術師達からの支持を受けている。
多くのOBが『色位』『典位』などの階位を持ち、在学生にも階位持ちがいる……ことで有名、らしい。
溜息一つ、深呼吸二つ。
……物々しい扉を前に、緊張していることが自分自身よく分かる。
しかし、このまま突っ立っている訳にもいかず。
覚悟を決め、ノックしようと拳を上げた、その時。
開いた。
扉が。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/29(木)01:00:03.59ID:P3KBPdGc0
「……何をしているんだ?君は」
「あはは……何だか、緊張っていうか……ここ、全体的に圧迫感がありません?」
「やれやれ……数多の死闘を潜り抜けた男の言うことか。それぐらい、早く慣れて貰わなくては困る」
「すみません」
「謝ることも無いが……まぁ、いい。よく来たな、私の教室へ。名乗りは必要か?現代魔術論科学部長、ロード・エルメロイ二世だ。物分かりと筋の良い生徒しか歓迎はしないのだが……君の素質については、今更言うこともあるまい。君を歓迎しよう――」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/29(木)01:00:47.59ID:P3KBPdGc0
「……新しい所長が来る、ですか?」
私ことマシュ・キリエライトがカルデアの所長代理となって、早数年……いえ、もう10年近く。
世界が
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
04/28 (06:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493300062/

1:
◆XUWJiU1Fxs2017/04/27(木)22:34:22.80ID:
XPJyqG6Wo
総選挙だから担当のSSを真摯に書いた、それだけの話。

2:
◆XUWJiU1Fxs2017/04/27(木)22:35:52.19ID:
XPJyqG6Wo
 小さな頃からテレビの中で歌って踊って演技をしている彼女達のことが好きでした。虹のようにカラフルなステージの上に立つアイドルに時に励まされて勇気づけられて。
 授業で当てられるだけで緊張してしまう恥ずかしがりやな私が堂々とした彼女達に憧れを持つようになるのも、ごくごく自然な流れでしょう。
 それから高校生になって。色々な経験をして来ていつか薄れてしまうだろうと思っていた憧れは、色褪せるどころか徐々に徐々に強くなってきました。お昼寝をすればステージの上に可愛い衣装を着て歌っている自分と度々出会って。だけど変わらなかったのは恥ずかしがりやな自分も一緒。夢を夢で終わらせたくない、って強く言える勇気はまだ足りませんでした。
 ただ何もしないで熊本に居続けるのは、もっと嫌でした。頭ごなしに無理だと決めつけて『憧れ』から瞳を閉じて大人になっていくよりも、無理してでもちっぽけな勇気を振り絞ることを選びました。そうじゃないと、これから先もずっと同じことを繰り返しちゃいそうだったから。
「ね、ねえ、聞いて! お父さん、お母さん――」
 東京のアイドル養成所に入りたい、そう言った時の両親の顔は今でも覚えています。お父さんはすごく驚いたようで飲んでいたお酒を漫画みたいに吹き出してしまって、お母さんは神妙な顔つきで私を見据えていました。その瞳に映る私はどう見えていたのでしょうか。緊張のあまり小刻みに震えている姿がそこにあったはず。
 お母さんは少しの時間無言で私を見て、たった一言こう言ったのです。
『やっぱり美穂も、熊本の女ね』
『! うんっ』
 その言葉で、私の中の不安がスゥーっと消えた気がして。この時私は高い高い階段の一歩目を歩き出せたんです。

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (06:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/28(金)02:36:16.46:
8oAJsxq30
※注意事項
・アイドルマスターシンデレラガールズのSSです
・暗い
・デレステの白菊ほたるコミュメモリアル1を下敷きにしています
・暗い
・独自要素あり
          ◆◆◆
俺はモバP。
俺が白菊ほたると出会ったのは、ある番組の収録の後のことだった。
同じ事務所所属の、バーター出演するはずの売れっ子がドタキャンして現場に来なかった。
そうして大きな仕事を失ったのはおまえのせいだと前の事務所のプロデューサーに非難され、解雇されたのだと。
そう寂しげに言った彼女を放っておけなくて、俺はほたるをスカウトした。
いかに売れっ子だろうと、ドタキャンをするなんてのはプロとして失格だ。
ひいては、そういう可能性があるアイドルを放置していた事務所こそが責任を追求されるべきであって、決してほたるのせいであるはずはない。
ほたるは、幸せになるべきだと、強く思ったのだ。
むろん、義侠心からだけのことじゃない。
小さいけど澄んだ声。
13歳とは思えない、儚げで整ったルックス。
なによりも、それでもアイドルになりたい、という思い。
ほたるにはトップアイドルになれる資質が確かにあるとそう信じたからだ。
俺は彼女をスカウトし、レッスンを積ませ、同じ事務所のアイドルたちと積極的に交流させた。
自慢じゃないがうちのアイドルたちはルックスだけでなく性格もいいのだ。
その優しさがきっとほたるを癒すだろう。
ほたるには悪い評判もあったが、なんのその。
俺は走り回って彼女に仕事を取ってくる。
たしかにほたるが来てから奇妙に不運なできごとがありはしたが、どれも小さなことだった。
俺は気にするほたるを平気だと、気にするなと笑い飛ばして、自分がほたるの言う不幸なんかに負けないと見せつけた。
その甲斐あって、俺やアイドルたちと、ほたるはうまくやっていけていた。
バカな俺は、あの日までそう信じ込んでいたんだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/04/27(木)22:02:50.050
ID:OlSyBr3z0.net
 
 がたんごとん
タプリス「……ん」
タプリス(あ、あれ……いつの間にか、寝てしまったんでしょうか)
タプリス(えっと、ここは自分の部屋……ではないですね)
タプリス(もしかして……電車の中?)
タプリス(なんだかモダン? な雰囲気の内装ですけど)
タプリス(以前、先輩たちと乗った電車とは少し感じが違っていますし)
タプリス(木がたくさん使われていて、温かみがあって、すごく落ち着きます)
タプリス(シートもふかふかで、気持ちがいいです)
タプリス(ですが……この車両には、わたしだけしか乗っていないみたいですね)
タプリス(それに、窓の外は先程からずっと真っ暗ですし)
タプリス(トンネルにでも入っているのでしょうか)
タプリス「はぁ……」
タプリス(電車が走っている以上、どうしようもありませんね)
タプリス(次の駅に着いたら降りてみましょうか)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆TYzedYYWGAZw[saga]:2017/04/26(水)23:17:26.72ID:gjP6E1+20
N国のとある都市の一角に、K氏の会社の事務所はあった。
煩雑な表通りから、細く曲がりくねった薄汚れた裏路地を5分ほど歩くと、事務所の入ったビルにたどり着く。
周辺にはカラスが食い散らかしたゴミがまき散らされ、塗装が所々はがれた建物の壁面を、深緑の蔦が覆い隠している。
そんな廃墟のようなビルに入っているK氏の事務所だが、内装は外面と打って変わって中々に豪華だった。
この事務所の内装を美しく装飾している物は、この国に溢れかえっている、恨み、憎しみ、嫉みと言った負の感情であった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1493216246

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492777414/
1:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/
2017/04/21(金)21:23:34.82ID:GkuRObPJ.net
月曜日の学校帰り!
いつもの練習でクタクタになりながらも下校するスクールアイドルのタマゴ達!
そしていつもの帰り道!
毎週月曜日に必ず通う近所のファミマ!
高坂穂乃果は友人達と共に週刊少年ジャンプを買いにきたのだった!
穂乃果「あったー!」
海未「最後の一冊だったみたいですね」
ことり「よかったね、穂乃果ちゃん」
海未「それではレジに…」
穂乃果「…」
海未「…穂乃果?」
穂乃果「ちらっ」
海未「…立ち読みはいけませんよ」

2:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/
2017/04/21(金)21:24:44.35ID:GkuRObPJ.net
穂乃果「ちょっとだけ…ね?」
海未「お店の方に迷惑ですし、買うのならここで読まず家でじっくり読めばいいじゃないですか」
穂乃果「ヒロアカだけ…ヒロアカだけだから!」
海未「はぁ…しょうがないですね、少しだけですよ」
穂乃果「海未ちゃんやっさしい?♪」
しかしそんな時、店内に異変が起こる
穂乃果「」ピクッ
3:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/
2017/04/21(金)21:25:51.87ID:GkuRObPJ.net
初めは微かな匂いだった
しかし
穂乃果「(こ、この匂いは…!)」
いつしか匂いは店中に充満し、
穂乃果「(あっちの方角から…!)」
穂乃果の嗅細胞を刺激していた!
穂乃果「(あ、あれは…!)」
そう、その正体とは…!
穂乃果「(ふぁ、ファミチキだぁぁぁぁ!)」
4:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/
2017/04/21(金)21:27:00.70ID:GkuRObPJ.net
ファミチキ!
それはファミリーマートに数あるホットスナックの中でも屈指の人気を誇る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1476280632/
1:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/
2016/10/12(水)22:57:12.69ID:CV4LZ4Nv.net
海未「ピザピザピザピザピザピザ!」
ことり「じゃあここは?♪」
海未「肘です。」
ことり「えぇっ!?」
海未「古典的過ぎます。」
ことり「うぅ…」
ことり「じゃあぁ…今度はぁ…」
海未「まだ続けるんですか?」
海未「いいでしょう。私はそんな古い手には絶対に引っかかりませんっ!」
ことり「ほんとかなぁ?じゃあ…♪」
ことり「チンって10回言って??」

3:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/
2016/10/12(水)22:59:51.99ID:CV4LZ4Nv.net
海未「はいはい…」
海未「チンチンチンチ…」
海未「ぇ……///」カァッー
ことり「あははっ?海未ちゃん♪なにいってるのっ?」
ことり「海未ちゃんのえっち?」
海未「こ、ことりぃぃぃぃーーっ!!」
ことり「やんやんっ?」
4:
名無しで叶える物語(らっかせい)@?(^o^)/
2016/10/12(水)23:01:08.84ID:q7N02OMb.net
かわいい

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
やまおとこのダイチ◆hpfVx8RTHY2017/04/27(木)21:26:16.19
ID:QgB+6NfI0
―――――メレメレ島・トレーナーズスクール
デクシオ「“こちらデクシオ。この場所にあると思われるジガルデ・セル、回収できましたか?”」
ヨウ「うーん、ダメです。見つからないですね。」
ジーナ「“おかしいですわね。このトレーナーズスクール付近にいるのは間違いないのですが…”」
ヨウ「すいません。頑張りが足りないのかも。もうちょっと粘ってみます」
デクシオ「“いえ、チャンピオンにこれ以上お手間をかけさせるわけにはいきません。もう充分です。
 …ひょっとしたら時間が悪かったのかもしれない”」
ヨウ「…時間が悪い、か。…それなら、」
ジーナ「“どうされましたの?”」
ヨウ「…やっぱりもうちょっと探させて下さい。2時間以内にはまた連絡入れます。
 …実はとっておきの裏技があるんです」
デクシオ&ジーナ「「“?”」」 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sagesaga]:2017/04/27(木)01:25:57.49ID:i3BLYCUD0
スネ夫「この
>>3は3人用なんだ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1493223956
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/27(木)01:41:03.07ID:/1ABNDTv0
ゲッターロボ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1453723529/
3:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)@?(^o^)/2016/01/25(月)21:09:49.16ID:eCN1mqwC.net
「うーみちゃん♪」
不意に聞こえた私を呼ぶ声。
その声には聞き覚えがあり放課後になった今、二年生の教室へ来たのかと辺りを見渡しました。
しかし、どこにもその姿は見えません。
まぁ、わざわざ二年生の教室に来るなんてことしませんよね?
部室からは離れていますし。
……。
別に期待したわけではありませんよ?
4:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)@?(^o^)/2016/01/25(月)21:10:51.84ID:eCN1mqwC.net
「ねぇ、海未ちゃんってば!」
あれ?さっきとは別のところから聞こえました。
うーん、こう何度も聞こえるとは。
実はこの教室にいるのではないでしょうか?
今度こそ、と声がした方へ振り向きましたが、私が探している人はどこにもいません。
……。
幻聴でしょうか?
5:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)@?(^o^)/2016/01/25(月)21:12:12.72ID:eCN1mqwC.net
いえ、確かに聞こえたはずです。
あの声は間違いなくにこのものです。間違うはずがありません。
声は聞こえるのに姿は見えない。
穂乃果たちに聞いてみましょうか?
……でも、少し待ってください。
もしですよ。にこがこの場にいなくて、声が聞こえたなんて言ったら穂乃果たちは何を言うでしょうか?
今までの経験上、きっとからかわれるに違いありません。
6:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)@?(^o^)/2016/01/25(月)21:13:32.46ID:eCN1mqwC.net
「海未ちゃんさっきからどうしたの?」
「え?」
帰り支度が終わったのでしょうか。
鞄を肩にかけたことりが私の目の前に立っていました。
「きょろきょろしちゃって、誰か探してるの?」
「な、なんでもありませ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Z05PGixqGA2016/09/20(火)22:57:48.74
ID:6T2N8MZKo
※両作品ネタバレ注意
俺の名前は立花瀧
最近女子高生と体が入れ替わる不思議な体験をしている普通の高校生だ
でもその日見た夢はいつもと全く違っていて……
瀧「……zzzz」
瀧「……」
瀧「……ん?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2017/04/23(日)01:53:08.93
ID:+xqOu9ku0
未央「ハッピーバースデーしまむー!」パフパフッ
卯月「ありがとうございます!島村卯月、晴れて今日から17歳になりました!」ブイッ
凛「おめでとう。これで17歳の誕生日何度目だろうね」
卯月「その手のことを考えようとすると謎の頭痛がするんですよね!」
まゆ「あのぉ……卯月ちゃんのお誕生会ならさっき事務所でみんなでお祝いしましたよねぇ?」
みく「部屋の中ギッチギチになるぐらい大勢集まってあんなに盛大にパーティーしたにゃあ!なんでみく達また捕まってるの!?」
凛「捕まえるなんて人聞きの悪い…。ただちょっとだけ足枷と革ベルトでめっちゃギッチリ椅子に固定してるだけだよ」
みく「十分すぎるわぁ。これ多分茜ちゃんでも脱出不可能にゃ!」
まゆ「さっきのパーティーじゃあ気が済まなかったんですかぁ?「みんな、私のためにこんなに集まってくれるなんて…」ってボロボロ泣いちゃってましたよね?」
卯月「ビンゴで常務がキュウレンオー当てたぐらいの頃以前の記憶がありません!」
未央「あ、さっきまでのパーティーの時はよしのんに頼んでしまむーの普段のやんちゃオーラを封印して貰ってたんだよ」
みく「珍しくただの美少女だなぁ今日の卯月チャンは。とか思ってたら」
まゆ「普段から卯月ちゃん沈静化結界張ってくださいよぉ」
凛「ああ、私もそう思って頼んでみたんだけどさ」
未央「お腹がへるのですー、だってさ」
みく「歌舞伎揚げいくらでも御馳走するにゃ!」
卯月「さぁ、盛り上がってきたところで始めましょうか!惨劇の幕は上がりましたよ!」
まゆ「ご本人自ら惨劇とか言っちゃいましたねぇ」
みく「嗚呼…またあの悪夢の儀式が始まるんだ…今度は何?ロシアンおでん?それともロシアン寿司?」
未央「あらら、始まる前からみくにゃんのハイライト無くなっちゃった」
凛「卯月の誕生日にそんな変なことする訳ないでしょ?普通にみんなでケーキ食べようってだけだよ」
まゆ「ケーキですか?…刑機ってオチじゃあないですよね?」
未央「疑り深いなぁ。ケーキはケーキだよ。女の子ならみんな大好き甘
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1464956056/
1:
名無しで叶える物語(笑)@?(^o^)/
2016/06/03(金)21:14:16.11ID:karlD3AL.net
絵里「ええ。古くからこの学校に伝わる怪談らしいわ」
希「毎年初夏になると話題になるんよ」
にこ「そういえば去年も一昨年も聞いた覚えがあるわね」
凛「え?にこちゃんお友達いなかったのにどうやって知ったの?」
にこ「開幕から喧嘩売ってくるなんていい度胸じゃない」
花陽「へー、そんな話があったなんて...。ちょっと怖いかも」
真姫「夏だから怪談ってわけ?くだらないわね」

2:
名無しで叶える物語(笑)@?(^o^)/
2016/06/03(金)21:14:50.41ID:karlD3AL.net
海未「そういえば弓道部の先輩たちが話しているのを聞いたことがあります」
ことり「私もクラスの子たちが話してるの聞いたことあるよ」
穂乃果「ええ?私聞いたことないよ?」
海未「穂乃果は教室ではほぼ寝てますからね...。テスト前に一学期の復習が必要ですね」
穂乃果「私過去を振り返らない性格だから」
海未「ビンタしますよ、鼻先にめがけて」
真姫「鼻血パーティーならよそでやってよ」
3:
名無しで叶える物語(笑)@?(^o^)/
2016/06/03(金)21:15:23.26ID:karlD3AL.net
凛「そんで、その怪人Lの呪いってどんなのなの?」
希「かかった人が病的なレズになるらしいよ」
凛「にゃっ?!」
絵里「呪いにかかるとレズになって性的暴力マシーンになるらしいわ」
真姫「ヴェェ...何それ女子高生の噂になるような内容じゃないわよ」
にこ「この話気分が悪くなるからあんまり聞かないようにしたのよねえ」
花陽「普通の怪談よりこわいんだけど....」
5:
名無しで叶える物語(笑)@?(^o^)/
2016/06/03(金)21:15:54.46ID:karlD3AL.net
穂乃果「そんな頭にこびり付きそうな話を聞いたことな
続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (03:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
:2017/04/23(日)01:53:08.93:
+xqOu9ku0
未央「ハッピーバースデーしまむー!」パフパフッ
卯月「ありがとうございます!島村卯月、晴れて今日から17歳になりました!」ブイッ
凛「おめでとう。これで17歳の誕生日何度目だろうね」
卯月「その手のことを考えようとすると謎の頭痛がするんですよね!」
まゆ「あのぉ……卯月ちゃんのお誕生会ならさっき事務所でみんなでお祝いしましたよねぇ?」
みく「部屋の中ギッチギチになるぐらい大勢集まってあんなに盛大にパーティーしたにゃあ!なんでみく達また捕まってるの!?」
凛「捕まえるなんて人聞きの悪い…。ただちょっとだけ足枷と革ベルトでめっちゃギッチリ椅子に固定してるだけだよ」
みく「十分すぎるわぁ。これ多分茜ちゃんでも脱出不可能にゃ!」
まゆ「さっきのパーティーじゃあ気が済まなかったんですかぁ?「みんな、私のためにこんなに集まってくれるなんて…」ってボロボロ泣いちゃってましたよね?」
卯月「ビンゴで常務がキュウレンオー当てたぐらいの頃以前の記憶がありません!」
未央「あ、さっきまでのパーティーの時はよしのんに頼んでしまむーの普段のやんちゃオーラを封印して貰ってたんだよ」
みく「珍しくただの美少女だなぁ今日の卯月チャンは。とか思ってたら」
まゆ「普段から卯月ちゃん沈静化結界張ってくださいよぉ」
凛「ああ、私もそう思って頼んでみたんだけどさ」
未央「お腹がへるのですー、だってさ」
みく「歌舞伎揚げいくらでも御馳走するにゃ!」
卯月「さぁ、盛り上がってきたところで始めましょうか!惨劇の幕は上がりましたよ!」
まゆ「ご本人自ら惨劇とか言っちゃいましたねぇ」
みく「嗚呼…またあの悪夢の儀式が始まるんだ…今度は何?ロシアンおでん?それともロシアン寿司?」
未央「あらら、始まる前からみくにゃんのハイライト無くなっちゃった」
凛「卯月の誕生日にそんな変なことする訳ないでしょ?普通にみんなでケーキ食べようってだけだよ」
まゆ「ケーキですか?…刑機ってオチじゃあないですよね?」
未央「疑り深いなぁ。ケーキ
続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (02:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492916987/

1:
◆7uGVQpzDpA2017/04/23(日)12:09:47.73ID:
WnTIuVfMo

一目見たとき、私の中で決まった。
この人は、私にとって必要な人だ。
私はバスタブに浸かりながら、
これからどうしていけばいいかを、考えた。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/27(木)21:46:41.35
ID:S870WslH0
★注意☆
・グランブルファンタジーSSです
・キャラ崩壊注意
・序盤メインストーリーのバレがあります
以上がダメな方はブラウザバック推奨です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/27(木)21:49:40.89
ID:S870WslH0
ヴィーラ「お姉さま! やっと会えましたわね♪」
カタリナ「ヴィーラ? 何故ここに?」
ヴィーラ「そんなの勿論お姉さまと旅をするために決まってるじゃないですか♪」
ヴィーラ「私もお姉さまと一緒に、この果てのない空への旅を―――」
バゴンッ!
ヴィーラ「キャア!?」ドンガラガッシャーン!
カタリナ「ヴィーラ!? 大丈夫か!?」
ルリア「ヴィーラさんが吹っ飛んだ!?」
ビィ「おいおい、何が起こったんだよ?」
ヴィーラ「ど、どういうことなの………?」
ヴィーラ「グランサイファーに乗り込もうとしたら弾かれた!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:◆vVnRDWXUNzh3[saga]:2017/04/27(木)12:39:31.21ID:32lmu8jS0
m9川д川9m「井戸の中からこんにちわー!!貞子だよー!!」
伊58「………」
m9川д川9m「………」
伊58「………」
川д川「あの、どうかしましたか?」
伊58「いや、どう反応しろってんだよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1493264370

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492521805/
1:
名無しで叶える物語(しまむら)@?(^o^)/
2017/04/18(火)22:23:25.52ID:R2XFiAtU.net
ことり「海未ちゃ?ん、練習再開するよ?」
ことり「海未ちゃ…」
海未「なっ…ことりっ!?」
ジョボジョボ…
ことり「……」
海未「……」

3:
名無しで叶える物語(しまむら)@?(^o^)/
2017/04/18(火)22:26:01.90ID:R2XFiAtU.net
チョロロロ…
ことり「邪魔してごめんね」
ことり「ことり、先に戻ってるね」
海未「あのっ!」
ことり「……」
海未「その…このことは…」
ことり「大丈夫だよ海未ちゃん」
ことり「ことり、なんもに見てないから」
海未「しかし……」
ことり「なんもに見てないよ」
ことり「みんな待ってるから早く戻ってきてね」
海未「はい…」
5:
名無しで叶える物語(WiMAX)@?(^o^)/
2017/04/18(火)22:28:20.90ID:VcnYlDuR.net
どこでしてるんだよ
6:
名無しで叶える物語(しまむら)@?(^o^)/
2017/04/18(火)22:33:57.40ID:R2XFiAtU.net
フリフリ
海未「ふぅ……」
海未「やはり立ち小便は開放的で癖になります」
海未「ちくわには申し訳ありませんがね」
海未「ですが、まさか見られてしまうとは…」
海未「先ほどのことりの引きつった笑顔」
海未「正直なところ好きです」
海未「って、今はそんなこと言ってる場合ではありません」
海未「練習に戻らないと怪しまれてしまいます」
9:
名無しで叶える物語(あら)@?(^o^)/
2017/04/18(火)22:49:35.29ID:FpaBPELx.net
発想がやべぇ

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆HcSYGRWzLE
:2017/04/24(月)21:23:36.22:
LELoW3l00
※このSSでは、稚拙な文章、キャラ崩壊等が含まれています。
 それでもかまわない方はどうか暖かい目でどうか、どうかお願いします!

 【艦これ】神風型と物見遊山
提督「ものみゆさんがしたい?」
松風「そう、物見遊山!」
提督(…ものみゆさんってなんだ?)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/27(木)23:58:12.00
ID:vv1mbKlU0
サターニャ「到着よ!」
ガヴリール「いや、どこだよここ」
ラフィエル「空気の綺麗なところですね」
ヴィーネ「よかった。草原が広がってるだけみたいね。海の底にでも繋がらないかとヒヤヒヤしたわ」ホッ
サターニャ「魔界通販がそんな欠陥商品を売る訳ないじゃない」フフン
ガヴリール「いや、サターニャが買った『どこだかドア』ってどこに通じるかランダムなんだろ。じゅうぶん欠陥商品だと思うぞ」
ヴィーネ「景色もいいし、ちょっと散歩でも……ってサターニャ! う、後ろっ!」
サターニャ「ふへ?」
ジャイアント・トード「パックン」
サターニャ「ぎゃああああああ!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1470401293/
1:
名無しで叶える物語(あら)@?(^o^)/
2016/08/05(金)21:48:13.15ID:SlNJf1KH.net
短編です

2:
名無しで叶える物語(あら)@?(^o^)/
2016/08/05(金)21:51:34.39ID:SlNJf1KH.net
いつもの日常で楽しかった。太陽光も一杯浴びた。でも心なしか寂しかった
絵里「うーん…」
穂乃果「今日は暑いよ…」
凛「うん…練習なんて出来ないよ…」
海未「ダメです!暑いからって練習を怠るなど!」
希「でも暑いやん?ホントに」
海未「それでも!」
絵里「そうね…今日は暑いわね…」
海未「絵里までですかね?」
3:
名無しで叶える物語(あら)@?(^o^)/
2016/08/05(金)21:55:15.55ID:SlNJf1KH.net
絵里「いいえ練習はするわよ?」
穂乃果「そんな!?」
凛「鬼だ!」
絵里「海未の言うとおりよ。練習するわよ」
海未「絵里…」ジーン
にこ「にっこにっこ…にぃ…暑い…」ガチャ
真姫「ホントね…」
海未「にこ、真姫」
ことり「練習しようか…」
にこ「ええ?、練習するの??」
ブチッ
絵里「うるさいわねえ!!したくないんだったらしなくていいわよ!」バン
8人「!?」
5:
名無しで叶える物語(あら)@?(^o^)/
2016/08/05(金)21:59:50.44ID:SlNJf1KH.net
にこ「え…?」
絵里「あっ…その…ごめんなさい…」
にこ「…わかったわよ。そこのツーバカ、練習するわよ」
穂乃果「う、うん…」
凛「わかったにゃ…」
希「えりち?」
絵里「なんでもない。ホントに」
?
花陽「ふう…疲れたね」
凛「暑かったにゃ?!」
真姫「ちょっと絵里…」
7:
名無しで叶える物語(あら)@?(^o^)/
2016/08/05(金)22:04:12
続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/27(木)23:58:12.00:
vv1mbKlU0
サターニャ「到着よ!」
ガヴリール「いや、どこだよここ」
ラフィエル「空気の綺麗なところですね」
ヴィーネ「よかった。草原が広がってるだけみたいね。海の底にでも繋がらないかとヒヤヒヤしたわ」ホッ
サターニャ「魔界通販がそんな欠陥商品を売る訳ないじゃない」フフン
ガヴリール「いや、サターニャが買った『どこだかドア』ってどこに通じるかランダムなんだろ。じゅうぶん欠陥商品だと思うぞ」
ヴィーネ「景色もいいし、ちょっと散歩でも……ってサターニャ! う、後ろっ!」
サターニャ「ふへ?」
ジャイアント・トード「パックン」
サターニャ「ぎゃああああああ!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
主な登場人物:
小泉花陽
 
矢澤にこ
 
西木野真姫
 
星空凛
長さ:短編
本文レス数:約50
読了時間目安:約12分
紹介:ある日、にこが部室で星のカービィをプレイしているのを見た花陽。途端にテンションが上がった彼女は、瞬く間ににこと意気投合する。そこに真姫と凛がやって来て、4人で放課後にこの家でゲームで遊ぶことになった。カービィガチ勢の花陽とにこに、真姫はついていけない様子だが……?
一年3人+にこの4人でわいわい楽しむ、ほのぼの系ゲーム作品です。
投稿時期:2014年7月
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/22(火)01:13:03.38
ID:R5nSPiHi0
ラブライブSSです
短いと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1405959173
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/07/22(火)01:14:57.51
ID:R5nSPiHi0
?部室?
にこ「…」カチカチ
花陽「おぉ…!」
にこ「なによ」カチカチ
花陽「にこちゃんが…ゲームやってるなんて、意外だなって…」
にこ「私だってゲームくらいするわよ。なかでも星のカービィは大のお気に入りだし」
花陽「カービィ!?わ、わたしも、カービィは大好きです!」
にこ「ほう…」ニヤリ
花陽「まさか、にこちゃんがいまやってるのって…」
にこ「ウルトラスーパーデラックスよ」
花陽「おお…アレは神リメイクだったよねっ!私は『はるかぜにのって』が大好きなの!」
にこ「分かるわ。『はるかぜ』はカービィらしい雰囲気だし、サクサク進めるから初心者にもピッタリね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/10/25(火)17:09:09.71
ID:VZN7ZjmYO
前回の曜ライブ!
【サンシャイン!!】曜「壁ドン……?」
千歌「恋にときめいちゃった?」
曜「」
曜ちゃんにフラグが建ちました。
梨子「曜ちゃんは総受け!」
属性もバレました。
※続きものです。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆3pCIhha3Cw2017/04/16(日)01:00:01.42
ID:KWVh4m370
※中盤は地の文でエロ注意
※時系列的には英梨々エンド的な流れ
倫也「えっと、今なんて......?」
小百合「澤村母娘丼よ!」
倫也「それ、もっと下品になってるから!」
倫也(今、俺の目の前に二人の美女が下着姿で迫っている)
倫也(一人は俺の幼馴染みにして金髪ツインテールの日英ハーフ美少女)
倫也(表の顔は外交官の娘にして美術部のエース。優雅に振舞う姿はまさにお嬢様)
倫也(裏の顔は同人業界の壁サークルにて辣腕を振るうエロ同人作家)
倫也(小学一年に知り合い、決裂し、長い潜伏期間を経て交流を再開し、紆余曲折あって恋仲になった澤村・スペンサー・英梨々)
倫也(なお、その際に約四名程の女子と更に凄い紆余曲折な事があったが長くなるし思い出したくないので割愛する)


続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (00:05) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/07/12(日)21:41:40.40:
we3Mszea0
・モバマスのラブ&ピースアイドル、有浦柑奈さんのSSです
・一部キャラクターがゲーム内の設定にそぐわない部分があります、あらかじめご了承ください
・なお、作中に登場する謎の白い粉は、すべてホットケーキミックスです

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485617524/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/29(日)00:32:04.46ID:k6b77uuq0
前作
花陽「A?RISEのツバサさんは凄いんですよ」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/29(日)00:35:24.40ID:k6b77uuq0
花陽「海未ちゃん今日はありがとうね」
海未「いいえ。他でもない花陽のお願いですから」
花陽「そう言ってもらえると凄く嬉しいな」
海未「ふふ。花陽こそわざわざ駅まで見送りに来ていただいて申し訳ありません」
花陽「だって私の為にわざわざ用事を後回しにして来てくれたんだもん。当たり前だよ」
海未「そうですか」
花陽「うん」
海未「………」
花陽「どうしたの?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/29(日)00:47:07.70ID:k6b77uuq0
海未「いえ…なんだか花陽も随分と頼もしくなったなとふと…」
花陽「ええ?どうして?」
海未「だって最初はもっとおどおどしていて弱々しい印象を受けたものですが…」
花陽「そんな風に思ってたのぉ?」
海未「そうですよ?ですが、今では随分と頼もしくたくましくなったように感じます」
花陽「そうかなぁ?」
海未「そう言うものは自分では分からないものなんですよ。自信を持ってください」
花陽「…うん。ありがとう海未ちゃん」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/29(日)00:52:32.00ID:k6b77uuq0
海未「ふふ…勝ち上がりましょうね?ラブライブ」
花陽「………うん」
海未「おっと。電車が来てしまいます。それでは私は行きますね」
花陽「うん。じゃあね」
海未「では…」クルッ
花陽「やっぱり海未ちゃんはかっこいいな。そんな海未ちゃんにああ言って貰えるなんて…」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。