SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
<<
2017年05月
>>
190件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)23:49:07.44
ID:/WvOtfAL0
P「ああ、初めて日本でキスシーンのある映画が登場したことから今日になったみたいだ。」
伊織「ふーん、あんたって本当に無駄な知識ばかり持ってるわね」
P「くっ」グサァ
P「伊織、今の発言はかなり俺に響くぞ」
伊織「事実だから別に良いじゃない」
伊織「全く、そんなこと覚える暇があるならもっと私が上のランクに行けるように仕事しなさいよ」
P「そう言われると何も言い返せないけど……」
P「他にも今日は世界亀の日、ラブレターの日でもあるんだ」
伊織「へえ……あまり興味はないけど……」
伊織「……そんな話を聞いて欲しそうな顔されたら断り辛いわね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆6QdCQg5S.DlH
2017/05/23(火)22:59:45.79
ID:lDlLLsgl0
莉嘉「あー、楽しかった!」

莉嘉「お姉ちゃん! 虫取りについてきてくれてありがとね☆」
美嘉「どういたしまして★」
美嘉「ま、莉嘉の頼みだしね」
莉嘉「ふふっ、お姉ちゃん大好きっ!」
美嘉「ん、ありがと」
美嘉「……でも早くお風呂に入りたいわ」
莉嘉「まあ泥だらけだもんねー」
莉嘉「特にお姉ちゃんなんか……」
美嘉「やめて」
莉嘉「木の根っこに躓いて……」
美嘉「やめてってば!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆KakafR9KkQ
2017/05/23(火)17:47:03.93
ID:p/JbsOpBO
事務所
未来「え?」
静香「もう一度言うわよ、これから金輪際未来は私に抱き付いたり、ぎゅーってしたりするの禁止だから」
未来「え……じゃあすりすり?ってするのも……」
静香「もちろん禁止よ」
未来「えぇぇ……」
静香「……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TDuorh6/aM
2017/05/23(火)21:17:08.55
ID:k1XqaXjiO
これはミリマスssです
かなり人を選ぶと思います
前作
周防桃子「え?耳かきになりたい?」
2:
◆TDuorh6/aM
2017/05/23(火)21:17:50.91
ID:k1XqaXjiO

「はやく…シて?お兄ちゃん…」
頬を紅潮させて肩を上下させる桃子。
その耳まで既に真っ赤に染まっていて、どれほど桃子が昂ぶっているのかが伝わってきた。
俺の太ももに頭を乗せ、彼女は俺に耳の穴を晒す。
未熟な小さい桃子のソレが、俺の硬い棒を誘う。
けれど、ここで俺は一つイタズラを思い付いた。
そこまでシて欲しいのであれば。
そこまで挿入て欲しいのであれば。
どのようにされたいのか、桃子の幼い口で言葉にさせよう、と。
「なぁ桃子、お前は俺にどうされたいんだ?」
「え…?だ、だから、その…耳かきで…」
「なんだ?耳かきは耳の汚れを掃除する為の道具なんだぞ?でも桃子の耳は清かったんだ。使う必要なんて無いじゃないか」
「お、お兄ちゃん…桃子の言う事が聞けないの?」
「だから、聞いてあげるから言葉にしてくれって言ってるじゃないか」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)19:36:53.69
ID:1qeyXqdc0
プロデューサー(以下P)「菜々さ?ん」
菜々「はい、なんですか?」
P「暑い?」
菜々「そうですねぇ…最近一気に気温が上がりましたね」
P「…そのメイド服暑くない?」
菜々「…慣れてますから!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/22(月)19:59:01.13
ID:toSavfNz0
亜美「ねえ真美」
真美「んー?どしたの?」
亜美「話があるんだ…」
真美(真剣な顔してる…悩み事かな…)
亜美「実はね…亜美、真美のこと好きなんだ」
真美「……」
真美「…え?」
亜美「///」
真美「そんなの真美だって亜美のこと好きだよ?」
亜美「ち、違うんだよ…その、LIKEじゃなくて…///」
亜美「…こ、こいびと…とかの///」
真美「……」
真美「え?」
亜美(ふふ、困ってる困ってる…)
亜美(んっふっふ?。どうだ!亜美がアイドルとして鍛え上げた演技力の真骨頂を見よ!!)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)00:48:11.69
ID:iSBGh6nS0
 休日の朝、いつもなら愛しのベッドの上で惰眠をむさぼっている所ですが、私はパッチリ目を覚ましていました。
 そして、そのパッチリした目をさらにパッチリさせようと、鏡の前で自分とにらめっこしていました。
 休日に早起きしておめかし。そう。今日はデートです。Pさんとデートなのです。Pさんはデートと思っていないかも知れませんが。
 今まで中々合わない二人のスケジュールでしたが、まるで引き合わされたかのように丸一日のお休みがピッタリと合いました。
 いつか二人で温泉に行こう、いろんな所に行こうと話すようになってから、何か月経ったことでしょう。
 あまりのスケジュールの合わなさに、Pさんは私にただの社交辞令を言っているのかと、何度疑ったことでしょう。
 しかし、今日こそはあの温泉(混浴だという事はPさんには伝えていない)で・・・
 と、そこでPさんから電話がありました。私の声が聴きたくなったんでしょうか。
 そんな理由で電話するような人ではありませんけれど、いつかそんな理由で電話をかけあえる間柄になりたいものです。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)00:49:30.52
ID:iVLULI+Y0
・「アイドルマスターシンデレラガールズ」のSSです
・概ねアニメ寄りの世界線ですが、その他のコンテンツの要素や独自の解釈を含むことがあります
-----事務所-----
ガチャ
杏「ふぅ、やっと着いたよ……ふわぁ」
智絵里「お疲れさま、杏ちゃん」
かな子「おはようございまぁす」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/23(火)00:51:24.54
ID:iVLULI+Y0
杏「んぐぅ……まだ眠い……。あと十八時間ぐらい寝たい……」
智絵里「な、長すぎだよ……」
かな子「それって、もう活動時間と睡眠時間が逆になっちゃってるよね……?」
杏「……夢の中でちゃんとお仕事しておくから、もうそれでよくない?」
かな子「よくないですっ!」
杏「えー……厳しいなぁ、かな子ちゃんは」
智絵里「……杏ちゃんの場合、夢の中でも怠けていそうな……」
かな子「あ、あり得るね……」
杏「……羊が一匹……羊が二匹……」ウツラウツラ
かな子「わわっ! ほら、もう! 言ってる側から寝ようとしないの!」
智絵里「逃がして! 羊さんを逃がしてくださいっ!」ユサユサ
シリーズスレ
キャンディアイランドの毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドの更に毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドのもっと毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドのやっぱり毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドの結局毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドのますます毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドの一向に毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドの案の定毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドのひたすら毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドの終始毒にも薬にもならないおしゃべり
キャンディアイランドのてんで毒にも薬
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆yz988L0kIg
2017/05/22(月)21:56:17.33
ID:WHNYuPUw0
毎月22日は佐城雪美ちゃんの日ということで、
今回は月宮さんと雪美ちゃんのお話です。

2:
◆yz988L0kIg
2017/05/22(月)21:57:44.94
ID:WHNYuPUw0
雪美「雅…………みやび………。私………雪美…………」
雅「違うよぉ、みやびぃはみやびぃだけど雅にはお上品って意味もあるんだよぉ」
雪美「雅………お上品………。違う………?」
雅「みやびぃ、お上品かなぁ?」
雪美「うん………ヨーグルト………ふた………、なめない…から………」
雅「判断基準そこ?雪美ちゃんはなめるの?」
雪美「ううん………ペロ………なめる………ペロペロって………ふふっ…………」
雅「ペロちゃんはくいしんぼさんなんだねぇ」
雪美「うん………なんでも………、食べる……」
雅「そういえば今日はペロちゃんと一緒じゃないの?」
雪美「ペロ…………今日…お留守番………」
雅「そうなんだぁ」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆TDuorh6/aM
2017/05/22(月)21:05:35.77
ID:NyVOLXfUO

P「耳かきってさ…いいよな」
桃子「…それ、桃子はなんて言えばいいの?」
P「まぁ聞いてくれ」
桃子「帰っていい?お兄ちゃん」
P「まず最初に、自分の意思じゃ動けないだろ?」
桃子「……?」
P「真っ暗で何も見えなくて、そんな状態でアイドルたちの耳の穴を弄って引っ掻いて…」
桃子「耳かきって棒視点なの?!」
P「耳かきをする側とされる側の架け橋となり、俺はただ使われるだけ…うん」
桃子「バッカじゃないの?うん、じゃないよ」
P「例えされる側が痛がっていたとしても、快楽に耐えられず身を捩っていたとしても、俺は俺の意思では動けないんだ」
桃子「で、お兄ちゃんは結局何が言いたいの?」
P「耳かき棒になりたい」
桃子「……」スッ
P「待ってくれ桃子、それは警棒だ。流石の俺もそれで耳かきされたら怪我するしまず耳に入らないし何より警棒には別になりたくな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆C2VTzcV58A
2017/05/22(月)01:44:25.91
ID:v8Iyi5jkO
P「と思っているんだが、どうだろうか」
ネネ「どうしてそれを本人に聞くんですかっ」
P「ピュアで儚い雰囲気を出しているくせに、要所要所で狙ったかのように男のハートを狙ってくる……これをあざといと言わずになんと言うんだ」
ネネ「ね、狙ってなんかいませんよ」
P「狙ってない人間が水着の仕事でスク水を持ってくるだろうか」
ネネ「あれは前に言った通り、スクール水着しか持ってなかったからですよ」
ネネ「そのあとまた水着のお仕事があった時は、ちゃんと新しく買ってきたじゃないですか」
P「そうだったか……そういえばあの時、俺に水着を選んでほしいって話をしていたな」
ネネ「はい。でも、恥ずかしくなっちゃって……結局ひとりで買いに行っちゃいました。えへへ」
P「残念だ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/22(月)04:42:31.44
ID:Yj3jAoQc0
泰葉「この番組、一部では『パイコキ』という略称で呼ばれているらしいですね」
桃子「……泰葉さん、それ、桃子はなんて答えればいいの?」
泰葉「恥ずかしがってくれたらリスナーの皆さんはよろこんでくれると思いますよ?」
桃子「なんで桃子が知ってる前提なの? 知ってるけど……」
泰葉「知ってるんですか。桃子ちゃんは大人ですね」
桃子「泰葉さんも他人のこと言えないでしょ」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆yz988L0kIg
2017/05/21(日)23:12:50.16
ID:E+rJl09x0
佐城雪美ちゃんと藤原肇ちゃんが出てくる短いお話です

2:
◆yz988L0kIg
2017/05/21(日)23:14:58.23
ID:E+rJl09x0
肇「かっこいい四字熟語のユニットを作りたい…ですか」
雪美「……うん」
肇「どうして私に?モバPさんに相談したほうが良いのでは?」
雪美「肇……ユニット……、かっこいい……。げっかひょーき……さんしかつらー……」
肇「あれは山紫水明と読むんですよ」
雪美「知ってる……」プイッ
肇「そ、そうですか……」
雪美「肇……私……ユニット……組む……。かっこいい……ユニット名……つく……」
肇「そんなシステムはないですよ」
雪美「自分で…………考える………」
肇「せっかくですから、一緒に考えましょう」
雪美「…………………いいの?」
肇「はい、もちろん」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/22(月)00:03:55.45
ID:ecaKo9nE0
「はぁとさん!」
「ん……? あ、プロデューサー。何?」
 私が楽屋でぼーっと過ごしているといつの間にか楽屋にプロデューサーが居た。
「そろそろリハなのにスタジオに来ないから呼びに来たんですよ」
「えっ!? もうそんな時間!?」
 言われて楽屋にかかっている時計を見ると、確かにもうすぐリハが始まる時間だった。もちろん遅刻ではないけども、普段の私なら既にスタジオで待機している時間だ。
「ご、ごめんね! プロデューサー! すぐ行くから!」
 大慌てで机に広げてあった台本を小脇に抱える。もう一度目を通すために広げていたのだが結局楽屋入りしてから一度も読んでいない。
 移動中も事務所でも家でもしっかり読み込んできているから問題はないのだけど。
「大丈夫なんで慌てないでください。転んで怪我なんてしたらそれこそ大参事です」
「だね☆ 気を付ける☆」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆VA.qz1m5do
2017/05/21(日)20:20:53.26
ID:9BWi5M5aO
いやぁ、来ちゃいました、最終結果発表!
今年は特に白熱した闘いだったっスねぇ
楓さんは積年の想いを込めて
未央ちゃんは仲間と同じ舞台に上がるため
肇ちゃんはデビューへの最後の一歩を懸けて
そして勿論、事務所のアイドル一人一人が
各々の魂をぶつけた一大イベント!!
...いやぁ、ほんとになんで自分が、ねぇ...
「ーー総選挙第4位、荒木比奈さん!!」
そんなとこの、こんなとこにいるんスかねぇ
...ってのは、もう先日散々グチり尽くしたんで
今日は、今から壇上に上がるまでの45秒だけ
アタシの想い、聞いて欲しいんです

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Q/Ox.g8wNA
2017/05/21(日)14:47:02.06
ID:LXv+jptkO
卯月「もう限界です…」
モバP「何でそんな事言うんだ…、理由を説明してくれ……」
卯月「貴方の愛が信じられなくなりました…、お願いします…」
モバP「そんな!俺が愛してるのは卯月だけさ、誓うよ!!」
卯月「…本当ですか??」
モバP「ああっ!!」
卯月「…最近、帰りが遅いですよね……」
モバP「あ、ああ、仕事の付き合いでどうしても抜けられなくてね…、その点は苦労掛けていると思うが…」
(週刊〇春をドサッとテーブルに投げる)卯月「明日発売の週刊誌です。……楓さんと深夜まで随分楽しそうにお酒、
飲んでますね…??」
モバP「こ、コレは…その…、楓さんの機嫌取るのもウチの会社の大事な仕事だろっ!?
最早、大御所の歌姫として、事務所では欠かせない人材なんだからっ!!卯月もそれは良く知ってるじゃないか!?!?」
卯月「……超大物歌姫、長年のプロデューサーと深夜の十年愛…ふーん。ほーん…」(ペラペラとページ捲る)
モバP「……か、楓さん、俺が飲みに付き合わないとすぐヘソ曲げるから…その……」
モバP「ヘソ曲げられると進行に滞りが……その…」(シドロモドロ)
卯月「…まぁ、それは良いです。『プロデューサーさん』がモテるのは結婚前から知ってますから、ええ」
モバP「…名前で呼んでくれよ……。
機嫌が悪くなるとすぐ呼び方がプロデューサー、に戻るよな…卯月は……」
卯月「知りませんっ」(ぷいっ)
モバP「それに、俺はそんなにモテないって……、よく言うだろ?? 女房焼くほど亭主モテはせず…、って」
モバP「みんな、アイドルだった頃の最初のプロデューサーと話すのが懐かしいから、構って来るだけだって……。なっ??」
(甘える様に、卯月の背中越しに身体ごと腕で包み込もうと) 
卯月「凛ちゃん」
モバP「え”っ”っ”」(ピタっと動きが止まる)

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆SESAXlhwuI
2017/05/21(日)21:33:30.24
ID:JEBYz0710
横山奈緒(以下、奈緒) 「おっ?」
 
北沢志保(以下、志保) 「!き、聞いてたんですか!?」

奈緒 「勿論、聞いてたで??さびしそーな志保の声をなー!」ニッコォ!
志保 「わ、忘れてくださいよ!」アセアセ
奈緒 「そーいう訳にもいかんやろ?そんな独り言聞いたら、プロデューサーさんすぐ駆けつけてくるで?」
志保 「……私より、他のアイドルを構っていた方が楽しいでしょうから」プイッ
奈緒 「プロデューサーさんがそんな事思う訳ないやんか。素直になってもええんやで?」
志保 「べ、別に私はいいですから!」パタパタ
奈緒 「……ホンマ、志保は頑固やねえ」

関連スレ
【ミリマス】琴葉「プロデューサーが構ってくれない」 
【ミリマス】恵美「プロデューサーに構ってほしい」
【ミリマス】エレナ「プロデューサーにもっと構ってほしいヨー!」
【ミリマス】奈緒「プロデューサーさん、ちょっと疲れとるんちゃう?」
【ミリマス】莉緒「プロデューサーくんが構ってくれないのぉ」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆Hnf2jpSB.k
2017/05/05(金)20:34:21.29
ID:j8ENdj4ro
『ライラ、この男と会ってもらうことになった』
すべての始まりは、パパのこの言葉でございました。
パパの言葉と一緒に、写真を手渡されます。
写っているのは何となく見覚えのある男性。
えーと、どこでお会いしたのでございましょうか……
あー、そういえば、パパのお仕事の関係で出席したパーティーにいらしていましたです。
お話をしたことはございませんので、この方のことはよく知らないのですが……
これはきっと、そういう話なのですよね?
そして、パパがこういう言い方をする時は、既に決まっている時なのです。
穏やかで優しいパパ。
いつもわたくしのことを一番に考えてくれますです。
だからきっと、この方と結婚をしたら、わたくしは幸せになれるのだと思います。
……でも。
何かがチクリと、胸の奥に刺さったような気がしたのですよ。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)14:55:48.69
ID:klEFas/30
荒木比奈、二宮飛鳥、森久保乃々のユニット『モルフェウス・チルドレン』のお話

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)14:58:28.70
ID:klEFas/30
乃々「うぅ……前のお仕事が押してしまって、ダンスレッスンに遅れてしまいました」
乃々「比奈さんと飛鳥さんはもう練習始めてるかな…」
乃々「運動神経の悪いダメ久保なので一番足を引っ張ってるのに遅刻なんて…今日はこのままレッスン行かなくても…」
乃々「でも二人に申し訳ないし、行かないと……レッスンルームの前まで来ちゃいましたし……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)17:11:20.09
ID:JNxUMb9k0
くるみ(たとえば手を差し伸べてくれた時)
くるみ(たとえば別れ際にバイバイとしてくれた時)
くるみ(たとえばお胸を揉まれている時でさえ)
くるみ(貴女の手のひらがこっちを向いている、ただそれだけで)
くるみ(安心しちゃうくるみがいるの)
くるみ(何でかなぁ?)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)15:05:59.20
ID:/ym2IYGq0
季節は秋。寒さも強まってきた今日この頃。
現在、毎年恒例となっている我が346プロのファンクラブイベント真っ最中である。
うちの事務所はアイドルの数がやたらと多いので346プロのアイドル勢揃い!!とまではいかずとも、
結構な人数のアイドルが出演している。
それでもアリーナという大きな箱を用意することができたし、満員御礼、グッズの売り上げも上々。
まだ発表はしていないものの、映像化も行われる予定だ。
イベントはすでに中盤に差し掛かっており、少し長めのトークに入ったところである。
モバP「よし、今年も滞りなく進んでいるな。卯月の天然っぷりも遺憾なく発揮されてるし」
ちひろ「もう、プロデューサーさん。そんなこといったら卯月ちゃんが怒りますよ。」
そう、ちひろさんは言っているが、きっと彼女も同意見なんだろう。少し笑っている。
いつもナレータ役のちひろさんも今日は珍しく一緒に舞台袖から彼女らの様子を見守るつもりのようだ。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)16:38:55.95
ID:WCJP+XX90
注意:ホラーやキャラ崩壊の要素、SCP関連の画像添付があるかもしれません
  
小梅「は、始まりました…SCP紹介ラジオ…第9回目、です…」
小梅「この番組は…SCPFoundationという創作サイトの中から、私…白坂小梅がSCPを紹介していく番組、です…そして…?」
幸子「カワイイボクこと、輿水幸子が小梅さんのお話を皆さんと一緒に聞く番組です!」
小梅「今日は、ゲストが来てくれてるよ…どうぞ…」
楓「皆さん、こんばんは。高垣楓です。今日はよろしくね」
小梅「楓さん、総選挙1位、おめでとう…」
幸子「おめでとうございます!」

前スレ
幸子「SCP?」 小梅「…うん」 
幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」
幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その2
幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その3
幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その4
幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その5
幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その6
幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その7
幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その8
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)15:50:04.57
ID:BbtAjqcW0
 21時ちょうどに携帯がなった。メールの差出人は会社で、件名は予想通り、選挙結果だった。
 一呼吸ついてから、メールを開く。
 まず初めに高垣さんの名前があった。ほんのりと顔を赤らめ、幸せそうにお酒を飲む高垣さんの顔が頭に浮かんだ。
 僕ははぁとさんの担当でありながら、高垣さんのファンでもあるので、彼女がシンデレラに選ばれたことは素直に嬉しい。
 今度、高垣さんに会ったら、おめでとうございますと言わなくては。
 それからしばらくメールを下にスクロールして、26位に三船さんの名前を見つけた。
 事務所随一の常識人であり、面倒見の良い三船さん。
 今度また、はぁとさんも入れた4人でお酒を飲みに行くのもいいかもしれない。
 
 僕はさらに下へ、下へとメールを読んでいく。
前スレ
はぁとが紅い
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/30(火)13:23:33.32
ID:mGy+1Dq6O
 全てはアルコールのせいだ。そうに違いない。
 普段の僕ならこんなことは思いついても、行動に移したりはしない。
 僕の部屋には今、はぁとさんと僕しかいない。誰も僕のことを邪魔することはできない。
 これまでにもはぁとさんと二人きりになったことはあった。
 でも僕は担当アイドルであるはぁとさんに手を出そうと思ったことは一度もなかった。
 
 今までは。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)13:32:03.95
ID:JNxUMb9k0
雫「奈緒ちゃん、そろそろ出荷の時期ですから覚えておいてくださいねー」
奈緒「ああ、もうそんな時期か。サンキュー雫」
雫「どういたしましてー。じゃあお仕事行ってきますねー」
奈緒「頑張ってな」
未央「……?」


2:
◆8ozqV8dCI2
2017/05/21(日)13:32:43.62
ID:JNxUMb9k0
未央「ねえ、かみやん。出荷って何の話?」
凛「奈緒、牛飼ってたっけ?」
奈緒「気軽に何言ってんだよ。牛なんて飼えるわけないだろ」
加蓮「ニワトリじゃない?それなら奈緒の髪の中で飼えそう」
卯月「奈緒ちゃん髪の中でニワトリ飼ってるんですか!?」
奈緒「加蓮も適当なこと言うなって。卯月も信じるな」
未央「おお!今日もかみやんのツッコミが冴え渡る」
奈緒「茶化すなって」
凛「で、結局出荷って何なの?雫が言うから酪農だと思うけど」
奈緒「あー、まあ、隠すことでもないか。眉毛だよ」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/07(金)23:45:16.59
ID:zMOsQc5F0
──ファストフード店──
凛「うん、うん。よろしく」
凛「え? もう、プロデューサーったら、そんなんじゃないって」クスクス
凛「それはさっき聞いたから。……うん。じゃあまた明日ね」
ピッ
凛「……ん?」
加蓮「にやにや」
奈緒「にまにま」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/21(日)00:11:23.11
ID:HsfOM6FB0
特設ホール
ちひろ「――第6回シンデレラガールズ総選挙。続きまして、第4位の発表です」
比奈「あば、あばばばばばばば」ガクガク
モバP「ヒューッ、ヒューッ……」コヒューコヒュー
ちひろ「第4位は――」

ちひろ「60万7,600票、タイプクール!」
ちひろ「荒木比奈!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/20(土)01:43:50.64
ID:giziphDIO
モバマスSSです。アニメ好きのあの子達が『RWBY』についてわいわいきゃっきゃするお話です
そんなに長くはならないはず

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/20(土)01:49:51.54
ID:giziphDIO
事務所────
比奈「奈緒ちゃん、ちょっといいっスか?」
奈緒「あれ、比奈さん。どうしたんだ?」
比奈「昨日奈緒ちゃんが言ってたアニメ、見たッスよ!一気見しちゃったんでまたつい夜更かししちゃったんスけど……」
奈緒「おっ、早速見てくれたんだな!……でも、夜ふかしをしすぎるのは良くないぞ…って、あたしが言えたことじゃないけどな」
比奈「いやぁ、面目ないっス……」
奈緒「比奈さんに紹介したのはまだ一期で────」
ガチャッ
菜々「おはようございますっ!」
奈緒「おはよ、菜々さん」
比奈「おはよっスー」
菜々「何の話をしていたんですか?」
比奈「昨日奈緒ちゃんにオススメされたアニメの話をしていたんスよー」
菜々「へぇー、なんていうアニメなんですか?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hxLEEPhnRg
2017/05/19(金)13:53:39.62
ID:0RL4Ep2x0
李衣菜「そもそもアレってプロデューサーが決めてるんじゃないんですか?」
P「違うよ」
李衣菜「じゃあ誰が?」
P「知らん」
李衣菜「えぇ…」
P「まぁそれは置いといてだな」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
オリP
2017/05/18(木)21:07:58.66
ID:ZdH1Opsh0
オリックスやばくない?
由愛「教えてくださいプロデューサーさん!」

モバP「なんつー難しいもんやってんだ。すごいなあ由愛は」ナデナデ
由愛「えへへ…。――学校の宿題なんです」
モバP「そうか…。ABCDというのはな、頭文字なんだ」
由愛「そうなんですね…。誰が包囲しているんだろう?」ポワポワ
茜「由愛ちゃん!見つけましたよ!」

難波笑美「よーやっとかぁ?。ホンマてぇかけさせおってからに…」

キャシー「でも、もうにげられなってこったぁ!」

本田未央「由愛ちゃん!かくご!」

由愛「わぁ?」ポワポワ
由愛「何だか、楽しそうな包囲網ですね!」
モバP「――何を想像してたんだ?」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。