SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
THE IDOLM@STER
タグ一覧の表示
<<
2018年10月
>>
58件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/24(木)20:39:47.54
ID:LtOHA/Ax0
P「あ?」
森久保「口下手なのは事実ですが…コミュ障じゃないんですけど…」
P「いいやお前はどう見てもコミュ障だ」
森久保「そこまで断定されるほどでは…」
P「現実を見ろ」
森久保「うぅ…コミュ障ではないんですってば…」
P「よかろう、そこまで言うならテストしてやろう」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1443094787


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/24(木)20:45:11.51
ID:LtOHA/Ax0
森久保「テスト、ですか…」
P「全然乗り気じゃねえな…」
森久保「当然なんですけど…」
P「じゃあお前は自分をコミュ障と認めるんだな?」
森久保「それは…」
P「じゃあテストだ」
森久保「むぅ…」
P「まずは普段あまり話さない人と話してみろ」
森久保「ぐ、具体的には…?」
P「そうだなあ…ふじりなとかいいんじゃないか」
森久保「ヤンキーとか…むーりぃー」
P「いやいけるって。アイツああ見えて誰にでも優しいから」
森久保「金髪って時点で無理なんですけど…」
P「お前も似たようなもんだろうが」
森久保「あぅ…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/24(木)21:04:11.15
ID:LtOHA/Ax0
藤本里奈「おっ☆ののっちじゃん、おっすー」
森久保「ど、どうも…」
里奈「相変わらず声ちっさー!歌ってる時はちゃんと声出るのに、何でだろね!」
森久保「へ、へへ…」
里奈「ののっち何気にやる時はやるとかそういう系だもんねー」
森久保「そ、そうですかね…」
里奈「マジマジ。アタシ本番とか弱い系だからさー、そういうのマジ羨ましいってゆうかぁー」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/11(水)13:24:59.37
ID:6mHHhb/A0
春香「クッキーをプレゼントするという明らかな愛情表現気付かない振奴wwwwww」
P「春香、急にどうした?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423628699


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/11(水)13:25:35.95
ID:6mHHhb/A0
春香「出、出た?wwwwwwwwwwwwww図星つかれてもあくまで冷静な態度貫奴wwwwwww」
P「クッキーのことならいつもありがたいと思ってるぞ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/11(水)13:26:07.80
ID:6mHHhb/A0
春香「出、出た?wwwwwwwwwwwwwwこちらが思い切って胸の内打ち明けたのに、やんわりと拒否奴wwwwwww」
P「その話し方、学校で流行ってるのか?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/11(水)13:26:34.69
ID:6mHHhb/A0
春香「出、出た?wwwwwwwwwwwwww都合悪い話題が出ると、無理やり別の方向に話題を逸ら奴wwwwwww」
P「ご、ごめん、ちょっと用事が出来たから出掛けるわ」スタスタ ガチャン
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/11(水)13:27:20.38
ID:6mHHhb/A0
春香「出、出た?wwwwwwwwwwwwww場の空気が悪くなると、用事思い出したとか言って退散奴wwwwwww」
春香「・・・・・・」
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/11(水)13:30:03.91
ID:6mHHhb/A0
春香「
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8nxXVxj6ho
2015/12/05(土)02:08:20.69
ID:TDMswSo+0
SideMファーストライブ記念です。
よろしくお願いします。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1449248900


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆8nxXVxj6ho
2015/12/05(土)02:09:03.08
ID:TDMswSo+0
「おはようございます」
「あ!おはようございます!涼さん!」
「おはよう愛ちゃん。朝から元気だね」
「涼さん、おはよう?」
「おはよう、絵理ちゃん」
「2人とも何してたの?」
「愛ちゃんの勉強を見てあげてた?」
「そうなんです!この前のテストの点数が悪すぎてママに怒られちゃって…えへへ」
「あはは…僕も手伝うよ」
「助かる?」
「ありがとうございます!!」
3:
◆8nxXVxj6ho
2015/12/05(土)02:09:42.68
ID:TDMswSo+0
僕、秋月涼はここ876プロでアイドルをしている。
今はソロで活動したり、日高愛ちゃん、水谷絵理ちゃんの二人とディアリースターズというユニットを組んだり…楽しく仕事ができている。
ちょっとだけ不満もあるんだけど…
「ぎゃおおおん!やっぱり女装ですか!?」
「仕方ないでしょ?女性アイドルの歌の祭典なんだから」
「社長!まず何で招待状が来たんですか!?」
「先方さんが女性時代の涼のファンらしいのよ」
「う…それは…」
「でも涼さん、似合ってますよ?」
「ふふっ、たしかに。一番似合ってる?」
「うぅ…フォローになってないよ…」
4:
◆8nxXVxj6ho
2015/12/05(土)02:11:14.51
ID:TDMswSo+0
今は男性アイドルとして名前も知られてきた僕だけど、ちょっと前まで世間の人たちは僕のことを女の子だと思っていた。
世間の人だけでなく愛ちゃんや絵理ちゃんまでも。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/04(月)20:44:02.95
ID:Sf1CdZDN0
このアイドルマスターシンデレラガールズの木村夏樹のSSです。
キャラ崩壊、および不自然な言葉は見逃してください。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1430739832


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
>>1
2015/05/04(月)20:45:42.39
ID:Sf1CdZDN0
夏樹の部屋にて
多田李衣菜「ここに置いて……一列いただき」
藤本里奈「……げっ」
李衣菜「里奈さんの番ですよ?」
里奈「……まった」
李衣菜「待ったは無し」
里奈「こうなりゃ……覚悟!!」グシャグシャ
李衣菜「……ちょ!?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/04(月)20:46:59.76
ID:Sf1CdZDN0
里奈「……オセロやろって言ってたのは誰だっけ?」
李衣菜「……里奈さんだよ」
木村夏樹「オセロがここまで弱い奴、初めて見たな……」
里奈「……っていうかー。オフなのにー、女三人で部屋でグダグダとか、無いっしょ?」
夏樹「それ、人の部屋に来て言うセリフか?」
李衣菜「でも、何もしないのもちょっとって気はするかな」
里奈「うーん…………」チラリ
夏樹「……なんだよ?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/04(月)20:48:22.75
ID:Sf1CdZDN0
里奈「そーいえばさ。なつきちの髪って、いつもリーゼントだよねー」
李衣菜「言われてみれば、あんまり髪の毛下ろしてる時って見た事無いね」
夏樹「……別にいいだろ。これは、あたしのポリシーみたいなモンだよ」
里奈「髪型変えてみない? 思いっきり可愛い感じに?」
李衣菜(……なつきちの違う髪型。結構見てみたいかも……)
5:<
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆q28dSv/KPs
2016/09/19(月)21:45:33.17
ID:f1Tii+w70
周子「奏ちゃん今ひまー?」
奏「……」
周子「え、なにその顔」
奏「なんだか嫌な予感がしたのよ」
周子「なにそれ、傷つくわー。それよりさ、ちょっと時間ある?」
奏「今すごく忙しいの。見てわからない?」
周子「いやいや、さっきまで映画情報誌めくってたよね。今日このあと暇だから映画でも見に行こうかしら、あーでも面白そうなのやってないわね……って感じだったじゃん」
奏「わかってるならなんで聞いたのよ」
周子「奏ちゃんそういうの大事にするじゃん。でさ、緊急事態なんだけど手伝ってくれない?」
奏「緊急事態ねえ」
周子「そう、さすがの周子ちゃんも困っちゃうくらいの一大事なの。猫の手も借りたいくらい」
奏「はいはい、で本題は?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1474289132


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆q28dSv/KPs
2016/09/19(月)21:46:04.64
ID:f1Tii+w70
周子「今夜、実は寮で鍋パーティをしようって話があって」
奏「急に深刻さが消えたわね」
周子「いやいや、大事だよ鍋。日本人たるもの鍋を囲んで初めて親しくなれるみたいなところあるじゃん?」
奏「まあ、私も嫌いではないけど」
周子「お、やったー! 奏ちゃんも来る? 来るよね?」
奏「考えておくわ。で、それと緊急事態がどう関係があるのかしら」
周子「それがね、今回結構真面目に計画しててさ。ほら、寮に住んでても全然会わない人とかいるじゃん。プロデューサーや部門が違うと仕事でも会わないし、せっかく同じ屋根の下で暮らしてるんだから、それってなんかもったいないなーと思って」
奏「確かにね」
3:
◆q28dSv/KPs
2016/09/19(月)21:46:40.82
ID:f1Tii+w70
周子「だから珍しくこの周子ちゃんが一肌脱いで、鍋パーティを主催して参
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/05(火)11:05:52.13
ID:H58EJrlmo
P「毎日毎日身を削って社畜生活」
「30前の体には日々負担が蓄積されていく」
「オフには疲労困憊で何もする気が起きない」
「もうこんな生活続けてられるかよ!!!!」
「俺は・・・子供に戻りたい!!!」
「学校から帰っておやつを食べて校庭でみんなで缶けり」
「帰ったら母ちゃんがカレーを作って待っててくれる」
「そんな生活を取り戻したいんだ!!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1362449151


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/05(火)11:06:18.15
ID:H58EJrlmo
P「子供になりたいといっても子供心を忘れてしまった俺には難しいな」
「1から作るのは不可能だ」
「ということでまずは模倣から入ろう」
「子供・・・やよい」
「いや、経済的な問題を抱えるのはきついな」
「俺にはあの境遇で天使のように笑うことはできないだろう」
「となると選択肢は一つ・・・・」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/05(火)11:07:58.58
ID:H58EJrlmo
P美「んっふっふー、PはこれからP美(ぷみ)だよ→」
P美「あ、おかえり千早お姉ちゃん」
千早「は?あの、プロデューサー」
「私の聞き間違いでしょうか?今とても不愉快な気分になったのですが」
P美「うあうあー、千早お姉ちゃんがご機嫌ナナメだよ→」
千早「・・・」
P美「ねーねー千早お姉ちゃん?P美何か千早お姉ちゃん怒らせちった?」
P美「ムシはやだよ→!千早お姉ちゃーん」
千早「律子・・いえ社長に相談すべきね」
P美「行っちゃった・・・」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/05(
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/02(土)22:25:42.36
ID:HV1Z9nNA0
のんびりと書いていきます
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1430573132


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/02(土)22:28:30.95
ID:HV1Z9nNA0
カタカタ…
P「はぁ…」
ちひろ「……」
P「うーむ…」
ちひろ「プロデューサーさん?」
P「どうすっかな…」
ちひろ「もしもし?」
P「えーっと…」
ちひろ「プロデューサーさん!」
P「うおっと!はいはい!なんでしょう!?」
ちひろ「頼まれた書類が終わったので確認をお願いします」
P「ああ、わかりました、ありがとうございます…」
ちひろ「…プロデューサーさん、大丈夫ですか?」
P「だ、大丈夫ですよ?」
ちひろ「そうは見えませんよ、今日はなんだか朝からずーっとウンウン唸ってますし…」
P「そ、そうでしたか…」
ちひろ「ふぅ…仕方ありませんね、お茶を淹れてあげますからちょっと休憩しましょう」
P「あ、ありがとうございます…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/02(土)22:39:45.89
ID:HV1Z9nNA0
??????
ちひろ「はい、どうもお待たせしました」
P「すみません、わざわざありがとうございます」
ちひろ「いえいえ、それにしても今日のプロデューサーさんは変ですねぇ、なにかあったんですか?」
P「うーん、大したことじゃないんですけど…まぁ…」
ちひろ「やれやれ、じゃあそんなプロデューサーさんには、はいどうぞ」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆K7qLUv4H.Lbp
2018/07/31(火)22:38:39.82
ID:WoOVXTQDO
ありす「なんで……なんでですか!」
ありす「あの時、私を導いて……アイドルにして……それからあなただけのシンデレラにしてくれるって…いっ…て」グスッ
―少女の言葉は最後まで出すことができず
ありす「あ……待って……待ってくだ……さい」
―そして永久に
ありす「あなたに……感謝も……まだ……」
ありす「グスッ……こんな恋なら……好きにならなければ……」
―愛しい人と会うことはできなくなった
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1533044319


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆K7qLUv4H.Lbp
2018/07/31(火)22:40:32.75
ID:WoOVXTQDO
橘ありす誕生日SSです
短いです
こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします
4:
◆K7qLUv4H.Lbp
2018/07/31(火)22:46:23.33
ID:WoOVXTQDO
「はい、おっけーです」
ありす「はい、ありがとうございました」
モバP(以下P)「ありす、お疲れ」ポンポン
ありす「あ、プロデューサーさん。お疲れ様です」
P「無事に終わったな……」
ありす「はい……少し、寂しいです」
P「人によっては……終わるのもいるんだろうな」
ありす「はい……その」
ポンポン
P「何にしろ、今日の1500で終わることは確定だったからな」
P「ガラケー版のシンデレラガールズは」
ありす「はい」
5:
◆K7qLUv4H.Lbp
2018/07/31(火)22:51:26.08
ID:WoOVXTQDO
ありす「でも私は」
チュッ
ありす「好きな人には大好きって言えましたから」
ありす「きっと……いえ、絶対に大丈夫です」
P「あぁ、その通りだな。じゃあ帰ろうか」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/05(火)00:00:11.29
ID:LeV7KawX0
響「ごめん、聞き間違いかな。もう一度言ってくれる?」
伊織「だからアンタが言うこと聞かなかったらそれ飲ませるって言ってんのよ!」ムニィー
響「やめて自分のほっぺはそんな伸びないかなーってうぎゃあ!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1430751601


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/05(火)00:01:19.24
ID:LeV7KawX0
響「ぐ、ぐぬぬ。何で自分がこんな目にぃ・・」
伊織「なーに言ってんのよ、自業自得じゃない」
――2週間前
貴音「なんと、今年のごぉるでんうぃーくは最大12日間ですか」
真美「うあうあー、真美達は28まで学校だYO!」
響「それでも8連休だけどなー、というか12連休なんてホント一部の人だけだろ」
響「ま!自分たち芸能人には連休なんて関係ないさー!」
真美「ひびき?ん、あれを見ても同じこと言えるの・・?」チラッ
ホワイトボード「マッシロダヨ」
響「貴音!そういえば前に言ってたゴーヤラーメンのお店どうだった?」
真美「露骨な話題そらし!」
貴音「響、現実から逃げてはなりませんよ」
響「ううう・・GWはバイト先も暇だからーってシフト入れてくれなかったし、ハム蔵達のご飯どうしよう・・」
真美「確かにそれは鎖骨問題ですなぁ」
響「死活問題、な。春香は徳島のイベントに呼ばれてるんだっけ、いいなぁ」
貴音「徳島の観光大使の方と仲がよろしいらしく。して響、ペット達の世話が大変というのなら私が響のお世話を引き受けても」
響「却下」
貴音「なんと!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/05(火)00:02:15.86
ID:LeV7KawX0
伊織「ただいま戻りまし
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/21(木)00:19:34.44
ID:Uf++ANjD0
P「へぇ、初耳ですね。どんな人だったんですか」
あずさ「とっても格好良い人で、困ってる私に手を差し伸べてくれました」
P「あ、もしかして俺ですか!?」
あずさ「うふふ、プロデューサーさんも良い人ですけど、その人には敵いませんよ」
P(……失恋した)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1363792774


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/21(木)00:20:19.64
ID:Uf++ANjD0
P「残念です。――あ、注ぎましょうか」
あずさ「お願いします。……あの人こそ、運命の人なのかもしれませんね」
P「あずささんにそこまで言われるなんて、羨ましい人だ」
あずさ「あら、嫉妬してくれるんですか」
P「それはもう! 腹の中が煮えくり返りますよ」
P「それで、その人とはどんな関係なので?」
あずさ「大人の関係、ですよ」
P(死にたい)
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/21(木)00:21:37.95
ID:Uf++ANjD0
P「ええー、スキャンダルは勘弁してくださいよ……」
あずさ「冗談です。……本当は一度しか会ったことないんですよ」
P「心臓に悪いなぁ。ということは一目惚れですか」
あずさ「惚れちゃいました」
P「よっぽど格好良かったんですね」
あずさ「いえいえ、実は顔もよく憶えてないんです」
P「さっき俺より格好良いって言ったじゃないですか」
あずさ「それは立ち振舞いのことですよ。……詳しく聞きます?」
P「酒の肴としてならぜひとも」
P(聞かなきゃ諦めつかんし)
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/21(木)00:22:46.55
ID:Uf++
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆km.GW4AuOk
2014/05/11(日)17:35:13.15
ID:UTz0YjIWo
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです
稚拙な文章であること、ご了承ください
指摘や感想など頂ければとても嬉しいです
のんびりゆっくり行きます
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1399797303


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆km.GW4AuOk
2014/05/11(日)17:37:14.21
ID:UTz0YjIWo
-○年5月9日-
志保母「ふぅ…洗い物は、これでお終いね」
いつもの家事をこなし、一段落。
少し、休憩しましょうか。
志保母「はあー…」
休日の昼下がり。
一通りやることは終わり、気が抜けます。
今日、お父さんは何時に帰ってくるかしら?
晩御飯は何にしようかしらねー…。
3:
◆km.GW4AuOk
2014/05/11(日)17:38:12.50
ID:UTz0YjIWo
志保「おかあさーん!」
まだ5歳の娘が、とてとてこちらに近づいてきます。
志保母「どうしたの、志保?」
志保「えへへー」
志保母「?」
何か企んでいる顔ね、これは。
よーく見てみると、後ろ手に何かを持っています。
まさか、脱皮した蛇の抜け殻とかじゃないわよね……。
少し身構えつつ、待ってみます。
4:
◆km.GW4AuOk
2014/05/11(日)17:38:43.67
ID:UTz0YjIWo
志保「…はい!これ!」
志保母「へ?」
小さな紙切れ。
お父さんのメモ帳から取ってきたのかしら。
中に書いてあるのは…。
5:
◆km.GW4AuOk
2014/05/11(日)17:39:21.79
ID:UTz0YjIWo
『 まっちーじけん
  あと5かりつカえます 』
6:
◆km.GW4AuOk
2014/05/11(日)1
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/23(火)16:19:53.79
ID:XorWWoSy0
ちひろ「薫ちゃん、どこで聞いたんですか?」
薫「えーと、さっきニュースで見たのー!」
ちひろ「あら、ニュース見るなんて偉いですね!」
薫「えへへー! でも、よくわからなかったー!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1374563993


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/23(火)16:23:31.09
ID:XorWWoSy0
ちひろ「誰かに聞いたりしたかしら?」
薫「えーと、ありすちゃんに聞いたらねー!」
ありす『需要(じゅよう)とは、財に対する購買力の裏づけのある欲望です。
    消費者側の「買いたい」という(ry』(wikipediaより引用)
薫「って感じで、よくわからなかったー!」
ちひろ「あらら……」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/23(火)16:26:39.62
ID:XorWWoSy0
薫「ちひろさん、教えてーっ!」
ちひろ「そ、そうですねぇ……」ウーン
薫「忙しいなら我慢するよ?」
ちひろ「大丈夫です、教えてあげますよ!」
薫「やったー! お願いしまー!」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/23(火)16:29:12.22
ID:XorWWoSy0
ちひろ(うーん、どう説明しようかしら……)
ちひろ(薫ちゃんに分かるようにしなきゃいけないし)
ちひろ(プロデューサーさんが居ればなぁ……)
ちひろ(…………)
ちひろ(あっ、そうだ、イイコト思いつきました)ニヤリ
7:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/07/23(火)17:00:19.87ID:2+OJPwx0o
https://i.imgur.c
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆CTtxy3Bv6A
2014/08/23(土)10:57:08.94
ID:Rbh2jDDi0
モバP「一番になるって言っただろ!?」
茜「そうです! 日本一のアイドルになるために頑張っているんです!」
モバP「世界行きたくないのか!!」
茜「世界……! 行きたいです! ゆくゆくは、世界一のアイドルになりたいです!」
茜「でも、今の私がそんなアイドルになれるんでしょうか……」
モバP「どうしてそこでやめるんだ、そこで!!」
茜「!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1408759018


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
◆CTtxy3Bv6A
2014/08/23(土)10:59:19.07
ID:Rbh2jDDi0
日野茜(17):
https://i.imgur.com/Ry7oLWY.jpg
4:
◆CTtxy3Bv6A
2014/08/23(土)11:01:22.67
ID:Rbh2jDDi0
モバP「人生思うようにいかないことばかりだ!」
モバP「でも、そこで頑張れば、必ずチャンスが来る!」
茜「……そうですね! そう、ボンバーです! 元気とボンバーがあれば何でもできる!」
モバP「だからこそ、もっと!」
茜「はい!」
モバP「熱くなれよおおおおおおおおおおおお!!」
茜「ボンバーーーーーーーーーーーー!!」
幸子「うるさいですよ! ちょっと!」
5:
◆CTtxy3Bv6A
2014/08/23(土)11:03:39.62
ID:Rbh2jDDi0
輿水幸子(14):
https://i.imgur.com/ar09hgB.jpg
6:
◆CTtxy3Bv6A
2014/08/23(土)11:06:16.76
ID:Rbh2jDDi0
モバP「世間はさぁ……冷てぇよなぁ……」
茜「あぁっ、幸子ちゃん! プロデューサーがショック受けちゃったじゃないですか!」
幸子「だって、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆0zstGmOZRUno
2014/07/20(日)01:35:55.87
ID:LrAkKlT+0
◆モバマスSSです。
◆キャラが崩壊するかもしれません。
◆思い付きでやったので書き溜めがないです。遅筆になってしまいます。
◆コレジャナイ感が漂う可能性が有ります。生暖かい目で見守って下さい
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1405787745


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆0zstGmOZRUno
2014/07/20(日)01:57:39.36
ID:LrAkKlT+0
P「今日は本当疲れましたよー」
社長「なー、今日仕事きつかったなー」
P「あ、そういえば社長。社長、カードゲームが趣味だって言ってたじゃないですか」
社長「ああ。といっても手を出しているのは少ないが」
P「バインダーごとカードもらったんですけど、それを調べたらβ版っていうんですか。そのカードがあって……」
社長「おいおい、マニアの間では一枚数百万で取引されてるカードじゃないか」
P「それで社長にあげようかな、と」
社長「悪いよ、君がもらったものだし、売れば給料の数倍はするだろう」
P「でも、使ってもらったほうがカードとしてもいいかな、なんて」
社長「うーん、まあ現物見てから決めようか」
P「じゃあ、うちに来てくださいよ」
社長「そうだな、ビールとか買って行くか。私のおごりだ。遠慮するなよ」
P「ありがとうございます」
3:
◆0zstGmOZRUno
2014/07/20(日)02:02:49.37
ID:LrAkKlT+0
社長「じゃあ、お邪魔させてもらうよ」
P「あ、適当に座ってていいですよ」
社長「おお、そうさせてもらおうか」
P「あ!しまった……」
社長「どうしたんだ、一体」
P「うっかりしてて、会社に忘れ物をしちゃいました」
社長「明日取りに行けばいいだろう」
P「実は、その忘れ物が車のキーなんです」
社長「朝一で幸子送
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/15(月)18:10:32.41
ID:9QO9XnPb0
スレ連立してないか心配
※ホラーではないかもしれないけど特殊世界観
※作者はよしのんだいすき
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1418634622


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/12/15(月)18:12:26.47
ID:9QO9XnPb0
-事務所-
キィ・・・ガチャ
P「おーい、明かりついてるけど、誰かいるのか?」キョロキョロ
P「うおっ!芳乃!」
芳乃「ほー、そなた、こんな遅くまでご苦労でしてー」
P「遅いって言ったら、芳乃も……」
芳乃「わたくしはそなたを待っていたのでしてー。」
芳乃「日が暮れるといえどもー、待つのがわたくしの成すことー」
P「そうか、それで、何か用事か?」
芳乃「話ありましてー、直接言うのがよいでしょー」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/12/15(月)18:13:27.01
ID:9QO9XnPb0
芳乃「わたくし、アイドルを止めさせて欲しいのですー」
P「! そんな急に!」
P「どうしたんだ芳乃、仕事で何か嫌なことが…」
芳乃「いえー。アイドルはキラキラパシャパシャ。わたくしの新たな扉だったのでしてー」
芳乃「それとは、ねじれの位置の現象なのでしてー」
P「別の理由があるってことか?」
芳乃「わたくしは人柱なのでしてー」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/15(月)18:14:24.47
ID:9QO9XnPb0
  
P「!?」
P「…は?!…芳乃が、人柱?」
芳乃「冗談ではないのでしてー」
芳乃「そなたがわたくしを求めたのも―、やはり大きな輪のなかー」
芳乃「たどり着く結末は変わり
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/15(月)02:16:14.26
ID:9QO9XnPb0
※地の文ばかりです
>>0??s初投稿なので至らない点はビシバシ言ってください
※奏のアレな過去ねつ造がありますが匂わせる程度です
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1418577364


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/15(月)02:18:04.99
ID:9QO9XnPb0
P「奏…」
奏「…プロデューサーさん。……ん」
プロデューサーさんと、唇を重ねた。
心が満たされる、幸せなキス。
心がいっぱいになる。
涙が漏れる。
P「奏!?」
やだ、そんなに驚いた顔しないで。ごめんなさい。
「涙、出ちゃった。……心配しないで。」
「嬉しかったの」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/15(月)02:20:13.74
ID:9QO9XnPb0
・ 
・・
・・・
私は弱かった。
潮騒がかき消すような、遠いあの日。
たった一言。たった数秒。たった一人を失っただけで、胸が痛くて仕方がなかった。
見える世界が全部、私を非難しているように見えた。
2人で観た恋愛映画。いじらしく半券なんかとって置いて。
モノクロな日々を、何日もさまよった。辛くて、辛くて、まるで喉が乾いてるみたいだった。
私は、ひとりきりで堕ちていった。
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/15(月)02:21:33.91
ID:9QO9XnPb0
学校が終わったら、スカートを巻いて短くして。暇そうにケータイをいじって待ったの。
何を?
誘われるのを。
声を掛けられた時の私は、ちょっとお馬鹿な女の子の演技をした。
馬鹿な女の子の方が簡単そうだ、って皆思うと思った
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/13(水)19:45:06.77
ID:/9XevzHTo
P2「そんなふわふわしたやり方で業界を生き残れると思ってんのか」
P1「ふわふわって……フルートのあの娘とかどうよ? 清楚でかわいいだろ」
P2「あの娘はいいよな。俺が見つけるべきだった……」
P3「まーた始まった」
P2「例えば、スカウトの話だ」
P1「ふむ」
P2「一体、どこをどうしたら牧場からアイドルを連れてくるやつがいるんだ」
P3「あー! 及川のことか?」
P2「そう、あの……でっかいの」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1363171506


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/13(水)19:46:09.35
ID:/9XevzHTo
P3「仕方ないだろー、ちょっとうっかり移動中に電車を乗り過ごしちゃってさー」ハハハ
P1「いやお前」
P3「でも、いい拾い物だったじゃん。でかいし」
P2「お前は胸しか見とらんのか……?」
P3「失敬な! バスケが得意とかキャッツが好きとか、いろいろ見てるわい」
P3「いやー、すごいよな。WBC」
P2「……」
P1「そういや、警官を連れてきたこともあったな」
P3「あー! 早苗さんのことか?」
P1「そう、あの……おっきい人」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/03/13(水)19:47:11.50
ID:/9XevzHTo
P3「あれは、そーだな。アイドルを迎えに行ってる時にだな」
早苗『こらこらー、ここは駐禁になっちゃうぞ』
P3『あ、すんませーん。ちょっと人待ちで』
早苗『だーめ、出入りの業者があるから、文句来ちゃうんだよ?』
P3『はあ……えっ!?』
P3(なんだこの人、めっちゃかわいい!)
P3『お姉さん』
早苗『ん? なーに?』

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8ozqV8dCI2
2017/11/19(日)01:52:38.26
ID:QUXWsklw0
「貴女のせいよ」
夕日が射す教室で、彼女は言った。
「貴女のせいよ、棟方さん」
先ほどまで愛を囁いていた唇が、微笑に歪みながらあたしを責め立てる。
「私、女の子を好きになっちゃったわ。ほんの少し前まで、恋に恋してたっていうのにね」
「貴女に出会わなければ、普通に男の人に恋をしていたというのに」
「今では毎日貴女のことばかり考えているわ」
彼女は笑みを絶やさない。
もうすぐ欲しいものが手に入る、そう確信した顔だ。
「女の子が女の子を好きになるなんて気持ち悪い、なんて言わないわよね?私がこんなふうになったのは貴女のせいなんだから」
「嫌とは言わせないわよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1511023957


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆8ozqV8dCI2
2017/11/19(日)01:53:25.12
ID:QUXWsklw0
彼女はあたしの右手を掴んで無理やり自身のお山に押しつけた。
普段あんなにも求めていた感触なのに、いつも通り柔らかくて温かいのに。
何故だろう、今すぐ手を離したくて仕方ない。
「好きなんでしょう。何度も触ってきたものね。これからはいつでもどこでも好きな時に揉んでいいのよ。だから」
私と付き合って。
そう囁いた唇は、迷うことなくあたしの唇へと迫る。
ぴしゃり、と乾いた音が教室に響いた。
あたしが彼女の頬を叩いた音だった。
訪れた長い静寂の後。
「……貴女のせいよ」
悲痛な声でそう呟いて、彼女は教室から去っていった。
アイドルになる前の中学一年のある秋の日。
あたし、棟方愛海は友達を一人失った。
3:
◆8ozqV8dCI2
2017/11/19(日)01:55:13.04
ID:QUXWsklw0
「起きてくだしゃい、愛海ちゃん」
聞き慣れた声で目が覚める。
あたしは事務所の休
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆K8xLCj98/Y
2013/03/30(土)01:25:53.35
ID:DOCYTEs60
 ドラマの主演が決まった。
 テレビ局の楽屋で、そうプロデューサーに言われた時には、何が起きたのかすら分からなくて。
 私は、軽くパニックになっていたと思う。
 プロデューサーと事務所に戻ると、続く小さな爆発音のようなもの。
 そして、私の目の前で季節外れの雪が舞った。
「雪歩、ドラマ主演おめでとう!」
 髪についた紙吹雪の一枚をぎゅっ、と握る。
雪歩「あ、ありがとうございますっ!」
 ようやく、実感が湧いてきた。
真「雪歩っ、すごいよ!本当におめでとう!」
 真ちゃんが私の手を掴んで、ブンブンと縦にふる。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1364574353


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆K8xLCj98/Y
2013/03/30(土)01:26:44.70
ID:DOCYTEs60
雪歩「ありがとう、真ちゃん!」
P「いやあ、本当に……雪歩、頑張ったもんなぁ」
小鳥「何てドラマなの、雪歩ちゃん?」
雪歩「『フォークソングガール』っていう……」
響「って、あれか!?」
真「えっ、有名なお話なの?」
響「ベストセラーだぞ、真!ドラマ化するって噂だったんだけど……すごいじゃないか!」
雪歩「ありがとう、響ちゃんっ」
3:
◆K8xLCj98/Y
2013/03/30(土)01:27:35.06
ID:DOCYTEs60
 さあさあ、と美希ちゃんに通され、事務所の奥に進むと、
 大きなお菓子が見えた。
春香「特製、ビッグパウンドケーキだよ!おめでと、雪歩!」
雪歩「ありがとう、春香ちゃん!」
千早「萩原さんはすごいわね。……私には演技力がないから、憧れるわ」
雪歩「そ、そんなことないよ!私なんて、ひんそーで」
律子「はい、ネガティブにならない」
 頭をチョップされて、振り向く。律子さんだ。
 眼鏡の
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆GWARj2QOL2
2016/05/26(木)21:22:56.56
ID:/PvQ3q7lO
アニメ準拠はほとんどありません
草が生え散らかってるので気分を害された方は本当に申し訳ありません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1464265376


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆GWARj2QOL2
2016/05/26(木)21:23:35.71
ID:/PvQ3q7lO
『○○テレビ廊下』
瑞樹「…はいっ。…と、いうわけでですね…」
早苗「…来たわね」
楓「ついに、この時が…」
瑞樹「来ちゃったのよ。今まで一切の共演が無かったのに」
楓「何故か雰囲気的に離されてましたよね。今まで」
早苗「そうね。…でも、それも今日で終わりなのよ」
瑞樹「…まあいきなりこんな所から始まっちゃったけれど、なんとなくは理解してもらえると思うのね。このピリッとした空気」
楓「もういつ何が起きてもおかしくないですよね…」
瑞樹「どれくらいまずいか視聴者に説明して」
早苗「酔った広島ファンと酔った阪神ファンが一同に会することくらいマズイわ」
楓「嘘…」
瑞樹「それだけ組み合わせてはいけない二人っていうことよ。良い?」
楓「了解しました」
早苗「…で?今この部屋にいるわけ?菜々ちゃん」
瑞樹「ええ。…ちょっとね、静かにノックしてね…」コンコン
『…』
瑞樹「…」
早苗「…あー…集中してる…」
楓「返事、無いですね…」
瑞樹「…菜々ちゃーん…」ガチャ
菜々「何なんですかこれ!!!」
早苗「wwwwwww」
瑞樹「wwwwwww」
楓「wwwwwww」
4:
◆GWARj2QOL2
2016/05/26(木)21:24:20.47
ID:/PvQ3q7lO
早苗「え、何があったのよ…」
菜々「いや、これ…だって、何でナナ女子プロレスラーみたいな格好してるんですか」
https://madison.c.blog
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)00:48:56.26
ID:rH97b7QR0
キャラ崩壊注意
P「楓さんかわいい」
文香「がーん」
文香(楓さんの真似をして、私もかわいいと言われたい……)
文香(楓さんと言えば……)
文香(駄洒落)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1533052135


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)00:49:30.07
ID:rH97b7QR0
P「文香。レッスンお疲れ」
文香「えっと……」
P「?」
文香「我、すんごい頑張った……」
P「……?」
文香「あの、『レッスン』と『れ、すん』をかけた駄洒落で……」
P「それでちょっと考え込んだのか」
文香「は、はい」
P「お茶目でかわいい」
文香「嬉しいです……」ニッコリ
文香(ふみかえで作戦。成功です……!)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)00:50:02.00
ID:rH97b7QR0
別の日
P「加蓮かわいい」
文香「がーん」
文香(加蓮さんの真似をして、私もかわいいと言われたい……)
文香(加蓮さんと言えば……)
文香(ポテト)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)00:50:37.48
ID:rH97b7QR0
文香「プロデューサーさん。一緒にご飯に行きませんか……」
P「お、文香の方から誘ってくれるなんて嬉しいな。どこに行く?」
文香「マクドナルドへ行きましょう……」
P「文香がマクドナルド……何か珍しい組み合わせだな」
店員「ご注文は」
文香「ポテトLを二つ。以上です」
P「マジか文香」
文香「美味しい。ポテト美味しいです」モッシモッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)19:26:27.58
ID:ku8xfJfk0
律子「好きなレスラーですか?」
P「うん、週刊プロレスの企画でアンケート頼まれたんで今アンケート結果をまとめたとこ、律子は好きなレスラーとかいるの?」
律子「そんなにプロレス詳しいわけではないですが強いて言えば木戸修ですね」
P「詳しいじゃねーか!現役時代知ってるのかよ?」
律子「燻し銀でしたがここぞで決める脇固めからの木戸クラッチは絶品でしたから」
P「じゃあアンケートを一枚づつ見てくか」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1533119187


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)19:34:47.04
ID:ku8xfJfk0
三浦あずさ 三沢光晴 タイガードライバー91がえぐかったので
律子「やはり91つながりで来ましたか、おっぱい星人でしたね」
四条貴音 川田利明 麺と唐翌揚げ美味しくいただきました
P「そういえば先週世田谷でロケの帰りに一緒に食いに行ったな」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)19:51:06.84
ID:ku8xfJfk0
萩原雪歩 ローランドボック 穴堀人として負けられません
P「何歳なんだよ?つか穴じゃなくて墓堀人だけどな」
律子「その異名はターザン山本が考えたんでしたっけ?」
菊地真 スーパーストロングマシン1号 正体不明って所が良いですね
P「おまっ」
律子「お前平田だろ!」
P「先に言うなよ」
天海春香 藤波辰爾 親近感を感じます
P「歌唱力的にか…」
律子「いなづーばがやみをざーいてー♪」
如月千早 前田日明 ストイックさを見習いたいです
律子「最初の頃の千早はUっぽかったですね」
P「選ばれし者の不安と恍惚我に有りか…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/07(月)19:59:35.90
ID:ZB8jv5zJ0
あるところに一人の男性がいました。
その男性は、特定の趣味も持たず、恋人を作る気もなく、朝起きて仕事に行き、帰って寝る。
また起きて仕事に行き・・・という日々を繰り返していました。
同年代に比べれはそれなりにいい収入だったおかげで、生活には満足していたようです。
これは、そんな男性がある女性に会ったお話です・・・
?「今日も一日が終わったなぁ。さーて、帰って寝るかぁ。」テクテク
ちひろ「ちょいとそこの道行くお兄さん。そう、そこのあなたです」チョイチョイ
  ふと黄緑色の服を着たOL風の女が、こちらを見て手招きをしていた。
  怪しいと思いつつも、相手が女性だったので危険性は低いと思ったのと
  仕事先の関係者だった場合無視するのはまずいだろうと思い、その女性へと近寄った。
ちひろ「あなた、今の生活に満足していますか?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1396868375


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/07(月)20:01:11.83
ID:ZB8jv5zJ0
?「は?」
  なんだ、ただの宗教の勧誘だったか。
  こういう相手は相手をしないのが一番だ。適当にあしらって逃げよう。
?「満足しているので、他人に口出しされるようなことはなにもないですねぇ。」
ちひろ「本当ですかぁ?」
  
ちひろ「人生というのはお金だけでは満足のいくものにはならないものです。」
  しつこい勧誘だなぁ。と思いつつも不思議と彼女の言葉に耳を傾けていた。
?「お金を稼いで、そこそこいい部屋に住んで、時々贅沢な食事とお酒を飲めれば、俺は満足できますがね。」
ちひろ「たしかにそういう生活も素敵だとは思うんですけど、それだとあるものが得られていないんですよ。」
?「あるものってなんですか?
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)01:59:13.09
ID:nMPpU1Tk0
・モバマスとアイマスジュピターのクロス
・苦手な方は注意
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1377363552


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)02:20:48.01
ID:nMPpU1Tk0
冬馬「何で俺達がそんな事しなきゃなんねぇんだよ!?」
黒井「敵場視察だ」
翔太「それにしても僕達が行く必要は無いんじゃないの?」
北斗「150人以上のエンジェル達は確かに魅力的だけどな」
黒井「それだ北斗ォ!我が961プロと忌まわしき785プロは奇しくもアイドルの少数精鋭を軸として展開して来た!」
黒井「所があのCGプロは何だ!?圧倒的質量で地方活動からネット上まで一気に網羅してるではないか!」
黒井「あの爆発力は洒落にならんよ君ィ!お前達を使うのは会社側への威圧の意味でも有る!」
冬馬「なるほど、良く分かった!酷いなおっさん!」
北斗「そう言うなよ冬馬、エンジェル達が一人二人引き込めるかもしれないぜ?」
翔太「僕も行くの?」
黒井「当然だ!突入は一人ずつ、単独で!二回目三回目には幾らか間を空ける!」
黒井「ジュピターのカリスマ、力を見せ付けてやれィ!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)02:39:04.37
ID:nMPpU1Tk0
……第一次木星突撃作戦 担当:伊集院北斗
北斗「当然ながら俺が最初か…最後までやっても良かったんだが……」
北斗「そうすればプリンセス達に出会える数も増えるって」
北斗「…いや、俺なら一日だけでも45人は余裕の筈さ……エンジェルの扱いは他の二人よりも心得ている」
北斗「年頃のアイドルなら俺の事を知って、隠れファンもきっと……ふっ」
北斗「社長、もしかしたら俺が期待を裏切るかもしれな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆kBqQfBrAQE
2013/09/18(水)14:16:15.70
ID:HA+U/Pwg0
初投稿です。アイマスのssです。
色々と不備があるかもしれませんが、温かく見ていただけたら幸いです。
一応書き溜めてます。大体30レスほど。
あんまり掲示板で書き込みしたこと無いので、
連投しすぎて落ちたりしないか冷や冷やしながら投稿させていただきます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1379481375


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆kBqQfBrAQE
2013/09/18(水)14:20:11.72
ID:HA+U/Pwg0
午後9時の夜、私、音無小鳥は一人自宅マンションの階段を上って行きます。
行き先は屋上、手には3つの水筒と1つの筒箱、1つのタッパー、箸、そして1つのグラスを入れたバッグを持って上がります。
私の住む3階から屋上の11階まで上がって行くのは、なかなか辛いものがありますね。
え?エレベーターがあるのになぜ階段なのかって?
今から屋上ですることを知られたら2X歳の私は恥ずかしいんです・・・
3:
◆kBqQfBrAQE
2013/09/18(水)14:24:22.88
ID:HA+U/Pwg0
9階、10階と階段を上り、いよいよ屋上へ。
屋上に着き、あたりを軽く見渡します・・・よかった、今日は誰もいないみたい。
マンションの西側の柵のそばに置かれたベンチに腰かけ、横に置いてある小さなテーブルに持っていたバッグを置きます。
バッグを置いた時にゴトリと音がしたのはご愛嬌、結構重かったから仕方が無い。
一息つくと同時に、私は空を見上げます。
4:
◆kBqQfBrAQE
2013/09/18(水)14:28:58.14
ID:HA+U/Pwg0
「わあ・・・」と、思わず声に上げて感嘆してしまいました。
台風一過で風は少し強いけれど、雲ひとつ塵ひとつない夜空。
その澄みきった夜空には、たくさんの星々が散りばめられ、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8ozqV8dCI2
2017/10/09(月)02:43:04.08
ID:AAvMIUWk0
悠貴(おはようございますっ。乙倉悠貴ですっ!)
悠貴(今私は学校が終わって事務所に向かって走っていますっ)
悠貴(あ、いつも走っているわけじゃないですよっ。今日は特別なんです)
悠貴(それというのも、実は今日は私の誕生日なんですっ!)
悠貴(事務所の皆は忙しいのでパーティーは無理ですけど、皆におめでとうと言ってもらいたくてじっとしていられませんっ)
悠貴(ちょっとワガママでしょうか?でも、いいですよねっ)
悠貴(だって今日は誕生日ですからっ)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1507484583


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆8ozqV8dCI2
2017/10/09(月)02:43:55.25
ID:AAvMIUWk0
事務所
悠貴「おはようございますっ!」
悠貴(えへへっ、いつもより声が大きくなっちゃいました)
悠貴「……あれ?」
悠貴(返事がない。それに部屋の電気が消えています)
悠貴「皆いないのかな?……あ」
悠貴(これ、知ってますっ!電気を点けたら、部屋の中はパーティーの飾り付けがしてあるやつですっ!)
悠貴(そして驚いた瞬間、部屋に隠れてた皆がクラッカーを鳴らすんですよねっ!)
悠貴(えへへっ、プロデューサーさん「パーティーしてやりたいが皆は忙しくて時間が取れないんだ」と言ってたのは嘘だったんですねっ!)
悠貴(このサプライズパーティーを開くためのっ!)
3:
◆8ozqV8dCI2
2017/10/09(月)02:45:14.33
ID:AAvMIUWk0
悠貴(ふふっ、よーしそれなら私も何も気付かないフリをしながら……)
悠貴「おかしいなあ。とりあえず電気点けないと」パチッ
悠貴「……わあ!」
悠貴(予想的中!明かりの点いた事務所は予想通り、飾り付けられていました)
悠貴(テーブルには料理のお皿が)
悠貴(
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hmmxWDMCPs
2018/07/29(日)03:57:33.32
ID:iQaWwhyy0
本田未央、キャシー・グラハム、松永涼のSSです
Pは男性です
不勉強により口調違いや設定違い等あるかもしれませんがよろしくお願いします
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1532804253


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆hmmxWDMCPs
2018/07/29(日)03:58:45.92
ID:iQaWwhyy0
P「あら未央、来たわね。次のお仕事なんだけどね、新しいユニットを組んでもらうことになったのよ」
未央「へぇ、誰誰?」
P「秘密よ☆今日これから会議室で軽い打ち合わせがあるからそん時のお楽しみってことでヨ・ロ・シ・ク!」
未央「はいはい、それでは本田未央先に会議室に行って参りますっ!」
P「行ってらっしゃいな」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/29(日)03:59:35.53
ID:iQaWwhyy0
未央「会議室だ。トントン、失礼しまーす」
キャシー「ハロー、未央!」
未央「やっほー☆キャシーもPさんに言われてここに?」
キャシー「うん、未央も内容とかメンバーは聞いてない感じ?」
未央「てことはキャシーもなんだね…」
キャシー「Pさんいつも事前には教えてくれないからね。そのおかげでアドリブ力がついたけど!」
未央「確かにそうかも♪」
4:
◆hmmxWDMCPs
2018/07/29(日)04:00:19.44
ID:iQaWwhyy0
涼「失礼します」
キャシー「おはよう、涼さん」
涼「おはよう、キャシー、未央。待たせちまったかな?」
キャシー「ううん、あたし達も少し前にきたところ」
未央「涼さんが3人目か。そういえば私達ってユニット組むの初めてだよね」
涼「確かに、言われてみればそうだな。やっぱり2人もPサンからは何も聞かされてない感じか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)19:22:23.78
ID:nKX3Zus00
scene1  温泉
あずさ「あら?とても広い露天風呂ね?気持ちよさそうだわ?」
貴音「はい、それに泉質は重曹泉……効能も申し分ないですね」
あずさ「ふふ、美肌に効果があるんですって、素晴らしいわ?」
貴音「ここの湯は古来より『美人の湯』と呼ばれているとか……」
あずさ「まあそうなの??」
貴音「そうなのです、これに入らない手はありませんね」
あずさ「じゃあ早速?」
貴音「早速入りましょう」
千早「そうですね!」
P「カーット!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1533118943


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)19:23:11.94
ID:nKX3Zus00
あずさ「………」
貴音「………」
千早「………」
P「ちょ……なんでお前がここにいるんだよ?呼んでないだろ!?」
あずさ「………」
貴音「………」
千早「……?」キョトン
P「いや、千早……お前に言ってるんだからな?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)19:23:49.37
ID:nKX3Zus00
千早「なんでって……今から温泉シーンを撮ると聞いたので」
P「うん」
千早「これは私も必要かな!……と思いまして」
P「うんうん」
千早「来ちゃいました」テヘ
P「うんそうかそうか、来るな。必要ないから来るな」
千早「え?ですが視聴者は間違いなく私を求めて……」
P「ねぇよ!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/01(水)19:24:38.97
ID:nKX3Zus00
P「すんません、あずささん。もう一度最
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/02(木)21:56:26.86
ID:eGGLWXOC0
・アイドルマスターシンデレラガールズ二次創作SS
・キャラ崩壊あり
・短編、書き溜め済
よければどうぞ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1533214586


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/02(木)22:02:00.54
ID:eGGLWXOC0
 ――――事務所
ありす「私も懺悔室をやろうと思うんです」
晴「お前、論破するだろ」
ありす「しません」
晴「的確に痛いとこ突いてきそうじゃん」
ありす「突きません、聞き届けるだけです」
晴「その言い方もどうかと思う」
ありす「晴さんが記念すべき第一号です、さあどうぞ」フンス
晴「どうぞと言われてもなー…」ウーン
ありす「私は晴さんが懺悔する姿を見たいんです」
晴「わかった、じゃあ絶対しない」
ありす「懺悔してください、できるだけ悔しそうに」
晴「なんなの?」
ありす「こないだPaPとイニエスタってなんか似てるよなーって言ってましたよね?」
晴「やめろ、捏造するな」
ありす「どこか似ているのか、私にはわかりかねますが」
晴「ハゲって言いたいんだろ」
ありす「はい、今のはアウトです、懺悔してください」
晴「帰っていい?」
ありす「ダメです、まだ懺悔してないじゃないですか」
晴「ウイイレやりたいんだけど」
ありす「ウイイレと私、どっちが大事なんですか」
晴「今の橘と比べたら100-0でウイイレ」
ありす「わかりました、では私とウイイレやりましょう」
晴「いいけど、懺悔室は?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/08/02(木)22:03:47.95
ID:eGGLWXOC0
晴「いつの間に事務所にPS4置い
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆0zstGmOZRUno
2014/07/16(水)21:14:48.33
ID:n4frXAKB0
◆モバマスSSです。
◆キャラが崩壊するかもしれません。
◆思い付きでやったので書き溜めがないです。遅筆になってしまいます。
◆コレジャナイ感が漂う可能性が有ります。生暖かい目で見守って下さい。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1405512878


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
◆0zstGmOZRUno
2014/07/16(水)21:27:34.34
ID:n4frXAKB0
列車の中で、一人の少女と壮年の男性が話をしている。
「君、なんでまたこんな列車へ?」
「実はまゆは、今から愛する人のもとへ向かうんですよ」
「青春してるねぇ。羨ましいよ。自分の頃は友達の家でファミコンすることばっか考えてたもんだ」
「それもそれでいいと思いますよ」
「ははは、ありがとう。こんなやつのよもやま話に付き合ってくれるなんて」
「いえいえ。まゆも一人では心細かったですから」
「それで、親御さんは?」
「許可を出してくれました。まゆは一人で暮らすことになりますけど、いつか二人で……」
「ま、苦労できるうちにした方がいい、とどこかのお偉方も言ってたしね」
「うふっ、障害ってあればあるほど燃えるものですよ」
「そうかい。ま、行き先が同じだったら私を頼りなさい。少しくらいの援助をしてあげよう」
「本当ですか?」
「茶菓子とちょっと渋めのお茶しかだせないがね」
「いえ、ありがとうございます」
「あ、そうだ。これを持っていくといい」
「これは……、リボン?」
「紅のリボンだ。彼としっかり結ばれるように願掛けでもしてみなさい」
「うふっ。大事に使わせてもらいますね」
そう言うと少女はどこか遠い車両に向かって歩いて行ってしまった。男性はあくびをすると、ひと寝入りするために椅子に深く座り直した。
4:
◆0zstGmOZRUno
2014/07/16(水)
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。