SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
fate
タグ一覧の表示
<<
2017年05月
>>
80件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486839398/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/12(日)03:56:38.38ID:ra5dNiV00
?召喚陣?
ジャンヌ「裁定者、ジャンヌ・ダルクです」
ジャンヌ「宜しくお願いしますね、マスター」
ぐだ子「お、おおー!ジャンヌ・ダルクさん!有名な英霊さんが来てくれた!」
マシュ「やりましたね!先輩!」
エリザ「はー、これで少しは楽になるかしらね」
ぐだ子「うう、今まではマシュとエリザに頼りきりだったからねえ」
ジャンヌ「あの……」
ぐだ子「あ、ごめんね、私はマスターのぐだ子!宜しくね!」
ぐだ子「これから一緒に、頑張っていこうね!」
ジャンヌ「はい、精一杯お力になりますね」
そう言って、聖女様は笑ってくれた。
凄く頼りになりそうな笑顔だった。


3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/12(日)04:25:06.36ID:ra5dNiV00
?1日目?
マシュ「先輩!敵増援が来ます!クラスは……セイバー!」
エリザ「あー、あいつら苦手なのよねぇ」
ぐだ子「ジャ、ジャンヌさん!助けて!」
ジャンヌ「任せてください!」
ぐだ子の要請に、ジャンヌは即座に動く。
旗で敵の剣を受け止め、鍔迫り合いで動きを封じる。
だが、敵は1人ではなく2人だった。
もう1人が、ジャンヌの背を剣で貫こうとした瞬間。
彼女のスキルが発動する。
ジャンヌ「神明裁決!」
ジャンヌが持つ擬似令呪が、敵の動きを封じる。
ぐだ子「流石ジャンヌさん!」
マシュ「凄いですジャンヌさん!」
ジャンヌさん!ジャンヌさん!ジャンヌさん!
ジャンヌ「もう!今は戦闘中ですよ2人とも!」
そう言いながらも、聖女様は嬉しそうだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (19:00) SSなび
1:
◆Q5myJ/tozY2015/08/21(金)02:36:50.82ID:YUyLOx2p0
綺礼「これも時代の流れというものか、、、」ポチポチッ
綺礼「スタートダッシュキャンペーンだとか宣伝されているな。折角だから始めてみるか」ポチッ
ーインストール中ー
???????
???????
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1440092210

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LYNKFR8PTk
2017/04/04(火)21:59:53.35
ID:cwwf2nG50
シャーレイ「ニュージーランドストーリー?」
切嗣「知らないのかい?」
シャーレイ「うん、どんなゲームか教えてケリィ」
切嗣「じゃあこの映像を見てよ」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/22 (22:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/26(木)00:04:57.65ID:/bQX4xEK0
?召喚の間?
マシュ「先輩!無事、石が溜まりました!」
ぐだ子「よーし、これだけの石を捧げれば来てくれるよね」
ぐだ子「念願の山の翁!」
呪腕「いよいよですな、主殿」
ぐだ子「ありゃ、ハサン達どうしたの」
百貌「初代様がいらっしゃるのだろう、我らが出迎えない訳にも行くまい」
静謐「緊張、します」
マシュ「これは……普段は先輩にべったりな静謐のハサンさんまで真面目に待機されています」
ぐだ子「それだけ山の翁が特別なサーヴァントだって事だよね……」
ぐだ子「尚の事、頑張らないと!」フンフン
マシュ「先輩もやる気ですね……!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1485356697

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆xdATigB/bMnM2017/05/10(水)00:47:41.32
ID:n6ZVplo3o
桜「はー…良いお湯でした」
士郎「桜ー風呂あがったか?」
桜「はい、お先に頂きました。先輩が入っても大丈夫ですよ」
士郎「サンキュ。それじゃあ風呂入ってくる」
桜「あ、先輩?タオル切れてたので、新しいの持って行った方が良いですよ?」
士郎「ん」


続きを読む

[ 閉じる ]
05/21 (18:00) ネコミミss速報
1:◆LYNKFR8PTk2017/04/04(火)21:59:53.35ID:cwwf2nG50
シャーレイ「ニュージーランドストーリー?」
切嗣「知らないのかい?」
シャーレイ「うん、どんなゲームか教えてケリィ」
切嗣「じゃあこの映像を見てよ」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325504273/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/02(月)20:37:53.46ID:aZxC+hDK0
凛「えっじゃなくて、貴女って正直言ってけっこう弱くないかしら?」
セイバー「な、何を言うのですかリン!最優であるセイバーのクラスで召還された私が弱いなどと…」
士郎「いや、遠坂の言うことにも一理あるぞ、セイバー」

4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/02(月)20:40:07.73ID:zmpUQiRA0
第五次なら十分強い部類だろww
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/02(月)20:40:35.69ID:aZxC+hDK0
セイバー「し…シロウまで私を侮辱するのですか!?」
士郎「いや自分の戦績を振り返ってみろよセイバー。そうすれば俺と遠坂が言いたいこともわかるさ」
セイバー「くっ…そこまで言うのならば…」
ホワンホワンホワン
  セイバーvsランサー
筋力 B     B
耐久 C     C
敏捷 C     A 
魔力 B     C
幸運 B     E
  直感A   戦闘続行A
  対魔力A  仕切り直しC
  魔力放出A ルーンB 
       矢避けの加護B
       対魔力C
11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/01/02(月)20:42:58.49ID:PZosOS3n0
直感に頼りすぎ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495211298/
1:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/20(土)01:28:19.00ID:UNJXf/Cb0
前スレ
ぐだ男「メルトの交友関係がわからない」
あらすじ
黒ひげ、メルト、メディアとプラモ作りをし始めたぐだ男
話についていけなくなったマシュはどこかに走り去っていったらしい

2:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/20(土)01:29:12.95ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「うん、これはいい出来じゃないかな?」
黒ひげ「ほほー……この短い間で良くぞここまで」
メルト「あんたはどこから目線なのよ」
メディア「貴方もMS少女だけじゃなくて普通に組んだらどうなの?」
黒ひげ「拙者はこれが好きなんですぅー!文句言われる筋合いはないでござる!」
メディア「まあそうだけど……」
ぐだ男「MS少女って黒ひげの作ってる女の子とロボット合わせたようなやつだよね?俺も作ってみたいな」
メルト「げぇ、黒ひげと同じ趣味なの?」
黒ひげ「嫌そうな目……だがそこがいい!」
メルト「……そう……」
3:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/20(土)01:30:34.19ID:UNJXf/Cb0
メディア「あれは作るとなるとかなりのアレンジが必要になるわよ?」
ぐだ男「うーん……三人が教えてくれればきっと出来るよ」
メルト「……仕方ないわね!」
黒ひげ「拙者が手取り足取り教えてあげるでござるよ」
ぐだ男「うん。安心だ」
メディア「なら素体を二つくらいは用意しないと……」
黒ひげ「それなら拙者がダブらせてるやつを譲るでござるよ。早速作りますかー!」
4:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/20(土)01:31:07.92ID:UNJXf/Cb0
ぐだ男「えっと……黒ひげのを見る限りロボットの外部パーツを外してフィギュアに装備させる感じ、かな」
黒ひげ「基本はそうでござるな。一部削ったりする必要はあるでござるが……」
メルト
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/09(火)03:03:00.82
ID:MS+8fvLW0
母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」のパロです

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/09(火)03:04:28.72
ID:MS+8fvLW0
信長「沖田がぁ、沖田が怖いのじゃぁ!」ガタガタ
沖田「誤解です!誤解ですから!」
信長「沖田に犯されるぅ!」ブルブル
沖田「やめてください!」


続きを読む

[ 閉じる ]
05/20 (21:00) えすえすゲー速報
 
fate
2:
代行ありがとうございました
2012/07/23(月)20:58:59.19
ID:e4SFPMaH0
冬木特設スタジオ
司会「衛宮切嗣を、もっと知りたいー!!」
司会「衛宮切嗣、300のことー!!」
アイリ「とりあえず、事情を説明してくれないかしら」
舞弥「さて、私にもわかりません・・・」
セイバー「はい。『切嗣は預かった』と言われついてきましたが・・・」
ウェイバー「僕なんて無理やり放り込まれたぞ・・・」
司会「これから皆さんには、衛宮切嗣に関する300問のクイズに答えてもらいます」
アイリ「300問!?」
ウェイバー「お、多すぎる・・・」
引用元:

司会「クイズ、衛宮切嗣300のことー!」 


ちびきゅんキャラ『Fate/Zero』アイリスフィール・フォン・アインツベルン単品
postedwith
amazletat17.05.19
バンプレスト
売り上げランキング:467,785
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
05/20 (08:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495211298/

1:
◆eF6RWyN1IM2017/05/20(土)01:28:19.00ID:
UNJXf/Cb0
前スレ
ぐだ男「メルトの交友関係がよくわからない」
あらすじ
黒ひげ、メルト、メディアとプラモ作りをし始めたぐだ男
話についていけなくなったマシュはどこかに走り去っていったらしい
2:
◆eF6RWyN1IM2017/05/20(土)01:29:12.95ID:
UNJXf/Cb0
ぐだ男「うん、これはいい出来じゃないかな?」
黒ひげ「ほほー……この短い間で良くぞここまで」
メルト「あんたはどこから目線なのよ」
メディア「貴方もMS少女だけじゃなくて普通に組んだらどうなの?」
黒ひげ「拙者はこれが好きなんですぅー!文句言われる筋合いはないでござる!」
メディア「まあそうだけど……」
ぐだ男「MS少女って黒ひげの作ってる女の子とロボット合わせたようなやつだよね?俺も作ってみたいな」
メルト「げぇ、黒ひげと同じ趣味なの?」
黒ひげ「嫌そうな目……だがそこがいい!」
メルト「……そう……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆xdATigB/bMnM
2017/05/10(水)00:47:41.32
ID:n6ZVplo3o
桜「はー…良いお湯でした」
士郎「桜ー風呂あがったか?」
桜「はい、お先に頂きました。先輩が入っても大丈夫ですよ」
士郎「サンキュ。それじゃあ風呂入ってくる」
桜「あ、先輩?タオル切れてたので、新しいの持って行った方が良いですよ?」
士郎「ん」 

続きを読む

[ 閉じる ]
05/19 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/04(月)21:14:08.30ID:mSN3Isrn0
カエサル「ぐっ……ここまでくれば、逃れたと言ってもいいだろうな」
「カエサルか。貴様がそこまで傷つくとはな」
カエサル「……それは私の台詞であろう、呪われた腕のアサシンよ。気配遮断を持つ貴様が手傷を負うとはな」
ハサン「……少しばかりぬかったのは否定出来ん」
カエサル「当然と言えば、当然なのかもしれぬ。今回ばかりは、この私であっても相手が悪い」
小次郎「今までの相手とは訳が違うということよ。死をあれほど間近に感じたのは久方ぶりだ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/145977204

続きを読む

[ 閉じる ]
05/19 (17:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494947655/

2:
◆eF6RWyN1IM2017/05/17(水)00:14:47.08ID:
QhB83XKb0
マシュ「はい?」
ぐだ男「いや……なんか仲良くしてる人はいるみたいなんだけどね。ちょっと私生活が見えてこないのが心配で」
マシュ「プライベートなことですしいいんじゃないでしょうか」
ぐだ男「みんなと馴染めてなかったらフォローにまわりたいしね。マシュからそれとなく聞けないかな?」
マシュ「私より先輩の方が適役かと」
ぐだ男「そうかなぁ?」
マシュ「メルトさん、先輩に懐いてるじゃないですか。私は今回は手伝いません」
ぐだ男「……なんか怒ってる?」
マシュ「怒ってません!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378382062/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/05(木)20:54:22.10ID:PLujcXoF0
緋村剣心「問おう。そなたが拙者の主(マスター)でござるか?」
士郎「え…?」
剣心「聖杯の盟約により、主のもとに馳せ参じたでござる」
???「まさか、こうしてお前と再び相見えようとはな…」
剣心「お主…斎藤一…」
斎藤「久しぶりだな抜刀斎。いや、緋村剣心か」
剣心「あぁ、久しいな」
斎藤「貴様との決着はとっくの昔に付いているが…厄介なマスターに当たってな…」
士郎「う、うあ」
剣心「主、さがっているでござる」

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/05(木)20:54:58.77ID:/j45sMV1i
セイバーしかいなくね
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/05(木)20:55:59.41ID:PLujcXoF0
ガギィン!
斎藤「腕は鈍っていないようだな」
剣心「おおおお!飛天御剣流!龍巻閃!」
斎藤「ふん…。久しいな、その技も」
士郎(首筋を狙った剣を逆手で…!)
斎藤「だが、そんな刀では…今も昔も俺は倒せん。いい加減逆刃を返したらどうだ?」
剣心「これは拙者の信念の写身。もう二度と逆刃を返すことはござらん」
斎藤「ふん…阿呆が…」
剣心「その台詞も…久しぶりでござるな」
斎藤「…。呼び戻しか。抜刀斎。この勝負預けるぞ」
剣心「行ったでござるか…。主、大丈夫でござるか?」
士郎「あ、あぁ…。助かったよ。君は一体…?」
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/05(木)20:59:03.62ID:PLujcXoF0
剣心「自己紹介が遅れたでござるな。拙者は剣のサーヴァントセイバー、真名は緋村剣心でござる」
士郎「あ、あぁ。俺は衛宮士郎。緋村剣心って…聞いたことあるな…。確か幕末の…」続きを読む

[ 閉じる ]
2:◆5N2znl.vwk[saga]:2017/03/31(金)15:53:59.20ID:cCWWWdx80
アルトリア「いつもならもうじきおやつの時間です。アルトリアはお腹が空きました、ドクター」
ロマン「くっ...そんなあざとい言い方をしても無駄だぞ!君はいったい僕が、あの量のあんこをどれだけ苦労して貯めたと思ってるんだ!」
立香「まあまあ、ドクターもそんなに目くじらを立てずに!第一、人類が滅びるかどうかのこの事態に、あんこのことで仲間割れなんて...」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495036687/
1:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/18(木)00:58:07.36ID:iH0At3gw0
書溜めあり
パパッと終わらせます

2:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/18(木)00:59:00.32ID:iH0At3gw0
ぐだ男「マルター!お願いがあるんだけどー」
マルタ「何よマスター?ご飯?掃除?」
ぐだ男「違うけどいつもありがとうね。その、マルタって一応聖女様なんだよね?」
マルタ「一応ってのは要らないわよ」
ぐだ男「ごめん。それでさ、カルデアのみんなのメンタルケアをお願いしたいんだけど……」
マルタ「メンタルケアならあいつが……ああ、後釜ってことね」
ぐだ男「うん。他に良い人が見つからなくて」
3:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/18(木)00:59:34.57ID:iH0At3gw0
マルタ「ふぅん。でも医療の知識なんてないわよ?」
ぐだ男「専門的なことはダヴィンチちゃんがやってくれるだろうからお悩み相談みたいなのことを」
マルタ「懺悔室みたいなものかしら?ドーンと任せておきなさい!」
ぐだ男「本当!?マルタに頼んで良かったぁ」
マルタ「……他にも誰かに頼んだの?」
ぐだ男「うん。ジャンヌオルタと天草に」
マルタ「あなた、人を見る目が致命的に欠けてる気がするのだけれど」
ぐだ男「大丈夫大丈夫。それじゃ、この部屋をそのまま相談室にしてね」
マルタ「はいはい。じゃああなたも何かあれば来なさいね」
4:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/18(木)01:00:42.71ID:iH0At3gw0
マルタ「て言っても誰が来るんだか……英雄に悩みなんて……」
ロビン「邪魔するぜー」
マルタ「あら?早速相談かしら?」
ロビン「ああ、マスターには少し伝えづらいことだからよ」
マルタ「そう、それじゃ話してもらえる?もちろん秘密は守るわ」
ロビン「大したことでも無いんだけどな。部屋の位置を変えても
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆eF6RWyN1IM2017/05/18(木)00:59:00.32ID:iH0At3gw0
ぐだ男「マルター!お願いがあるんだけどー」
マルタ「何よマスター?ご飯?掃除?」
ぐだ男「違うけどいつもありがとうね。その、マルタって一応聖女様なんだよね?」
マルタ「一応ってのは要らないわよ」
ぐだ男「ごめん。それでさ、カルデアのみんなのメンタルケアをお願いしたいんだけど……」
マルタ「メンタルケアならあいつが……ああ、後釜ってことね」
ぐだ男「うん。他に良い人が見つからなくて」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:◆5N2znl.vwk[saga]:2017/03/16(木)23:40:46.60ID:tp5TofIK0
人理継続保障機関フィニス・カルデアの一角で、サーヴァント二騎が何やら会話をしていた。
片方は、褐色の肌に黄金の装飾をまとい、どことなく漂う高貴な風格を体現したような少女。もう一人は、髪の一部が上向きにはね、華奢な体躯にはおよそ似合わない鎧をまとった、気品に満ちた女性だ。
奇しくも、二人には意外な共通点があった。それは、両名とも民衆を統べる“王”であったということ。そんな二人が話していたのは『今日のおやつについて』。年頃の少女らしく、なんともかわいらしい話題である。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/26(木)00:04:57.65
ID:/bQX4xEK0
?召喚の間?
マシュ「先輩!無事、石が溜まりました!」
ぐだ子「よーし、これだけの石を捧げれば来てくれるよね」
ぐだ子「念願の山の翁!」
呪腕「いよいよですな、主殿」
ぐだ子「ありゃ、ハサン達どうしたの」
百貌「初代様がいらっしゃるのだろう、我らが出迎えない訳にも行くまい」
静謐「緊張、します」
マシュ「これは……普段は先輩にべったりな静謐のハサンさんまで真面目に待機されています」
ぐだ子「それだけ山の翁が特別なサーヴァントだって事だよね……」
ぐだ子「尚の事、頑張らないと!」フンフン
マシュ「先輩もやる気ですね……!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1485356697

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/26(木)00:11:43.78
ID:/bQX4xEK0
ぐだ子「よし!じゃあ石を魔方陣に捧げるよ!」
マシュ「了解です!」
ポイポイポイポイ
マシュ「あれ……先輩、この石」
ぐだ子「ん?どうしたの?」
マシュ「何か黒いのがくっついてるんですけど……」
ぐだ子「ホントだ、何だろ……どっかで土でもついたのかな」ゴシゴシ
マシュ「とれませんね……」
ぐだ子「んー、けど魔翌力反応は問題ないみたいだし、使えるんじゃないかな」
マシャ「はい!じゃあこれも入れますね!」
ポイポイポポイ
ぐだ子「召喚の触媒としてはこれで十分かな……」
ぐだ子「じゃあ、開始するよ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/26(木)00:23:16.19
ID:/bQX4xEK0
その石に付着した土は、とある存在の亡
続きを読む

[ 閉じる ]
05/18 (10:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495036687/

2:
◆eF6RWyN1IM2017/05/18(木)00:59:00.32ID:
iH0At3gw0
ぐだ男「マルター!お願いがあるんだけどー」
マルタ「何よマスター?ご飯?掃除?」
ぐだ男「違うけどいつもありがとうね。その、マルタって一応聖女様なんだよね?」
マルタ「一応ってのは要らないわよ」
ぐだ男「ごめん。それでさ、カルデアのみんなのメンタルケアをお願いしたいんだけど……」
マルタ「メンタルケアならあいつが……ああ、後釜ってことね」
ぐだ男「うん。他に良い人が見つからなくて」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)11:39:31.82
ID:cFFGS+YZ0
シュゥゥゥゥゥゥ
マシュ「……レイシフト、無事完了です」
マシュ「周辺索敵……異常なし」
マショ「先輩、ここは安全なようですね」
ぐだ子「うん、そうだね、ところでマシュ」
マシュ「はい?」
ぐだ子「背、伸びた?」
マシュ「いえ、別にそんなことはないか……と……」
ぐだ子「そうかなあ……何か見上げるくらいに大きく感じるんだけど」
マシュ「……先輩?」
ぐだ子「ん?」
マシュ「……あの、下半身は?」
ぐだ子「え?」
マシュ「下半身は……どちらに?」
ぐだ子「は?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484879971

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)11:48:41.93
ID:cFFGS+YZ0
ぐだ子「あははは、変なことを言うなあ、マシュは」
ぐだ子「下半身ならちゃんとここ……に……」ペタペタ
ぐだ子「……」ペタペタ
マシュ「……」
ぐだ子「……あ、あれ、お腹から下に、何故か地面が」
マシュ「せ、先輩……」
ぐだ子「……」
マシュ「……」
ぐだ子「う、うわああああ!私、下半身どこかに落としちゃった!?」
マシュ「た、大変です!一大事です!ダヴィンチちゃん応答を!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)11:55:56.58
ID:cFFGS+YZ0
「はいはい、皆の可愛いダヴィンチちゃんだよ」
「こちらでも状況は把握してる」
「というか、リアルタイムでぐだ子ちゃんが見えてる」
マシュ「ど、どういう事ですか」
ぐだ子「あ、あははは、下半身が、下半身が……」フ
続きを読む

[ 閉じる ]
 
Fate
SS速報VIP:マルタ「カルデア相談室」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495036687/
1:
◆eF6RWyN1IM2017/05/18(木)00:58:07.36ID:iH0At3gw0
書溜めあり
パパッと終わらせます
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1495036687

続きを読む

[ 閉じる ]
05/18 (02:00) えすえすゲー速報
 
fate
2:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/18(木)00:59:00.32
ID:iH0At3gw0
ぐだ男「マルター!お願いがあるんだけどー」
マルタ「何よマスター?ご飯?掃除?」
ぐだ男「違うけどいつもありがとうね。その、マルタって一応聖女様なんだよね?」
マルタ「一応ってのは要らないわよ」
ぐだ男「ごめん。それでさ、カルデアのみんなのメンタルケアをお願いしたいんだけど……」
マルタ「メンタルケアならあいつが……ああ、後釜ってことね」
ぐだ男「うん。他に良い人が見つからなくて」
引用元:

マルタ「カルデア相談室」 


Fate/EXTRACCCVOIDLOG:BLOOMECHOI【書籍】
postedwith
amazletat17.05.17
TYPE-MOONBOOKS(2017-05-17)
売り上げランキング:1
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/12(日)03:56:38.38
ID:ra5dNiV00
?召喚陣?
ジャンヌ「裁定者、ジャンヌ・ダルクです」
ジャンヌ「宜しくお願いしますね、マスター」
ぐだ子「お、おおー!ジャンヌ・ダルクさん!有名な英霊さんが来てくれた!」
マシュ「やりましたね!先輩!」
エリザ「はー、これで少しは楽になるかしらね」
ぐだ子「うう、今まではマシュとエリザに頼りきりだったからねえ」
ジャンヌ「あの……」
ぐだ子「あ、ごめんね、私はマスターのぐだ子!宜しくね!」
ぐだ子「これから一緒に、頑張っていこうね!」
ジャンヌ「はい、精一杯お力になりますね」
そう言って、聖女様は笑ってくれた。
凄く頼りになりそうな笑顔だった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486839398

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/12(日)04:25:06.36
ID:ra5dNiV00
?1日目?
マシュ「先輩!敵増援が来ます!クラスは……セイバー!」
エリザ「あー、あいつら苦手なのよねぇ」
ぐだ子「ジャ、ジャンヌさん!助けて!」
ジャンヌ「任せてください!」
ぐだ子の要請に、ジャンヌは即座に動く。
旗で敵の剣を受け止め、鍔迫り合いで動きを封じる。
だが、敵は1人ではなく2人だった。
もう1人が、ジャンヌの背を剣で貫こうとした瞬間。
彼女のスキルが発動する。
ジャンヌ「神明裁決!」
ジャンヌが持つ擬似令呪が、敵の動きを封じる。
ぐだ子「流石ジャンヌさん!」
マシュ「凄いですジャンヌさん!」
ジャンヌさん!ジャンヌさん!ジャンヌさん!
ジャンヌ「もう!今は戦闘中ですよ2人とも!」
そう言いながらも、聖女様は嬉しそうだった。
5:
続きを読む

[ 閉じる ]
05/17 (21:00) えすえすゲー速報
 
fate
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/21(土)22:55:13.77
ID:NfOBzKvf0
雁夜「
>>5するかな。」
引用元:

雁夜「安価で幸せになりたい。」 


Fate/GrandOrderカルデアエース
postedwith
amazletat17.05.16
KADOKAWA(2017-04-15)
売り上げランキング:36
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
 
Fate
SS速報VIP:ぐだ男「メルトの交友関係がよくわからない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494947655/
1:
◆eF6RWyN1IM2017/05/17(水)00:14:15.93ID:QhB83XKb0
書溜めあり
パパッと終わります
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1494947655

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1485595157/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/28(土)18:19:17ID:YYIhhEo2
※FatezeroのIFSSです。
1991年某日 冬木市・雨の降る墓所
璃正「――Howmyheartyearnswithinme」
璃正「Amen」
――――
―――
――

葵「お忙しい中、ありがとうございました」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/28(土)18:20:10ID:YYIhhEo2
璃正「いえ、こちらこそ遠坂氏には息子ともども大変お世話になりました。
礼を言わなければいけないのは、私の方です」
璃正「・・・・・・本当に惜しい人を亡くしました。彼は才能に溢れ、人徳もあった・・・・・・それに、使命も」
葵「使命・・・・・・聖杯戦争でしたか、あれはどうなるのでしょうか」
璃正「予定通り行われます。・・・・・・失礼ですが、家督はどうなりましたか?」
葵「魔術師の家系ですから、もちろん娘が・・・・・・まさか、
凛・・・・・・娘が参加しなければいけないのですか!?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/28(土)18:20:58ID:YYIhhEo2
璃正「ああ、いえ。聖杯戦争は参加する意思のある魔術師によって行われるものです。
ご心配なさらないで下さい。決めるのはあくまでも本人です」
葵「そう、ですか」
璃正(そう、聖杯は参加する意思のある者にその権利を与える。基本的には・・・・・・)チラ
凛「お父様・・・・・・」
璃正(さて、これからどうなるか・・・・・・)
綺礼「・・・・・・」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/28(土)18:21:29ID:YYIhhEo2
数週間後 遠坂邸・工房 夜
机の上で輝く宝石
凛「はぁ・・・・・・よし」
葵「凛、ここに居るの?」コンコン、ガチャリ
凛「あ、お母様」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494947655/
1:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/17(水)00:14:15.93ID:QhB83XKb0
書溜めあり
パパッと終わります

2:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/17(水)00:14:47.08ID:QhB83XKb0
マシュ「はい?」
ぐだ男「いや……なんか仲良くしてる人はいるみたいなんだけどね。ちょっと私生活が見えてこないのが心配で」
マシュ「プライベートなことですしいいんじゃないでしょうか」
ぐだ男「みんなと馴染めてなかったらフォローにまわりたいしね。マシュからそれとなく聞けないかな?」
マシュ「私より先輩の方が適役かと」
ぐだ男「そうかなぁ?」
マシュ「メルトさん、先輩に懐いてるじゃないですか。私は今回は手伝いません」
ぐだ男「……なんか怒ってる?」
マシュ「怒ってません!」
3:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/17(水)00:15:19.79ID:QhB83XKb0
ぐだ男「追い出された……んー、直接は聞きづらいし後をつけてみるか」
ーーーーーー
メルト「♪???♪?」
ぐだ男(見つけた……!スキップなんかしてすごい上機嫌そうだな)
ぐだ男(しかしその靴で廊下をスキップはやめて貰いたいな……)
メルト「ん……」キョロキョロ
ぐだ男(あぶねっ!見つかっては……ないな)
メルト「邪魔するわ」
ぐだ男(あそこ、誰の部屋だ?)
ぐだ男(なんか話し声はするけど……複数?)
ぐだ男(近づくか……)
4:
◆eF6RWyN1IM
2017/05/17(水)00:16:46.53ID:QhB83XKb0
メディア「誰!」ガタン!
ぐだ男「えっと……こんにちは」
メディア「あら、こんなところで何をしているのかしら?」
メルト「どうかしたの?先生?……なんであなたがいるのよ……」
ぐだ男「や、やあ……」
メルト「返事によっては……」
黒ひげ「おー!マスター!やっと来てく
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。