SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
Steins;Gate
タグ一覧の表示
<<
2019年01月
>>
13件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
◆FtluuZw8OI
2014/03/26(水)02:22:19.71
ID:d8nXyavAO
岡部「バイト戦士よ…二郎ってアレだろう?注文時に呪文を唱えるラーメン屋と聞いたことがあるが」
紅莉栖「はぁ?ラーメン屋なのに呪文を唱えるの?どんなラーメン屋よ…」
岡部「実際の所はどうなのだバイト戦士よ」
鈴羽「…よく分からない」
岡部「なっ!?よく知りもしないで行こうなどと言ったのか?よく俺たちを誘おうとしたな!こないだの激辛ペヤング事件、忘れたとは言わせんぞ」
鈴羽「あの時は本当に悪かったって…そんなに攻めないでよ」
橋田「なあオカリン、なんなら僕が案内しようか?二郎アキバ店は何度か行ったことあるし」
まゆり「ダルくんも行ったことあるんだ?。まゆしぃも何回か行ったことがあるのです」
岡部「なにっ本当か!まゆりにダルよ!」
まゆり「お小遣いとメイクイーンのお昼休みを計算してチャレンジしようと思ったらお昼は二郎にしてるんだ?」
橋田「まぁ僕も大体同じだお」
鈴羽「二人ともこう言ってる訳だしさ、岡部倫太郎も一緒に来ない?もし来るなら…この手を握って?」スッ
岡部「…ふっ…」ガシッ
岡部「…どうせ俺は、お前の手を握るように世界は収束しているのだろう?」
鈴羽「話が早くて助かるよ。牧瀬紅莉栖、君はどうする?」
紅莉栖「みんな行くのに私だけ留守番ってどんな罰ゲームよ…。私も行くわ」
鈴羽「決まりだね。じゃあみんな、自転車借りに行こう」
岡部「徒歩ではないのか?」
鈴羽「聞くところによると、二郎のラーメンは超大盛みたいだからね。少し体を動かして、空腹にしといた方が良いと思ってさ」
岡部「ふむ。どうせなら、他のラボメンも招集すべきだな。…まゆりよ、ルカ子にアポをとってくれ。俺はフェイリスと指圧師に連絡しておこう」
━━━あの時の俺は軽率過ぎた。あの時の自分に言ってやりたい。もっと慎重に動けと。
胃腸は俺のテンションやノリにホイホイついてこれるほど、常にハイテンションで動いているわけでも、動けるわけではないのだと。俺は、本当に愚かだった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/13957
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆3go5SqN4Y.
2015/08/06(木)13:28:07.63
ID:emnSn02w0
2011年の8月某日――、灼熱の秋葉原を歩いている。
額から零れ落ちる汗は、漆黒のアスファルトと交わり、消える。
例え完全に存在が消えなくとも、誰の目にも見えなくなれば、それは消えたのと同じだ。
それを身をもって知っているからこそ、俺は今をこうして――。
まゆり「ねーねーオカリン。今気付いたんだけどね、オカリンの白衣、袖のところ破れちゃってるよ?」
む、せっかく俺が感傷的な気分に浸っているというのに。だがしかし、確かに見てみると、少し袖が破れているようだ。
そう思った瞬間、突然一つの情景が、頭の中に浮かんだ。
コインランドリー……紅莉栖……ソーイングセット……白衣……。
一体、これはなんだ?
α世界線で、紅莉栖にラジ館で白衣を縫ってもらった覚えはあるが、コインランドリーで縫ってもらった記憶などないのだが。
まゆり「どうしたの? オカリン、大丈夫?」
心配そうに、まゆりが俺の顔を覗き込む。
人質の分際でこの俺を心配しおって。
岡部「フッ、何の問題もない。さぁまゆり、ラボへの道を急ぐぞ」
まゆり「了解なのです」
今日も俺はこうして生きている。
隣で、まゆりが笑っている。
そしてラボに帰れば――そこには、紅莉栖がいるのだ。
まだ、誰も死んでいない。シュタインズゲート世界線で――。
引用元:

【シュタゲSS】ラボに帰ると紅莉栖が真っ赤だった

STEINS;GATEBlu-rayBOX
postedwith
amazletat15.08.11
メディアファクトリー(2013-03-27)
売り上げランキング:2,454
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
12/25 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/27(月)00:51:10.60ID:B4nEOEgr0
岡部「こ、これは…!」
岡部「くっ…!」ダッ
岡部「はあ、はあ…なんてことだ…」
岡部「【牧瀬紅莉栖が刺されたらしい…】っと」
岡部「…いや、やっぱり送信はやめておこう」
岡部「機関にメールの内容を知られるかもしれん。今日見たことは俺の胸の中に留めておこう。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FtluuZw8OI
2014/03/26(水)02:22:19.71
ID:d8nXyavAO
岡部「バイト戦士よ…二郎ってアレだろう?注文時に呪文を唱えるラーメン屋と聞いたことがあるが」
紅莉栖「はぁ?ラーメン屋なのに呪文を唱えるの?どんなラーメン屋よ…」
岡部「実際の所はどうなのだバイト戦士よ」
鈴羽「…よく分からない」
岡部「なっ!?よく知りもしないで行こうなどと言ったのか?よく俺たちを誘おうとしたな!こないだの激辛ペヤング事件、忘れたとは言わせんぞ」
鈴羽「あの時は本当に悪かったって…そんなに攻めないでよ」
橋田「なあオカリン、なんなら僕が案内しようか?二郎アキバ店は何度か行ったことあるし」
まゆり「ダルくんも行ったことあるんだ?。まゆしぃも何回か行ったことがあるのです」
岡部「なにっ本当か!まゆりにダルよ!」
まゆり「お小遣いとメイクイーンのお昼休みを計算してチャレンジしようと思ったらお昼は二郎にしてるんだ?」
橋田「まぁ僕も大体同じだお」
鈴羽「二人ともこう言ってる訳だしさ、岡部倫太郎も一緒に来ない?もし来るなら…この手を握って?」スッ
岡部「…ふっ…」ガシッ
岡部「…どうせ俺は、お前の手を握るように世界は収束しているのだろう?」
鈴羽「話が早くて助かるよ。牧瀬紅莉栖、君はどうする?」
紅莉栖「みんな行くのに私だけ留守番ってどんな罰ゲームよ…。私も行くわ」
鈴羽「決まりだね。じゃあみんな、自転車借りに行こう」
岡部「徒歩ではないのか?」
鈴羽「聞くところによると、二郎のラーメンは超大盛みたいだからね。少し体を動かして、空腹にしといた方が良いと思ってさ」
岡部「ふむ。どうせなら、他のラボメンも招集すべきだな。…
「まゆりよ、ルカ子にアポをとってくれ。俺はフェイリスと指圧師に連絡しておこう」
━━━あの時の俺は軽率過ぎた。あの時の自分に言ってやりたい。もっと慎重に動けと。
胃腸は俺のテンションやノリにホイホイついてこれるほど、常にハイテンションで動いているわけでも、動けるわけではないのだと。俺は、本当に愚かだった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
12/23 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/11(土)20:58:01.48ID:LwFFIbyk0
岡部「む、これは助手の黒ストか…」
ラボ 早朝
岡部「なぜこんなところに…?」
岡部「コンビニに行く前からあっただろうか?」
岡部「まったく仕方のない助手だ…」
岡部「どれ…」スッ

続きを読む

[ 閉じる ]
12/22 (19:00) SSなび
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2016/02/07(日)21:06:32.222ID:RRh2G6aB0.net
岡部「?何をそんなに慌てているのだ?」
紅莉栖「慌ててなんかないつーの!!それより白衣がないならこれでも着てなさいよ!」バサッ
岡部「これは…貴様の白衣か?どれ…む?俺のサイズにぴったりではないか」
紅莉栖「たまたま!たまたまサイズ大きいの買っちゃったのよ!そう!たまたまね!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
5:
◆FtluuZw8OI
2014/02/14(金)21:22:11.35
ID:pTCjL/xAO
━ラボ━
ガチャッ
鈴羽「ちぃーっす岡部倫太郎」
まゆり「あ、スズさんだぁ!トゥットゥルー♪」
紅莉栖「こんにちは、阿万音さん」
ダル「うーす。阿万音どしたん?」
岡部「ん?あぁ、バイト戦士か。そのビニール袋はなんだ?」
鈴羽「ん?ラボへのささやかな差し入れだよ?よかったらみんなで食べて?」
岡部「おお、差し入れか!!!ありがたい、ようやくお前にもラボメンの自覚が出てきたなどっかの助手と違って!フゥーハハハ!!!」
紅莉栖「助手ゆーな」
岡部「ならクリスッティーンナで」
紅莉栖「ティーナも助手もセレセブも蘇りし者も禁止!何回言えばわかるのよ!」プンスコ
岡部「で、バイト戦士よ。差し入れとは一体なんなのだ?いつぞやのようなビーヘーやバッタなどではあるまいな?」
鈴羽「大丈夫、安心して?これだよ。ラボメン全員分買ってきた。」フクロアケル
岡部「おお、これは…ペヤングか?パッケージが真っ赤だが」
鈴羽「激辛ペヤングって書いてあるけど、どうせそこまで辛くもないのを誇大広告してるんだろうって思って買ってきちゃった。特売で一個115円だから懐にもあんまり響かないしね」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
6:
◆FtluuZw8OI
2014/02/14(金)21:24:56.03
ID:pTCjL/xAO
岡部「ああ、広告など大体がそのような景品表示法に抵触しそうなものだろうからな!よかろうバイト戦士よ!今夜、ラボメン全員でこの激辛ペヤング(仮)の試食会を行おうではないか!フゥーハハハ!(やっべ俺辛いの超苦手なんだが…)」
紅莉栖「ビビってんですね、わかります(ちょ岡部なに勝手にきめてんのよ!こんな辛そうなもん食えるか私はホテルに帰らせてもらうわよ!)」
岡部「んなッ!?sそそそそういう貴様はどうなのだクリスティーナよ…」
紅莉栖「いいいいや私は辛いの大丈夫ですしおすし!?」
岡部「ならクリスティーナは試食会に参加と」続きを読む

[ 閉じる ]
12/19 (18:00) SSなび
11:
忍法帖【Lv=22,xxxPT】2012/03/19(月)03:56:01.81ID:BaoHRUcL0
紅莉栖「はろー」
岡部「助手よ…来たのか」
紅莉栖「ふぇ?…誰?」
岡部「俺だ鳳凰院凶真だ」
紅莉栖「この岡部の真似をしている美少女はいったい…」
岡部「真似ではない…朝起きたら女になっていたのだ!」
紅莉栖「もう、また岡部のいたずらか何か?…私にはそんな嘘通用しないわよ」
岡部「いたずらでも嘘でもない、本当に女になったのだ」
紅莉栖「はいはい分かったから、岡部を呼んで頂戴」
岡部「ぐぬぬぬ」

続きを読む

[ 閉じる ]
12/15 (23:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/09/02(金)20:00:38.41ID:1Qrwaw2L0
?ラボ(未来ガジェット研究所)?
まゆり「あれもしたい♪ これもしたい♪ もっとしたい♪ もっともとしたいー♪」チクチク…
紅莉栖「ここをこうして、っと。橋田、そっちはどう?」カチャカチャ
ダル「まだまだ時間がかかりそうだお」カチャカチャ
まゆり「…やったー! 仮縫い終わったー!」

続きを読む

[ 閉じる ]
12/14 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/10/02(日)18:55:51.54ID:QF121TSm0
岡部「フゥーハハハ!やっと完成したぞ、対象を動物に変える事が出来るリモコン、アニマルチェンジャーだ」
ダル「オカリンにしてはまともな名前だな」
岡部「…早速試してみよう!ダル何か動物にしたいものはないか?」
ダル「うーん、なんもないなーまゆ氏達が来たら聞いてみたらどう?」
ダル「とりあえず僕はメイクイーンにいってくるお、みんなきたらおしえてお」
岡部「ああわかった、昼寝でもするか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/25(土)21:45:50.63
ID:cfwrUvNP0
紅莉栖「ハロー……あー暑い」
紅莉栖「あれ……誰もいないの?」
紅莉栖「って、誰もいないのに鍵かけてないじゃない。岡部ね」
紅莉栖「あー、ほんと暑い……」パタパタ
紅莉栖「……」
紅莉栖「……」
紅莉栖(岡部、今どこ……と)スッスッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1437828340
引用元:

紅莉栖「覚えててくれてるかな……」

STEINS;GATE0【Amazon.co.jp限定特典付】(アイテム未定)
postedwith
amazletat15.07.27
5pb.(2015-11-19)
売り上げランキング:654
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆SUZUHAec1I
2014/03/20(木)00:00:47.28
ID:BGLV33+Vo
「ふう、忘れ物はないな……」
自分で確認するようにつぶやき愛車の軽トラを走らせる
数十分ほど走った小高い丘が俺の目的地だ
「また来ましたよ、鈴さん」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1395241247
引用元:

【シュタゲSS】Mr.ブラウン「またこの時期がきたか……」


STEINS;GATEELITE-PS4
postedwith
amazletat18.12.03
5pb.(2018-09-20)
売り上げランキング:1,205
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
12/02 (18:05) SS古今東西
2:
1
:
2011/12/04(日)10:32:33.85ID:9kMGiZg5o
「補習がこんなに長引くとは……不幸だ……。おっと、早くしないと特売が終わっちまう!」
ツンツン頭の少年、上条当麻は例によってスーパーへの道を急いでいた。
「公園を通ったほうが近道だが……」こう考える上条の脳裏に、常盤台中学校の制服に身を包んだ少女の姿がよぎった。
「迷っている場合じゃないか」
そして上条は公園の中に足を踏み入れたが、その瞬間に彼は何かにぶつかった。
反動で数歩後ろに下がった上条の目の前には、先ほどまではなかったはずの球体の機械があった。
上条は身を固くして叫ぶようにいった。「……これは?……まさか魔術師の!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。