SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
<<
2018年06月
>>
103件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/20(日)18:41:17.00
ID:yjYA+EAW0
ガチャッ!
本田未央「おっはよー! あ、ふみふみおはよー!」
鷺沢文香「未央さん、おはようございます……いつも、お元気ですね」
未央「えっへへー、未央ちゃんの半分以上は元気でできてるからねー」
未央「ん? 何読んでんの?」ヒョコッ
文香「これは……自己啓発本、といえば良いでしょうか」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/20(日)18:42:46.67
ID:yjYA+EAW0
未央「へぇ?! 何だか珍しくない?
   ふみふみってもっと小説とかそっち系かなって思ってたからさ。ジュース飲む?」ガチャッ
文香「思うところが、少し、あったもので……あ、私は、お構いなく……」
未央「ふーん、そっかそっか。でもさ、そういうのでやる気出すってのも良いよね!」
未央「私もさ、ちょっと違うかもしんないけど、音楽とか聞いてよっしゃ未央ちゃん今日もいっちょや…!」
パタンッ
未央「?」クルッ
未央「……あれ、ふみふみ?」
しーん…
未央「ふ……ふ………」
未央「ふみふみが、消えた……!?」
続きを読む

[ 閉じる ]

◆pvi4t7el1QeD[saga] 2018/05/15(火)19:02:46.94ID:zkE8cO2g0
美希「おいしいの?♪」モグモグ
貴音「そんなに美味なのですか、そのおにぎりは」
美希「あげないからね!」
貴音「ふふ......それは残念です」
美希「はむっ......う?ん、このおかかがいい感じにきいてるの!」モグモグ
貴音「それにしても美希は本当においしそうに食べますね」
美希「うん。おにぎりはおいしいもん」
美希「貴音もラーメン食べるときそうなるでしょ?」
貴音「そうですね。つまりわたくしにとっての、らあめんのようなものだと......」
美希「そうなの。どうせ今日もラーメン食べてきたんでしょ?」
貴音「なぜわかったのですか」
美希「いやラーメン食べない貴音なんて一年の中でも珍しいじゃん」
貴音「......」
美希「貴音、今日いっしょにレッスンだよね?」
貴音「ええ、それに響も加わって三人です」
美希「響はどこ......? 前科があるから見張ってないとだめなの!」
貴音「レッスンの前に帰ってくるはずです、大丈夫ですよ。ああ見えて響はしっかりしていますから」
美希「美希もわかってるよ...... でも怒られるのはミキなの」
貴音「あれは美希も悪かったと思いますが......」
美希「うるさいよ! 貴音も律子に怒られてみればわかるの!」
貴音「律子嬢が恐ろしいのは知っております。わたくしもこの前らあめんを五食続けたときに受けたお説教は......もう......」
美希「あぁ...... 貴音が二日くらいラーメン食べてないと思ってたら律子に怒られてたからだったんだ」
貴音「律子嬢はわたくしの健康を考えてくれていたのです...... 無碍にはできません」
美希「いや......普通に律子が怖かっただけでしょ」
貴音「......」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/19(火)20:20:08.55
ID:I6QUI5u30
・「アイドルマスターシンデレラガールズ」のSSです
・概ねアニメ寄りの世界線ですが、その他のコンテンツの要素や独自の解釈を含むことがあります
-----事務所-----
ガチャ
かな子「おはようございますっ!」
杏「おはよー……って、なんだ。まだ誰もいないじゃん」

智絵里「みたいだね……」キョロキョロ


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/19(火)20:23:29.20
ID:I6QUI5u30
かな子「ふふっ。そう思わせて、イタズラ好きな子がどこかに隠れてたりして」
智絵里「あぁ……みりあちゃんとか、そういうの好きそう、かも」
杏「あー、ね。ソファーの裏に隠れて、寝てたりしてね」
智絵里「それは杏ちゃんじゃあ……?」
かな子「たまに思うんだけど、あんな場所で居眠りしてて、窮屈じゃないの?」
杏「そりゃまあそうだけど。でも、あんまり堂々と寝てるとプロデューサーに見つかって起こされたりするからさ。仕方ないじゃん?」
杏「いやー、こういう時、身体が小さいと便利だよねー」
智絵里「そういえば、前に言ってたよね。小さい頃、かくれんぼが得意だったって」
杏「まぁね。北海道の潜伏女王とは、杏のことだよ」ドヤァ
かな子「そ、そんなすごい二つ名が……?」
杏「いや、今考えた」
かな子「今考えたんだ……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/15(金)23:20:56.45
ID:un1ENrzU0
p「もしもしああ俺だ、春香明日の撮影なんだが現場へはそっちのほうが近いから車で家に迎えに行く、二宮着いたら電話するから家で待っててくれ、じゃあおやすみ」
小鳥「明日は直行直帰ですか、運転気をつけてください」
p「ありがとうございます、明後日は休みなんで報告は休み明けになると社長に伝えてください」
小鳥「わかりました、観光地のパンフレット撮影でしたね」
p「ついでにイベントとかでウチの子たちを使ってもらえないか営業かけてきますよ、ではお先に失礼します」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/19(火)00:43:04.39
ID:IM7tYuLMo
紬「あっ、こんなとこに携帯電話が落ちとる。警察に届けんと」ヒョイ
モバP「柚、こんなところに居たのか」
紬「──? あの、どちら様でしょう?」
モバP「は? なにふざけてるんだ。アイドル柚のPだろう」
紬「確かに私はアイドルですが柚という名前ではありませんし、貴方は私のPではありません」
モバP「新しい遊びか? ふざけてないで行くぞ」
紬「ちょ、引っ張らないでください!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/19(火)00:44:02.63
ID:IM7tYuLMo
紬「誰か助けてください! この人が私を──!」
モバP「ええっ!? おい柚、なに言って──」グハァッ!
早苗「変質者確保っと」
紬「助かりました。ありがとうございます」
早苗「いえいえ、どういたしまして──って柚ちゃん?」
紬「えぇ…」
モバP「いたた……早苗さん、俺です俺!」
早苗「あれ、P君!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/19(火)00:23:52.44
ID:AHVIrONr0
(ガチャッ)
桃華「皆さん、ごきげんようですわ!」
ありす「あっ、モモ華さん、おはようございます」
梨沙「モモ華、おはよ?」
桃華「…あの、お二人とも?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/19(火)00:24:21.12
ID:AHVIrONr0
ありす「何ですか、モモ華さん?」
梨沙「何よモモ華?」
桃華「それですわ!なんだかお二人ともわたくしの名前のイントネーションがおかしくありませんこと!?」
ありす「えっ?豚串?」
桃華「何がですの!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/18(月)22:37:43.66
ID:6zTzk7cO0

『最終話 本当の私』


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/18(月)22:38:14.11
ID:6zTzk7cO0
――深夜、モバマスシティ、ゆっこの家
ガチャッ!
ゆっこ「ひぃ、はぁ……も、戻りました……」ドサッ!
文香「ユッコちゃん、礼子さん……!」タタタタッ!
礼子「町の魔物は、とりあえず何とかなったわ……自警団の妖精たちも、かなり痛手を受けたけれど……」
ゆっこ「1匹だけで助かりました。王国の軍もここに来るのは間に合わないので……」
文香「他の、みなさんは……」
ゆっこ「無事だった妖精は傷の手当てをしています。それ以外は……」
文香「……」
ゆっこ「……」
礼子「……ありすちゃんは?」
文香「い、いまお部屋に……お医者様に来て頂いてますが……」
ゆっこ「そうです、ありすちゃん……!」
……
…………
前スレ
ありす「マジで魔法少女、頑張ります」
ありす「今日も魔法少女、頑張ります」
ありす「今回も魔法少女で頑張ります」
ありす「今回も魔法少女で頑張ります」
ありす「私は、本当に魔法少女なんでしょうか」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)20:46:23.39
ID:WY8rOYY/0
ああ、よく来たね。
・・・なあに、大した話でもないさ。酒はサービスするよ、料理は今作っているから楽にしていてくれ。

2:
◆OtiAGlay2E
2018/06/17(日)20:55:11.17
ID:WY8rOYY/0
どうだい?この店は。大衆食堂としてはいかにもといった感じだろう?最近はチェーン店も増えてきたが味ではよそには負けない自信はあるよ。安く、おいしく。それがうちウチのモットーだ。チェーン店なんかに負ける気はそうそうないさ。
小さいときから料理は好きだった。料理を始めたきっかけは今では忘れてしまったが、いつのまにか鍋をふるようになっていた。
そんな私だから大人になって、自分だけの城を構えて料理を振るうようになるのは初めから決まっていたことなのかもしれない。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)22:17:01.35
ID:g/rvVNNO0
まゆP「合コン行かない?」
ありすP「おっ、行く行くー」
ありす「絶対合コン行けなくなるビーム!」ビビビ
ありすP「あばばば」ビビビ
ありす「ふぅ・・・まったく、私という者が居ながら・・・」プリプリ
ありす(やはり・・・未だ幼い私を、四年も待ってもらうのは、無理が有るんでしょうか・・・?)ウィーン
晶葉「おっ、ありすじゃないか」カチャカチャ
ありす「晶葉さん、借りてた光線銃、お返しします」
晶葉「ああ、そこに置いておいてくれ」カチャカチャ
ありす「・・・?何作ってるんですか?」
晶葉「高校生になれるスイッチだ!」
ありす「・・・ふむ」
ありす(もし私が高校生になったら・・・)ホワホワホワン
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2018/06/17(日)20:58:45
ID:hIN
アイドルマスターシンデレラガールズです。白菊ほたるさんのお話です。
アイドルマスターです。萩原雪歩さんのお話です。
2:
名無しさん@おーぷん
2018/06/17(日)20:59:35
ID:hIN

ほたる(どうしよう……)

ほたる(今日は初めて行くスタジオだけど、プロデューサーさんが一緒に来られないのに……)
ほたる(心配するプロデューサーさんに大丈夫です、って言って地図を貰ったのに……)
ほたる「地図を落としちゃうなんて……」
ほたる「しかも不幸な事にスマホの充電も切れちゃって……」
ほたる「うぅっ……。も、もしも間に合わなかったら……」
??「何かありましたか?」
ほたる「えっ……?」
??「あ、ごめんなさい……。泣いてるように見えたのでつい……」
ほたる「あっ……すみません……。行かなきゃいけない場所があるんですけど、地図を落としちゃって……」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)21:36:20.41
ID:aYP+HjS60
あずき「るんるんる?ん♪」

P「ずいぶんとご機嫌だな」
あずき「えへへっ、ディレクターさんから飴もらったんだ!」
P「あの人はあずきのことお気に入りだって言ってたからな」
あずき「ほんとに!?やったー!あずきのセクシー大作戦でメロメロになったんだね!」
P「いや、愛嬌あって甘やかしたくなるからって言ってた」
あずき「そっちかー!まぁ、あずきのことを好きになってくれればどっちでもいっか!セクシー大作戦、作戦成功でよし!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)19:33:21.27
ID:AcN46w470
千早「春香、実は話したいことがあるの」
春香「話したいことって??」
千早「実は・・・」
千早「私アイドル辞めてラーメン屋になりたいの?」
春香「(゚Д゚)ハァ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
◆U2JymQTKKg
2018/06/17(日)16:12:39.39
ID:qNud4UHwO
「そういえば、こっちではイエオクリをしないんだったな」
 耳慣れない言葉に足を止める。振り向くと先ほどまで隣を歩いていた歩さんが足を止めていた。
「すみません、上手く聞き取れなかったんですが……。イエオクリ、ですか?」
「ああ、あってるよ。イエオクリ」
 歩さんは優しい口調で答えると顔を横に向けた。つられて私も歩さんの目線の先に目を向ける。
「……空き家、ですね。もう何年も誰も住んでいないみたいですけど」
 木造の平屋建て。玄関前の電球は割れ、郵便受けは赤いペンキほとんど剥がれ落ちて日焼けした広告が突っ込まれている。玄関と門の間の小さなスペースには自己主張の激しい野草が青々と立ち塞がり、黄色いちょうちょが羽を休めている。
「アタシの地元だとさ、こういう家はイエオクリをするんだよ」
 歩さんは道端のねこじゃらしを手に取り、くるくる回し始めた。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)10:08:59.83
ID:4BvpQ+y6O
麗奈「おっはよー」
P「おはよう、麗奈」
麗奈「こら、いつも言ってるでしょ? アンタは手下なんだから、レイナサマには『おはようございます』よ!」
P「はいはい、おはようございますレイナサマ」
麗奈「それでよし。さーて、今日も悪事の限りを尽くすわよー」
P「ほどほどにな。ところで」
麗奈「ん?」
P「スカート、短くないか? 今日結構冷えそうだぞ」
麗奈「平気よ、平気。アタシが寒さなんかに負けると思う?」
P「割と」
麗奈「ちょっとは上司を信用しなさいよ!」
P「上司?」
麗奈「部下の反対は上司でしょ。まったく、5年経っても理解できないなんて……っと、それより」
P「どうかしたのか」
麗奈「昨日忘れ物したのよ。確かここの棚の上にあったはず……」ピョンピョン
麗奈「届かない……踏み台使おう」
P「とってあげようか?」
麗奈「いいわよこのくらい。アンタはあくせく働いてなさい」
P「あくせく……はは、りょーかい」
麗奈「よし、これで……んー、背伸びすればなんとか」
P「………」
P(スカート短いせいでパンツ見えそうになってる……)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆a/VLka4bp3Eo
2018/06/16(土)13:48:14.68
ID:NSDqj0DG0
※ミリオンライブシアターデイズの二次創作
※地の文あり
※呼称に不安あり
※エンジェル限定
※わりとキャラ崩壊
※誰が何言ってるかわからないかも

琴葉「プリンセスのPはプロデューサーのP」の続き
以上全然問題ないという方はどうぞ

2:
◆a/VLka4bp3Eo
2018/06/16(土)13:49:12.90
ID:NSDqj0DG0
 週末。花金。飲み会。
 実に心躍る予定はあらかじめご破算になっていた。
 それもしょうがない。こんな仕事を初めてしまったのがいけないのだ。
3:
◆a/VLka4bp3Eo
2018/06/16(土)13:49:46.22
ID:NSDqj0DG0
 次の日がラジオ収録ということでお流れになった恒例の飲み会の代わりに、馬場このみは帰る前に彼女の同僚に声をかけようとしていた。
 何も変な思いつきでもない。単に挨拶をするだけ。
 向かうのは飲み会が流れた代わりに、春香や琴葉や主に美奈子が食事をふるまっている最中の男性用仮眠室。
 実は少しご相伴に預かれないかな、などという下心もある。
 だって春香ちゃんのお菓子おいしいし。
 そんなこんなで仮眠室まで歩いていく途中に、控えめに言って頭のおかしい光景に出会った。
 件の同僚―――プロデューサーの劇場でのテリトリーの一つ、彼専用のデスクの前で出会ったのは篠宮可憐。
 765の雌犬、完璧超人二号、出待ちの達人の呼び声高い彼女は、プロデューサーが外出しているとき以外はいつも椅子にかけてある上着に思いっきり顔をこすりつけていた。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆K7qLUv4H.Lbp
2018/06/16(土)00:00:13.63
ID:KbOzR6+DO
日菜子「むふふ……むふぅ」
ガチャ
モバP(以下P)「おはよう……おや?日菜子だけか?」
日菜子「あ、おはようございます。Pさん……むふぅ」
P「……はぁ。その様子だとまた妄想していたな」
日菜子「もう、そうなんです」
P「……」
日菜子「……」
P「……」
日菜子「……これが焦らしプレイなんですねぇ」
P「まってちがう」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/16(土)02:37:41.74
ID:pBl7J5MRo
翼「美希先輩。ついにここまで来ましたね」
美希「……」
翼「私たちは全てを手に入れました」
翼「トップアイドルになり」
翼「全世界のスターになり」
翼「全ての会社のCEOになり」
翼「全ての争いを終わらせ」
翼「地球を飛び出し」
翼「火星のゴキブリ共を皆殺しにし」
翼「太陽系を脱出し」
翼「銀河を跳び超え、別の銀河へ」
翼「宇宙から離れ、平行宇宙へ」
翼「全ての宇宙、全ての外宇宙を渡り歩きました」
美希「……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆dOYH2O5oOo
2018/06/16(土)11:35:13.73
ID:HfWlewp20
オリジナル設定があります。

2:
◆dOYH2O5oOo
2018/06/16(土)11:39:41.50
ID:HfWlewp20
肇「いえ、今日の服はユニクロですよ?」

P「いや、そうじゃなくて……ボケてる?」
肇「?」
P「肇は、たまに天然だなあ」
肇「えっと…?」
P「ほら、ギャップだよギャップ。「ギャップ萌え」とか聞いたこと、ない?」
肇「あ、そのギャップですか。すみません、先ほどファッション雑誌を読んでいたものですから」
P「肇は勉強熱心だなあ」
肇「いえ、それほどでも…えへへ」
P(可愛い)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pvi4t7el1QeD
2018/06/15(金)22:54:59.98
ID:c2uhk5c30

真美「はるちゃん! 夏だよ!」
春香「真美ちゃん! 夏だね!」
の続きとなります
こんにちは、投下していきます
・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします
以上の項目でお願いします

関連スレ
真美「おねーちゃん」
春香「お姉ちゃん」
真美「はるちゃん! 夏だよ!」
春香「真美ちゃん! 夏だね!」
2:
◆pvi4t7el1QeD
2018/06/15(金)22:55:49.86
ID:c2uhk5c30


真美「......ぅぁ」パチ
春香「......くぅ......くぅ」
真美「......」ジー
真美「......んふ......♪」
春香「......くぅ......」
真美「......ん?」ギュー
春香「......んぅ......」
真美「んぅ?......!」ギュー
春香「んぷ......くぅ......」
真美「えへへ......」ギュウ
真美「......」
真美「......」ナデ
春香「くぅ......」
真美「......」ナデナデ
春香「くぅ......くぅ......」
真美「......」ナデナデ
春香「くぅ......」
真美「ふふ......」ナデナデ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/06/14(木)01:56:20.04
ID:QIXqtKIk0
未央「はい、と言う訳でようこそお越しくださいましたレディース&ジェントルメン!」
卯月「レディしかいませんけどね!」ドンドンパフパフ
凛「まぁ、そこはご愛敬ってことでね」
みく「すみません。ちょっと用事を思いついたので」クルッ
まゆ「まゆ、王様ゲームはお医者さんに止められているので」クルッ
未央「ちなみにゲームが終わるまでこの部屋からは出られない仕組みになっております」
みく「毎度何なの!?何なのこの強制参加!」
凛「知らないの?ボス戦では「逃げる」コマンド使えないんだよ?」
まゆ「コンティニューしますから帰してくれませんかぁ?」
未央「アハハハ、大袈裟だなぁ。ただの王様ゲームだよ?ねぇしまむー」
卯月「は」ドンドンパフパフバンパフブォォーッ!
みく「うるさくて何言ってんのか全然わかんねぇにゃ!」
卯月「はいっ!一度やってみたかったんです!」ブォォーッ!
まゆ「…いつもみたいなゲテモノお食事会じゃないだけマシだと思うべきでしょうか」
みく「楽観視は危険だよ。誰が王様引くかによって請け負うリスクの高低差がありすぎるにゃ」
凛「ルールは分かるよね?1から4までの数字と王様って文字が書かれた棒をこの空き缶に入れるからみんなで1本ずつ引いて」
凛「王様を引いた人は番号を指定して好きな指示を出せるってゲームなんだけど、知ってる?」
まゆ「それなりに認知度のあるゲームですからルールくらいは知ってますよ?」
凛「みくも大丈夫?王様ゲームっていうんだよ。トモダチゲームでもアクマゲームでもないよ?」
みく「知っとるわい」
卯月「最後の1人になるまで戦うんですよね!」
みく「ちょっと待てぇルール理解してない子がそこにおるぞ」
未央「アハハ、しまむーそれじゃ別のバトルサバイバルだよ」
まゆ「今から行われるのもバトルサバイバルじゃありませんよねぇ!?」
凛「さぁ、地獄の門は開かれたよ」
卯月「新シリーズですね!」
みく「だったらキャストも一新しろよォ!」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆iS7ssyYWSI
2018/06/15(金)22:12:41.24
ID:iIgS2iqk0
莉緒「ねえPくん、私たちに何の相談?」
P「この前、仕事を頑張った茜を撫でていた時に思ったんだ。人の頭を撫でることは難しいことだ、と」
風花「難しい?」
P「ああ。相手は人間。犬や猫とは勝手が違うし、わしゃわしゃ撫でたら髪型が崩れてしまい、それを嫌がる者もいるだろう」
P「どう撫でればいいのか、そう考えだすと『人の頭を撫でる』ことが難しく思えてしまってな……」
麗花「なるほど、Pさんは困っているんですね!」
千鶴「……訳が分かりませんわ」
あずさ「まあまあ、千鶴ちゃん、Pさんも困ってるみたいだし、ね?」
このみ「このメンツを揃えた理由は?」
P「なんとなく大人組なら相談相手として適任かなと。青羽さんも小鳥さんも忙しそうですし」
歌織「はあ」
P「というわけで、『撫でる』以外の方法でアイドルをねぎらうことについて意見を聞かせてください」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆5AkoLefT7E
2018/06/15(金)23:49:58.51
ID:rqjxeVOi0
〜事務所〜
テレビ「発達した梅雨前線の影響により??」
塩見周子(んー)ピッ
テレビ「こちらのお店はパフェが有名で??」
周子(なんも面白そうなのやってないなー)ピッ
テレビ「依然として犯人は逃走中と??」
周子(いやあ……)チラッ
窓の外「ザァァァァァ!!!!!!」
周子(これは完全に帰るタイミングを逃しちゃったね……)ガチャ
日野茜「お疲れ様です!!!」
周子「おー、お疲れさまー」
鷺沢文香「周子さん……お疲れ様です……」グッショリ
周子「文香ちゃんもおつか……ってうわー、降られちゃったかー。今タオル持ってくるね」トコトコ
文香「ありがとうございます……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/15(金)20:49:44.90
ID:vsg2lJU6o
765ASです。書き溜めですので、すぐ終わります。
なお、このSSは皆さまの想像力にお任せする部分が非常に多く含まれております。
想像力豊かにお楽しみください。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/15(金)20:51:38.57
ID:vsg2lJU6o
?765プロ事務所?
P「……」カタカタ
小鳥「はい、はい。…それでは宜しくお願い致します」ガチャ
小鳥「ふぅ」
P「……れた」ボソッ
小鳥「何か言いましたか?プロデューサーさん?」
P「つかれたぁんもぉぉぉん!」バッ
小鳥「ぅわっ!どうしました!?」
P「はぁ???……」タメイキ
P「音無さん」
小鳥「は、はい」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2018/06/09(土)09:08:45.99
ID:92nMLp/t0
===
新参者のこの私が、765プロライブ劇場に
『お昼寝部』なる活動の存在があることを知ったのは、
歌を教え教わる先生と生徒の立場でありながらも、
同時に、アイドル仲間でもある環ちゃんとお話してた時。
「みんなで色んなトコ行って、遊んでから、眠るんだぞ!」
いつでも元気一杯の環ちゃんは、
その時も説明をしている間ずっと忙しなく体のどこかをぴょこぴょこさせて。
身振り手振りのその度に、彼女がたてがみのように括っている長い髪の束が、わさわさ。
三時のおやつにと用意されたケーキを食べるのと、
お話をすることの二つを同時にこなそうと無茶するから、
テーブルの上には口の中に入れ損なったスポンジなんかが、ぽろぽろ。
続きを読む

[ 閉じる ]
36:
名無しさん@おーぷん
2018/06/14(木)17:19:11
ID:MmW
P「……今、何て?」
加蓮「うん、ぷちかれ達がね、飛び出していっちゃったんだけど」

P「大丈夫なのかそれ、車に轢かれたりとか踏まれたりとかさ…」
加蓮「ああ、それなら平気、穴掘って地下からうろちょろするみたいだし」
P「あぁ…そういやもぐらだったっけ、ぷちかれ」
加蓮「うん、自分のコロネちぎって手にハメてドリルしてたよ」
P「もうお前らのコロネそれ何なんだよ」
関連スレ
加蓮「イモ掘ったら何か食いついてきた」ぷちかれ「ポテエエ」
加蓮「落としたコロネが竜巻になってた」ぷちかれ「ハリケーンポテテ」
続きを読む

[ 閉じる ]
今月もなんとなくGoogleAnalyticsのデータを元に5月1日から5月31日までに投下された作品でもっともアクセスが多かった作品をいくつかまとめてみました。

月間人気記事一覧

1.
大学生、新田美波の一週間
2.
【モバマス】加蓮「プロデューサーさんの看病」
3.
モバP「三船美優がポンコツすぎる」
4.
加蓮「叱られたい」奈緒「(まためんどくさいことを…)」
5.
渋谷凛「プロデューサーvsニセプロデューサー」
6.
モバP「にゃん子を飼うことになった」
7.
夕美「大人っぽくなりたいよ!」ババ-ン!
8.
【ミリマスSS】ミリP「嫁モードの杏奈?」
9.
緒方智絵里「朋さんのパジャマが」白菊ほたる「すごくダサい?」
10.
モバP「出来たぞ!体の一部がアニマル化する光線銃だ!」
11.
【ミリマス】P「最近おかしな事ばかり起こる」
12.
向井拓海「ハイ、アイドルの腹筋」
13.
新田美波「広 島 焼 き?」
14.
【モバマス】文香「目がぁ・・・目がぁ・・・」
15.
加蓮「Pさんはちょっと甘すぎるよね」
16.
モバP「腹ぺこシスターと」 クラリス「びゅっへ」
17.
李衣菜「大人の魅力を身につけたいんだよね!」
18.
プロデューサー「まゆ婚・ランチ」
19.
モバP「渋りん」凛「違う。しぶりんだよ」
20.
向井拓海「アタシらに上品さを求めることが間違ってんだろ」
続きを読む

[ 閉じる ]
21:
名無しさん@おーぷん
2018/06/03(日)17:18:29
ID:aif
その日の私は、どうも調子がおかしかった。
調子と言っても体調だとかそういうのじゃなくて、なんて言うか、そわそわして落ち着かなかった。
そこにあるはずのものが、欠けている感覚……とでも言えばいいのか
とにかく、原因に思い当たる節も見当もつかないまま、事務所の扉を開けて、いつも通りに挨拶をして………
「あれ加蓮、髪切ったのか?」
「へ?」
出合い頭、プロデューサーさんに怪訝な顔で指摘されて。
関連スレ
加蓮「イモ掘ったら何か食いついてきた」ぷちかれ「ポテエエ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/27(日)20:38:55.10
ID:fppNIK/C0
※このSSは公式で兄弟姉妹がいないアイドルに兄弟姉妹がいたらという妄想のもと構築されています。
ネタは某所から頂きましたが内容はほぼ100%>>1の過度な妄想によって作られています。
全く関係のない前作
モバP「いるわけもない兄弟姉妹の話」
〜星輝子の兄はフィールドワーカー〜
幸子「輝子さんの家に来るのも久しぶりですねぇ……」
輝子「き、今日は……ゆっくりしていってくれ……」
小梅「家族の人は……いないの……?」
輝子「お、親は今日……で、出かけてる……」
幸子「そうなんですか?……ならこのボクがご飯を作ってあげても……」
輝子「そ、それなんだけど……」
「ただいまー」
輝子「に、兄ちゃんが……作ってくれるらしい……」
小梅「お兄さん……いたんだ……」
輝子「うん……い、いたんだけど……紹介するタイミングなくて……」
幸子「あれ?でもボクたち何度も来てますけど……一度もあったことないですよね?」
輝子「兄ちゃんは昔から……色んなところに飛び回ってる……」
輝子兄「お、久しぶりだな輝子。二人ともいらっしゃい」
幸子「お、お邪魔してます……(なんというか輝子さんに比べて地味というか……」
輝子兄「緊張しなくていいよ、どうせ夕飯作るだけだからね。いつも妹と仲よくしてくれてありがとうね」
小梅「い、いえ……こちらこそ……?(輝子ちゃんに似てない……かな?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/12(火)13:40:05.04
ID:HU+LxJvPo
※キャラ崩壊注意。
◆赤の系譜:櫻木真乃(さくらぎまの)
真乃「283プロダクションの新人アイドル、櫻木真乃です。よろしくお願いします!」ムンッ
春香「よろしくね」
真乃「……」
春香「……?」
真乃「あの、お名前を──」
春香「あ、私のこと知らないかー。結構売れてきたと思ったんだけど、まだまだだったかー」
真乃「すみません、アイドルのことまだ詳しくなくて……テレビで見たことはあるんですけど」
春香「あー大丈夫、気にしないで。うん。でもこの業界そういうとこ厳しいから、気をつけたほうが良いかもね。私だから大丈夫だけど」
真乃「アドバイスありがとうございます。これから業界のこと頑張って覚えます!」ムンッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pvi4t7el1QeD
2018/06/14(木)20:55:50.17
ID:+gvQnNfQ0

真美「はるちゃん! 夏だよ!」の続きです
こんにちは、投下していきます
・765アイマスssです
・完全にif物となります。
・書き溜め済みです
・細心の注意を払いますが誤字脱字の場合脳内補完お願いします
以上の項目でお願いします

関連スレ
真美「おねーちゃん」
春香「お姉ちゃん」
真美「はるちゃん! 夏だよ!」
2:
◆pvi4t7el1QeD
2018/06/14(木)20:56:51.79
ID:+gvQnNfQ0

春香「......」
春香「真美ちゃん大丈夫かな......?」
春香「......」
春香「......五分も遅れてる......」
春香「......まさか、何か事故に巻き込まれてたり......」
春香「......流石に考えすぎか......たかが五分だもんね......」

真美「あ、はるちゃーん!」
春香「真美ちゃんっ!」ダキッ
真美「おふっ......どしたのはるちゃん」
春香「真美ちゃんが遅れてるから......心配で......」
真美「そ、そっか......ごめんね」
春香「うん......」ギュー
真美「えと......あ、十分遅れちゃったのか......」
真美「十分......」
春香「......」ギュー
真美「......えへへ、ごめんね。次から気を付けるね」ギュー
春香「ううん。私に心配かけるのはいいの。でも事故とかに合わないように気を付けてね......?」
真美「......うん。わかった。ありがと......!」
春香「えへへ。じゃ、いこっか!」
真美「うん!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。