SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
THE IDOLM@STER
タグ一覧の表示
<<
2017年04月
>>
143件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/16(水)21:39:08.38
ID:ZHowYflM0
―幼稚園時代―
保父「君の周りの人が不幸に?そんなことあるわけ…うおっ」スポッ
ほたる「せんせえぇぇぇぇ!!!なんでマンホールがあいて…ぐすっ」
―小学校時代―
6年生「お前の友達は不幸になる?ははは、そんなわけねーじゃ…あっ」ガシャーン
じいさん「コラー!!!」
ほたる「蹴り上げた石が不自然な軌道でおじいさんの家の窓に…うう」
―最近―
前P「今までお前の所属したプロダクションは次々潰れたがウチは大丈b…えっ?社長が金庫の中身持って逃げた?」
ほたる「」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1397651948

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/16(水)21:40:23.65
ID:ZHowYflM0

……

―CGプロ―
茄子「いいじゃないですかー!ただのおまじないですよ」
P「いや、まぁ効果は抜群だろうがやっぱりなぁ」
茄子「予言しましょう…今日おまじないをしないとプロデューサーさんは…ううっ」ポロポロ
P「えっ、えっ…?…死ぬの?」
茄子「…」シクシク
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/16(水)21:41:44.48
ID:ZHowYflM0
P「わ、分かった!むしろお願いします!ほら!」
茄子「やったぁ!じゃあさっそく」ムギュー
P「あっこの、担ぎやがったな…むぐぐ」
茄子「ハグぐらいいいじゃないですか♪」
P「実際に効果あるから強く怒れない…じゃあ行ってくるな」
茄子「はーい、行ってらっしゃいです」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/24(木)22:37:25.76
ID:FQbVfyKP0
<レディゴーゴーゴーゴーゴーゴーゴーゴーゴー(ドゥン)
<パチパチパチパチパチパチパチ
P「あーいあいあいあい!」
笑美「はいはーい!拍手ありがとさんありがとさん」
P「あい!あい!あい!あい!」クイッ クイッ
<パチパチ… パチ パチ!
P「あい!あい!あい!あい!」クイッ クイッ
<パチ!パチ!パチ!パチ!
P「…」スッ
笑美「…手拍子煽っといて何もあらへんのかい!!」バシッ
P「最後にはお客さんの自主性をね、尊重してね」
笑美「よくそんなコロコロコロコロくちから出まかせ…」
P「はーいということでねぇ、今日も愉快に始まったわけなんですが」
笑美「『掴みはオッケイ!』みたいな顔やめや」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1398346645

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/24(木)22:42:07.16
ID:FQbVfyKP0
P「まぁ今日はね!いつもと違ってあれや…ピロートークやねんな」
笑美「フリートークや!17才に何さすつもりなんよPはんは!」
P「おーん、ほら…あれや、な?ンフッ…もう…な?あれやんな?あれあれフフッ」
笑美「なんやそのグッダグダのしゃべり!自分フリートーク下手か!」
P「ああ!?何言うた自分今!俺めっっっっちゃ得意やでピロートーク!」
笑美「!?いやいやいやちゃうて!フリートークやろ!?」
P「ああもう、お前に俺のピロートークスキル見せたるわ!じゃあ俺ピロートークするから笑美は…」
笑美「…!」
P「ピローやって」
笑美「何で枕役やねん!そんなんウチいらへんやろ!」
P「ピローやって」
笑美「…ええで」
(無駄のない
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/19(土)22:22:17.68
ID:iXWUA/nn0
<レディゴーゴーゴーゴーゴーゴーゴーゴーゴー!(ドゥン)
P「はーいはいはい!」
笑美「はーい!言うとりますけども?、ウチこの間ね…」
P「ん?なんて?」
笑美「いや、これから話すとこやん!まだ『言うとりますけども?』しか言うとりませんけども!」
P「あ、『言うとりますけども?』言うとりましたん?」
笑美「やっ…やこしいわ?ほんでこの顔!むっかつきますわ?」
P「…」眉クイッ
笑美「…えー皆さん、公共の電波に暴行の様子を流すことは本意ではないのですが…」
P「すまん!すまんて!で?この間なに?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1397913737

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/19(土)22:25:28.21
ID:iXWUA/nn0
笑美「この間ウチな、ほたるちゃんの誕生日祝っててんな」
P「おーん」
笑美「まぁまぁ、言うてもうちの事務所は大所帯やから誕生日は日常茶飯事やんな?」
P「週2やな。調子に乗ってバレる前の不倫くらいの頻度やな」
笑美「その例えやめ!二度とすなよ!」
笑美「…まぁ、大体事務所仲もええから結構気楽にその場に居る人でパーっと祝うやん?」
P「俺はちゃんと全員覚えてて祝ったるけど」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/19(土)22:26:51.79
ID:iXWUA/nn0
笑美「はぁい!出ましたぁ?」
笑美「ウチの相方こういうとこあるやんな?こう、マメな男アピール?」
笑美「女泣かせあっかんわ?。あのね、こいつこの間まゆ泣かしとりましてん」
P「あっ、ちょっとそれは弁解させて!あれはですね
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2016/05/06(金)01:44:47
ID:Z31
【デレマスSS】モバP「ただいまー」まゆ「お帰りなさい。Pさん」
【デレマスSS】乃々「もりくぼ、Pさんに騙されたいみたいなんです」
からの続き要素あり。
※病み度は低め。
※ほのぼの。ご飯を食べるだけ。
※ちょっとだけ長いかも。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2016/05/06(金)01:45:50
ID:Z31
塩見周子「待ち合わせ場所は公園の噴水前ー、時刻はー、うーん……午後6時。
………………。
シューコそろそろお腹すいたーん……」
モバP(以下P)「おーい。すまん!待たせたか?」
周子「お。きたきた。お仕事終わった?おつかれーん。
ダイジョーブ。待ってないよ。イマキタトコロ♪」
P「………………」
周子「………………」
P「…………実際は?」
周子「2時間待った♪」
P「重っ!!え?待ち合わせ6時だったよね?
今ちょうどだよ?
まぁ、社会人的にはちょっとアウトかも知れないけどさ!」
周子「ジョーダン、ジョーダン。
実際はあたしも15分くらい前に来たところだよ。
流石にそんな前に来ないって♪」
3:
名無しさん@おーぷん
2016/05/06(金)01:46:09
ID:Z31
P「し、心臓に悪いな。
ハイライトの消えた目で2時間直立不動の周子を想像しちゃったじゃないか。
そっちの属性はもう充分足りてるっていうのに」
周子「ふふ。じゃ、行こっか!
今日は晩御飯ご馳走してくれるらしいけど、いったいどういう風の吹き回しー?」
P「別に深い意味はないよ。ちょっと面白い店を見つけたからさ、外食と言えば周子かなーって」
周子「ふーん」
※※※※
4:
名無しさん@おーぷん
2016/05/06(金)01:46:43
ID:Z31
物陰にて
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
名無しさん@おーぷん
2016/04/28(木)02:48:35
ID:FA2
※短め
※なんだこれ

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2016/04/28(木)02:48:50
ID:FA2
「Pさん……本当なの?本当にマスコミに……」
P「ああ、俺が迂闊だった……。まさか入り口で張られてるなんて……。
今朝の記事は文字だけだったが、来週の続報で写真も載せるらしい。
ちひろさんからの情報だからほぼ間違いないはずだ……」
「そ、そんな……。こんなことになるなんて……」
P「ファンからの抗議やネットの炎上、他誌からの取材の申し入れ……、
スポンサーから説明の要求も届いた……。
このままだとCM関連はすべて白紙……いや、違約金が発生して会社に大損害をもたらすかもしれない……」
3:
名無しさん@おーぷん
2016/04/28(木)02:49:21
ID:FA2
「た、たったあれだけで……あれだけのことで……。全てが終わっちゃうの?
たった一回……誘惑に負けて……Pさんと……」
P「すまない。全面的に俺が悪い。
俺がお前を連れ込んだりしたせいで、ファンや関係者の皆を裏切ることになってしまった。
悔やんでも悔やみきれないが……」
「ううん、違う!あたしが、あたしがあなたの誘いにのったから……、
あなたの誘惑を嬉しいと思ってしまったから……!!」
P「いや、間違っていたのは俺だ。
一回だけなら、バレなければ、そんな甘い考えがあったんだろう。
お前はまだ未成年……常識的に考えて、社会的に悪いのは全て俺だ……くそっ!!」
4:
名無しさん@おーぷん
2016/04/28(木)02:49:58
ID:FA2
「ちがう!!あれはあたしがっ!!あたしもあなたとっ!!」
P「いいんだ……。お前は責任を感じなくて……。
もうすぐ記者会見が開かれる。
そこでは『気分が悪くなったので休むた
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2016/10/26(水)07:00:08
ID:3p6
※短め

【デレマスSS】乃々「もりくぼ、Pさんに騙されたいみたいなんです」
【デレマスSS】乃々「最近Pさんがひどいんです」奈緒「はぁ……」
あたりと、やや関連性あり。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2016/10/26(水)07:01:14
ID:3p6
http://i.imgur.com/T2gg8zv.jpg
http://i.imgur.com/jUrr8id.jpg
3:
名無しさん@おーぷん
2016/10/26(水)07:01:27
ID:3p6
凛「ちょっ!?ゆかりっ!?
なんで事務所にこんな大量のエ◯本、持ってきてるの!?」
ゆかり「Pさんのお部屋をお掃除してたら、ベッドの下から出てきたんです」
凛「Pのなのっ!?ていうか、なんでゆかりがPの部屋の掃除をしてるのっ!」
ゆかり「Pさんにお願いして、たまに花嫁修業の成果を見てもらってるんです。お料理もするんですよ」
凛「何それ羨ましい」
4:
名無しさん@おーぷん
2016/10/26(水)07:02:01
ID:3p6
ゆかり「それでお掃除してたら出てきたのがこの大量の、え、えっちな本なんですけど……。
ど、どうしましょう……」
凛「ど、どうしようって聞かれても……。
お、男の人がこういうのを読むのは普通らしいし、見なかったことにして、元の場所に戻して来たら?」
ゆかり「そ、そうですよね。Pさんも男の人ですもんね……。
こういう、小学◯とえっちなことをするやつや、鞭とか木でできたお馬さんが出てくるやつとかも普通ですよね……,」
凛「待って。ちょっと待って」
ゆかり「ナースものとか、スチュワーデスもの、アナウンサーもの、婦人警官ものに、保母さんもの。
幼妻に未亡人、秘書ものや、女社長ものもあります」
凛「守備範囲広
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2016/04/24(日)03:54:56
ID:cTG
※キャラ崩壊あり。
一応、
【デレマスSS】モバP「森久保が家出した」
からの続き要素多少あり。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2016/04/24(日)03:55:08
ID:cTG
美優「私今、寮生活じゃないですか。よくお隣の仁奈ちゃんが、ご飯を食べに来たり、お泊まりしに来たりするんですよ」
乃々「……以前は仁奈ちゃんが寮に慣れるまでってことで一部屋をシェアして一緒に住んでたんですよね。
別々の部屋になっても変わらず仲が良いのはいいことだと思います……。
そもそも、食事が用意されるとはいえ、9歳の子に一人暮らしは無理がありますし」
乃々(どうも。私、森久保乃々です。
いつものようにPさんの机の下で漫画を読んでいたら出入り口を同僚の三船美優さんに塞がれました。
そして突然の人生相談なんですけど……。
なんでよりにもよって、もりくぼに相談しようと思ったんでしょう。
ちなみに土曜早朝なのでPさんはまだ来ていません)
3:
名無しさん@おーぷん
2016/04/24(日)03:57:07
ID:cTG
美優「そうですね。とても仲が良くて……先日、Pさんと一緒に私の部屋で3人、お鍋を囲んだ時もとても喜んでくれました」
乃々「微妙に聞き捨てならないんですけど……女子寮ですよね?」
美優「その時、見て、聞いてしまったんです。
ごく自然に、仁奈ちゃんが『パパ!このおとうふ、うめえーでごぜーますよ!』ってPさんに微笑みかけるのを…….」
乃々「あー……。仁奈ちゃん、Pさんには特に懐いてますから…….」
乃々(とりあえず実子という線はないはずです。Pさん独身ですし、年齢差的にも無理がありますし)
美優「Pさんは苦笑しながら仁奈ちゃんの頭を撫でるだけで、特に訂正もしなくて……ああ、もう呼ばれ慣れてるんだな、と」
乃々「はぁ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2016/04/13(水)07:21:50
ID:PHw
※キャラ崩壊あり。
※一応、
【デレマスSS】モバP「ただいまー」まゆ「お帰りなさい。Pさん」
からの続き要素多少あり。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2016/04/13(水)07:22:57
ID:PHw
事務所にて。
P「は?急に何だ乃々」
乃々「こうやってオフの日を日がな一日、Pさんの股の間で過ごしながら考えてたんですが」
P「机の下な。人聞きの悪い言い方やめよう」
乃々「思ったんです」
P「おう」
乃々「Pさんにもっと騙されたいと」
P「おう?」
3:
名無しさん@おーぷん
2016/04/13(水)07:23:52
ID:PHw
乃々「先日、Pさんは私に言ったじゃないですか。今回の仕事はすぐ終わるから気楽に行けって」
P「ん。あの時か……言ったな」
乃々「その前の、ドラマの撮影は長時間で疲れただろう。
今回は本番30分ちょっとで終わるからなー。安心しろって……」
P「………………」
乃々「……結果、お仕事はテーマパークでのパレードでした。
……主役でした。
一番高い所で、一番目立つ所で、歌って、踊って、手を振って、しまいには投げキッスさせられました……」
P「……そ、それはその……。悪かったとは思って」
乃々「その時、思ったんです。騙された。Pさんに騙された!気持ちいい。嬉しい。興奮するって……!」
P「ちょいまて」
4:
名無しさん@おーぷん
2016/04/13(水)07:24:39
ID:PHw
乃々「Pさんと出会って随分経ちます。何度辞めたいと言っても辞めさせてもらえず、無理矢理仕事をさせられました。
ライブにもでました。演劇の公演もしました。ラジオのパーソナリティーを押し付けられたこともあります。
人見知りなもりくぼにとっては拷問に近い仕事の数々
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2016/03/18(金)03:16:27
ID:J3x
※モバマスSS
※短い

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2016/03/18(金)03:18:43
ID:J3x
ちひろ「はい?え、ええ。まぁ、ありますね。なぜか貴方の机の下に陣取ってるというか、住み着いてるメンツの3人で」
モバP(以下P)「対抗して新ユニットを考えました」
ちひろ「はぁ」
P「雪美、こずえ、時子様で、オンザPというユニットはどうでしょう?」
ちひろ「ちょっと待て」
3:
名無しさん@おーぷん
2016/03/18(金)03:19:40
ID:J3x
P「個人的にはなかなか良い化学反応が起きそうで期待が持てそうだと……」
ちひろ「だから、ちょっと待てって!」
P「え?なんです?ああ、こずえよりも仁奈の方がいいですかね?」
ちひろ「違う。そうじゃない。そこじゃない」
4:
名無しさん@おーぷん
2016/03/18(金)03:21:10
ID:J3x
P「もしかして雪美ですか?確かに過去のオンザP力を鑑みると、やや説得力に欠ける気もしますが」
ちひろ「だからそうじゃないって言ってるでしょ!成人!ワインを漁師みたいな仕草で注いで飲む、れっきとした成人!成人女性が、さらっと混じってますよ!なんなんですか!オンザPって!いかがわしい!」
5:
名無しさん@おーぷん
2016/03/18(金)03:22:38
ID:J3x
P「えーっ。ダメですかねぇ。お姉さんと幼女の組み合わせって結構需要あるとおもうんですが」
ちひろ「そういう問題でもない!コンセプト!ユニット名!そこらへんからもう間違ってます!ファンからしたら意味不明でしょうが!なんでプロデューサーの上にのってるんですか!」
P「それを言い出したらアンダーザデスクだって大概なような」
ちひろ「そこにはツッコンじゃいけません」
6:<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2016/03/31(木)02:41:57
ID:3Dp
※キャラ崩壊あり。
※ほのぼの。ご飯を食べるだけ。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2016/03/31(木)02:42:28
ID:3Dp
モバP(以下P)「ういー。つかれたー。久しぶりの我が家??。
流石にノルウェーに海外出張はないわー」
まゆ「うふふ。お疲れ様です。スーツの上着、お預かりしますね……あら?」
P「どしたー?」
まゆ「あの……背中に乃々ちゃんがへばり付いてるんですけど………」
5:
名無しさん@おーぷん
2016/03/31(木)02:43:10
ID:3Dp
P「帰宅前に会社に寄ったら、事務所で捕まってなー。
最初の「つかれたー」はダブルミーニングだ」
乃々「……あんまり上手くないんですけど。
べばりくぼが進化して、へばり付きくぼなんですけど。
憑きくぼでもいいんですけど」
6:
名無しさん@おーぷん
2016/03/31(木)02:44:26
ID:3Dp
まゆ「……………………」
P「まゆー。ハイライト消えてるぞー?」
まゆ「……うふ。だいじょうぶですよぅ。ご飯はちゃんと多めに作ってありますからぁ……。
うらやましいなんて思ってませんし」
7:
名無しさん@おーぷん
2016/03/31(木)02:44:46
ID:3Dp
P「ん。そっか。
お。乃々を引き剥がしてくれてありがとうな。
憑きくぼ状態じゃ、上着も脱げないとこだった」
「なんのこれしき。容易いことです」
8:
名無しさん@おーぷん
2016/03/31(木)02:45:14
ID:3Dp
乃々「離して下さい。離して下さい。もりくぼは今、憑きくぼなんです。
一週間以上も放置された恨みが具現化した存在なんです。
やめて下さい。やめて下さい。あっ。縛らないで。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2016/10/18(火)02:42:55
ID:OPI
※キャラ崩壊あり。
※長め。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2016/10/18(火)02:43:52
ID:OPI
http://i.imgur.com/cv69IfG.jpg
http://i.imgur.com/xSuwZX4.jpg
3:
名無しさん@おーぷん
2016/10/18(火)02:44:06
ID:OPI
ゆかり「…………」
ゆかり(あれ?止まらずに行ってしまいました……。なぜでしょう?)
P「なんれとまらっねんと……!」
ゆかり「あ。はい。そうですね」
ゆかり(目の前を通り過ぎてしまったタクシーに戸惑いながらも、呂律の回らないPさんには一応同意しておきます。
何を仰っているのかは分かりませんが、Pさんのことです。たとえ泥酔していたとしてもその言葉に間違いはないでしょう)
ゆかり(それにしても、タクシー……。
以前さくらちゃんに教えてもらった作法は完璧なはずです。
今、止まらなかったのは、おそらく暗くてよく見えなかったか……。
そうです!先に別のお客様を乗せていたのかもしれません。
これは盲点でした……)
ゆかり「ならばここは何度も挑戦あるのみ……!」
ゆかり(Pさんをご自宅までお届けするのはこの私の責務なのですから……)
ゆかり「脚は肩幅に開き、身体は道路の方向真正面。
突き出した右手、その親指一本をまっすぐ上向きに立て……」
ゆかり(今です……!)
ゆかり「へいタクシー!」
P「…………」
ゆかり「…………」
P「…………」
ゆかり「…………」
P「なんれさくろ」
ゆかり「なぜ止まってもらえないのでしょうか……」
4:
名無しさん@おーぷん
2016/10/18(火)02:44:49
ID:OPI
※※※※※
ゆかり(事は、私
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TDuorh6/aM
2016/02/13(土)16:50:44.45
ID:DltBwcCqO
・これはモバマスssです
・キャラ崩壊があるかもしれません
・書き溜めはありませんが明日までに終わらせます
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1455349844

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆TDuorh6/aM
2016/02/13(土)16:51:09.96
ID:DltBwcCqO
ちひろ「プロデューサーさん、お話があるんですけど…」
P「なんですか?神妙そうな表情で…」
ちひろ「お忘れという事は無いと思いますけど、今日はバレンタインなんですよ」
P「そりゃ知ってますよ。世界中の若い男が胸をときめかせる一大イベントなんですから」
ちひろ「それなんですが…」
P「?」
ちひろ「出来れば、アイドル達からチョコは受け取らないで欲しいんです」
3:
◆TDuorh6/aM
2016/02/13(土)16:51:48.80
ID:DltBwcCqO
P「構いませんよ」
ちひろ「無理にとは言いませんけど…え?」
P「いや、だから構いませんよって」
ちひろ「…随分とあっさりしてますね」
P「そりゃまぁ、そもそも俺に渡そうとする人があんまり居ないと思うからですよ」
ちひろ「…は?」
P「…?因みに、理由とかってあるんですよね?」
ちひろ「あ、ええと…最近プロデューサーさんとアイドルの距離が近過ぎる、と上から言われまして」
P「あー、スキャンダルになりそうな可能性のある事は控えろ、と」
ちひろ「はい、そういう訳で」
P「確かによく他の部門の同僚にも言われるし…分かりました、心得ておきます」
4:
◆TDuorh6/aM
2016/02/13(土)16:52:31.25
ID:DltBwcCqO
P「と、言うわけだ。すまないが凛、チョコは受け取れないかな」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆ko96u4Xt2g
2013/10/09(水)18:00:03.54
ID:dhg/1PdP0
朝/キッチンスタジオA
ガチャ
響「ついたぁ?…」ドサッガサガサ
P「ちょ…響、どいてくれ…置けない」
響「あぁ!ごめんっ」サッ
P「っしょっと…フゥ…」ドンッ
響「…おじぃみたい…」ボソ
P「ん?何か言ったか?」
響「ううん…何でも無いぞ?」
P「…何か言っただろ」
響「さぁ!始めなくっちゃな!」ガサガサ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1381309203

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ko96u4Xt2g
2013/10/09(水)18:03:06.48
ID:dhg/1PdP0
P「誤魔化しやがって…」ブツブツ
響「ほら!プロデューサーは野菜洗ってね!」
P「しかも、扱き使いやがる…」ブツブツ
響「ブツブツうるさいぞー」ジトー
P「ブツブツブツブツブツブツ…」
響「口でブツブツ言うな!もう!早く手伝って!!」
響「今日は逆サプライズでみんなをビックリさせるんだからな!!」
P「はいはい…」
3:
◆ko96u4Xt2g
2013/10/09(水)18:06:01.29
ID:dhg/1PdP0
このSSは
小鳥「優しい止まり木」
等の続きになります。
未読の方はこちらをお読みください。
よろしくお願いします。
4:
◆ko96u4Xt2g
2013/10/09(水)18:09:00.69
ID:dhg/1PdP0
響「最初に言い出したの、プロデューサーだろ?」
P「まぁ確かに?俺から持ちかけたけどさ」
響「だったら、手を動かす!」
P「わかったって、でも…本当によかったのか?」ビリ…ゴロン
響「何が?」
P「逆サプライズなんて、普通は…」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/30(水)20:56:06.05
ID:5qGOe7o90
愛海「と、巴ちゃん…!いや、巴さんっ!!今、今なんと!?」ガタッ
巴「おお、おったんか愛海。ちょうどええところじゃ」
愛海「今もしかしてっ!サラシとおっしゃいましたか!?」
巴「そうじゃ。サラシが外れてしまったけぇ」
愛海「ふぉおおおおおおおお!!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1459338965

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/30(水)21:00:13.47
ID:5qGOe7o90
愛海「じじじ、実在してたんだね!?」
愛海「サラシを巻いている女の子!!!」
巴「なんじゃ。愛海はサラシ見るの初めてかいのう?」
愛海「はいっ!まさか実在していたなんて!」
巴「そうか、初めて見るんか…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/30(水)21:02:45.28
ID:5qGOe7o90
愛海「しかもっ!巴ちゃん、そのサラシが…サラシがどうなったって言ったっけ!?」
巴「外れたんじゃ」
愛海「ふおおおおおおおおおお!!!」グッ
巴「そんで、愛海に外れたサラシを巻いてもらおうかと思ったんじゃが…」
愛海「へっ!?」びくんっ
巴「サラシを見るのが初めてなら、無理かいのう…」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/30(水)21:06:34.08
ID:5qGOe7o90
愛海「で、できるよっ!!」
愛海「できます!!!」
愛海「いや、できないにしてもっ!!!」
愛海「お手伝いさせてくださいっっ!!!!」わきわき
巴「『ください』はむしろうちが言うべきセリフなんじゃが…」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/25(月)23:40:43.27
ID:pFl8dqJgo
P「誕生日おめでとう瑞樹さん」
瑞樹「ありがとうプロデューサーくん。でも何だか微妙な気分よね……」
P「そうですね、また一つババアになったって事ですからね」
瑞樹「……え?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1385390443

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/25(月)23:46:37.32
ID:pFl8dqJgo
P「いくら普段から美容だ健康だのに気を使っても結局時間の流れなんてものは止められないですからね」
瑞樹「…………」
P「年を取る度に、いや、こうして話してる間にもどんどんババ……ああ失礼、劣化が進んでいるわけですよ」
幸子「おはようございます!今日もボクの可愛さはとどまる事を知りませんね!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/25(月)23:48:12.16
ID:pFl8dqJgo
P「誕生日おめでとう輿水!いやぁ?今日でお前も15歳か……ほら、プレゼントだ」
幸子「綺麗な花ですね。まあボクの可愛さの前にはその美しさも埋れますけどね!プロデューサーさんにしてはいいセンスです。褒めてあげますよ」
瑞樹「あの……プロデューサーくん?」
P「何ですかバ……瑞樹さん」
瑞樹「私にはその……無いのかしら?プレゼント……」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/25(月)23:49:36.52
ID:pFl8dqJgo
P「ああ、そうでしたね。はいどうぞ」
[バンテリンサポーター]
瑞樹「あ、ありがとう…………レッスン行ってくるわね」
P「何言ってるんですか瑞樹さん。今日は俺と一緒に営業ですよ」
瑞樹「そ、そう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆U.8lOt6xMsuG
2017/03/19(日)22:10:56.54
ID:QtNj6/l70
初投稿です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1489929056

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆U.8lOt6xMsuG
2017/03/19(日)22:11:39.88
ID:QtNj6/l70
皆さんは、『懺悔室』というものをご存じでしょうか?
それは木製の電話ボックスのような部屋のことで、カーテンの閉まる部屋に神父が入り、
もう一つの小部屋に(神を信じる者なら誰でもいいのですが)信者が入ります。
部屋と部屋の間の壁には『小窓』があり、『話す声』は聞こえるようにはなっているのですが、神父と信者の顔はお互い薄暗くなっていて見ることは出来ません。
そして信者は小窓に向かって自分の犯した『あやまち』を、プライバシーを守られて神父に告白します。
人は自分が考えるほど心の中にある「秘密」というものを何年も何年も隠し続けることは出来ません。
「秘密」が重大であればあるほど心はとても苦しみ悲鳴をあげるものです。
「懺悔室」はその魂の浄化のための場所であり、昔の人の「叡知」なのです。
3:
◆U.8lOt6xMsuG
2017/03/19(日)22:15:14.94
ID:QtNj6/l70
「アイドルたちの心の平穏のために」…そのような理由から『懺悔室』がCGプロの事務所にも設置され、私が神父の役となり、皆さんの懺悔を聴くことになりました。
私は神父ではないのですが、皆さんの役に立てるのならば、と喜んでこの役を引き受け、
今日も私は部屋に入り、様々な懺悔を聴きます。
ヘレン『私が世界レベルに到達するまでの「サーガ」を語りましょう…』
クラリス「ここは懺悔の場ですので…」
4:
◆U.8lOt6xMsuG
2017/03/19(日)22:19:33.48
ID:QtNj6/l70
クラリス「ど
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)23:22:22.55
ID:Hdl6EOwc0
今回も好き勝手やります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1482848541

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)23:26:30.35
ID:Hdl6EOwc0
前作までの
堀裕子「サイキック機械!」
モバP「後の祭り」
千川ちひろ「ファンレターの検閲」
読まなくても平気です
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)23:33:41.66
ID:Hdl6EOwc0
モバP「新年特番のクイズ番組のオファー…ですか?」
ちひろ「ええ、うちの事務所に二人分の枠が」
モバP「んー…他の芸能人に晶葉や志希をぶつけるわけには気が引けるし…」
ちひろ「そうですねぇ…誰か適任が」
ガチャ
前川みく「レッスン上がり?♪」
双葉杏「ああ帰りたい…」
モバP「いた」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)23:39:32.10
ID:Hdl6EOwc0
?休憩室?
ちひろ「と、いうわけで、練習しましょう!」
みく「クイズ番組…みくでいいの?」
モバP「ああ、適任だ」
杏「杏はめんどいから誰かに?…」
モバP「賞金出るぞ」
杏「がんばりまーーす!」
モバP「変わり身の早いやつめ」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/27(火)23:55:14.82
ID:Hdl6EOwc0
杏「賞金が出るなら全身全霊真心を持って
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/24(土)22:02:53.35
ID:e51QtSbt0
今回も好き勝手やります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1482584573

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/24(土)22:05:49.82
ID:e51QtSbt0
サブカルクソPシリーズ
モバP「後の祭り」
千川ちひろ「ファンレターの検閲」
モバP「事務所の本棚」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/24(土)22:08:57.88
ID:e51QtSbt0
晶葉「よし…これが相手の深層心理を覗く機械だ」
裕子「おお!これさえあれば私もサイキッカーとして活躍できますよ!」
早苗「(機械の力じゃ…)でもこれ、本当に使えるの?」
晶葉「ふふふっ…試してみるといい」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/24(土)22:11:35.58
ID:e51QtSbt0
裕子「じゃあ早速装着して…」ガチャ
裕子「かっこいいですねこれ!」
早苗「こんなゲーム機あったわよね…VR?だっけ?」
晶葉「まあそれがモデルになってるからな」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/24(土)22:14:46.17
ID:e51QtSbt0
裕子「スイッチオン!それから早苗さんをこれを通して見て…っと」
早苗「えっちょっ私?」
裕子「覗いちゃいますよー!」ピピッ
早苗《獺祭飲みたい》
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/24(土)22:16:42.65
ID:e51QtSbt0

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/24(金)00:36:01.83
ID:aGEeFItY0
思い付きネタです 短い
ペペペペペペペペドゥーーーン
ピコありす「TTTT」
P「・・・・・」
ドゥドゥチチドゥドゥチチドゥドゥドデンダテトドゥドゥチチドゥドゥチチドゥドゥデテーン
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490283361

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/24(金)00:37:09.67
ID:aGEeFItY0
ピコありす「アイアム タチバナ」
P「・・・・・」
ピコありす「アイアム クール」
P「!?!?!?!?」
ピコありす「んー!」
P(かわいい)
ピコありす「クールタチバナ」
P「・・・・・」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/24(金)00:38:45.78
ID:aGEeFItY0
ピコありす「アイアムたちばな」
P「・・・・・」
ピコありす「アイアム ぜっ(小声)たいてき!(大声)」
P「」ブフォ
ピコありす「んー!」
P(かわいい)
ピコありす「ぜっ(小声)たいてきタチバナ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/24(金)00:40:06.25
ID:aGEeFItY0
ピコありす「クールタチバナ―!」
ピコありす「ぜっ(小声)たいてきタチバナー!」
ピコありす「んー!!」
ピコありす「クールでぜったいてきなブラックアリス!」
P「?????????」
ドゥドゥチチドゥドゥチチドゥドゥドデンダテトドゥドゥチチドゥドゥポァーン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/20(火)22:54:09.10
ID:Sexe9OcC0
今回もニッチに好き勝手やります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1482242048

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/20(火)22:56:56.07
ID:Sexe9OcC0
前作
千川ちひろ「ファンレターの検閲」
モバP「事務所の本棚」
モバP「天の光は全て星」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/20(火)22:58:11.13
ID:Sexe9OcC0
P「よし…みんな集まってくれたな」
P「みんなを呼んだのは昨日のイベントについて、言いたいことがあってな」
P「イベント…事務所のアイドルが大勢参加した年末年始のコスプレイベントだな」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/20(火)22:59:22.23
ID:Sexe9OcC0
P「この時期のコスプレってこともあったし、サンタのコスプレをしてるアイドルが多かった」
P「年少組は仁奈とイヴが用意してたお揃いのブリッツェン着ぐるみを着ていてとても可愛らしかった」
P「新年に合わせて茄子や紗枝、周子は美しい着物姿だったり」
P「大人組の中にはサンタ以外にもナース、ポリス、メイド、吉川晃司、布袋寅泰のコスプレなんかも見えたな」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/20(火)23:00:30.62
ID:Sexe9OcC0
P「中には季節感を度外視したコスプレもあったが…この事務所のアイドルらしいコスプレが多かった」
P「小梅の鬼太郎は似合ってたし」
P「光のエグゼイドや紗南のサンムーン女主人
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/17(土)20:07:06.96
ID:yCAmUASn0
今回も好き勝手にやります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1481972826

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/17(土)20:07:58.45
ID:yCAmUASn0
前作です
モバP「事務所の本棚」
モバP「天の光は全て星」
読まなくても平気です
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/17(土)20:09:32.82
ID:yCAmUASn0
P「おいっ…しょっと」ドサッ
ちひろ「今回も多いですね」
P「ファンレターや差し入れをこんなに貰えるのは嬉しいんですが…チェックが大変なんですよね」
ちひろ「あ、じゃあ私も手伝いますよ
アイドルがファンの皆さんにどう思われてるか知りたいですし」
P「あー…じゃあお願いしてもいいですか?」
ちひろ「はい!任せてください!」
P「…実は中が気になるだけとかじゃないですよね」
ちひろ「ふふふ」
P「ちひろさん?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/17(土)20:10:44.05
ID:yCAmUASn0
?島村卯月さんへのファンレター?
ラブレターのPV、とっても可愛かったです!
CDが出たら是非買わせてもらいます!
これからも応援し続けます!頑張って下さい!
P「これ女の子からですね、字で分かった」
ちひろ「このファンレター、見てるこっちもなぜか嬉しくなりますね」
P「卯月もファンレター楽しく読んでるって言ってたし、こういうファンを大事にしていきたいですね」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/20(月)23:16:09.97
ID:hMfv/Ft60
――2015年9月、事務所
<アイドルマスターシンデレラガールズゥ!スターライトステェージィーッ!
ちひろ「プロデューサーさん、大変な事態になりました!」
ちひろ「ついにアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージのサービスが開始されましたよ!」
P「おお、ついにですか!」
ちひろ「はい! これからはお仕事だけではなくデレステでも、アイドルのみなさんをプロデュースしてくださいね!」
P「当たり前です! よぉーし、早速アプリをダウンロードして、と……」
ガチャッ!
桃華「ごきげんよう……あら、Pちゃま? そんなに熱心に何をやっていますの?」
P「ああ桃華、おはよう。いやなに、今日からデレステが配信されたから早速プレイしようと思ってな」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490019369

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/20(月)23:17:01.41
ID:hMfv/Ft60
桃華「まあっ! わたくしたちが声のお仕事で収録したゲーム、でしたわよね? ふふっ、Pちゃまもそんなにはしゃいで、小さな子供みたいですわね」
P「そりゃそうさ、ゲームの中でも桃華たちをプロデュースしてやらないとな」
桃華「あまり無理はなさらないでくださいね……わたくしは、あまりゲームのことは詳しくありませんが……」
P「桃華はそういうのは疎そうだからな。おっと、最初から実装されているSSRはこの6人か……誰か引ければいいんだがな」
桃華「何のお話をしていまして?」
P「いやなに、ガチャのラインナップを見ていたんだ。ガチャを引く前に何が出るかを確認しておこうかと主ってな」
桃華(ふふふっ、Pちゃまったら……今回のお仕事、わたくし
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆.iPJEHikTw
2014/03/07(金)02:32:54.52
ID:0FeQRTBB0
モバP「おーい準備出来たか??」
「はーい。お待たせそれじゃあお仕事行こうか。」
モバP「よーしそれじゃあ大人気アイドルの今日のスケジュールを発表するぞ!」
「はやく早く。」
モバP「まずはじめに雑誌の取材、その次にトーク番組の出演、その最後にラジオのゲストだ。」
「分かったよありがとう。でも大人気アイドルの割には仕事の量少ないような気がするんだけど?」
モバP「何をおっしゃいます表紙撮影は檸檬のアレだしトーク番組は長年続いてるやつだしラジオなんて公録だぞ?」
「そう考えると確かに大人気アイドルだね。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1394127174

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆.iPJEHikTw
2014/03/07(金)02:33:30.33
ID:0FeQRTBB0
モバP「わかればよろしい!それじゃあ出発しんこー!」
「うわぁ…。」
モバP「おいおいどうした大人気アイドルなんだから笑顔が大事だぞ!ほら出発しんこー!」
「お、おー…。」
モバP「うんよろしい!それじゃあシートベルトして。」
「はーい。」
モバP「お前が売れてから他の子達も続くように売れていって事務所としては嬉しい限りだよ。」
3:
◆.iPJEHikTw
2014/03/07(金)02:34:05.26
ID:0FeQRTBB0
「それじゃあもっと私を大事にしなきゃね。」
モバP「はーいそれじゃあお姫様今日のお昼は何がよろしいでしょうか?」
「ん?そうだな?それじゃあ今日は松屋にしましょう爺や。」
モバP「かしこまりましたお嬢様。ってだれが爺やだ誰が…。」
「あはは面白ーい!もっとやってもっと!」
モバP「もうやらん!というより女の子が昼飯が松屋ってのもどうよ?しかもこんなに売れてる娘が…。」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/06(木)12:18:44.57
ID:mx8q9EQAO
晶葉「おはよう」
P「おう、おはよう」
凛「おはよ」
加蓮「おはー」
奈緒「おはようさん」
晶葉「む? トライアドもいたのか」
P「昼から撮影だから、ちょっと打ち合わせをな」
凛「まあ大まかな流れは決めてるし、最終確認みたいなものだね」
晶葉「なるほどな。しかしちょうどいい、君たちに被験――もとい、是非使ってもらいたい発明品があるんだ」
奈緒「おい今被験者って言おうとしたろ。やだよ得体の知れない実験に付き合いたくないし」
晶葉「なに、安全は保証するさ。ただこれを被ってくれるだけでいい」
P・トラプリ「ヘッドホン?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1394075924

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/06(木)12:30:36.12
ID:mx8q9EQAO
晶葉「見た目は、な。だがこいつは脳波を図るための機械だ」
P「脳波なんか調べてどうするんだよ」
晶葉「こいつで採取したデータを私のパソコンに入力し、新しく作ったソフトの性能を試してみたいんだ」
加蓮「ソフトって?」
晶葉「いや、大したものではないが……。例えば、の話だが」
凛「はあ」
晶葉「意中の相手と結婚した場合の未来予想図が見えたら、今後の役に立つとは思わないか?」
凛「え」
加蓮「うん?」
奈緒「……は?」
P「はい?」
4:
即興だから進行遅め
2014/03/06(木)12:46:11.84
ID:mx8q9EQAO
晶葉「あくまでも予測でしかないが、意中の相手と結婚して本当に良いのか否か分かれば、後悔せずに済むとは思わないか?」
奈緒「……つまり、どういう事だ?」
晶葉「今回私が作
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/09/28(水)05:56:40
ID:kaBzoiv6
モバP「急にどうしたんだよ」
荒木比奈「いや、昨日奈緒ちゃんとと話してたら話題にでたんスけど、ハーレム物の漫画やゲームで幼馴染枠ってあるじゃないっすか?」
モバP「おう。大抵ゲームは別としても、漫画やアニメだと主人公とメインヒロインを後押しする役割が多い気がするあれな。それがどうかしたか?」
比奈「そのイメージはわからなくは無いっスけど、いろんなとこから怒られるっスよ?それで実際に異性の幼馴染がいたらどんな感じなのかなってってなったんスけど、生憎二人ともそういう相手はいなかったんスよね。」
比奈「それでもしかしたらと思ったんっスけど、Pさんって幼馴染いますか?」
モバP「いやまぁいるっちゃいるけど……比奈が期待するようなイベントは一切無かったと思うぞ?」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/09/28(水)05:57:18
ID:kaBzoiv6
比奈「おぉ、やっぱいるにはいるんスね。流石主人公体質、アイドル事務所でハーレムを築く男」
モバP「ちょっと待て、変な体質を押し付けるな。てかハーレムなんか築いてねえよ!」
比奈「できればその幼馴染さんの話を聞かせてもらいたいんですけどいいっすかね?それを次回の同人の参考に出来れば……」ボソッ
モバP「おい他人を同人のネタにしようとしてんじゃねぇよ。まぁ別に隠すことの事じゃないからいいけど」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/09/28(水)05:58:27
ID:kaBzoiv6
モバP「あいつは小さいころからおとなしい子ではあったな。つっても付き合いが悪いわけじゃなくて誰かが盛り上げてれば一緒に楽しんでたし、友達も結構居たしな」
モバP「それこそ漫画やアニメみたく小さい頃に俺とずっと遊んでた、何てことは無かったな。お互いに男同士、女同士の友達が多かったわけだし」
比奈
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/03/23(木)03:31:35.66
ID:YQPG3lMR0
二十歳の二宮飛鳥が、Pの自宅で色々するお話。R18です。
シリーズとして設定などが繋がっていますので、前作とか読んでおくといいかも?
飛鳥「キミと飲むお酒」
飛鳥「キミと飲む、二杯目のお酒」
飛鳥「Pとどこまでって・・・えぇっ!?」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/03/23(木)03:32:27.90
ID:YQPG3lMR0
–Pの家–
飛鳥「お邪魔しまーす・・・」ガチャ
P「おう、いらっしゃい。・・・飛鳥・・・お前その服なんていうか、可愛いな」
飛鳥「ふふ、ありがとう。時間をかけて選んだ甲斐があったよ」ニコッ
P(・・・飛鳥の服装は数年前とは違い、女の子らしい服装となっていた)
P(裾がフリルになっているタンクトップに白のシャツ。そして下は黒タイツに短めのスカート)
P(飛鳥は昔から今も手足がかなり細い方だからか、スラっとしたその足は芸術性すら感じさせる・・)
飛鳥「・・・P?ねぇ、P?聞いている?あがらせてもらうよ?」
P「あ、え?あぁ、そうだな」
飛鳥「・・微妙に返事になってない気もするけど。とりあえずあがるよ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/03/23(木)03:33:03.35
ID:YQPG3lMR0
P「時間はまだお昼前か。さてどうするか・・・って、あれ?飛鳥?」
飛鳥「んー・・・あぁP、冷蔵庫開けていい?」
P「台所にいたのか・・・まぁいいよ、あまり大したもの入ってないけど」
飛鳥「うん。・・・ん。・・・なんだいこれ、3分の2くらいがドリンクで埋め尽くされている」
P「だから大したもの入っていないって言っただろ?」
飛鳥「まさかここまで大したものがないと
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
巫浄◆hBCBOVKVEc
2017/03/09(木)18:58:40.06
ID:HOL8jovd0
モバマスのSSです。
注意事項
・二次創作
・めっちゃ短い(短編集的日常の一コマ系SS)
・具体的には10レスもいかない可能性あり。
・キャラ崩壊
・書き溜め有り
問題ないという奇特なプロデューサーさんどうぞよろしくです。
前作を間違えてR版に投稿したバカは私だっ!すみませぬ……!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1489053519

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
巫浄◆hBCBOVKVEc
2017/03/09(木)18:59:07.28
ID:HOL8jovd0
P「困ったなぁ」カタカタピタ
ちひろ「ん、どうしたんですか? 書類に何か不備でも?」カタカタ
P「いや、そういう訳でじゃないんです」
ちひろ「じゃあ、次のお仕事のメンバーどうするか、とかですか?」カタカタピタ…
P「いえ、まぁある意味仕事にも関わってくるんですけどね。あ、じゃあ丁度いいですから俺が何に困ってるか当ててみてください」
ちひろ「んー。じゃあ当てたら今日飲みに行きませんか?」
P「いいですよ。なんなら奢りましょう」
ちひろ「ほんとですか? ふふっ、俄然やる気が出てきましたよっ」
3:
巫浄◆hBCBOVKVEc
2017/03/09(木)18:59:37.32
ID:HOL8jovd0
P「質問を3回まで受け付けますので、その答えから俺が何に困ってるか当ててみてください」
ちひろ「わかりました……。えーっと今の情報はある意味仕事に関わる問題ってことですよね」
P「そうですね」
ちひろ「つまり直接的なお話ではないということですから……そこから質問を割り出さないと」
P「ふふっ、わかりますかね」
ちひろ(切羽詰ってる内容でもないはず。もしそうならこんな事やってる場合じゃない……となるとアイ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/23(木)02:33:22.77
ID:rKGMS/Co0
※諸注意
Pメインで、アイドル達はあんまり出ないです
かなり自己満足なssもどきですが、それでもよければお付き合い下さい
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490204002

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/23(木)02:35:54.60
ID:rKGMS/Co0
ああ、今日という日をどれほど待ち望んだか
光り輝くステージ。歌い、踊る少女たち
客席は一人の例外もなく彼女らを見つめ、拳を上げ、声を張る
やがて、長くも短くも感じられる時間が終わり
彼女たちだけでなく、観客もまた口々に叫ぶ
   「ありがとう」
惜しみない賞賛の拍手の中、舞台の上で
ある者は手を大きく振り、またある者はその目に涙を浮かべている
それでも最後はみな等しく、心からの笑顔を向けて去っていく
その姿はまさしく、“アイドル”
願わくば、――――――――
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/23(木)02:38:26.63
ID:rKGMS/Co0
     ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
「改めて皆、武道館ライブ本当にお疲れ様!」
「もう知っているとは思うが、しばらくはそれぞれにまとまったオフを取ってある」
「明日から全員一斉にとはいかないが、各自しっかりと休んでほしい。それじゃあ、解散!」
   「「「お疲れ様でしたー!」」」
ライブを無事に終えた後、佐竹飯店を貸し切って打ち上げをした
店に全員入るのか少々疑問だったのだが、まあなんとかなるもんだ
「電車組ははしゃぎ過ぎてバレないように気を付けろよー。送迎組は準備したらこっち側に寄っててくれ」
  「はーい」「じゃあ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/10/09(水)10:36:03.33
ID:/s79bQaM0
まゆ「解かりますよぉ。えぇ、えぇ」コクコク
モバP「いや、うん?えっ? あれ?」
まゆ「えぇ、えぇ……」
まゆ「」ゴフッ
モバP「うあぁっ!?お、おいまゆ!?だ、大丈夫か!?」
まゆ「うふっ……Pさん優しいですねぇ……その優しさをもっと多くの女の子にも分けてあげて」ブワッ
モバP「血涙まで!? まゆしっかりしろ!!誰か救急車、救急車ー!!」
まゆ「……大丈夫ですよぉ、Pさぁん……」
モバP「んなわけあるか!!全身の穴という穴から血噴き出してる奴が無事なわけないだろ!!」ガシッ
まゆ「大丈夫って言ってるじゃないですかぁ……!」グギギ
モバP「ぎゃー白目こわっ!!も、もう一体なんだって言うんだよ!?」
のあ「彼女は今、自らに試練を与え、高みへと昇ろうとしている……邪魔をすることは、たとえ貴方でも許されない……」
モバP「高み……?のあさん、いつからそこに……?」
のあ「……先刻よ」
まゆ「……それじゃぁまゆはレッスンに行ってきますねぇ……たとえ離れていてもまゆとPさんは
基地局が発する携帯電話の電波で繋がっています……だから、さよならぁ!」ダッ
モバP「まゆぅ!?せめて着替えたらどうだぁ!?」
のあ「彼女は今達しようとしている……レベル2へと」
モバP「レベル……2……? っておーいまゆー? 赤い毛糸の玉落したぞー!」
<まゆだと思って大切にしてくれてもいいんですからねぇー!
モバP「どうなってるんだよ……おい……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1381282562

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/10/09(水)10:42:44.32
ID:/s79bQaM0
のあ「レベル2……それは自らの特性を敢え
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ikbHUwR.fw
2017/03/21(火)03:35:03.55
ID:vaRfIaWv0
モバマスSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490034903

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ikbHUwR.fw
2017/03/21(火)03:36:49.21
ID:vaRfIaWv0
――専務室
『ガン! ガン! ガン!』
美城「……入りたまえ」
『ガチャ』
きらり「にゃっほーい! しつれいっしゃー☆ 専務さんおっすおっすぅ、急にお呼ばれしちゃってきらりびっくりしちゃったにぃ☆ なんだか学校の職員室みたいでどっきどっきぃ!」
美城「ふむ、職員室とは言いえて妙だな。しかし諸星君、私の知っている限りでは君の素行に問題があるという話は耳にしない。君でも教師に呼び出されるなどということがあるのか?」
きらり「きらりわるいことはしないにぃ☆ でもでもぉー、きらりちょっとだけ普通の子より力つおーいからぁ、そのつもりがなくてもたまーに物を壊しちゃうことがあるんだぁ☆」
美城「……なるほど、力が強いというのも考え物だな。ああ、力と言えば――ドアをノックするときはもう少し軽めでかまわない。あまり強く叩くとドアが痛む」
きらり「りょーかい☆ それでそれでぇ、専務さんきらりになにかご用かにぃ?」
美城「そうだな……ひとまずそこのソファにかけたまえ、楽にしてくれて構わない」
きらり「はーい、お邪魔しゃー☆ うっきゃー! 専務さんのお部屋のソファすっごい座り心地いいにぃ☆」
美城「それはなによりだ。さて本題だが……ひとつ、君に仕事を頼みたい」
きらり「にょわ? お仕事?」
美城「そうだ。私はつい先日、とあるパーティに出席してきたのだが」
きらり「専務さんパーティーでハピハピ?」
美城「いや……楽しめるようなものではなかったな。所詮はビジネス上の立場で招待されたものだ、仕事の延長と言っていいだろう」
きらり「うきゅ?、
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。